teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


がんばれTENRI青年

 投稿者:おおうち  投稿日:2015年 3月20日(金)10時41分39秒
  皆さん、お元気ですか?現地へ到着してもう活躍していることと思います。
実際に現地の人に教えてみて戸惑うこともあるかもしれませんが、学習者の立場になって
考えたり工夫してみてくださいね。
また何かあれば書き込んで一緒に考えていきましょう。
 
 

申し訳ありません!

 投稿者:S-244  投稿日:2012年11月 2日(金)19時18分35秒
  申し訳ありません。説明不足でした。
生徒から、「『私は~へ行く。』じゃなくて、『私は~へ来る。』という言い方は出来ますか?」という質問をされ、僕的に『私は~へ来る。』という表現に違和感があり、「会話でこんな言い方するときあるかなぁ~??」「言いそうだけど、どうだろうなぁ~??」って、訳が分からなくなったので質問させて頂きました。簡単に言うと、『私は~へ来る。』という言い方はするのか、しないのか。ということです。分かりづらくて、申し訳ありません。御理解頂けますでしょうか?
 

Re: 質問!

 投稿者:おおうち  投稿日:2012年11月 1日(木)21時59分17秒
  どういった意図で質問してきたのか、よくわかりませんが、

「私は学校へ来る。」とか
「私は明日、学校へ来ます。」とか
「私は明日、休日ですが、学校へ来ます。」とか

 質問してくるのはいいですが、もう少し詳しく状況やどういった経緯でこんな質問が
来たのかなどを書いてくれないと答えようがないので気をつけてください。
 

質問!

 投稿者:S-244  投稿日:2012年11月 1日(木)20時43分15秒
  質問なんですが、回答をお願いします。
「私は~へ(に)来る。」って言いますっけ?
生徒からの質問で、「どうだっけなぁ~??」って悩んでしまったので…。
 

ありがとうございます!

 投稿者:S-244  投稿日:2012年 5月 9日(水)19時17分30秒
   事細かいご返事ありがとうございます!
 所長先生には了解を得ているので、地域課の方に
連絡したいと思います。
 

問題集

 投稿者:やっさん  投稿日:2012年 5月 8日(火)21時51分46秒
  S-244さんへ
Fumyさんに先に書かれたので、もういいかとも思ったのですが、補足ということで…
現地で必要性が出てきた。→拠点長に相談 →管轄の地域課 →日本語教育センターという
流れで連絡がくると一番、動きやすいです。それでこちらで注文し、そろえてから地域課に
渡して現地へ送ってもらうというパターンで今までも送ってきました。

まずは所長さんにちょっと相談をかけて地域課経由でこちらにまた連絡くださいね。
蛇足ですが、Fumyさんは書籍担当なので一番、問題集の新刊に関しては詳しいです…。
 

日本語能力試験問題集…

 投稿者:fumy  投稿日:2012年 5月 8日(火)20時45分25秒
  新試験に変わってから、ずいぶんと日本語能力試験関連の教材がそろってきています。つい最近やっと新試験になって初めての過去問が発売されました。書籍のコピーを送ることは、著作権などの問題でできませんが、日本語教室の施設長や海外部の地域課に書籍の購入をお願いしてみてはいかがでしょうか。  

(無題)

 投稿者:S-244  投稿日:2012年 5月 8日(火)19時32分23秒
   こんにちは!お疲れ様でございます。
 お願いがあるんですが、日本語教室の生徒で、今年の日本語能力試験を受けたいという生徒がいます。そこで、日本語能力試験問題集みたいな教材があれば、送って頂きたいのですが…。それも、本人の希望で、最新版をお願いしたいんですが、可能でしょうか?

 
 

ありがとうございます!

 投稿者:S-244メール  投稿日:2012年 2月 4日(土)22時56分34秒
  御丁寧なお答え、ありがとうございました。
たすかります!
 

「言う」は「いう」「ゆう」?

 投稿者:おおうち  投稿日:2012年 2月 2日(木)15時43分6秒
  現代仮名遣いの規則では下記の通りになっています。

=================================
【イ列長音準則】「言う」の場合は「ゆう」ではなく「いう」と綴る。
語幹変化を認めないためである。
=================================

 元々、実際の発音と表記にはズレがありますが、書く時の規則としては決められています。
実際に「いう」って発音してますか?恐らくしてないと思いますよ。
実際の発音と表記が違うことはたくさんあります。

参考までにWikiのページを紹介しておきますね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E4%BB%AE%E5%90%8D%E9%81%A3%E3%81%84

他の表記に関することもあるので、また一通り読んでおいてください。
 

質問です!

 投稿者:S-244メール  投稿日:2012年 2月 1日(水)19時09分46秒
  言う:「いう」と「ゆう」の使い分けってあるんですか?  

