teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


二つの対角線・・・交点=五(吾)

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2017年 8月 8日(火)12時33分39秒
返信・引用
  Vは5、・・・Ⅹは10、 Ⅸは9、XXは20、

「あ(吾)五「や(冶)台「わ(和)口」・・・五+ム=口 輪○

かこむ かこむ(めぐる めぐる)
「口」(くにがまえ)部首解説:これを部首にして、 囲む、巡らすなどの意味を持つ文字ができている。また、○の変形として、円い意味を 表わすことも有る。
「口」の追求http://shoukei.blog65.fc2.com/blog-entry-38.html

かごめの歌にもある「夜明けの晩」といえば「鶴と亀が滑る(統べる)」。http://tenkataihei.xxxblog.jp/archives/51958440.html
天を舞う鶴と地を這う亀の「天地一体・陰陽統合」。
七夕の夜の陰陽統合といえば、七夕物語に出てくる「織姫(ベガ)」と「彦星(アルタイル)」の男女であり、これは日本の引き離されて隠された神を象徴していると言われています。

カッバーラの天円地方は、方が方形(四角)で象徴される大地を意味し、これが地方の語源となる。対して、天は円で象徴される。http://blog.goo.ne.jp/tumuzikaze2/e/7d79fc29034aa2a6a9cc6ed8ca02e55a

吾とはhttp://dic.nicovideo.jp/a/%E5%90%BE
意味われ、われわれ、わが、防ぐ、という意味がある。〔説文解字・巻二〕に「我、自稱なり」とある。字形五+口の会意説、五声の形声説がある。会意説では、語の初文で五は錯綜を口は言葉を表すとする説(〔古籀篇〕)、五は防ぐ道具で口は祝器でもともと守る意とする説(白川静)、敔の省略字とする説(呉大)などがある。一人称の人称代名詞として使われるのは仮借義とされる。音訓音読みはゴ(漢音、呉音)、訓読みは、われ、わが、あ。
五は防ぐ道具で口は祝器

戈 かgehttps://kotobank.jp/word/%E6%88%88-42057

戈(カ、ほこ)https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%88
ポールウェポン(pole weapon)あるいはポールアーム(polearm)は、近接戦闘において使われる、木や金属などで出来た竿状の長い柄を持ち、その先端に石や鉄で出来た攻撃用の部品を備えた武器の総称。漢文では長兵、中国武術では長器械または長兵器、日本では長柄(ながえ、ちょうへい)武具、または長柄武器、棹状武器と称する。その歴史は大変古く、石器時代の狩猟道具にまでさかのぼることが出来る。 ポールウェポンを利用する目的は、攻撃範囲の拡大および武器を振り回したときの角運動量による打撃力の増加にある。

「戈カ」 <ほこ> と 「戍ジュ」 「戌ジュツ」 http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/75bbc5014584160dc9364889edcacae0
解字 長い柄を持つ武器であるほこの形の象形。一般に「ほこ」には「矛ム」と「戈カ」があるが、「矛」が槍と同じように穂先が柄と同じ向きにつくのに対し、「戈」は柄と直角に取り付けられ刃が柄の左右に出るのが特徴である。写真は左上が穂先、左下が柄尻、右下が全体像。
 甲骨文は戈を忠実に描いた形。第一図は柄尻が三本脚になっている。金文に至り柄尻と穂先に斜めの線が加わり、現代字の形がほぼ整った。
意味 (1)ほこ(戈)。長い柄の先端に両刃の穂先がついた武器。「戈甲カコウ」(ほことよろい) (2)いくさ。戦争。「戈船カセン」(いくさ船)
イメージ  「ほこ」 (戈・戍)
音の変化  カ:戈  ジュ:戍
滅 メツ・ほろびる・ほろぼす  氵部
解字 「氵(水)+火+戌(圧倒する)」 の会意。水をかけて火を圧倒する意。転じて、きえる・ほろびる意となる。
意味 (1)きえる。火や明かりが消える。「点滅テンメツ」 (2)ほろびる(滅びる)。ほろぼす(滅ぼす)。「滅亡メツボウ」「絶滅ゼツメツ」「滅菌メッキン」 (3)死ぬ。「入滅ニュウメツ」

氵(水)+火=〇 戌(圧倒する)

・・・犬飼星(いぬかいぼし) * アルタイルの和名。
戌(いぬ)
五行、土は戊に生まれ、戌に盛す。http://dic.nicovideo.jp/a/%E6%88%8C
戊の一を含むに從ふ」とある。これは、陰陽五行説で、戊と戌がとも土、陽であることによるもの。しかし甲骨文、金文は戊と同じく鉞の象形。十二支に使うのは仮借。音訓

九星気学http://kyuuseikigaku.blogspot.jp/2013/06/blog-post_8119.html
【五行思想、創始者は禹王(うおう)、方位盤は後天定位盤に該当する】

・キュウ 救=禹・・・墨子?牧師?)
漢字の【私】ム=△=禹・・・禾+ム
漢字の【台】△+□=われ
漢字の【和】禾+□=わ・・・◎璧

漢字は 禹の足跡
けものの足跡
「ジュウ」
イソ 10(十) 戎 獣 ジュウ Jew (ユダヤ)
窮とは (キュウとは) http://8220.teacup.com/toraijin/bbs/mobile/index/detail/comm_id/1260/?fontsize=3&reverse=0&TEACUPRBBS=02b5381024cd398b2fe29893ab7b715a
中国で「九」は数字の「9」以外に、古代から占いなどでは0~9の中の「最大」を意味します。
そのため、時には「無限」の意味で使われます。
【禹】【九】 「九」 字義:きゅう. 解字:象形。 肘を曲げたさまにかたどる。 ... ひいて、水神として祭られた天使禹王の意。 「属」 解字:なし(旧字「屬」の解字) ... 「禹」は「虫+九」です。 虫(き)がオスの竜、九(く)がメスの竜です。 ...
http://8628.teacup.com/toraijin/bbs/2583
器〔4星+竜(雌雄同体の・・・禹?天馬・・・龍?」)
犬飼星(いぬかいぼし) * アルタイルの和名。 中国から七夕伝説が入る前からの古い呼び名。 ... 枡形星(ますがたぼし) * 天馬の胴体にあたる四星(ぺガスス座α星、β星、γ星、アンドロメダ座α星)の和名。 ...
http://homepage2.nifty.com/campanella47/ge_kotoba.html#hosi
ペガスス座 * 天馬をかたどった星座。
私的に 【噐】の解字に〔犬〕との通説・・・私的には、【U・・・凸凹】型と【T・・・凸】型の頭をした〔尾〕?の付いている象形に見えます。
【禹ウ】【九】
「九」 字義:きゅう
    解字:象形。肘を曲げたさまにかたどる。

アルタイルの用語解説 - わし座α星 (α-Aql) の 固有名。 ... 和名は彦星。中国名牽牛(けんぎゆう)を当時の男子の敬称によって呼んだ ものである。また,犬飼星の別称もあり,七夕説話伝来以前の和名かと思われるhttps://kotobank.jp/word/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB-28361
アルタイルは高速自転をしており、赤道表面の自転速度は少なくとも秒速240キロメートルに達する。赤道半径は遠心力のために極半径よりも14%ほど膨らんでいる。占星術では災いをおこす星とされている。

鵜(う)とは水鳥であり、鳥の人との繋がりもハッキリとわかりますね。爬虫類+魚類+鳥族こそが翼竜
アルタイルは、西洋占星術において「爬虫類による支配」との意味も伝えられています。https://ameblo.jp/kanta-miracle/entry-12089305761.html
二本(現象界と潜象界)を現コンパスと直角定。円と角が描ける。
円は0(ゼロ)であり、宇宙意識
角は1(イチ)であり、一角獣

自然法図(n×n)の「ひふみ…法陣表(神の法陣)」の持つ二つの対角線の数字をそのまま拾ったものである。
自然の仕組みとはすべては9で分節を つくって新たに最初からの循環が始まりものであり、その堂々巡りに終始するのである( 円循環)。
2970(9進数)年前。神の力でイスラの民の一部が帰り一度古代日本の形に戻されます 。
 『9の秘密』を探る。(その1)http://www4.tokai.or.jp/kaminosuugaku/kamisuu02.html
古神道の太祝詞「ひふみ…天地の歌」から現れた「数の理」なのである。
それは人類の持つ「10進法」を否定し、自然数学の歩を持つ「日本の九進法」を歌って止まないのである。人類のつくりだした「10進法」は自然の姿を正しく捉えることは叶わず、ただただ、無明の闇に導くだけである。

そのすべての∑は36、一桁化して9になり0になるのである。

オクターブが倍々で増える、すなわち、倍数関係にあるのは解るのであるが、そのΣの数である9の出現にはまさに驚き桃の木である。察するに、この主音の「ド」には9の本質数である0が宿り、宇宙の本質0と同調共鳴を作り上げているのであろう。
 まさに「ドレミ…」の音階とは宇宙のリズムと相呼応しているコズミックメロデイ-であり、我々の心を優しく癒してくれるものと言える。
 なぜ、私が突然「ドレミ…」の音階を持ち出したのか、諸氏はさぞかし不審に思うであろう、が何を隠そう私にはこの「ドレミ…」の音階と古神道から出てきた「ひふみ九九算」そのものが本質的には全く同じものと思えて仕方がないからである。なぜならば、「ド」の音階は倍数関係でオクタ-ブを上げていっても、その本質は常に0であり、宇宙のリズムと常に共鳴し、同調状態で響き合っているのである。それが我々心に強い力で迫って来ると言うことは、すなわち、我々の心も本来は0の本質を持っていることを意味するものである。 一方、「ひふみ九九算」も御承知のように各数列は倍数関係を持って次々と展開され、その本質はすべてにおいて0を示していることは今までの証言でお分かりのはずである。まさにこの二つは同じ本質を持っているものなのである。

「あの世」を開く道具に数珠(じゅず)ある、その数珠の玉の数を見るがよい。どう言うわけかその数は36、45、63、72,81、108、と決まった数であり、すべては0に通じる「神の数」である。これらの数は「あの世」を開く数としてる遥かな昔から知られ、伝えられてきているものである。これらの小さい数の数珠は手首に巻き、大きい数の数珠は体に巻きつけて用いることにより、「あの世」と心が通じ、交信可能と言われているのである。
 これら「数の秘密物語」は佛教伝来の遥か以前から日本に存在していたものである。恐らく、その概念の起源は爾来三千年の歴史を有する古神道の初源か、あるいはそれ以前の日本起源の「本易(神の易)」あたりにあったはずである。それが何時の間にか、仏教の「あの世」の概念と結びついてそのまま現在に至っているのであろう。たしか、佛教発祥の地であるインドや伝来経路である大陸にはそのような数の用い方は一切見当たらず、その概念さえもまったく無いものである。
 要するに、09、18.27、36、45…の本質は0であり、「あの世」につながる数として深く用いているのは日本だけであり、世界中何処にもその類はないものである。この事実は一体何を語り、何を伝えようとしているのか…?!。

9,18,27、36、45は「この世の数、54、63、72、81は「あの世」の数と言うことである。

中国の『盤古神話』には「盤古が生まれて一万八千年目に天地が分かれ、その後一万八千年目に天地が完全になった。盤古は一日に九度姿を変えながら成長し、十万八千年生きて没し、三十六天界の最上位に昇った。その天は地から九万里のところにある」と記されている…。「三五歴記」より。  【これらの数字を一桁化するとすべては9になる】

九を聖数として崇めてやまないのはヘブライ人、すなわち現在のイスラエルの人々である。例えば、「9本のロ-ソクに火をともし、必ず九礼拝する」習わしを持つ。…(イスラエルの人々神に祈る際の儀式)

 「サイコロの目」は天地をつなぐ錠と鍵であり、それは「陰」と「陽」の象として永遠の扉を開くものである。

要するに、「神の数学」における「ひふみ…九九算」は「ひふみ…神々の算」となるのである。また、9=0と置けば,「ひふみ…00の算」となって内容的にもピタリ一致し、そこには齟齬等は何もないものである。それは「ひふみ…九九算」を開けば、すべては0になることからも判る。横に加算した10ヶ、縦に加算した10ヶ、二つの斜め数を加算した20ヶ、すべてが0になるのである。
 試みるがよい。要するに、定石通りに計算を行えば、現れる答は全て0になるという不思議が現れるのである。

凸凹が完全に嵌合して凸凹が無くなる、すなわち「見えなくなる」と言うことである。

循環態とは01234と下りの循環で始まり、56789と昇り循環に転じ、最後には平らな状態(平衡)の9=0となって終わりを告げているものである。最初と最後は同じもの、それが循環態の基本の有るべき姿であり、同じ姿をもって永遠に向かう姿である。循環により決して切れ目のない永遠な状態を保っているのである。ひょつとすると、それはただ同じ場において循環を繰り返しているのではなく、時間と交差することによりスパイラル状態に進展して行くと言う仕組みになっていると考えていいのかも知れない。
 
 

A印(ふた)五 吾十 呉 

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2017年 8月 7日(月)21時33分9秒
返信・引用
  A印(ふた)
五は吾(われ) - 一人称 人名 中国語圏の姓である。 ...
吾とは、http://dic.nicovideo.jp/a/%E5%90%BE
五は防ぐ道具で口は祝器で もともと守る意とする説(白川静)、敔の省略字とする説(呉大)などがある。
字形五+口の会意説、五声の形声説がある。会意説では、語の初文で五は錯綜を口は言葉を表すとする説(〔古籀篇〕)、五は防ぐ道具で口は祝器でもともと守る意とする説(白川静)、敔の省略字とする説(呉大)などがある。一人称の人称代名詞として使われるのは仮借義とされる。音訓音読みはゴ(漢音、呉音)、訓読みは、われ、わが、あ。

 「五ゴ」 <上下の二線が交差する> と 「吾ゴ」
五 ゴ・いつ・いつつ  二部http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/0f2fd648d4fc4fb004f3ffcaf569013a
解字 「二(上と下の二つの線)+Ⅹ印(中心で交差する線)」の指示文字。上から出た線と下から出た線が交わる形。一と十の交差する位置にある五を表わす。現代字は変形して五となった。
意味 いつつ(五つ)。数の名。いつたび。「五感ゴカン」「五穀ゴコク」「五節句ゴセック」「五臓六腑ゴゾウロップ」(はらわた。内臓)「五里霧中ゴリムチュウ」(手掛かりがつかめずとまどう)
イメージ  「いつつ」 (五・伍)
音の変化  ゴ:五・伍
  吾 ゴ <口で話して交わる>
吾 ゴ・われ  口部
解字 「口(くち)+五(交差する)」の会意形声。五は上と下の線が交差する位置を表し、まじわるイメージがある。吾は、口で話して互いに交わること。仮借カシャ(当て字)され、一人称の代名詞となった。
意味 (1)われ(吾)。わが。じぶん。「吾輩わがはい」(①われ。②われら)「吾人ゴジン」(われら) (2)相手を親しんで呼ぶときに添える語。「吾兄ゴケイ」(親しい友人をいう)
イメージ  「仮借カシャ」 (吾)
       「口で話して交わる」 (悟・語)
       「同音代替」 (梧・鼯・齬・衙)
音の変化  ゴ:吾・悟・語・齬・梧・鼯  ガ:衙
 アオギリ
解字 「木(き)+吾(ゴ)」の会意形声。ゴは五ゴ(いつつ)に通じ、五つのがく片からなる花をもち、実は完熟前に舟形の5片に割れ、舟の中に小球状の種子を付ける木。
意味 (1)あおぎり。アオギリ科の落葉高木。庭木・街路樹にし、材は建具・家具・楽器などに用いる。「梧桐ゴトウ・あおぎり」「梧陰ゴイン」(あおぎりのかげ) (2)(あおぎり製の)つくえ。「梧下ゴカ」(手紙の宛名の脇付の語。=机下。梧右)
齬 ゴ  歯部
解字 「歯(は)+吾(ゴ)」の形声。ゴは互ゴ(たがいちがい)に通じ、歯のかみ合わせが合わない事。
意味 くいちがう。「齟齬ソゴ」(くいちがい。ゆきちがい)
衙 ガ  行部
解字 「行(ゆく)+吾(ガ)」の形声。ガは牙ガ(きば)に通じ、牙旗ガキ(旗の竿頭を象牙で飾った旗で、大将軍の旗を意味する)の意。衙は、軍行のとき将軍が牙旗を立てた場所で、将軍のいるところを表す。のち、官衙カンガ(官庁)の意味となった。[字統]
意味 (1)役所。つかさ。「官衙カンガ」「公衙コウガ」「国衙コクガ」(国司の役所) (2)天子のいる所。宮城。「衙兵ガヘイ」(宮城を守る兵隊) (3)まいる。役所に出勤する。「衙参ガサン」(官吏が宮廷に参集すること)

齬 ゴ
【齲・齲歯】むしば. 口の中の微生物の作用によって、歯の硬い組織がおかされ、穴があい たり欠けたりしたもの。食物中の糖質に ... の竜を組み合わせた形で、洪水の神の禹を 表す。 卜文(甲骨文字)は「齒(歯)+虫」の会意。 :「齲」の甲骨文字。「齒(歯)+虫」の形 。
【齲】http://増殖難読漢字辞典.com/honbun/zoukan-737a.html
声符は「禹(う)」。
「禹」は雌雄二匹の竜を組み合わせた形で、洪水の神の禹を表す。
卜文(甲骨文字)は「齒(歯)+虫」の会意。
:「齲」の甲骨文字。「齒(歯)+虫」の形。

九と虫を組み合わせた会意文字とも、水神を示す象形文字ともされる。虫は 本来は蛇のような爬虫類を意味する。九は竜の象形で、漢数字の意は音を仮借したもの との説からすると、禹の治水事業を示したものか。https://ja.wiktionary.org/wiki/%E7%A6%B9

「禹ウ」<古代の聖王>・「焉エン」<端正で美しい鳥>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/e2d8b9eb566008d1c5c468195dc48c24
解字 二匹の虫をタテとヨコに組み合わせた形。オスとメスなので頭のかたちが異なる[字統]。金文第二字でタテの虫が頭の大きい蛇のような形になり、ヨコの虫が手のような形に変化し、篆文で現代字に通じる形ができた。虫は蛇とされるが竜とする説もある。もと水神としてまつられ、転じて、中国古代の聖王の名となった。
意味 (1)虫の名。(2)古代中国の夏王朝を開いた伝説上の王の名。「禹行舜趨ウコウシュンスウ」(見かけだけ禹のように歩き、舜のように走っても、聖人の徳は備えていない。うわべだけ聖人の真似をすること。舜は中国古代説話上の五帝の一人)「禹域ウイキ」(中国の別名。禹王が治めた国土の意から)「大禹ダイウ」(禹の敬称)
イメージ 「古代の聖王」の他、二匹の虫が交わるかたちから「むし」のイメージがある。
 「古代の聖王」(禹)
 「むし」(齲)
音の変化 ウ:禹・齲
むし
齲 ウ  歯部
解字 「歯の旧字(は)+禹(むし)」の会意形声。虫にかまれた歯。
意味 むしば(齲)。「齲歯ウシ・むしば」(虫歯)「齲痛ウツウ」(虫歯が痛い)

だいだいむしとは?隠語辞典。 かたつむり(蝸牛)をいふ。出雲国の方言。かたつむり( 蝸牛)のこと。〔http://www.weblio.jp/content/%E3%81%A0%E3%81%84%E3%81%A0%E3%81%84%E3%82%80%E3%81%97
鎮魂の方法として日本の伝統的なものに「反閉(へんぱい)」があります。
「反閉」とは、大地を踏みしめる呪術です。
『古事記』にアマテラスとスサノオがけんかをする場面があります。
スサノオの行為に怒ったアマテラスは天岩戸に閉じこもってしまい、世の中が真っ暗になってしまったので、神々が相談をして、アメノウズメに踊りを踊らせます。
アメノウズメはこの時、桶を伏せて踏み、鉾を突き立てて踊ったと書かれています。
これは、大地の中に眠っている魂をめざめさせ、外に出し、怒り、傷つき、引きこもっている者の体に送り込む呪術がもとになっている、と折口信夫は述べています。
また、大地を踏むことは、悪い魂を押さえつけ、再び出てこられないようにすることだ、とも考えられていました。
つまり、「鎮魂」とは傷ついた魂へのヒーリングの効果をもつものだったのです。
ちなみに、「おどり」とは、ぴょんぴょんとびあがることを繰り返す動作、「まい」とはくるくると回る動作をさします。
「かたつむり」のことを「まいまい」とも言うのは、カラのウズの模様からきています。
「反閉」を行うのは主に陰陽師の仕事とされていました。
「反閉」のやりかたは、まず口の中で呪文をとなえながら、中央と、四方で足踏みをする、というものでした。
四方に進むことで、どこからも悪いものが入ってこないようにする意味がありました。
中国では似た動作をする呪術に「禹歩(うほ)」があります。
これは、古代中国の「夏(か)」王朝の「禹王(うおう)」が、治水工事をし、大地を踏み固めたという故事からくるものです。
「禹歩(うほ)」のやりかたは北斗七星の形に地面を踏んで歩くのだと言われています。
このように、昔の人にとっては、踊りを伴う芸能は、良い魂を地面に鎮定させ、悪い魂を押さえつける呪術的な行為でもありました。

中国の歴史書『史記』の「五帝本紀」には、堯帝の「日月星辰(にちげつぜいしん)を数え法とし、民に時を授け」「一年を三百六十六日、閏月をもって四時を正す」とあり、夏王・禹(かおう・う)の「準縄(じゅんじょう)を左にし、規矩(きく)を右にし」九州を開き、「天下、ここにおいて甚だ平治する」とあります。
残念ながら「五帝」の時代の地図こそ現存していませんが、幻の夏国の実態もしだいに明らかになりつつあるようです。その夏王禹がいつも左右の手に携行していたという「準縄規矩」の「準」は水準器、「縄」は巻き尺、「規」はコンパス、「矩」は直角カナジャクのことです。
伝説の存在ではありますが禹王のような、当時としては先進の技術(西南アジアから伝わったものかもしれません)で地理を計測し、地図を表記することのできた有徳の存在が確かに実在したのではないでしょうか。
禹王の存在は、もちろん日本にも早くから伝わっていたものと思われます。意外なことに日本には、紙に表記された地図としては世界最古の部類に属する大縮尺の荘園絵図をはじめとして、古い時代の地図が数多く(千年以上前のものは数十点)現存しているといいます。

図は、芥子山山麓の「大多羅(邑)葦原」が開発される頃、天平神護二年(766)の日付の残る東大寺の荘園、越前国坂井郡の「大修多羅供分田図」(『日本古代荘園図』より)です。
  大多羅葦原においても、大安寺の唐に渡った知識僧か半島からの渡来僧、あるいは『日本霊異記』にある行基のように、民衆に尽くした「知行合一」の大徳の僧侶によって、このような絵図が描かれていたのかも知れません。

腕尺
当時の エジプトでは腕尺といって王様のひじ ... われ) 己(おのれ) 「九」 「風」 鳥:(後に虫に 変わった)凡:(おおきい意) 禹・竜・雲 - 一枝堂雑録「禹」は「虫+九」です。
ム・・・腕尺 1キュービットhttp://8906.teacup.com/toraijin/bbs/2606

ム我
我は、インドのことば「 アートマン」という語の訳語で、仏教が説かれる以前からインドで説かれていた思想です 。http://www.k5.dion.ne.jp/~junsei/kouza_asa09muga.html

