teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


尺間

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2017年 7月 7日(金)08時26分6秒
返信・引用
  尺間
明治時代に1尺=10/33メートル = 約303.030 mm(曲尺(かねじゃく)の場合) と定義された。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%BA


アクエリアス・エイジ(水瓶座の時代)
        New World Order (新世界秩序)
「 都へ行きなさい。 すると、水がめを運んでいる男に出会う。 その人について行きなさい 」
              イエス・キリスト     - 新約聖書 マルコの福音書 第14章13節 -

この正多面体の4つの頂点のうちの一つを南極点に据えるとすれば、正4面体の中心角109.5度との関係から、残る3頂点は北緯19.5度の位置に120度ずつずれて並ぶ
火星のピラミッドは、西経33度
ピラミッドと地球が作る奇妙な数字「19.5度」の謎https://matome.naver.jp/odai/2137000037094147401
不思議なことに、地球上の緯度19.5度の地点には、エネルギーを感じる様々な場所等が存在します。
そこから東に120度進むと東経30度の位置に当たるエジプトに至る。
座標 : 北緯29度58分45.03秒 東経31度08分03.69秒 ? / ? 北緯29.9791750度 東経31.1343583度 ? / 29.9791750; 31…
1尺 = 13m(約33.3 cm)
33.3
、「333」はローマ皇帝のカエサル といった意味を表します。

銀座の雲に映った333は内乱(朝鮮戦争)の暗示か?http://on-linetrpgsite.sakura.ne.jp/cat29/333.html
、誰か、金正日の死を知っている輩が、 銀座(新宿)上空の333の雲を仕掛けた可能性もあるのかもしれません。

以前から、管理人は、「九州の火山噴火に気をつけろ!」などの記事で、 陰陽五行説でいえば、北の水行の後は、南の火行⇒東の木行⇒西の金行と続くと書いてます。
九州の火山噴火

日本各地で火山が噴火。
イルミナティカードの予言http://sekainoura.net/iruminathi-card.html
東京銀座の中心「和光本店」の建物が崩れ落ちる場面が描かれていますよね。

お気づきだとは思いますが、これは決してカードが予言しているわけではありません。
ずっと前から計画されていたいことをカードに描き、その計画を実行しているだけなのです。
イルミナティは、これから先、何を仕掛けてくるのでしょうか?


石祠には山麓の市井野氏子とあり、「尺間 のみ神いつもまします 朝日さす夕日かがやくこの山は」(昭和34年)と彫られている。
熊本県(大分県・宮崎県)の山紀行http://www.geocities.jp/ishildsp2004/kikou/kumamoto.htm

こうした古墳は3世紀前後の頃に王国があったことを示し、耶馬台国だという説もあるようである
米野山(312m 熊本県山鹿市)
 「山頂に白山神社が祀られている」

 鈴ヶ岳(607m 熊本県小国町)
 「杖立川に鈴ヶ岳、杖と鈴である」
 大分県の尺間岳(佐伯市弥生町)に登ったとき尺間神社があった。尺間とは釈魔で、魔を赦すという意味であるとあった。尺間岳は隣りに彦岳があり、ともに英彦山修験の山てあった。この尺間岳から勧請されたものであろうか。
 よく分からないので次のような勝手な空想をしてみる。山麓を杖立川が流れている。そしてこの山は鈴ヶ岳である。杖立温泉には弘法大師の伝承も残っている。杖と鈴、修行者の姿である(9:45)。

.... 今から約6,000年 前の古代メソポタミアには「トークン」(token)と呼ばれる1~3センチの硬い粘土片があっ た。
押戸石の丘 http://www.geocities.jp/flowercities/oshito/
熊本県阿蘇郡南小国(みなみおぐに)町に「押戸石(押戸ノ石、おしといし、おしとのいし、おしどいし)」と呼ばれる巨石群の丘がある。この丘は、阿蘇が造った自然の美しい造形である。遠くにひろがる景観も美しい。
 巨石群は、その配置から自然に配置されたものである。人工的な列石遺構(ストン・サークル)ではない。
 巨石の表面には無数の亀裂模様や浸食模様が見られる。それらの模様について、南小国町の町づくり課と教育委員会は「巨石群には約4,000年前のシュメル文字がペトログラフ(岩刻文字)として刻まれている」と公表しているが、人為的なペトログラフ(岩刻文字)は、この押戸石の丘のどこにも刻まれていない。
人工的な列石遺構(ストン・サークル)

熊本県阿蘇郡南小国町 の座標(WGS84) 緯度: 33.095822 経度: 131.070748 Google Earthを開く. 地図中央値(WGS84) 緯度: 33度5分44.957秒(33.095822) 経度 : 131度4分14.694秒(131.070748).

地球上の北緯33度近辺には、多数のパワースポットも存在しており(直線的に 並ぶことから地球規模の「レイライン」と呼ぶ人もいるほどだ)、
熊本地震と「北緯33度」の恐ろしい関係! 巨大災害“もうひとつの見方”とは?http://tocana.jp/2016/04/post_9568_entry.html
 気象庁の発表によると、熊本地震の震源地は「北緯32度45.2分、東経130度45.7分」である。その後の余震も、ほほ“北緯33度”近辺で発生している。大分でも地震が増えているが、その震源地も同じく“北緯33度”近辺である。「それが何だ」と思われるかもしれないが、この数字こそ極めて重要であり、地震予知に繋がる可能性が秘められているのだ。

歴史が物語る“北緯33度”の謎
イメージ画像「Thinkstock」より
 カバラ数秘術において、マスターナンバー「11」と「22」を足し合わせた最強の“マジックナンバー”である「33」。実はこの数字は、さまざまな歴史的事象と密接に関係している。聖書によるとイエスは33歳で亡くなったが、彼が修行によって「白く変容した」とされるヘルモン山も北緯33度。さらに、史上最大のUFO事件「ロズウェル事件」が起きたのも、通過中の船舶や飛行機が何の痕跡も残さず消息を絶つという魔の三角海域「バミューダトライアングル」も北緯33度に位置している。
 そして地球上の北緯33度近辺には、多数のパワースポットも存在しており(直線的に並ぶことから地球規模の「レイライン」と呼ぶ人もいるほどだ)、歴史をよく調べてみると、米国が絡むさまざまな争いや大事件が北緯33度近辺で繰り広げられてきたことがわかる。
 たとえば、米国が原爆を投下した長崎。そして米国が軍事介入・内政干渉したイラクの首都バグダッド、リビアの首都トリポリ、シリアの首都ダマスカスなどは、いずれも北緯33度近辺に位置するとともに、多くの古代遺跡を抱えるまさにパワースポットそのものである。そして今回、地震の直撃を受けた熊本もまた北緯33度線上に位置するうえ、“全人類にとってのパワースポット”ともいうべき場所が存在しているのだ。

トラブルなどが起きやすいポイントのようです。
北緯33度付近というのが、世界的にいろいろと事件・事故http://amamin-maumau.jugem.jp/?eid=217
宗教的にも重要な地域が多いですね
仏教では33は聖数とされている
(観音菩薩が33種類に姿を変える説に由来)
・京都には三十三間堂がある
・四国三十三所に参拝をする

ユダヤの秘宝を奉るパワースポット「幣立神宮」http://tocana.jp/2016/04/post_9568_entry_2.html
 熊本の最重要パワースポット、それは知る人ぞ知る「幣立(へいたて)神宮」である。幣立神宮は小さな神社だが、並外れたパワースポットであり、ここを目指してわざわざ海外からもヒーラーや祈祷師がやって来る。というのも、この神社には旧約聖書の『出エジプト記』に登場する古代ユダヤの秘宝「水の玉」が奉納されているのだ。

ちなみに日本列島を護る「三大レイライン」は、一般的には、白山(北陸地方)と剣山(徳島県)と富士山(静岡県・山梨県)をそれぞれ結んだラインとされる。出雲大社、屋久島や宮古島、皇居、そして幣立神宮などの強力なパワースポットは、すべてこのラインの延長線上に位置する。今回の熊本地震によってレイラインの一部がダメージを受け、パワーバランスが崩れた結果なかなか余震が収まらないとしたら、これが日本全国へと広がりを見せる可能性も否定できないだろう。

「33」は セフィロトとパスの 合計数になっているのである。 さらに、これを数秘術「ゲマトリア」で 解釈すれば、33は「 3+3=6」となり、人間の数字「6」となる。
60進法 緯度経度  天忍穂耳(おしほみみ) ミミ33・・・http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/4118
高知市の弥生町 北緯33度33分33秒 東経133度33分33秒、

高知県南国市岡豊町八幡字蔵本 緯度経度:33.599944, 133.628694;
長畝古墳群 - 4~6世紀にかけて同一尾根上にあった古墳群
長畝2号墳は前期古墳で4世紀代の築造http://nangokutosa.blog47.fc2.com/blog-category-89.html

かごめかごめに、隠された暗号はhttp://kimama.komatsu-j.info/?month=201402
エデンの園があったエルサレムからヤハウェの神から東へ行けと言われた古代ユダヤ人一行は、(突如消えた10氏族だと思う)モーゼと共に33度を東へ東へと大陸から九州へそして淡路島へそして四国へ来たと思われる。
そして四国へ来たと思われる。一部の種族は東の果て伊勢まで行ったと推測されます。

レバノンという場所はもともと、フェニキア人という人たちがいたところのようで、この「フェニキア」という言葉と、米国の「フェニックス」という地名が関係しているのだそう。
米国のフェニックスも 33度線上にあります。
この「 33」の数字の意味は、フリーメーソンの階級の中で最も高い階層を示す。
これは 11と 22を足したものであり、そして、宇宙とスピリチュアルの王が満たされている「ダンテの神曲」の数でもある。

北米大陸上の 33度線にアリゾナ州フェニックスがあることも重要なのだという。その人物によれば、フェニックスはレバノンや古代のフェニキア人と繋がっているのだという。

フリーメイソンと高知に導かれて Google Earth 上で北緯 33度の旅をするhttp://oka-jp.seesaa.net/article/288937677.html
北緯33度線は、日本を起点にすると、四国の高知、九州の長崎を通り、中国大陸を横断。その後、パキスタン、イラク、シリア、リビア、レバノンなどを通り、大西洋の上を通ってアメリカのサウスカロライナ州から、西のロサンゼルスのあたりに抜けて太平洋に至り、そこからまた四国に戻るラインです。

このあたりは記事の一番下に、Google Earth での図を載せておきます。
途中、バミューダ海域なんてのも通過していて、なかなか興味深いです。

「33」はセフィロトとパスの 合計数になっているのである。 さらに、これを数秘術「ゲマトリア」で解釈すれば、33は「 3+3=6」となり、人間の数字「6」となる。
観音菩薩の化身の数「33」には、何か意味があるのだろうか。
単純に考えると、3+3=「6」で、「反キリスト」を暗示する。
と言っても、カバラでは、「6」そのものは「地球」または「人間」を指す。

イエスは33年生きることによって、この世の数字を体現したのである。
言い換えれば、人間の数字「3+3=6」が示すように、絶対神であるヤハウェは受肉して、人間として誕生し、人間として死んだことを意味する……』

これは、単なる偶然ではない。
理由を話せば長くなり、テーマから外れるので機を譲るが、「33」という数字がキーワードになっている。
これは恐らく偶然だと思うが、ソロビヨフが予言した反キリストは、「33歳」で表舞台に登場するという。

耳(みみ)
天照大神の子の天忍穂耳(おしほみみ)尊は日高見国を都とする。http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/blog-entry-320.html
瓊瓊杵(ににぎ)尊のにに・・・22?
東と西の葛藤は「22」の山富士に影響する。
22和合

大坂城はcross22の「藤原氏R369ライン」にある。
369・・・ミロク

この369ですが、、、 日本の古神道の数霊盤に、九次魔方陣( 81の数霊盤)と言うのがあります。http://on-linetrpgsite.sakura.ne.jp/column/post_98.html
?396ヘルツ・・・罪・トラウマ・恐怖からの解放
九次魔方陣において、縦・横・斜め・何処を足しても、合計が369になります。

どんな数でも、3で割り切れる数字ならば、数の立体化を何度か繰り返せば、必ず、最後には、153という三角数の特殊数字に行きつく事になります。
なお、153という数を立体化すると、元の153に戻ります。
数を立体化
無理数と三進法で構成される物質の構成
1 ピラミッドの単位は、√2:√2:√3 の直方体http://link21.web.fc2.com/space/005.html
現代科学は、ピラミッドの構造を、キュービットという単位で構成された立方体であると説明しています。1キュービットは、0.5236mの立方体で、辺に440キュービット、280キュービットの高さで四角錐ということになっています。
?④ √1:√1:√2の場合 50.81度
?⑤ √2:√2:√3の場合 54.65度

バビロニアの60進法が世界的に普及し、天文学などにも使われるようになった。時刻で時より小さい単位(分、秒)や、緯度・経度などの度数法で度より小さい単位(分、秒)が60進法となっているのは、この影響である。
60進法http://www.wdic.org/w/SCI/60%E9%80%B2%E6%B3%95
十干も十二支も一つずつ順番に増やして組み合わせるため、もって発生しない組み合わせが生じる。都合、実は60種類しかないため、これは60進法となる。

地球儀の多面体展開図が掲載されていたので、 これから時間のあるときに作ってみたいと思います。今日は正八面体です。
多面体の地球儀http://www.red.oit-net.jp/tessy/tamentaiearth.html

12と60の比は1:5であり、この3 角形の面積は6である。 □多面体の中でも最も空間対称性が高い ...
多面体の上に3、4、5を見るhttp://metalogue.jugem.jp/?eid=1443
古代エジプト人は等間隔に13個の結び目をつけたロープを使って辺長比3:4:5の直角3角形を作り、それを用いて測地していたというエピソードによる。

1角形・2角形は存在しないし、1つの点に1本・2本の線が集まっても面は作れない。また面の形が正6角形だと正6角形で埋め尽くされる平面となって立体にはなり得ないし、1つの点に6本の線が集まると同様に正3角形で埋め尽くされる平面になってしまう。つまり3-4-5しかあり得ないのである。

345は日月神示に出てきます。 日月神示では、 「三四五」と書いて「 みよいず」と読みます。http://www5d.biglobe.ne.jp/~rosier/Amk_Mgk/ams-543rev.html
秘数345は、悪魔によって統治された大地の上に、天へのベクトルを示す直角を措定 する(これをラームの秘儀、或はエジプトの建師の秘儀と呼ぶ)。これにより、ヨハネが宣べた天と地を繋ぐ直きパイプ、即 ち、上下一如の道が私たちの世界に切り拓かれ、而して秘数543の術式の実現に向けた礎が準備される。

「 みよいず」
ひふみ神示の予言http://shimo933.p-kit.com/isuraeru-yudayajinn.html
ミヨイズから ミロクの世界が開ける。

ミューズのお話http://www.asahi-net.or.jp/~nr8c-ab/afgrmusa.htm
ミューズは古代ギリシア・ローマの文芸・音楽・天文などの知的な活動を司る9人の女神のことをいいます。
ムーサイが歌うと天や星など万物が立ち止まったといいます。
ウラニア
六分儀座の六分儀
9柱のムーサたちのうち、「占星術」と「天文」を司る。表される際の持ち物は杖とコンパス 、天球儀などである。また、星座の一つである六分儀座の六分儀も本来は彼女の持ち物 であると言う。
ウーラニアー - Wikipedia
ウラナイの語
天王星=天皇星で、女性の天皇制のウラノス、 ウラニアで、天空の支配者、天文学の神さ。http://www42.tok2.com/home/nikorao/tokepe/syuku.htm
108足は十二宮の一宮は9足だが、27宿の一宿が4足とすると、9÷4=2・・・1で、一宮には二宿収まるが他の一宿は、はみ出して他の一宮にダブルことになる。
9足  4足・・・36
オリエント数秘術http://www.orient-numerology.com/introduction.html
ピュタゴラスが起源ではないかと言い伝えられる数秘術「アリスモロジー」・ユダヤ神秘主義思想カバラのゲマトリアから生み出された「カバラ数秘術」・アーユルヴェーダの概念に基づいた「インド数霊術」・日本においては原始神道の時代から存在する「言霊と数霊」・アメリカで19世紀末頃に生み出された「モダンヌメロロジー」・・・など、古代から現代、世界中の様々な地域で「数」の中に何かしらの力が存在すると信じられてきました。そして、賢人たちは、宿命・運命を読み解くのに「数の秩序と意味」を研究し、解読してきました。
36は、じつは8番目の三角数である(1+2+3+4+5+6+7+8=36)。三角数が、聖書においていかに重要な意味を持っているかがわかるであろう。
 36はまた、数学的完全数6を二回かけたものでもある(6×6=36)。36は、神的な聖数なのである。それは、これから見ていくように三位一体神を表す聖数である。
 36はまた、3で割り切れる数であるから、各桁の数字を3乗してたすという先に述べた作業を繰り返せば、やはり153に帰結する。