(無題)

 投稿者:S-244メール  投稿日:2011年 9月13日(火)22時02分32秒
  テキストは特に使っていません。インターネットサイトの問題を解いてもらっています。
 

能試

 投稿者:ひがしメール  投稿日:2011年 9月13日(火)09時20分52秒
  N3が満点で、N2がほとんどできない・・・、ちょっと不思議ですね。それだと、対策本でN2の語彙文法をがんがんやっていって言語知識を増やすことはできても、理解、特に聴解でつまづく恐れがありますね。しかし、さしあたっては対策本で文法・語彙をがんがん詰め込むと同時に、週1回の割で聴解、読解問題で訓練するしかないと思われます。聴解では、必要な情報をメモしていく練習、読解では本文を「読み込む」のではなく、「質問」から答えを探しにいくテクニックの練習を繰り返します。ただ、対策本や問題集がないんですか。それは所長に相談してください。ところで、今、テキストは何を使っているんですか。  

追加情報

 投稿者:S-244メール  投稿日:2011年 9月12日(月)19時00分32秒
  日本語能力試験のホームページにあった、N3の問題(全科目)をやらせたところ、結果は満点でした。対策本や問題集はありませんでした。
こんな感じです。よろしくお願いします!
 

日能試

 投稿者:ひがしメール  投稿日:2011年 9月10日(土)13時57分27秒
  N5~N3をやらせたって、どういう意味ですかか。トータルで正解率90~95%という意味なんでしょうか。
もう一度確認します。N3の言語知識(文字・語彙・文法)、読解、聴解つまり全科目の模試をやってみてください。時間的に1回で無理なら、2回に分けてもいいです。それで、クリアするか、ぎりぎりであれば、N2を目指した勉強を考えましょう。
 ところで、対策本、問題集などの図書はそろっていますか?
 

情報不足ですみません!

 投稿者:S-244メール  投稿日:2011年 9月 8日(木)19時15分50秒
  その生徒とは毎回1対1の授業です。N5~N3の問題をさせたところ、正解率90~95%です。N2・N1の問題は、ほぼ出来ませんでした。チャイニーズなんで、漢字はまあまあ理解しています。こんな感じなんですが、どうでしょうか?  

日能試

 投稿者:ひがしメール  投稿日:2011年 9月 8日(木)10時14分48秒
  質問の意味は、その学生個人のことですか、クラスとしてですか?
 どちらにしても、いま、どんなテキストで、どのレベルまで学習しているクラスの学生なのかといった情報がないんで何とも言えませんが、ともあれ、今言えることは一つ、本人の今のレベルを知ること。つまり、3級か2級の過去問をやらせてみること。その結果で、今後の取り組みを考えましょう。いずれにしても、クラスの通常の進度と別メニューを組むことになるでしょう。
 

日本語能力試験合格に向けて…

 投稿者:S-244メール  投稿日:2011年 9月 7日(水)19時49分42秒
  こんにちは!また質問なんですが、僕の生徒に来年の日本語能力試験のレベルN1かN2を受験したいという子がいるんですが、合格に向けて、これからの授業はどういう風に進めていったらいいんでしょうか?アドバイスお願いします!  

ありがとうございます!

 投稿者:S-244メール  投稿日:2011年 8月10日(水)20時32分43秒
  お忙しい中、事細かくお答えいただき、本当にありがとうございます。僕自身、日本語のいい勉強になっています。  

ふんぷん

 投稿者:ひがしメール  投稿日:2011年 8月 8日(月)08時28分53秒
  「分」は、5分、10分、15分と、5分刻みで提出します。そして、
   5、15、25、35・・・は「ふん」
   10、20、(30)、40・・・は「ぷん」
と説明します。この時、気をつけるのは「じっぷん、にじっぷん…」と、促音になることも説明する。
「いっぷん、さんぷん、ろっぷん」はあえて出さなくてもいいが、質問があれば、「1、3、6、8、10」は発音がイレギュラーになることがあると言うぐらいでいいでしょう。
 時刻の言い方(「みんなの日本語」では4課)の前に、「さんびゃく、さんぜん、ろっぴゃく、はっぴゃく、はっせん」を練習しているので、問題はないはず。

ついでに、時刻の練習で、気をつけることを書いておきます。
*「~時」は「1時」から始めない。「3時、6時、10時」とやってから。なぜなら、
  ・「サン/ロク/ジュウ」の発音と、「ジ(時)」の音が区別しやすい。
  ・「イチジ/ニジ/ハチジ」は「-i-ji」となって、発音的に聞き難いし言いにくい。
  ・「2時/5時」は「ニィジ/ゴォジ」と捉えられやすい。
  ・4時」は「ヨン/シ」を使わず、「ヨジ」となる。
 それで、発音が易しく、数字そのままに「ジ」を付けたらいいものからやっていく。「イチジ」から始める必要はない。つまり、
   3時、5時、6時、8時、10時
   →1時、2時、7時、11時、12時
   →4時、9時
の順序でやること。

*発音に注意
   4時→×しじ →よじ、  9時→×きゅうじ →くじ
   5時→×ごおじ →ごじ、  10時→×じゅじ →じゅうじ

*「分」は次の順序でやる。
 1.~時半
 2. 5分、15分、25分、35分、45分、55分  ※「サンジュ・ゴフン」とならぬよう注意。
 3. 10分、20分、30分、40分・・・
 4. 5分、10分、15分、20分・・・

※「10分」は「ジュップン/ジップン」のどちらかという問題がある。国語学的には「ジップン」が正しいが、日本語学習者においてはどちらでもかまわないし、どちらかに限定する必要もない。

*「午前/午後」は英語では「10:00am/3:00pm」なので、「10時午前/3時午後」
  という間違いを起こしやすいので、注意。

最後に、数字ものは授業の初日から毎回、「いち、にち、さん・・・」とコーラスしてください。慣れるしかないから。
 

質問です!