わ【我/吾/和】とは。意味や解説、類語。[代]一人称の人代名詞。われ。わたくし。「 大野山霧立ち渡る―が嘆くおきその風に霧立ち渡る」〈万・七九九〉[接頭]名詞・代名詞 に付く。1 親愛の情を表す。
わ【我/×吾/和】 の意味 https://dictionary.goo.ne.jp/jn/237262/meaning/m0u/
戈 カ・ほこ
「戈カ」 <ほこ> と 「戍ジュ」 「戌ジュツ」 http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/75bbc5014584160dc9364889edcacae0
解字 長い柄を持つ武器であるほこの形の象形。一般に「ほこ」には「矛ム」と「戈カ」があるが、「矛」が槍と同じように穂先が柄と同じ向きにつくのに対し、「戈」は柄と直角に取り付けられ刃が柄の左右に出るのが特徴である。写真は左上が穂先、左下が柄尻、右下が全体像。
 甲骨文は戈を忠実に描いた形。第一図は柄尻が三本脚になっている。金文に至り柄尻と穂先に斜めの線が加わり、現代字の形がほぼ整った。
意味 (1)ほこ(戈)。長い柄の先端に両刃の穂先がついた武器。「戈甲カコウ」(ほことよろい) (2)いくさ。戦争。「戈船カセン」(いくさ船)
イメージ  「ほこ」 (戈・戍)
音の変化  カ:戈  ジュ:戍
戌 ジュツ・いぬ  戈部
解字 甲骨文字・金文ともにマサカリの大きな刃の部分を中心に描いた象形。篆文になりマサカリの下の刃が独立して一になり、現代字の戌になった。戌は大きな刃なので、これで「相手を圧倒する」イメージを持つ。元の意味に関係なく、十二支の11番目「いぬ」に仮借カシャ(当て字)された。
意味 いぬ(戌)。十二支の第十一。時刻では午後8時、およびその前後の2時間。方角では西北西、動物では犬に当てる。「戌亥いぬい」(方角で北西)
イメージ  「いぬ(仮借)」 (戌)
       大きな刃で相手を「圧倒する」 (威・縅・滅)

「自」と「犬」から成る・・・

犬戎兵
夏禹は父の鯀が功成らずして誅罰されたのをいたみ、身を労して心を集中し、屋外に おること十三年、 自家の門前を通りかかっても家に帰ら ... この時、大費も夏禹に したがって、治水工事に活躍していた。 .... 犬戎兵は都を侵略し、我が兵は敗れ、父は殺 された。
秦国建国http://www.geocities.jp/shokatusei/QinShihuang/qin/01.html
王城にいた申侯は民衆から恨まれるところとなった。これをみて申侯は勤王の諸侯に手紙を出した。
  一通目は晉の文侯・姫仇。二通目は衞の武公・姫和。三通目は秦の襄公・嬴開である。また鄭国に人を遣わして、鄭の桓公が戦死したことを告げさせた。鄭の国人は協力してその息子の屈突を立てた。これが鄭の武公である。鄭の武公は父の仇とばかりに犬戎を伐ちに軍を起こした。
  鄭の武公は父の仇とばかりに犬戎を伐ちに軍を起こした。衞の武公もこれに応じた。途上で鄭の武公は衞の武公に出会うと、大声を上げて報せた。

戒(いましめ)戎(えびす)https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1135304166?__ysp=5oiOICDop6PlrZc%3D
「戒」の場合、伝統的に「戈」部に入れられていますが、
“戈を持つ”=“武器を持つ”→“警戒する”→“いましめる”
という流れから見て、純然たる名詞ではなく、行為を表す動詞ですから、「廾」部のほうが適切だったと思います。
「戎」は現代日本では「戎(えびす)さま」とか「東夷西戎(とういせいじゅう)」などにしか使われませんが、戦前は「戎衣(じゅうい)」(≒「軍服」の漢文的表現)として使われていました。
>華(はな)と咲く身の感激を
>戎衣(じゅうい)の胸に引き緊(し)めて
http://www3.csf.ne.jp/~mrkajp8c/iPod/shusseiheishi.html
この字は[戈]“ほこ”+[甲]“亀の甲羅”→“よろい”の会意字です。
つまり“戦闘のための装備”→“軍事”、“戦争”ですから、「戈」部に入れられたのは妥当です。
「甲」という部首はないということもありますが。
ここで「甲」と「ナ」はずいぶん違う思われるかも知れません。
まず「甲」を見てみましょう。
http://www.zdic.net/zd/zi/ZdicE7Zdic94ZdicB2.htm
[字源字形]
甲骨文・金文では[+]の形だったのが、小篆(『説文解字』という最古の完備した字書の見出し字体)でがらりと違う字体に変わっていますね。
http://www.chineseetymology.org/CharacterASP/CharacterEtymology.asp...
金文の中に[+]を枠で囲ったものが見えますから、楷書体の[甲]につながるとは言えるかも知れませんが、小篆の字体はちょっと異質です。
中国は広いので、二つの系列があってたまたま異体字のほうが表に出たのかも知れません。
『説文解字』を重視して[ナ(+)]を[甲]に変えた字も作られていますが、もとを正せば[+]ですから、[甲]のほうが本字で[ナ(十)]が略字ということはありません。
http://www.zdic.net/zd/zi3/ZdicF0ZdicA2ZdicA6ZdicA6.htm
というわけで、「戒」の[廾]と「戎」の[ナ(+)]が“一画ちがうだけ”の似た字形になったのは偶然です。
この「戎(えびす)」は中国から見た異民族を指すのに使われましたが、日本でいう「戎・大黒」の「えびす」については、またいろいろな話があるようです。
取りあえずは:
>えびすは七福神のひとつで、商売繁盛、福の神として広く信仰されています。えびす様、えびす神社は全国各地にありますが、全国のえびす宮総本社が西宮市の西宮神社になります。
一般に「恵比須」と書くことが多く、えびすは蛭子(ひるこ)とも、事代主(ことしろぬしの)神ともいわれ、えびっさん、えべっさん、おべっさんなどとも呼称されています。
えびすは古くは豊漁の神として漁民に信仰され、また農神としても信仰されてきました。
http://kobe-mari.maxs.jp/shrine_temple/ebisu.htm
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%83%E7%A6%8F%E7%A5%9E

、「われ」のことをgaといったので、我(が)の音を借りて代名詞をあらわした仮借文字。 →トップページ ... 漢字, 解字, 凄い名のり(出所:凄い苗字字典), 難読文字(出所:漢字 源). 戎, 会意。もと「戈(ほこ)+甲(よろい)」で、さまざまな兵器をあらわす。http://nozomi.a.la9.jp/kaijitbl009.htm
ふたまたのやりをも戈と称する。

「二(上と下の二つの線)+Ⅹ印(中心で交差する線)」の指示文字。上から出た線 と下から ... 解字 「忄(心)+吾(口で話して交わる)」 の会意形声。吾は口で話して 交わる ..... 二つになる。「二分ニブン」「二股ふたまた」
ふた
今コン(中に閉じこめる)」の会意形声。今は、「 A印(ふた)+一印」で、ふた(A)を、もの(一)にかぶせて、閉じこめること。念は、心の中 に思いを閉じこめること。
「念ネン」 <中に閉じこめる> と 「侌イン」 「陰イン」http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/c57f47ada529bce95b8e8a51508e9f03
同音代替
鯰 <国字> ネン・なまず  魚部
解字 「魚(さかな)+念(ネン)」の形声。ネンは粘ネン(ねばる)に通じ、表面がぬるぬるするなまず。
意味 なまず(鯰)。ナマズ科の淡水魚。うろこがなく体表はなめらか。「鯰に瓢箪」(鯰をヒョウタンでつかまえる意で、とらえどころのないこと) ※中国では、粘ネン(ねばる)の占をつけた鮎ネンが、なまずの意。日本では鮎ネンは、あゆの意。


... 石棺 【甘】 カンは、禹の父【鯀】コンの甕棺
息 (ソク・いき)…… 喘ぐ・・・はた(端) 秦家?畑?瑞(しるし)
石棺 【甘】 カンは、禹の父【鯀】コンの甕棺http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/3995
口(祝詞をいれた箱=神との交信)
口( さい)
口( さい)の字は人が神との交信のための祝詞を 入れ納める箱との説があるが□は神( 風神=天神)そのものである風http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/568 あみぼし)は、 二十八宿の ... 大」は人、「凵」に似 たような字形は訴訟の際に、自分が誓う言葉を入れ た器の、上のふたの部分をとり去っ た形です。裁判で敗訴者 . ..... 意符の目(貝または 鼎の省略形)と、意符と音符を兼ねる収(両手で 支える意)とから成る。
「イオン=行く」 東の方に行http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/3710
サイの否定(2)・・・石・谷・言(音)・口http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/199120/173723/75730594
甲骨文字の石は石磬(せきけい)という三角形の石器の象形文字である厂(⊿)だけでした。
 白川静に批判的な甲骨文字小字典も石は白川説を採用しています。石磬は祭祀で使ったので、石磬とサイで石というわけですが、石という言葉には特に呪術的な意味がないのでこれはおかしいです。石を表したいのなら厂(⊿)だけでよいはずです。

鮎・・・ナマズ   アユを意味する漢字は中国では鯰( ナマズ)や鮠(ハヤ)を意味する漢字とも混同され使われている。 http://www004.upp.so-net.ne.jp/onkyouse/tumjayu/page025.html
混用名:魚偏(へん)に夷(魚夷)・占(魚占)・是(魚是)・帝(魚帝)は中国では鯰を意味 し、魚偏に條(魚條)は鮠(ハヤ)を意味するが、これらの漢字の後ろに「魚」を付けた表記(例 鮎魚etc)で鮎として混同されて使われている。・・「本朝食鑑」(元禄十年1697年)

髭夷(ひげえびす). ・・・ <長髪・あごひげの長老・シャーマン>

えびすには、蛭子の他にも、胡、夷、戎、恵比須、恵比寿、恵美須などの書き方が あります。 ... 戎(じゅう)という読みから、「じゅう」と呼ばれる民族であったと解釈するなら 、軍神としての側面を持つヤハウエの民であるユダヤを連想できます。http://cova-nekosuki.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-661f.html

弁慶は鯰トーテムの呉系楚人(堂谿氏=秦氏)http://kamnavi.jp/log/ktba0805.htm

「じゅう」と呼ばれる民族

ジュー(Jew=日本語でいうユダヤ人)http://www.geocities.co.jp/Bookend-Soseki/2157/jew.html

中国東北 部に山戎(さんじゅう)と呼ばれる遊牧民族がいました。
最初の渡来民族・・・戎(えびす)http://www7.torichu.ne.jp/~landp21/tai-03-b.html
。「じゅう」とは「戎」であり、「戎民族の子どもの遊具」という意味がそこには残されています。
 この時、大陸を追われ、この列島に避難してきた山戎の勢力こそが、「えびす様」の渡来だと考えられます。山戎は、高度な文化や技術をこの列島にもたらし、その功績が「福の神」として後々にまで伝えられていったのでしょう。
 その彼らの足跡は、「戎神社」として奉られています。
 山戎を、「さんじゅう」と読むのは、漢音、つまり新しい読み方であって、古い読み方の呉音では「やまえびす」となります。それは、古来にあって、その当事者は、「やまえびす」と呼んでいたということにもなります。
 そこには、ある大きなヒントが隠されていました。
 「やま」と称する戎一族がこの列島に流れ着いていたということになりますと、その「やま」一族が重要拠点とするエリア、すなわちその「やま」の都こそが「やまと」ではないかと考えられるのです。「やまと」の語源、あるいはそのルーツは、よく解りませんでしたが、ここにその疑問を解く大きなヒントがあると言えます。
 「やま」一族が、島根半島に流れ着き、そこから山陽や近畿方面に彼らは勢力を延ばしていくのですが、その渡来の拠点である島根半島の地こそが、彼らにとっての都であり聖地だったのではないでしょうか。それゆえ、その聖地は「やまと」と呼ばれたとも考えられます。
 さて、『史記』によると、山戎は、また力を盛り返し、紀元前541年、中原に侵攻しますが、晋に撃退され、さらに紀元前475年には趙に敗れ、それ以降、大陸の歴史からは消滅します。
 紀元前663年以降、同475年に至るその期間、大陸を追われた山戎の勢力は、断続的にこの列島に流れ着いたものと考えられます。そして、針首刀といった貨幣を発行していたり、高度な文化や技術を持っていた彼らは、この列島に「福」をもたらし、各地にその足跡を残していったのでしょう。
 この「山戎」こそが、アジアの歴史に残されている最も古い民族的規模での大陸からの渡来だと言えます。その時に、生活習慣・食物・各種道具・宗教・言語・規律等々、この列島にかつてなかったほどの新たな文明の大きな波が押し寄せていたのかもしれません。
 在来の民族にとっては、まさしく「福の神」の渡来だったのでしょう。
「やま」と称する戎一族

両方に共通する発音は「イ」であり、「倭奴国」は「ウェイヌゥクゥオ」と発音し、日本語の 読みは「いのくに」が正しいとします。 .... ④
倭とイhttp://noranekoblues77.blog.fc2.com/blog-entry-622.html
倭は夷(い)なのです。

井伊氏は江戸時代に編纂された『寛政重修諸家譜』に「http://www.geocities.co.jp/Bookend-Soseki/2157/jew.html良門流」とあり、藤原北家 良門の三男利世に始まる系図が収録されている。そして、利世五代の孫備中守共資が 遠江国敷智郡村櫛に住し、その子共保が井伊谷に移り住んで井伊氏を称したとある。
井伊氏http://www2.harimaya.com/sengoku/html/ii_k.html

十三湊は近世に果たして「とさ」呼ばれていたのか、あるいは「じゅうさん」と呼ば れていた. のか、すなわち訓読みなのか ..... る十三藤原氏の藤原秀栄の幼名「十羊」に ちなんで回避したが詳細は不明、というものであろう。
 

高地  (アマ)・・・腕尺(アマー=45㎝)  雲 かごめ

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2017年 8月 6日(日)11時32分56秒
返信・引用
  平行宇宙のもっとも進化した存在が住む宇宙では、宇宙全体が一つの文明で統一されているといいます。しかしそんな宇宙で、銀河系だけが黒い雲が掛かったような状態になっており、彼らはその原因を探ったそうです。・・・
黒い雲

雲南
[2577] イ(彝)族 http://8220.teacup.com/toraijin/bbs/2577
彝族の祖先は昔「レV鹵」に居住していたと思われる。そして、「レV鹵」は彝語発音で、いまの「成都」のことらしいという説もあり、研究者の間では最近認められるようになった。

倭→イ→イ族:日本人とDNAが非常に近いことで知られている民族です ...http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/672
イ族の少女. 黒ミャオ族のスカート. ヤオ族の少女たち(金平近郊のマーケット). 旅の ヒント●雲南省南部のマーケット探訪! ひと味違った雲南の楽しみ方 ... 年が若いほど 派手な物を着ています。日本人とDNAが非常に近いことで知られている民族です。 ...
http://www.kaze-travel.co.jp/yunnan/yunnan_point003_2.html

春日和珥童女君 日本人の先祖は彜族(イ族)という話を聞いたことがある?
和邇http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/1548
日本人の先祖は彜族(イ族)という話を聞いたことがある?」 私が四川省涼山彜族 自治州の西昌市に赴任したすぐの頃、同僚の先生、生徒、知り合いになった人たちから 何度も聞かれた質問です。「そうなの?」というのが初めて聞いた時の答え ...http://j.people.com.cn/99005/99083/99084/6838753.html
和珥  大彝震
李珥(り・じ、イ・イ、
号は栗谷(りっこく、ユルゴク)、字は叔献(しゅくけん、スコン)。朱子学者として李滉(退渓 )とならぶ二大儒と称される。李滉の主理説に対し主気説を展開した。朝鮮王朝に仕え、 政界においても各方面で積極的な政治改革案を提議した。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%8E%E7%8F%A5
珥(イ、
彝(イ・・・イ族
和王の同義語 - 類語辞典(シソーラス)
和王の言い換えや別の言い方。・大彝震. ... 和王. 大彝震

>   倭国の「倭」の正しい読みは、姫氏(紀氏)の「(キ)イ」「(ゥ)イ」)であり、「倭」を「ワ」と発音するようになったのは6世紀末のことで、「倭」を大和(ヤマト)の「和」(ワ)と同音として、倭国は大和にあったヤマト王権(王朝)だとする考え方は間違っている。

和珥・・・イイ?

、「タマム」は簡単なので、覚えて使うと 喜ばれます。 日本人にとって簡単なのは「イイ」。 これは日本語の「良い(いい)」と全く 発音も意味も同じです。 日本語をちょっと話せるトルコ人でこれを覚えている人も多い です。
タマム」とはトルコ語で「オッケー」「いいですよ」という意味。

完全(タマム)
旧約聖書 ヘブル原典http://bible.co.jp/bible/ot/ez/ez47.htm
・・・腕尺(アマー=45㎝)

滞在(グル)

ゲル滞在http://guide.travel.co.jp/article/13317/

同じ輪の中に入る意味で「グルグル」や「包(ぐるめ)」などの略。http://gogen-allguide.com/ku/guru.html

包む ????? 雲の中?「水がめ」?
ヘブル語の聖書の原典には包む ????? という意味のヘブル語の言葉はありません。ギリシャ語訳に転訳したものにも、[包む]という意味のヘブル語の言葉はありません。
ここにある影という言葉が黙示録 10:1等を受けて、文学的意訳で包むと訳されたものだと思われます。
マタイ17:5の雲は、雲の中から、声がしたのですから、声の主が雲の正体です。声の主は、[私の子]の呼びかけからイエス様の父なる神様となります。
つまり、ここの雲とは神様の比喩的表現だと理解できます。

「雲」を表わすヘブライ語のおもな言葉はアーナーンで,この語が出て来る箇所 の大半は,イスラエル人が砂漠の荒野を通り抜けるのを導いた「雲」の柱を指しています  ...

我( アーナンダ)
「我は有るのか」と問われて、「我は有る atthattā」と答えれば、アーナンダ、これはSassatavāda(常住論)を説く沙門婆羅門たちと同じになるだろう。 http://zhaozhou-zenji.hatenablog.com/entry/2016/12/03/095850
我は有る
われ有り
ヤハウェという神名は、この「われ有り」( エフェ)の三人称の形「彼有り」あるいは「彼は有らしめる」の意とする説が有力である。https://doukousya.jimdo.com/%E3%83%A4%E3%83%8F%E7%A5%9E%E3%81%AE%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%B0/

アーナンダ」〔至福〕http://www.sathyasai.or.jp/mikotoba/discourses/d_19720708.html

至福の千年王国. キリスト再臨後に樹立される世界. 絵: Adverick. 患難時代のあと、 キリストの再臨に続いて樹立されるキリストの「千年王国」について見てみましょう。
至福の千年王国http://www2.biglobe.ne.jp/~remnant/shumatsu08.htm

携挙はキリストが雲の中に 帰って来られて、神の怒りのときの前に地上からすべての信者を取り去ることです。http://www2.biglobe.ne.jp/~remnant/shumatsu08.htm

携挙とは、いわゆる空中再臨のことで、信者がそのまま天に挙げられる ことを指します。http://seishonyumon.com/glossary/%E6%90%BA%E6%8C%99/

創造者エホバ神の知恵と力強さは,雲を制御されることに示されています。神は雲のことを,傾けられてその中身が空にされる「水がめ」と呼び,「だれが知恵をもって雲を正確に数えることができるか。あるいは,天の水がめ ― だれがこれを傾けることができるか」と言っておられます。(ヨブ 38:37)また,蒸発と凝結の過程を描写して,次のように述べておられます。「神は水のしずくを引き上げられ,それは神の霧のために雨として漏れるのである。ゆえに,雲は滴り,人の上に豊かに滴り落ちる。実際,だれが雲の層を理解できようか。神の仮小屋からのとどろきを」― ヨブ 36:27‐29。
(くも)(Cloud)https://wol.jw.org/ja/wol/d/r7/lp-j/1200000996
雲が持ち上がると,イスラエルは宿営を解く用意をしました。雲が移動すると,彼らはその導きに従って次の宿営地に向かいました。もっとも,宿営を設置する正確な場所はホバブの助けを得て選ばれたのかもしれません。ホバブはそのような途方もない規模の宿営に必要な水場や他の地理的特色を含め,その土地のことをよく知っていました。―出 40:34‐38; 民 10:29‐32。

くも、雲の古字。 7. かへる(旋);
http://jigen.net/kanji/20113
い-う
ここ-に
音読みウン
雲の古字、雲は雨をふらす、故に後に雨を加ふ、人言を發すれば氣を出すこと雲に似たり、故に轉じて曰イフの義とす。(字源)
ここ-に
ある
、「わたしは、『わたしはある』という者である(わたしは、有って有る者である)」(I AM WHO I AM)または、「わたしは、わたしであろうとする者である」(
神の名は「有る」http://www.ne.jp/asahi/petros/izumi/2006msg/060611.html

存在(そんざい)のギリシャ語. (古)オンον.http://naming-dic.com/word/el/99147302
増殖(ぞうしょく)

オンον・・・♀♂?

フェニキア文字由来のアルファベット「A」は、元々は「牛の角」を表す象形文字を上下に ひっくり返したもの。http://ameblo.jp/damedamewanko/entry-12142646785.html

アルファベットは12星座の頭文字を表している。http://quiz-tairiku.com/q.cgi?mode=view&no=18856
▲=O(牡羊座、牡牛座、乙女座)
■=S(獅子座、蠍座)
ちなみに、13番目はへびつかい座

おとめ座付近には,約2500個のメンバーからなるおとめ座銀河団が あります。 http://www.levy5net.com/space/home7.html
乙 女 座 (Virgo)第6星座 神話
α星スピカ350光年
γ星ポリマ40光年
北斗七星の柄を,曲がり具合に沿ってのばしていくと,白く明るい星にあたります。これが,おとめ座の一等星スピカ(麦の穂の意)です。スピカと獅子座のデネボラの間の小文字のyに似た形の星座です。おとめ座付近には,約2500個のメンバーからなるおとめ座銀河団があります。一番近い銀河団でも5900万光年あり,その中のひとつM87は,中心に超巨大ブラックホールを持つといわれています。秋分点がこの星座にあります。
γ星ポリマは望遠鏡で見分けられる2重星です、またソンボレロ星雲M104もあります。

山 羊 座 (Capricornus)第10星座 神話
σ星アルゲティ117光年
β星ダビー500光年
こと座のベガとわし座アルタイルを結んだ線を、同じ位東に延ばすと、いて座の東隣に,3等星以下の星ばかりでできた,大きな逆三角形の星座が見つかります、これが上半身やぎで、下半身魚のやぎ座です。
西のはしのα星は、肉眼で見分けられる二重星です。望遠鏡で見るとそれぞれがさらに二重星であることが解かります。

牡 牛 座 (Taurus)第2星座 神話
おうし座の目印は,赤い一等星σ星アルデバラン60光年とプレヤデス星団です。アルデバランから星が小さなV字を描いて並んでいるのがヒヤデス星団です。5,6個の星が群れて見えるプレヤデス星団(すばる)は牡牛の背中にあたります。
星雲(M1)がこの星座にあります。

牡牛座と乙女座は理想的な相手 で、結婚しても恋人の様に愛を育み、仲の良い家族になれるでしょう。

牡牛 座・おとめ座・山羊座は、本当に困ったときに心から頼りになる相手です。

スピカについて、興味深いもう一つの事実は、宇宙空間の中を 牡牛座のプレアデス星団の星達と全く同じ運動をしているという 事です。

牡牛座と言えば、丁度天球上では調和位置にある星座。
偶然か?そうではないか?
もしそうでないとしたら、本当に神秘的な推測があります。
天球上で調和した位置にあるスピカと、プレアデス星団の星とが、 同じ所で誕生した姉妹星でないかという事です。
もしそうだとしたら、すごいですね。
広大な宇宙の中に、天球で手をつないでいる姉妹が存在している なんて…。
「スピカの神話」http://blog.goo.ne.jp/umekou_2004/e/140b875be5397c5f1b17888dc638ef26

プレアデス星団のことを昴という語源https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10152975475?__ysp=44OX44Os44Ki44OH44K55pif5ZujIOS4reWbveWQjQ%3D%3D
Wikipediaによると、統一するとか一つにまとめるといういう意味の「すべる(統べる)」の自動詞形の「すばる(統ばる)」が星がまとまっている状態を表しているという事から名付けられたようです。
漢字の昴は後年中国でのプレアデス星団の呼び名「昴(ぼう)」やプレアデス星団を含む二十八宿の「昴宿」の漢字を当てた物で「すばる」自体は中国語語源ではないようです。

房宿は東方を守る霊獣青竜の腹に当たり、馬車・扉を意味します。 十二宮 では「蠍宮」に四足とも属しています。深い洞察力と不思議な吸引力を備えた「蠍宮」の 影響を最も強く受ける宿です。 七曜では「火」・火星の影響を受けています。「
房宿http://kosei-do.com/27syuku/gaiyou.php?yado=15
房宿は蠍座の頭部の4星から成る星座で、神話では女神ヘラがオリオンを殺すために遣わされた大蠍です。
雄大なS字の曲線、赤く輝くアンタレス。これほどキレイに見える星はそうありません。 房宿生まれの人は、労せずして財産が増える「財運」の持ち主です。
赤く輝くアンタレス

