teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


(無題)

 投稿者:吾亞風  投稿日:2018年 5月19日(土)08時04分20秒
返信・引用
  J・アイヴィミ著『太陽と巨石の考古学』(酒井傳六訳・法政大学出版局)によれば、次のようなことがいえます。
満月が地球の影に入る月蝕は、地上のどの観測点においても同時進行しているので、
目印の星をきめて、月蝕が生ずるときのその星の高さを記録しておけば、
二つの地点の経度の違いが求まる。
だから、地球の周囲の長さは、古い時代にすでに正確に計測されていたらしい。
メートル法では、北極から赤道に至る4分円弧の1千万分の1を1mと定めたので、地球の極点
周囲は4万kmになる。これは216000(=360x600)オリンピック・スタディオンに等しい。
すなわち、600オリンピック・スタディオンが緯度1度に一致するのは、
地球の周囲の長さがに正確に計測されていた証拠である、というわけです。
また、同書では、イギリスの巨大遺跡ストーンヘンジを、エジプト・ピラミッド時代(紀元前3000年頃)の
祭司・科学者たちが、彼らの神学・技術・秘儀・科学を用いて築いたものと見ています。
太田氏は、「序章 人類の歴史は太古のマスタープランに沿ってつくられてきた」において、まず、
大阪府枚方市の牧野車塚古墳(東経135.67度)とイギリスのストーンヘンジ(西経1.84度)との
経度の差「135.67-(-1.84)=137.51」度が円周を黄金分割する角度に一致するといいます。
しかし、牧野車塚古墳は、正確に東西方向に向いている全長107mの前方後円墳というだけで、
特別な古墳ではないので、この段階では、太田氏が都合のよい地点として選んだのではないか感じます。
ところが、牧野車塚古墳がある緯度は北緯34.83度なので、
ストーンヘンジとの経度の差137.51度に対する緯線の長さは、12564.93km となり、
これを4で割ると、12564.93km/4=3.1412x10000km と円周率が出てきます。
これらの事実は、文献からは想像もつかないことですが、牧野車塚古墳の位置と向きをきめる際、
古墳の設計者がストーンヘンジとの位置関係を考慮していた可能性を示唆します。
 
 

卑弥呼の墓は「径百余歩」で、120m~150m位?

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2018年 5月12日(土)01時57分10秒
返信・引用
  卑弥呼の墓は「径百余歩」で、120m~150m位?
魏志倭人伝にある墓の直径?
mの径100余歩とは半径でしょうか?直径でしょうか?https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12142358227?__ysp=5b6E55m%2B5L2Z5q2p
<後漢>一歩(六尺)1.382m
<魏>一歩(六尺)1.447m
*一歩の意味は左足と右足で踏み出したときの長さの事で、ほぼ六尺。片足の幅を半歩として跬(キ)といい三尺になります。
卑弥呼の墓は直径百餘歩とありますので、そのまま受け取れば150m位になりますね。

魏志東夷伝倭人条によると「径百余歩」で、1歩が何メートルになるかは諸説あるようですが140~150mと言われています。
卑弥呼の墓の大きさは現在の寸法で何m何でしょうか?https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10142355105?__ysp=5Y2R5byl5ZG844Gu5Y%2Bk5aKzIOWkp%2BOBjeOBlQ%3D%3D

1歩・・・約 1.35 m? 1歩は周尺で6尺にあたり、従って1.2mになる。
古代中国の周代に制定された。右足を踏み出し、次に左足を踏み出した時の、起点から踏み出した左足までの長さ(現代日本語でいう「2歩」)を「1歩」とする身体尺で、約 1.35 m(面積は 1.822 m2)だった。
朝鮮の距離測定では通常より短い「周尺」という約20cmの尺を基準にしていた[5]。1歩は周尺で6尺にあたり、従って1.2mになる。1909年に日本の尺貫法に基づいた度量衡法が行われるようになった。

星官としての紫微垣は、天における中央の宮殿を囲う藩垣(城壁)の形に象っており、その中枢には天の北極が位置する。
北極
紫微垣(しびえん)とは、古代中国天文学において天球上を3区画に分けた三垣の中垣。 天の北極を中心とした広い天区。あるいはその主体となった星官( ... 北極5星(太子・帝・ 庶子・后・天枢) - こぐま座γ・β・4番・5番星、きりん座の HD 112028(なお太子・帝・庶子以外の名称は時代や史料により異なる)。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%AB%E5%BE%AE%E5%9E%A3
こぐま座

星官としての紫微垣は、天における中央の宮殿を囲う藩垣(城壁)の形に象っており、その中枢には天の北極が位置する。
墳丘長は116.5メートル
北緯33度24分44.11秒 東経131度42分0.71秒
小熊山古墳(こぐまやまこふん)は、大分県杵築市狩宿(かりしゅく)にある古墳。形状は前方後円墳。国の史跡に指定されている(史跡「小熊山古墳・御塔山古墳」のうち)。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E7%86%8A%E5%B1%B1%E5%8F%A4%E5%A2%B3
大分県では亀塚古墳(大分市里)と並び最大級の規模の古墳で、3世紀後半-4世紀初頭(古墳時代前期)の築造と推定される。
大分県北部、国東半島南東部において別府湾を望む丘陵上に築造された大型前方後円墳である[2]。1989年(平成元年)に発見され、これまでに数次の調査が実施されている[1]。
墳形は前方後円形で、前方部を南方に向ける[2]。墳丘は後円部で3段築成、前方部で2段築成[2][1]。墳丘長は116.5メートルを測るが[3]、これは大分県では亀塚古墳(大分市里)と並び最大級の規模になる。主体部の埋葬施設は明らかでないが、電気探査では2基が推定される[1]。出土遺物としては壺形埴輪・円筒埴輪があり、特に円筒埴輪は巴形透し孔を持つもので九州最古級の初期円筒埴輪として注目される[2][3]。
この小熊山古墳は、墳形・出土遺物から古墳時代前期前半の3世紀後半-4世紀初頭頃の築造と推定される[3]。一帯では、南方の御塔山古墳(古墳時代中期の造出付円墳)に先行する国東半島の盟主墳とされる。また豊前・豊後地域において、石塚山古墳(福岡県京都郡苅田町)に続く大首長墓と推測する説もある[1]。
古墳域は、2017年(平成29年)に御塔山古墳の古墳域と合わせて「小熊山古墳・御塔山古墳」として国の史跡に指定されている[4][5][3]。

大分市本神崎にある築山古墳と、杵築市狩宿にある小熊山古墳を愛し、卑弥呼の墓だと応援する人のためのサイトですhttps://blog.goo.ne.jp/hirokitsuki
2.大分県内の古墳は、赤塚→小熊山→亀塚→築山という時系列的な流れがあります。この流れをさらに遡ると豊前の石塚山古墳に辿り着きますが、この辺り(豊前東北部)は外交の拠点と樫田氏が位置付けている地域で、ここから前方後円墳などの畿内文化が流入したと考えられます。
つまり、豊前→宇佐→杵築→大分平野…という流れで前方後円墳文化が流れ込んでいることになるので、この流れを考える限り、古墳の新旧はあまり重要ではなくなります。

杵築  昔は木付(きつき)http://www.daiwahouse.co.jp/shinrin/blog/blog_detail.asp?bukken_id=kitsuki&Category_cd=9&blog_id=65
古墳時代
 大分県内で発見されている古墳の1/5が、杵築市内に集中しています。
 4世紀中ごろ建造~小熊山(こぐやま)古墳
 5世紀前葉に建造~御塔山(おとうやま)古墳
 7世紀初頭まで連続して10基も建造~七双子(ならぞうし)古墳群
   ※七双子の池には大蛇伝説が有りますので、渡来系豪族の可能性が高いですね~
     ※太古から人々が住み着き、豪族による村~郷~小国があったと思われます

鬼(キ)と仏の国東半島めぐり:妙見http://nabaanooyado.blog.fc2.com/blog-category-25.html
妙見神渡来の地http://nabaanooyado.blog.fc2.com/blog-entry-177.html
本耶馬溪には妙見を祀るところが各所にあるようです。この妙見信仰は、英彦山から求菩提を経て八面山の裏側を抜けて宇佐方面に向けて歩いたであろう法蓮上人の足跡のように感じています。http://nabaanooyado.blog.fc2.com/blog-entry-77.html

耶馬溪(やばけい)の「耶馬(やば)」は、そのまま邪馬台国(やまたいこく)の「耶馬(やま)」の文字。 邪馬台国(やばたいこく)とも読むそうです。https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13188860263?__ysp=6IC26aasICDoqp7mupA%3D

https://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/bf347ab638a4250cdbcc54472f67e945
解字 もと邪ジャ・シャ・ヤから変化した字。篆文を簡略化した隷書レイショ(漢代の役人などが主に使用した書体)で、左辺の牙が変化し、楷書(魏晋南北朝に盛んに用いられ初唐に完成した書体)で、牙⇒耳に変った耶ができた。邪の異体字であるが、ヤの発音で、音訳の字に用いられ、また、疑問などの終助詞に用いる[字統]。
意味 (1)や。か。疑問。反語。感嘆の助字。(2)外国語の音訳。「耶蘇会ヤソカイ」(キリスト教の教団)「摩耶マヤ」(釈迦の母)「耶律ヤリツ」(契丹キッタン族の姓の一つ)(3)地名。「耶馬溪ヤバケイ」(大分県・山国川上流の景勝地)「摩耶山マヤサン」(神戸市にある六甲山地の一峰)
イメージ 「ヤの音」(耶・椰・爺)
      「同音代替」(揶)

牙⇒耳
ミミ
神社名につくミの名称はミコの他にミミ、トミ、ツミ、ナミ、あるいはヒミなどがある。
『魏志倭人伝』は3世紀の投馬国の首長に「彌彌(ミミ)」および「彌彌那利(ミミナリ)」がいたことを記している。https://www.weblio.jp/wkpja/content/%E3%83%9F%E3%83%9F%E3%81%8A%E3%82%88%E3%81%B3%E3%83%9F_%E3%83%9F%E3%83%9F%E3%81%8A%E3%82%88%E3%81%B3%E3%83%9F%E3%81%AE%E6%A6%82%E8%A6%81
ミミやミは男子にも女子に付けられており、男女の区別無く呪術的カリスマのある人物に付けられた名称である。

神憑りして託宣を降します。
中国側の文献では卑弥呼(日巫王 ピミヲ)と呼ばれた、古代の日本を代表するような有名人が含まれています。
巴紋と託宣の儀式から紐解く古代日本史。(卑弥呼と天照大神の実像)http://d.hatena.ne.jp/mayumi_charron/touch/searchdiary?word=*%5B%BF%C0%C6%BB%20%D6%E0%BD%F7%5D
 