 投稿者:S-244メール  投稿日:2011年 8月 6日(土)20時58分13秒
  時間の読み方を教えるとき。「ふん」と「ぷん」の使い分けの説明が出来ないんですけど、どうすればよろしいでしょうか?出来たら、英語で説明したいんですけど・・・。
それとも、そこまで事細かく、教えなくてもいいんでしょうか?
 

感謝です!

 投稿者:S-244メール  投稿日:2011年 7月13日(水)10時53分18秒
  東先生・大内先生、本当にありがとうございます!頑張ってやってみます。また質問・疑問等出てくると思うので、よろしくお願いします!  

けいご

 投稿者:ひがしメール  投稿日:2011年 7月12日(火)08時04分46秒
  ここで書くと長くなるので、文型解説と、教案をメールで送ります(ました)。  

質問 第二弾!

 投稿者:S-244メール  投稿日:2011年 7月11日(月)20時03分30秒
  事細かくお答え頂き、本当に助かります!ありがとうございます!  また別の質問なんですが、今日日本語教室があって、「敬語」の授業を始めたんですが、尊敬語・謙譲語・丁寧語の説明がうまくいきませんでした。教えて頂いたサイトをみたんですが、どの説明もわかりずらく、生徒に伝わりませんでした。僕自身あまりよく分かってないもので・・・。
わかりやすく、理解できるような説明の仕方ってあるでしょうか?  僕が教えている生徒は上級者なので、質問も上級で全然答えられません。お願いします!
 

文字

 投稿者:ひがしメール  投稿日:2011年 7月11日(月)09時37分21秒
  当然やります(継続学習者なら)が、その前に、発音練習が必要です。
発音練習と、文字練習のやりかたをメールで送っときました。
 

文字の導入

 投稿者:おおうち  投稿日:2011年 7月11日(月)09時17分18秒
   基本的に学習者が勉強を続けていく人なら文字の導入はするべきだと思います。
ただ、学習者が短期で日本を訪問とか、短期促成で簡単な挨拶用語と旅行で
必要な会話などだけをやりたいと思っているのなら、無理強いはできないと思います。

 「みんなの日本語」を使っていくのなら、やはり文字も教えていかないと後々、大変だと
思います。しかし、一度にひらがなを全部教えてそれで終わりというものでもないので、
毎回の授業の初めに、読めるようになるまで50音図を使って読んだり、ひらがな一文字のフラッシュ
カードやひらがなの単語のフラッシュカードを使って、何度もリピートしたり、読ませたりしてやってみては
どうですか?

 とくに50音図で「あいうえお」の練習は後々、動詞の活用ともかかわってくる部分ですから
その学習者が勉強を続けていくのであれば、やっておいたほうがいいと思います。
カタカナもなぜ使うのかなぜ必要性があるのかをよく説明しないと、なかなか覚えようとは
しないから、その辺も押さえておいた方がいいように思います。

 悪戦苦闘しているようですが、がんばってください。
 

質問!

 投稿者:S-244メール  投稿日:2011年 7月10日(日)14時49分27秒
  こんにちは!オーストラリアで悪戦苦闘している、第11次青年会人材派遣の下井です。今更こんな質問をして、「事前研修の一年間なにやってたんだ!」って言われそうですけど・・・質問があります。まったく日本語を知らない、0からのスタートの生徒に教える場合、「みんなの日本語」など教材を使う前に、ひらがな・カタカナの勉強をした方がいいんでしょうか?  

はじめまして

 投稿者:宇久三平  投稿日:2010年 8月11日(水)14時45分33秒
  はじじめまして。ニューアプローチ完成編1の「とは」の用例を探しています。ちょっと煮詰まってます。  

アニメのサイト

 投稿者:おおうち  投稿日:2010年 2月25日(木)16時34分4秒
  国際交流基金のサイトの一つでアニメに関するものを紹介します。
以前、大阪の交流基金関西センターで行われた研修の内容のものを
WEBサイトで公開し、アクセスした人が試せるようになっています。

回線速度によって動きが最初遅いかも知れません。

「アニメ・まんがの日本語」
http://anime-manga.jp/

ご参考までに一度、アクセスしてみてください。

個人的には「CHARACTER EXPRESSIONS」がけっこう面白いとおもいますよ、
またアニメ好きの学習者に紹介してもいいかもしれません。
 

ありがとうございます

 投稿者:道子  投稿日:2009年10月19日(月)23時23分45秒
  ひがしさん、おおうちさん、お礼を言うのが大変遅くなり、申し訳ございません。
質問におこたえいただき、ありがとうございました!!
実は、ノートが間に合わなかったので、翌週にひがしさんと
おおうちさんのを参考に作って渡しました!