人類精神再生の為のアンタレス協会は、財団スペイン支部によって発見された要注意 団体であり、秘密主義者の研究のための隠れ蓑として設立されたフリーメイソンリーと 同様の特徴を持つ組織です。
要注意団体-ES
人類精神再生の為のアンタレス協会
人類精神再生の為のアンタレス協会は、財団スペイン支部によって発見された要注意団体であり、秘密主義者の研究のための隠れ蓑として設立されたフリーメイソンリーと同様の特徴を持つ組織です。クローディン・オパーリン氏によって1953年に設立されたこの秘密結社は、"グランド・マスター"の存在、知性、または物理的な行動によって、人類の新しい"黄金時代"への人道的な誘導を行い、すべての人種、貧困、男女的な差別や偏見が完全に失われると信じています。SA(アンタレス協会)は、特定のSCPオブジェクトがSCP-ES-011やSCP-ES-051等の場合と同様、これらの"高度な知性"と接触を行う手段であると考えられています。SAは様々な手段を用いて、これらのSCPオブジェクトを入手しようとします。その手段として(購入ルートなどを用いる)金銭的なもの、あるいは強盗、誘拐や恫喝等を各種メディアを通じて積極的に行います。
そのメンバーはあらゆる出身、職業、国籍から構成されていますが、一定レベルの研究、神秘主義への関心、そして世界各国の現状の現状と明確な不一致が共通して見受けられます。
アンタレス協会はカオス・インサージェンシーやマーシャルカーター&ダーク株式会社との良好な関係を維持しており、それらの間で様々なSCPオブジェクトを取引し、壊れた神の教会との緊密な関係性を築き、積極的に財団に対しての攻撃的な姿勢を向けています(参照: Incidente SA-L65235)他の要注意団体との関係性の性質は現在において無視されています。

「猿」は「アンタレス」を表す ? 「 遠呂智」と「蘇我」の繋がり ? 「朽ち果てた館」としての「月」 ? いわゆる「白人」を定位する.http://ameblo.jp/ywrqa/entry-12284796007.html
「μαϊμού」(猿、561)は、【XM十A】(本牟智=“熱”、561)などに重なるが、
「πίθηκος」(猿、397)~【XZYRN】(Khaziran、397)~【SRΘNA】(蟹宮、442)。
【ADM SRΘA】(猿田毘古、439)~【ARBOMAA】(四百、439)~【心】の連鎖あり。
要するに【ADM SRΘA】(猿田毘古、439)は、「καρδιά」(心、136)を指し示す。(※「heart」の意)
【GYLSA】(猿、136)は、「καρδιά」(心、136)=「アンタレス」を表す、ということだ。

【報道されないニュース】 かごめ かごめ かごめ唄 真実の意味.http://check.weblog.to/archives/1494058.html
ゲマトリア (???????)とはヘブライ語およびヘブライ文字の数秘術であり
聖書の言葉に隠された意味を読み解く神秘主義思想カバラの一部をなすとされています。
ゲマトリアといえば悪魔の数字666があまりにも有名です。
私達の現代社会の中には666が溢れていますが以前より何故6という数字が悪で
7がイエス・キリストなのか不思議でした。
今回は666の起源を調べるところからスタートしてみました。
まずは発端となったヨハネの黙示録から見ていきましょう。
…また、小さき者にも、大いなる者にも、富める者にも、貧しき者にも、自由人にも
奴隷にも、すべての人々に、その右の手あるいは額に刻印を押させ
この刻印のない者はみな、物を買うことも売ることもできないようにした。
この刻印は、獣の名、または、その数字のことである。
ここに知恵が必要である。思慮のある者は獣の数字を解くがよい。
その数字とは人間をさすものである。そして、その数字は六百六十六である。(黙示 13:16-18)

黙示 13:16-18に登場する3つの悪に龍・海からの獣・地からの獣がいる。
666とは
「龍」のサタン
「海からの獣」の世界政府の世界総統
「地からの獣」の悪魔の教会の偽預言者
のことて完全をあらわす7になりきれない不完全な数字の6が3つ並んでいる状態。

ヨハネの時代の教会員へは、ローマ皇帝のネロ・カエサルを示しています。
ネロは、ヨハネの黙示録が記される前の人物なので、ネロのように教会員を迫害
惨殺する近未来の王のことを警告しています。
ネロ・カイサルのヘブル語「???? ???」は、ゲマトリア変換で、666です。
200+60+100+50+6+200+50=666
ネロ・カイサルのギリシャ語「Νερων Καεσαρ」は、666の2倍になります。
50+5+100+800+50+20+1+5+200+1+100=1332=666+666
古いギリシャ語のテキストでは
666は通常の600と60と6ではなく400と200と60と6と書かれています。

Mはアルファベットの13番目なので13を意味します。
Mの看板を大きく掲げているファーストフード店マクドナルドがありますね。
また13は梟(ふくろう)を表します。
梟の意味は知恵を使って支配する。
梟は360度首が回るので監視するという意味合いもあります。
MoonはMercury(水星)に類似点が非常に多い人工物で地球を監視しています。
Mars(火星)も同等です。
猫の額のMのマークも気になるところです。

アメリカの聖書研究家であるリチャード・トーマスは
コンピューターが世界支配のための「機械獣」となるであろうといい続けています。
彼は6を基盤に、アルファベットを次のように6の倍数に置き換えると
アルファベット26文字は次の数字になります。
A=6 B=12、C=18、D=24、E=30、F=36、G=42、H=48、I=54、J=60、K=66
L=72、M=78、N=84、O=90、P=96、Q=102、R=108、S=114、T=120、U=120
V=126、W=138、X=144、Y=150、Z=156

アメリカの聖書研究家であるリチャード・トーマスは
コンピューターが世界支配のための「機械獣」となるであろうといい続けています。
彼は6を基盤に、アルファベットを次のように6の倍数に置き換えると
アルファベット26文字は次の数字になります。
A=6 B=12、C=18、D=24、E=30、F=36、G=42、H=48、I=54、J=60、K=66
L=72、M=78、N=84、O=90、P=96、Q=102、R=108、S=114、T=120、U=120
V=126、W=138、X=144、Y=150、Z=156

真実の神はゲマトリアでは999であるから、神の逆の悪魔は666なのだ。6について 更に検討した。太陽系外から飛来した神々から見れば6は明らかだった ...... マリアの柩 には亀の甲の六角紋が刻印されていた。この刻印の謎は、カゴメ歌の謎にも通じていた 。
人類創成から始まる:善と悪の闘いhttp://bewithgods.com/hope/mokujigaisetu.html
プレアデス→二ビルへ

最初に飛来したのは、ニビル星の第十代統一王アヌの長子である科学者エンキが、 古代シュメールの地に降り立ち、エリドウ(遠くに建てた家、居留地)を建設した。 .... 下図 はオアンネスですが、水の神エンキのシンボルは魚なので、魚の外套を着てい ます。http://bewithgods.com/hope/doc/1-2.html

エコノミストにもプラネット=ニビルが載っているようなので、来年は話題の中心になるの かな?
魚座から水瓶座の時代へhttp://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/post-f523.html
水瓶座に完全に入るという事は、我が太陽系の直接の中心太陽(プレアデスの中心星)アルシオネから発せられる「フォトン(光子-高次元の光)」に浸りきる(約2000年間)ということであり、とても今のようなチャランポランなライフスタイルを維持する事はできないだろうからである。私を含め多くの人たちはまだまだ「水瓶座の霊性」に達していないのである。またつい最近の米国大統領選で米国民はトランプという意外な選択をした事は、切り換えのきっかけとなる大きなイベントだったのかな?とも思うが、それで有史以来ずっと続けられてきた人類支配システム自体が崩壊するわけでもないだろう。否むしろ、それは最終支配に至っているようにも思われ、人類は依然ガチガチに管理された人間家畜であることに変わりないのである。よって、水瓶座に入ろうが入るまいが、必要なのは私たち一人ひとりの「覚醒」である。「意識は“気づき”の類義語である」というメッセージもあるが、必要なのは意識の向上、進化だと思われる。「でも今は目覚めの時です。あなたは無限です。それを思い出す時なのです。」(「バシャールⅠ」より) (大場光太郎・記)-
 

東方へ巡狩・・・日本へ

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2017年 8月 5日(土)13時00分39秒
返信・引用
  測量術を発達させる ... 始皇帝は行幸(「巡狩」)のための交通路を確保し、 各国の長城を修復して連結したが、それも地理志が存在していなくては不 ...
蝦夷天文測量方https://blogs.yahoo.co.jp/seyqxara/31216251.html?__ysp=5beh54upICDmuKzph48%3D
伝説の聖人禹(う)による治水工事が大書されるのはこういった事情による。
禹は河の流れを制御して九州を定め、山を切り開いて九山を名付けとされる。
この功績により王に推戴され、世襲王朝の始祖となったとされる。

殷の王者は「巡狩」と言って、軍事演習を兼ねた諸国検察をよく行った。
そのときの巡航先を亀甲で占ったことが甲骨文から解る。

巡狩 全国を巡行→土地測量http://8628.teacup.com/toraijin/bbs/3557
古代中国の地図 - 蝦夷天文測量方 - Yahoo!ブログ
このような湿地や砂漠では測量のために基準点の設定さえも不可能だったのだ。 殷の 王者は「巡狩」と言って、軍事演習を兼ねた諸国検察をよく行った。 そのときの巡航先を 亀甲で占ったことが甲骨文から解る。 この巡狩は確実に秦代まで ...http://blogs.yahoo.co.jp/seyqxara/31216251.html
小枝を組み合わせたポリネシアの海図は原始的な地図の祖型とされる。
プトレマイオスの地図は、地球の形状を考慮したかなり高度なものである。
その中間に大地を平面として扱ったものがある。

現代の平面直角座標がこれだが、中国では裴秀が「経線・緯線」を方眼として表現したことが『晋書』「裴秀伝」にある。

裴秀は「中国のプトレマイオス」と言われるほどの地理学者として後世に名を残したが、裴秀伝に引用された文章を読む限り、彼自身の技術開発ではなく、古代から連綿と続く測量技術の集大成として地図を作製し得たという印象を持ってしまう。

ナイルデルタの氾濫は測量術を生み出し、幾何学を発展させたとされる。
ナイルデルタの100倍は広い黄河デルタの氾濫は淮河デルタ、揚子江デルタともからみつき、測量術を発達させるどころか人間の生存を脅かすものであった。

伝説の聖人禹(う)による治水工事が大書されるのはこういった事情による。
禹は河の流れを制御して九州を定め、山を切り開いて九山を名付けとされる。
この功績により王に推戴され、世襲王朝の始祖となったとされる。

始皇帝は行幸(「巡狩」)のための交通路を確保し、各国の長城を修復して連結したが、それも地理志が存在していなくては不可能な話である。

中国思想史で重要な存在である禹の碑が、なんと、日本にもたくさんつくられてきたこと がわかってきました。http://www.mizu.gr.jp/kikanshi/no40.html
地元酒匂川(さかわ)の治水神として、中国の古代王朝である夏王朝の初代皇帝である禹王が祀られています。
酒匂川

匂奴族
秦の始皇帝のころ匂奴族の首長であった頭曼の子として生れた。https://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/72887/1/KJ00000077924.pdf#search=%27%E5%8C%82%E5%A5%B4%E6%97%8F%27

禹は帝位に就いて十年、東方へ巡狩している最中に会稽の地で崩御します。
http://ameblo.jp/ktka1972/entry-12255658688.html
禹の父は鯀(こん)。『史記』では、鯀は顓頊の子となっています。
顓頊

頁に従う字は、頭部に関する 意味の字が多い。 ... 〔説文解字〕、〔康煕字典〕で部首とされている。http://dic.nicovideo.jp/a/%E9%A0%81%E9%83%A8
頭部

>頭曼

頭曼と狩猟  (巡狩 ?)にhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A0%AD%E6%9B%BC%E5%8D%98%E4%BA%8E
北方では東胡,月氏が強力であった時代、単于頭曼は秦に勝てず北方に移動した。十年余りが過ぎ、秦の将軍蒙恬が死に、諸侯は秦朝に叛き、中国は動乱の巷と化し、秦が遠方の地に出した流刑兵はみな還り去った。圧迫が取り除かれた匈奴はふたたび黄河を渡ってその南の地域に入りこみ、古い長城で中国と国境を接した。
頭曼の太子は名を冒頓といったが、のちに頭曼の寵愛する閼氏(えんし:単于の妻)が末子を生んだので、頭曼は冒頓を廃してその末子を太子に立てたいと考え、冒頓を月氏へ人質として送った。冒頓が人質となった後、頭曼は突然月氏を攻撃した。月氏は激怒し冒頓を殺そうとしたが、冒頓は馬を盗んでなんとか逃げかえった。頭曼は彼の勇気に感心し、一万の騎兵を統率させた。
冒頓はその一万の騎兵からさらに自分の命令に忠実な者だけを選出し、頭曼と狩猟に出かけた際、冒頓の指示で一斉に頭曼を射殺させた。これにより冒頓が単于となり、近隣諸国を併合し、匈奴の大帝国を築くこととなる。

耑(長老・シャーマン)
耑 タン 而部 解字 金文・篆文とも、山の部分は長髪、而はあごひげを表し、長髪・ あごひげの長老をあらわす。古代において長老はまた、神託を告げるシャーマンでもあっ た。<参考> 音符「而ジ」 意味 はし(=端) イメージ 「長老・シャーマン」 ...
「耑タン」 <長髪・あごひげの長老・シャーマン> と 「端タン」http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/fe8c3fb809c328df95800fe992d28339
解字 金文・篆文とも、山の部分は長髪、而はあごひげを表し、長髪・あごひげの長老をあらわす。古代において長老はまた、神託を告げるシャーマンでもあった。<参考> 音符「而ジ」
意味 はし(=端)
イメージ  「長老・シャーマン」 (端・瑞・湍・揣)
       「ゼンの音」 (喘)
       「同音代替」 (湍)
音の変化  タン:端・湍  シ:揣  ズイ:瑞・惴  ゼン:喘

>開祖は禹(う)。姓は姒(じ)で、名は文命。
姒(じ)
ジュー ?
鬚 ジュー ユダヤ?

ジューに対しての差別は「成功者に対する妬み」プラス「宗教的な背景(キリストの件)」 が含まれてる。 ジューは ... 見た目の面で言えば、男はくるくるモミアゲ、黒い丸い帽子( ヤマカ)に、黒いスーツ、ひげボーボー、髪の毛は金髪ではない。
ジューイッシュは一般的に勤勉で勤労、まるで昔の日本人みたい。https://plaza.rakuten.co.jp/tokyo2la/diary/200806230000/

髭とおさげと黒帽子https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1444270564?__ysp=6ayaIOOCuOODpeODvCDjg6bjg4Djg6Q%3D

漢語「総角」の朝鮮での読み方である。 日本では「あげ まき」という言葉に「総角」のじをあてたりするが、 これはみな中国の「総角」の意からきた もので、髪をおさげにして、 その端を丸く反らせた髪型の一種をいう。
中国の「総角」の意からきたもので、髪をおさげにして、 その端を丸く反らせた髪型の一種をいう。https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q109182345?__ysp=44GK44GV44GSICDjgYLjgZLjgb7jgY0%3D

独身男性の方を「チョンガー」と呼ぶのは、どうしてでしょうか?https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q109182345?__ysp=44GK44GV44GSICDjgYLjgZLjgb7jgY0%3D
朝鮮語で、独身男性のことの漢語「総角」の朝鮮での読み方である。
日本では「あげまき」という言葉に「総角」のじをあてたりするが、 これはみな中国の「総角」の意からきたもので、髪をおさげにして、 その端を丸く反らせた髪型の一種をいう。

日本とヘブライの共通点http://koramu2.blog59.fc2.com/blog-entry-592.html
カナンの地でフェニキア系と混血し(そちらの血が濃くなる)より遥か昔のアラビア半島南西部あたりの 原ヘブライ人が日本人の先祖と縁戚の種族だったと思われます。
九州彦島の文字が亀甲文字、シュウメ-ル文字の原始的な文字だとしたらシュメ-ル、ヘブライ人は日本人の末裔ではないのか??

角髪(みずら)は、日本の上古における貴族男性の髪型。中国の影響で成人が冠を かぶるようになった後は少年にのみ結われ、幕末頃まで一部で結われた。美豆良( みずら)、総角(あげまき)とも。 古墳時代の男性埴輪などに見られる。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A7%92%E9%AB%AA
髪全体を中央で二つに分け、耳の横でそれぞれ括って垂らす。そのまま輪にするか、輪の中心に余った髪を巻きつけて8の字型に作る物とがある。総角はその変形で耳の上辺りで角型の髻を二つ作ったもので、これは少女にも結われた。
髪の輪が二つの形のもののほうが古いらしく埴輪などに見られるものはこの形が多いが、奈良時代に入ると輪が一つの形のものが主流となったことが聖徳太子像などに見える。輪が一つのものにも2種あって、毛先を納めるものとそのまま垂らすものに分かれる。

「みずら」という言葉は、「耳に連なる」の意で、髪の形状を表した言葉とする説が有名であるが、全ての研究者が支持している訳ではなく、「美面」の意であり、ミは美称であるとする考え(筑波大学教授・増田精一説)もある[2]。増田の考察よれば、みずらとは「いい面(つら)」の意ではないかとする。その論拠として増田は、お下げ遊牧民であるモンゴル人が、おさげをクク、あるいはケクといったが、これは「いい面」の意味で、後代、中近世に広まった丁髷が大陸南方文化に多いのに対し、角髪のようなお下げ文化は大陸の北方文化にみられることと関連するものとみている[3]。
角髪 埴輪の画像https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&gdr=1&p=%E8%A7%92%E9%AB%AA++%E5%9F%B4%E8%BC%AA

埴輪 ユダヤの画像https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&gdr=1&p=%E5%9F%B4%E8%BC%AA+%E3%83%A6%E3%83%80%E3%83%A4
 

示(祭壇)+斤(ちかづく)・・・ひとしい

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2017年 8月 1日(火)16時58分4秒
返信・引用
 

齊(斉)。
齊に齋(斎)の音がある。斉は神事に仕える婦人が神に三本の簪を通して髪飾りを整える形で、整え終わるの意味がある。https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1277879622?__ysp=6IO4IOWMiCDop6PlrZc%3D

等しい/均しい/斉しいの用語解説 - [形][文]ひと・し[シク]1 二つ 以上の物事の間で、その数量・程度・形状などに相違がない。同じである。「
「二辺の長さが―・い」「三人に―・く分ける」https://kotobank.jp/word/%E7%AD%89%E3%81%97%E3%81%84-611427
よく似ている。

斤(ちかづく)  可から口をとった丁
「斤キン」 <おの>
解字 「ちょうな」と呼ばれる手斧の形の象形。甲骨文は可から口をとった丁カと形が似ており、曲がった木の先に石斧を付けたかたちと思われる。金文から形が変化し、現代字は斤になった。また、斧は、はかりの分銅に用いて物の重さをはかったため、目方の単位となった。斤が音符となる時、斧の刃を「ちかづける」イメージを持つ。
意味 (1)おの(斤)。ておの。「斧斤フキン」(おの) (2)重さの単位。1斤は500グラム(現代中国)。「斤量キンリョウ」(目方)
イメージ 「おの」 (斤・兵・匠・析・晰・蜥)
      オノを 「ちかづける」 (近・祈・芹)
ちかづく
近 キン・ちかい  之部
解字 「之(ゆく)+斤(ちかづく)」 の会意形声。そばに近寄る意。
意味 (1)ちかい(近い)。「近接キンセツ」「近隣キンリン」 (2)時間がちかい。「近況キンキョウ」「近来キンライ」(ちかごろ) (3)にている。「近似キンジ」 (4)身近。「近親キンシン」
祈 キ・いのる  ネ部
解字 旧字は 「示(祭壇)+斤(ちかづく)」 の会意形声。祭壇に近づいて神に祈ること。新字体は示⇒ネに変化する。
意味 いのる(祈る)。いのり(祈り)。「祈念キネン」「祈雨キウ」「祈年キネン」(その年の豊作を祈る)

しぶんぎ座(しぶんぎざ、Quadrans Muralis、四分儀座)あるいはへきめんしぶんぎ座(壁面四分儀座)[1]は、1795年にフランスの天文学者のジェローム・ラランドが設定した星座の1つ。Quadrans Muralis とは「壁面四分儀」のことで、ラランドがこの観測機器を用いて甥のミシェル・ルフランセ・ド・ラランドと共に天体を観測したことを記念して設定されたものである[2][3]。周りにはりゅう座・ヘルクレス座・うしかい座・わし座がある。1922年に国際天文学連合が88の星座を決定した際に選から外され、しぶんぎ座が設定されていた領域はりゅう座の一部となった。
毎年1月4日頃に極大を迎えるしぶんぎ座流星群は、かつてこの星座が設定されたりゅう座ι星近辺を輻射点とすることからその名前が付けられている[4]。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%97%E3%81%B6%E3%82%93%E3%81%8E%E5%BA%A7

放射点は、他の星と一緒に日周運動をし、星座に対してほぼ固定されている。しかし厳密にいうと、放射点は厳密に1点ではなくある程度の広がりを持っている。また、互いに平行経路の群流星と、観測者の速度ベクトルの差により放射点の位置は決まる。ところが地球は等速直線運動ではなく楕円軌道を描いて公転しているため、何日か経つと少しずつ放射点は動いていく。また、一晩の間でもわずかに放射点は動く。
放射点(ほうしゃてん)とは、流星群に属する流星(群流星)が放射状に飛び出してくるように見える、天球上の1点https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BC%BB%E5%B0%84%E7%82%B9

天球を二十八の不均等な区域に分けて、 天体(七曜星)の位置を知るための基準とした星座http://www.ekisen.co.jp/category/blog/koyomi/

易の解釈には『説文解字』を用いる ことが多いのですがhttps://blogs.yahoo.co.jp/akasakahiro/70117631.html?__ysp=5pqmIOaYkyAg6Kej5a2X
易は暦と準じ、暦は単なる農作上の時節を知るというのではなく、帝王の政治を律する根本哲学とされている。
帝王学であり政治学であり科学でもあるが、何より万般を律する第一哲学なのである。

利瑪竇

 「巨キョ」 <へだてる>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/1de03b47bd26b82e976b1a653f03e6b9
解字 工型の定規に、手で持つ取っ手のついた形の象形。矩クの原字。金文第二字は定規を持つ人を表す。通常の定規より大きいので、おおきい意を表わす。篆文は工に取っ手の形。現代字は匚に取っ手に変化。部首はもと工型なので工。
意味 (1)おおきい。「巨人キョジン」「巨大キョダイ」 (2)多い。はなはだ多い。「巨額キョガク」「巨万キョマン」 (3)すぐれた。「巨匠キョショウ」「巨星キョセイ」
イメージ  巨は定規のかたちなので 「定規」 (巨・矩)
       定規は工型で両端のあいだが離れているから 「へだてる」 (拒・距・炬・渠)
音の変化  キョ:巨・拒・距・炬・渠  ク:矩
定規
矩 ク・さしがね・のり  矢部
解字 「矢(や)+巨(定規)」の会意形声。矢と同じほどの長さの定規。巨の金文第二字は、定規を持った人の形で、その大きさが分かる。
意味 (1)さしがね(矩)。L字形の定規。かねじゃく。「矩尺かねジャク」(①直角に曲がったものさし。②長さの単位で約30.3cm) (2)四角形。「矩形クケイ」 (3)のり(矩)。おきて。きまり。「規矩キク」(規はコンパス、矩はものさし。人の行為の基準)

蜴エキは、「虫+易(かえる)」で体の色を変える能力を持つトカゲの意。

巨龍
『周易』の易の字は蜴《とかげ》の象形といったほど故、古支那で蜥蜴を竜属として尊ん だのだ。
龍の起源http://www.geocities.jp/widetown/japan_den/japan_den118.htm