帝星 ( こ ぐま 座 F 星 )  漢字の祖  星座  

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2018年 5月 9日(水)13時08分21秒
返信・引用
  アンドロメダ座流星群. この流星群は周期約6年でめぐっていたビーラ彗星が分裂して1855年に1時間に8万個もの流星雨を降らせた前歴をもつ。しかし、ビーラ彗星・流星群 ともに今は観測されていない。 しし座流星群. しし座の頭部、いわゆる「ししの大がま」の中に輻射点をもつ。
流れ星を考える☆
~伝説はどのようにして生まれたか~http://www.ic.daito.ac.jp/~uriu/thesis/2007/shiroi.html
おとめ座流星群
おとめ座の1等星スピカの近くに輻射点をもつ。3月27日頃をピークとして、およそ1ヶ月出現する。明るい流れ星が時おり飛ぶくらいで、出現数は少ない。
ジャコビニ流星群
りゅう座の頭の小四辺形に輻射点をもつ。10月8日から9日にかけて出現する。ジャコビニ・チンナー彗星に由来している。たくさん出現することもあれば、ほとんど出現しないこともある。
おうし座流星群
プレアデス星団ちかくに輻射点をもつ。11月10日「おうし座流星群」の「北群」がピークに達する。数は多くないが、時おり火球めいた明るいものが飛ぶことがある。おうし座流星群は2つの輻射点をもつ。
アンドロメダ座流星群
この流星群は周期約6年でめぐっていたビーラ彗星が分裂して1855年に1時間に8万個もの流星雨を降らせた前歴をもつ。しかし、ビーラ彗星・流星群ともに今は観測されていない。
しし座流星群
しし座の頭部、いわゆる「ししの大がま」の中に輻射点をもつ。11月18日~19日にかけ出現がピークになる。かつては33年ごとに大出現を見せていたが最近は1時間に10個くらいとなっている。テンペル・タットル彗星が母天体である。
ふたご座流星群
ふたご座のカストルの近くに輻射点をもつ。12月14日~15日にかけてピークとなる。活発で明るい流れ星もたくさんある。母天体は小惑星3200番ファエトン。3大流星群の1つ。
こぐま座流星群
こぐま座のβ星の近くに輻射点をもつ。12月23日頃ピークとなる。出現数は多くなく、ゆっくりしたスピードで飛ぶ。

「すばる」はおうし座のプレアデス星団の和名である。七夕の星としてよく知られる「ひこぼし」は、現代の星名で表わすとわし座のα星「アルタイル」だ。「ゆふづつ」は金星のことを表し、「よばひぼし」は流れ星を意味している。これを現代語に訳すと
 「星といえば、まずすばるでしょう。そして彦星や金星もいいわ。流れ星も興味深いなぁ。でも尾がなければもっといいのに。」 3
となる。このように清少納言はしっかりと流れ星の尾のひく様子を見て「よばひぼし」と書いている。

(1) 中国の妖怪「天狗」
 天狗は中国古代から日本の現代にまで至る2000年以上の歴史がある。その間、幾度も姿を変えてきた。天狗の記録の初出は古代中国にある。天狗は本来中国の妖怪なのである。中国の天狗は「テング」ではなく「テンコウ」と読む。司馬遷の『史記』天官書には
 「天狗は、その姿は大流星のようで、音(原文「声」)がする。落ちて地に止まると狗(いぬ)のように見える。落下するさまを目撃すると、火の玉のようであり、炎炎と燃え盛って天をつくようである。その下の方は円くなって数頃(「頃」は面積の単位)の田ほどの広さとなっている。上の方は鋭く尖っていて、黄色味を帯びている。千里の内で、軍が敗れ、将軍が殺される。」 5
と天狗のことが記されている。

舒明天皇9年(637)の頃である。『日本書紀』の中に
 「春2月、戊寅の日(23日)、大きな星が東から西に流れた。音がして、それは雷に似ていた。人々は『流星の音だ』とか、『地雷だ』などといった。このとき僧旻はいった。『流星ではない。これは天狗である。その吠える声が雷に似ているだけだ』」6
と記されている。これはまさに流れ星現象を表わしている。「大きな星」とは大火球を意味している。しかし僧旻はこの流れ星現象を「流星ではない」と言い切り、「天狗である」とし、流れ星と天狗を別物とした。中国では流れ星=天狗であったものが、ここにきて僧旻の解釈によりズレが生じてしまった。これは僧旻の誤解というものではなく、異文化を導入するときにどうしても生じる変容の一例らしい。また僧旻は当時、日本における天文占いの権威であった。このことも重なり日本では以後、流れ星や彗星を「天狗」と呼ぶことはなくなったのである。

舒明天皇9年(637)の頃である。『日本書紀』の中に
 「春2月、戊寅の日(23日)、大きな星が東から西に流れた。音がして、それは雷に似ていた。人々は『流星の音だ』とか、『地雷だ』などといった。このとき僧旻はいった。『流星ではない。これは天狗である。その吠える声が雷に似ているだけだ』」6
と記されている。これはまさに流れ星現象を表わしている。「大きな星」とは大火球を意味している。しかし僧旻はこの流れ星現象を「流星ではない」と言い切り、「天狗である」とし、流れ星と天狗を別物とした。中国では流れ星=天狗であったものが、ここにきて僧旻の解釈によりズレが生じてしまった。これは僧旻の誤解というものではなく、異文化を導入するときにどうしても生じる変容の一例らしい。また僧旻は当時、日本における天文占いの権威であった。このことも重なり日本では以後、流れ星や彗星を「天狗」と呼ぶことはなくなったのである。

中央アジアのキルギスタンの伝説も少し似ている部分がある。人間に罪を犯させてその魂を地  獄へ運んでしまうカールという悪霊がいる。天使たちはいつもカールの悪行を見張っていて火のつ いた矢をカールに放つ。それが人間の目には流れ星として見えるという。
 中国では神(天帝)のお使いが流れ星であるという見方が一般的だ。
神(天帝)

凡 解字の画像https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&gdr=1&p=%E5%87%A1+%E8%A7%A3%E5%AD%97

象形で祖(俎)の元
〔説文解字・巻十四〕に「〔説文解字・巻十四〕に「薦(すす)むるなり。几に从(したが)ひて足に二橫有り、一は其の下の地なり」とあり、机の形の象形で、薦める意味だとする。他にまな板の象形で俎の元となった字であり、そこに物を載せることから薦める意味が生まれたという説、ちんちん説(郭沫若)がある(甲骨文や金文はTENGAに似ている)。(すす)むるなり。几に从(したが)ひて足に二橫有り、一は其の下の地なり」とあり、机の形の象形で、薦める意味だとする。他にまな板の象形で俎の元となった字であり、そこに物を載せることから薦める意味が生まれたという説、ちんちん説(郭沫若)がある(甲骨文や金文はTENGAに似ている)。
几に从(したが)ひて足に二橫有り、一は其の下の地なり」とあり、机の形の象形で、薦める意味だとする。他にまな板の象形で俎の元となった字であり、そこに物を載せることから薦める意味が生まれたという説、
且とはhttp://dic.nicomoba.jp/k/a/%E4%B8%94

薦(すす)む 統べる

統 トウ・すべる  糸部https://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/42403628fabce5c5ae77070f754caa59
解字 「糸(いと)+充(みちる)」 の会意形声。糸すじが一か所にみちている(集まっている)こと。ここから糸を通じて全体をコントロールする(統べる)ことができる。
意味 (1)すべる(統べる)。おさめる。ひとつにまとめる。「統率トウソツ」「統一トウイツ」「大統領ダイトウリョウ」(統べおさめる最大のかしら) (2)すじ。つながり。「系統ケイトウ」「伝統デントウ」

「統べる=昴=六連星=プレアデス星団の和名」
「「焉」・かごめ歌】http://friendly756.blog111.fc2.com/blog-entry-305.html

「廌タイ」 <鹿と馬を合わせた聖獣>https://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/09b51b3da843460b52657ab4e6bc7e29
解字 [学研漢和]は「鹿と馬を合わせたような聖獣」、[字統]は「羊に似た神聖な獣」といい、最古の部首別字典である[説文解字]は「牛に似た一角獣」という。それぞれ元になる獣が違うが、現在の字形からみると「鹿と馬を合わせた」が一番覚えやすい。では、この聖獣は何をするのか。[説文解字]は、「裁判をするとき不直(正直でない)なる者に触らせる」と、悪者を指摘する裁判官のような役割をするとしている。
裁判官
天秤座   守護星 ⇒ 金星
正義の女神アストレアで彼女は人間の善悪を判断する裁判官の役目も勤めていました。http://www.rinkei.com/message.cfm?ID=45

γ星:りょうけん座α2型変光星(回転変光星)。
こうま座(小馬座、Equuleus)は、トレミーの48星座の1つ。全天88の星座の中でみなみじゅうじ座の次に小さく、また全ての星が4等級以下の、目立たない星座である。
三叉戟で突いた生物とも考えられているhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%93%E3%81%86%E3%81%BE%E5%BA%A7

三叉戟・・・Ψ 巾・・・ メノーラhttps://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E3%83%A1%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%A9
耕・・・丰・・・(棒) 禹 鋤 三つ 叉禹の足跡は 天下に亙った
魚の骨 ・・・鯀の子 禹のモデルとなった人物は、ヤコブかもしれないhttp://8906.teacup.com/toraijin/bbs/4598
丰・・・(棒)
ヤコブスタッフ (ヤコブの棒、Jacob's staff) http://asait.world.coocan.jp/kuiper_belt/navigation/jacob_staff.htm
岐 丰 (杉紋 )・・・古代測量の形。 天使の階段、ヤコブの梯子、レンブラント 光線などとも 呼ばれる。 ..... 航海術においては、装置は十字棒
弥生人もホクレア星を見た?

ホクレア星
うしかい座(BOOTES)の1等星アークトゥルスは、ハワイでは「ホクレア」と呼ばれる最も重要な星。この星はハワイの真上を通るため、特別な意味を持っているんです。古くから目印として親しまれてきた星
アークトゥルスとスピカは夫婦星と呼ばれる。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%AB%E3%82%B9

おとめ座のお隣にもお誕生日の星座「てんびん座」があります。このてんびん座も正義の ...https://thepage.jp/tokyo/detail/20160519-00000008-wordleaf
アルクトゥールスはスピカの方向に動いていて、約6万年後にはスピカの隣に並ぶと考えられているのです。昔の人が対照的な色の違いから名づけた「夫婦星」。

隣接する星座, みずがめ座 ・いるか座・ ペガスス座

みずがめ座/こうま座
北方玄武七宿の第四宿。
虚(うつろ キョ), 二星, みずがめ座β, 冢宰(冢は長、宰は治。宰相。)の宮。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%99%9A%E5%AE%BF

うつろ(穴を開ける)な虫のぬけがら
「凡」は平凡の凡ではなく両手を使って操るという意味のようだ。「埶」 (木+土+丸で植木を育てる)の右の「丸」と同じ語源のようだ。https://blogs.yahoo.co.jp/konkitikunmimichan/7639997.html?__ysp=5YehIFQg6Kej5a2X
「工」(二(二枚の板)を|で突き通す)を両手を使って突き通すということらしい。それが「心」と合わさって心が突き通される、でおそろしいということなのだろう。

穴+「工」=空
「空クウ」 <中身がない>https://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/4c0bf4b0e2a15ad8dcf17f9ef00e9776

中が中空・・・鏑

充(みちる・・・)中が満杯

「 まるくふくらむ」(杯・盃・坏・丕・胚)https://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/773980d20e5a6ff7526cdd585672b51d
歪 ワイ・ゆがむ・ひずむ・いびつ  止部
解字 「正(ただしい)+不(打ち消す)」 の会意。正しくないこと。真っすぐでないこと。
真っすぐでないこと。

巠[圣]ケイ解字織機にピンと張ったたて糸の象形。まっすぐ、たてにまっすぐの意を表わす。単独で用いられることはなく、まっすぐの意で音符となる。新字体では、巠→圣に変化する
巠(たてにまっすぐ) https://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/c2f36e5aaf4fd596ea51e4957d72eee5

真っすぐに立
亢コウ・たかぶる亠部解字人が脚をふんばって真っすぐに立つ姿の象形。甲骨文と金文は、脚に斜線を加えてふんばる様子を表している。すっくと立った時の気持ちが高ぶったさまを表わす。意味(1)たかぶる(亢ぶる)。「
杭 コウ・くい  木部https://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/0e22759fe58a590acb12bb367f9b276f
解字 「木(き)+亢(まっすぐ)」 の会意形声。木の船がまっすぐ進む。船でわたる意となる。日本では、まっすぐ立てた木の棒の意味。
意味 (1)わたる。船でわたる(=航)。「杭州コウシュウ」(大運河の南の起点で、船でわたる出発の地) (2)[国]くい(杭)。地中に打ち込んで目印や支柱にする棒。「杭打ち」

几(風の略体 )ー虫+冂+角?=禹!