神と立方体
 36は、
  36=(1の3乗)+(2の3乗)+(3の3乗)
 であり、神の第1位格、第2位格、第3位格を合わせた三位一体神を象徴すると述べたが、なぜ「3乗」なのか。
 立方体の体積を計算するとき、私たちは一辺の長さを3乗する。
 空間は、縦と横と高さとから成る。縦と横と高さは、別のものではあっても、決して切り離せない一体のものである。同様に、三位の神――御父・御子・御霊は、互いに区別されるが、一体のおかたである。
 聖書では、立方体は神の神殿と深くかかわっている。幕屋、および神殿において、その至聖所は立方体であった。
 立方体は、じつは神的な御臨在を象徴する形である。神が立方体をしているという意味ではない。神は形なきおかたである。しかし霊的な意味で、立方体は神の御臨在を象徴する。

ユダヤの幕屋の至聖所は、立方体をしていた。幅も奥行きも高さも10キュビトの立方体であった(出エ26・31~35)。したがってその容積は、10の3乗立方キュビトであった。
幕屋の至聖所(立方体)の容積
   =10の3乗立方キュビト

10は、先ほど述べたように、言わば二重の意味の三角数である。10の3乗は、非常に神的な数なのである。
 その後、ソロモン王の時代になって、ソロモンは幕屋の形をもとに、それをさらに大規模にした神殿を建造した。その至聖所の内部も立方体であったが、神殿全体では、次のような寸法であった。
 「ソロモン王が主のために建設した神殿は、長さ60キュビト、幅20キュビト、高さ30キュビトであった」(Ⅰ列王6・2)。
 したがって、その総容積は、

60×20×30=36,000
=  36   ×10の3乗
=(1の3乗+2の3乗+3の3乗)×10の3乗

 となる。これは、御子・御父・御霊を表す1、2、3のそれぞれを3乗した数の合計である「36」と、幕屋の至聖所の容積――「10の3乗」とを、かけ合わせたものとなっている。
 36は三位一体の数、一方、10の3乗は至聖所の立方体に見られる神的な数である。
 そしてこの3万6000立方キュビトという総容積も、3で割り切れる数であるから、各桁の数字の3乗をたすというあの作業を繰り返せば、やはり153に帰結するのである。

聖数36の意味
 36の意味を、もう少し詳しく見てみよう。
 聖書は、キリスト再臨の後、千年王国があり、そののち古い天地は過ぎ去って新天新地が創造されると、記している。この新天新地の中心は、神の住む「新エルサレム」である。
 新エルサレムは、幕屋や神殿にあった至聖所と同じく、立方体の形をしている。ただし、巨大な立方体である。
 「都は四角で、その長さと幅は同じである。彼がそのさおで都を計ると、1万2000スタディオンあった。長さも幅も高さも同じである」(黙示21・16)。
 新エルサレムは「長さも幅も高さも同じ」であり、1万2000スタディオンずつの立方体なのである。その容積を計算してみると、それはやはり36の倍数である。
12000×12000×12000
=1,728,000,000,000
=36×48×1,000,000,000

新エルサレムは、新天新地における生ける「祭壇」なのである。
 その数値1728は、やはり3で割り切れる数であるから、各桁の数字を3乗してたすというあの作業を繰り返して施すと、153に帰結する。
 このように、三位一体聖数36と、イエスの数8は、神的なものに深くかかわっている。
 また、「エルサレム」のギリシャ語ゲマトリアは36×24である。これは、36×(8+8+8)とも書き表せる。
 「聖徒たち」のゲマトリアも、36×24、または36×(8+8+8)と書き表せる。

フリーメイソン33階位のうえにイルミナテイ13階位が あります。フリーメーソンの階級
階級33  Grand Inspector General (最高大総監)
33階級は、ロイヤルファミリー、ロスチャイルド家、ロックフェラー家、モルガン家、メロン家、デュポン家、オッペンハイマー家、ハリマン家、サッスーン家、ワールブルグ家、ドレフュス家、カーネギー家、ケネディ家、オナシス家、フォード家、フォーブス家、モービル家、イートン家など、王家や世界の政治経済を動かしている名門財閥から選ばれます。
フリーメーソンとは何か  まとめ
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/770.html

(水瓶座の時代)  http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/769.html
西洋文明の根幹に、天文学、及び占星術があり、地球の歳差運動の周期が25800年であることが紀元前より知られており、黄道12星座の12で割ると、一つの星座に割り当てられる時間が2150年となり、これを西洋文明では、Age(時代)と呼びます。
そして、春分の日にどの(星座)位置から太陽が昇ってくるかと言うのが春分点で、春分点はこの2150年という長い期間をかけて、黄道十二宮の星座を西回りに、ゆっくりと移動します。 実は、牡牛座の時代BC4300~BC2150(シュメール文明など)→羊座の時代BC2150~AD0(ユダヤ文明)→魚座の時代AD0~AD2150年(キリスト文明)→水瓶座の時代AD2150~AD4300(フリーメーソン思想的文明)と時代は区分されており、信心している人には申し訳ないのですが、キリスト教もフリーメーソンも、その星座にまつわる占星術の話に、話を合わせているに過ぎないのです。
フリーメーソン-126  フリーメーソンとは何か-1 (天文学的考察)
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/720.html
牡牛座は農耕・光・忍耐の象徴で、守護星は金星。  シュメール時代に太陽の春分点は牡牛座にあり、世界で最初に農業が営まれ、牛を家畜化したのはシュメール文明で、シュメールの最高神アンは、二本の牛の角を持っており、これがパレスチナ(フェニキア)やインドに伝わり牛は神聖なものとなりました。
シュメール文明の栄えたウルの地に生まれた、アブラハムは神からの啓示を受けて、約束の地カナン(イスラエル)に向かい、そこからイスラエル人(ユダヤ人)がカナンの地に入植してゆきますが、もともとカナンの地に住んでいたのは、海洋民族のフェニキア人で、ローマ帝国と戦ったカルタゴは、フェニキアの植民地です。
カナンの地で、農業を学んだイスラエル人は、フェニキアに同化し、バール神をも信仰しており、古代イスラエル教は、一神教ではなく、多数の神様の中からひとつを拝むという拝一神教でありました。 しかしながら、モーゼの時代に強烈な一神教となってゆくユダヤ教では、牛の角の生えたバール神を悪魔に仕立て上げ、それから西洋では悪魔は2本の角を持つようになりました。 それが日本にも伝わり、鬼や地獄の番人である牛頭は、2本の角を有しています。
モーゼがシナイ山に登り、神から十戒を授けられたとき、山から下りると人々が黄金の子牛をつくり、偶像崇拝しているのを見て、黄金の子牛を叩き壊しますが、これはまさしく牡牛の時代から、ユダヤのシンボルである、牡牛の時代から決別し、羊の時代に入った事を象徴するものであります。
牡羊座は、決断・革新、イスラエルの象徴で、その守護星は火星。 牡羊座は、シュメール語の星座名では 「Lu Hunga」 で、雇われる人、また従順な人を意味し、宗教的な時代ともいえます。 イエスキリストもユダヤ人ですが、神の従順な子羊であり、またキリスト教信者も子羊にたとえられ、何かと羊という言葉がでてきます。 AD13年にシリアで鋳造された
コインには、表面に王を表すギリシア神話のゼウス、裏面には12星座の羊が空を飛びながら
東方に輝く星を振り返っている様子が描かれていました。 古代の星座は、特定の地域も表しており、牡羊座は、「イスラエル地方」を表しています。
魚座は情緒・自己犠牲・償いの象徴で、守護星は木星。 最後の晩餐、ユダの裏切り、十字架という魚座の自己犠牲でクライマックスを迎えますが、イエスは3日後に復活するので、終わりであると当時に始まりでもあります。  新約聖書を読むと、やたらと2匹の魚がでてきます、例えばガリラヤ湖での2人の漁師ペトロとアンデレの話、また2匹の魚と5つのパンで5000人の人々を満腹にさせた奇跡、etc.

パンと魚の増加教会
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/415.html

古代では自然発生的に、太陽信仰が起こり、広く普及したものエジプトのホルス神があり、フリーメーソンのシンボルマークの真実を見通す目も 「ホルスの目」 であります。
全てを見通す目
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/589.html
ホルスの目
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/590.html
実はこのホルス神とイエスキリストの話は良く似ています。
ホルスは12月25日に生まれましたが、母親は処女のイシス。 誕生のさい東の星が現れ、三人の王がその星をめぐり誕生した救世主に贈り物を捧げました。  12歳で天才少年教師と呼ばれ、30歳でアナプという存在に洗礼され牧師として活動を始め、ホルスは12の使徒と共に旅をし、病を治し水の上を歩いたりなどの奇跡を行い、ホルスは様々な別名で呼ばれました。   例えば「真実」「光」「祝福されし神の子」「良い羊飼い」「神の子羊」などであります。  テュフォンに裏切られたホルスは十字架に掛けられ三日の間、理葬され、そして復活します。
一方、イエス・キリストは処女マリアから12月25日、ベツレヘムで生まれ、東の星が彼の誕生を示し、三人の王がその星をめぐり、誕生した救い主を見つけ出し贈り物を捧げました。 12歳で教師となり、30歳でヨハネに洗礼され、彼の牧師活動が始まりますが、イエスは12の使徒と共に旅をし、病を癒し水の上を歩き、死者を蘇らせるなどの奇跡を行いました。  彼の別名は「王の中の王」「神の子」「世の光」「アルファとオメガ」「神の子羊」などなどであります。  そして、ユダに裏切られ、十字架に掛けられて、墓に入れられ三日後に復活し天に昇ります。
また、ローマ帝国でキリスト教が国教と認められる以前に、広く普及していたのがミトラス教で、ここで、キリスト教について、我々が理解しておかなければならないのは、聖書はイエスキリストの弟子たちが書いたもので、その後の教義やキリスト教文化というものは、ローマ帝国が帝国内の人々を支配するための道具に、イエスキリストを利用したものであります。
ディオクレティアヌス帝のキリスト教迫害命令から、わずか10年後のAD313年に、コンスタンティヌス帝が「ミラノ勅令」を出して、キリスト教を公認しました。  この背景には、ローマ帝国の政治的腐敗に嫌気がさしていたローマ市民にとっては、ローマ帝国がキリスト教徒を迫害すればするほど、彼らに同情し、キリスト教徒は増加し、もはやキリスト教徒を敵に回しては、ローマ帝国を治めることが出来なくなっていたからです。
しかしながら、キリスト教が認められる前に、広範に流布した宗教はミトラス教で、キリスト教とローマ帝国の国教の地位を争ったほど優勢な宗教であった為、まだ信者が多く、ローマ帝国が人々を治めるには、従来から続いてきたミトラス教の風習も大事に受け継ぐ必要がありました。  彼らは、太陽信仰をしており、冬至を大々的に祝う風習があり、ゾロアスター教の大天使・ミトラの誕生日である12月25日にお祭りをしていたため、これをやめるわけにはいきませんでした。
そして、ミトラス教とイエスキリストの教えは融合されてゆき、イエスキリストの誕生日は12月25日と決めたのは、コンスタンティヌス大帝で、彼自身がキリスト教に改宗したのは、死の直前で、それまでは、ミトラス教信者で、ミトラ神の誕生日の12月25日を、イエスキリストの誕生日にしたのです。
それでは、西洋における古代の太陽信仰に於いて、ホルス、ミトラ、イエスなど太陽神の誕生日が12月25日なのかと言えば、ご存知のように、太陽は東から上り、西へと沈みますが、その高度は夏に高く、冬は低くなり、冬至で太陽の南中高度は最も低くなり、1年の中で昼は最も短くなり、夜が最も長くなります。
そして不思議なことに、12月22日、23日、24日と3日間、一番低い位置で留まり、25日からまた太陽の位置は高くなっていきます。  すなわち、これが太陽の死と復活で、世界各地にある太陽信仰の神話のモデルとなっています。  また、この太陽が死ぬとされた3日間は、太陽は南十字星の近くに位置し、これがキリストの死と十字架を結びつけるものとなっています。

さらに、クリスマスツリーの頂上に輝く大きな星があると思いますが、それはベツレヘムの星で、キリストが誕生の時に輝いていた星で、東方の三博士がこのベツレヘムの星をみて、ユダヤの王となる赤ん坊をエルサレム、さらにベツレヘムにまで、イエスキリストを礼拝しにやってきました。
冬の空で、目立つ大きな星座はオリオン座ですが、オリオン座にある三つの星は明るいことから、昔から三人の王と呼ばれており、この三つの星を直線で結んだところに、おおいぬ座で、大きく光る星シリウスがあります。  さらにこの直線を延ばし、地球の地平線と交錯する位置(南東方面)から、12月25日に太陽は昇ります。  すなわち、ベツレヘムの星(シリウス)に案内されて、東方の三博士(オリオン座の三人の王)がやってきたのが、キリストが誕生する(太陽が昇る)場所、ベツレヘムであったと言う事です。  これが、太陽信仰を行う西洋の各地で、太陽神が25日に誕生する物語になっており、後からイエスキリストも12月25日に誕生したと決められたのです。
そうして、春分点(春分の日に太陽が昇る位置)が双魚座の位置にくる紀元0年頃に、魚のシンボルであるイエスキリストは誕生するのです。
今日ではジーザス・フィッシュ(Jesus Fish)やクリスチャン・フィッシュ(Christian Fish)とも呼ばれているイクトゥス ( ichthys ichtus ΙΧΘΥΣ ) は、一筆書きで書いたような、魚を横から見た形に描いたシンボルですが、これを初期のキリスト教徒は、隠れシンボルとして用いました。

西洋文明の根幹には天文学、占星術があると前述しましたが、彼らが2000年で一つの時代が終わる終末思想的なことを考えたり、無意識のうちに、それに合わす様な行動をとってきているように思います。  我々日本人も、8月15日のお盆モードの行動、年末になるとソワソワし、お正月を迎える行動を自然と取ってしまうように、それぞれの地域の、永い文化・文明がDNAに刷り込まれた、人々の行動は、そう簡単に変えられるものではありません。
私は、約2000年の魚座の時代が約8割過ぎた17世紀に、水瓶座の象徴である自由・平等・博愛をうたうフリーメーソン活動が起こったのは、天文学・占星術の水瓶座の到来を意識していたからでないかと思うのであります、何故ならば牡牛→牡羊→双魚→水瓶と、前述したようにあまりに一致を見るからであります。
それでは、AD2150年から始まる水瓶座の時代に向けて、何が起ころうとしているのでしょうか。
宗教的には、ユダヤ、キリスト、イスラム教のような一神教同士の戦いは終焉し、この世界を創造した神の存在は認めるものの、どの宗教を信じても会員となれるフリーメーソン的なものになってゆくと思います。 ある意味で、既に聖徳太子が6世紀に 「神仏儒習合思想」 を確立し、物部神道vs蘇我仏教の宗教戦争を激化させず、宗教のみならず文化・文明も、世界から良いものは何でも取り入れてゆき、争いを避け、発展してゆく日本的なものに、世界はなってゆく様に思います。  もし、そうなれば、聖徳太子の偉大さに敬意を表するばかりであります。
思想的には、自由・平等・博愛がベースとなり、人に対してだけではなく、あらゆる生き物や環境、また地球・宇宙に対しても、優しく接してゆく文明人的な行動が要求される時代になると思います。
今年の6月に、東京大学の鉄門ホールで、日欧科学技術交流の会議があり、EU政府からも大臣が出席され、欧州の大学・企業関係者、また日本の政府関係者、企業関係者が集まりましたが、そこで東京大学の小宮山総長のスピーチで、今からの時代は、人は世界的に老齢化が進み、貧困問題も抱えており、地球は環境ダメージを強く受けており、弱者に対し優しくいたわりを持つ時代に世界中を変えていかなければいけないとのお話があり、会場から大きな拍手が沸き起こりました。
日本のアホ政治家やメディア関係者を見ていると、絶望的な気分にさせられますが、このように世界の指導者的な存在の方々が、こういう意見を持ってくれている事に安心させられました。  我々日本人も、もっと積極的に慈善活動に取り組み、科学者も世界の貧困問題、環境問題、老齢化問題を解決するような研究に取り組んでゆかねばならないと思います。
昨今、サブプライムローン問題で、毎日のように報道がありますが、世界はサブプライムばかりではなく、欧米では水をキーワードとしたビジネスに積極的に取り組み、成功をおさめています。
環境問題から飲料水を以下に確保するかという事で、一国の水道事業を買収し、水支配をしようとしたり、ウォーターファンドと呼ばれる、水関連企業を集めた金融商品を創り、成功しています。   昨年、JPモルガンがイギリスのサザンウォーター水道事業を1兆円で買収したのも記憶に新しいところです。
ボサッとしていると、政治的に水道事業を民営化させられ、日本の水道事業を欧米の金融機関が買収し、戦争をしなくとも、日本は完全に欧米資本家の支配下に置かれ、1億総奴隷になる日が来るやとも知れず、この水事業、水環境問題にはもっと積極的に取り組む必要があるでしょう。