円弧は分割して目印が付けられるが、 大半の場合には角度と角度の何分の 1 かの値で目印が付けられる。 最も古い計器では、円弧の中心に指示器が置かれる。 観測者は円弧の上の第二の指示器が付いた計器を動かして、 可動計器の指示器と円弧の中心の指示器の照準線が天体と同じ方向になるようにする。 角度が読み取られ、天体の高度が得られる。 より小さな計器では アリダード (方向視準器, alidade) が使用される。 もっと現代的な壁面計器では天体観測のために接眼レンズに十字線 (reticle) が付いた望遠鏡が使用される。
多くの壁面四分儀では 90度まで観測できるように建設されている。 60 度まで観測できる壁面六分儀もある。
角度を測る計器http://asait.world.coocan.jp/kuiper_belt/eclipse2/mural_instrument.htm
プトレマイオスによるアレクサンドリアの壁面四分儀。 この計器は「台座」(plinth) の名称でも知られている。

台は、もと「口+(音符)ム」ム(い)は、曲がった棒で作った耜(しき、すき)のこと。 .... http://nozomi.a.la9.jp/kaijitbl025.htm

屈曲を経てやっと声を出す意から、転じて、さまざまの曲折を経てどうにか認める意に用いる。

区(狭いわく)と縁のちかいことば。⇒勾(こう、かぎ、ひっかける)

「台ダイ」 <スキで大地を起こし始める>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/40334e1d50763cb0661e877626a8b32b
解字 「ムシ(スキ)+口サイ」の会意。ムは大地を耕すスキ、口は神に祈る言葉を入れる器。台はスキを祓い清めて豊作を祈る儀礼。生産を始めるときの儀礼である[字統]。台を音符に含む字は、スキで生産を始める意から、「行動をはじめる・きざす」また、スキで大地を掘り起こして柔らかくする意から「やわらかい」イメージを持つ。※高台の意の「台」と同じ形だが意味が違う。
ムシ(スキ)

ムは大地を耕すスキ
「坐 ザ」  <土の上にすわる>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/c3c5c06f3a61ee9ba7f768e229eaa198
解字 「ムシ(スキ)+口サイ」の会意。ムは大地を耕すスキ、口は神に祈る言葉を入れる器。台はスキを祓い清めて豊作を祈る儀礼。生産を始めるときの儀礼である[字統]。台を音符に含む字は、スキで生産を始める意から、「行動をはじめる・きざす」また、スキで大地を掘り起こして柔らかくする意から「やわらかい」イメージを持つ。※高台の意の「台」と同じ形だが意味が違う。

旬という漢字の中の部分がムに なってる漢字… https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1363039043?__ysp=44OgIOino%2BWtlyDjgZnjgY0%3D

北魏では「句 」の字種として「勾」の字体を使うことが圧倒的多数派だが唐代になると「勾」の字体は 見えず、「句」に統一されている ... http://tonan.seesaa.net/article/298817648.html

意符の口(くち)と、音符のム(おのれの意 =自)とから成る。一人称代名詞で、「おれ」という意。

「易エキ」 <かわる>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/256aa9118e89c3ae368282eb19b8f04c
解字 甲骨文は雲間の太陽から光(彡)が差す形[甲骨文字小事典]。曲線が雲、半円が太陽、彡が日光で、穏やかな天候、および、曇りの意の天候用語。金文もほぼ同じ形。篆文から日(太陽)が上についた易の形となり現代にいたる。意味は雲間からでる太陽の光が変化すること。かわる・かえる意となる。また、雲の状況から天気をうらなうことから、うらないの意となった。やさしい意は、仮借カシャ(当て字)の用法。
意味 (1)かえる(易える)。かわる(易わる)。あらためる。とりかえる。「改易カイエキ」(官職をやめさせて他の人に替える)「貿易ボウエキ」(外国と品物をとりかえて通貨で決済する取引) (2)占い。筮竹ゼイチクなどによる占い。「易者エキシャ」「易占エキセン」(筮竹ゼイチクなどを使う易の占い) (3)やさしい(易しい)。やすい(易い)。「安易アンイ」「容易ヨウイ」
イメージ  「かわる」 (易・蜴・錫・鯣)
       「同音代替」 (剔)
       「同体異字」 (賜)
音の変化  エキ:易・蜴・鯣  シ:賜  シャク:錫  テキ:剔

「勿ブツ」<なかれ> と「物ブツ」「匆ソウ」http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/24b23e4233b11a0c7730d8cd3862c7cf
解字 甲骨文は二種の字が存在する。第一字は弓のつる(弦)を弾いて悪邪を祓い清める形[字統]。第二字は、刀に血の点々がついており刀で斬る形。意味は第一字の悪邪を祓い清める形から、物や場所を清めるため日常のいろんな行いを禁止する意。「なかれ・ない」の意となる。金文・篆文では第二字の刀の形が受け継がれ、現代字は勹の形に変化した「勿」になった。第二字の刀で斬る意は、音符で表れる。
意味 (1)なかれ(勿れ)。禁止を表わす。「勿忘草わすれなぐさ」 (2)ない。否定を表わす。「勿論モチロン」(論ずるまでもなく)
イメージ  「ない」(勿・物・忽・惚・笏)
       刀で「きる」(刎)
       「その他」(吻・惣)
音の変化  ブツ:勿・物  フン:刎・吻  コツ:忽・惚・笏  ソウ:惣
笏 コツ・しゃく  竹部
解字 「竹(たけ)+勿(=忽。わすれる)」 の会意形声。忘れないようにメモしておく竹の札。
意味 (1)しゃく(笏)。備忘のため儀式次第を書き記した紙片を貼った板片。礼服である束帯を着用の際、手に持って威厳を整える。日本では発音のコツが骨コツに通じるのを嫌い、長さがほぼ1尺あるので、「しゃく」と呼んだ。日本では木製が殆どだが、中国では、天子は珠玉、諸侯は象牙、士は竹を用いたという〔字統〕。「牙笏ゲしゃく」(象牙製の笏。正倉院には聖武天皇遺愛品とされる「通天牙笏ツウテンゲしゃく」長さ34.9㎝が所蔵されている) (2)人名。「飯田蛇笏いいだだこつ」(山梨県出身の俳人。大正期の「ホトトギス」隆盛期の代表作家として活躍した)


「匀キン」 <むらなく行きわたる>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/3055eac2aa5feb79d90b0b279bf690b6
解字 金文は、「二印キン+腕をまるくひとまわりさせた形」 の会意形声。二印は、銅の延べ棒二つを積んだ形。銅(青銅)は古代中国で主要な金属として器・武具・銅貨などに利用されており、原材料としての銅は、金の延べ棒のように一定の形と重さをもった固まりとして流通した。この二印に腕を一回りさせた形を加えた匀キンは、銅の延べ棒を包んだ形と思われる。鈞キンの原字。篆文で「二印+勹ホウ(人が手をのばして全体でまるくなった形)」になった。意味は二印(二本の延べ棒)にあり、延べ棒は、①中がむらなく行きわたっている。②延べ棒の重さや形が等しい、意となる。この意味をもとに鈞と均が作られた。
意味 ととのう。ひとしい。ゆきわたる。あまねし。むらがない。
イメージ  「むらなく行きわたる」 (均・鈞・韵)
均 キン・ひとしい・ならす 土部
解字 「土(つち)+匀(むらなく行きわたる)」 の会意形声。土がついた均は、表面にむらがない意となり、土のデコボコをならして平らにすること。転じて、公平にする・平均する意となる。また、匀キンの意味である重さ・形がひとしい意としても使われる。
意味 (1)ならす(均す)。公平にする。「均一キンイツ」「平均ヘイキン」 (2)ひとしい(均しい)。同じ。「均等キントウ」「均分キンブン」「均田キンデン」(耕地を均等に分ける)

匀」=「勹」の形には「めぐる」という意味もある。 匀=勹(めぐる)+二(重なる)で「 ゆきわたる・ひとしい」意味。 ☆上記の勺・匀に土が付いた漢字が、圴・均になります。 圴 =土+勺シャク(きわだつ)→「土の跡(あと)」の漢字。
圴 と 均https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12173290927?__ysp=5YyAICAg44Gy44Go44GX44GE
「勺」=「丶(物)を入れた+勹 (ひしゃく)」の漢字。
「匀」=「二(2度重なる)+勹(ミミズの形)」の漢字。

☆勹の形は、「ひしゃく」と「ミミズ」で、別物です。

「勺」=音「シャク」には「きわだつ」の意味がある。
「匀」=「勹」の形には「めぐる」という意味もある。
匀=勹(めぐる)+二(重なる)で「ゆきわたる・ひとしい」意味。

☆上記の勺・匀に土が付いた漢字が、圴・均になります。

圴=土+勺シャク(きわだつ)→「土の跡(あと)」の漢字。
均=土+匀(ひとしい)→「土をならす(ととのえる)」の漢字。

匀は 同じ量を鋳込んだものであるから、ひとしい、ひとしくするという意味がある。土の高低を ならして平らかにすることを均といい、「ひとしい、ひとしくする、ならす」の意味となる。http://kanji.webcrow.jp/j/5/5-041-kin-hitoshii.html
土の高低をならして平らかにすることを均


「均平化
但だ耕やす所の地、必ず墾すこと二尺の深さに至り、耒少して鬆細にして匀
王禎『農書http://archives.bukkyo-u.ac.jp/rp-contents/OS/0039/OS00390L001.pdf#search=%27%E5%8C%80+++%E8%80%92%27
耕起を担う「犂り」(図2)
「耒らいし(=犂)
「」を「からすき」

唐鋤星(からすきぼし)https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%82%E5%AE%BF
参宿の距星は、本来はオリオン座δ星であったが、歳差や恒星の固有運動のために明代頃には觜宿の距星を西に越えてずれ込んでいた。
参宿(しんしゅく)、和名は唐鋤星(からすきぼし)、二十八宿の一つで西方白虎七宿の第 7宿。距星はオリオン座ζ星(三つ星の東端の星)。 星官[編集]. 主体となる星官(星座) としての参は、オリオン座のζ星、ε星、δ星、α星、γ星、χ星、β星の7つの星によって構成 ...

距星(きょせい、各宿の基準点となる星)はオリオン座ζ(ゼータ)星。http://hyogen.info/word/5191920
オリオン座の中央部の三つ星を含む7星を指す。二十八宿(にじゅうはっしゅく、古代中国で月が地球を一周する間に通過する28の星座)の一つで西方白虎七宿の第七宿。白虎の胸にあたる。距星(きょせい、各宿の基準点となる星)はオリオン座ζ(ゼータ)星。「三つ星」の意。名は農具の一種「唐鋤(からすき)」に見立てたもの。「三つ星(みつぼし)」「三連星(みつらぼし)」とも。唐鋤星(からすきぼし)。参(しん)。
白虎の胸

匈が胸のもとの字であった。 匈は人の胸に×形の文身(一時 的に描く入れ墨)を加えた形。 ... 説文解字]十下は「牆(かき)に在るを・(まど)と曰ひ、屋 に在るを・(そう)と曰ふ」とあり、窓枠のある天窓をいう。https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1277879622?__ysp=6IO4IOWMiCDop6PlrZc%3D

丁(かさねる意

均等に重ねる
扇の両辺に向かって左足、次に右足と均等に重ねる
射法http://www.syaho.com/mb.cgi?eid=71&more=0

曲尺を使って簡単に丸太の直径を知ることも,その直径から,その丸太からとれる正四角柱(角材)の1辺の長さを知ることができます。
曲尺(かねじゃく)利用に潜む数学http://www.kumamotokokufu-h.ed.jp/kokufu/math/kanejaku.html
勾配(傾き)を正確に測るのにも利用されています。

中国の数学で、直角三角形の型の横線のこと。▽その縦線を股コといい、斜めの線を弦という。〈同義語〉句。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1363039043?__ysp=5Yu%2BICDop6PlrZc%3D
かぎする(カギス)型のくぎりをつける。またそのしるし。▽

直角に曲り L 字形をしている。表目盛りと裏目盛りがあり,表目盛りは尺 (現在はメートル法)
曲尺https://kotobank.jp/word/%E6%9B%B2%E5%B0%BA-45948

天皇の笏は上下の縁が方形,臣下のは丸みを帯び,すそすぼみである。

笏の用語解説 - 「こつ」ともいう。束帯のとき 威儀を天皇の笏は上下の縁が方形,臣下のは丸みを帯び,すそすぼみである。長さ1尺2寸 (約 40cm) の板状のもの。
天皇の笏は上下の縁が方形,臣下のは丸みを帯び,すそすぼみである。

平面上の一点に直角

丁, 象形。 甲骨・金文は特定の点、またはその一点に打ちこむくぎの頭を描いたもの。篆文(てん ぶん)はT型び書き、平面上の一点に直角にくぎをあてたさま。http://nozomi.a.la9.jp/kaijitbl068.htm

手の親指と他の四指とを左右に開き、手尺で長さをはかるこおとを示した形の上に十が加わったのがもとの形。手尺の一幅は一尺をあらわし、十尺はつまり一丈を示す。ながい長さの意を含む。


十の字を三つ並べて、その一つの縦棒を横に引きのばし、三十年間にわたり期間がのびることを示し、長くのびた期間をあらわす。


左右両方が対をなして平均したはかりを描いたもの。


日(ひ)と、音符の「勹の変形」(勹は誤った形。へびがとぐろを巻いた 形)とから成る。(十干の暦法により) .... 成」
「勺」からは「つながる」という意味が炙り出されてきます。http://shoukei.blog65.fc2.com/blog-entry-28.html
「旬」 字義:十日。十日間。
    解字:形声。意符の日(ひ)と、音符の「勹の変形」(勹は誤った形。へびがとぐろを巻いた形)とから成る。(十干の暦法により)日が一巡する、十日間の意。

「均」 解字:形声。意符の土(土地)と、音符の(たいら意=平)とから成る。土地をならしてたいらにする意。ひいて「「ととのえる」「ひとしい」意に用いる。
「匍」 解字:形声。意符の勹(ひとが前に屈んださま)と、音符の甫(ふせる意=伏)とから成る。手をつき腹を地面に着ける、はらばう意。

旬(たずねる意=尋)

「尋ジン」 <両手をひろげて長さをはかる>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/cd9afbe60569af75b74b629cdea2ef4f
解字 甲骨文字は両手をひろげて、線であらわされた長さを計っている形。篆文第一字(六書通)は、右手と左手を合わせた形(上と下が手で、右の口と左の工は真ん中にまとめている)、右手と左手を拡げて長さを計る形を示す。篆文第二字で、計る動作をくりかえす意の彡がつき、下の手⇒寸に変化した形ができて、現代字へとつながる。新字体の尋ジンは、右手(ヨ+口)と左手(工+寸)からなる。(旧字体はヨの右が出る)
 意味は、人が両手をひろげて長さを計ること。また、その長さをいう。物の長さや距離を計ることは、対象をさぐることであるから、さぐる・たずねる・さがす意となる。
意味 (1)たずねる(尋ねる)。さぐる。問いただす。「尋究ジンキュウ」(たずねさぐる)「尋問ジンモン」(たずね問う)「尋花問柳ジンカモンリュウ」(花や柳を尋ねて春の景色を楽しむ) (2)ひろ(尋)。両手を左右に広げた長さ。1尋は1.8メートル。「千尋ちひろ」 (3)ふつう。なみ。(大人が両手を広げた長さが同じことから)「尋常ジンジョウ」(ふつう。人並み) (4)地名。「東尋坊トウジンボウ」(福井県北部海岸の険しい海食崖で知られる景勝地)
イメージ  「長さを計る・手を拡げた長さ」 (尋・蕁・潯・鱘)

潯 ジン・ふち  氵部
解字 「氵(みず)+尋の旧字(深さを計る)」 の会意形声。尋は、ここで水の深さをはかる意で、深さをはかるほど水をたたえたふちをいう。
意味 (1)ふち(潯)。水を深くたたえたふち。ふちの水際。(2)川の名。地名。「潯陽ジンヨウ」(潯という川の北(陽)にある地の意。江西省九江市の古称)

淵 エン <ふち> 淵(渕) エン・ふち 氵部 解字 甲骨文第一字は四角い囲いの中に水の 流れを配しており、岸に囲まれた深い沼や湖をさす。第二字は水流の一つが囲いから出 ており、川の流れがよどんで深いところを指す。
「淵エン」<ふち>「盥カン」<たらい>「轡ヒ」<くつわ>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/741c8db2dc134f3aa21b36a1e0546947
解字 甲骨文第一字は四角い囲いの中に水の流れを配しており、岸に囲まれた深い沼や湖をさす。第二字は水流の一つが囲いから出ており、川の流れがよどんで深いところを指す。金文は、流れの深いところをH印で表し、さらに水流を横につけた字。篆文はその変化した形。川や沼・湖の水がよどんで深いところをいう。渕は異体字で、新字体に準じて使われる。
意味 (1)ふち(淵)。川・沼・湖などの水の深くたまったところ。「深淵シンエン」(①ふかいふち。②奥深いところ)(2)深いさま。「淵玄エンゲン」(物事が奥深いこと)「淵識エンシキ」(奥深い知識)(3)浮かび上がることのできない境遇。「絶望の淵ふちに沈む」

淵 エン <ふち>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/741c8db2dc134f3aa21b36a1e0546947
解字 甲骨文第一字は四角い囲いの中に水の流れを配しており、岸に囲まれた深い沼や湖をさす。第二字は水流の一つが囲いから出ており、川の流れがよどんで深いところを指す。金文は、流れの深いところをH印で表し、さらに水流を横につけた字。篆文はその変化した形。川や沼・湖の水がよどんで深いところをいう。渕は異体字で、新字体に準じて使われる。
意味 (1)ふち(淵)。川・沼・湖などの水の深くたまったところ。「深淵シンエン」(①ふかいふち。②奥深いところ)(2)深いさま。「淵玄エンゲン」(物事が奥深いこと)「淵識エンシキ」(奥深い知識)(3)浮かび上がることのできない境遇。「絶望の淵ふちに沈む」
叀 セン  ム部
解字 糸をつむぐ糸つむぎの道具をかたどった字。これに寸(て)を付けた字が専センになる。音符「専セン」を参照。
意味 (1)ひく。ひっかかる。(2)もっぱら。(=専)

亞」という漢字の上下に配された「━(横棒)」は 天地を意味するものであり、左右に配された「|(縦棒)」
宍(4×4) 獣(10) 鹿(6) 鹿鹿鹿(666・・・)3弥6勒http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/4499
「田」は古くは「畋」(デン)という字 ...
狩猟の意味では後に畋の字を使う。 字形: 田の区画の象形。 ...http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/379
亢(あたる意=衡)

か 【箇・個▽・个▼】http://www.weblio.jp/content/%E4%B8%AA

「固」は《囗(くにがまえ)部》に分類され、「四塞也。従囗古声。」=「四塞(シソク)=四方が塞(ふさ)がること。“囗(くにがまえ)”に従い“古”を音とする。」と記す。
しかし、「囗(くにがまえ)」の意味は“四方を塞いで囲む”ことだけではなく、“区画”を表したり、“位置”を示したり、“一定の形状”を表したりもする。つまり、「物事や人を他と区分すること」が「囗(くにがまえ)」の字義である。
四方が塞(ふさ)がるhttp://mei2jikai.blog113.fc2.com/blog-entry-150.html?sp

、「宀(建物)+工(レンガ)四つ+両手」のソクに、土(つち)を加えた形。塞の上部が音符で、建物に工(れんが)四つを両手で重ね、建物の壁をレンガでおおう形でふさぐ意。そこに土を加えた塞は、土でふさぐこと。ふさぐ・とざす意となる。現代字は、上部が簡略化された塞となった。
意味 (1)ふさぐ(塞ぐ)。ふさがる(塞がる)。とざす。「梗塞コウソク」(ふさがる。梗も塞もふさがる意)「閉塞ヘイソク」(閉ざして塞ぐ) (2)とりで。「要塞ヨウサイ」(かなめとなるとりで。堅固なとりで)
イメージ  「建物をふさぐ」 (塞・寨・賽)
音の変化  ソク・サイ:塞  サイ:寨・賽
http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/b1e74d15166fe887c689c1ccf0acaa55

ついに」「おわる」 鏡(?・・・四方) 境(塞)
境(塞)

「巨」の古字。
元は人がものさし(工)を(手)で持つ形を表すらしい。

縦の棒・・・鯀コン てん・・・天地 繫ぐ・・・神意?

|部0画(1)
音:コン 意味:縦の棒、進む、退く
この漢字はあまり見たことないしなんだか殺風景だ。
意味に進む、退くがあるが書き方によって変わる。
下から上に書けば進む、上から下に書けば退くという意味になる。

巨 キョ・おおきい 工部 解字 工型の定規に、手で持つ取っ手のついた形の象形。矩クの 原字。金文第二字は定規を持つ人を表す。通常の定規より大きいので、おおきい意を 表わす。
「巨キョ」 <へだてる>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/1de03b47bd26b82e976b1a653f03e6b9

「几キ 」 <つくえ>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/e83278927796182c20171b80999c544b
 「木+几(つくえ)」 の会意形声。几はもともと机の形であり、これに木を加え元の意味をはっきりさせた。
杢(もく・国字)
「几(風の略体)+木(枝葉のある木)」の会意。枝葉のある木に強く吹く冷たい風を 表した国字。 http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/c5d82825d2f00838bda4c99976c50a6f

几号(きごう)水準点http://sakamichi.tokyo/?page_id=2
イギリス式の測量法に従って漢字の「不」に似た記号を不朽物に刻印したり、「不」 を彫った標石を埋めて水準点としました。
「不」


「个(カ)」とは、ひさしの意味で、そこに人が集まる(1つになる)という意味の「一」「人」という字を合わせて「傘」となりました。そして繖(サン)から音だけもらって「傘(サン)」と読むことになった、というわけです。
傘に相当して『説文解字』に載っている漢字は 「繖(サン)」という字でした。「糸へん」に「散る」と書きます。http://www.maboroshinosake.com/present/sanju80/about_sanju/zatugaku/
「傘の略字が、八十読める」

異体字. ?は、〔広韻〕が本字とする字。〔正字通〕にも「卅 本字」とある。 ... 仐とか(今の異体字、傘の異体字)。 -卅の記事へ ...
十の字を横に3つ並べた字。〔説文解字・巻三〕には「三十、并(あわ)せたるなり」とある。http://dic.nicovideo.jp/a/%E5%8D%85

草木の芽生えて、枝が生える象形。
枝が生えてくるところの形http://dic.nicovideo.jp/a/%E4%B8%96?v=pc

蓋(きぬがさ)と呼ばれる日傘
宝塚1号墳から出土
船体中央には同じく権威を象徴する蓋(きぬがさ)と呼ばれる日傘、王のもつ杖とされる威杖(いじょう)が2本、威厳を示す大刀(たち)が立てられていました。https://www.city.matsusaka.mie.jp/site/bunkazai-center/takarazuka-itigouhun-hunegatahaniwa.html

「航」 解字:形声。意符の舟(ふね)と、音符の亢(よこにする意=横)とから成る。舟を横に二艘並べる意。


けい さんかんむり [5] 【卦▼算冠】
〔「亠」の形が卦算① に似ることから〕
漢字の冠の一。「交」「京」などの「亠」の部分。けいさん。なべぶた。

・圭・・・日時計? ... 鼎(てい、ピンイン:dǐng)は六十四卦の第50 番目の卦http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/4316

関数で八卦(上卦)となる (乾=1 兌=2 離=3 震=4 巽=5 炊=6 艮=7 坤=8〈=0割り切れる  ...http://toyobunka.main.jp/wiki/index.php?%A1%D8%B4%F1%C0%D7%A4%CE%C8%AC%B7%B5%A1%D9%A4%CB%A4%C4%A4%A4%A4%C6
六四通りの運勢
64
ギリシャ語の「真理」という言葉のゲマトリアは、64である。http://www2.biglobe.ne.jp/remnant/104seisho.htm
64は、4の3乗に等しいが、これはつまり、一辺の長さを4とする立方体の体積に等しいということでもある。あるいは、一辺の長さを1とする小さな立方体を64個集め、大きな立方体を作ったと理解してもよい。
64は「真理」のゲマトリアであり、そのうちの37と27は、それぞれ真理の現わされた部分と、隠された部分とを現わしているのである。
 さらに、「神のかたち」のゲマトリア1369と、「神の秘密」の999をたすと、2368になる。これは先に述べたように、「イエス・キリスト」のゲマトリアに等しい。
 イエス・キリストは、現わされた「神のかたち」と、隠された「神の秘密」の双方を、合わせ持ったお方であられる。彼は「真理」の体現者なるお方だからである。