大・亠(人の首の部分)+几(冂、まっすぐな首の線)=亢(人の首・ のど。まっすぐ。首の高い様子)です。http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-ebfe.html
坑(まっすぐな穴。あな)です。

工(つらぬく)
虹 コウ・にじ 虫部 解字 「虫(へび)+工(つらぬく)」 の会意形声。大空をつらぬく大きなヘビ。 意味 にじ(虹)。雨上がりに空にかかる七色の光の帯。(にじを、空をつらぬく虫[ヘビ]に見立てた)「虹橋コウキョウ」(虹の橋)「虹彩コウサイ」(虹のような彩りの意。
「工コウ」 <ノミで穴をあける>https://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/87934ae2a5e011abb32739eaade73fb6


むすぶ形
H印
「啇テキ」 <帝を祭ることのできる者>https://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/3c6cca36bee5afb8fdc6a1cebc6b9840
金文・篆文は啻テイ・タイ・シで、「帝テイ+口サイ(祝詞を入れた器)」の会意。帝は、神をまつるときに供物を載せる台を描 いた象形で、三本の脚をH印でしばった形の上に台をつけた祭卓をいい、その祭祀の対象となるものを帝とよんだ。そこに口サイのついた啻は、祝詞を入れた器(口サイ)を供えて帝をまつる意となり、「帝を祭ることのできる者」のイメージがある。啇テキは、啻が変形した異体字で、「帝の上部+古(「巾+口」の変形)」からなり、発音もテキ・チャクに変化した。
啇テキ(啻)のもう一つのイメージは、もとになった字の帝が三本の脚をH印でむすぶ形であることから、「ひと所にまとめる」
帝が三本の脚をH印でむすぶ形・・・
滴 テキ・しずく・したたる  氵部
解字 「氵(みず)+啇(ひと所にまとまる)」 の会意形声。水がひと所にまとまってしずくになること。また、しずくが連続して落ちること。
鏑 テキ・かぶらや  金部
解字 「金(金属)+啇(=滴。しずくの形)」 の会意形声。矢の先の金属製のやじりがまるい形になっている、かぶら矢。
意味 かぶらや(鏑)。かぶらや(鏑矢)。矢の先にかぶら(蕪)形の鳴り物をつけたもの。中が中空で矢を射ると音がする。「鳴鏑メイテキ」
帝 テイ・みかど  巾部
解字 甲骨文字で分かるように、三本脚の祭卓の脚をH印でしばった形の安定した大きな祭壇をいう。金文から祭卓に供物(-印)をのせる。最も尊い神を祀るときの祭卓で、その祭祀の対象となるものも帝とよんだ[字統ほか]。
意味 (1)天の神。あまつかみ。「天帝テンテイ」 (2)みかど。天子。天皇。「帝王テイオウ」「皇帝コウテイ」
イメージ  「神を祀る祭卓」 (帝)
       祭卓の脚部を 「むすぶ」 (締)

帝星 ( こ ぐま 座 F 星 )https://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/48530/1/82_45.pdf#search=%27%E5%B8%9D+%EF%BC%92%EF%BC%98%E5%AE%BF%27
3. 中国・朝鮮・日本の古星図における星図投影法
恒星は地球の自転の反映として, 1 恒星日( 約23時間56 分04秒) の周期で, 東から昇って南中し,西に沈むみかけの運動を繰り返している。これはあたかも,われわれを中心とし,その周期で回転する大きな球面に恒星がくっついているかのようなので,そのような球面を想定して天球と呼び,天体の運行出没や互いの位置関係について取り扱う。
(2)キトラ古墳天井天文図
中国の星図は長安・洛陽などの緯度に対して作られたから,内規の大きさから求めた緯度がそれらと一致しないということはキトラ天文図の原図の使用緯度は中国ではなく,高句麗だということである。

9つの星は5つが赤, 4 つが青である。これは九曜と考えられるので, 筆者はその位置から年次を求めようと試みたが,該当する年次が見出せなかった

,高松塚およびキトラ古墳の天文図を含めて,現存する全ての図は中国の影響が著しい。特に西洋の天文学が入ってくるまでは,他のほとんど全ての文化や科学技術と同様,天文学,そして星図は中国と朝鮮の影響を強く受けた。

金星は縄文の太陽信仰に付随していたために、天照大神の世界にも残ることができたが、シリウスについては、抹殺の強い意志が働いたのか、そもそも支配者階級のごく一部の層にしかなじみがなかったためか、その後の人々の意識そしてその記憶から消えてしまうのである。シリウスを日本に持ち込んだのは誰なのか? キトラ古墳の天井に描かれた天空図は、高松塚古墳の精密な星宿図をしのぎ、極めて精度の高い天文図として世界最古のものである。http://nami-no-kai.blog.so-net.ne.jp/2015-07-22

ここで思い出す絵があります。高句麗壁画です。
金星の和名(4)三本足…鼎と八咫烏の謎 : ひもろぎ逍遥https://lunabura.exblog.jp/17274724/
「金輪星」の話に戻りますが、八咫烏に加えて新たに鼎の話が出て来ました。
太陽の黒点、即ちサイゲリヤに移住したケルト民族の三つ趾の烏は、正しく28日の周期で現れることを知っていた。殷人は28日を一ヶ月、一年を13ヶ月と定めた。

兄は神を祭る人http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/171

帝(みかど)。天子。皇帝。治める者。 #2諦(あき)らかにするなり、天下に王たるの號なり、丄に従ひ、朿(し)を聲とす。(説文解字): #3神を祀るときの祭卓の形。示は一脚の小さな祭卓の形。帝はその下部を交脚とし、その交叉部を締めて安定したもので、その祭卓 ...

「帝テイ」 <神をまつる三本脚の祭卓>https://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/ab501565847f26ec86b2ccfa344f3077
>「帝の上部+古(「巾+口」の変形)」・・・

「凡ミス王」!? 【いて 座の特徴3】

巾(絹の布)
篆文は「凡(=鳳を表す字音で風の意)+虫」となった。これは、風を利用して空を飛ぶ虫を付けて「かぜ」を表した字。https://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/17584b3c60c9cf3f21b08aeb87e86e9d
解字 甲骨文字は頭に冠飾りをつけた瑞鳥の「おおとり(鳳)」を描き、その横に音を表す凡(ハン・ボン⇒フウ・ホウ)を付けた字。凡(ハン・ボン)は、上古音(殷周代)でフウ・ホウの発音であり後にハン・ボンへの字音の変化があったと推定されている。「おおとり」は風の神ともいわれ、この鳥が羽ばたいて「風」を起こすと考えられたため、風の意に用いた。篆文は「凡(=鳳を表す字音で風の意)+虫」 となった。これは、風を利用して空を飛ぶ虫を付けて「かぜ」を表した字。これで鳳(おおとり)の字は本来の霊鳥としての意に専用されるようになった。風は部首にもなる。
凧 <国字> たこ  几部
解字 「几(風の略体)+巾(絹の布)」の会意の国字。中国では凧を風箏フウソウというが、古くは紙鳶シエン・紙老鴟シロウシ・風鳶フウエン・鳳巾ホウキンなどとも書かれた。日本へもこれらの字が伝わり、江戸期には訓読みで「いかのぼり」と呼ばれていた。凧の字のもとになったのは鳳巾ホウキンと考えられる。鳳ホウには風の意味もあるので鳳巾は風巾であり、文字からいうと風に揚げる絹布製の凧になる(実際に絹布の凧があったかは不明)。

馬の蹄を馬蹄(バテイ)、http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/post-b989.html

馬蹄(ホースシュー)のアクセサリー. 射手座といえば半人半馬のケンタウロス族の賢人・ケイローンです。というわけで射手座 は、「馬」に馴染みの深い星座。https://uranaitv.jp/content/120671

馬蹄形状に見える銀河。このような姿をとるのは、アルベルト・アイシュタインがかつて予言していた、遠くの天体の光が途中にある巨大な天体の重力の影響で明るく見える「重力レンズ効果」によるものと考えられる。http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/5410/

瑞鳥の「おおとり(鳳)」・・・端正で美しい鳥?
風フウ・フ・かぜ・かざ風部解字甲骨文字は頭に冠飾りをつけた瑞鳥の「おおとり(鳳)」を描き、その横に音を表す凡(ハン・ボン⇒フウ・ホウ)を付けた字。凡(ハン・ボン)は、上古音(殷周代)でフウ・ホウの発音であり後にハン・ボンへの字音の変化があったと推定されている。「おおとり」は風の神ともいわれ、この鳥が羽ばたいて「風」を起こすと考えられたため、風の意に用いた。篆文は「凡(=鳳を表す字音で風の意)+虫」となった。 これは、風を利用して空を飛ぶ虫を付けて「かぜ」を表した字。https://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/17584b3c60c9cf3f21b08aeb87e86e9d
「凡(=鳳を表す字音で風の意)+虫」

二匹の虫をタテとヨコに組み合わせた形。オスとメスなので頭のかたちが異なる[字統]。金文第二字でタテの虫が頭の大きい蛇のような形になり、ヨコの虫が手のような形に変化し、篆文で現代字に通じる形ができた。虫は蛇とされるが竜とする説もある。もと水神としてまつられ、転じて、中国古代の聖王の名となった。意味(1) 虫の名。(2)古代中国の夏王朝を開いた伝説上の王の名。「禹行舜趨ウコウシュンスウ」(見かけだけ禹のように歩き、舜のように走っても、聖人の徳は備え ...https://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/e2d8b9eb566008d1c5c468195dc48c24
「禹ウ」<古代の聖王>・「焉エン」<端正で美しい鳥>

台(われ):大鳥 鳥鳳凰・・・ム(私)=禹台(われ) 己(おのれ) 「九」 「風」 鳥:(後に 虫に ...http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/880

風氏 風 虫 禹http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/3063

風氏はシュメール人の風の神「エンリル」 に通じる ...https://lunabura.exblog.jp/20814759/

風姓
伏顕は女帝であり、風姓です。風姓と言えば伏羲の部族も風姓ですので同族であることを示唆しています。
柏皇氏(はくおうし bai3huang2shi4 バイホアンシィ) 柏皇氏は柏黄や栢篁などとも称される古代中国の伝説中の帝の名前です。晋の干宝の《晋紀・論晋武帝革命》には、"昔、天下にいた者は、柏皇、栗陸以前は為してもあらず、応じても求めず、大道を堅持した。"とあります。 柏皇氏自体は伏羲氏や女媧氏の流れをくむ氏族名であり、四人の帝がいたとされそれぞれ伏顕、可塑、郁蕾、佘蓄と言われています。
柏皇氏:古代中国初期の伝説中の帝の一族 - プロメテウスhttp://prometheusblog.net/2018/05/05/post-8337/

風氏呂氏は「古代中国(春秋時代以前?)」といった意味ではないでしょうか? 風氏は中国建国神話に出てくる有名な女禍などが風氏であったとあります。
八幡の謎(3)https://lunabura.exblog.jp/20814759/
この風氏はシュメール人の風の神「エンリル」に通じるものがあり、エンリルの神の秘数(トーテム)は「50」だそうです。
このエンリルも黄泉の国に行かされたり、戻ったりしており、日本の神話との相似性も伺えます。また、シュメール人の暦(古代バビロニア)は、日本との旧暦と似ている点があるそうで一日は日没から始まるそうです。