占星術で水瓶座のキーワードは、フリーメーソンと同じ 「自由」 「平等」 「博愛」。

そして、水瓶座は革命と独立をシンボルとする、天王星を守護星として持っており、既存の価値観から解放され、新しい価値観を構築して行く時代であります。
 
 

鹿島香取神社レイライン

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2017年 6月18日(日)10時41分48秒
返信・引用
  南端、平和之塔が建造されている喜屋式岬から淡路島の 神籬石を通過する直線を引くと、北方は青森県八戸市の北部の太平洋岸沿い にあたります。
ストーンサークルにもレイラインが存在するか http://www.historyjp.com/article.asp?kiji=202

実際、東北地方より以北では、青森の八戸以外に古代レイラインの拠点を見出すことは 難しく、関東周辺でもごく僅かしか存在しません。それだけに関東以北の拠点は、ひと際 目立った存在ともなります。
鹿島神宮のレイライン http://www.historyjp.com/article.asp?kiji=218
淡路島から南は沖縄、北は八戸と一直線に引かれています。
レイライン上の地は昔から栄えてきたとか・・・・

十和田湖の東、青森県新郷村に「大石神ピラミッド」というパワースポットがある。大湯 環状列石・黒又山・大石神ピラミッド、これらの遺跡を結び「北東北のレイライン」と呼ぶ 動きもある。いずれも古代の巨石信仰、あるいは太陽に密接に繋がった ...
「北東北のレイライン」、「大石神ピラミッド」と「大湯環状列石」http://mnsatlas.com/?p=15780
大石神を成す巨石群は主に、太陽を礼拝したとされる「太陽石」、正しく東西南北を示す「方位石」、星の位置を記録した「星座石 」、そして古代文字が書かれた「鏡石」といったラインナップ。これら巨石は同じ組成の石が付近に存在せず、人為的に持ち込まれたものとされる。一番近い物でも100km以上離れた青森県の日本海側から運ばれたというから驚きである。

大湯環状列石は、秋田県鹿角市にある縄文時代後期(約4,000年前)の遺跡です。http://www.ink.or.jp/~oyusc/
遺跡の中心には万座・野中堂のふたつの環状列石があり、石の下にはお墓とみられる穴が見つかっています。
また、環状列石のまわりにはたくさんの貯蔵穴や柱穴などが見つかっています。
遺跡からは土器や土偶、鐸型土製品などがたくさん出土しており、祈りとマツリの場であると考えられています。

大湯環状列石http://earthjp.net/mercury/1103080002.html
北緯40.2716344264365
東経140.804014170509

印波の古墳の謎 Ⅱhttp://www013.upp.so-net.ne.jp/nrtcycle/soukou/soukou15.html
代々の印波国造の墓と推定されている瓢塚、天王塚、浅間山、舟塚、岩屋の5つの古墳に龍角寺、麻方神社の伊都許利命(いつこりのみこと)古墳、上福田岩屋古墳を加えた
8つの地点に地図上で縦線を引くと、この縦線が等間隔に並び、舟塚古墳と伊都許利命古墳は横線上に並んでいる
という発見を前回紹介しました。しかし、この謎を解く糸口として「光」が関係するような気がするものの、結局謎は解けませんでした。略図にすると以下のようになります。

「古代人類は太陽の位置で狩・農耕生活のリズムを保ち、種々の日時計を創り出した。現代の都市生活で、古代人の知恵をしのび、しばし地球と太陽の関わりに思いをよせるのも愉しいことであろう。」
太陽の位置

八角墳や八角形の建物がつくられた 理由は? ... 明日香村の野口王墓(天武持統陵)など八角墳もたくさんあります。 ..... https://oshiete.goo.ne.jp/qa/4444128.html
法隆寺の夢殿は八角円堂、
奈良の西大寺の東塔の跡の基壇は四角ですが、称徳天皇は八角七重塔を建てるつもりだったようです。
(何かの祟りでダメになったそうです。)
京都吉田神社の斎場所大元宮は八角形の本殿に六角の後房を付けた建物ですね。
明日香村の野口王墓(天武持統陵)など八角墳もたくさんあります。

天皇陵に限っては、前方後円形から大型方墳に変わり、次に八角墳が採用されることに なる。 ..... http://8220.teacup.com/toraijin/bbs/mobile/index/detail/comm_id/2973/?fontsize=1&reverse=0&TEACUPRBBS=02b5381024cd398b2fe29893ab7b715a
八柱神
世界の始まりについては、大きく分けて二通りあり、ヌンが関係するのはヘルモポリス系 の創世神話である。ヌンを含む最初の神々が八柱神オグドアドとして世界の始まりを 作ったという。http://www.moonover.jp/bekkan/god/nun.htm

オグドアド8神=欠史八代→八咫烏(弓弦羽神社) =トート(数体のアバターを持つ弁財天マリアリス)米栽培タイタンボhttp://ameblo.jp/noaky0504/entry-12074468459.html
8柱の神々は、四つの男女の一対で構成されていた。すなわち、ヌンとナウネト、隠されたもの→天アメンと海アマウネト、九九81ククと十カウケト九十九、ニニ

4匹の蛇と4匹の蛙から成り立つユニットで、蛇/女性と、蛙/男性が、それぞれ一匹ずつペアになり4組の夫婦を構成している。基本的に概念の神格化なのだが、中には後世までシッカリ信仰されて、人間の姿をとるようになった者もいる。ペアは以下のとおり。このうち上位の4組がよく出てくる8柱だが、下の二組が入れ替わりで入っている場合もある。http://www.moonover.jp/bekkan/god/ogdoad.htm
オグドアドは消極的でマイナスな属性をもつ神々のため、太陽の照らす普段の世界では、あまり活動しない。姿がハッキリと描かれることも少ない。西の地で眠りにつきつつ、世界の再生周期を待っており、世界が滅びたら、また太陽の卵を作って再生させる、ということになっている。現在は眠っている彼らを起こしに行くのは、時の主人であり、ヘルモポリスの館主であるトト神とされることもあれば、テーベの主であるアメン神とされることもある。

暦前8世紀の信仰のないイスラエルに対してホセアが述べた,「エジプトが彼らを集め寄せる。メンフィスが彼らを葬る」という趣旨の預言には,多分,メンフィスが王家の埋葬地として目立っていたことが反映されていると思われます。(ホセ 9:6)メンフィスに近いサッカラで発見されたピラミッドの中に,ジョセル王(「第3王朝」)によって建設された階段式ピラミッドがありますが,これは知られている中で最古の自立する石の建造物であると考えられています。メンフィスのさらに西北西には,はるかに印象的なギザのピラミッドと大スフィンクスがあります。今日では,これらの石の墓や同様の建造物がメンフィスの過ぎ去った宗教上の栄光を示す遺物のすべてです。予告されていたように,この都市は「ただの驚きの的」となってしまいました。―エレ 46:19。

、「彦山開山伝説」には摩訶陀国 にいた権現が中国天台山から海を .... http://www.historyjp.com/article.asp?kiji=216

熊野のレイライン Part.II 大陸に由来する熊野の神々から古来の信仰を学ぶhttp://www.nihoncity.com/journal/main/journal_main_140419.asp

熊野神社古墳
府中の熊野神社古墳や天文台古墳は、上円下方墳という型で、これもまた珍しい。http://hiro00.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-2b69.html
珍しい古墳が集まっているって事は、それなりの力を持っていた集団が住んでいたって事だろーな。

八角墳
吉田古墳 (よしだこふん)は、茨城県水戸市元吉田町にある八角墳。別名「吉田1号墳」。全国で唯一、石室に線刻壁画を有する多角形墳(八角墳)である[1]。
吉田古墳https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E7%94%B0%E5%8F%A4%E5%A2%B3
佐々木氏は,伝路という用語を用いられていない が,平津駅家と那賀郡衙である台渡里廃寺跡を連絡する道を指している点で木下氏の 想定されている伝路と同じものと考えられる。 ...
北緯36.358714
東経140.475082

北緯:36.3891
東経140.475983
鹿島香取神社(水戸市) http://dizzymoon666.blogspot.jp/2016/05/blog-post_24.html
御祭神は鹿島の大神である武甕槌命、香取の大神である経津主命を祀っています。
御由緒として、創建年代は明らかではないとのことですが、皇紀七百四十二年(西暦82年)、日本武尊の東征の折に、青柳の地に鹿島香取の二神を奉斎し戦勝を祈念したと伝わっています。
大同二年(807)、社殿を改築し鹿島香取大神社と報称、鎮祭の儀を行います。
時代が下り大掾国香が水戸城築城にあたり、城の乾位に当たるということで国家安泰、居城安全の守護神として毎年奉斎したとの事です。後に水戸を治めた佐竹氏もまた同じように篤く崇敬します。
康平三年(1060)には源頼義が奥州征討の道すがらに戦勝を祈願し神器神宝を寄進しています。

北緯35.893694,
東経140.472833
玉造古墳群http://www.isekiwalker.com/iseki/349097/

古墳の分布・・・・・台地上の古墳は「山辺古墳群」「玉造古墳群」「大戸白幡古墳群」「 香取の神道山古墳群」鴇崎天神台古墳群」が知られている。また低地部には「仁井宿 古墳群(仮称)」「津宮古墳群」「森戸の大法寺古墳」等が知られている。

佐原市内の古墳http://www17.tok2.com/home/a6m2/meisyo/sonota/sa_kohun.htm
古墳とは4世紀初頭から7世紀末にかけて作られた墳墓の総称である。土を盛ったり台地を削り出して墳丘をなしており、上から見た形で「前方後円墳」「円墳」等に区別される。また、山や台地の斜面に横穴を掘り墓室とした「横穴」と呼ばれる古墳もある。
佐原市内には344基の古墳が確認されている。(平成2年の調査) この数は香取郡市では1位、千葉県内では11位である。前方後円墳の数では、県内2位の37基が確認されている。千葉県では栄町の「龍角寺古墳群」や芝山町の「芝山古墳群」が有名だが、佐原も意外に健闘しているといえよう。
古墳の分布・・・・・台地上の古墳は「山辺古墳群」「玉造古墳群」「大戸白幡古墳群」「香取の神道山古墳群」鴇崎天神台古墳群」が知られている。また低地部には「仁井宿古墳群(仮称)」「津宮古墳群」「森戸の大法寺古墳」等が知られている。従来、佐原周辺の低地はかつては海であり遺跡は存在しないと考えられてたが、これら低地の古墳はその説を否定する材料となっている。また、横穴として「関横穴群」や消失してしまった篠原の「石比地横穴」が知られる。
佐原最大の古墳・・・・・仁井宿の浅間神社古墳がそれである。全長70mを誇る前方後円墳は意外にも市街地の低地に存在する。その名から判るとおり後円部には浅間神社、前方部にも社が鎮座ましましている。そのため地形が変わってしまい、墳丘の美しさが失われてしまったのは残念。墳丘そのものや周囲も木々が生い茂っていてこれが古墳だと気付く人は少ない。

北緯 40.35-40度
東経 140.47-57度
十和田八幡平国立公園八甲田山系高田大岳東斜面と赤倉岳西斜面に位置する(北緯 40.35-40度、東経 140.47-57度)。http://www.jalter.org/modules/about/index.php?content_id=74

三内丸山遺跡(青森市)や二ツ森 貝塚、是川遺跡https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1451845484?__ysp=5Y2B5ZKM55Sw5YWr5bmh5bmz5Zu956uL5YWs5ZyS5YWr55Sy55Sw5bGxICDpgbrot6E%3D

是川(これかわ)遺跡は、八戸市の南東部、新井田(にいだ)川沿いの台地に 広がる縄文時代の遺跡です。http://www.city.hachinohe.aomori.jp/index.cfm/12,69657,129,63,html

666
八戸市風張1遺跡から出土した縄文時代後期後半の遺物666点が、 縄文時代晩期の是川遺跡に代表される亀ヶ岡文化の形成を考えるうえで、極めて貴重 な学術資料として、国の重要文化財に指定された。
国宝「合掌土偶」 http://www.city.hachinohe.aomori.jp/index.cfm/12,21230,43,153,html
調査の結果、縄文時代の早期・中期・後期、弥生時代、奈良時代、平安時代の遺構・遺物を数多く検出している。本遺跡の特徴は、縄文時代後期後半の大規模な環状集落(二つの土坑墓群を取り囲むように土坑群・掘立柱建物跡群・住居群が同心円状に構築されている)が構成され、縄文後期の拠点的集落であること、遺物は住居内から完全な形のものが数多く出土し、縄文時代後期後半の集落構造や編年を考える上でも貴重な資料である。
第15号竪穴住居跡出土土器、土偶の形態からみて、縄文時代後期後半(約3,500年前頃)のものである。
 

・・

 投稿者:かぐ山のはなこ  投稿日:2017年 6月 9日(金)08時36分17秒
返信・引用
  ・・八咫烏とりなして
Mallarme,Poe,Baudelaireの睦みあう森でしょう。


 糺の森ハ
 

ただすのモレア  アモリ人

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2017年 6月 8日(木)09時01分48秒
返信・引用
  糺の森(ただすのもり、糺ノ森とも表記)は、京都市左京区の賀茂御祖神社(下鴨神社) の境内にある社叢林である。
切芝:糺の森のほぼ中心に位置する、古くよりの祭場。後述する切芝神事の場。

会長の妻も糺の森の氏子家系。http://jfcoach.blog49.fc2.com/blog-entry-287.html
みたらし池

オランダ東インド会社に代表される御指摘の一族は、世界を一つの国家とするという千年王国の復活を理想としております。この勢力と獣道の衆が合同していったのは、ある意味一つの必然と言えるのでは、と考えます。この獣道の衆は、その後も時代の変遷に伴い、その都度利益本位の行動をとり続けておるとの認識です。

バプテスマのヨハネは神の国の到来を 迎える準備として、ユダヤ人にも他の者にも共に全身浴=浸礼によって洗礼を授けまし た。
「禊ぎ(ミソギ)、灌頂(カンジョウ)、洗礼」
「清い手」という言葉で私たち日本人が思いつくのは、神社にお詣りした時に手を洗い清めるという習慣です。
どこの神社へ行っても「御手洗(ミタライ、あるいは ミタラシ)」というものがある。神前に出る前に手を洗い清めるのです。
口も漱ぐようになっています。神社によっては小川の水を利用するようになっていて、その川を「みたらしがわ」と呼んだりしています。
京都の下鴨神社の境内のみたらし川では、ひな祭りの日に、さんだわらに乗せたひな人形を流し、子供たちの無病息災を祈る神事も行われます。
また特に有名なのは伊勢神宮の五十鈴川で、参詣者はその川岸に出て、手を洗うようになっています。
日本の神道には禊ぎという習慣もあります。
その場合は全身を洗い清めるのです。http://eternal-life.la.coocan.jp/preachings2005/06.03/03.15.htm

ミソギ(禊ぎ)=ミソグ(分別・性別)http://xanadu.xyz/post-623/

「分別」を口語訳聖書で探すと「ただ、どうか主があなたに分別と知恵を賜い、あなたを イスラエルの上に立たせられるとき、あなたの神、主の律法を、あなたに守らせてくださる ように。」などの御言葉に出会えます。http://words.kirisuto.info/%E5%88%86%E5%88%A5-srch.html
あなたの国には、聖なる神の霊のやどっているひとりの人がおります。あなたの父の代に、彼は、明知、分別および神のような知恵のあることをあらわしました。あなたの父ネブカデネザル王は、彼を立てて、博士、法術士、カルデヤびと、占い師らの長とされました。

ネブカドネザル1世が つくった境界 石にはいて座・さそり座・うみへび座などの星座名が認められています
伝説の禹王は実在http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/4442
アモリ人・カッシート人・
 さて、はじめて考古学的に星座の名前が登場するのは、今から約4000年前のことです。紀元前2000年頃、シュメール・アッカド人のあとにアモリ人(アムル人ともよばれる)です。アモリ人は、「目には目を歯には歯を」で知られる『ハンムラビ法典』で有名な古代バビロニア王国を作った民族。彼らも、シュメール・アッカドの高度な文明を受け継いでいました。アモリ人のが残した、今から3800年前のBC1800の記録には、荷車(おおぐま座)、天の狩人(オリオン)といった星座や、現在も星占いの星座として知られる「黄道十二星座」のうち、いて・かに・てんびんを除く黄道9星座が登場しています。つまり、このアモリ人が、「確実に星座をつくった、とりあえず確実な人たち」ということになります。農業を行うために、星ををよく観察し季節を知る必要性があり、やがて暦をつくっていったのでしょう。
 その後、ハンムラビ王が亡くなって、古代バビロニア=バビロン第1王朝が衰退していくと、カッシート族に国をのっとられてしまいます。カッシートの時代は400年も続きますが、あまりよくは知られていません。しかし、境界石(クッドルー)と呼ばれる石碑が大きく注目されます。
 クッドルーは、王が領主に授けた土地所有についての誓約書のようなものだとされています。楔形文字と絵が書かれていて、その絵には動物の姿が多く描かれています。かつては、これが星座絵だといわれていましたが、残念ながら、神々の姿(シンボルマーク)である、ということに現在は落ちついているようです。
 しかし、クッドルーの絵の中には、魚ヤギやサソリ人間、水がめをもつ女神があったりして、これが星座のもとになっていった、という見方もできそうです。

カラスに姿を変えて戦場に現れ、「もっと激しくもっと残虐に」と、戦いを煽る。
モリグーhttp://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Cell/4066/kmorigu.htm
モリグー、バズウ、ヴァハは三位一体の女神と考えられ、同一視されることがある。また、 モリグーとバズウはアーサー王伝説に出てくるモリガン・ル・フェの前身といわれている。 モリグーとバズヴは勝利を祝うために叫ぶこともある。ダーナ神族が邪神である ...