周角を8等分、16等分した物

3の4乗は81で九九を括り、4の3乗は64でDNAのコドンや陰陽の卦を束ね ている。
1と2から3,4,5へ…正方形の等分割 http://metatron.la.coocan.jp/zone-62/numb009.htm
1と2から3と4が生じ、5でミクロとマクロ双方向に数は広がった。3の4乗は81で九九を括り、4の3乗は64でDNAのコドンや陰陽の卦を束ねている。4から5へ到達できたとしても、今度はそれをもう1度反転させて6へとつなげる認識が必要だ。先ずは1,2,3,4…と最初の数をもっと正確に数えられるようにならねばならない。地球人として、人間として、そして現代に生きる者として。

「封ず」「樹す」http://8220.teacup.com/toraijin/bbs/2865
封ず」
原字は「土+(音符)三に┃棒(ほう)」。「ほう」はいねの穂先のおように、△型にとがって上部の合わさったものを示す。のち、「土二つ+寸(て)」と書き、△型に土を集め盛った祭壇やつかを示す。四方から△型をよせ集めて、頂点であわせる意を含む。http://homepage3.nifty.com/giboshi/kaijitbl031.htm

「土二つ+寸(て)」・・・圭・・・日時計?
寸 スン 寸部 解字 甲骨文字は、三本ゆびで表した手の下方の湾曲する部分に短い曲線 をつけ、ひじを表わした指示文字。肘ひじの原字。寸は、もと肘を意味したhttp://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/89f06a4f0dfeec06da73ea98431b17b7
忖 ソン  忄部
解字 「忄(心)+寸(長さをはかる)」の会意形声。寸は長さの意のほか、長さをはかる意がある。忖は、相手の心をおしはかること。
意味 はかる。おしはかる。「忖度ソンタク」(他人の心をおしはかること。度もはかる意)
度もはかる意

ひじを曲げた形
耜(すき)」の原字、 ひじを曲げた形
Ψ 夷は古代の鍬型の工具 弓、「耜(すき)」の原字、 ひじを曲げた形・・・ム=私 禹(風) 耜土を盛った姿を描い たもの。 ... のち耜(シ) (すき)以(イ) (工具で仕事をする)已(やめる )などの用法に分化 http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/1677
已(やめる )
乞・・・巳⇒己己に変化
二人がそろってひざまずく形で、神におつかえする意。新字体の上部は、巳巳⇒己己に変化。本来の意味と関係なく、方位や易の八卦(組み合わせ)の一つ

50本の筮竹と6本の算木(白蛾は「卦木」と称した)
50
鼎(てい、ピンイン:dǐng)は六十四卦の第50番目の卦https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%91%A8%E6%98%93%E4%B8%8B%E7%B5%8C%E4%B8%89%E5%8D%81%E5%9B%9B%E5%8D%A6%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7
鼎(かなえ)を逆さまにして、旧来たまっていた悪い滓を一切出してしまうが良い。従来の物に良いのがなければ、新たに気に入ったものを調達してゆけば咎はない。
内卦(下)が巽、外卦(上)が離で構成される。
ゆきづまりである。鼎には耳が大切である。これを両手で持って動かせるのである。・・・豆(たかつき)+寸チュウ(て・・・ 尌の甲骨文に、鼓と鋤に従うものがあり、もともと農耕に関する儀礼を表したのかも しれない。 ...http://dic.nicovideo.jp/a/%E6%A8%B9

巽5
下経(31-64). 巽(そん)は八卦の一つ。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%BD
巽(そん)は八卦の一つ。卦の形はであり、初爻は陰、第2爻・第3爻は陽で構成される。または六十四卦の一つであり、巽為風。巽下巽上で構成される。方角としては東南の方角になり、辰(たつ)と巳(み)の間であることから巽は「たつみ」とも読まれる。
伏羲先天八卦における次序は五であり、方位は四隅卦の一つで西南に配される。陰陽消息は一陰が生じたところである。
四隅卦
四隅
〈亜(亞)〉は、『説文解字』では《みにくい。人の曲がった背中の形に象る》。 ...
http://tonan.seesaa.net/category/738397-3.html
伝統的な楷書では「圖」の中の「口」は「ム」の形に書くことが多い。

常用漢字表の最初にある〈亜(亞)〉は、『説文解字』では《みにくい。人の曲がった背中の形に象る》。加藤常賢の説では《古代の四阿の明堂と言われるものの原始形で、四阿の明堂は地上の建物であるが、これは古代の地下穴居の室の形であると考える。中央の四角は竪穴であり、その四方に入り口を作って四室のある形である(『漢字の起源』)》。藤堂明保の説では《建物や墓をつくるために地下に四角く掘った土台を描いた象形文字で、表に出ない下の支えの意から、転じて、つぐことを意味する(『学研漢和大字典』)》。白川静の説では《象形。古代中国の、王や貴族を埋葬した地下の墓室の平面形。正方形の墓室の四隅をくりとってある形である。四隅をくりとるのは、そこに悪霊がひそむ恐れがあるからであろう(『常用字解』)》。
http://tonan.seesaa.net/category/738397-3.html

「亜」という漢字の成り立ちは、古代の墓の部屋=石室(?)を象(かたど)ったものとする説があり、こちらのほうが的を得ていると思われる。
http://mei2jikai.blog113.fc2.com/blog-entry-62.html
古典籍に現れるのは「氏族」を意味するものや、「次ぐ」とか「継ぐ」とかを意味するものばかりである。

「次ぐ」とか「継ぐ」とかを意味・・・ 【?】レン( つらなる    つらねる)
【?】〔牛+西〕 レン( つらなる    つらねる)
【坒】 ヒ ビ きじはし
雉チ・きじ・たいらげる・   つらねる

「亞」という漢字の上下に配された「━(横棒)」は天地を意味するものであり、左右に配された「|(縦棒)」を加えて東西南北の四方を現し、氏族が天地人の中間と東西南北の中央に位置することを示したものと考える。
  つぐ(継ぐ・次ぐ)。時間的にあるいは空間的に後継する。内容的に追随する。二番目。
  よる(寄る)。並ぶ。
  おおう(被う・蔽う)。隠れる。
 おさえる(押さえる)。
  たぐい(類)。同類。同質。

【坒】〔A+□+∀〕・・・<□>(90 度回転させたような形をしている。)
              ?
「亜」の本来の字形は「亞」である。
「亞」の甲骨文は右図の通りである。つまり「亞」は「十字」にほかならない。
人形ひとがたであろうとされる。
http://www.quazok.com/okaz/Kanji/pdf/heartful_a.pdf#search='亜  みにくい'

「亜」という文字の枠内に、「醜」という文字が加えられ、二文字を合わせて部族を表す 記号になっています。祭祀に用いた最も重要な器物である銅器に一族を表す紋章が ...
http://www.npm.gov.tw/exh97/audio/aaa_J312.html

墓の意味を持つ「亞」字形の 文字が残っていないため、「墓」を地下墓でない自然墓と考える墓相学 ...
壼 甕   尊{さけつぼ} 口鯀・甕棺(後の 台・銅鐸・古墳 社)http://8628.teacup.com/toraijin/bbs/2185
四隅には悪霊

四隅 - PocketPet
平面上では、東・西・南・北の4方向を基準として、周角を8等分、16等分した物が用いられる。 ... 5方位の発想は、特に古代中国の五行思想に由来すると言われ、五行と片手の指(五指)に因んだ数え方である。 ...
http://pocket.jword.jp/search/%E5%9B%9B%E9%9A%85

陰陽道で魔物が出入りする「鬼門」が丑寅(東北の方角)であることから、鬼は牛の角と 虎の皮を組み合わせて考えられた姿だと ... 鬼の醜草(しこくさ)」は紫苑の異称で、 今昔物語の「親を亡くした2人の息子の兄は悲しみを忘れる「忘れ草(萱草)」を、 ...
http://www.eisai.co.jp/museum/herb/familiar/oni.html
今昔物語の「親を亡くした2人の息子の兄は悲しみを忘れる「忘れ草(萱草)」を、弟は「思い草(紫苑)」を墓に植えて毎日墓参した。兄は次第に墓参りをしなくなるが、弟は墓参りを欠かさなかった。墓を守る鬼は弟の孝心に感じいった」という話に由来するようです。植物の名前の由来はいろいろあるので、調べてみるとおもしろいですね。
天使の階段、ヤコブの梯子http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/298

丌(台
巽 ソン・たつみ  己部
 巳(己)のかたち
巽 ソン・たつみ  己部http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/m/201404/3
解字 篆文第一字は「巳巳(二人のひざまずく人)+丌(台)」の会意。巳巳は二人が台の上でそろってひざまずく形。篆文第二字は、ひざまずく二人の足にそろう意の横線をつけた形。この字が、もとになり現代字へと変化した。二人がそろってひざまずく形で、神におつかえする意。新字体の上部は、巳巳⇒己己に変化。本来の意味と関係なく、方位や易の八卦(組み合わせ)の一つに仮借カシャ(当て字)された。
意味 そなえる。易の八卦の一つ。たつみ(巽)。
巽を音符に含む字 ソン:巽  セン:饌・選・撰

二人がそろってひざまずく形で、神におつかえする意。新字体の上部は、巳巳⇒己己に変化。本来の意味と関係なく、方位や易の八卦(組み合わせ)の一つ

先天図 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%BD
伏羲先天八卦における次序は五であり、方位は四隅卦の一つで西南に配される。陰陽消息は一陰が生じたところである。

枚  方
大阪府の北西に位置する枚方と交野は、かつては、交野が原と呼ばれた美しい原野で、京の都に近い遊猟地として、天皇や貴族が鷹狩りや桜狩りを楽しんだ自然と歴史豊かなところです。http://www.kirameki-story.tv/back5.html
 『枚方』の語源を調べてみると、「枚」が崖、「方」には上の意味があり、『枚方』は、「崖の上」を表した言葉と言われています。事実、枚方丘陵といわれる丘があり、その先端は淀川に突き出た崖で、その特徴をよく表しています。

崖・・・圭
圭 ケイ・たま 土部 西安戦国紋玉圭 解字 玉圭ギョクケイの形の象形。玉圭とは古代 中国の玉器の一つ。長方形板状で先はとがり、天子が諸侯を封じた際にしるしとして 与えた。天子・諸侯が儀式を行うときに手に持った。
「圭ケイ」 <すっきりとかたちがよい>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/1a660000c8239e82ee68e0313906d764
解字 玉圭ギョクケイの形の象形。玉圭とは古代中国の玉器の一つ。長方形板状で先はとがり、天子が諸侯を封じた際にしるしとして与えた。天子・諸侯が儀式を行うときに手に持った。その規格は厳格な等級と制限があり、諸侯の身分や権力により分かれていた。圭は、土が二つ重なったように見えるが、玉を紐で貫きとおした形である甲骨文の玉から変形したかたちと思われる。
意味 (1)たま(圭)。ぎょく。角のある玉。上が尖り下が方形の玉。古代の諸侯が身分の証として天子から受けた玉。「圭玉ケイギョク」「圭璋ケイショウ」(儀式用の貴重な玉器) (2)かど。「圭角ケイカク」(圭のとがった先。また、突出した才能や性格)
イメージ  圭の形から「角のある玉器」(圭・珪)
     「すっきりと形がよい」(佳・娃・鮭・桂)
     「かどだつ」(畦・街)
     「その他」(挂・硅・蛙・窪)
音の変化  ケイ:圭・珪・鮭・桂・挂・硅  ア:蛙  アイ:娃
      カ:佳  ガイ:畦・街  ワ:窪
角だつ
畦 ガイ・あぜ  田部
解字 「田(耕地)+圭(かどだつ)」の会意形声。耕地を区切る角立ったあぜ。
意味 (1)あぜ(畦)。耕地のくぎり。「畦道あぜみち」 (2)うね(畦)。作物を植えたり種をまくため、土を平行に盛り上げたところ。
街 ガイ・カイ・まち  行部
解字 「行(通じている)+圭(=畦ケイ。区切りの道)」の会意形声。街は、土地を区画する道が縦横に通じているまち(街)。
意味 まち(街)。まちすじ。まちなか。ちまた。「街頭ガイトウ」「街道カイドウ」「街路ガイロ」「花街カガイ・はなまち」

鷹狩りや桜狩り・・・畋 狩 刈

刈・・・甸 刈刈・狩狩り(刈り)・・・ 測量 計り・秤 禾(目印)+平( 等しい) 禾( 目印) 「棱」 =「木」+「夌」 :=木+際立った もの=>木 ... 幾何学文は蛇 .... 田」は古くは「畋」(デン )という字 で、「畋猟」(デンリョウ)と熟して狩猟することをいいます。
噩・・・河内説?http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/4113
田猟
皿形または酉皿形?. が付加されたが ... の対象となっている。 白川は、召の地望 について、召のほか召と相前後して田猟が行われた噩・向・盂・宮などについて、文献中 の説.http://shuiren.sakura.ne.jp/ronsou/pdf/01-ochiai.pdf#search='%E7%8C%9F+%E8%A7%A3%E5%AD%97+%E9%85%89'
噩・・・河内説?http://shuiren.sakura.ne.jp/ronsou/pdf/01-ochiai.pdf#search='%E7%8C%9F+%E8%A7%A3%E5%AD%97+%E9%85%89'

尊 ソン・たっとい・とうとい・たっとぶ・とうとぶ 寸部 解字 甲骨文と金文は「酉(酒つぼ)+ 両手」で、酒つぼを両手で奉げる形。篆文は「酋(酒つぼから酒気の発している形)+寸( 手)」に変化した。酒つぼに入った良酒を神にささげるので、とうとい意 ...
「尊ソン」 <酒つぼを両手でささげ持つ>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/297ece3fafbfb9753ff988839ea9a641
 

円[圓]・・・圓(□)・・・円(○)・・・(天)

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2017年 7月29日(土)15時48分31秒
返信・引用
   「亠」・・・-(東西)(地) |(南北)・・・()

東西の全周:4070.368キロメートル
南北の全周:4003.423キロメートル
「地球 東西 長さ」https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11111847946?__ysp=5Zyw55CDICDmnbHopb8g6ZW344GV

天は円く、地は方形であるという古代中国の宇宙観https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E5%86%86%E5%9C%B0%E6%96%B9
コンパス - 丸=円(天)を描く道具
直角定規 - 方=四角(地)を描く道具

天(○ 曲線)点から→地 (□ 直線へ )

3次元(立体:縦 横 奥行)
2次元(平面:たてよこ)
次元とは、基底ベクトルの数、すなわち方向の数のことです。よって、 0次元空間が点 ( 方向がない世界) 1次元空間が線 (上下だけの世界) 2次元空間が面 (上下と前後だけ の世界) マリオの世界のようなイメージ。

三次元の直線の方程式を二次元の座標に射影させた直線とも見ることが出来ます.
ベクトル方程式http://hooktail.sub.jp/vectoranalysis/vectorEquation/
中国の天文学は非常に長い歴史を持っており、歴史家は 「中国人はアラビア人より以前には、世界中のどの場所よりも、 粘り強く、正確な観測者であった」と考えている。 後には 「 二十八宿 」 に分類された星の名前は 安陽 で発掘されており、 殷 中期 (中国の青銅器時代) にさかのぼる。 「宿」による方式の中核は 武丁 の統治の時までに形成されていたようである。
天文観測の詳しい記録は 戦国時代 (紀元前 4 世紀) に始まり、 漢王朝 以後に繁栄した。 中国の天文学は (天球の) 赤道によるもので、 極の周りの星を密接に観測することが中心となり、 伝統的な西洋の天文学に存在したものとは別の原則に基づくものであった。 西洋の天文学では、黄道の星座が (地平線から) 上る時、沈む時が問題とされたのである。
訳注
意味がわかりにくいが、 ? 中国では 赤緯、赤経による座標系が中心 ( 赤経 - Wikipedia を参照) (二十八宿, 赤道上の星座)
? 西洋では 黄道座標系が中心 ( 黄道座標 - Wikipedia を参照) (黄道十二星座, 黄道上の星座, 星占い)
中国星座への招待 -日本人と星座-の「二十八宿」に解説があります。
インドの天文学の幾つかの要素は、 後漢 (AD 25 - AD 220) の時代に仏教の進展と共に中国に持ち込まれた。 しかし、インドの天文学の考えが詳細に組み込まれたのは 唐 (618 - 907) の時代である。 このとき、多くのインドの天文学者が中国の首都に住むようになり、 中国の学者、例えば 密教 の僧で数学者でもあった 一行 がその方式を習得した。 元 の時代に、イスラムの天文学者は中国の天文学者と共同作業をした。 明 の時代に徐々に衰退した後、 イエズス会 が布教活動を確立してからは、 西洋の天文学と技術の刺激を受けて、天文学は再び活性化した。

ベクトル平行体http://ameblo.jp/kumako-note/entry-11164437877.html
「同じ図形が1420年に建設された聖地に見られます。
 太陽の神が宿るという紫禁城に入るとその門には獅子がいます。
 獅子は地の守り神(北京市紫禁城の狛犬)で、地を前足で押さえて守っています。
 64 個のエネルギー単位をもった同じ図形が記号化されています。」

ヘブライのカバラにおける「生命の樹」も同じ構造を持っていて、
ベクトル平行体がすべてのレベルに組み込まれています。
古代中国の「易経」という思想体系は「六十四卦」に基づいています。
これは6本の線を1組とするシンボルで線は実線と破線があります。
この線を四面体の6本の辺としてまとめると、全部で64の四面体をもつ結晶が出来上がります。
現代の科学研究にも同じパターンが見られます。
二重螺旋には人間のDNAを記号化す るのに使われる64通りの「コドン」があります。

廾(冊?)→算(もくろむ)・・・あつめて整理しまとめる・・・
廾 キョウ  廾部にじゅうあし
共(いっしょに)
「廾キョウ」 <両手> と 「共キョウ」http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/d6f6f34ebb0c0b24307563e6bb235c93
解字 左右の手をならべた形。手にものを載せてささげる意味につかう。部首になる。
意味 両手でささげる。
参考 廾キョウは両手をつかう意で部首「廾にじゅうあし」になる。廾部は常用漢字で3字、約14,600字を収録する『新漢語林』では20字が収録されている。主な字は以下のとおり。
弊ヘイ(廾+音符「敝ヘイ」)・弄ロウ(玉+廾の会意)・弁ベン(ム+廾の会意)

具(そろいもの)
「竹+具(そろいもの)」 の会意。竹製のそろった道具の意で算木のこと。 現代字は下部が「廾」に変化した算となった。
「具グ」 <鼎をささげもつ> と 「算サン」 <かぞえる>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/3a8633d3531914106a32205d02dcc0f9
解字 甲骨文・金文は、「鼎(かなえ)+両手」 の会意。両手で鼎を奉じる形。鼎は、儀礼のときの器であり鼎を奉ずることにより、儀礼の祭具一式すべてがそなわっていることを示す。篆文は鼎が目に変化した。新字体は、旧字から具に変化する。
意味 (1)そなわる(具わる)。そなえる。「具備グビ」 (2)そろっているもの。そなえつけの器物。「道具ドウグ」「玩具ガング」 (3)つぶさに(具に)。くわしい。「具体的グタイテキ」
イメージ  「そなわる・そろう」 (具・倶・颶)
       「同音代替」 (惧)

瞿ク(おどろく)
瞿は、「目二つ(きょろきょろする)+隹(とり)」の会意

算 サン・かぞえる  竹部
解字 篆文は 「竹+具(そろいもの)」 の会意。竹製のそろった道具の意で算木のこと。現代字は下部が「廾」に変化した算となった。昔の計算は、短い割竹をいくつも用意しておき、それをタテや横に組み合わせて並べることにより数を表わし、その配列を動かすことで加減乗除などの計算を行なった。
意味 (1)かぞえる(算える)。「計算ケイサン」「算定サンテイ」 (2)はかる。はかりごと。もくろむ。損得を考える。「打算ダサン」「清算セイサン」(3)数えるのに用いる細い竹や木の棒。「算木サンギ」
かぞえる・もくろむ
簒 サン・うばう  竹部
解字 篆文は 「ム(=私の略体)+算(もくろむ)」 の会意形声。自分のもの(私)にしようともくろんで、うばいとること。現代字は算の下部が廾⇒大に変化した。
意味 うばう(簒う)。うばいとる。「簒奪サンダツ」(君主を滅ぼして位をうばう)「簒位サンイ」(君主の位をうばいとる=簒奪)「簒弑サンシ」(君主を殺して地位をうばう)

そろう
纂 サン・あつめる  糸部
解字 篆文は 「糸+算(そろう)」 の会意形声。文章が書かれた竹簡をあつめそろえて、糸で綴じてまとめること。現代字は算の下部が廾⇒大に変化した。
意味 (1)あつめる(纂める)。あつめて整理しまとめる。書物を編集する。「纂次サンジ」(集めて順序をつける)「編纂ヘンサン」(材料を集め整理し書物を作り上げる)「纂述サンジュツ」(材料を集め文章に著わす) (2)つぐ。うけつぐ。「纂承サンショウ」(うけつぐ)
糸で綴じてまとめる

綴じ目
冊. 袋綴本の綴じ目が4つあるもの。袋綴本などを綴. じる代表的な 方法。明朝綴・四針眼訂法とも呼ば. れる。 袋綴本の綴じ目が5つあるもの。

冊サク(竹を並べて結んだもの)
、口の数が三つになった龠ヤクとなった。
「龠ヤク」<吹き口が複数あるたて笛>
、「口口(くち二つ)+冊サク(竹を並べて結んだもの)」http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/3c13b3d539e130fcb2ec8f7f7f98b923
解字 甲骨文は吹き口のある竹二つを紐でくくった形。金文第一字は、「口口(くち二つ)+冊サク(竹を並べて結んだもの)」の会意。吹き口が複数ある竹の管を並べた笛の形。金文第二字は、上にA(あつまる)がつき、吹き口が集まった笛を表す。篆文は、口の数が三つになった龠ヤクとなった。吹き口が三つ、または複数ある竹製の笛。籥ヤクの原字。現物が残っていないので形は不明であるが、竹を丸く集めた笙(しょう)、または一列に並べた「排簫ハイショウ」と思われる。
 龠ヤクは、ふえの意で部首になる。一番画数が多いので漢和辞典の部首索引の最後「17画」にくる。
意味 (1)ふえ(龠)。ふえの一種。あなが三つある笛。(6つのものもある)(2)ふえの総称。
イメージ 「ふえ」(龠・籥)
     「穴がある」(鑰)
音の変化 ヤク:龠・籥・鑰


侖(きちんと整った)
侖 リン・ロン 人部 解字 「?シュウ(あつまる)+冊サツ(木簡・竹簡)」 の会意。紐で結ん だ木簡や竹簡(冊)をまるく巻き合わせた形。ひとつのまとまった内容のある巻物を表し、 順序次第のある一連のものをいう。
「侖リン」 <きちんと整った>
解字 「?シュウ(あつまる)+冊サツ(木簡・竹簡)」 の会意。紐で結んだ木簡や竹簡(冊)をまるく巻き合わせた形。ひとつのまとまった内容のある巻物を表し、順序次第のある一連のものをいう。順序だてて一連をなし、きちんとそろったさまを表す。
意味 (1)順序だてる。すじ道をたてる。 (2)まとまる。 (3)おもう。
イメージ  「きちんと整った」 (侖・倫・論・綸・崙)、
       巻いた形から 「まるく整った」 (輪・淪)
綸 リン・いと  糸部
解字 「糸(いと)+侖(きちんと整った)」 の会意形声。精錬した生糸を何本もきちんとより合わせた太い絹糸をいう。また、細い糸をきちんとより合わせて束ねる意から、治める・つかさどる意となる。
意味 (1)いと(綸)。釣り糸。絃楽器の糸。 (2)つかさどる。おさめる(治)。「経綸ケイリン」(国家を治め整える) (3)天子の言葉。「綸言リンゲン」「綸旨リンジ」(天皇が出した文書) (4)絹織物の一種。「綸子リンズ」(精錬した生糸で模様を織りだした絹織物)

まるく整った
輪 リン・わ  車部
解字 「車(くるま)+侖(まるく整う)」 の会意形声。中心の軸から整然と出た輻フク(スポーク)によってきちんと整った円いかたちをしている車のわ。
意味 (1)わ(輪)。車のわ。また、車。「車輪シャリン」 (2)わのようなまるいもの。「年輪ネンリン」 (3)物の外まわり。「外輪ガイリン」「輪郭リンカク」 (4)まわる。「輪番リンバン」


【車】よりhttps://kotobank.jp/word/%E8%BD%85-587593
殷時代の車馬坑(馬車遺跡)から明らかである。殷から戦国時代にかけては,二つの車輪に1本の轅(ながえ),その両側に1対の馬をつなぐ馬車が一般であり,それは戦車としての機能を果たしていた。
轅(ながえ)

軒轅の用語解説 - 中国,古代伝説中の帝王。姓は公孫,名は 軒轅であるといわれる。諸侯を攻める炎帝を阪泉(河北涿鹿(たくろく)県北西)にやぶり, 反乱を起こした蚩尤(しゆう)を涿鹿で殺し,帝位につく。
軒轅 けんえんhttps://kotobank.jp/word/%E8%BB%92%E8%BD%85-1310888


軒(のき) - 屋根の壁や建具からはみ出ているところ。http://dic.nicovideo.jp/a/%E8%BB%92
意味のき、ひさし、轅が高く上がった車、車の前部が高くなった、高い、上がる、飛ぶ、笑うさま、得意気、舞うさま、長い廊下、手すり、窓、欄干、厠、諸侯の、大きく切った肉片、という意味がある。〔説文解字・巻十四〕に「曲輈にして藩あるなり」とある。轅が高く曲がり両側に覆いのついた小さな車。古代中国で大夫から上位の人が乗った。
轅が高く曲がり両側に覆いのついた小さな車。
曲輈・・・()?