JLPTを教えているときによく思うことは、もっと勉強してから学生に
教えられたらいいなという事です。教えていて「わからん!何を言ってんだ!」と
言うような顔を見るたび、申し訳なく思います。勉強する時間が欲しいですね。
 

新しい日本語能力試験

 投稿者:おおうち  投稿日:2009年10月19日(月)09時56分12秒
  10月10,11日福岡県博多市にある九州大学で開かれた日本語教育学会秋季大会に参加してきました。

シンポジウム「新しい日本語能力テストが目指すもの」

 2010年から日本語能力試験が変わると発表があってから、どのように変わっていくのか
気になっていましたが、大きく変わる点としては「課題遂行のための言語コミュニケーション能力」
を測るという点です。詳細についてはここでは書ききれないので、割愛しますが、
問題のサンプルに関してはJLPTのホームページでもサンプル問題が公開されているので
ダウンロードして見ることができます。先日のシンポジウムでもそれと同じものがプロジェクタで
映されていました。サンプルはPDFになっているので、ダウンロードできます。
            ↓
http://www.jlpt.jp/j/about/new-jlpt.html

 新しい「日本語能力試験」ガイドブックもPDF形式でダウンロードできるようになっているので
海外の拠点でもダウンロードして印刷できるようになっていますので、試験対策を授業に
している人は参考にされるといいと思います。
 

年とともに

 投稿者:ひがしメール  投稿日:2009年 9月24日(木)13時49分7秒
  おひさしぶり。年とともに衰えを感じている、ひがしです。
結論からいうと、意味はどれもほぼ同じでいいと思います。
 年をとるにしたがって、体も弱くなる。
 年をとるにつれて、体も弱くなる。
 年をとるとともに、体も弱くなる。
確かに、「季節とともに」は「×季節にしたがって/×季節につれて」に言い換えできない、なぜか、「季節」という語そのものに「変化」の意味を見いだすのは無理だから・・・だから、「変化」をつけて
 季節の変化にしたがって、…
 季節の変化につれて、…
 季節の変化とともに、…
とすれば、どれも可能になってくる・・・などという細かい分析はできるでしょう。
しかし、学習者にとって、これらの意味の微妙な違いや使い方の細かい違いを知ることは、ほとんど意味のないことだと思います。JLPTでも、これらの違いを問うような問題は出るわけないです。
プリントを作成する必要があるなら、
  意味はどれも、ほとんど同じ
  「変化」の意味を含む動詞、または名詞を使う。動詞は辞書形を使う。
  「(に)したがって」と「(に)つれて」は助詞「に」を使う。
  「(と) ともに」は、助詞「と」を使う。
だけでいいんじゃないかな。ちょっとテキトーすぎますか。けど、実際にJLPT対策の勉強では、これは、前に出たナニナニと同じ意味!! とばっさりやっていかないと、キリないですよ。ただ、違いのはっきりさせるべきは、はっきりさせるべき。「するわけにはいかない」と「することはできない」などのように・・・。
 

変化・進行・変化の因果関係

 投稿者:やっさん  投稿日:2009年 9月24日(木)10時10分6秒
  おはようございます。
 日本はシルバーウィークでずっと連休でした。書き込んだタイミングが悪かったですね。

今日からまた仕事です。さて質問の件ですが、
 どれも「ふたつのことが一緒に変化するとか一緒に進む」というような意味で
使われる表現です。当然、入れ替え可能な例が多く、表現として硬いか
くだけているかなど若干のニュアンスの違いはあると思いますが、入れ替えのきく
ケースが多いです。明らかに入れ替えができないケースを見つけ出していって
どういう時に使えて、どういう時に使えないか考えて考えて行かないと、入れ替え
可能なケースばかり見ていると頭が混乱します。

 類義語使い分け辞典等を調べてみても、明らかな違いが出てくる解説は少ないですね
前件の自動詞、他動詞の違いなどに触れているものもありますが、若干のニュアンスの
違いは出ても入れ替えができないほどではないようなものもあります。

ネット上でも何度も議論されているものなので、参考に読んでみてください。そして入れ替え
可能な例文とちょっとニュアンスが変わるという文を見つけ出してコピー、ペーストして
プリントを作成すれば、自分の頭の中も整理されると思います。
         ↓

「にしたがって・につれて・にともなって」
http://nihongo-online.jp/tree02/treebbs.cgi?kako=1&all=726&s=726

「~につれて」「~にしたがって」の違い
http://home.alc.co.jp/db/owa/jpn_npa?stage=2&sn=207

「「とともに」「にしたがって」「につれて」の違い」
http://nihongo-online.jp/bbs/discuss.cgi?id=20&mode=part&num=88

まだまだ参考書や比較した論文などもあると思いますが、とりあえず急いでいるようだから
取り急ぎ、書き込んでおきます。
 

JLPT2 文法「~ほど/~に連れて/~に伴って/~に従って」

 投稿者:道子メール  投稿日:2009年 9月23日(水)11時12分5秒
  8月からJLPT対策の授業をしています。先週(9/16)JLPT2を受けている学生から
「~ほど/~につれて/~に伴って/~に従って」の違いがわからないと言われたので、
翌週(9/24)プリントをあげると言いました。
いろいろ調べて何となく違いがわかったんですが、プリント作成できるほど
理解していません。
どなたか「~ほど/~につれて/~に伴って/~に従って」の違いを教えていただけますでしょうか。お願いします!!!
 