女神モリガンは、アーサー王物語に登場するモルガン ・ル・フェの前身とされている。

モルガンの語源は、ケルトの女神モリグー

三菱UFJモルガン・スタンレー証券

JPモルガン・チェース・アンド・カンパニーは米国ニューヨークに本社を置く世界有数の グローバル総合金融サービス会社です。http://www.jpmorgan.co.jp/country/jp/ja/about

モルガン・スタンレー、チェイス・マンハッタン、ゴールドマン・サックス、シティ・ バンクらアメリカ金融界を牛耳っている大物企業は殆どフリーメイソンが創始者です。
「国際社会と近代史の実態を読む」
日本さえも支配する謎の組織 http://www.nikkimatsumoto.com/illuminati/index.html
~FREEMASON & ILLUMINATI~
フリーメイソンとイルミナティ
*NSAとはアメリカ国家安全保障局、あのエドワード・スノーデンが働いていた国防総省の諜報機関です。スノーデンはアメリカ政府が世界中で盗聴している等の情報を暴露、それを発表したウィキ・リークスの創始者と共にノーベル平和賞受賞者候補になりました。
 

宍(4×4) 獣(10) 鹿(6) 鹿鹿鹿(666・・・)3弥6勒

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2017年 5月31日(水)13時41分3秒
返信・引用
  鹿 ロク・しか・か・しし  鹿部 http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/24757d6a57ff94a0ce06e5e66d65febb
鹿の足が比
麗 レイ・うるわしい・うららか  鹿部
解字 「?(立派な二本の鹿の角)+鹿(しか)」 の象形。立派な二本の角をもつ鹿。転じて、美しい・うるわしい意となる。また、角がならぶことから、ならぶ意となる。
儷 レイ・ならぶ  イ部
解字 「イ(ひと)+麗(意味③のならぶ)」の会意形声。人がならぶ形から「つれあい」の意。また、人にかぎらずならぶ意となる。
意味 (1)ならぶ(儷ぶ)。ふたつならぶ。「駢儷ベンレイ」(駢も儷も、ならぶ意)「四六駢儷体シロクベンレイタイ」(四字および六字の対句を基本とした文体。=駢儷体)(2)つれあい。夫婦。「儷匹レイヒツ」(夫婦)
轆 ロク  車部
解字 「車(くるま)+鹿(ロク)」の形声。ロクは日本語の発音からは想像しにくいが、車が回転する音の擬声語だという。「ギィ~」といったところか。そこから、車輪状のものがギィ~ギィ~と回転する意に使われる。
意味 (1)「轆轤ロクロ」に使われる字。轆轤とは、回転運動をする機械で、①木地細工で丸い挽き物を作る工具。②井戸などの滑車。③陶器を作る回転台。等をいう。ちなみに轤ロとは、「車+盧ロ(円い器)」で、回転する円い物の意。(2)車が走る響き。「轆轆ロクロク」

「轆轆ロクロク」・・・6×6
「弥勒」 36
「(弥勒の原語である)インドのマイトレィアは、中国ではミレフ、日本ではミロクで、これはヘブル語のメシア、ギリシャ語のキリストである」
 と結論しています。ヘブル語の「メシア」が、インドでは「マイトレィア」、中国では「ミレフ」、日本では「ミロク」となったのです。
 また阿弥陀仏についても、仏教史学の権威アルティ氏は、
「阿弥陀仏の教義は……インドでつくられたものではない。中国仏教は、カシュミールやネパールから伝来したもので、阿弥陀仏は、当時この地方に影響を与えたペルシャのゾロアスター教とキリスト教に起因する」
比較宗教(仏教とキリスト教)http://www2.biglobe.ne.jp/%257Eremnant/bukkyokirisuto02.htm

弥勒とは、へブル語のメシア、 ギリシャ語のキリストであり、 原始仏教にはなかった「キリストが再臨するときに復活する 」という ...
空海と景教(工事中)http://www.ne.jp/asahi/davinci/code/history/japan/index4.html

ユダ族から出たしし
イエス・キリストの称号 http://meigata-bokushin.secret.jp/index.php?%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%82%B9%EF%BD%A5%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E3%81%AE%E7%A7%B0%E5%8F%B7

宍・・・宀 六
「宀(廟)+元(あたま)」 =完
豆(たかつき) 始める 台鼎 →堯→完(器鼎?の破るるなり)?http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/4316

「肉ニク」<にく> と 「宍ニク」<しし>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/6fd819bf88543697453f16789dcf2542
宍 ニク・しし  宀部
解字 「宀(やね)+六(ニク)」の形声。ニクは肉ニクに通じ、宍は肉をうる店の意。転じて肉を表す。[学研漢和]は、六ロクは江南方言でニクと混同するとしている。また一説に、中国・六朝時代に肉の変形字として成立したとされる。肉の上部⇒宀、肉内部の?⇒六、に変化した。
意味 (1)しし(宍)。獣類の肉。肉の俗字。「宍人ししびと」(肉類を料理する人)(2)姓。「宍戸ししど」
多 タ・おおい  夕部
タ:多  イ:移  シ:侈  ・・・泰氏

秦氏(はたうじ)は、「秦」を氏の名とする氏族。東漢氏などと並び有力な渡来系氏族で ある。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%A6%E6%B0%8F

よこしまなるおこなひ。 . おほし(多)氏?

多氏が秦氏になった!,日ユ同祖論をベースにした古代史,ユダヤ教・キリスト教カバラ, プラズマ物理学,陰謀論をベースに置いた政治分析などを発表していきます。http://fushigi-syuppansya.seesaa.net/article/367170211.html
多氏の発生は日本古代におそらく弥生時代に遡ると考えられます。日本有数の古氏族といえると思います。多氏といいますがいろいろな書き方があります。そのそも,時代が古くなるほど,漢字に意味はなく,音写が多くなるので,漢字よりも読みが重要になります。大,太,意富,飫富,於保などとも書きますが,すべて「おお」と読ませます。今までもふれたように神武天皇の御子である神八井耳命(かむやいみみのみこと)の後裔と称し,いわゆる皇別に分類される氏族です。それだけなら多氏は天皇家の分家ということになりますが,海部氏の系図などの研究から多氏こそが天皇家なのではないかという結論にまでいたりました。

田猟が行われた噩・向・盂・宮
猟に関する記述は、『記紀神話』には数多く記され、古代の王朝 の「田猟」は、直接人々に軍事力を見せる機会でもあった 白猪 ハクチョ・・・白丁白馬 ...http://8628.teacup.com/toraijin/bbs/mobile/index/detail/comm_id/1798/?&TEACUPRBBS=0af47494cf097aca6b78ef35b1de59a1
田猟
高句麗に漢水以北を奪われた後、在位8年にして392年11月に死去した。『三国史記』百済本紀・辰斯王紀には、狗原まで田猟に出て翌月になっても帰らず、狗原の行宮において薨去した[2]と記している。『日本書紀』では、日本の天皇に対し無礼があり問責のため紀角宿禰らが日本から遣わされたところ、百済の国臣が辰斯王を殺したため、阿花(阿莘王)が王に立てられた[3]と伝えている。
辰斯王(しんしおう、生年不詳 - 392年)は百済の第16代の王(在位:385年 - 392年)。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BE%B0%E6%96%AF%E7%8E%8B

「田」は古くは「畋」(デン)という字 ...
狩猟の意味では後に畋の字を使う。 字形: 田の区画の象形。 ...http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/379
亢(あたる意=衡)
「亢」=「亠」+「几」:=隠れる+指揮する女=>隠れた指揮者=>影の指揮者=>反抗するもの=>さからう
「伉」=「イ」+「亢」:=男の仕事+影の指揮官=>影の指揮者の付き人/つれあい=>おごる

「坑」=「土」+「亢」:=つち+さからう=>土に逆らうもの=>掘り起こしたもの=>あな

「沆」=「氵」+「亢」:=みず+さからう=>水に逆らう=>流れを横切る=>わたる
「杭」=「木」+「亢」:=き+さからう=>さからうき=>川を渡る木=>川に差した(飛び飛びの)くい=>わたる/くい
「航」=「舟」+「亢」:=ふね+さからう=>(流れに)逆らうふね=>航行する=>わたる

「亢」 解字:象形。??は項(うなじ:衣の上に同じ))と??はのどの形にかたどる。首筋の意。人の首筋は強いので「強項」の語があり、ひいて、たかぶる意に用いる。
「伉」 解字:形声。意符の人(ひと)と、音符の亢(あたる意=衡)とから成る。相当するひと。つれあい。
「抗」 解字:形声。意符の手(て)と、音符の亢(防ぎ対抗する意)とから成る。手で防ぎ当たる意。

(うなじ:衣の上に同じ))・・・「胞衣荒神」

「坑」 解字:形声。意符の土(つち、または阜で、大岡の意)と、音符の亢(たかい意=岡)とから成る。高い大岡、高丘の意。借りて、「あな」の意に用いる。
「航」 解字:形声。意符の舟(ふね)と、音符の亢(よこにする意=横)とから成る。舟を横に二艘並べる意。二艘の舟を横の並べてその上に板をわたし人馬を渡したことから、ひいて、舟で「わたる」意に用いる。

秦河勝は聖徳太子の政経ブレーンとして活躍した。太子一族の没落後、藤原鎌足の陰謀 によって流罪の身となり「うつぼ舟」に乗って西海を漂い、播磨の国坂越に漂着し死後は 大荒大明神として祀られた。
http://ogawakeiic.exblog.jp/10525877/
「秦氏」が持ち込んだと思われる原始キリスト教の考察を梅原猛の新刊「うつぼ舟」をなぞりながら、上記の妄想にアワセていく。

般 ハン 舟部 解字 甲骨文は棹を手にもち舟を動かすさまの象形。金文から「舟+攴」に なり、篆文で「舟+殳」となり現代字に至る。殳シュは本来、投げ鎗を持つかたちであるが 、ここでは槍でなく棹をもつ形。般は、舟を棹で動かして「めぐる
「般ハン」  <くり舟をうごかす>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/e726e2e84e69811fb6363faf42ff67c5
解字 甲骨文は棹を手にもち舟を動かすさまの象形。金文から「舟+攴」になり、篆文で「舟+殳」となり現代字に至る。殳シュは本来、投げ鎗を持つかたちであるが、ここでは槍でなく棹をもつ形。般は、舟を棹で動かして「めぐる」「まわる」、中に物をいれて「はこぶ」、舟による交易や生活の「ありさま・ようす」を表わす。
意味 (1)めぐる。まわる。「般船ハンセン」(船をめぐらす) (2)はこぶ。(=搬) (3)大きい。 (4)物事のようす。種類。「諸般ショハン」「全般ゼンパン」 (5)梵語の音訳語。「般若ハンニャ」(①迷いを去って悟りをひらく。②[国]鬼女の能面)
イメージ 「舟を動かす」 (般)
      「舟ではこぶ」 (搬)
      めぐる・まわる意から 「まるく大きい」 (盤・磐・槃・瘢)
音の変化  ハン:般・搬・槃・瘢  バン:盤・磐
磐 バン・ハン・いわ  石部
解字 「石(いし)+般(まるく大きい)」 の会意形声。まるく大きい岩。
意味 (1)いわ(磐)。大きな岩。いわお。「磐石バンジャク」(おおきな岩。非常に堅固なこと)「磐座いわくら」(①神が鎮座する大岩、神社のご神体になっているものが多い。②山中の大きな岩やガケ) (2)地名。「磐城いわき」(旧国名。福島県東部と宮城県南部にまたがる地方。磐州バンシュウ)

盤   ぐるぐる回る?https://dictionary.goo.ne.jp/cj/19141/meaning/m0u/
中国語の?(盤)とは。意味や日本語訳。[名]〔只〕大皿,盆(ぼん).━ [動](1) 回転する, ぐるぐる回る?杠子鉄棒で回転をする

「 指南」(漢代)六壬式の式盤との関連が推測される。
式盤https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%8F%E5%8D%A0
「指南」(漢代)六壬式の式盤との関連が推測される。
「六壬栻盤(りくじんちょくばん)の図 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Chokuban.svg
式盤は天地盤と呼ばれることもあり、天盤と呼ばれる円形の盤と地盤と呼ばれる方形の盤を組み合わせたものが基本形で、円形の天盤が回転する構造となっている。天盤や地盤の形状は、天は円く地は四角いとする中国の天地観に基づいている。 [1]
天盤や地盤には十干、十二支、といった占うために必要な文字や記号が記入されており、天盤の文字や記号を地盤のそれと合わせることで簡単な計算を行ったのと同じ効果が得られる。

指南魚https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&gdr=1&p=%E6%8C%87%E5%8D%97%E9%AD%9A

東西南北は地軸の南北極点に...https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&gdr=1&p=%E6%8C%87%E5%8D%97%E9%AD%9A#mode%3Ddetail%26index%3D57%26st%3D1906


新潟県胎内市の城(じょう)の山古墳から 出土した銅鏡は、1世紀から3世紀頃迄に中国で作られたであろう「盤龍鏡」であったと 発表するとともに、「大和政権経由で持ち込まれたもの」という見解を ...http://www.rekitan.co.jp/styled-2/blog-2/files/category-610f898b544a77e5.html
久里双水古墳は3世紀末から4世紀に作られた、最も古い前方後円墳のひとつです。邪馬台国の時代では、末盧国に比定される場所に作られたものです。この頃の北九州国家群は、渡来人を中心として建国されましたが、その流れを汲む部族が作った墳墓であると推定されます。やはり、朝鮮半島から渡って来た部族の一派が、日本海を遡り新潟の地に住みそこに勢力を作ったものと判断されます。

「舟+攴」
攴とは、なにかを撃つ漢字である。http://dic.nicovideo.jp/a/%E6%94%B4
字形卜+又の会意。〔説文〕は「又に從ひ卜聲」と卜声に従う形声とするが、卜という形をしたものを手(又)に持って撃つ会意である。卜がなにを表しているかの解釈には、鞭、棍棒、枝といろいろとある。

吉凶を卜うことをいう。http://jigen.net/kanji/21340
卦 占う

「なんぞ」の意味
 「盍コウ」 <おおう> と 「蓋ガイ」 <ふた>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/15cfbb218de246c09c81716491ef085c

、爽ソウは?が四つ、傘サンは人が四つである。 爽 ソウ <胸の入れ墨> 爽 ソウ・さわやか 大部 解字 金文は 「大(ひと)+斜め井印二つ( 入れ墨の文様)」 の会意。篆文から入れ墨の文様が、?印四つに変化 ...
爽 ソウ <胸の入れ墨> と 「傘サン」 <かさ>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/c98815061c0b311dc72d61d328769d5f
傘 サン・かさ  人部
解字 柄のあるかさを開いたかたちの象形。日光や雨をさえぎるために用いる。サンという発音は山サン(△型をした山)から来ている[学研漢和]。俗字から昇格した字のため、古代文字はない。
意味 (1)かさ(傘)。ひがさ。あまがさなど。「日傘ひがさ」「雨傘あまがさ」「洋傘ようがさ」(こうもりがさ)「傘寿サンジュ」(八十歳の祝い。傘の略字「仐」が八十と読めることから) (2)かさのように覆うもの。「傘下サンカ」(影響力のもとにあること)「落下傘ラッカサン」(パラシュート)
覚え方 おおい(?)のしたに、人四(人人人人)じゅう(十)にんが傘下