風姓の時代になると紀元前3350年~紀元前3040年。
この時代の技術。金星の和名の再掲です。
、「黄帝社が須佐にある」とあったのも、気になります。
須佐は良く読む作家さんの本の中に広島の三次を囲むように三角形が出来る拠点の一点が須佐の高山と言う事で興味を持っていた位です。
高山は昔は『神山』と言われていたらしいですね。
黄帝社なる神社があるそうですが、ココも神様の変換があったようです。
 

豊 葦原

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2018年 5月 7日(月)09時53分5秒
返信・引用
  大八洲豊葦原の「瑞穂国」 「瑞穂」はみずみずしい稲の穂を表し、美しい稲の事 「井星」 中国古来の星座に「二十八宿」というものがあり 星空を月の運行に随って28つの星座 に分類しました http://asagi915.blog68.fc2.com/blog-entry-248.html
「二十八宿」は「角宿(すぼし)」から始まり「軫宿(みつかけぼし)」に終わります
「角宿」から始まるのは北斗七星の柄を伸ばした方向に「角宿」があるからであると、古い文献に伝えられ、433年に墳墓から二十八宿名が記された土器が出土した事も記されているそうです
以後「二十八宿星」は占いとの関係からその数を増やし、明代においてカトリック神父達のもたらした西洋天文学を取り込み、星の再観測、西洋風の60進法、360度の考えが採用され、赤道座標・黄道座標・黄道十二宮に天球座標も改められました・・・
イド。
『詩経』小雅「大車」疏(しょ)に「井星ハ参ノ東二アリ、故二東井ト称ス」とある。
漢の高祖が兵を挙げた時(漢元年(206年)冬十月)、たまたま五惑星(水星・金星・火星・木星・土星)が東井に集って見え、これを秦滅亡の天意とみた故事で著名である(『漢書』高帝本紀)。
これを「五星 東井二聚マル」の語で表した。
深く掘り下げられた井戸は天界・地上界・冥界を縦に繋ぐものとされる。
(天の南門で、太陽・月・惑星の通路にあたる。)
〔水位計を主さどり(水位計の占いに関係がある)、法令が公平に行われているかどうかを占う〕(双子座)

穀物の穂が山盛りになった形(「山+丰丰(穀物の穂二つ)」
豊[豐]  ホウ・ゆたか  豆部
解字 篆文は豆(たかつき)の上に穀物の穂が山盛りになった形(「山+丰丰(穀物の穂二つ)」で、ゆたか・多い意をしめす。新字体で上部が曲に変化し現在の豊となった。その結果、豊レイの字と同じ形になってしまった。
意味 (1)ゆたか(豊か)。多い。「豊富ホウフ」「豊満ホウマン」 (2)作物の実りがよい。「豊作ホウサク」「豊穣ホウジョウ」
イメージ  「ゆたか」(豊・艶)

両手に飾り・・・丰丰(穀物の穂二つ)
「無ム・ブ」 <両手に飾りを持って舞う人>https://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/b9a7613b0beffac95286e5fdbfe66634
舞 ブ・まう・まい  舛部ます
篆文以降、下部に篆文以降、下部に左右の足が開くかたちの舛センを付けて「舞う」意を表わした。の舛センを付けて「舞う」意を表わした。
篆文以降、下部に左右の足が開くかたちの舛センを付けて「舞う」意を表わした。
左右の足が開くかたち・・・八(ヤー)神?

『八・はち』、漢字の意味は『おおやけ』、
八(開く)+ム(私する)=公(私にしないで開く。公開する。おおやけ) です。漢字の部首は『八・はち』、漢字の意味は『おおやけ』、『公開する』、『公平な』、『 きみ』、『官の』、『社会の』です。 『説文解字』には「平らか分けるなり。
『ウ』、漢音が『オウ』です。訓読みは『翁(おきな)』です。

禹王
禹王とは? 禹(う、紀元前1900年頃)は中国古代の伝説的な帝で、夏朝の創始者。名は文命(ぶんめい)、諡号は禹、別称は大禹、夏禹、戎禹ともいい、姓は姒(じ)、夏王朝創始後、氏を夏后とした。https://www.weblio.jp/content/%E7%A6%B9%E7%8E%8B

カゴの酉?
夏后の用語解説 - 中国古代の王朝名。始祖禹は黄帝の子孫といわれ,帝舜のとき,中国を襲った大洪水を,13年かけて治めることに成功し,舜から帝位を譲られ,夏后と称した。https://kotobank.jp/word/%E5%A4%8F%E5%90%8E-1288800

鳥と「夏后」夏 ...
日本人はどこから、やってきたのか 児島宮倶楽部 http://www2.ezbbs.net/cgi/reply?id=yasumati&dd=22&re=445
鳥部族夏王朝が日本の天孫だと、いう事である。
(血統)は「夏后」で、今の天皇とは無関係である。
恐れおおくも、かしこき、夏后とは似ても、似つかない現皇室である。

「乞巧奠キコウデン」(七夕に供え物をして二星を祭る行事) (2)そなえる。「香奠コウデン」(線香をそなえる。線香に代える金銭=香典) (3)さだめる(奠める)。位置をきめる。「奠都テント」(都をさだめる)
八は酒気  篆文の丌⇒大に変化した。
「酉ユウ」 <酒つぼ> と 「酋シュウ」 <かもした酒が入ったつぼ>
酉 ユウ・とり  酉部https://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/ac0b2fce8adca8c40335b9336c2abaf5
解字 酒つぼを描いた象形。さけの意も表し、酒の原文。仮借カシャ(当て字)して十二支の「とり」に当てられる。酉は部首になるとともに「さけ」のイメージで音符となる。
意味 とり(酉)。十二支の十番。「酉(とり)の市」(11月酉の日に行なわれる神社の市)
イメージ  「とり(仮借)」 (酉)
       「さけ」 (酒・醜)
酋  シュウ <よく醸した酒が入ったつぼ>

酒の神ディオニュソス(英語名バッカス)にまつわる星座です。
○牡羊座https://ukai7745.exblog.jp/159848/
・ギリシア名:Aries(白羊宮)
・英語名:the Ram(牡羊座)
、一匹の牡羊(おひつじ)が現れました。
牡羊は何を話すわけでもなく、ゆっくりと砂漠の奥へと進んでいきます。何か不思議なものを感じ取ったディオニュソスがその牡羊の後をついていくと、そこには潤沢な水があふれかえるオアシスがあるではありませんか。
これにより九死に一生を得たディオニュソスは、エジプトの神に感謝しつつ、案内をしてくれた不思議な牡羊に敬意をささげる意味でゼウスのもとへ贈ったといいます。
ゼウス(=天空)のもとに贈られた牡羊は、そのまま星座となりました。これが牡羊座の誕生とされています。
牡羊座の誕生

多胡羊太夫(たご ひつじだゆう)は、奈良時代天武天皇の時代(672年~686年)に活躍したとされる上野国(群馬県)の伝説上の人物(豪族)。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%9A%E8%83%A1%E7%BE%8A%E5%A4%AA%E5%A4%AB
672年~686年・・・『日本書紀』斉明六(西暦660)年夏五月の条?

牧畜を管理する役人・・・アンドロメダ座 / さんかく座
婁は、おひつじ座β、γ、αの3 つの星によって構成される。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A9%81%E5%AE%BF
群衆、または天獄。塿と通じ、小さな丘と解せる。
四角い穀倉
露天の穀物を集める場所

奎 けい. アンドロメダ座ζ
.キトラ古墳天文図の張宿と翼宿の逆転に関わって・・・
飛鳥時代の水落天文台遺跡から観測された天球 - 関西大学学術リポジトリhttps://kuir.jm.kansai-u.ac.jp/dspace/bitstream/10112/11471/1/KU-1100-20170710-03.pdf#search=%27%E3%83%BB%E3%83%BB%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%A1%E3%83%80++%E8%A7%92%E5%AE%BF%27
 飛鳥時代の都市計画で最も重要視されてきた天の北極軸が天香具山山頂を正しく通ることについては,木庭(2016a, 2016b, 2017)はGIS 幾何学を利用してはいるが,この天香具山山頂を通過する天の北極軸と間接的にではあるが正しく対応している(木庭,2016a)。
西暦596年に竣工した飛鳥寺五重塔の立地についても東に外れてはいるが,この天香具山山頂を通過する天の北極軸と間接的にではあるが正しく対応している(木庭,2016a)。
飛鳥寺に隣接する水落遺跡から銅管などを使った配水施設が発掘されて,この施設が,『日本書紀』斉明六(西暦660)年夏五月の条の「皇太子初造漏剋使民知時」と結びつくとして,飛鳥水落遺跡は漏刻台を主とする施設とされた。

水落遺跡が天球観測に適したものかどうかを調べた。水落遺跡の立地する飛鳥の谷に立つと,甘樫丘が壁のようにみえて,その観測の障碍になったのではないかと考えてしまう。それゆえ,GrassGIS のスカイラインの抽出機能を使って,水落遺跡からの周囲360度の視界を明らかにする必要があった。
当時の観測対象は日月五星だけでない。天球の周回を知るのに,天の北極周辺の北斗七星だけでなく,黄道及び天の赤道に位置する二十八宿が観察されねばならなかった。
日月五星は黄道沿いに運行するので,黄道の視界位置を確認すれば済むが,問題は二十八宿である。歳差運動と章動が組み込まれた天文シミ ュレーションソフトを使って西暦660年の天球を復元し,水落遺跡が天文台として十分に機能することを,ここで明らかにしている。

飛鳥水落遺跡の基壇中央が,天香具山山頂を通る天の北極軸上に精緻に設置されたことは,揺るぎの無い事実である。天香具山から水落遺跡まで2km 余りあるが,東西誤差6cm の実現はこの基準からすると,現在,実施されている地形測量などと比べて遙かに高度な測量が実現されていたことがわかる
 

桀(高い所にいる) すぐれた人。 はりつけ(磔)。発する光り・・・キリスト ???

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2018年 5月 5日(土)15時28分56秒
返信・引用
  乙女座はデメテルにしています。 天秤座は、天秤のみでの表現が ... 無機質感を出すために、胴体に絵の具を使わず色画用紙を使い、左右対称になっている絵にしました。
風火水土では、風の星座です。
天秤座は、「正義の女神アストレイア」が持っている正義の天秤です。https://ameblo.jp/colorwitch/entry-11372434480.html
天秤座の支配星は、金星です。
後ろの大きな丸を金星にしています。
天秤座には、成就や実現、具現化する、まんまるに満ちる
といった意味もあるそうです。

4区分 - 風・・・風氏?
天秤宮(てんびんきゅう)は、黄道十二宮の7番目である。 獣帯の黄経180度から210度までの領域で、だいたい9月23日(秋分)から10月23日(霜降)の間まで太陽が留まる( 厳密には、太陽通過時期はその年ごとに異なる)。 四大元素の空気に関係していて、双児宮・宝瓶宮と一緒に空気のサインに分類される。対極のサインは白羊宮である。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E7%A7%A4%E5%AE%AE
双児宮・宝瓶宮と一緒に空気のサインに分類される。対極のサインは白羊宮である。
法の女神アストライアーの所有物で、正義や時を計る天秤・・・ム・無の字?