南米からの質問

 投稿者:おおうち  投稿日:2009年 8月28日(金)08時54分49秒
  おはようございます。南米の拠点から下記の内容のメールが届きました。
日本語科のスタッフの方でよければ返答いただけませんか?匿名でもけっこうです。
私は日本語科の現場を離れて久しいので…(^^;)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
9月から日本語教室が再開するにあたって質問があるのですが、よろしいでしょうか?TLIではひらがな、カタカナの読み書きにどれくらい時間を費やしていますか?そから始めたことが無いので参考にお願いします。それとTLIに、授業の進め方や、授業の様子の入った、DVDやビデオの教材はありますか?できれば「みんなの日本
語」の1課から25課ぐらいの間で。もしあれば、入手したいのですが、できますでしょうか。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 

飽きさせない授業…

 投稿者:やっさん  投稿日:2009年 8月21日(金)16時29分54秒
  なかたさん、ありがとうございます。またパラグアイから発信してくださいね。

さて、飽きさせない授業ですが、子供のクラスに限ったことではないですね。
大人というか成人対象の語学教育でも難しい部分だと思います。イヤならやめるとか
来なくなるとか、先生を変えてくれというケースもありますからね。

最後に書いていた日本語や日本の文化にたくさん触れさせようという方向性に私も同感です。子供の場合、その先があるわけで、中学、高校…と先々で本格的にまた勉強しなおす
という機会もあるでしょうし、その最初の部分で嫌いになって、悪い印象をもたれては
元も子もなくなりますね。
 この掲示板の前のスレッドにもいろいろ書き込みやリンクもありますので、また時間の
ある時にアクセスして、使えそうなものがあったら、試してください。日本語教育とか
国語教育とか幼児教育とかジャンルにこだわらず、使えそうだけど、合わない部分が
あれば、ちょっと工夫して応用してみるということもありだと思います。
 私自身はかなり小学校教育の方から影響を受けているものがあります。

また、書き込みなど情報よろしくです!
 

(無題)

 投稿者:なかた  投稿日:2009年 8月21日(金)11時35分46秒
  パラグアイで第十次青年会人材派遣生として日本語教師をしております。中田です。

パラグアイでは現地の日本語学校に勤務することになりますので、当然、教える相手は幼児、児童、生徒(4~16歳ぐらい)です。まだ半年ほどしか教えていませんが、その中で思ったことは、中学生よりも小さい子のほうが日本語を覚えるのが早いということです。小学校高学年や中学生ぐらいになると、日本語を頭で覚えようとするのですが、小さい子は自然と覚えていきます。8~10歳ぐらいになるとまた話は別なのですが・・・。特にこの年代は母語の発達も著しい時期なので、なかなか日本語を覚えてくれません。お悩みの気持ちがよくわかります。

わたしは「みんなの日本語」も使っていますが、オフィス用語や子どもには難しいかなと思う単語や例文は修正して使っています。リピートやQAを元気にやると子どもたちもわりと元気に返してくれています。
また、パラグアイでは日本の国語の教科書も使っています。面白い読み物が多いので、興味をもって音読などをしてくれています。ただ、教材の難易度を考えて使わなければいけませんが・・・。
工作や歌なども効果的だと思います。最初はなかなか指示も通らないと思いますが、だんだん簡単な指示は理解するようになります。「ここを切って」「ここに貼って」など。最初に子どもの母語で説明してもいいと思いますが、あくまでも日本語の指示だけで工作ができるように努力することが大事だと思います。歌はひらがなを覚えるまではローマ字で歌詞を書いてあげたほうがいいでしょう。

子どもにはなるべく飽きないような、興味をもちやすい授業を心がけることが大切だと思います。小さい頃になるべく日本語に触れたほうが後々、日本語を習得する上で有利だと思います。日本語を覚えさせようと気張るのではなく、日本語や日本の文化にたくさん触れさせようという方向性でいいのではないのでしょうか?

まとまりのない話を長々と申し訳ありませんでした。
 

「みんなの日本語」は何歳から?

 投稿者:やっさん  投稿日:2009年 8月20日(木)08時47分16秒
  連日、暑い日が続いております。さて、下記のようなメールを海外拠点の方から
もらいました。ちょっといろいろご意見をもらった方がいいと思い、ここに書き込みました。ちょっと意見を聞かせていただけませんか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
7月の休みも終わり、後期がスタートしました。
新しい生徒も増え、その中でも自分のクラスは子供が増えました。

そこで、ちょっと質問なんですが、本来みんなの日本語
は何歳くらいから始めるのがベストなんでしょうか。

やはり8歳や10歳くらいの子には無理があるのでしょうか。

子供には、どんな授業をしたらいいのか本当に
毎回悩んでいます。
出来れば何かヒントを頂きたいのですが、
どうぞよろしくお願いします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 

新規購入教材

 投稿者:やっさん  投稿日:2009年 7月 4日(土)16時14分44秒
  日本語科で購入した新しい教材です。

4月購入
・ニューアプローチ完成編聞き取り練習問題               日本語研究社
・たのしく聴こうⅠ・ⅡCDつき                     凡人社
・耳から覚える日本語能力試験3級文法トレーニング(1・2級購入済み) アルク
・文字語彙文法まとめドリル日本語500問初級(3級)・中級(2級)  アスク