囚・収・舟・守などとも同源
「州」
「象形。川の流水の中にある中州の形」http://gaus.livedoor.biz/archives/12959749.html
[考察」
字源説としてはこれでよい。ただ言葉という視点に立った説明が必要である。
『説文解字』に「水中の居るべきを州と曰ふ。(水)其の旁らを周遶す(めぐる)」とある。水がその周りを取り巻いたものが「す」(川の中州)である。だから周(めぐる、まわる)で説明している。州は周のほかに、囚・収・舟・守などとも同源で、「周りを枠で囲む」「ぐるりと取り巻く」というコアイメージがある。このコアイメージから実現された意味の一つが州である。これを古典漢語ではtiog(呉音でス、漢音でシウ)という。
州は川の中に土砂が堆積してできた島を描いた図形である。

 州 シュウ <川のなかす>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/e0f73c143b4ff3353a44e0639d14c6b1
解字 川の中になかすのできたさまを描いた象形。砂地(なかす)の周囲を水が取り巻くことを示す。水流によって自然に区画されている地域をいう。
意味 (1)す(州)。川のなかす。「三角州サンカクス」「中州ナカス」 (2)大きなしま。「本州ホンシュウ」「神州シンシュウ」 (3)昔の行政区画。「九州キュウシュウ」「信州シンシュウ」(長野県の昔の呼び名)「州司シュウシ」(州の役人) (3)大陸。「欧州オウシュウ」
イメージ   「なかす」(州・洲)
        「同音代替(シュウ)」(酬)
川の中になかすのできたさま・・・()?・・・はらむ

胚 ハイ  月部にく
解字 「月(からだ)+丕 ヒ」 の会意形声。丕 ヒは、「一(最初)+不(ふくらむ)」 で、ふくらみはじめた最初の段階、胚は、人がみごもる意。
意味 (1)はらむ。みごもる。きざす。「胚胎ハイタイ」(みごもること。きざすこと) (2)はい。発生初期の個体。「胚芽ハイガ」(種子の中で芽となって生長する部分)「胚子ハイシ」(受精後、発生しはじめた卵細胞)

「台ダイ」 <スキで大地を起こし始める>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/40334e1d50763cb0661e877626a8b32b
台 ダイ・タイ・イ    口部
解字 「ムシ(スキ)+口サイ」の会意。ムは大地を耕すスキ、口は神に祈る言葉を入れる器。台はスキを祓い清めて豊作を祈る儀礼。生産を始めるときの儀礼である[字統]。台を音符に含む字は、スキで生産を始める意から、「行動をはじめる・きざす」また、スキで大地を掘り起こして柔らかくする意から「やわらかい」イメージを持つ。※高台の意の「台」と同じ形だが意味が違う。
台[臺] ダイ・タイ  口部
解字 篆文は、「高の変形の上部(高い)+至(いたる)」 の会意。高い建物に至る、即ち、丘の上のうてな・高殿の意。新字体は、この字を発音が同じ「台」に置き換えた。
意味 (1)うてな。高い建物。「灯台トウダイ」「楼台ロウダイ」 (2)高く平らな土地「台地ダイチ」「高台たかだい」 (3)物を乗せたり、人が上ったりするもの。「舞台ブタイ」「寝台シンダイ」 (4)仕事などのもとになるもの。「台帳ダイチョウ」「台本ダイホン」
イメージ  臺の略字である「うてな・高殿」、生産を始める儀礼から「行動をはじめる・きざす」、スキで大地を掘り起こす事から「やわらかい」イメージがある。
  「うてな・高殿」(台)
  「行動をはじめる・きざす」(胎・始・颱・殆)
  「やわらかい」(怠・怡・駘・冶・苔・飴)
  「同音代替」(治)
音の変化  ダイ:台  タイ:胎・殆・怠・駘・苔・颱  イ:怡・飴
      シ:始  チ・ジ:治  ヤ:冶
行動をはじめる・きざす
行動をはじめる
まるくふくらんだ丘や、積み上げた土のやま
発生初期の個体。「胚芽ハイガ」(種子の中で芽となって生長する部分)

まるくふくらんだ丘や、積み上げた土のやま・・・行動をはじめる・・・芽となって生長する部分・・・「賁フン」 <ふき出る>?
賁フン
賁は、貝がぱっと水管から水を出す意で、「ふき出る」、噴き出たものが「盛りあがる」 ...
「賁フン」 <ふき出る>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/829d327aa24eaed5cab9ddad278a9a80
解字 篆文は「貝+芔キ」の会意。芔は草の芽がいっせいに出る形。賁は、貝がぱっと水管から水を出す意で、「ふき出る」、噴き出たものが「盛りあがる」イメージを持つ。現代字は上部が卉に変化した。
イメージ    「ふき出る」 (噴・憤)
         噴き出たものが「盛りあがる」 (墳)

・・州の間
芔で、〔説文・巻一〕に「艸の緫名なり」とある。〔方言・第十〕に「芔、莽、草なり。東越・ 揚州の間、芔と曰ふ。南楚、莽と曰ふ」とある。 字形: 屮+屮+屮による会意。屮(=草)  ...
卉(芔)とは、草を総称していう漢字である。?(卅)とは別の字。http://dic.nicovideo.jp/a/%E5%8D%89
「芔、莽、草なり。東越・揚州の間、芔と曰ふ。南楚、莽と曰ふ」とある。
屮(=草)の集まりの意

廾( 両手)
『説文解字』には廾( 両手)に従い卩(人)に従い山(山・高い所)に従うとあります。

県  縣 則 具 直 賁・・・日 目 見・・・鼎http://8220.teacup.com/toraijin/bbs/2418
眞は、匕(カ、死者の形)と首を逆さまにかけている形の“県”とを組み合せた形。

>県主(あがたぬし)
> 縣(あがた)
>県の名残
>測量関連
>具体化
>直前
>古墳

貝であれば財を打ち壊す意味、鼎で あれば盟約を破る意味であろう。隷書で鼎が略されて貝となる字は多い(則、貞、賊、員 など)が、敗は略して貝になった字と、もともと貝の字が両方あって意味が似ていたという  ...
http://dic.nicovideo.jp/a/%E6%95%97
負ける、失敗する、壊す、腐る、打ち消す、衰退する、無効にする、損なう、崩れる、という意味がある。〔説文解字・巻三〕には「?(やぶ)るなり」とある。字形貝(鼎)+攴の会意。甲骨文に、貝に従うものと鼎に従うものどちらもある。貝であれば財を打ち壊す意味、鼎であれば盟約を破る意味であろう。隷書で鼎が略されて貝となる字は多い(則、貞、賊、員など)が、敗は略して
(則、貞、賊、員 など)が、敗は略して貝になった字
員 イン・かず 口部 解字 食物を煮炊きする器である鼎(かなえ)の上に口(くち)の円い ことを示す〇形を加え、まるい鼎であることを示した象形。鼎の数を ... 周囲。「幅員 フクイン」 イメージ 「かなえ」 (員・損)、 「まるい」 (円・隕)、 「同音代替」 (韻)http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/c13793f2ebdc36cde065977de2dba059
「員イン」 <まるい口の鼎(かなえ)>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/c13793f2ebdc36cde065977de2dba059
イメージ  「かなえ」 (員・損)、 「まるい」 (円・隕)、 「同音代替」 (韻)
音の変化  イン:員・隕・韻  エン:円[圓]  ソン:損

艸冠が切れている=眉を描いた物~夢と同一)

音符 「目モク」 <め> と 「眉ビ」 <まゆ>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/c36900a5ce39165fc27987faa294c546
解字 めを描いた象形。甲骨文・金文は、目の形をそのまま描いているが、篆文からタテになった。目は、目の動きや状態、見るなどの意で部首となる。
意味 (1)め(目)。ものを見るめ。見る。「目前モクゼン」「注目チュウモク」「目(ま)のあたりにする」 (2)めあて。大切なところ。「目当(めあ)て」「目的モクテキ」 (3)見出し。区切った一つ一つ。「目次モクジ」「項目コウモク」 (4)かお。名誉。「面目メンボク」(人に合わせる顔)
イメージ   「め」 (目・泪)
音の変化  モク:目  ルイ:泪

鼎が目に変化
具 グ・そなわる・そなえる ハ部 解字 甲骨文・金文は、「鼎(かなえ)+両手」 の会意。 両手で鼎を奉じる形。鼎は、儀礼のときの器であり鼎を奉ずることにより、儀礼の祭具 一式すべてがそなわっていることを示す。篆文は鼎が目に変化した。http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/3a8633d3531914106a32205d02dcc0f9
解字 甲骨文・金文は、「鼎(かなえ)+両手」 の会意。両手で鼎を奉じる形。鼎は、儀礼のときの器であり鼎を奉ずることにより、儀礼の祭具一式すべてがそなわっていることを示す。篆文は鼎が目に変化した。新字体は、旧字から具に変化する。
意味 (1)そなわる(具わる)。そなえる。「具備グビ」 (2)そろっているもの。そなえつけの器物。「道具ドウグ」「玩具ガング」 (3)つぶさに(具に)。くわしい。「具体的グタイテキ」
イメージ  「そなわる・そろう」 (具・倶・颶)、 「同音代替」 (惧)
音の変化  グ・ク:具・倶・惧・颶

算 サン <かぞえる>
解字 篆文は 「竹+具(そろいもの)」 の会意。竹製のそろった道具の意で算木のこと。現代字は下部が「廾」に変化した。昔の計算は、短い割竹をいくつも用意しておき、それをタテや横に組み合わせて並べることにより数を表わし、その配列を動かすことで加減乗除などの計算を行なった。
意味 (1)かぞえる(算える)。「計算ケイサン」「算定サンテイ」 (2)損得を考える。「打算ダサン」「清算セイサン」(3)数えるのに用いる細い竹や木の棒。「算木サンギ」

竹のそろいもの
纂 サン・あつめる  糸部
解字 「糸+算(竹のそろいもの=竹簡)」 の会意形声。ここで竹のそろいものは竹簡の意。そろった竹簡を糸でくくって書物を編纂すること。現代字は算の廾⇒大に変化した。
意味 (1)あつめる(纂める)。あつめて整理しまとめる。書物を編集する。「纂次サンジ」(集めて順序をつける)「編纂ヘンサン」(材料を集め整理し書物を作り上げる)「纂述サンジュツ」(材料を集め文章に著わす) (2)つぐ。うけつぐ。「纂承サンショウ」(うけつぐ)
日 目
瞿は、「目二つ(きょろきょろ する)+隹(とり)」の会意で、鳥が目をきょろきょろさせることで、落ち着かない状態を 表わす。http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/3a8633d3531914106a32205d02dcc0f9
颶 グ  風部
解字 「風(かぜ)+具の旧字(そろう)」 の会意形声。勢いのそろった強い風。以前の気象用語として使われた字。
意味 暴風。つむじかぜ。はやて。「颶風グフウ」(①暴風。強風。②熱帯性低気圧の旧称)

同音代替
惧 ク・グ・おそれる  忄部
解字 「忄(心)+具の旧字(ク)」 の形声。クは瞿ク(おどろく)に通じ、驚いたり恐れる心の状態。瞿は、「目二つ(きょろきょろする)+隹(とり)」の会意で、鳥が目をきょろきょろさせることで、落ち着かない状態を表わす。惧クは懼クの俗字で、日本では「危惧」のときはこの字を使うのが一般的である。新指定の常用漢字のため旧字のままだが、具と表記しても可。
意味 おそれる。「危惧キグ」

真[眞] シン・ま・まこと 目部 解字 金文は、「ヒ(さじ)+鼎(かなえ)」の会意。
「真 シン」  <中身が詰まる>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/681d475fedeb03084ca2729aef9694bf
槙 シン・まき  木部
解字 旧字は槇で、「木(き)+眞(まこと)」の会意形声。日本では真木(まき)とよんで、すぐれた木の意。もと、こずえの意があった。
意味 (1)まき(槙)。古くは杉やヒノキをいい、現在はイヌマキ・コウヤマキなどの総称。「高野槙コウヤまき」(和歌山県の高野山に自生する槙をいい、枝葉を供花の変わりに御仏前に供える習わしがある) (2)こずえ。樹木のいただき。(眞を顚テン(いただき)の略体とみた使い方)

中身をつめる
填  テン・ふさぐ  土部
解字 旧字は塡で、「土(つち)+眞(中身をつめる)」 の会意形声。穴などに土をつめること。ふさぐ・みたす意となる。
意味 (1)ふさぐ(填ぐ)。ふさがる。うずめる。 (2)みたす。「充填ジュウテン」「補填ホテン」「装填ソウテン」(中につめこんで装置する) (3)はめる。うめこむ。「填漆テンシツ」(彩漆をうめて飾る技法)
鎮 チン・しずめる・しずまる  金部
解字 旧字は鎭で、「金(金属)+眞(中身をつめる)」の会意形声。容器などに金属を詰めて重しとすること。重みをかけて押さえること。転じて、威力で安定させる意となる。
意味 (1)しずめる(鎮める)。しずまる(鎮まる)。重みをかけて押さえる。「鎮圧チンアツ」 (2)しずめ(鎮め)。「重鎮ジュウチン」(重いおさえ。重きをなす人物)「文鎮ブンチン」(紙が動かないように置く文房具) (3)地方の押さえとなる軍隊。 「鎮守チンジュ」(鎮め守る。鎮め守る神)「鎮台チンダイ」(地方を鎮守する軍隊) (4)鎮台が置かれた地方の大きな町。「景徳鎮ケイトクチン」(地名)


籲とは、呼ぶという漢字である。http://dic.nicovideo.jp/a/%E7%B1%B2
意味呼ぶ、神を呼ぶ、和らぐ、和らげる。〔説文解字〕の本字は?で、〔説文・巻九〕に「呼ぶなり」とある。用例に〔書経・泰誓〕に「無辜にして天を?(よ)ぶ」、〔書経・召誥〕に「哀を以って天を籲ぶ」がある。また〔説文〕は〔書経・盤庚〕から「衆戚(しゅうせき)に率(したが)ひ籲(やわ)らぐ」とあり、和らぐ意味を載せる。字形形声で声符は籥。籥は竹笛。白川静は籥(龠)は神事に用い、頁は儀礼のさまを表すとして神を呼ぶ字としている。音訓音読みはヤク、ユ(漢音)、訓読みは、よぶ、やわらげる。

「龠ヤク」<吹き口が複数あるたて笛>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/3c13b3d539e130fcb2ec8f7f7f98b923

5 つという のは、正 4 面体、立方体、正 8 面体と、そのほかに表面が 12 の正多角形からできて いる 5 角 12 面体と、20 の正 3 角形で囲まれた正 20 面体とがある。
三平方の定理 (ピタゴラスの定理) の歴史 - 正多面体http://mail2.nara-edu.ac.jp/~asait/pythagorean/section8/pyta_section8.htm

四角錐の中心角109.5度及び2面角70.5度の直角90度に対する差異の19.5度だ。 19.5度と赤道傾斜角23.4度との比 .... この黄鐘の音律の笛は平均的な大きさの矩黍 1200粒でいっぱいになるが、これと同容積の水が1龠である。2龠=1 ...
ケプラーの星型8面体を地球に入れて回転すれば北緯及び南緯19.5度で接する。正4面体の中心角109.5度及び2面角70.5度の直角90度に対する差異の19.5度だ。19.5度と赤道傾斜角23.4度との比は6:5である。http://metalogue.jugem.jp/?month=201202

豆(ど)
ヤード・ポンド法の「カラット」は0.2gだが、そもそもはマメ科の落葉高木デイゴもしくはイナゴマメの種子(平均0.2g)が基準だった。現在では国際単位系ではないが、メートル法に準じてカラット=200ミリグラムと定められた。また中国古代の単位「豆(ど)」は両手にすくえる量を基準としていた。

『漢書』律歴志には「[度]は長短を測る事、[量]は多少を量る事、[衡]とは権衡すなわち分銅とはかりをもってものの軽重を知る事」とある。また平安時代中期に作られた辞書『和名類聚抄』には「長短を知る、これを度という。多少を知る、これを量という。軽重を知る、これを衡という」とある。

前世期最後の1999年、中国河南省にある新石器時代の遺跡から、保存状態のよい笛が出土した。7つの穴で現在とほぼ同じ音階を表現できるこの笛は、遺跡推定年代紀元前7000~5700年頃に用いられていたものである。現代の音階とほぼ一致するラ・シ・ド・レ・ミとファのシャープに対応する音が出た。

中国で最初に度量衡精度を確立したのは秦の始皇帝である。彼は紀元前221年に標準となる分銅と枡を制定した。しかし成文として残っている最古のものは前述の『漢書』律歴志である。同書には「度は分・寸・尺・丈・引(いん)で、長短を測ること黄鐘(おうしょう)の長さを基本とする」とある。

尺貫法換算をみていこう。長さは6尺=1間、360尺=60間=1町、12960尺=2160間=36町=1里(=3927.27km)≒4km となっている。ここには60進法的な構造が見られる。また6の1乗の6、6の2乗の36、6の3乗の216、および6の4乗の1296の10進法ホロン(60、360、2160、12960)が見て取れる。

金星
地球を元に制定された1mはほぼダブルキュービットだった。360粒の大麦の横幅もほぼ1mだ。1秒は1mの振り子が振り切る時間にほぼ等しい。古代にはこの1サイクルの2秒が1つの時間の単位としてあった。1つの単位がある時、その2倍もしくは1/2の数量を考えるのは自然な発想であろう。
このような古代の度量衡の現代の計測単位との極似性は他にも多数ある。この確率を無視するような偶然の積み重ねを何と解すればいいのだろう。単に古代オリエントから、いやさらに言えばシュメール以前から、水や地球や人間を基本にした計測単位が存在していたと「合理的」に認めればよいのだろうか。
金星の会合周期は584日(より正確な値は583.93191日)である。この1シケル8.36(g)の3乗は584.277056…である。そしてこの1シケルに相当する麦の粒数180、もしくはほぼぴったり1キュービット長になる横幅の大麦の粒数180の3乗は5832000となるが、こちらの値は583.2×104に近似している。
正4面体の2面角70.5度の16/3
192は361だが、これに黄金比φをかけるとほぼ584になる。ついでに584に1を足した585についても考えてみよう。水の蒸発潜熱は585cal/gである。そして水星の自転周期は58.56日であり、水星の軌道長半径は58344000(=583.44×105)kmだ。さらに言えば、584は正4面体の2面角70.5度の16/3でもある。


龠の関連に禹、 牀、鹹、鬻、慧音などがあります。

禹九河を疏し、済{ サンズイ+累}を{サンズイ+龠}めて、諸海に注ぎ、汝漢を決し、淮泗を排して、之を江に 注ぐ。
「禹歩の技法と思想」http://mayanagi.hum.ibaraki.ac.jp/students/98ohira.htm
、済{ サンズイ+累}を{サンズイ+龠}めて
 

尺間

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2017年 7月 7日(金)08時26分6秒
返信・引用
  尺間
明治時代に1尺=10/33メートル = 約303.030 mm(曲尺(かねじゃく)の場合) と定義された。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%BA


アクエリアス・エイジ(水瓶座の時代)
        New World Order (新世界秩序)
「 都へ行きなさい。 すると、水がめを運んでいる男に出会う。 その人について行きなさい 」
              イエス・キリスト     - 新約聖書 マルコの福音書 第14章13節 -

この正多面体の4つの頂点のうちの一つを南極点に据えるとすれば、正4面体の中心角109.5度との関係から、残る3頂点は北緯19.5度の位置に120度ずつずれて並ぶ
火星のピラミッドは、西経33度
ピラミッドと地球が作る奇妙な数字「19.5度」の謎https://matome.naver.jp/odai/2137000037094147401
不思議なことに、地球上の緯度19.5度の地点には、エネルギーを感じる様々な場所等が存在します。
そこから東に120度進むと東経30度の位置に当たるエジプトに至る。
座標 : 北緯29度58分45.03秒 東経31度08分03.69秒 ? / ? 北緯29.9791750度 東経31.1343583度 ? / 29.9791750; 31…
1尺 = 13m(約33.3 cm)
33.3
、「333」はローマ皇帝のカエサル といった意味を表します。

銀座の雲に映った333は内乱(朝鮮戦争)の暗示か?http://on-linetrpgsite.sakura.ne.jp/cat29/333.html
、誰か、金正日の死を知っている輩が、 銀座(新宿)上空の333の雲を仕掛けた可能性もあるのかもしれません。

以前から、管理人は、「九州の火山噴火に気をつけろ!」などの記事で、 陰陽五行説でいえば、北の水行の後は、南の火行⇒東の木行⇒西の金行と続くと書いてます。
九州の火山噴火

日本各地で火山が噴火。
イルミナティカードの予言http://sekainoura.net/iruminathi-card.html
東京銀座の中心「和光本店」の建物が崩れ落ちる場面が描かれていますよね。

お気づきだとは思いますが、これは決してカードが予言しているわけではありません。
ずっと前から計画されていたいことをカードに描き、その計画を実行しているだけなのです。
イルミナティは、これから先、何を仕掛けてくるのでしょうか?


石祠には山麓の市井野氏子とあり、「尺間 のみ神いつもまします 朝日さす夕日かがやくこの山は」(昭和34年)と彫られている。
熊本県(大分県・宮崎県)の山紀行http://www.geocities.jp/ishildsp2004/kikou/kumamoto.htm

こうした古墳は3世紀前後の頃に王国があったことを示し、耶馬台国だという説もあるようである
米野山(312m 熊本県山鹿市)
 「山頂に白山神社が祀られている」

 鈴ヶ岳(607m 熊本県小国町)
 「杖立川に鈴ヶ岳、杖と鈴である」
 大分県の尺間岳(佐伯市弥生町)に登ったとき尺間神社があった。尺間とは釈魔で、魔を赦すという意味であるとあった。尺間岳は隣りに彦岳があり、ともに英彦山修験の山てあった。この尺間岳から勧請されたものであろうか。
 よく分からないので次のような勝手な空想をしてみる。山麓を杖立川が流れている。そしてこの山は鈴ヶ岳である。杖立温泉には弘法大師の伝承も残っている。杖と鈴、修行者の姿である(9:45)。

.... 今から約6,000年 前の古代メソポタミアには「トークン」(token)と呼ばれる1~3センチの硬い粘土片があっ た。
押戸石の丘 http://www.geocities.jp/flowercities/oshito/
熊本県阿蘇郡南小国(みなみおぐに)町に「押戸石(押戸ノ石、おしといし、おしとのいし、おしどいし)」と呼ばれる巨石群の丘がある。この丘は、阿蘇が造った自然の美しい造形である。遠くにひろがる景観も美しい。
 巨石群は、その配置から自然に配置されたものである。人工的な列石遺構(ストン・サークル)ではない。
 巨石の表面には無数の亀裂模様や浸食模様が見られる。それらの模様について、南小国町の町づくり課と教育委員会は「巨石群には約4,000年前のシュメル文字がペトログラフ(岩刻文字)として刻まれている」と公表しているが、人為的なペトログラフ(岩刻文字)は、この押戸石の丘のどこにも刻まれていない。
人工的な列石遺構(ストン・サークル)

熊本県阿蘇郡南小国町 の座標(WGS84) 緯度: 33.095822 経度: 131.070748 Google Earthを開く. 地図中央値(WGS84) 緯度: 33度5分44.957秒(33.095822) 経度 : 131度4分14.694秒(131.070748).