両手に飾りを持って舞うさまの象形・・・時を計る・・・秤・・・木(丌)の上・・・「某」呉音 : ム(表外)、モ(表外); 漢音 : ボウhttps://ja.wiktionary.org/wiki/%E6%9F%90
字源[編集]
会意。「木」+「甘(口の中にものを含む)」でもともと「梅」を意味した。推定音mbaiが、「暗い」を意味する一連の語(黒、墨、黙、海)と同音であったため、「(暗くて)はっきりしないもの」を表す代名詞となり(仮借)、「謀」「煤」等の派生元となった。なお、「うめ」の意では「楳」が造字されたが、「梅」が広く用いられるようになった。

【甘】(カン・缶? 棺?)・・・出産 | 古代史掲示板(清談論議) 甘」といいそれは含ときわめて近い。 ... 私的に【甘】カンは、禹の父【鯀】コンの甕棺(酒甕に逆さに生贄・・・甘い香りがした。 ... 鯀(コン) 魚系. 伝えた. シュメールの遺跡に発掘された粘土板に記された神話によると、「オアンネス」 http://8628.teacup.com/toraijin/bbs/2663 甘~いお酒を泣く泣く遠ざけた禹であったわけですが、彼の子孫である桀王はその酒で池をつくり夏王朝を滅亡させてしまうのです。
鯀は黄熊(風?)となって生かされた。http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/567

「家」を「宀」と「犬」から成る会意文字
息 (ソク・いき)…… 喘ぐ・・・はた(端) 秦家?畑?瑞(しるし)http://8220.teacup.com/toraijin/bbs/3838
天津甕星に宿る 石神(塞の神)

壼 甕 尊{さけつぼ} 口鯀・甕棺(後の 台・銅鐸・古墳 社)http://8628.teacup.com/toraijin/bbs/2185
壺』の壺中の天
http://shimo.exblog.jp/4432297/
「つぼ」を、見込んだところ、ねらいどころ、図星(ずぼし)、急所、勘所などと同じ意味で使うのは、「つぼ」が口が小さくつぼんだ形になっているところから出た俗称だといいます。
中国の説話に登場する仙人で「壺公」(ココウ)という人です。彼は仙人ではありましたが、天界で罪を犯した罰として、俗界に落とされていたのです。
三苗、鯀
牙米=芽生え・・・米・・・八方位?
珍獣はそのわくの中では自由だが、そのわく外には出られない。
【法】
 会意。もと「水+しかと馬に似た珍しい獣の姿+去(ひっこめる)」で、池の中の島に珍獣をおしこめて、外に出られないようにしたさま。珍獣はそのわくの中では自由だが、そのわく外には出られない。ひろくそのような、生活にはめられたわくをいう。
禹の父【鯀】コンの甕棺【】は、【占う】〔口+ト(ヒ)〕など【霊】 精霊・・・・「口寄せ」の元祖? ...
http://www.asahi-net.or.jp/~RG1H-SMED/j-keijiban2.htm
鯀(禹の父)は口(酒甕)に入れられ川(氵さんずい)のわき〔肉月+去〕に埋〔土+里〕められ醗酵 口甘(リキュル酒) ...
http://8628.teacup.com/toraijin/bbs/1244
漢字は 禹の足跡から作ら恵ました。

台(われ)吾 (われ、おおきい意) 大禹・・・台禹? 紹興市の会稽山に大禹陵. 禹(う、紀元前2070年頃)は中国古代の伝説的な帝で、夏朝 の創始 ...
卩   「在りて在るもの」(旧訳は「我は有りて在る者なり」)http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/2274
まねく」
わかれるの意味

叧(カ)=(カイ)は、わかれるの意味。鹿(しか)の角のように枝わかれしたものの意味。http://blog.goo.ne.jp/sh_tech/e/479314fdb3b93983b9adbcfc60494a11

、「叧」は骨の関節です。ですから、関節を刀で 切り離して分解することを「別」といい、「わける・わかれる・ばらばらにする」などの意味が あります。 『説文解字』には「分解するなり」とあり、分離し解体するという ...http://shimo.exblog.jp/i12/91/
、「干」は「けずる・きざむ」という意味で「カン」と読むということです。だから「刂」(刀)を使っているのです。「けずるなり」とはなんでしょう。昔は木や竹の札(ふだ)に字を書き、間違えればその部分を小刀で削って訂正しました。そうして書物を整えて世に出すことを「刊行」、印刷して出版された書物を「刊本」といいました
偏の「叧」は関節の形、「刂」はおなじみの「刀」。ですから、「別」は骨の関節を刃物で切り離すことであり、「別々にする・ばらばらにする」といった意味です。
「干」
台われ(よろこぶ意) 忓〔忄+干カン〕・于ウ・ここに行く)http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/976
「吾」の字は、祝詞などの呪祷の器である口〔サイ〕のうえに「五」の蓋をして護っている形です。
吾行禹 歩(ごこううほ)http://blog.goo.ne.jp/umekou_2004/e/123c7f55e0369c29d3a2ec71aafda8e4

吾の五は 乂 ( がい ) で、草をかる 艾 ( がい ) と同義の字。
吾(かみあう、交差する意)とからなる。手がかみ合うことから、食い違ってひっかかる
禹(う)は吾(われ)間然(かんぜん)とすること ...http://blog.mage8.com/rongo-08-21
禹歩は、もともと全国を 経巡った禹を行神(旅の行程を守護する神)とみなして、その歩き方をまねることにより 道中の保護を願ったのが始まりらしい。 その後、 ... 子の曰く、禹は吾れ間然すること 無し。http://homepage3.nifty.com/kyousen/china/3k5t/3k5t_13.html
経巡った禹 禹甸
甸(かり) 古代巴国古代の四川省は、三星堆遺跡で有名だが、最近は金沙遺跡や成都 商業街船棺遺跡が発見されるなど、 ... 「説文解字」によると、巴とは虫のことで、象を 食べた時の形。 ... 甲骨文には、「巴方」「巴甸」という文字が見えている。 巴人の始祖 伝説 ...http://8628.teacup.com/toraijin/bbs/2297
巡狩
夏王朝をひらき、九州・九道・九川・九山を 治めた。東方に巡狩して会稽に崩じたという。http://ww1.enjoy.ne.jp/~nagaichi/chu003.html
干(かん) 字義 犯す・逆らう・背く・守る・防ぐ など 解字 象形。http://blog.goo.ne.jp/kotodama2009/e/0738428c4cdf3c29b40575d986d23ee4
干(かん) 字義 犯す・逆らう・背く・守る・防ぐ など
       解字 象形。Yが古い字形で先が二股になった矛の形を表す。
          カンの音は戡(かん=突き刺す)からきている。

何と言う事でしょう、屋根の棟木の上に置かれた千木(ちぎ)は本来は干木(かんぎ)だった
のではないでしょうか?

『古事記』の原本がどのように書かれ、いつ頃から千木(ちぎ)とされたのか定かではありませんが書写する段階で干木(かんぎ)が千木(ちぎ)に誤写された可能性があると思いますし、 『古事記』の表記「氷橡(ひぎ)」が正しいが、「秋の七草」の暗号を残そうとした人々に よって干木(かんぎ)が発想され、さらに出雲系の<地祇>と同音となる<千木>とわざわざ 呼ぶようにした可能性もあるでしょう。
三木三鳥
万葉集中最後の歌は794年大伴家持の「新年を賀す歌」ですが紀友則らが勅命を受けたのが905年ですから、その間110年あまり、万葉集の山上憶良や大伴家持の想いが確実に伝わっていたことが古今集・物名の謎解きでわかります。

卩(セツ・我・・・私・禹ウ)奴隷(籠の中の酉〔口+幵とりい〕・・http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/1254
「倭」は「委( ゆだねる)」に人が加わった字形です。よって解字は「ゆだねしたがう」 ...
卩(セツ
【?】 卩2+0=総画数2 U+353E 【卩】 [セツ、セチ/] ①割符、天子の使者であることを 示す割符、古「節」、割符の片方の象形②ふしづくりhttp://ksbookshelf.com/DW/Kanjirin/Kanjirin2j.html
割符の片方
卬】 卩2+2=総画数4 U+536C 【??】 [コウ、ギョウ、ゴウ/] ①望み見る、希望する②我(われ)③
②我(われ)・・・アイ
>「乃」=>おまえ・・・YOU
「Y」の変形と直感的に分かるので 、元の意味が男に関するものであることを容易に推測することができましたhttp://shoukei.blog65.fc2.com/blog-entry-53.html
「Y」・・・「▽」は女、
 >石器時代の洞窟の壁画では「○」「口」「▽」は女、「Y」「I」「△」は男と解釈するのが一般的です。「Y」と「▽」が男女を区別する最も単純化された象形であることは、納得できると思います。

I am (われ)・・・アイ
I am that I am ( 私 ...http://godpresencewithin.web.fc2.com/pages/zatsugaku/yatanokagami.html
我有(われ あ)り(“I AM”欽定訳聖書)といふ者
エヘイェ( I amの意)の四文字に似ているhttp://www2.biglobe.ne.jp/remnant/099yata.htm
◇「卩」(セツ) ... 神の名YHWHから: YHWHは「ある、存在する」という意味の 動詞のQAL形 (ヘブライ語動詞の基本形)の未完了形・三人称単数 ...http://8628.teacup.com/toraijin/bbs/2843

卩  人の ひざまずく形に象る
卩字は『説文解字』は割り符の形に象るとしているが、甲骨文の研究からは人の ひざまずく形に象るという。 偏旁としては跪いた人に関することを示す。多く旁の位置に 置かれ、時に脚に置かれると「?」のように縦画を右に曲げるかたちとなる。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%A9%E9%83%A8

座る ム(私) 己 祀 禧 「卩」はひざまずいた人の頭を上から押さえつける形 斤(もとめる意) http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/1222
座る ム(私) 己 祀 禧 「卩」はひざまずいた人の頭を上から押さえつける形 斤(もとめる意) ...http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/961
ム・・・すわる=>足を折る
「坐」=「从」+「土」:=したがう+つち=>土に従う=>土に体を合わせる=>すわる=>足を折る=>おる
「坐」 解字:形声。意符の??(=从。人が向い合ってひざまずく)と、音符の土(いる意=處)とから成る。しりを地上に着けて「すわる」意。一説に会意で、土の上に人が向い合っているさまという。

台(われ)吾 (われ、おおきい意)
大禹・・・台禹?
紹興市の会稽山に大禹陵. 禹(う、紀元前2070年頃)は中国古代の伝説的な帝で、夏朝 の創始者。名は、文命(ぶんめい)、大禹、夏禹、戎禹ともいい、姓は姒(じ)、夏王朝創始 後、氏を夏后とした。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%B9

台(われ):大鳥 鳥鳳凰・・・ム(私)=禹台(われ) 己(おのれ) 「九」 「風」 鳥:(後に 虫に ...http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/880
鬘という漢字は、 まず長い という字に似た文字を書きます。 ただしこの赤い部分がカタカナの「ム」になっているので 注意 ...
ム」が獣の足が地面 を踏んだものの象形、「九」が声符であるとする。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%82%A6%E9%83%A8
ぐうのあし(音がグウである禺の脚である
「禸」字は獣の足跡を意味する。『説文解字』によると「蹂」の古文で、「ム」が獣の足が地面を踏んだものの象形、「九」が声符であるとする。 偏旁の意符としては獣に関することを示す。偏旁の配置構造としては下の脚の位置に置かれる。
なお通常は囲い(九)の中は「ム」形であるが、上の偏旁から貫いてているときは1画目がまっすぐとなり⊥に点の形となる。注意することは「瓜」の「ム」がそのまま2画(日本の新字体では3画)であるの対し、「禸」の「ム」形は⊥+点に合わせて3画と数えられており、明朝体のデザインによっては3画を強調しようと1画目の終端と2画目の先端とのずれ具合を大きくするものがある。
ぐうのあし(音がグウである禺の脚である
グゥド 牛をグゥ  牛 丑 (ウシ)
、日本では牛を「ぎゅう」ともいい、これはグゥドの発音が変化したもの とも考えられるが、本来日本や中国でも牛をグゥと発音したはずだという。http://act9.jp/fan/report/ai/ryuh/ryuh_dic_k.htm