新字の「仐」も、俗字の「傘」も、旧字の「繖」

か 【箇・個▽・个▼】http://www.weblio.jp/content/%E4%B8%AA

「固」は《囗(くにがまえ)部》に分類され、「四塞也。従囗古声。」=「四塞(シソク)=四方が塞(ふさ)がること。“囗(くにがまえ)”に従い“古”を音とする。」と記す。
しかし、「囗(くにがまえ)」の意味は“四方を塞いで囲む”ことだけではなく、“区画”を表したり、“位置”を示したり、“一定の形状”を表したりもする。つまり、「物事や人を他と区分すること」が「囗(くにがまえ)」の字義である。
四方が塞(ふさ)がるhttp://mei2jikai.blog113.fc2.com/blog-entry-150.html?sp

、「宀(建物)+工(レンガ)四つ+両手」のソクに、土(つち)を加えた形。塞の上部が音符で、建物に工(れんが)四つを両手で重ね、建物の壁をレンガでおおう形でふさぐ意。そこに土を加えた塞は、土でふさぐこと。ふさぐ・とざす意となる。現代字は、上部が簡略化された塞となった。
意味 (1)ふさぐ(塞ぐ)。ふさがる(塞がる)。とざす。「梗塞コウソク」(ふさがる。梗も塞もふさがる意)「閉塞ヘイソク」(閉ざして塞ぐ) (2)とりで。「要塞ヨウサイ」(かなめとなるとりで。堅固なとりで)
イメージ  「建物をふさぐ」 (塞・寨・賽)
音の変化  ソク・サイ:塞  サイ:寨・賽
http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/b1e74d15166fe887c689c1ccf0acaa55

ついに」「おわる」 鏡(?・・・四方) 境(塞)
境(塞)

石を二つに割って,中をくりぬいて合わせた物(古墳時代の初めには,丸太をくりぬいて 作った木棺が見られました。) 箱石石棺 大谷古墳(京都府中郡大宮町) 板石を組 合わせて作った石棺。土塁を造って側板を立て,ふたをしてから土をかぶせました。
http://www.asuka-tobira.com/kofun/kofun.html
「円は天を,方は地」,「あれは石枕の形」など諸説あり,何をもとにした形なのか特定はされていません。筆者はこれら古墳の形は女性の子宮と関係があるように思えてなりません。

「ついに」「おわる」 鏡(?・・・四方) 境(塞)http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/1191
「【境】 「竟」は言を以て神に祈り、その感応として「音なひ」のあらわれる意で、 ... 《解字》もと上の部分だけで、ずんぐりと土を積み重ねたさまを描いた象形文字。 ...
http://8628.teacup.com/toraijin/bbs/2045

「境」 解字:形声。意符の土(つち)と音符の竟(の意)とから成る。http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/244
竟」 解字:形声。意符の音(音楽)と音符の儿(兄の省略形。きわまる意)とから 成る。ひいて、「おわる」意に用いる。 「竸」 解字:題字なし(意味は康煕字典による )。 「境」 解字:形声。意符の土(つち)と音符の竟(の意)とから成る。 ...
http://shoukei.blog65.fc2.com/blog-entry-91.html
「羽」+「立」:・・・「站」=「立」+「占」:=たつ+しめる

塞の古文は?で、?によりふさぐ会意、展の古文は?で死者の衣に?を置き呪霊が憑く のをふせぐ会意という。 音訓: 音読みは ... 部首: ?は〔説文解字〕で部首であり、?の ほかに?を収める(?と土を組み合わせた字は塞である)。 http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%A0%AD
【?】 宀3+18=総画数21 U+21AFC 【塞?】 [ソク、サイ/ふさ・ぐ]
①隙間を埋める、空いている所に物を詰め込む②隔てて行き来ができなくする③国境、要害の地、またそこに造った砦


①「ふさぐ(閉じる、遮る、 満たす、詰め込む)」 ②「ふさがる(閉じる、満ちる)」 ③「隔てる」 ④「とりで」 ⑤「国境」、「 辺境」https://okjiten.jp/kanji2173.html
(宀+工×4+廾+土)。「屋根の象形と握る所のあるのみ、

または、さしがねの象形と両手の象形」(「詰め込みふさぐ」の意味)と「土地の神を祭る為に柱状に固めた土」の象形(「土」の意味)から、「土でふさぐ」、「ふさがる」、「外敵の侵入を遮るとりで(要塞)」を意味する「塞」という漢字が成り立ちました。https://okjiten.jp/kanji2173.html

「巨」の古字。
元は人がものさし(工)を(手)で持つ形を表すらしい。

縦の棒・・・鯀コン てん・・・天地 繫ぐ・・・神意?

|部0画(1)
音:コン 意味:縦の棒、進む、退く
この漢字はあまり見たことないしなんだか殺風景だ。
意味に進む、退くがあるが書き方によって変わる。
下から上に書けば進む、上から下に書けば退くという意味になる。

巨 キョ・おおきい 工部 解字 工型の定規に、手で持つ取っ手のついた形の象形。矩クの 原字。金文第二字は定規を持つ人を表す。通常の定規より大きいので、おおきい意を 表わす。
「巨キョ」 <へだてる>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/1de03b47bd26b82e976b1a653f03e6b9

「几キ 」 <つくえ>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/e83278927796182c20171b80999c544b
 「木+几(つくえ)」 の会意形声。几はもともと机の形であり、これに木を加え元の意味をはっきりさせた。
杢(もく・国字)
「几(風の略体)+木(枝葉のある木)」の会意。枝葉のある木に強く吹く冷たい風を 表した国字。 http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/c5d82825d2f00838bda4c99976c50a6f

几号(きごう)水準点http://sakamichi.tokyo/?page_id=2
イギリス式の測量法に従って漢字の「不」に似た記号を不朽物に刻印したり、「不」 を彫った標石を埋めて水準点としました。
「不」

「个(カ)」とは、ひさしの意味で、そこに人が集まる(1つになる)という意味の「一」「人」という字を合わせて「傘」となりました。そして繖(サン)から音だけもらって「傘(サン)」と読むことになった、というわけです。
傘に相当して『説文解字』に載っている漢字は 「繖(サン)」という字でした。「糸へん」に「散る」と書きます。http://www.maboroshinosake.com/present/sanju80/about_sanju/zatugaku/
「傘の略字が、八十読める」

異体字. ?は、〔広韻〕が本字とする字。〔正字通〕にも「卅 本字」とある。 ... 仐とか(今の異体字、傘の異体字)。 -卅の記事へ ...
十の字を横に3つ並べた字。〔説文解字・巻三〕には「三十、并(あわ)せたるなり」とある。http://dic.nicovideo.jp/a/%E5%8D%85

草木の芽生えて、枝が生える象形。
枝が生えてくるところの形http://dic.nicovideo.jp/a/%E4%B8%96?v=pc

蓋(きぬがさ)と呼ばれる日傘
宝塚1号墳から出土
船体中央には同じく権威を象徴する蓋(きぬがさ)と呼ばれる日傘、王のもつ杖とされる威杖(いじょう)が2本、威厳を示す大刀(たち)が立てられていました。https://www.city.matsusaka.mie.jp/site/bunkazai-center/takarazuka-itigouhun-hunegatahaniwa.html

「航」 解字:形声。意符の舟(ふね)と、音符の亢(よこにする意=横)とから成る。舟を横に二艘並べる意。


けい さんかんむり [5] 【卦▼算冠】
〔「亠」の形が卦算① に似ることから〕
漢字の冠の一。「交」「京」などの「亠」の部分。けいさん。なべぶた。

・圭・・・日時計? ... 鼎(てい、ピンイン:dǐng)は六十四卦の第50 番目の卦http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/4316

関数で八卦(上卦)となる (乾=1 兌=2 離=3 震=4 巽=5 炊=6 艮=7 坤=8〈=0割り切れる  ...http://toyobunka.main.jp/wiki/index.php?%A1%D8%B4%F1%C0%D7%A4%CE%C8%AC%B7%B5%A1%D9%A4%CB%A4%C4%A4%A4%A4%C6
六四通りの運勢
64
ギリシャ語の「真理」という言葉のゲマトリアは、64である。http://www2.biglobe.ne.jp/remnant/104seisho.htm
64は、4の3乗に等しいが、これはつまり、一辺の長さを4とする立方体の体積に等しいということでもある。あるいは、一辺の長さを1とする小さな立方体を64個集め、大きな立方体を作ったと理解してもよい。
64は「真理」のゲマトリアであり、そのうちの37と27は、それぞれ真理の現わされた部分と、隠された部分とを現わしているのである。
 さらに、「神のかたち」のゲマトリア1369と、「神の秘密」の999をたすと、2368になる。これは先に述べたように、「イエス・キリスト」のゲマトリアに等しい。
 イエス・キリストは、現わされた「神のかたち」と、隠された「神の秘密」の双方を、合わせ持ったお方であられる。彼は「真理」の体現者なるお方だからである。

周角を8等分、16等分した物

3の4乗は81で九九を括り、4の3乗は64でDNAのコドンや陰陽の卦を束ね ている。
1と2から3,4,5へ…正方形の等分割 http://metatron.la.coocan.jp/zone-62/numb009.htm
1と2から3と4が生じ、5でミクロとマクロ双方向に数は広がった。3の4乗は81で九九を括り、4の3乗は64でDNAのコドンや陰陽の卦を束ねている。4から5へ到達できたとしても、今度はそれをもう1度反転させて6へとつなげる認識が必要だ。先ずは1,2,3,4…と最初の数をもっと正確に数えられるようにならねばならない。地球人として、人間として、そして現代に生きる者として。

「封ず」「樹す」http://8220.teacup.com/toraijin/bbs/2865
封ず」
原字は「土+(音符)三に┃棒(ほう)」。「ほう」はいねの穂先のおように、△型にとがって上部の合わさったものを示す。のち、「土二つ+寸(て)」と書き、△型に土を集め盛った祭壇やつかを示す。四方から△型をよせ集めて、頂点であわせる意を含む。http://homepage3.nifty.com/giboshi/kaijitbl031.htm

「土二つ+寸(て)」・・・圭・・・日時計?
寸 スン 寸部 解字 甲骨文字は、三本ゆびで表した手の下方の湾曲する部分に短い曲線 をつけ、ひじを表わした指示文字。肘ひじの原字。寸は、もと肘を意味したhttp://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/89f06a4f0dfeec06da73ea98431b17b7
忖 ソン  忄部
解字 「忄(心)+寸(長さをはかる)」の会意形声。寸は長さの意のほか、長さをはかる意がある。忖は、相手の心をおしはかること。
意味 はかる。おしはかる。「忖度ソンタク」(他人の心をおしはかること。度もはかる意)
度もはかる意

ひじを曲げた形
耜(すき)」の原字、 ひじを曲げた形
Ψ 夷は古代の鍬型の工具 弓、「耜(すき)」の原字、 ひじを曲げた形・・・ム=私 禹(風) 耜土を盛った姿を描い たもの。 ... のち耜(シ) (すき)以(イ) (工具で仕事をする)已(やめる )などの用法に分化 http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/1677
已(やめる )
乞・・・巳⇒己己に変化
二人がそろってひざまずく形で、神におつかえする意。新字体の上部は、巳巳⇒己己に変化。本来の意味と関係なく、方位や易の八卦(組み合わせ)の一つ

50本の筮竹と6本の算木(白蛾は「卦木」と称した)
50
鼎(てい、ピンイン:dǐng)は六十四卦の第50番目の卦https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%91%A8%E6%98%93%E4%B8%8B%E7%B5%8C%E4%B8%89%E5%8D%81%E5%9B%9B%E5%8D%A6%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7
鼎(かなえ)を逆さまにして、旧来たまっていた悪い滓を一切出してしまうが良い。従来の物に良いのがなければ、新たに気に入ったものを調達してゆけば咎はない。
内卦(下)が巽、外卦(上)が離で構成される。
ゆきづまりである。鼎には耳が大切である。これを両手で持って動かせるのである。・・・豆(たかつき)+寸チュウ(て・・・ 尌の甲骨文に、鼓と鋤に従うものがあり、もともと農耕に関する儀礼を表したのかも しれない。 ...http://dic.nicovideo.jp/a/%E6%A8%B9

巽5
下経(31-64). 巽(そん)は八卦の一つ。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%BD
巽(そん)は八卦の一つ。卦の形はであり、初爻は陰、第2爻・第3爻は陽で構成される。または六十四卦の一つであり、巽為風。巽下巽上で構成される。方角としては東南の方角になり、辰(たつ)と巳(み)の間であることから巽は「たつみ」とも読まれる。
伏羲先天八卦における次序は五であり、方位は四隅卦の一つで西南に配される。陰陽消息は一陰が生じたところである。
四隅卦
四隅
〈亜(亞)〉は、『説文解字』では《みにくい。人の曲がった背中の形に象る》。 ...
http://tonan.seesaa.net/category/738397-3.html
伝統的な楷書では「圖」の中の「口」は「ム」の形に書くことが多い。

常用漢字表の最初にある〈亜(亞)〉は、『説文解字』では《みにくい。人の曲がった背中の形に象る》。加藤常賢の説では《古代の四阿の明堂と言われるものの原始形で、四阿の明堂は地上の建物であるが、これは古代の地下穴居の室の形であると考える。中央の四角は竪穴であり、その四方に入り口を作って四室のある形である(『漢字の起源』)》。藤堂明保の説では《建物や墓をつくるために地下に四角く掘った土台を描いた象形文字で、表に出ない下の支えの意から、転じて、つぐことを意味する(『学研漢和大字典』)》。白川静の説では《象形。古代中国の、王や貴族を埋葬した地下の墓室の平面形。正方形の墓室の四隅をくりとってある形である。四隅をくりとるのは、そこに悪霊がひそむ恐れがあるからであろう(『常用字解』)》。
http://tonan.seesaa.net/category/738397-3.html

「亜」という漢字の成り立ちは、古代の墓の部屋=石室(?)を象(かたど)ったものとする説があり、こちらのほうが的を得ていると思われる。
http://mei2jikai.blog113.fc2.com/blog-entry-62.html
古典籍に現れるのは「氏族」を意味するものや、「次ぐ」とか「継ぐ」とかを意味するものばかりである。

「次ぐ」とか「継ぐ」とかを意味・・・ 【?】レン( つらなる    つらねる)
【?】〔牛+西〕 レン( つらなる    つらねる)
【坒】 ヒ ビ きじはし
雉チ・きじ・たいらげる・   つらねる

「亞」という漢字の上下に配された「━(横棒)」は天地を意味するものであり、左右に配された「|(縦棒)」を加えて東西南北の四方を現し、氏族が天地人の中間と東西南北の中央に位置することを示したものと考える。
  つぐ(継ぐ・次ぐ)。時間的にあるいは空間的に後継する。内容的に追随する。二番目。
  よる(寄る)。並ぶ。
  おおう(被う・蔽う)。隠れる。
 おさえる(押さえる)。
  たぐい(類)。同類。同質。

【坒】〔A+□+∀〕・・・<□>(90 度回転させたような形をしている。)
              ?
「亜」の本来の字形は「亞」である。
「亞」の甲骨文は右図の通りである。つまり「亞」は「十字」にほかならない。
人形ひとがたであろうとされる。
http://www.quazok.com/okaz/Kanji/pdf/heartful_a.pdf#search='亜  みにくい'

「亜」という文字の枠内に、「醜」という文字が加えられ、二文字を合わせて部族を表す 記号になっています。祭祀に用いた最も重要な器物である銅器に一族を表す紋章が ...
http://www.npm.gov.tw/exh97/audio/aaa_J312.html

墓の意味を持つ「亞」字形の 文字が残っていないため、「墓」を地下墓でない自然墓と考える墓相学 ...
壼 甕   尊{さけつぼ} 口鯀・甕棺(後の 台・銅鐸・古墳 社)http://8628.teacup.com/toraijin/bbs/2185
四隅には悪霊

四隅 - PocketPet
平面上では、東・西・南・北の4方向を基準として、周角を8等分、16等分した物が用いられる。 ... 5方位の発想は、特に古代中国の五行思想に由来すると言われ、五行と片手の指(五指)に因んだ数え方である。 ...
http://pocket.jword.jp/search/%E5%9B%9B%E9%9A%85

陰陽道で魔物が出入りする「鬼門」が丑寅(東北の方角)であることから、鬼は牛の角と 虎の皮を組み合わせて考えられた姿だと ... 鬼の醜草(しこくさ)」は紫苑の異称で、 今昔物語の「親を亡くした2人の息子の兄は悲しみを忘れる「忘れ草(萱草)」を、 ...
http://www.eisai.co.jp/museum/herb/familiar/oni.html
今昔物語の「親を亡くした2人の息子の兄は悲しみを忘れる「忘れ草(萱草)」を、弟は「思い草(紫苑)」を墓に植えて毎日墓参した。兄は次第に墓参りをしなくなるが、弟は墓参りを欠かさなかった。墓を守る鬼は弟の孝心に感じいった」という話に由来するようです。植物の名前の由来はいろいろあるので、調べてみるとおもしろいですね。
天使の階段、ヤコブの梯子http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/298

