teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


新年おめでとうございます

 投稿者:フランソワ  投稿日:2012年 1月 5日(木)20時31分4秒
  菅尾先生新年おめでとうございます。
私の庵の庭は絶景の雪景色。昨年のボジョレーを頂きながら景色を楽しみ、きれいな空気を
いっぱい深呼吸しています。ワインは温度がすべてですがボジョレーは少し冷たすぎてもおいしくいただけます。今年の先生と年々進歩めざましいご一門方々のご活躍を願っております。
 
 

ボージョレじゃないボジョレー

 投稿者:フランソワ  投稿日:2011年11月28日(月)16時47分58秒
  以前に明治大学の美人フラ語教授がうっかりテレビで「ボージョレヌウーボー」と言ってしまってから各局やメディアが一斉に「ボージョレ」と言い出したのですが・・・以前フランスの大学関係者に聞いたら「私たちはボージョレとは絶対言わない」と言ってたしワインを売ってるお店でも「ボージョレなんておかしいボジョレーよ」と言われた。フランス語に興味がない人はどっちでもいいけど。私はボージョレという発音や活字を見ただけでむかつくのです。ちなみに日本の大学のフラ語の先生はたいてい英語もできるので、フランス滞在中は英語ですむからフランス語の発音には無頓着な人が多いです。とフランスで通訳やガイドの資格を持って現地で働いている人が言ってた。私もそう思う。わたしは今度6年後のヨーロッパ留学は完ぺきな準備をしていきますぞ。英語もフラ語も鋭意勉強中です。ではアビアントー!  

素敵でした!!!

 投稿者:Mitsuko  投稿日:2011年 9月19日(月)18時12分27秒
  昨夜・・・やっと念願の生の声!生の歌!を聴けました
素晴らしい歌声に酔いしれました。やはり素晴らしかった!!
初めての生シャンソンでしたが本当に楽しめました
それは菅尾さん本人のの曲の紹介や途中のお話が大変面白く(大事なポイント!)

人生訓を参考にしたいと・・・・も

CDだけじゃなくてやはりこうして本人さんの歌を直接あって聞けたのは最高でした!!
又の機会を楽しみにしています。有り難うございました。
 

ゲストブックを見つけて・・・・

 投稿者:Mitsuko  投稿日:2011年 9月 6日(火)22時12分3秒
  最近菅尾玲子さんのCDをいただきました・・・虜になりました\(◎o◎)/!
素敵な先生にシャンソンを習っていらっしゃる皆さんがうらやましいです
お会いできる日・・・初シャンソンを聴ける日がとても楽しみです。さぞかし心にしみることと今からドキドキです・・・
 

補足説明

 投稿者:フランソワ  投稿日:2011年 8月 3日(水)22時27分11秒
  山荘の庭で食事とか日光浴とか「蚊に刺されません?」とか「虫がいっぱい来るとこで食事なんかしたないわ」とか言われるので補足します。蚊はいません。なぜなら、私のすむ界隈は下水道がないからです。。蚊が大挙して来るところは必ず下水道があり、そこで大繁殖するからです。当家は個別浄化槽で蚊はわいておりません。従って日光浴中に蚊に刺されたことは一度もありません。また650メートル四方に定住者はいないのでゴキブリもネズミもいません。他のいわゆる虫は今年の異常な冬の寒気(氷点下7度の日が続いたり例年にない積雪があった)せいか?虫が異常に少ないと地元の人がいってました。よっておいしく庭でプチデジュネ(朝食)を頂いております。(もっとも虫対策は万全にしてたことも確かですが)コーヒーはキリマジャロをドリップで出してます。シャンソンのキリマンジャロもいい歌で大すきですけど。フランスのキャッフェで頂いた本物のクロワッサンを懐かしみながら、ではアビアントー!  