聖書由来の漢字、、? おそらくその通り! - Yahoo!ブログ - Yahoo! JAPAN
儿」(にんにょう)は,「人のひざまずいている形」,または,「人間の下半身」を描いた象形 文字で意味は,「人(ひと)」と同じです ... その右に「人に害を与える」という意味の「ム」を 付け,この三つが組合わさって,人の「死後の魂」を表す会意文字。http://blogs.yahoo.co.jp/tenzinkuoshi/61202561.html
漢字にはその文字自体に意味が込められています、それは英語のアルファベットのA・B・Cそれ自体に意味がないのと趣き(おもむき)が異なります。
他の文字でそれ自体に意味を持っているのは?
「ヘブライ」の22の文字です。
?アーレフ は,「牛」「雄牛」「雌牛」。 ?ベートは,「家」。 ?ギメルは,「らくだ」。 ?ダーレトは,「扉」。?ヘーは,「窓」。 ?ワーウは,「釘」「鉤」「フック」。 ?ザインは,「武器」。 ?ヘートは,「柵」。 ?テートは,「へび」。
?ヨードは,「手」。? ? カフは,「手のひら」。 ?ラーメドは,「突き棒」。
  ? ?メームは,「水」。 ? ?ヌーンは,「魚」。 ?サーメクは,「支柱」。   ?アインは,「眼」。 ? ?ペーは,「口」。 ? ?ツァーデーは,「釣り針」。 ?コーフは,「針の穴」。?レーシュは,「頭」。 ?シーンは,「歯」。 ?ターウは,「印」「記号」「十字」を意味します。

「儿」(にんにょう)は,「人のひざまずいている形」,または,「人間の下半身」を描いた象形・・・人のまたを開いた姿・・・无?

允 イン <田の神>
夋シュン(田の神。すぐれる)の原字。スキの形は金文・篆文で、「?イ」になり、現代字で「ム」に変化した允インになった。意味は、耕地を司る高貴な人の意から、まこと・誠実、高貴な人が、ゆるす意となる。
冏ケイ(穴のある台座)」の会意形声。冏ケイ(穴のある台座)とは、ここでは台座から棒が出た、衣をかけるための台(衣架け)のこと。衣を衣架けにかけると、丈の長い衣は裾(すそ)が下に着くことから裾の意。転じて、本人のすその下に、今後つらなる子孫・血つづきの意となる。立派な衣服は子孫に伝えられた。
台座から棒が出た・・・  >牙米=芽生え・・・米・・・八方位?

計る・・・秤・・・木(丌)の上・・・「某」
>両手に飾りを持って舞うさまの象形・・・時を計る・・・秤・・・木(丌)の上・・・「某」呉音 : ム(表外)、モ(表外); 漢音 : ボウhttps://ja.wiktionary.org/wiki/%E6%9F%90
ボウ
亡 ボウ・モウ・ない・ほろびる  亠部https://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/2ed5d803b0d1c501a69f63539ea48a3d
篆文は、この字の発音であるボウ(亡)を臣に置き換えた「亡+月+壬テイ」となった。なお、現代字は下部の、壬テイ⇒王に変化している。
罔 モウ・ボウ・あみ  网部
解字 「亡ボウ(ない・みえない)+网モウ(あみ)」の会意形声。网は、あみの象形、亡は「ない・みえない」意で、罔は獲物をおおい隠して(みえなくして)とらえる「あみ」を表す。網の原字。また、亡に通じて「ない」の意味を表す。
意味 (1)あみ(罔)。網する。 (2)おおう。みえない。 (3)ない。くらい。おろか。
イメージ  「あみ」 (罔・網)  おおわれて 「みえない・ない」 (魍・惘)

亢, かう, あみぼし・・・。乙女座中の東部の四星
こう【亢】とは。意味や解説、類語。二十八宿の一。東方の第二宿。乙女座中の東部の四星をさす。あみぼし。亢宿https://dictionary.goo.ne.jp/jn/71441/meaning/m0u/

「亢コウ」 <まっすぐ立つ>https://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/0e22759fe58a590acb12bb367f9b276f
 人が脚をふんばって真っすぐに立つ姿の象形。・・・大+圭  奎(9画 部首 大(だい)) 読み ケイ,ふみ 意味 また。ひとまたぎの長さ。

台(われ)唔・・・無 ム(私)台・・・
 

無 ム(私)台(われ)唔(□+吾)吾・・・星座 九星(奎=9+7)

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2018年 5月 5日(土)15時09分2秒
返信・引用
  四辺形を酒桝星,三つ星を斗掻き星https://kotobank.jp/word/%E6%96%97%E6%8E%BB%E3%81%8D%E6%98%9F%E3%83%BB%E6%96%97%E6%90%94%E3%81%8D%E6%98%9F%E3%83%BB%E5%A5%8E%E5%AE%BF-340414

奎(9画 部首 大(だい)) 読み ケイ,ふみ 意味 また。ひとまたぎの長さ。周代の約三尺(六九センチメートル)に当たる。 二十八宿の一つ。十六の星から成り、その形が奎(9画 部首 大(だい)) 読み ケイ,ふみ 意味 また。ひとまたぎの長さ。周代の約三尺(六九センチメートル)に当たる。 二十八宿の一つ。十六の星から成り、その形が人のまたを開いた姿に似ている。に似ている。
人のまたを開いた姿・・・无?

無 ム・ブ・ない  灬部れっか
発音のム・ブが、无(ム・ブ:亡の異体字で、ない・なしの意)に通じ、「ない」の意味に仮借カシャ(当て字)された。のち、この字に両足を外に向かって開く形の舛センを付けた舞が「まい」の字となった[字統]。楷書は下部が林に変化し、現代字は灬になった。部首も灬(れっか)。
「無ム・ブ」 <両手に飾りを持って舞う人>
解字 甲骨文は、人が両手に飾りを持って舞うさまの象形。篆文も同じ意味を表わし、舞の原字。もともと雨乞いの舞いを意味したが
まう
舞 ブ・まう・まい  舛部ます
解字 甲骨文は、無と同じく人が両手に飾りを持って舞うさまの象形。この字が「ない」の意味に仮借カシャ(当て字)されたため、篆文以降、下部に左右の足が開くかたちの舛センを付けて「舞う」意を表わした。現代字は「舛(左右の足が開く)+無の略体(まう)」の会意形声。
意味 (1)まう(舞う)。まい(舞)。おどる。「舞台ブタイ」「舞踊ブヨウ」「舞姫まいひめ」 (2)ふるいたたせる。「鼓舞コブ」

「舛」字は相反すること、食い違うことを意味する。また錯乱や誤謬、順調に行かないさまを意味する。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%9B%E9%83%A8
「夕:右足」や「ヰ:左足」は「止」と同じく足の象形であり、その楷書における変形である。 偏旁の意符としては両足に関することを示す。

舛 セン・そむく  舛部まいあし
「舛セン」 <左右の足が外に開いた形> と 「桀ケツ」 https://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/8bc9f9cb6b73bfcb1f2aad5e25cb00fd
解字 左右の足が外に向かって開く形。互いの足がそっぽを向く形なので、そむく・くいちがう・みだれる意がある。現代字は、左足が夕、右足がヰに変化した舛になった。日本では、「ます」と読み、升の俗字として用いられる。
意味 (1)くいちがう。いきちがう。 (2)そむく(舛く)。たがう。「舛互センゴ」(そむきたがう。=舛午) (3)[国]ます(舛)。升の俗字。「舛添ますぞえ」(姓)
参考 舛は部首「舛まいあし・ます」になる。左右の足が外にむかってひらく形で、足の動作を表す。舛部の主な字には、舞ブ(舛+無の略体)・舜シュン(舛を含む会意)がある。舜は音符になる。
桝 <国字> ます  木部
解字 「木(き)+舛(ます)」の会意。木の舛(ます)を表す国字。
意味 ます(桝)。「一升桝イッショウます」(1升の量をいれる桝)「桝田ますだ」(姓)
桝 <国字> ます  木部
解字 「木(き)+舛(ます)」の会意。木の舛(ます)を表す国字。
意味 ます(桝)。「一升桝イッショウます」(1升の量をいれる桝)「桝田ますだ」(姓)
          桀 ケツ <木の上で脚をひらいた人>
桀 ケツ  木部
解字 「木(き)+舛(両足をそとに開く)」の会意。人が木の上で両方の脚を外に開いた形。人が描かれておらず、両足だけ強調 した字。罪人を木にしばってかかげ、はりつけにする意味を表す。
意味 (1)かかげる。罪人をしばって木の上にはりつけにする。 (2)(はりつけにする罪人から)荒々しく悪賢い。「桀悪ケツアク」(荒々しく悪い) (3)夏カ王朝の最後の王の名。「夏桀カケツ」(逆悪な王の代表として知られる) (4)すぐれて目立つ。(=傑ケツ)
イメージ  「はりつけにする」 (桀・磔)
       木の上にいるので「高い所にいる」 (傑)
音の変化  ケツ:桀・傑  タク:磔
はりつけにする
磔 タク・はりつけ  石部
解字 「石(石刃のやり)+桀(はりつけにする)」 の会意形声。高い所でしばられている人を石やりで突いてはりつけにすること。この字の音符は石セキ、石セキに拓タクの音がある。
意味 はりつけ(磔)。張りつけ柱に罪人をしばりつけ、槍で突いて殺す刑罰。「磔刑タッケイ」(はりつけの刑)
高い所にいる
傑 ケツ・すぐれる イ部
解字 「イ(人)+桀(高い所にいる)」 の会意形声。高く抜きん出て目立つ人。
意味 (1)すぐれる(傑れる)。まさる。「傑作ケッサク」「傑出ケッシュツ」 (2)すぐれた人。「英傑エイケツ」「女傑ジョケツ」「豪傑ゴウケツ」
<舛を含む音符>
粦 リン  米部
解字 金文は「大(ひと)+小点四つ+舛(両足)」の会意。大は手をひろげた人の正面形で人を表す。舛センは、両足を外に向かって開いた形。小点は火を示す。粦は、大の字になって倒れた屍(しかばね)から、鬼火(闇夜に死体の骨から発する光り)が立ちのぼるさま。篆文は「火+火+舛」に変化 し、現代字は、さらに篆文の炎 ⇒ 米になった。
意味 おにび。ほたるび。
イメージ  「鬼火」 (燐・憐)
       鬼火が点々と 「つらなる」 (隣・鱗・麟)

つらなる・・・ 奎
連なる路地は「皇帝の道」と呼ばれています。その名の通り、かつては皇帝や官吏など ... 第三の門「奎文閣(けいぶんかく)」は阮(グエン)朝時代の1805年に建てられた二重の楼門で、上層には学問を司る星である「奎星(けいせい)」を象徴した複雑な形状の丸窓が設けられています。 レリーフその名の通り、かつては皇帝や官吏など ... 第三の門「奎文閣(けいぶんかく)」は阮(グエン)朝時代の1805年に建てられた二重の楼門で、上層には学問を司る星である「奎星(けいせい)」を象徴した複雑な形状の丸窓が設けられています。 レリーフ