丌(台
巽 ソン・たつみ  己部
 巳(己)のかたち
巽 ソン・たつみ  己部http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/m/201404/3
解字 篆文第一字は「巳巳(二人のひざまずく人)+丌(台)」の会意。巳巳は二人が台の上でそろってひざまずく形。篆文第二字は、ひざまずく二人の足にそろう意の横線をつけた形。この字が、もとになり現代字へと変化した。二人がそろってひざまずく形で、神におつかえする意。新字体の上部は、巳巳⇒己己に変化。本来の意味と関係なく、方位や易の八卦(組み合わせ)の一つに仮借カシャ(当て字)された。
意味 そなえる。易の八卦の一つ。たつみ(巽)。
巽を音符に含む字 ソン:巽  セン:饌・選・撰

二人がそろってひざまずく形で、神におつかえする意。新字体の上部は、巳巳⇒己己に変化。本来の意味と関係なく、方位や易の八卦(組み合わせ)の一つ

先天図 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%BD
伏羲先天八卦における次序は五であり、方位は四隅卦の一つで西南に配される。陰陽消息は一陰が生じたところである。

枚  方
大阪府の北西に位置する枚方と交野は、かつては、交野が原と呼ばれた美しい原野で、京の都に近い遊猟地として、天皇や貴族が鷹狩りや桜狩りを楽しんだ自然と歴史豊かなところです。http://www.kirameki-story.tv/back5.html
 『枚方』の語源を調べてみると、「枚」が崖、「方」には上の意味があり、『枚方』は、「崖の上」を表した言葉と言われています。事実、枚方丘陵といわれる丘があり、その先端は淀川に突き出た崖で、その特徴をよく表しています。

崖・・・圭
圭 ケイ・たま 土部 西安戦国紋玉圭 解字 玉圭ギョクケイの形の象形。玉圭とは古代 中国の玉器の一つ。長方形板状で先はとがり、天子が諸侯を封じた際にしるしとして 与えた。天子・諸侯が儀式を行うときに手に持った。
「圭ケイ」 <すっきりとかたちがよい>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/1a660000c8239e82ee68e0313906d764
解字 玉圭ギョクケイの形の象形。玉圭とは古代中国の玉器の一つ。長方形板状で先はとがり、天子が諸侯を封じた際にしるしとして与えた。天子・諸侯が儀式を行うときに手に持った。その規格は厳格な等級と制限があり、諸侯の身分や権力により分かれていた。圭は、土が二つ重なったように見えるが、玉を紐で貫きとおした形である甲骨文の玉から変形したかたちと思われる。
意味 (1)たま(圭)。ぎょく。角のある玉。上が尖り下が方形の玉。古代の諸侯が身分の証として天子から受けた玉。「圭玉ケイギョク」「圭璋ケイショウ」(儀式用の貴重な玉器) (2)かど。「圭角ケイカク」(圭のとがった先。また、突出した才能や性格)
イメージ  圭の形から「角のある玉器」(圭・珪)
     「すっきりと形がよい」(佳・娃・鮭・桂)
     「かどだつ」(畦・街)
     「その他」(挂・硅・蛙・窪)
音の変化  ケイ:圭・珪・鮭・桂・挂・硅  ア:蛙  アイ:娃
      カ:佳  ガイ:畦・街  ワ:窪
角だつ
畦 ガイ・あぜ  田部
解字 「田(耕地)+圭(かどだつ)」の会意形声。耕地を区切る角立ったあぜ。
意味 (1)あぜ(畦)。耕地のくぎり。「畦道あぜみち」 (2)うね(畦)。作物を植えたり種をまくため、土を平行に盛り上げたところ。
街 ガイ・カイ・まち  行部
解字 「行(通じている)+圭(=畦ケイ。区切りの道)」の会意形声。街は、土地を区画する道が縦横に通じているまち(街)。
意味 まち(街)。まちすじ。まちなか。ちまた。「街頭ガイトウ」「街道カイドウ」「街路ガイロ」「花街カガイ・はなまち」

鷹狩りや桜狩り・・・畋 狩 刈

刈・・・甸 刈刈・狩狩り(刈り)・・・ 測量 計り・秤 禾(目印)+平( 等しい) 禾( 目印) 「棱」 =「木」+「夌」 :=木+際立った もの=>木 ... 幾何学文は蛇 .... 田」は古くは「畋」(デン )という字 で、「畋猟」(デンリョウ)と熟して狩猟することをいいます。
噩・・・河内説?http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/4113
田猟
皿形または酉皿形?. が付加されたが ... の対象となっている。 白川は、召の地望 について、召のほか召と相前後して田猟が行われた噩・向・盂・宮などについて、文献中 の説.http://shuiren.sakura.ne.jp/ronsou/pdf/01-ochiai.pdf#search='%E7%8C%9F+%E8%A7%A3%E5%AD%97+%E9%85%89'
噩・・・河内説?http://shuiren.sakura.ne.jp/ronsou/pdf/01-ochiai.pdf#search='%E7%8C%9F+%E8%A7%A3%E5%AD%97+%E9%85%89'

尊 ソン・たっとい・とうとい・たっとぶ・とうとぶ 寸部 解字 甲骨文と金文は「酉(酒つぼ)+ 両手」で、酒つぼを両手で奉げる形。篆文は「酋(酒つぼから酒気の発している形)+寸( 手)」に変化した。酒つぼに入った良酒を神にささげるので、とうとい意 ...
「尊ソン」 <酒つぼを両手でささげ持つ>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/297ece3fafbfb9753ff988839ea9a641
 

多禰氏

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2017年 5月30日(火)14時44分29秒
返信・引用
  「種子島の歴史」にでてが、多禰氏の発祥のもとになる文章ではないかと思い ますが。 ... http://hikoshima.com/bbs/heike/100285.html
種子島氏について少し調べてみましたが、坂東平氏川邊氏・大隅国の多邇氏(しめすへん?)の末裔とありました。

中臣氏、橘氏、藤原氏、坂東平氏、伊勢平氏、清和源氏などの末裔はみな 集団ストーカーを知っているだろう。 ... のガド族の「熊野国」「吉備国」とフェニキア人の 末裔多氏の「出雲国」、多氏とビン人の連合国家「大和国」があった。
集ストの理由が判明しました http://ameblo.jp/heiwa-na-nihon-teniireyo/entry-11573037310.html

テーマ:ブログ
集団ストーカー使い:中臣氏と伊勢平氏の末裔たち

http://blogs.yahoo.co.jp/small_creeps/47108962.html


http://www.levha.net/archives/uygur.html#03

伊勢平氏は桓武天皇から出たが、桓武天皇の側室や息子の側室などはみな藤原氏の娘なので伊勢平氏はほとんど藤原氏の末裔と言っていい。源氏を輩出した清和天皇、宇多天皇などもみんなそう。

ということで、中臣氏、橘氏、藤原氏、坂東平氏、伊勢平氏、清和源氏などの末裔はみな集団ストーカーを知っているだろう。彼らの末裔は現在ではいろいろな姓名を名乗っているだろうけど(wikiで調べれば分かる)、この中臣氏を軸とする血筋の者以外、角界中枢に影響を及ぼす職務には就けない。
創価学会などのカルトの上層部、政治家、官僚、警察・自衛隊・消防署などの公的機関、大企業の上層部、小中高の教師、医療機関関係者、金融機関関係者、マスコミ関係者などはみな中臣氏を軸とする血筋の者だと考えられる。
自衛隊は代々藤原氏の末裔の者、警察は代々伊勢平氏の末裔の者しか就けない。それ以外の者は集団ストーカーされて自殺に追い込まれたり退職に追い込まれる。教育機関、医療機関、金融機関もそうだろう。

特に、キリスト教。ぼくは昔は、すべてのキリスト教が悪だと考えていたがそれは間違っていた。日本のキリスト教に限って言えば、悪いのは藤原氏の末裔が運営するキリスト教の団体だけだ。特にルター派、メソジスト、長老派、など、戦後に派生したプロテスタント系の教会団体。wikiで調べたら、それ系のキリスト教の創始者はみな藤原氏の末裔だった。wikiだと簡単に調べられる。

この中臣氏はブリテン島から来たドルイド教の神官団だが、樹木信仰の関係から日本神話ではタカミムスビの神を祀る神官団だったと考えられる。中臣氏の仲間には大伴氏、久米氏がいる。このドルイド教の神官団は、歴史的には海の民としてオリエントに侵攻した戦闘集団として知られる。彼らは謎の民族とされているが、オレが全てを解き明かした。この時に、イベリア半島を支配するルシタニア人、ギリシャを支配するイリュリア人、地中海を支配するフェニキア人、ナイル河流域を支配するペリシテ人などが海の民から分化した。
海の民の侵攻は地中海に留まらず、アフリカを周航してニジェール川流域、アラビア半島南端、ランカー島、現ベトナム、黒龍江流域に進出した。中臣氏は黒龍江に拠点を築いた集団だ。

中臣氏は、トルコ人の祖、テイレイ、高車、突厥やマッカツ、ユウヨウなど満州族の祖を代々支配した。東胡を形成した中臣氏は、アケメネス朝ペルシア帝国の中枢と欧州から来たキンメリア人の末裔連合「匈奴」に敗北したが、崇神天皇の頃に黒龍江に来たガド族が鮮卑を形成して匈奴を負かした。
その頃の日本には、失われたイスラエルの10支族のガド族の「熊野国」「吉備国」とフェニキア人の末裔多氏の「出雲国」、多氏とビン人の連合国家「大和国」があった。その後、サルマタイ人の物部氏、ガド族の蘇我氏、タカミムスビの系統の中臣氏・大伴氏が大和国を争い、最終的に大和国は中臣氏のものになり、後裔の藤原氏が栄え、藤原氏の系統から出た平氏や源氏が出た。だが、大和国のもともとの主だった多氏は納得せず、坂東八平氏を形成し、坂東八平氏の土肥氏、三浦氏、千葉氏、長尾氏などが源氏を背後から指揮し、中臣氏系の伊勢平氏・藤原氏を退け鎌倉幕府を成した。

ということで、集団ストーカーの概要も分かってきます。結局は血筋なのです。彼らは血筋を重視している。
自分たちの血筋は優遇にし、自分たち以外の血筋は監視・排除する。それが集団ストーカーの根本だ。

集団ストーカーを知っている勢力:

タカミムスビノカミの後裔(ドルイド教):中臣氏、大伴氏、久米氏、藤原氏、橘氏、坂東平氏、伊勢平氏、各種源氏
タカミムスビノカミの後裔が中枢を担う宗教(創価学会、天理教、統一教会、法輪功、阿含宗、真如苑、オウム真理教、プロテスタント団体、浄土真宗、日蓮宗、真言宗)
タカミムスビノカミの後裔が中枢を担う機関(県庁、市役所、自衛隊、警察、消防署、医療機関、赤十字、教育機関、金融機関、マスメディア、同和団体、右翼団体)

集団ストーカーを知らない勢力:

フェニキア人、マゴ王家(天孫)の後裔(ドルイド教):多氏(大国主命)、坂東八平氏
フェニキア人の後裔サルマタイ人(ドルイド教):物部氏(大物主命)
失われたイスラエルの10支族ガド族(ソグド人)の後裔(太陽信仰):神武天皇~武烈天皇(天照大神)、蘇我氏、安倍氏、吉備氏
ヘリオポリスの蛇神を祀る神官団の後裔(蛇信仰):賀茂氏(オオナムジの前身、蛇神ナムジ?)
ブリテン島からベトナムに来た越人の後裔(ドルイド教):蝦夷(エゾ)、伊達氏
古代中原に来たシュメール人の末裔(牡牛信仰):東漢氏、西漢氏
失われたイスラエルの10支族ルーベン族等の末裔(月信仰):秦氏

集団ストーカー被害者の方は自分の姓のルーツを調べるのもいいでしょう。そうすれば自分が知らなかっただけで、実際にはどういう勢力の系譜に属しているかが分かり(彼らは全部知っている)、自分の属すべき勢力に属すことで集団ストーカーをやり過ごすことも可能かもしれない。
藤原氏の後裔の姓名を知った上で警察・役所などに所属する人物の名を調べれば藤原氏の系統の者ばかりがいい役職に就いていることを発見することができる。ただ、現場でイヤガラセを担当する者ども(集団ストーカー加担者)はみな百姓の子孫と考えられます。下っ端の姓名を調べても仕様がありません。
これが理由だそうです。
私の母方の祖先は、以前の東大教養学部の一高の医学部を千葉に移設した時の千葉医専の初代学長・調べたら長尾精一という人でした。
この資料の中で、長尾氏は鎌倉幕府を作った坂東八平氏と言われ、藤原氏を退けた恨みを買い、
現在ストーカーされる側だそうです。
これで判明しました。
しかしということは創価学会は全員藤原氏なのでしょうか??
 

八角形の石碑

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2017年 5月29日(月)10時13分22秒
返信・引用
  社殿の裏手に「御神田」と刻まれた大きな石碑と、水田がありました。
「猿田彦神社」の参拝で見た不思議な八角形http://blog.goo.ne.jp/tako_888k/e/1d266161fb79677e8aa399ea5561474b
鳥居や、灯篭の柱が八角形でした。
参道口の手水舎の柱も八角形ですようで、何やら特別な理由がありそうです。
「方位石」に刻まれた「星回り図」の八角形が、各所に使われている柱の八角形の元になっているものと思われます。

九星気学の真髄である「後天定位盤」に繋がる重要なエッセンスをつかみ、禹王が善政 によって登りつめていくのは天意 ... て草木を育成し、中央と東西南北の違いを旗 によって人々に示し、古くからの方法も踏襲し、全国を分けて九州を置いた」
禹の時代に「神紋」をつけたカメが出現!http://kyuuseikigaku.blogspot.jp/2013/04/blog-post_12.html

クシュと九州(夏・禹) 紀州・・・紀氏http://8628.teacup.com/toraijin/bbs/2104
九宮八卦の陣のように構築されているなどと聞くと、中心から放射状の道路があって、いかにも整然と放射状の道路を繋ぐ路地があるように感じますが、実はとんでもなく、迷路仕立てになっています。
http://www.e-asianmarket.com/asia/zhuge17.html

陰陽魚太極図
http://www.e-asianmarket.com/asia/zhuge15.html

九字は九星九宮を表していて、南の空に向かって九字を九回唱えながらそのつど歯をかみ合わせると、その年の星がもたらす災いから逃れられるといいます。 ... また、早九字に使う図形はドーマンといい、蘆屋道満(芦屋道満、道摩法師)が考案したともいわれます。 ...
http://karen.saiin.net/~soweiru/okaruto/kuzi.htm
九字の歴史
現在では密教に取り入れられていますが、本来は仏教の業ではなかったようです。
元々は道教で用いられていた呪法が日本で修験道(仏教や陰陽道など、多くの教えを取り入れたもの)に取り入れられました。
九字の修法は、道教の九字と密教の印を結び付けたものです。
また、早九字に使う図形はドーマンといい、蘆屋道満(芦屋道満、道摩法師)が考案したともいわれます。
強力な呪符ですが中国の道教には存在していないようです。
日本の忍者も、術を使うときに印を用います。

「北斗九星」とお書きになった背景には、道教がアルコルと弼星を加えて信仰?http://isehakupedia.wiki.fc2.com/wiki/%E9%81%93%E6%95%99
伊勢~熊野、天河へ 4 2009-11-26 11:22:50
伊勢神宮を創建した時の天皇は、神宮の造営に道教の仕組みを細部まで組み込ませています。現在でも本殿の配置には、陰陽五行による天体の配置が正確に反映されています。伊勢神宮は、星を祭る御宮でもあります。
この時に道教の知識を得る為に、大陸から道教の関係者を家族毎にたくさん招待したと思います。集団で渡来して来た人々の名残りが、地域の名称に残存すると感じます。

道教の北斗九星を記した彼らが北極星を見ていなかったとは考えられません。宋の時代の北極星が弼星だったなら話は別ですが、あの時代も北極星はポラリスでした(少しずれていたとしても、こぐま座近辺。弼星が北極星として位置するには離れすぎ)。
道教での九星信仰に北極星を入れていないのは、それが当時の人達の観応力の限界だったということでしょうか?それとも、歴史の中でいつのまにか九星から北極星を外し弼星にすり替わったのでしょうか?
。。。。北極星は別格の最高神格だったからです。あえて区別したのです。