地球上の北緯33度近辺には、多数のパワースポットも存在しており(直線的に 並ぶことから地球規模の「レイライン」と呼ぶ人もいるほどだ)、
熊本地震と「北緯33度」の恐ろしい関係! 巨大災害“もうひとつの見方”とは?http://tocana.jp/2016/04/post_9568_entry.html
 気象庁の発表によると、熊本地震の震源地は「北緯32度45.2分、東経130度45.7分」である。その後の余震も、ほほ“北緯33度”近辺で発生している。大分でも地震が増えているが、その震源地も同じく“北緯33度”近辺である。「それが何だ」と思われるかもしれないが、この数字こそ極めて重要であり、地震予知に繋がる可能性が秘められているのだ。

歴史が物語る“北緯33度”の謎
イメージ画像「Thinkstock」より
 カバラ数秘術において、マスターナンバー「11」と「22」を足し合わせた最強の“マジックナンバー”である「33」。実はこの数字は、さまざまな歴史的事象と密接に関係している。聖書によるとイエスは33歳で亡くなったが、彼が修行によって「白く変容した」とされるヘルモン山も北緯33度。さらに、史上最大のUFO事件「ロズウェル事件」が起きたのも、通過中の船舶や飛行機が何の痕跡も残さず消息を絶つという魔の三角海域「バミューダトライアングル」も北緯33度に位置している。
 そして地球上の北緯33度近辺には、多数のパワースポットも存在しており(直線的に並ぶことから地球規模の「レイライン」と呼ぶ人もいるほどだ)、歴史をよく調べてみると、米国が絡むさまざまな争いや大事件が北緯33度近辺で繰り広げられてきたことがわかる。
 たとえば、米国が原爆を投下した長崎。そして米国が軍事介入・内政干渉したイラクの首都バグダッド、リビアの首都トリポリ、シリアの首都ダマスカスなどは、いずれも北緯33度近辺に位置するとともに、多くの古代遺跡を抱えるまさにパワースポットそのものである。そして今回、地震の直撃を受けた熊本もまた北緯33度線上に位置するうえ、“全人類にとってのパワースポット”ともいうべき場所が存在しているのだ。

トラブルなどが起きやすいポイントのようです。
北緯33度付近というのが、世界的にいろいろと事件・事故http://amamin-maumau.jugem.jp/?eid=217
宗教的にも重要な地域が多いですね
仏教では33は聖数とされている
(観音菩薩が33種類に姿を変える説に由来)
・京都には三十三間堂がある
・四国三十三所に参拝をする

ユダヤの秘宝を奉るパワースポット「幣立神宮」http://tocana.jp/2016/04/post_9568_entry_2.html
 熊本の最重要パワースポット、それは知る人ぞ知る「幣立(へいたて)神宮」である。幣立神宮は小さな神社だが、並外れたパワースポットであり、ここを目指してわざわざ海外からもヒーラーや祈祷師がやって来る。というのも、この神社には旧約聖書の『出エジプト記』に登場する古代ユダヤの秘宝「水の玉」が奉納されているのだ。

ちなみに日本列島を護る「三大レイライン」は、一般的には、白山(北陸地方)と剣山(徳島県)と富士山(静岡県・山梨県)をそれぞれ結んだラインとされる。出雲大社、屋久島や宮古島、皇居、そして幣立神宮などの強力なパワースポットは、すべてこのラインの延長線上に位置する。今回の熊本地震によってレイラインの一部がダメージを受け、パワーバランスが崩れた結果なかなか余震が収まらないとしたら、これが日本全国へと広がりを見せる可能性も否定できないだろう。

「33」は セフィロトとパスの 合計数になっているのである。 さらに、これを数秘術「ゲマトリア」で 解釈すれば、33は「 3+3=6」となり、人間の数字「6」となる。
60進法 緯度経度  天忍穂耳(おしほみみ) ミミ33・・・http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/4118
高知市の弥生町 北緯33度33分33秒 東経133度33分33秒、

高知県南国市岡豊町八幡字蔵本 緯度経度:33.599944, 133.628694;
長畝古墳群 - 4~6世紀にかけて同一尾根上にあった古墳群
長畝2号墳は前期古墳で4世紀代の築造http://nangokutosa.blog47.fc2.com/blog-category-89.html

かごめかごめに、隠された暗号はhttp://kimama.komatsu-j.info/?month=201402
エデンの園があったエルサレムからヤハウェの神から東へ行けと言われた古代ユダヤ人一行は、(突如消えた10氏族だと思う)モーゼと共に33度を東へ東へと大陸から九州へそして淡路島へそして四国へ来たと思われる。
そして四国へ来たと思われる。一部の種族は東の果て伊勢まで行ったと推測されます。

レバノンという場所はもともと、フェニキア人という人たちがいたところのようで、この「フェニキア」という言葉と、米国の「フェニックス」という地名が関係しているのだそう。
米国のフェニックスも 33度線上にあります。
この「 33」の数字の意味は、フリーメーソンの階級の中で最も高い階層を示す。
これは 11と 22を足したものであり、そして、宇宙とスピリチュアルの王が満たされている「ダンテの神曲」の数でもある。

北米大陸上の 33度線にアリゾナ州フェニックスがあることも重要なのだという。その人物によれば、フェニックスはレバノンや古代のフェニキア人と繋がっているのだという。

フリーメイソンと高知に導かれて Google Earth 上で北緯 33度の旅をするhttp://oka-jp.seesaa.net/article/288937677.html
北緯33度線は、日本を起点にすると、四国の高知、九州の長崎を通り、中国大陸を横断。その後、パキスタン、イラク、シリア、リビア、レバノンなどを通り、大西洋の上を通ってアメリカのサウスカロライナ州から、西のロサンゼルスのあたりに抜けて太平洋に至り、そこからまた四国に戻るラインです。

このあたりは記事の一番下に、Google Earth での図を載せておきます。
途中、バミューダ海域なんてのも通過していて、なかなか興味深いです。

「33」はセフィロトとパスの 合計数になっているのである。 さらに、これを数秘術「ゲマトリア」で解釈すれば、33は「 3+3=6」となり、人間の数字「6」となる。
観音菩薩の化身の数「33」には、何か意味があるのだろうか。
単純に考えると、3+3=「6」で、「反キリスト」を暗示する。
と言っても、カバラでは、「6」そのものは「地球」または「人間」を指す。

イエスは33年生きることによって、この世の数字を体現したのである。
言い換えれば、人間の数字「3+3=6」が示すように、絶対神であるヤハウェは受肉して、人間として誕生し、人間として死んだことを意味する……』

これは、単なる偶然ではない。
理由を話せば長くなり、テーマから外れるので機を譲るが、「33」という数字がキーワードになっている。
これは恐らく偶然だと思うが、ソロビヨフが予言した反キリストは、「33歳」で表舞台に登場するという。

耳(みみ)
天照大神の子の天忍穂耳(おしほみみ)尊は日高見国を都とする。http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/blog-entry-320.html
瓊瓊杵(ににぎ)尊のにに・・・22?
東と西の葛藤は「22」の山富士に影響する。
22和合

大坂城はcross22の「藤原氏R369ライン」にある。
369・・・ミロク

この369ですが、、、 日本の古神道の数霊盤に、九次魔方陣( 81の数霊盤)と言うのがあります。http://on-linetrpgsite.sakura.ne.jp/column/post_98.html
?396ヘルツ・・・罪・トラウマ・恐怖からの解放
九次魔方陣において、縦・横・斜め・何処を足しても、合計が369になります。

どんな数でも、3で割り切れる数字ならば、数の立体化を何度か繰り返せば、必ず、最後には、153という三角数の特殊数字に行きつく事になります。
なお、153という数を立体化すると、元の153に戻ります。
数を立体化
無理数と三進法で構成される物質の構成
1 ピラミッドの単位は、√2:√2:√3 の直方体http://link21.web.fc2.com/space/005.html
現代科学は、ピラミッドの構造を、キュービットという単位で構成された立方体であると説明しています。1キュービットは、0.5236mの立方体で、辺に440キュービット、280キュービットの高さで四角錐ということになっています。
?④ √1:√1:√2の場合 50.81度
?⑤ √2:√2:√3の場合 54.65度

バビロニアの60進法が世界的に普及し、天文学などにも使われるようになった。時刻で時より小さい単位(分、秒)や、緯度・経度などの度数法で度より小さい単位(分、秒)が60進法となっているのは、この影響である。
60進法http://www.wdic.org/w/SCI/60%E9%80%B2%E6%B3%95
十干も十二支も一つずつ順番に増やして組み合わせるため、もって発生しない組み合わせが生じる。都合、実は60種類しかないため、これは60進法となる。

地球儀の多面体展開図が掲載されていたので、 これから時間のあるときに作ってみたいと思います。今日は正八面体です。
多面体の地球儀http://www.red.oit-net.jp/tessy/tamentaiearth.html

12と60の比は1:5であり、この3 角形の面積は6である。 □多面体の中でも最も空間対称性が高い ...
多面体の上に3、4、5を見るhttp://metalogue.jugem.jp/?eid=1443
古代エジプト人は等間隔に13個の結び目をつけたロープを使って辺長比3:4:5の直角3角形を作り、それを用いて測地していたというエピソードによる。

1角形・2角形は存在しないし、1つの点に1本・2本の線が集まっても面は作れない。また面の形が正6角形だと正6角形で埋め尽くされる平面となって立体にはなり得ないし、1つの点に6本の線が集まると同様に正3角形で埋め尽くされる平面になってしまう。つまり3-4-5しかあり得ないのである。

345は日月神示に出てきます。 日月神示では、 「三四五」と書いて「 みよいず」と読みます。http://www5d.biglobe.ne.jp/~rosier/Amk_Mgk/ams-543rev.html
秘数345は、悪魔によって統治された大地の上に、天へのベクトルを示す直角を措定 する(これをラームの秘儀、或はエジプトの建師の秘儀と呼ぶ)。これにより、ヨハネが宣べた天と地を繋ぐ直きパイプ、即 ち、上下一如の道が私たちの世界に切り拓かれ、而して秘数543の術式の実現に向けた礎が準備される。

「 みよいず」
ひふみ神示の予言http://shimo933.p-kit.com/isuraeru-yudayajinn.html
ミヨイズから ミロクの世界が開ける。

ミューズのお話http://www.asahi-net.or.jp/~nr8c-ab/afgrmusa.htm
ミューズは古代ギリシア・ローマの文芸・音楽・天文などの知的な活動を司る9人の女神のことをいいます。
ムーサイが歌うと天や星など万物が立ち止まったといいます。
ウラニア
六分儀座の六分儀
9柱のムーサたちのうち、「占星術」と「天文」を司る。表される際の持ち物は杖とコンパス 、天球儀などである。また、星座の一つである六分儀座の六分儀も本来は彼女の持ち物 であると言う。
ウーラニアー - Wikipedia
ウラナイの語
天王星=天皇星で、女性の天皇制のウラノス、 ウラニアで、天空の支配者、天文学の神さ。http://www42.tok2.com/home/nikorao/tokepe/syuku.htm
108足は十二宮の一宮は9足だが、27宿の一宿が4足とすると、9÷4=2・・・1で、一宮には二宿収まるが他の一宿は、はみ出して他の一宮にダブルことになる。
9足  4足・・・36
オリエント数秘術http://www.orient-numerology.com/introduction.html
ピュタゴラスが起源ではないかと言い伝えられる数秘術「アリスモロジー」・ユダヤ神秘主義思想カバラのゲマトリアから生み出された「カバラ数秘術」・アーユルヴェーダの概念に基づいた「インド数霊術」・日本においては原始神道の時代から存在する「言霊と数霊」・アメリカで19世紀末頃に生み出された「モダンヌメロロジー」・・・など、古代から現代、世界中の様々な地域で「数」の中に何かしらの力が存在すると信じられてきました。そして、賢人たちは、宿命・運命を読み解くのに「数の秩序と意味」を研究し、解読してきました。
36は、じつは8番目の三角数である(1+2+3+4+5+6+7+8=36)。三角数が、聖書においていかに重要な意味を持っているかがわかるであろう。
 36はまた、数学的完全数6を二回かけたものでもある(6×6=36)。36は、神的な聖数なのである。それは、これから見ていくように三位一体神を表す聖数である。
 36はまた、3で割り切れる数であるから、各桁の数字を3乗してたすという先に述べた作業を繰り返せば、やはり153に帰結する。

神と立方体
 36は、
  36=(1の3乗)+(2の3乗)+(3の3乗)
 であり、神の第1位格、第2位格、第3位格を合わせた三位一体神を象徴すると述べたが、なぜ「3乗」なのか。
 立方体の体積を計算するとき、私たちは一辺の長さを3乗する。
 空間は、縦と横と高さとから成る。縦と横と高さは、別のものではあっても、決して切り離せない一体のものである。同様に、三位の神――御父・御子・御霊は、互いに区別されるが、一体のおかたである。
 聖書では、立方体は神の神殿と深くかかわっている。幕屋、および神殿において、その至聖所は立方体であった。
 立方体は、じつは神的な御臨在を象徴する形である。神が立方体をしているという意味ではない。神は形なきおかたである。しかし霊的な意味で、立方体は神の御臨在を象徴する。

ユダヤの幕屋の至聖所は、立方体をしていた。幅も奥行きも高さも10キュビトの立方体であった(出エ26・31~35)。したがってその容積は、10の3乗立方キュビトであった。
幕屋の至聖所(立方体)の容積
   =10の3乗立方キュビト

10は、先ほど述べたように、言わば二重の意味の三角数である。10の3乗は、非常に神的な数なのである。
 その後、ソロモン王の時代になって、ソロモンは幕屋の形をもとに、それをさらに大規模にした神殿を建造した。その至聖所の内部も立方体であったが、神殿全体では、次のような寸法であった。
 「ソロモン王が主のために建設した神殿は、長さ60キュビト、幅20キュビト、高さ30キュビトであった」(Ⅰ列王6・2)。
 したがって、その総容積は、

60×20×30=36,000
=  36   ×10の3乗
=(1の3乗+2の3乗+3の3乗)×10の3乗

 となる。これは、御子・御父・御霊を表す1、2、3のそれぞれを3乗した数の合計である「36」と、幕屋の至聖所の容積――「10の3乗」とを、かけ合わせたものとなっている。
 36は三位一体の数、一方、10の3乗は至聖所の立方体に見られる神的な数である。
 そしてこの3万6000立方キュビトという総容積も、3で割り切れる数であるから、各桁の数字の3乗をたすというあの作業を繰り返せば、やはり153に帰結するのである。

聖数36の意味
 36の意味を、もう少し詳しく見てみよう。
 聖書は、キリスト再臨の後、千年王国があり、そののち古い天地は過ぎ去って新天新地が創造されると、記している。この新天新地の中心は、神の住む「新エルサレム」である。
 新エルサレムは、幕屋や神殿にあった至聖所と同じく、立方体の形をしている。ただし、巨大な立方体である。
 「都は四角で、その長さと幅は同じである。彼がそのさおで都を計ると、1万2000スタディオンあった。長さも幅も高さも同じである」(黙示21・16)。
 新エルサレムは「長さも幅も高さも同じ」であり、1万2000スタディオンずつの立方体なのである。その容積を計算してみると、それはやはり36の倍数である。
12000×12000×12000
=1,728,000,000,000
=36×48×1,000,000,000

新エルサレムは、新天新地における生ける「祭壇」なのである。
 その数値1728は、やはり3で割り切れる数であるから、各桁の数字を3乗してたすというあの作業を繰り返して施すと、153に帰結する。
 このように、三位一体聖数36と、イエスの数8は、神的なものに深くかかわっている。
 また、「エルサレム」のギリシャ語ゲマトリアは36×24である。これは、36×(8+8+8)とも書き表せる。
 「聖徒たち」のゲマトリアも、36×24、または36×(8+8+8)と書き表せる。

フリーメイソン33階位のうえにイルミナテイ13階位が あります。フリーメーソンの階級
階級33  Grand Inspector General (最高大総監)
33階級は、ロイヤルファミリー、ロスチャイルド家、ロックフェラー家、モルガン家、メロン家、デュポン家、オッペンハイマー家、ハリマン家、サッスーン家、ワールブルグ家、ドレフュス家、カーネギー家、ケネディ家、オナシス家、フォード家、フォーブス家、モービル家、イートン家など、王家や世界の政治経済を動かしている名門財閥から選ばれます。
フリーメーソンとは何か  まとめ
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/770.html

(水瓶座の時代)  http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/769.html
西洋文明の根幹に、天文学、及び占星術があり、地球の歳差運動の周期が25800年であることが紀元前より知られており、黄道12星座の12で割ると、一つの星座に割り当てられる時間が2150年となり、これを西洋文明では、Age(時代)と呼びます。
そして、春分の日にどの(星座)位置から太陽が昇ってくるかと言うのが春分点で、春分点はこの2150年という長い期間をかけて、黄道十二宮の星座を西回りに、ゆっくりと移動します。 実は、牡牛座の時代BC4300~BC2150(シュメール文明など)→羊座の時代BC2150~AD0(ユダヤ文明)→魚座の時代AD0~AD2150年(キリスト文明)→水瓶座の時代AD2150~AD4300(フリーメーソン思想的文明)と時代は区分されており、信心している人には申し訳ないのですが、キリスト教もフリーメーソンも、その星座にまつわる占星術の話に、話を合わせているに過ぎないのです。
フリーメーソン-126  フリーメーソンとは何か-1 (天文学的考察)
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/720.html
牡牛座は農耕・光・忍耐の象徴で、守護星は金星。  シュメール時代に太陽の春分点は牡牛座にあり、世界で最初に農業が営まれ、牛を家畜化したのはシュメール文明で、シュメールの最高神アンは、二本の牛の角を持っており、これがパレスチナ(フェニキア)やインドに伝わり牛は神聖なものとなりました。
シュメール文明の栄えたウルの地に生まれた、アブラハムは神からの啓示を受けて、約束の地カナン(イスラエル)に向かい、そこからイスラエル人(ユダヤ人)がカナンの地に入植してゆきますが、もともとカナンの地に住んでいたのは、海洋民族のフェニキア人で、ローマ帝国と戦ったカルタゴは、フェニキアの植民地です。
カナンの地で、農業を学んだイスラエル人は、フェニキアに同化し、バール神をも信仰しており、古代イスラエル教は、一神教ではなく、多数の神様の中からひとつを拝むという拝一神教でありました。 しかしながら、モーゼの時代に強烈な一神教となってゆくユダヤ教では、牛の角の生えたバール神を悪魔に仕立て上げ、それから西洋では悪魔は2本の角を持つようになりました。 それが日本にも伝わり、鬼や地獄の番人である牛頭は、2本の角を有しています。
モーゼがシナイ山に登り、神から十戒を授けられたとき、山から下りると人々が黄金の子牛をつくり、偶像崇拝しているのを見て、黄金の子牛を叩き壊しますが、これはまさしく牡牛の時代から、ユダヤのシンボルである、牡牛の時代から決別し、羊の時代に入った事を象徴するものであります。
牡羊座は、決断・革新、イスラエルの象徴で、その守護星は火星。 牡羊座は、シュメール語の星座名では 「Lu Hunga」 で、雇われる人、また従順な人を意味し、宗教的な時代ともいえます。 イエスキリストもユダヤ人ですが、神の従順な子羊であり、またキリスト教信者も子羊にたとえられ、何かと羊という言葉がでてきます。 AD13年にシリアで鋳造された
コインには、表面に王を表すギリシア神話のゼウス、裏面には12星座の羊が空を飛びながら
東方に輝く星を振り返っている様子が描かれていました。 古代の星座は、特定の地域も表しており、牡羊座は、「イスラエル地方」を表しています。
魚座は情緒・自己犠牲・償いの象徴で、守護星は木星。 最後の晩餐、ユダの裏切り、十字架という魚座の自己犠牲でクライマックスを迎えますが、イエスは3日後に復活するので、終わりであると当時に始まりでもあります。  新約聖書を読むと、やたらと2匹の魚がでてきます、例えばガリラヤ湖での2人の漁師ペトロとアンデレの話、また2匹の魚と5つのパンで5000人の人々を満腹にさせた奇跡、etc.