第三の門「奎文閣(けいぶんかく)」は阮(グエン)朝時代の1805年に建てられた二重の楼門で、上層には学問を司る星である「奎星(けいせい)」を象徴した複雑な形状の丸窓が設けられています。https://www.travel.co.jp/guide/article/24839/
奎文閣をくぐった先にはティエンクアン(天の井戸という意味らしい)という名前の池があり、その両側には風雨を避けるために作られた瓦屋根の下に82の石碑『進士題名碑』がズラ~っと並んでいます。
82の石碑

81
9×9=81 8+1 =9 9×10=90 9+0=9 9×11=99 9+9=18 1+8=9 9×12=108 1+0+8=9 ためしにて適当な数、2016×9にしてみましたが、2016×9」=18,144 1+8+1+4+4=18 1+8= 9 になりました。 9はまた、縁起を担ぐ数字ともいわれ、祈りの後にこの数を見たり聞いたりすると、祈りが聞き届けられたサインだと信じる方もいます。 108を構成 ...
ヨガで象徴的な“108”には、どんな意味があるの?https://www.studio-yoggy.com/article/article/yoga/20160704-01/
太陽の直径の約108倍が地球から太陽までの距離といわれていたり、古の時代から科学や哲学、占星学などの学問や宗教において、108は神秘的な数と言われてきました。

インドの寺院では、シヴァ神、ガネーシャ神などいわゆるヒンドゥー教の神様とは別に、太陽神、土星神など9つの惑星の神様が祀られています。占星術とはいわず、悟りに至るための学問と位置付けられているインド占星学では、12個のうち(ハウス)と9つの惑星で成り立つチャートがあり、生まれた時の惑星の配置によって運命の流れがある程度決まっているとされています。12個のハウス×9つの惑星=108 にもなります。

神聖な数といえば、インドでは9は完全数、神を表す数と言われています。9を倍数にしていくと、その掛け合わせた数字の1つずつを足していくと、必ず9になるのです。

108を構成する一つ一つの数字もそれぞれ象徴するものがあります。1は個人を、0はすべての人を、8は永遠を象徴しています。何か大きなものに私たちをつなぐ108の事象と108の倍数の事象が存在するといわれています。
それはまるで、ヨガの瞑想でとらえる”3つの自分”にも通じています。自らのイメージがある自分、他者から見られる自分、そして変わらない自分。変わらない自分とは、インドでは「意識そのもの」、日本では「魂」とも呼ばれています。
このように108とヨガはとても密接な関係にあると言えるでしょう。

五角形の一角は108度ですか - 五角形の内角の和は、180°×(5-2)=540°です https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1275449127?__ysp=77yR77yQ77yYIOS6lOinkuW9og%3D%3D
正五角形の1つの角は、540°÷5=108°です。

ケフェウス座の五角形の底辺を、ペガスス座の秋の大四辺形の方に伸ばすと、その途中に8個の星がジグザグに並んでいるのが見つかります。
アンドロメダ座http://www.eonet.ne.jp/~univers/autumnconstellation1.html
アンドロメダ座は、私たちのおとなりの銀河、アンドロメダ大星雲があることで有名な星座です。秋の中天にかかるペガサス座の四辺形と頭を接し、東の方へとAの字に似た姿を伸ばしています。アンドロメダ銀河は星座の腰のあたりにあり、また左足の端にはオレンジと青の美しい2重星(ガンマ星)があることでも知られています。
見つけ方のポイント
 まず秋の夜空の天頂付近に2等星と3等星が作る四辺形を見つけましょう。「ペガサスの大四辺形」と呼ばれるペガサス座の一部ですが、その東端の2等星を頭に2列にペルセウス座の方へ伸びていくのが、アンドロメダ座です。私たちのお隣の銀河として有名なアンドロメダ大星雲は、細長い三角形をした星座の腰のあたりにあります。星雲の位置があらかた分かったら、少し目線をずらして眺めてみましょう。瞳は端の方が光を感じやすいため、星雲の形がよりよく見えます。
神話の内容について
 アンドロメダは古代エチオピアの王女でとても美しく、母のカシオペアは海の妖精たちより美しいと自慢するほどでした。そのために海の妖精の一人を妻に迎えている海神ポセイドンの怒りを買い、エチオピアは恐ろしいクジラの化け物に襲われ、破滅に瀕します。怒りを静めるためには娘アンドロメダを生け贄に差し出せとの神託が下り、アンドロメダはクジラが襲う海の岩に縛りつけられます。しかしあわやクジラに襲われるというところで通りがかりの英雄ペルセウスに救われたのでした。その後ペルセウスとアンドロメダは結婚し、エチオピア王国には繁栄が訪れたということです。

中国では二十八宿の奎宿であり、日本では江戸時代にこれを「とかきぼし」(斗掻き星)と訓じていた。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%A1%E3%83%80%E5%BA%A7
隣接する星座
ペガスス座
カシオペヤ座
とかげ座
ペルセウス座
うお座
さんかく座

【M81とM82銀河】 http://gazoo.com/my/sites/0001453971/fornax8/Lists/Posts/Post.aspx?ID=574
ここで紹介した3つも実はかたまって存在していて、「M81銀河群」と呼ばれるグループを形作ってます。
ちなみに我々のいる銀河系も銀河の一つで、お隣にあるアンドロメダ大銀河M31やさんかく座の銀河M33などと共に「局部銀河群」という別なグループを形成してます。
で、これらの銀河群は「おとめ座超銀河団」というさらに大きな一団に属していて、その広がりは直径2億光年もあるそうです。
おとめ座

黄道12星座の出発点は春分点(現在のうお座) ですが二十八宿の起点は秋分点に近い「角宿(かくしゅく)おとめ座中央部」にあります。 星宿名 角宿和訳名 スボシ 現代星座での概略位置 おとめ座中央部 距星 おとめ座α( スピカ) 28の星宿は7つずつで、4グループに分けられます。
スピカは二十八宿の起点角宿の「すぼし」だったhttps://blog.goo.ne.jp/goo3820/e/cb8c90ee56384031c0c18bb238609b1e
中国の天文、星座の歴史も長くその起源は約3000年前といわれています。
西洋とは異なりひとつの国家体系を形成しています。
北極星は「天帝」の座とされ、北極星から離れるに従い次第に身分の低い存在を星座としました。
それで中国の星座は小さく数が非常に多いのが特徴で、3世紀に整理された段階で300以上の「星座」が空にひしめいていたそうです。
現代星座で,太陽の通り道に当たる黄道が通る星座たちが「黄道12星座」 太陽が12ヶ月かかって動く黄道を12等分してひとつづつ当てはめたもの。
これに対し、中国星座の黄道12星座に相当するのが「二十八宿」と呼ばれる28の星座です。
月が27.5日かけて天球を1周するとき,一晩ごとに1つの「星座=星宿(せいしゅく)」を移動するように割り振られたもの。
黄道12星座の出発点は春分点(現在のうお座)ですが 二十八宿の起点は秋分点に近い「角宿(かくしゅく)おとめ座中央部」にあります。
星宿名 角宿
和訳名 スボシ
現代星座での概略位置 おとめ座中央部
距星 おとめ座α(スピカ)

スピカ以外は3等星以下で、あまり目立たない星座です。 現在、この星座の中に秋分点があります。 おとめ座の「 女神」は誰か、という説は数多くあり、神話では大神ゼウスと女神テミスの間に生まれた正義の女神アストライア、 穀物神デメテル、またその娘ペルセフォネ、古代シリアでは豊穣の女神アタルガティスに見立てています。 スピカとアークツルス(うしかい座)、 デネボラ(しし座、2等星)の3つの1等星を結んでできる三角形を「春の大三角形」と呼びます。
おとめ座 Virgo スピカ ザヴィャヴァ 黄道第6星座 処女宮 秋分点 - 星座図鑑http://seiza-zukan.com/vir.html
スピカとアークツルス(うしかい座)、デネボラ(しし座、2等星)の3つの1等星を結んでできる三角形を「春の大三角形」と呼びます。
 

呉国はレプチャ人だった。

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2018年 5月 2日(水)09時59分1秒
返信・引用
  獣を絞殺した後は皮を剥いで煮て、肉が煮上がると犠牲の執行人はその一部を初穂として取り、前方へ投げる。犠牲獣はさまざまであるが馬が多い。
  ↑ スサノオ?
古墳
スキタイ文化の分布は広範囲にわたり、西はウクライナから東はロシアのトゥヴァ共和国にまで及んでいるが、それを示すものとして存在するのが古墳である。

父系制の騎馬民族の女真系が支配者層になるに従い、巫女制は男性神官に取って替わられていった。
レプチャ族が日本人の祖先だという。
レプチャ族http://aioi.blog6.fc2.com/blog-entry-2442.html?sp
「万葉集」は題名も内容もレプチャ語で解読出来るともいう。
 

テュルク語民族の遺伝子

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2018年 5月 2日(水)09時56分8秒
返信・引用
  テュルク語民族の遺伝子構成はどうなのか? rev.2 http:// www1.parkcity.ne.jp/garapagos/. ギリシャは長い間オスマントルコ帝国の支配下(約400年)にあり、その間徹底したオスマン帝国の混血政策で、現在のトルコ共和国のトルコ人(中央アジアのトルコ民族も基は一緒だが)と現在のギリシャ人は医学的にはほとんど同じ人種である。
トルコ人とギリシャ人、ブルガリア人は医学的にほとんど同一人種http://www.asyura2.com/13/ban6/msg/622.html
トルコはその後セルジュクトルコやオスマントルコとして発展しながら、アジアからすこしづつヨーロッパに移動をしていった。その間にイスラム教に改宗した。またその間に移動した先々で混血をしたため、本籍のモンゴロイド系に、イラン系、アラビア系が加わり、世界最大のオスマン帝国時代にアフリカ系やヨーロッパ人の血を入れた。 特にギリシャ人、ブルガリア人との混血はすごかった。共和国トルコ人とギリシャ人、ブルガリア人は医学的にほとんど同一人種と言われている。言語と文化と住む地域と歴史が違うため、区別ができるのだ。

「スキタイ」は古代ギリシア人によってこの地域の諸部族をまとめて指す際に使われた呼称でもあり、スキタイが滅んだ後も遊牧騎馬民族の代名詞として「スキタイ」の名は使われ続けた。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%82%BF%E3%82%A4
黒海地方在住のギリシア人による伝説
下半身が蛇の姿
ヘーラクレースは目を覚ますなり馬を探しまわった末、ヒュライアという土地にやってきた。ヘーラクレースはこの地の洞窟で上半身は娘の姿で、下半身が蛇の姿である怪物と遭遇し、初めは驚いたものの、その蛇女に「迷った馬を見なかったか」とたずねてみた。すると蛇女は「馬は私の許にあるが、そなたが私と交わってくれぬかぎり馬を返さん」と言うので、ヘーラクレースは渋々了承し、しばらく同棲したあと馬を返してもらった。しかし蛇女の腹には3人の子供が身ごもられており、蛇女はヘーラクレースにこの子供をどうするか訊ねた。するとヘーラクレースは弓と帯を使って自分の示した仕草をした者をこの地に住まわせ、できなかった者を追放せよと蛇女に伝え、弓と金の盃のついた帯を渡して去っていった。やがて3人の子供が成人になると、蛇女はヘーラクレースに言われた通り、例の儀式を行った。長男のアガテュルソス、次男のゲロノスはヘーラクレースが示した仕草をできずに国を放逐されたが、三男のスキュテスは見事ヘーラクレースが示した仕草ができたので、国に留まり、王になることができた。以後、スキュテスの子孫が代々王となり、スキティア人は帯に盃をつけるようになった。