6月購入
・にほんご日記ノート                         アルク
・マルチメディアで学ぶ日本語能力試験対応3級漢字CDーromつき      マーナビ教材開発(*4級も発売しています)
・マルチメディアで学ぶ日本語表現文型Ⅰ 日本語能力試験2級CDーromつき  マーナビ教材開発(*1級も発売しています)
・みんなの日本語中級Ⅰ 翻訳文法解説英語               スリーエーネットワーク
・レベル別日本語多読ライブラリーレベル3VOL3 アスク
・初めて日本語を教える人のためのなっとく知っとく初級文型       スリーエーネットワーク
・聴くトレーニング<聴解・聴読解>基礎編日本留学試験対応       スリーエーネットワーク
・日本語教師のための音声教育を考える本   アルク
・文字語彙文法まとめドリル日本語500問上級(1級)    アスク
・平成20年度日本語能力試験試験問題と正解1・2級     凡人社
・平成20年度日本語能力試験試験問題と正解3・4級     凡人社
 

「~だらけ」と「~まみれ」

 投稿者:やっさん  投稿日:2009年 6月 5日(金)16時40分10秒
  「~だらけ」と「~まみれ」の違い
 2年目の学生の授業でのことです。教科書に「~だらけ」が出てきました。

一通り説明も終わり、例文もいくつかあげて、教科書の説明にもあるように
「ごみ、ほこり、泥、血、毛、穴、傷、しわ、間違い、問題」など良くないと思われる
ものと一緒によく使われるというように説明も追加して、次へ進もうとした時に、

「先生!(だらけ)と(まみれ)は同じですか?」

という質問が来ました。予期せぬ質問がきたので、一瞬、たじろぎましたが
急にいい例文も、違いが現れる例文も出てきそうにないので、次の授業までに
考えてくると返事をしました。
 質問者は韓国の学生だったので、韓国語辞典を調べてみると、同じような例文で
(だらけ)と(まみれ)は同じ訳語がついていました。

これでは、区別がつきにくいのもしかたがないですね。日本語は二種類でも
外国語になると一つでまかなっている例だと思います。

・「穴だらけのシャツを着ている」 ×穴まみれ?
・「しわだらけのおじいさんの手」 ×しわまみれ?

結局、いつものごとく使える例文と使えない例文を出して、説明を加えていって
学生も納得してくれたようですが、久々に考えさせられました。

どちらも使える例で先に説明してしまうとなかなか区別するのが難しくなるので
注意が必要かもしれません。
・「ほこりだらけ/ほこりまみれ」とか「血だらけ/血まみれ」

ご参考になれば…。
 

ネット上の教材(続き)

 投稿者:やっさん  投稿日:2009年 6月 4日(木)10時36分32秒
  日本語教育に携わって経験年数の少ない方への参考になるページの紹介です。

「日本文化研究会」
http://www014.upp.so-net.ne.jp/nbunka/learn.htm

経験10年以上の日本語教師の集まりで、ここの初級で教える項目の
考察は非常に参考になると思います。例えば「ために」と「ように」の違いなど
豊富な例文や簡単な解説、練習まであります。

かなり以前からあるページで、利用価値はあると思ったので紹介しておきます。

周りの人にも紹介してあげて下さい。
 

ネット上の教材

 投稿者:やっさんメール  投稿日:2009年 6月 4日(木)09時24分2秒
  ネット上には結構使えるものや参考になるものがあります。
いくつかご紹介します。

「日本語教材図書館」
http://www.n-lab.org/library/link/index.html

左メニューの「教材配布室」は利用価値大!「みんなの日本語」の各課の参考になる記事が多い。

「みんなの教材」
http://minnanokyozai.jp/kyozai/home/ja/render.do;jsessionid=50BDD05A038A2F451C3478D4EC23F5BB

国際交流基金のHP
「KCクリップ」↓
http://jfkc.jp/clip/

ダウンロードして使えるみたいです。またスピーチなどの
教材もあり、発表会でも使えそうなものもダウンロードできる
みたいです。授業を考えていく上で参考になると思います。

「日本語教材データベース」日本語教育学会
http://www2.kokken.go.jp/nkg/KyozaiDB/index.html

リンクをたどれば、簡単にどんな教材があるのか調べることができます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

他にも参考にあるものがあれば、どんどん書き込んでくださいね。
役に立つものはどんどん情報共有しましょう。
 

謙譲語について

 投稿者:ひむがしのメール  投稿日:2009年 3月16日(月)17時43分54秒
  なるほど。50課の、練習Aの書き方の意図は、やや問題ありですね。
 A1、A2…普通の動詞で謙譲表現にする文型、「お/ご~する」
       行為直接の受け手がいる、いわゆる関係謙譲語。
 A3、4、5…謙譲の意味のある、「特別な」語彙
というように「手引き」にありますが、それはわかるとして、なぜA3だけに「謙譲語」と書いたんでしょう?
それに、A3の中の「特別な謙譲語」の中にも、「拝見する、お目にかかる、伺う(質問する)」など、関係謙譲語がありますよね。これだと、「かたち中心」の分け方で、「使い方中心」じゃないですね。謙譲語の最大のポイントは「関係」かどうかという「使い方」が大事で、「手引き」でも、それに注意しろとあります。