当時の鬼道とは何だったのか?福岡県福津市の宮地嶽神社に伝わる筑紫舞 は傀儡(操り人形)の踊りで、海人族安曇氏の信仰していた道教に由来する。道教には 女神が存在し、海人族安曇氏の信仰する水神の瀬織津姫に対応する。
卑弥呼の鬼道は中国の道教だった https://ameblo.jp/shimonose9m/entry-12071430889.html

... 非常時に スムーズに亡命できるように倭国の海人族(安曇氏)などとの誼を通じたり、小集団を 日本に移民させて基地を作ることなどもしていたと考えられている。
鬼室神社(2)http://09270927.at.webry.info/201604/article_5.html
660年7月、新羅と唐の連合軍が百済を滅ぼした。
 斉明天皇6年(660)9月、百済からの使者は、君臣は囚われの身となったが、王族の鬼室福信や黒歯常之らが百済王家を再興しようとして立ち上がり奮戦していることを伝えた。

豊璋は鬼室福信の人気の高さを嫌い、謀叛の疑いで捕らえ殺してしまったという。

   百済最後の王である義慈王(在 位:641年 - 660年)の王子。『日本書紀』での表記は扶余豊璋もしくは徐豊璋であるが、 『三国史記』では余豊璋もしくは徐豊璋、『旧唐書』では余豊もしくは徐豊である。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%B6%E4%BD%99%E8%B1%8A%E7%92%8B

    徐氏(じょし): 才色兼備で卜占に通じた、孫翊の妻。 孫翊が酒宴を設けた際、占い によって不吉な卦が出た事で、孫翊に酒宴の中止を進言するが、酒宴は開かれ、その席 で孫翊は暗殺されてしまう。

    徐福を先祖とする徐姓一門が名乗り出て、2000年の由緒正しい 系図を持つ徐氏一門が、今日なお中国全土に健在である事も 判明した。

    徐氏は、高陽から始まる。皋陶は、伯益を生み伯益は若木を生む。後に夏は、若木を徐に封じた。偃王32世に至たって国滅ぶ。周はその子を封じて子宗とする。その11代孫の章禹は呉に滅ぼされ、子孫は国名を氏とする。http://ikiya.cool.coocan.jp/sehachi/kiya31c.htm
    「宮下文書」、徐福は軒轅(黄帝)から出た。軒轅氏の第四子、忠顕氏の六世孫の万正氏は、夏の禹に従え代々、夏王朝に仕えたが、夏滅亡後、仕えることを止めた。万正氏の48世孫、正勝(子宗)は文学に優れ、周の武王(發)に仕え徐姓を得て、楚国に封じられた。その17世の子孫は殺された。その弟は、失地回復する一方で、遺子と母は、深山の大洞にかくれ、農夫となった。その九代の孫が孔子の十哲の一人、子路である。以後、代々儒学を修め、その八代孫が徐福である。

    禹は、河水(黄河)流域を中心に、済水、淮水から江水(揚子江)に至る全国を九州に分けた。その一つが徐州であり、山東半島の南から淮水に至る地域である。夏は伯益の子、若木を徐候(徐国)に封じた。 (現、江蘇チヤンスー省西北部、安徽アンホイ省北部)

     伯翳(益・伯益). ハクエイ(エキ・ハクエキ). 中国神話. 禹(う)の部下・秦(しん)の始祖神 . 中国古代神話で秦の始祖とされている神で、草木鳥獣の管理者。益、伯益ともいう。 一説によると、伯翳は顓頊(せんぎょく)の孫の女脩(じょしゅう)が燕の卵を飲んで生んだ  ...http://flamboyant.jp/prcmini/prcdeity/prcdeity158/prcdeity158.html
     伯翳は鳥獣の長として鳥獣を飼いならし、家畜を増やすことにも貢献したという。

     ユダヤ人以外の人間を、家畜同然の価値しかない存在と見ることである。 ... http://rockway.blog.shinobi.jp/%E7%B2%BE%E7%A5%9E%E4%B8%96%E7%95%8C/%E2%97%8F%E3%80%8C%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%83%89%E3%80%8D%E3%81%AE%E5%8F%8D%E7%9F%A5%E6%80%A7%EF%BC%9A%E9%9D%9E%E3%83%A6%E3%83%80%E3%83%A4%E4%BA%BA%E3%81%AF%E3%83%A6%E3%83%80%E3%83%A4%E4%BA%BA%E3%81%AB%E4%BB%95%E3%81%88%E3%82%88
      非ユダヤ人はユダヤ人に仕えよ

     なぜユダヤ人は鳥の頭で描かれたのか?: 中世ユダヤ教彩飾写本に見られる〈動物頭部 化現象〉の諸解釈をめぐってhttp://jairo.nii.ac.jp/0165/00038956/en
    鳥の頭
     トリ人間がいた?ラスコー洞窟壁画 - 秩父・仙台まほろばの道http://blog.goo.ne.jp/inehapo/e/400ce61aa7178da7e0e0a503c6870464
    鳥人間は、各地にあります。
     特に太平洋の島々には壁画に鳥人間を画いてます。

    三角帽子 壁画 鳥' ソグド人は前5 世紀にはアケメネス朝ペルシアの支配下 横穴墓から出土 するもの ...http://8220.teacup.com/toraijin/bbs/mobile/index/detail/comm_id/2991/?fontsize=5&reverse=0&TEACUPRBBS=5b53cb06983710d96ce8158af3a2e0f3


  三角帽 ユダヤの礼装である三角帽http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/942
  三角帽のつながりは、 チベット から中央アジアに広く足跡を残し、 アイヌ人とよく似た顔立ちをもったスキタイ(サカ)民族 にまで及ぶのである。 <写真> 1 スキュタイ土偶(エジプト出土・ ...http://momohaha.blogspot.jp/2012/01/blog-post_18.html
  フェニキア人 フェニキア帽子 胞衣 秦河勝 弥勒 36・・・666・・・KKK  http://8220.teacup.com/toraijin/bbs/mobile/index/detail/comm_id/2991/?fontsize=5&reverse=0&TEACUPRBBS=5b53cb06983710d96ce8158af3a2e0f3
  三角帽子「フリギア帽」でも知られる。 ...

  この帽子は元来フリギア(フリジア)に起源するとされているが、古代ローマにおいては、 自由身分の解放された奴隷が被るものとして考案された。 フリギア ... 西アジアにおける ミスラについての最古の記述はミタンニ碑文で、ミトラMitraである。
  フリジア帽  解放された奴隷が被るものhttp://8906.teacup.com/toraijin/bbs/3815

  ヒッタイトの帽子は帝国滅亡後もギリシャ 神話にも登場するフリギア の赤い 三角帽「フリジア帽 」となって残る。http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/2994

  三角の透かしのある帽子
  阜県揖斐郡揖斐川町
  普賢寺遺跡(幸福町、垣内町)https://www.city.kadoma.osaka.jp/shisei/k_shokai/meisho.html
  埴輪のほとんどは円筒と朝顔形円筒埴輪でしたが、蓋(きぬがさ)・鶏(にわとり)形等の形象埴輪、盾持人(たてもちびと)形埴輪も出土しました。盾持人形埴輪の頸から下は失われていましたが、三角の透かしのある帽子をかぶり、顔面には線刻で入れ墨が表現された特異なもので、特筆すべきものです。

   さざれ石公園・・・岐阜県揖斐郡揖斐川町春日(かなり山奥に あります。http://on-linetrpgsite.sakura.ne.jp/column/post_171.html
   その男は身分が低かったので、「読み人知らず」の歌と扱われましたが、 その後、朝廷から歌の上手さを認められ、石にちなんで 藤原朝臣石位左衛門(ふじわらあそんいしいざえもん)という名前を授けられました。
    この歌が、上一句を替えて国家の原歌となりました。

   平安朝時代、文徳天皇(在位八五〇-八五八年)の皇子惟喬親王に椀生地の司として仕えていた木地師の藤原朝臣石位左衛門は、親王の命を受けて良材を求めて椀生地を探し回り、ついに春日谷の奥地一帯を発見し、一族と共にそこへ移り住んだ。小宮地区には現在もその一族九〇余戸が居住している。
   春日村(旧)産のさざれ石などが、近年各地に寄贈され、今では伊勢神宮の内宮・外宮、熱田神宮、明治神宮、金刀比羅宮、出雲大社、霧島神宮、日枝神社、橿原神宮、乃木神社など、多くの有名神社、さらには文部科学省の中庭にも置かれるようになった。

   日本の国歌【君が代】は、古代ユダヤからのメッセージだった ...https://kakuyomu.jp/works/1177354054881757110/episodes/1177354054881757161
   遠く、かつてローマ軍に滅ぼされた古代ユダヤ王朝は、身の危険から、自分たちの母国を捨て、安住の地を求め、シルクロードを渡り、黄金の国ジパング、東の果てである邪馬台国を目指した。
   正確に言えば、日本が黄金の国に生まれ変わったのは(黄金の国、ジパングと呼ばれるようになったのは)、古代ユダヤの王朝が、ローマに滅ぼされ、黄金を含む、大量の金銀を日本に持ち込んだからだろう。
   日本を古くから支配したエスタブリッシュメントは、古代ユダヤ、ダビデ王の直系と、純粋な日本人の血流の2本に分かれ、幾度も対立し、古代ユダヤの民族の一部は、牛を飼う文化を日本で広め、牛殺し、のちの、えたひにんと呼ばれる人達となった。
   日本を古くから支配したエスタブリッシュメントは、古代ユダヤ、ダビデ王の直系と、純粋な日本人の血流の2本に分かれ、幾度も対立し、古代ユダヤの民族の一部は、牛を飼う文化を日本で広め、牛殺し、のちの、えたひにんと呼ばれる人達となった。

  . 確かに埴輪にはその髭がついていて、変なとんがり帽子ともども気になっていた

   現代の三角帽子https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E8%A7%92%E5%B8%BD%E5%AD%90
   チェルシー・ペンショナー
   三角帽子を振るロンドン市長
   三角帽子は、今日ではチェルシー・ペンショナー[9](王立チェルシー病院にあるケアハウスに住む退役軍人)が式典の時に着用したり、スペインの警察であるグアルディア・シビル[10]がかぶったりしている。黒い羽根を付けた三角帽子は、ロンドン市長が式典の際、また、毎年11月の「ロード・メイヤーズ・ショー」の時に着用しているのを見ることができる。市長が新しく選ばれた時は、群衆に向けてこの帽子を振る[11]。大法官も三角帽子をかぶっている[12]。日本では、宮内庁の儀装馬車の御者が三角帽子を用いている[2]。
   アメリカでは、三角帽子は独立戦争や当時の愛国者、特に植民地の民兵と関連付けられる[13]。

   フリジア帽は赤い三角帽 ミトラス (みとらす)とは【ピクシブ百科事典】 インド神話では ミトラ、ゾロアスター教神話ではミスラ、ミフルという。 ... ミトラ(ミスラ)の 場合、ヒンドゥー 教ではデーヴァ(天部)、ゾロアスター教ではヤザタ(神霊)であり、 .
   聖フィリッポ使徒http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/1448
   伝承ではフィリポはギリシャやフリギアで福音を宣教した後、殉教者として死んだと伝え られている。 ・彼は、帽子業の保護の聖人である。 ・フリギアのヒエポリスで拷問を受け て87歳で死亡 十字架刑であったとも石打ちの刑であったとも言われている。http://mukonoso.holy.jp/filippo.html
    ・イエスと親しく交わり(イエスの周りにいた限られた集団の一人であった)、
    伝承ではフィリポはギリシャやフリギアで福音を宣教した後、殉教者として死んだと伝えられている。
    ・彼は、帽子業の保護の聖人である。

   聖フィリポ. 使徒. 崇敬する教派, カトリック教会、非カルケドン派https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%83%9D
   フィリポという名前はギリシア語の男性名で、ユダヤ人としての名は別にあったと想定される。なおフィリポ、ピリポという表記は「馬を愛する者」を意味するピリッポス(フィリッポス)の、日本語聖書翻訳の新共同訳聖書における、格変化語尾をはずして名詞幹のみにした慣用表記である。
   フィリポは四福音書の十二使徒のリストすべてに登場するが、その記事はあまり多くなく、『ヨハネによる福音書』に集中している。それによればフィリポはベトサイダの出身で、イエスに直接招かれて弟子になる。フィリポは知り合いのナタナエルにイエスを紹介し、ナタナエルも弟子になった。また、「ギリシャ人」(これはギリシア語を話すユダヤ人である可能性もある)がイエスに会いにきたときには、まずフィリポに仲介を頼んでいる。

   非カルケドン派は「単性論教会」とも呼ばれる事があるが、非カルケドン派の諸教会自身 は自らの教説を単性論と看做される事を拒絶している。また、しばしば東方諸教会とも 同一視されるが、「東方諸教会」の語はネストリウス派の後裔とされるアッシリア東方 教会 ...
   「東方諸教会」の語はネストリウス派の後裔とされるアッシリア東方教会も含まれる用法(広義の「東方諸教会」)があるので注意。英語の"Oriental Orthodoxy"に対応するのは「非カルケドン派」である。
景教
   中国へは、唐の太宗の時代にペルシア人司祭「阿羅本」(アラボン、オロボン、アロペン等 複数の説がある)らによって伝えられ、景教と呼ばれた。景教とは中国語で光の信仰 という意味であり、景教教会を唐の時代、大秦寺という ...https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%82%B9%E6%B4%BE
   ネストリウス派とは、古代キリスト教の教派の1つ。コンスタンティノポリス総主教ネストリオス[1]により説かれた。431年のエフェソス公会議において異端認定され、排斥された。これにより、ネストリウス派はペルシャ帝国へ移動し、7世紀ごろには中央アジア・モンゴル・中国へと伝わった[2]。唐代の中国においては景教と呼ばれる。のちアッシリア東方教会が継承した。

   渡来系氏族である秦氏によって日本にも景教が伝わったともいわれる。中国ではダビデを漢訳して大闢と書くが、秦氏は西日本の日本海各地に大避神社と号する神社を建立し、また京都の広隆寺の隣に秦始皇帝を祭神の1つとして建立した大酒神社も、昔は大辟、さらにさかのぼると大闢と号していた。また同神社が管理している木嶋坐天照御魂神社にある「三柱鳥居」という珍しい鳥居は三位一体を表し、また「いさらい井戸」はイスラエルの転訛で、したがって旧約聖書に登場する失われた10支族の末裔ではないか、などと推察している。しかしこれには多くの異論があり、偽言語比較論として否定する向きも多い。(→日ユ同祖論)
   明治末に来日したアジア研究家の英国人であるE・A・ゴードン夫人は、真言宗と景教の関連性を確信し、高野山に中国・西安(長安)にあった景教の記念碑「大秦景教流行中国碑」のレプリカを建立した。この記念碑は、今も高野山に現存している。(夫人の墓もその隣りにある。)空海は中国で景教についても学んだとされる[8]。
   浄土真宗本願寺派の本山である西本願寺には、景教の聖書の一部(マタイによる福音書の「山上の垂訓」を中心とした部分)の漢訳である『世尊布施論』が所蔵されており、この事実を以て、親鸞が景教に学んだとする説を唱える者もいる[9]。
   山梨県甲州市大和町木賊の栖雲寺(せいうんじ)所蔵の「十字架捧持マニ像」(元代)は寺伝では虚空蔵菩薩像とされているが、十字架が描かれており、景教との関連が指摘されており[10][11]、アメリカのメトロポリタン美術館でも展示された[12]。しかし研究の進展により、本画像と他のマニ教絵画と図像が一致することが確認され、栖雲寺本はマニ像の可能性が高い[13]。

   景教(ミトラ教)の系譜http://rakusen.exblog.jp/22017189/
   新羅の王族の空海と景教(ミトラ教)の系譜:東アジア壬申の乱の大戦後)
   驚いた!
   まさか空海が新羅の王族だったとは!
新羅
羅馬
   ローマ帝国内で威勢を誇った幻の世界宗教ミトラ教http://inri.client.jp/hexagon/floorA7F/_floorA7F_mitra.html
イエス・キリストに当たる救済者すなわちメシアは、ミトラ神そのものだった。

「日本は、明治維新以後、欧米から知識を輸入し、その他の地域からはほとんど何も輸入しなかったため、欧米の勝手な歴史観を鵜呑みにしてしまった。その典型が『ギリシア哲学はヨーロッパが継承した』という欧米人のプロパガンダである。これは宗教・神智学に限って言えば完全なウソである。ピタゴラス、エンペドクレス、プラトン、ストア学派、新プラトン学派という一連の流れは、ミトラ教を介して、シーア派とスーフィズム(イスラム神秘主義)に継承されたというのが真実である。 〈中略〉 現代イラン(シーア派)の神智学や政治神学もプラトン直系である。こういう事実を素直に認めないといけない。ホメイニ師の政治神学は、プラトンの『国家』を発展させたものである。欧米人はムシのいい一面があって、自分たちだけがギリシア文化の継承者だというイメージを世界に植え付けようとしているのである。こういうイメージ操作を打ち破って欲しい。」