紀元前1世紀のギリシア史家ディオドロスも『歴史叢書』でスキュタイの起源についてふれている。
初め、アラクセス(ヴォルガ)河畔にわずかな部族が住みついただけであったが、あるとき戦好きで統帥力のある王が現れ、南はカウカソス(コーカサス)山脈、東は大洋オケアノス沿岸、西はタナイス(ドン)川に至る範囲をその版図とした。
スキュタイの中にひとりの処女が大地から生まれたが、彼女の上半身は人間、下半身は蛇の姿であった。ある時、ゼウスが彼女と交わって男児をもうけ、スキュテスという名前をつけた。スキュテスはやがて名を挙げたため、彼の部族はスキュタイと呼ばれるようになった。後に彼の子孫からパロス,ナペス兄弟が現れ、王国を二分(パロイ,ナパイ)するほど強盛となった。さらに彼等の子孫から優れた諸王が生まれ、タナイス対岸の地域を支配し、トラキア,エジプトにまで遠征するようになった。その他、サカイ,マッサゲタイ,アリマスポイといった諸族が分岐していった。

スキタイ軍がパレスチナ・シリアまで来た時、エジプト王プサメティコス1世(英語版)(プサムテク1世)が自ら出向いて贈り物と泣き落とし戦術でもってスキタイの進軍を思いとどまらせたため、スキタイ軍は後戻りしてアジアを28年間統治することとなった。このスキタイのアジア統治は乱暴で投げやりなものであり、住民の一人一人に課税して取り立て、貢税のほかに各地を回って個人の資財を略奪したので、全アジアは荒廃に帰してしまった。そのためメディア人の怒りを買い、メディア王キュアクサレス2世の指揮のもと、スキタイたちを宴席に呼んで殺害し、スキタイの大部分を駆逐することに成功し、メディア人は再びアジアを取り戻すことができた。[7]

スキュレス王のバッコス信仰[編集]
スキュタイの王アリアペイテス(Ariapeithes)[注釈 3]がアガテュルソイ王スパルガペイテス(英語版)によって謀殺されると、アリアペイテスの子であるスキュレス(Scylas)が王位を継いだ。スキュレスの母はイストリア[注釈 4]の出身でギリシア人であったため、子のスキュレスにギリシア語とギリシア文字を教え、ギリシア風の教育をさせた。そのためスキュレスはスキュティアの王位を受け継いだものの、スキュティア風の生活(遊牧生活)が好きになれず、ギリシア風の生活を好むようになり、スキュタイの人目を忍んではボリュステネス人(農民スキタイ)の町(オルビア[注釈 5])へ出入りし、ギリシア風の服をまとい、ギリシア風の生活を送っていた。さらにスキュレスはスキュタイが嫌っているディオニュソス・バッケイオス(バッコス)の信仰に入信してしまう。のちにこれらのことが、あるボリュステネス人の密告によって明らかとなり、スキュタイらはスキュレスの異母弟であるオクタマサデスを立ててスキュレスに反旗を翻した。スキュレスはこれを知るなりトラキアへ逃亡し、オクタマサデスらはスキュレスを追ってイストロス河畔に達した。この時、トラキア・オドリュサイ王のシタルケスはスキュタイとの戦闘を避けるべく、互いの亡命者を引き渡すことを和平案として、甥でもあるオクタマサデスと交渉し、スキュレスを引き渡した。スキュレスはその場でオクタマサデスによって斬首された。 [10]

農耕スキタイ
鉄器時代の文化である黒森文化の担い手で、古い時代の馬具が出土しており[19]、遅くとも先スキタイ時代である第2期までにはすでに馬をよく使う文化が成立していたことが知られている[20]。スラヴ語に見られるイラン系言語の地理的名称(とくに河川の名称)や借用語、そしてキリスト教を受容する前の中世前期スラヴ人にも見られる火葬の習慣から、農耕スキタイはプロト・スラヴ人(原スラヴ人とも呼ばれる、スラヴ人の祖先となった複数の古代部族)のうちの基幹的な集団であると推定される[21]。
宗教
スキタイが祀る神として最も重んずるのがヘスティアー(かまどの女神)で、ついでゼウスとゲー(大地の女神)で、スキタイはゲーをゼウスの妻としている。さらにアポローン、ウーラニアー・アプロディーテー(天上のアプロディーテー)、ヘーラクレース、アレースがある。これらはスキタイ全民族が祀る神であるが、王族スキタイはさらにポセイドーン(海の神)にも犠牲を供える。これは王族スキタイがアゾフ海沿岸に住んでいるためだと思われる。以上の神々はギリシア風に訳したものであり、スキタイ語にすれば以下のようになる。
ヘスティアー→タビティ
ゼウス→パパイオス
ゲー→アピ
アポローン→ゴイトシュロス
ウーラニアー・アプロディーテー→アルギンパサ
ポセイドーン→タギマサダス

基本的にスキタイでは神像や祭壇や社は造らないが、アレースだけには神像や祭壇を設ける。
子孫
遺伝子から
スキティア(現在のウクライナ)における古代スキタイ人は政治的には滅亡したものの、彼らは生物学的に絶滅したわけではなく、この地方とその周辺で彼らの血統は現代にも脈々と受け継がれている。現代ヨーロッパにおけるY染色体のハプログループR1a1はスキタイ時代のヨーロッパ東部から中央アジアにかけて広く住んでいたイラン系遊牧民の子孫を示している。ヨーロッパの各集団のうちスラヴ語派の各民族にはこのR1a1が非常に濃く含まれており、特にポーランド全土、およびロシアの西部に集中している。
言語から
スキタイ人は言語的にはインド・イラン語派でありいわゆる「アーリア人」であったと推定される。彼らの言語と思われるものの痕跡はオセット語やスラヴ語に残っている。スラヴ語で「神」を意味するボーグ(bog)は明らかにイラン語群の古代言語を起源としている。スキタイ国家の一部のスキタイ人は東部辺境で現在のオセチアに侵入して土着の人々を少数支配し、地域全体としてオセット人を形成したと考えられるものの、オセット人の圧倒的大多数のY染色体ハプログループはG-L293+であり、これはスキタイ由来ではない。
 

ギリシャ神話と日本神話

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2018年 5月 2日(水)09時55分17秒
返信・引用
  スキタイ戦士https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Scythian_Warriors.jpg

竹原古墳壁画https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Takehara_kofun.png

ギリシャ神話と日本神話は、なぜ似ているのでしょうか?https://oshiete.goo.ne.jp/qa/1999800.html
『日本書紀』や『古事記』の神代章も、国内のさまざまな口碑伝承を再編纂された部分も多いので、初めから現在に伝わるような形で成立していたわけでもありません。それはギリシャ・ローマ神話でも同様です。つまり表層部分での共通点だけを見て、両者の起源は同一であると判断するのは早計ですし、また、神話や伝承には現代にまで語り継がれることなく、途絶えてしまったものも多くあります。
 もっとも、「無い」という証明はできませんので、可能性が全くないとはいいきれませんが、その手の説が主流になり得ないのは、「ある」という根拠があまりにも上記のごとくに不備が多く、薄弱なのでしょうね。

『日本書紀』や『古事記』の神代章も、国内のさまざまな口碑伝承を再編纂された部分も多いので、初めから現在に伝わるような形で成立していたわけでもありません。それはギリシャ・ローマ神話でも同様です。つまり表層部分での共通点だけを見て、両者の起源は同一であると判断するのは早計ですし、また、神話や伝承には現代にまで語り継がれることなく、途絶えてしまったものも多くあります。
 もっとも、「無い」という証明はできませんので、可能性が全くないとはいいきれませんが、その手の説が主流になり得ないのは、「ある」という根拠があまりにも上記のごとくに不備が多く、薄弱なのでしょうね。

「日本神話」と一言で言っても, 古事記と日本書紀では結構違うような....
 

白狐・・・イナリと白虎.・・・トーラ

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2018年 5月 1日(火)19時07分39秒
返信・引用
  白狐と白虎. 東に住まう、 白狐は気高く。 西に住まう、 白虎は勇ましく。 似つかぬ双方、 反発し合う。 白き衣、 入り交じりながら。 日はとうに暮れた夜の町。其処から少し離れた広間を照らすのは、屋台に設置された鮮明に輝く電灯と、電柱を拠り所に縦横無尽に張り巡らされた紐にぶら下がる、淡く輝く提灯。 其の提灯に刻まれているのは“祭”の一文字。 そう、今日は此の町の小さな祭日。 パンッ! パンッ! 町の商店街に立ち並ぶ出店の一つ、射撃場にて響く柔らかな銃声。 其れと共に、玩具の銃からコルクの弾が放たれる ...

神の計画・神の秘め護られてきた真実を、創造主であり
神界最高位・根源神界、根源父神様の導きを受け世に発信してくださいます。
全ての白狐が白虎というのではなく、 日本では白狐として? もしくは白狐の中に? 白虎が隠されていた。 普通の狐は白狐=しろぎつね、と読みます。 しかし白狐と書いて「びゃっこ」、だと言われました) 最初、その言葉が降りた時まさかと驚きでしたが、 なるほど、そういえば、美濃輪稲荷では白狐が、 白い龍になったのを見せて頂いた。 あの白い龍は、赤く細い羽根があり、 龍に似ているが高句麗で描かれる白虎のイラストに近い。 寒川神社ですが、高句麗が関係している。 そして高句麗が描いた四神 ...
鳳凰の船出にむけて1☆四神(白虎・朱雀)の配置
四つ目の門https://ameblo.jp/irukacyan107
昨日までは、ギリシャにあると伝えられていましたが、全てはこの日を
無事に迎える為、父神さま@根源父王様の
策にございました。

根源父神様が
地球を護るために創られました四神・青龍・白虎・朱雀・玄武
の降臨が全て整い、地球の建て替え立て直し
神の新たな国造りの第一歩が始まる・・・
その準備が整いました。
白狐が白虎というのではなく、 日本では白狐として? もしくは白狐の中に? 白虎が隠されていた。 普通の狐は白狐=しろぎつね、と読みます。 しかし白狐と書いて「びゃっこ」、だと言われました) 最初、その言葉が降りた時まさかと驚きでしたが、 なるほど、そういえば、美濃輪稲荷では白狐が、 白い龍になったのを見せて頂いた。 あの白い龍は、赤く細い羽根があり、 龍に似ているが高句麗で描かれる白虎のイラストに近い。 寒川神社ですが、高句麗が関係している。 そして高句麗が描いた四神 ...
鳳凰の船出にむけて1☆四神(白虎・朱雀)の配置https://ameblo.jp/irukacyan107/entry-11618129359.html

ユダヤ人はお酒を飲まない人も多いといいますから、かなり徹底されているようです。 ?人には、時には愚かなフリをしなければならないときもある。 ? 死ぬまで自分自身を信頼してはいけない。 ?キツネに時運があるときは、キツネに頭を下げよ。 ?苦痛に応じて報いがある。 ?学校のない村は廃止されるべきである。 ユダヤ 教がいかに、教育を重視した宗教なのかがわかりますね。
大富豪を生み出す、ユダヤの教典「タルムード」とは?https://www.multilingirl.com/2017/02/talmud.html

日本神道とユダヤ教は同祖であること(神道ユダヤ教同祖論)」と語られています。(1) ... ちなみにイナリ神社というと、白キツネを思い出す方も多い。http://yamadori0250.hatenablog.com/entry/2017/04/06/001115
 

レンタル掲示板
/364