「いたす」なんか、ほとんどの「~する」動詞で使えますね。しかも、相手に関係がある「連絡致します」から、関係はないけど意志がある「引っ越し致します」、はては、人の意志が無い「乾燥致します」なんていうのまで使えるから、謙譲と言うより、丁寧語・美化語といったほうがいいのかもしれませんね。
 それをふまえて、学習者から「ご案内します」と「案内いたします」は同じか、という質問があったらどうするかですが、やはり、「ご~する」は関係謙譲語である、つまり、行為が直接関係する相手の存在を強く意識していると説明できないでしょうか。いっぽうの「案内いたします」は相手の存在というより、自分の行為を丁寧に述べているにすぎない、ある意味、冷たい表現なのかも………ということで、私なりの学習者への回答は、
  「案内いたします」も間違いではないが、「案内/説明/連絡する」は、
  相手に直接関係がある動詞だから、「ご案内します」を使ったほうがいい。
かな。レベルじゃなく、より適切な表現であるということで…。
 

50課の謙譲表現で

 投稿者:やっさん  投稿日:2009年 3月16日(月)11時53分6秒
  みんなの日本語50課で謙譲語が出てきますが、3グループの動詞の扱いについては
皆さん、どうしていますか?

 テストの見直しを頼まれたのですが、そこに次のような問題がありました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
正しい方を選んでください。
・私は来週、東京へ( 出張いたします / 出張なさいます )。

当然、学生は「私は」を見て「出張いたします」を機械的に選ぶと思います。仮に「社長は来週~」と
なっていれば「出張なさいます」を選ぶと思います。

しかし、「私は来週、東京へ出張いたします。」という文は文法的にはおかしくないですが、
誰が誰にどんなシチュエーションで言うのか考えると、かなり不自然な感じがするのですが
いかがですか?単文ではなく複文にすると

・私は来週、東京へ出張いたしますので、その日はあいにく出社しておりません。

というように、少しは違和感は解消されるのですが、学習者にそこまで考えさえるのは
無理があるように思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 また50課では「案内します」「紹介します」「用意します」「連絡します」「招待します」
などは練習Aで

・私が今日の予定を ご説明します。 出発時間を ご案内します。

のように「ご(漢語)します」の形で教えます。それ以外は練習A3のところで漢語、和語に関係なく
「します」→「いたします」のように指導します。ex、ひっこしいたします。発表いたします。感謝いたします。

話し手と聞き手の間で、相手に対して行為の影響を与える場合の待遇表現として練習A-2のような
「ご(漢語)します」は、ぴったり来るんですが、自分自身の自分のための行為?に関しては
謙譲表現として教えると違和感があり、「3G いたします」は謙譲表現ではありながら、単に丁寧表現
としないと違和感が残るような気がします。
 そうすると、練習A3の表には「謙譲語」と表記してある部分も注意が必要になってくると思います。

========================================
また学習者から「ご案内します」と「案内いたします」は同じですか?といった質問がきたらどうしますか?

仮に同じ謙譲表現だよ、レベルは違うけど…などと説明してしまうと

・顧客 「もうちょっと値段、なんとかならない?」
 社員 「その件に関しましては、部長と相談いたします。」 OR  「ご相談します」もOK??

ややこしいことを言ってすみません。現実の日本人の表現を考えると

「真柱様を お部屋に ご案内いたします。」→これは扱わないけど、現実はこれじゃないですか?
「真柱様を お部屋に ご案内します。」  まあ、普通レベルの謙譲
「真柱様を お部屋に 案内いたします。」  敬意が足りない印象

50課までに3G動詞はたくさん出ていますし、「名詞+する」も注意が必要な気がします。
ちょっと思いつくまま書き連ねてしまいましたが、謙譲表現で何かありましたら、また書き込み
お願いいたします。
 

会ったことある?

 投稿者:ひむがしのメール  投稿日:2009年 3月 7日(土)17時17分7秒
   思うところがあって、隣にいる1年目の日本語科スタッフに尋ねました。
「真柱様に会ったこと、ある?」
案の定というか、彼女は困惑した表情で、「はい、いいえ、それは、どういう・・・」と答えました。
次に、前にいる「そろそろベテラン」のスタッフに同じこことを聞くと、「うーん、敢えてお話ししたというわけじゃないけど、ご慰労のとき以外に、挨拶ていど…」という返事でした。やはり、「会ったことがある」の意味を頭の中で確認しているようでした。
 「みんなの日本語」19課の授業で、必ず学生に「真柱様に会ったことがありますか?」という質問をするんですが、まあ、例外なく「はい」ですね。タイ人の学生に「王様に会ったことがある?」でも、「はい」でしたね。よく聞くと、「お姿を拝見した」ていどのことなんでしょうが・・・。
日本語の「会う」って、面白いですね。
とりとめもないことで、失礼しました。
 

ピア・~~!!(叫び声ではありません。)

 投稿者:やっさん  投稿日:2009年 2月19日(木)11時27分17秒
  最近、ピア・ラーニングという言葉をよく耳にします。またピア・レスポンス、ピア・リーディングなど
ピア・~~という言葉も耳にします。普段、聞きなれない言葉ですが、ピアとは仲間、同僚(peer)という
意味で、ピア・ラーニングとは、「協働」という理念に基づく学習活動方法のことです。