パンと魚の増加教会
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/415.html

古代では自然発生的に、太陽信仰が起こり、広く普及したものエジプトのホルス神があり、フリーメーソンのシンボルマークの真実を見通す目も 「ホルスの目」 であります。
全てを見通す目
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/589.html
ホルスの目
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/590.html
実はこのホルス神とイエスキリストの話は良く似ています。
ホルスは12月25日に生まれましたが、母親は処女のイシス。 誕生のさい東の星が現れ、三人の王がその星をめぐり誕生した救世主に贈り物を捧げました。  12歳で天才少年教師と呼ばれ、30歳でアナプという存在に洗礼され牧師として活動を始め、ホルスは12の使徒と共に旅をし、病を治し水の上を歩いたりなどの奇跡を行い、ホルスは様々な別名で呼ばれました。   例えば「真実」「光」「祝福されし神の子」「良い羊飼い」「神の子羊」などであります。  テュフォンに裏切られたホルスは十字架に掛けられ三日の間、理葬され、そして復活します。
一方、イエス・キリストは処女マリアから12月25日、ベツレヘムで生まれ、東の星が彼の誕生を示し、三人の王がその星をめぐり、誕生した救い主を見つけ出し贈り物を捧げました。 12歳で教師となり、30歳でヨハネに洗礼され、彼の牧師活動が始まりますが、イエスは12の使徒と共に旅をし、病を癒し水の上を歩き、死者を蘇らせるなどの奇跡を行いました。  彼の別名は「王の中の王」「神の子」「世の光」「アルファとオメガ」「神の子羊」などなどであります。  そして、ユダに裏切られ、十字架に掛けられて、墓に入れられ三日後に復活し天に昇ります。
また、ローマ帝国でキリスト教が国教と認められる以前に、広く普及していたのがミトラス教で、ここで、キリスト教について、我々が理解しておかなければならないのは、聖書はイエスキリストの弟子たちが書いたもので、その後の教義やキリスト教文化というものは、ローマ帝国が帝国内の人々を支配するための道具に、イエスキリストを利用したものであります。
ディオクレティアヌス帝のキリスト教迫害命令から、わずか10年後のAD313年に、コンスタンティヌス帝が「ミラノ勅令」を出して、キリスト教を公認しました。  この背景には、ローマ帝国の政治的腐敗に嫌気がさしていたローマ市民にとっては、ローマ帝国がキリスト教徒を迫害すればするほど、彼らに同情し、キリスト教徒は増加し、もはやキリスト教徒を敵に回しては、ローマ帝国を治めることが出来なくなっていたからです。
しかしながら、キリスト教が認められる前に、広範に流布した宗教はミトラス教で、キリスト教とローマ帝国の国教の地位を争ったほど優勢な宗教であった為、まだ信者が多く、ローマ帝国が人々を治めるには、従来から続いてきたミトラス教の風習も大事に受け継ぐ必要がありました。  彼らは、太陽信仰をしており、冬至を大々的に祝う風習があり、ゾロアスター教の大天使・ミトラの誕生日である12月25日にお祭りをしていたため、これをやめるわけにはいきませんでした。
そして、ミトラス教とイエスキリストの教えは融合されてゆき、イエスキリストの誕生日は12月25日と決めたのは、コンスタンティヌス大帝で、彼自身がキリスト教に改宗したのは、死の直前で、それまでは、ミトラス教信者で、ミトラ神の誕生日の12月25日を、イエスキリストの誕生日にしたのです。
それでは、西洋における古代の太陽信仰に於いて、ホルス、ミトラ、イエスなど太陽神の誕生日が12月25日なのかと言えば、ご存知のように、太陽は東から上り、西へと沈みますが、その高度は夏に高く、冬は低くなり、冬至で太陽の南中高度は最も低くなり、1年の中で昼は最も短くなり、夜が最も長くなります。
そして不思議なことに、12月22日、23日、24日と3日間、一番低い位置で留まり、25日からまた太陽の位置は高くなっていきます。  すなわち、これが太陽の死と復活で、世界各地にある太陽信仰の神話のモデルとなっています。  また、この太陽が死ぬとされた3日間は、太陽は南十字星の近くに位置し、これがキリストの死と十字架を結びつけるものとなっています。

さらに、クリスマスツリーの頂上に輝く大きな星があると思いますが、それはベツレヘムの星で、キリストが誕生の時に輝いていた星で、東方の三博士がこのベツレヘムの星をみて、ユダヤの王となる赤ん坊をエルサレム、さらにベツレヘムにまで、イエスキリストを礼拝しにやってきました。
冬の空で、目立つ大きな星座はオリオン座ですが、オリオン座にある三つの星は明るいことから、昔から三人の王と呼ばれており、この三つの星を直線で結んだところに、おおいぬ座で、大きく光る星シリウスがあります。  さらにこの直線を延ばし、地球の地平線と交錯する位置(南東方面)から、12月25日に太陽は昇ります。  すなわち、ベツレヘムの星(シリウス)に案内されて、東方の三博士(オリオン座の三人の王)がやってきたのが、キリストが誕生する(太陽が昇る)場所、ベツレヘムであったと言う事です。  これが、太陽信仰を行う西洋の各地で、太陽神が25日に誕生する物語になっており、後からイエスキリストも12月25日に誕生したと決められたのです。
そうして、春分点(春分の日に太陽が昇る位置)が双魚座の位置にくる紀元0年頃に、魚のシンボルであるイエスキリストは誕生するのです。
今日ではジーザス・フィッシュ(Jesus Fish)やクリスチャン・フィッシュ(Christian Fish)とも呼ばれているイクトゥス ( ichthys ichtus ΙΧΘΥΣ ) は、一筆書きで書いたような、魚を横から見た形に描いたシンボルですが、これを初期のキリスト教徒は、隠れシンボルとして用いました。

西洋文明の根幹には天文学、占星術があると前述しましたが、彼らが2000年で一つの時代が終わる終末思想的なことを考えたり、無意識のうちに、それに合わす様な行動をとってきているように思います。  我々日本人も、8月15日のお盆モードの行動、年末になるとソワソワし、お正月を迎える行動を自然と取ってしまうように、それぞれの地域の、永い文化・文明がDNAに刷り込まれた、人々の行動は、そう簡単に変えられるものではありません。
私は、約2000年の魚座の時代が約8割過ぎた17世紀に、水瓶座の象徴である自由・平等・博愛をうたうフリーメーソン活動が起こったのは、天文学・占星術の水瓶座の到来を意識していたからでないかと思うのであります、何故ならば牡牛→牡羊→双魚→水瓶と、前述したようにあまりに一致を見るからであります。
それでは、AD2150年から始まる水瓶座の時代に向けて、何が起ころうとしているのでしょうか。
宗教的には、ユダヤ、キリスト、イスラム教のような一神教同士の戦いは終焉し、この世界を創造した神の存在は認めるものの、どの宗教を信じても会員となれるフリーメーソン的なものになってゆくと思います。 ある意味で、既に聖徳太子が6世紀に 「神仏儒習合思想」 を確立し、物部神道vs蘇我仏教の宗教戦争を激化させず、宗教のみならず文化・文明も、世界から良いものは何でも取り入れてゆき、争いを避け、発展してゆく日本的なものに、世界はなってゆく様に思います。  もし、そうなれば、聖徳太子の偉大さに敬意を表するばかりであります。
思想的には、自由・平等・博愛がベースとなり、人に対してだけではなく、あらゆる生き物や環境、また地球・宇宙に対しても、優しく接してゆく文明人的な行動が要求される時代になると思います。
今年の6月に、東京大学の鉄門ホールで、日欧科学技術交流の会議があり、EU政府からも大臣が出席され、欧州の大学・企業関係者、また日本の政府関係者、企業関係者が集まりましたが、そこで東京大学の小宮山総長のスピーチで、今からの時代は、人は世界的に老齢化が進み、貧困問題も抱えており、地球は環境ダメージを強く受けており、弱者に対し優しくいたわりを持つ時代に世界中を変えていかなければいけないとのお話があり、会場から大きな拍手が沸き起こりました。
日本のアホ政治家やメディア関係者を見ていると、絶望的な気分にさせられますが、このように世界の指導者的な存在の方々が、こういう意見を持ってくれている事に安心させられました。  我々日本人も、もっと積極的に慈善活動に取り組み、科学者も世界の貧困問題、環境問題、老齢化問題を解決するような研究に取り組んでゆかねばならないと思います。
昨今、サブプライムローン問題で、毎日のように報道がありますが、世界はサブプライムばかりではなく、欧米では水をキーワードとしたビジネスに積極的に取り組み、成功をおさめています。
環境問題から飲料水を以下に確保するかという事で、一国の水道事業を買収し、水支配をしようとしたり、ウォーターファンドと呼ばれる、水関連企業を集めた金融商品を創り、成功しています。   昨年、JPモルガンがイギリスのサザンウォーター水道事業を1兆円で買収したのも記憶に新しいところです。
ボサッとしていると、政治的に水道事業を民営化させられ、日本の水道事業を欧米の金融機関が買収し、戦争をしなくとも、日本は完全に欧米資本家の支配下に置かれ、1億総奴隷になる日が来るやとも知れず、この水事業、水環境問題にはもっと積極的に取り組む必要があるでしょう。

占星術で水瓶座のキーワードは、フリーメーソンと同じ 「自由」 「平等」 「博愛」。

そして、水瓶座は革命と独立をシンボルとする、天王星を守護星として持っており、既存の価値観から解放され、新しい価値観を構築して行く時代であります。
 

鹿島香取神社レイライン

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2017年 6月18日(日)10時41分48秒
返信・引用
  南端、平和之塔が建造されている喜屋式岬から淡路島の 神籬石を通過する直線を引くと、北方は青森県八戸市の北部の太平洋岸沿い にあたります。
ストーンサークルにもレイラインが存在するか http://www.historyjp.com/article.asp?kiji=202

実際、東北地方より以北では、青森の八戸以外に古代レイラインの拠点を見出すことは 難しく、関東周辺でもごく僅かしか存在しません。それだけに関東以北の拠点は、ひと際 目立った存在ともなります。
鹿島神宮のレイライン http://www.historyjp.com/article.asp?kiji=218
淡路島から南は沖縄、北は八戸と一直線に引かれています。
レイライン上の地は昔から栄えてきたとか・・・・

十和田湖の東、青森県新郷村に「大石神ピラミッド」というパワースポットがある。大湯 環状列石・黒又山・大石神ピラミッド、これらの遺跡を結び「北東北のレイライン」と呼ぶ 動きもある。いずれも古代の巨石信仰、あるいは太陽に密接に繋がった ...
「北東北のレイライン」、「大石神ピラミッド」と「大湯環状列石」http://mnsatlas.com/?p=15780
大石神を成す巨石群は主に、太陽を礼拝したとされる「太陽石」、正しく東西南北を示す「方位石」、星の位置を記録した「星座石 」、そして古代文字が書かれた「鏡石」といったラインナップ。これら巨石は同じ組成の石が付近に存在せず、人為的に持ち込まれたものとされる。一番近い物でも100km以上離れた青森県の日本海側から運ばれたというから驚きである。

大湯環状列石は、秋田県鹿角市にある縄文時代後期(約4,000年前)の遺跡です。http://www.ink.or.jp/~oyusc/
遺跡の中心には万座・野中堂のふたつの環状列石があり、石の下にはお墓とみられる穴が見つかっています。
また、環状列石のまわりにはたくさんの貯蔵穴や柱穴などが見つかっています。
遺跡からは土器や土偶、鐸型土製品などがたくさん出土しており、祈りとマツリの場であると考えられています。

大湯環状列石http://earthjp.net/mercury/1103080002.html
北緯40.2716344264365
東経140.804014170509

印波の古墳の謎 Ⅱhttp://www013.upp.so-net.ne.jp/nrtcycle/soukou/soukou15.html
代々の印波国造の墓と推定されている瓢塚、天王塚、浅間山、舟塚、岩屋の5つの古墳に龍角寺、麻方神社の伊都許利命(いつこりのみこと)古墳、上福田岩屋古墳を加えた
8つの地点に地図上で縦線を引くと、この縦線が等間隔に並び、舟塚古墳と伊都許利命古墳は横線上に並んでいる
という発見を前回紹介しました。しかし、この謎を解く糸口として「光」が関係するような気がするものの、結局謎は解けませんでした。略図にすると以下のようになります。

「古代人類は太陽の位置で狩・農耕生活のリズムを保ち、種々の日時計を創り出した。現代の都市生活で、古代人の知恵をしのび、しばし地球と太陽の関わりに思いをよせるのも愉しいことであろう。」
太陽の位置

八角墳や八角形の建物がつくられた 理由は? ... 明日香村の野口王墓(天武持統陵)など八角墳もたくさんあります。 ..... https://oshiete.goo.ne.jp/qa/4444128.html
法隆寺の夢殿は八角円堂、
奈良の西大寺の東塔の跡の基壇は四角ですが、称徳天皇は八角七重塔を建てるつもりだったようです。
(何かの祟りでダメになったそうです。)
京都吉田神社の斎場所大元宮は八角形の本殿に六角の後房を付けた建物ですね。
明日香村の野口王墓(天武持統陵)など八角墳もたくさんあります。

天皇陵に限っては、前方後円形から大型方墳に変わり、次に八角墳が採用されることに なる。 ..... http://8220.teacup.com/toraijin/bbs/mobile/index/detail/comm_id/2973/?fontsize=1&reverse=0&TEACUPRBBS=02b5381024cd398b2fe29893ab7b715a
八柱神
世界の始まりについては、大きく分けて二通りあり、ヌンが関係するのはヘルモポリス系 の創世神話である。ヌンを含む最初の神々が八柱神オグドアドとして世界の始まりを 作ったという。http://www.moonover.jp/bekkan/god/nun.htm

オグドアド8神=欠史八代→八咫烏(弓弦羽神社) =トート(数体のアバターを持つ弁財天マリアリス)米栽培タイタンボhttp://ameblo.jp/noaky0504/entry-12074468459.html
8柱の神々は、四つの男女の一対で構成されていた。すなわち、ヌンとナウネト、隠されたもの→天アメンと海アマウネト、九九81ククと十カウケト九十九、ニニ

4匹の蛇と4匹の蛙から成り立つユニットで、蛇/女性と、蛙/男性が、それぞれ一匹ずつペアになり4組の夫婦を構成している。基本的に概念の神格化なのだが、中には後世までシッカリ信仰されて、人間の姿をとるようになった者もいる。ペアは以下のとおり。このうち上位の4組がよく出てくる8柱だが、下の二組が入れ替わりで入っている場合もある。http://www.moonover.jp/bekkan/god/ogdoad.htm
オグドアドは消極的でマイナスな属性をもつ神々のため、太陽の照らす普段の世界では、あまり活動しない。姿がハッキリと描かれることも少ない。西の地で眠りにつきつつ、世界の再生周期を待っており、世界が滅びたら、また太陽の卵を作って再生させる、ということになっている。現在は眠っている彼らを起こしに行くのは、時の主人であり、ヘルモポリスの館主であるトト神とされることもあれば、テーベの主であるアメン神とされることもある。

暦前8世紀の信仰のないイスラエルに対してホセアが述べた,「エジプトが彼らを集め寄せる。メンフィスが彼らを葬る」という趣旨の預言には,多分,メンフィスが王家の埋葬地として目立っていたことが反映されていると思われます。(ホセ 9:6)メンフィスに近いサッカラで発見されたピラミッドの中に,ジョセル王(「第3王朝」)によって建設された階段式ピラミッドがありますが,これは知られている中で最古の自立する石の建造物であると考えられています。メンフィスのさらに西北西には,はるかに印象的なギザのピラミッドと大スフィンクスがあります。今日では,これらの石の墓や同様の建造物がメンフィスの過ぎ去った宗教上の栄光を示す遺物のすべてです。予告されていたように,この都市は「ただの驚きの的」となってしまいました。―エレ 46:19。

、「彦山開山伝説」には摩訶陀国 にいた権現が中国天台山から海を .... http://www.historyjp.com/article.asp?kiji=216

熊野のレイライン Part.II 大陸に由来する熊野の神々から古来の信仰を学ぶhttp://www.nihoncity.com/journal/main/journal_main_140419.asp

熊野神社古墳
府中の熊野神社古墳や天文台古墳は、上円下方墳という型で、これもまた珍しい。http://hiro00.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-2b69.html
珍しい古墳が集まっているって事は、それなりの力を持っていた集団が住んでいたって事だろーな。

八角墳
吉田古墳 (よしだこふん)は、茨城県水戸市元吉田町にある八角墳。別名「吉田1号墳」。全国で唯一、石室に線刻壁画を有する多角形墳(八角墳)である[1]。
吉田古墳https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E7%94%B0%E5%8F%A4%E5%A2%B3
佐々木氏は,伝路という用語を用いられていない が,平津駅家と那賀郡衙である台渡里廃寺跡を連絡する道を指している点で木下氏の 想定されている伝路と同じものと考えられる。 ...
北緯36.358714
東経140.475082

北緯:36.3891
東経140.475983
鹿島香取神社(水戸市) http://dizzymoon666.blogspot.jp/2016/05/blog-post_24.html
御祭神は鹿島の大神である武甕槌命、香取の大神である経津主命を祀っています。
御由緒として、創建年代は明らかではないとのことですが、皇紀七百四十二年(西暦82年)、日本武尊の東征の折に、青柳の地に鹿島香取の二神を奉斎し戦勝を祈念したと伝わっています。
大同二年(807)、社殿を改築し鹿島香取大神社と報称、鎮祭の儀を行います。
時代が下り大掾国香が水戸城築城にあたり、城の乾位に当たるということで国家安泰、居城安全の守護神として毎年奉斎したとの事です。後に水戸を治めた佐竹氏もまた同じように篤く崇敬します。
康平三年(1060)には源頼義が奥州征討の道すがらに戦勝を祈願し神器神宝を寄進しています。

北緯35.893694,
東経140.472833
玉造古墳群http://www.isekiwalker.com/iseki/349097/

古墳の分布・・・・・台地上の古墳は「山辺古墳群」「玉造古墳群」「大戸白幡古墳群」「 香取の神道山古墳群」鴇崎天神台古墳群」が知られている。また低地部には「仁井宿 古墳群(仮称)」「津宮古墳群」「森戸の大法寺古墳」等が知られている。

佐原市内の古墳http://www17.tok2.com/home/a6m2/meisyo/sonota/sa_kohun.htm
古墳とは4世紀初頭から7世紀末にかけて作られた墳墓の総称である。土を盛ったり台地を削り出して墳丘をなしており、上から見た形で「前方後円墳」「円墳」等に区別される。また、山や台地の斜面に横穴を掘り墓室とした「横穴」と呼ばれる古墳もある。
佐原市内には344基の古墳が確認されている。(平成2年の調査) この数は香取郡市では1位、千葉県内では11位である。前方後円墳の数では、県内2位の37基が確認されている。千葉県では栄町の「龍角寺古墳群」や芝山町の「芝山古墳群」が有名だが、佐原も意外に健闘しているといえよう。
古墳の分布・・・・・台地上の古墳は「山辺古墳群」「玉造古墳群」「大戸白幡古墳群」「香取の神道山古墳群」鴇崎天神台古墳群」が知られている。また低地部には「仁井宿古墳群(仮称)」「津宮古墳群」「森戸の大法寺古墳」等が知られている。従来、佐原周辺の低地はかつては海であり遺跡は存在しないと考えられてたが、これら低地の古墳はその説を否定する材料となっている。また、横穴として「関横穴群」や消失してしまった篠原の「石比地横穴」が知られる。
佐原最大の古墳・・・・・仁井宿の浅間神社古墳がそれである。全長70mを誇る前方後円墳は意外にも市街地の低地に存在する。その名から判るとおり後円部には浅間神社、前方部にも社が鎮座ましましている。そのため地形が変わってしまい、墳丘の美しさが失われてしまったのは残念。墳丘そのものや周囲も木々が生い茂っていてこれが古墳だと気付く人は少ない。

北緯 40.35-40度
東経 140.47-57度
十和田八幡平国立公園八甲田山系高田大岳東斜面と赤倉岳西斜面に位置する(北緯 40.35-40度、東経 140.47-57度)。http://www.jalter.org/modules/about/index.php?content_id=74

三内丸山遺跡(青森市)や二ツ森 貝塚、是川遺跡https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1451845484?__ysp=5Y2B5ZKM55Sw5YWr5bmh5bmz5Zu956uL5YWs5ZyS5YWr55Sy55Sw5bGxICDpgbrot6E%3D

是川(これかわ)遺跡は、八戸市の南東部、新井田(にいだ)川沿いの台地に 広がる縄文時代の遺跡です。http://www.city.hachinohe.aomori.jp/index.cfm/12,69657,129,63,html

666
八戸市風張1遺跡から出土した縄文時代後期後半の遺物666点が、 縄文時代晩期の是川遺跡に代表される亀ヶ岡文化の形成を考えるうえで、極めて貴重 な学術資料として、国の重要文化財に指定された。
国宝「合掌土偶」 http://www.city.hachinohe.aomori.jp/index.cfm/12,21230,43,153,html
調査の結果、縄文時代の早期・中期・後期、弥生時代、奈良時代、平安時代の遺構・遺物を数多く検出している。本遺跡の特徴は、縄文時代後期後半の大規模な環状集落(二つの土坑墓群を取り囲むように土坑群・掘立柱建物跡群・住居群が同心円状に構築されている)が構成され、縄文後期の拠点的集落であること、遺物は住居内から完全な形のものが数多く出土し、縄文時代後期後半の集落構造や編年を考える上でも貴重な資料である。
第15号竪穴住居跡出土土器、土偶の形態からみて、縄文時代後期後半(約3,500年前頃)のものである。
 

・・

 投稿者:かぐ山のはなこ  投稿日:2017年 6月 9日(金)08時36分17秒
返信・引用
  ・・八咫烏とりなして
Mallarme,Poe,Baudelaireの睦みあう森でしょう。


 糺の森ハ
 

ただすのモレア  アモリ人

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2017年 6月 8日(木)09時01分48秒
返信・引用
  糺の森(ただすのもり、糺ノ森とも表記)は、京都市左京区の賀茂御祖神社(下鴨神社) の境内にある社叢林である。
切芝:糺の森のほぼ中心に位置する、古くよりの祭場。後述する切芝神事の場。

会長の妻も糺の森の氏子家系。http://jfcoach.blog49.fc2.com/blog-entry-287.html
みたらし池

オランダ東インド会社に代表される御指摘の一族は、世界を一つの国家とするという千年王国の復活を理想としております。この勢力と獣道の衆が合同していったのは、ある意味一つの必然と言えるのでは、と考えます。この獣道の衆は、その後も時代の変遷に伴い、その都度利益本位の行動をとり続けておるとの認識です。

バプテスマのヨハネは神の国の到来を 迎える準備として、ユダヤ人にも他の者にも共に全身浴=浸礼によって洗礼を授けまし た。
「禊ぎ(ミソギ)、灌頂(カンジョウ)、洗礼」
「清い手」という言葉で私たち日本人が思いつくのは、神社にお詣りした時に手を洗い清めるという習慣です。
どこの神社へ行っても「御手洗(ミタライ、あるいは ミタラシ)」というものがある。神前に出る前に手を洗い清めるのです。
口も漱ぐようになっています。神社によっては小川の水を利用するようになっていて、その川を「みたらしがわ」と呼んだりしています。
京都の下鴨神社の境内のみたらし川では、ひな祭りの日に、さんだわらに乗せたひな人形を流し、子供たちの無病息災を祈る神事も行われます。
また特に有名なのは伊勢神宮の五十鈴川で、参詣者はその川岸に出て、手を洗うようになっています。
日本の神道には禊ぎという習慣もあります。
その場合は全身を洗い清めるのです。http://eternal-life.la.coocan.jp/preachings2005/06.03/03.15.htm

ミソギ(禊ぎ)=ミソグ(分別・性別)http://xanadu.xyz/post-623/

「分別」を口語訳聖書で探すと「ただ、どうか主があなたに分別と知恵を賜い、あなたを イスラエルの上に立たせられるとき、あなたの神、主の律法を、あなたに守らせてくださる ように。」などの御言葉に出会えます。http://words.kirisuto.info/%E5%88%86%E5%88%A5-srch.html
あなたの国には、聖なる神の霊のやどっているひとりの人がおります。あなたの父の代に、彼は、明知、分別および神のような知恵のあることをあらわしました。あなたの父ネブカデネザル王は、彼を立てて、博士、法術士、カルデヤびと、占い師らの長とされました。

ネブカドネザル1世が つくった境界 石にはいて座・さそり座・うみへび座などの星座名が認められています
伝説の禹王は実在http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/4442
アモリ人・カッシート人・
 さて、はじめて考古学的に星座の名前が登場するのは、今から約4000年前のことです。紀元前2000年頃、シュメール・アッカド人のあとにアモリ人(アムル人ともよばれる)です。アモリ人は、「目には目を歯には歯を」で知られる『ハンムラビ法典』で有名な古代バビロニア王国を作った民族。彼らも、シュメール・アッカドの高度な文明を受け継いでいました。アモリ人のが残した、今から3800年前のBC1800の記録には、荷車(おおぐま座)、天の狩人(オリオン)といった星座や、現在も星占いの星座として知られる「黄道十二星座」のうち、いて・かに・てんびんを除く黄道9星座が登場しています。つまり、このアモリ人が、「確実に星座をつくった、とりあえず確実な人たち」ということになります。農業を行うために、星ををよく観察し季節を知る必要性があり、やがて暦をつくっていったのでしょう。
 その後、ハンムラビ王が亡くなって、古代バビロニア=バビロン第1王朝が衰退していくと、カッシート族に国をのっとられてしまいます。カッシートの時代は400年も続きますが、あまりよくは知られていません。しかし、境界石(クッドルー)と呼ばれる石碑が大きく注目されます。
 クッドルーは、王が領主に授けた土地所有についての誓約書のようなものだとされています。楔形文字と絵が書かれていて、その絵には動物の姿が多く描かれています。かつては、これが星座絵だといわれていましたが、残念ながら、神々の姿(シンボルマーク)である、ということに現在は落ちついているようです。
 しかし、クッドルーの絵の中には、魚ヤギやサソリ人間、水がめをもつ女神があったりして、これが星座のもとになっていった、という見方もできそうです。

カラスに姿を変えて戦場に現れ、「もっと激しくもっと残虐に」と、戦いを煽る。
モリグーhttp://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Cell/4066/kmorigu.htm
モリグー、バズウ、ヴァハは三位一体の女神と考えられ、同一視されることがある。また、 モリグーとバズウはアーサー王伝説に出てくるモリガン・ル・フェの前身といわれている。 モリグーとバズヴは勝利を祝うために叫ぶこともある。ダーナ神族が邪神である ...

女神モリガンは、アーサー王物語に登場するモルガン ・ル・フェの前身とされている。

モルガンの語源は、ケルトの女神モリグー

三菱UFJモルガン・スタンレー証券

JPモルガン・チェース・アンド・カンパニーは米国ニューヨークに本社を置く世界有数の グローバル総合金融サービス会社です。http://www.jpmorgan.co.jp/country/jp/ja/about

モルガン・スタンレー、チェイス・マンハッタン、ゴールドマン・サックス、シティ・ バンクらアメリカ金融界を牛耳っている大物企業は殆どフリーメイソンが創始者です。
「国際社会と近代史の実態を読む」
日本さえも支配する謎の組織 http://www.nikkimatsumoto.com/illuminati/index.html
~FREEMASON & ILLUMINATI~
フリーメイソンとイルミナティ
*NSAとはアメリカ国家安全保障局、あのエドワード・スノーデンが働いていた国防総省の諜報機関です。スノーデンはアメリカ政府が世界中で盗聴している等の情報を暴露、それを発表したウィキ・リークスの創始者と共にノーベル平和賞受賞者候補になりました。
 

レンタル掲示板
/345