バンビが庭に

 投稿者:フランソワ  投稿日:2011年 7月11日(月)10時13分35秒
  7月の朔日サロンに応援に行った。菅尾先生の写真を撮った。自分の理想通りパワフルな元気いっぱいの先生の写真が撮れてあまりの嬉しさに神戸教室の現場に押しかけ写真を額にして持っていきました。菅尾先生も写真の出来栄えにたいそうお喜び頂き大満足です。

さて田舎の別荘地でシャンソンとフルート吹奏とフランス語の勉強と瞑想三昧の隠遁生活を始めて半年。今朝いつも庭で遊んで帰る鹿がなんと小鹿を連れてきました。あまりの可愛さに絶対に餌づけをしないのですがおいしいニンジンを投げてやると母鹿が半分食べてくれました。野生の鹿なので5メートル以内には近づけませんがバンビが毎日来てくれないかと楽しみにしています。鹿や野鳥に囲まれ最近は庭でコーヒーを飲みながらフルートを吹いたり日光浴をしたり本当に清々しい日々を送っております。5年後65歳に再度今度はパリのコンセルバトワールに留学します。ではボンジュルネ!アツース!アビアントー!
 

期待

 投稿者:異邦人  投稿日:2011年 5月17日(火)19時06分37秒
  菅尾玲子先生へ
ゴルデンウェイクに家族で中国の田舎に行って来ました。
この間、大阪リサイタルで頂いた先生のCDを両親にも一枚渡して来ました。
演歌ばっかり好きだった父に、シャンソンの魅力を感じてほしかったです^^
これからも、先生の舞台を楽しみにしております。
 

楽譜の問い合わせについて

 投稿者:ちょん  投稿日:2011年 4月27日(水)22時40分47秒
  菅尾玲子さんへ
いきなりですいません。いつも菅尾さんの歌がとても好きで良く聴かせていただいております。来年、娘が結婚することになりました。結婚式でぜひ菅尾さんの「渚」を、私が伴奏し、おばに歌ってもらおうと思っています。
そこで、ピアノの楽譜がほしいのですが、どうしたら、手に入りますか?
お手数ですが、回答をお願い致します。
 

異邦人様

 投稿者:菅尾玲子メール  投稿日:2011年 4月11日(月)19時35分46秒
  昨日はせっかく楽しく聞いて下さっていたのに私の不用意な言葉で傷つけてしまいお嬢様の心にも陰をさし申し訳なくお詫び申し上げます。どこにでも素晴らしい人も嫌な人もいて国とはまったく関係ない事です。菅尾の歌はこれからも応援しますと書いてくれた貴方の大きさにまたまた恥ずかしく心よりお詫び申しあげます。
                           菅尾玲子      
 

思わず涙

 投稿者:異邦人  投稿日:2011年 4月11日(月)00時17分51秒
  菅尾玲子先生へ:
まず、音楽活動25周年おめてどうございます。今日は友人の誘いを受け、池田市民文化会館アザリアホールにて、娘と共に大阪リサイタルを鑑賞させて頂きました。1200人の観衆にも驚かされた、何により、語りかけてくる歌詞、先生の思いを一杯詰まった歌声に、感動致しました。実は、娘はまだ9歳ですが、私と一緒に生徒さんの発表会を含めて、既に3回程シャンソンに触れました。今はすっかりシャンソンの虜になり、宿題をする際にもBGMとして、先生のCDを流しています。誘って下さった友人には本当に感謝しております。これからも、ご健闘を祈っております。
 けれども、今日は最後の最後に、先生の一言に、とっても残念で仕方が無かったです。「中国図々しい国、あまり好きじゃない国。。。」の発言には、ぐっさと刺されたような心痛を感じました。横に居る娘が「なんで中国が嫌いなん」と言う質問に、答える言葉が見つかれなくて、思わず涙が出ました。
 恐らく、あの会場には中国人は私と娘二人だけだっただと思います。余計に悲しかったと悔しかったです。今回の地震で必死になって、救済物資を工面して送った、避難して神戸に来た人の世話、集められるだけ集まった募金、中国の取引先を説得して、被災地への出荷を全て期限なしの後払いに、それを受けたのも中国人、それをやったのも中国人の主人です。それは日本が好き、早く乗り越えてほしい、中日間の溝を少しでも私達の手によって埋められたらいいなぁ~とのただ一つの思いでした。。。
 偶には、両国のマスコミに対して憎い思いがあります。政治目的でお互いに悪いものばっかり伝えるものの、国民の思想を左右するからです。先生が自分の思いをまっすぐに言えるのがとっても尊敬できるいい事ですが、中日間の溝を一生懸命埋めようとする人々のお気持ちも考えて頂きたいです。
 音楽は国境がないと言います、私と娘が(中国人)の心の中に、既に先生の歌声を住み着いております、引き続き応援させて頂きます。
 

レンタル掲示板
/17