従来から行われている教師主導型の知識積み上げの学習観から、新しい学びの考え方である「協働学習」へと
パラダイムシフトが進んできているように感じます。この分野の専門家である池田玲子氏と舘岡洋子氏の
情報はネット上でもけっこうあるので、下のリンクを参照にちょっと覗いてみてはいかがですか。

ピア・ラーニングについてはネット上でもいろいろな情報があるので、紹介しますね。全体的な
ことを知るにはここへ↓
http://www.jpf.go.jp/j/japanese/survey/tsushin/labo33.html

台湾の交流協会で行われた冬期研修会での資料(PDF)も参考になると思います。
http://www.koryu.or.jp/nihongo/ez3_graphics.nsf/0/4375b96f2f9b7e8d4925727c002bc6a0/$FILE/peer%20learning_2006%20winter%20seminar%20handout.pdf

自分の教室活動の中にピアラーニング的な要素を盛り込んだことを行っていくことで
授業を活性化することもできるように思います。

今、この掲示板に書き込んで情報提供したり、紹介していることも所謂、教師版「ピア・ラーニング」
なのかとも、ふと思ったりしています。自分の授業をよりよきものにするために参考になればいいですね。
 

勉強会

 投稿者:やっさん  投稿日:2009年 2月 3日(火)16時24分16秒
  相変わらず日本語教育センターでは勉強会を開いています。
言葉を教える、学ぶ、言い換えれば第二言語を習得するという
ことはどういうことなのか?そのメカニズムから授業を組み立てていく
(つまり教案を書くこと)ことの難しさのを感じながら、あれこれ
やっています。

これを読んでいる「あなた!」情報を得るために書き込み欄、すぐ下の
「書き込み通知」に自分のメールアドレスを登録しといてくださいね。
 

日本語能力試験の改定

 投稿者:やっさん  投稿日:2008年 6月25日(水)15時43分9秒
  日本語能力試験が新しく改定される動きがあります。
詳しい情報はこちらにあるので、アクセスして見てください。

http://momo.jpf.go.jp/jlpt/j/info/index.html

簡単にいうとレベルが5つになり、年2回行われるようになります。
 

『アニメで日本語』⑪⑫⑬

 投稿者:ミスグ  投稿日:2008年 2月27日(水)16時53分37秒
  ワークショップの講師、静岡大学の矢崎先生が考案された方法です。当日いただいた資料を基に(少し修正・カットしています)、順番にのせていきます。



⑪「タイトル No,1」
 アニメに自分で新しいタイトルをつけ、なぜそのタイトルをつけたかを説明する。後で学習者たちは、どのタイトルがいいと思うかを投票する。「書く・話す・聞く」の総合的な練習。
例:「トンネルのむこう」「ちひろのぼうけん」「ふしぎのおんせん」など




⑫「登場人物にインタビュー!」
 登場人物たちが記者会見をするという設定にし、登場人物役と記者役とに分かれて、チーム対抗で質問のやりとりを行う活動。例えば、A~Dの4チームがある場合、まずそれぞれのチームが1人の登場人物を選ぶ(例:Aちひろ、Bハク、Cゆばーば、Dカオナシ)。
次に、各チームは、他のグループが選んだ登場人物にインタビューをするために、質問を考える。その後、各チームから1人ずつ出て、4人いっしょに記者会見にのぞみ、各人は選んだ登場人物になりきって、他のチームメンバー(記者の役になる)からの質問に答える。「書く・読む・話す・聞く」の総合的な練習になる。




⑬「このあと、どうなった?」
 それぞれの登場人物たちがその後どうなったかを考え、新しいストーリーを書いて発表する活動。「書く・読む・話す・聞く」の総合的な練習。
例:ちひろはこのあと、新しい学校に行ってどんな生活をしたでしょうか。
  ハクはこのあと、無事に人間の世界に戻れたでしょうか。
 

『アニメで日本語』⑧⑨⑩

 投稿者:ミスグ  投稿日:2008年 2月27日(水)16時46分10秒
  ワークショップの講師、静岡大学の矢崎先生が考案された方法です。当日いただいた資料を基に(少し修正・カットしています)、順番にのせていきます。



⑧「迷子文」
 あらすじを簡単な日本語でカードに分けて書き、それらの文カードと、各場面の絵カードとを正しくマッチングさせる活動。文章を「読む」練習。
例:「ぜにーばの家に、竜になったハクがちひろをむかえにきました。ちひろはハクが元気だったので、とてもよろこびました。そして、ぜにーばにお別れを言うと、竜の背中に乗って空に飛び立ちました。」




⑨「どんな、じゅんばん?」
 ⑧の活動後、学習者が1人ずつ自分の文カードを声に出して読み、それをみんなで聞きながら、正しい物語の順番に並んでいく活動。「読む・聞く」練習になる。⑧でマッチングさせた絵カードも、並ぶ際の大きな手がかりになる。




⑩「クイズ大作戦」
 数チームにわかれ、それぞれのチームがストーリーや登場人物についてのクイズを日本語で作る。作成後、1チームずつ順番にクイズを出していき、残りのチームで正解を競い合う。「書く・読む・聞く・話す」の総合的な練習になる。
例:ちひろは、どうしてぜにーばの家に行きましたか。
 

レンタル掲示板
/2