こうした一連の歴史の流れの中で、「ズルワーン神学」の後期の形態から「西方ミトラ教」が生まれ、それが更に発展して「東方ミトラ教(明教)」になった。イスラムが広がり始める7世紀以降は、徐々にイスラムにとって替わられていくが、全てが一夜にしてイスラム化したわけではない。12世紀まで東方ミトラ教の本部はバグダッドにあったし、イラン本土では16世紀までイスラム教徒は60%で、残りはマズダー教徒や東方ミトラ教徒であった。
こういう並存状態の中で、ミトラ神学はイスラム神学の中に移されていった。それには様々な形態があった。イスラム神学者や神秘主義の師たちがこれらを学んで、それをイスラムの中に取り入れる場合もあれば、マズダー教徒やミトラ教徒の集団が「スーフィー教団」と呼ばれるイスラム神秘主義の団体に変わっていくという場合もあった。
やがて、ミトラ神学を理論的支柱としながら、外面的には「マフディー信仰」という形態をとっている宗派が形成されていく。それがシーア派とイスマーイール派である。この両派の柱となる理論は「宇宙の中軸」理論と呼ばれているが、これはミトラ神学を継承発展させたものである。このイスラムの神学は「東方神智学」と呼ばれている。

ミトラはペルシャ(今のイランの 辺り)の神であり、フリーメーソンはその神を崇拝する密教だからだ。
日本の惨状/エイジェント/オバマと天皇/フリーメーソンhttp://mazeranmisogi.jugem.jp/?eid=355

「ノアの方舟」を作ったのもフリー メイソンだったと考えられるわけです。http://sekainoura.net/fm-sugata6.html
ヤフェトからは主に白人種コーカソイドが誕生。
アーリア人、ゲルマン人、スラブ人、ケルト人、
ギリシア人、ペルシア人、インド人などが含まれます。

同じアジア系でも日本人とアラブ人では、あまりにも顔が違いすぎます。
ですが、両者には非セム族にはない「しるし」があるのです。
何だかおわかりだでしょうか?
それは「蒙古斑(もうこはん)」です。

イエスキリストはセム族から生まれた黒い髪と黒い眼の有色人種です。

ノアの洪水伝説の原型であるシュメール・アッカドの『ギルガメシュ叙事詩』は、 アッシリア語版・古バビロニア語版・ヒッタイト語版・フルリ語版なども発見されている。 ..... 妹子が隋からの無事の帰還を感謝して、三宅八幡宮を創建したとされている背景に は、スサノオの子のウガの御魂(八坂神)を氏神として伏見稲荷大社に .... http://www.geocities.jp/roro2734/kouzuiden.html
烏・燕・鳩を象徴する民族
禹王の一族の契丹族は、後章で説明する『契丹古伝』を残している。さらに契丹族が遼国を建てて『遼史』を編纂して残しているが、契丹族の祖王のことを葛禹図可汗(遼史では葛烏兎可汗)と記していて、禹王=烏王であることがわかる。そして契丹はキタイと読み、イスラエル十部族をアッシリアから救出したスキタイ騎馬民族の末裔であることを匂わしている。また烏桓族・ウイグル族の末裔が平家となった。

夏王朝は姜姓であり、殷王朝は子姓であり、周王朝は姫姓である。姜姓は炎帝の子孫で、姫姓は黄帝の子孫とされている。もともと姜氏と姫氏は婚姻関係を結ぶ親族関係の氏族であったが、周王朝の植民国家の杞は夏王朝の子孫、宋は殷王朝の子孫に建てさせているし、太公望呂尚も夏王朝の姜姓であり、イスラエル風の斉国を建てている。しかも周王朝の祖の母の姓が、夏王朝の姜姓であることは、周王朝もウトナピシュテム(禹王)の子孫にあたることを示している。
鳩を象徴する民族は八幡宮を氏神としていたヒッタイト騎馬民族の秦氏(秦帝国の部族)とその子孫の源氏や、大和漢直(阿知使主を祖とする)となった。

八幡宮が鳩を象徴し、賀茂大社が八咫烏を象徴したのは、ノアの洪水伝説を両社で示すためだった。

秦氏と小野氏の密約
小野妹子は遣隋使として隋に赴き、隋国では蘇因高の名を名乗った。小野氏は猿田彦とウズメの子孫の猿女の君の家系であり、京都の祇園社(八坂神社)を氏神とする氏族である。隋国から無事に帰った妹子は、京都の岩倉地区に三宅八幡宮を創建した。三宅八幡宮の建てられた地と、上賀茂大社と下鴨大社の建っている地を結ぶと、見事に測ったように正三角形になっている。

ウガの御魂(八坂神)
ヤサカとはヘブライ語で神への信仰、そしてヤマト(YA・UMATO)とは、神の民の 意味です。 http://www.sam.hi-ho.ne.jp/tootake/hla.htm
ヘブライ語で「ヤ」というのは「神」という意味で、日本語で八重、八幡(やわた)、やおよろず、八坂など「や」が付く言葉で神社に関係しているものが多くあります。
 なお、ヤサカとはヘブライ語で神への信仰、そしてヤマト(YA・UMATO)とは、神の民の意味です。

日本人は本当にユダヤからきたのかを解明すべく資料を集めていて、日本人とユダヤ人は血液型からみて全く無関係というデ-タも入手したのですが、その後すぐに、現在のユダヤ人には、アシュケナ-ジとスファラディと呼ばれる2つの種族があることを知ったのです。そして現在のユダヤ人の90%以上をしめるアシュケナ-ジ系ユダヤ人は、AD740年頃(日本の奈良時代)にイスラム教から改宗したカザ-ル王国(トルコの一部)の末裔だということなのです。
 ですから、現在のユダヤ人のほとんどが、旧約聖書に登場するノア、アブラハム、ヤコブ、モ-セ達とは血のつながりがなく、したがって現在に日本にやってきただろうユダヤ人とも関係が全くないということなのです。それならスファラディといわれている本当の(むやみにそういうことを言うと反ユダヤのレッテルを貼られるそうです)のHLAを調べれば良いのですが、もうどうでもよくなってきました。夢は夢のままにしておくのが良いでしょう。
 人類がアダムとイブ(イザナギ、イザナミでもいいです)から生まれたのなら、言えることは、ただ一つ。「人類は一家、皆兄弟」

秦氏=ハタ氏=埴輪の帽子、とんがり帽子(ハット、Hat)をかぶった人物 ?
29 :日本@名無史さん:2006/09/06(水) 21:11:05 http://mimizun.com/log/2ch/history/1157465721/
秦一族はシルクロード沿いの、商社マンの様な気がするな古墳からは
ペルシャ、西域人みたいな風貌の人物埴輪が、全国から出るしヤマトは
以外と国際都市、国家かもな何が商品か分からんが、宗教にしても
シルクロード沿いで流行ってた太陽神ミトラ、ミトラス教が神道に
かなり影響してる。秦氏は間違いなく信者だなユダヤ系が色濃いが
弥勒教は佛教系、太陽神=天照=アマテラス=あミトラス 何だか匂う
言語でも、チャランポラン、ニクラシー、シオタラン意味は日本と一緒
前方後円墳の形何かしってる?

139 :日本@名無史さん:2006/09/13(水) 11:50:12
サカ族といえばトンガリ帽子
古墳の埴輪のなかに西域風のトンガリ帽子の人達、全国から出てくるね
かなり古くからトンガリ帽子の人達、日本列島に来てたんだろうね。

   会稽郡の大鬼 は郡内の禍福、特に謝氏の吉事凶事について予. 兆を示した。

   (帯方郡から) 倭国へ の超勤を考えてみると、 ちょう. ど (洛陽から) 会稽郡の東治県の 東 (盤) あたりに相当. するだろう。 髪・衣服. みだれ みずら. その風俗は淫ていない。 男子はみな粉の髪を露わに. もめ ん. し、 木縣を頭にまいている。
   新釈〓魏志倭人伝http://time21.sub.jp/tikusi_kodai/rensai/bookpdf/book_c.pdf#search=%27%E4%BC%9A%E7%A8%BD%E9%83%A1%E3%81%AE%E5%A4%A7%E9%AC%BC%27

   禺を「上は鬼の字の上部と似ており、下は禸ジュウ(けものの足跡)から成り、鬼のような頭をもつケモノ⇒頭の大きなサル」と解釈した。したがって多くの字典は、この字の意味を、「獣の名。おながざる」としている。
   「禺グ」 <蛇形のものが相交わる>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/306202167ea215dbe8a0e210b72e9a7f
解字 金文の禺は禹ウと似ている。禹の金文第一字は、二匹の虫をタテとヨコに組み合わせた形。オスとメスなので頭のかたちが異なっている。金文第二字でタテの虫が頭の大きい蛇のような形になり、ヨコの虫が手(又)のような形に変化し、篆文で少し変形してから禹になった。虫は蛇とされるが竜とする説もある。もと水神としてまつられ、転じて、中国古代の聖王の名となった。
 一方、禺グは、金文では頭が田になっているが、あとは禹の金文第二字と似ている。この両字の相似を指摘したのは白川静氏で「禺は禹と字形が近く、蛇形のものが相交わる形であったと考えられ、おそらく竜頭の神であろう」(字通)としている。私も伝説または神話上の二匹の蛇形の動物が相交わる形だと思う。なぜなら、こう考えることにより、禺の音符を解くイメージが出てくるからである。まず、禺は相交わる形なので「対になる」、蛇形の動物なので、丘や山の「くぼんだところ」に棲むイメージがでてくる。なお、後漢の[説文解字]が解釈した「頭の大きなサル」は、その後作られた新しい漢字のイメージに用いられる。
意味 (1)おながざる。頭の大きなさる。(2)すみ。(=隅)
イメージ 禺は「蛇型のものが相交わる」形で、相交わるので「対になる」、蛇形のものが棲むのは丘や山の「くぼんだところ」、後の解釈である「頭の大きなサル」
  「蛇型のものが相交わる」 (禺)
  相交わるので 「対になる」 (偶・遇・耦・寓)
  蛇形のものが棲むのは丘や山の 「くぼんだところ」 (隅・嵎)
  後の解釈である 「頭の大きなサル」 (愚)
音の変化  グ:禺・愚  グウ:偶・遇・耦・寓・隅・嵎

対になる
偶 グウ・たまさか  イ部
解字 「イ(ひと)+禺(対になる)」 の会意形声。対になる人の意で、ともがら・つれあい、人と対になる「人と同じような形の人形」、二で割り切れる数の意味になる。また、遇グウ(たまたま会う)に通じ、たまたまの意もある。
意味 (1)ともがら。つれあい。「配偶ハイグウ」(2)人の形に似た人形。「土偶ドグウ」「偶人グウジン」「偶像グウゾウ」(①信仰の対象の像。②崇拝・盲信の対象とされるもの)(3)二で割り切れる数。「偶数グウスウ」(4)たまさか(偶)。たまたま。まれに。「偶然グウゼン」「偶発グウハツ」
遇 グウ・あう  之部
解字 「之(ゆく)+禺(=偶。ともがら・つれあい)」 の会意形声。道でともがらと出会うこと。思いがけず会うことから、たまたまの意もある。また、出会った人をもてなすこと。
意味 (1)あう(遇う)。思いがけず会う。「遭遇ソウグウ」(遭も遇も、であう意)「奇遇キグウ」(奇跡的にあう)(2)(思いがけず会うことから)たまたま。(=偶)(3)もてなす。あつかう。「待遇タイグウ」
耦 グウ・たぐい  耒部
解字 「耒(スキ)+禺(=偶。ともがら・つれあう)」 の会意形声。土地を耕すとき、二人ならんでスキを使って耕すこと。
意味 (1)ならびたがやす。二人で並んでスキをたがやす。「耦耕グウコウ」(並んで耕す)(2)たぐい(耦)。ともがら。あいて。「耦立グウリツ」(二人が並んで立つ)「耦居グウキョ」(二人暮らし)
寓 グウ・グ  宀部
解字 「宀(やね)+禺(=偶の意味④たまたま)」 の会意形声。たまたま住むことになった家。また、自分の家でなく、よその家のこととして示すこと。
意味 (1)仮住まいする。身をよせる。「寓居グウキョ」「寄寓キグウ」(他人の家に身を寄せること)(2)ことよせる。かこつける。「寓意グウイ」(他の物事にかこつけて、本当の意味をそっと示すこと)「寓話グウワ」(動植物を擬人化したたとえ話)

くぼんだところ
隅 グウ・すみ  阝部
解字 「阝(おか)+禺(くぼんだところ)」 の会意形声。丘のくぼんで奥まったところをいう。転じて、曲がったかどや方形の四すみの意。また、かどは中央のはずれにあるので、かたすみの意ともなる。
意味 (1)すみ(隅)。かたすみ。中央でないところ。「片隅かたすみ」「辺隅ヘングウ」(都から遠い土地。かたいなか)「一遇イチグウ」(一方のすみ。かたすみ)(2)方形の四すみ。かど。「四隅よすみ」「重箱の隅すみ」「隅奧グウオウ」(へやのすみ)
嵎 グウ  山部
解字 「山(やま)+禺(くぼんだところ)」 の会意形声。山のくぼんだところ。山のおくまったところをいう。
意味 山のくま。山の奥まったところ。「嵎角グウカク」(山のくま)「嵎嵎グウグウ」(曲折する)

頭の大きなサル
愚 グ・おろか  心部
解字 後漢の[説文解字]は、禺を「頭は鬼の字の上部で、下は禸ジュウ(けものの足跡)から成り「頭の大きなサル」と解釈した。この解字は本来の意味である「蛇形の動物が相交わる意」が忘れられて、その後に成立したものと思われる。愚の字は、禺の解釈が「頭の大きなサル」になって以後に成立したと字と思われる。解字は、「心(こころ)+禺(頭の大きなサル)」 の会意形声。人までは行かないサルの心。
意味 (1)おろか(愚か)。おろか者。「愚民グミン」「愚劣グレツ」「愚者グシャ」(2)自分や身うちを謙遜していう言葉。「愚見グケン」「愚妻グサイ」「愚考グゴウ」
<紫色は常用漢字>

   禹の「鬼神に孝を 致す」の遺風を、俾弥呼の「鬼道に事える」ための公的ルールの成立 ..

百済人鬼室
近江大津京の初代学識頭(ふみのつかさのかみ:当時の文部大臣)を努めた百済人鬼室集斯を祀る鬼室神社がある。
湖東の渡来人http://yagiken.cocolog-nifty.com/yagiken_web_site/2006/01/post_267e.html
鬼室集斯の墓碑に彫られた朱鳥(あかみとり)3年は、日本史辞典を紐解くと西暦688年にあたる。7世紀前半の朝鮮半島は、北に高句麗、東に新羅、西に百済があって3国が鼎立していたが、660年頃に新羅が唐と連合して百済を滅ぼし、その後668年には高句麗をも滅ぼして統一新羅が成立する。
百済国王であった義慈王(ぎじおう)が唐に連れ去られた後も、百済を再興しようとしてゲリラ戦を続けていたのが、冒頭の説明板にも出ている鬼室集斯の父、鬼室福信(きしつふくしん)である。当時義慈王の王子、豊璋(ほうしょう)が日本にいたので、鬼室福信は豊璋の帰還と援軍を日本に乞うた。これに応じたのが中大兄皇子(天智天皇)である。
豊璋は帰国して国王となり百済再興を目指したが、鬼室福信の声望をねたんで彼を殺すなどの内紛もあり、663年の白村江の海戦で百済-日本連合軍は、新羅-唐連合軍に壊滅させられた。豊璋は北方へ逃げ百済は完全に滅亡した。日本軍の生き残りは百済の亡民を保護して日本に戻り、その後も百済から日本への亡命者が絶えなかった。
王族に連なる鬼室集斯の一行もこのような亡命者であったが、一行には法制、学術、兵法、医薬などに優れた人材がいたと思われ、天智天皇の近江朝廷は鬼室集斯に位階を与えて優遇した。日本書紀天智紀8(669)年には、佐平(百済の官位)余自信、佐平鬼室集斯等男女七百余人を近江国蒲生郡に遷す、という意味の記載があるので、鬼室集斯はこのときに蒲生郡に定着したらしい。

禹の「鬼神に孝を 致す」の遺風を、俾弥呼の「鬼道に事える」ための公的ルールの成立 .. . 俾弥呼と崇神の接点
鬼道 鬼神=禹の父「鯀(コン)」の 魂コン)http://8220.teacup.com/toraijin/bbs/3040
、禹は吾れ間然(かんぜん)すること無し。飲食を菲(うす)くして、孝を鬼神に致す。衣服を悪(あ)しくして、美を黻冕(ふつベん)に致す。宮室を卑しくして、力を溝洫(こうきょく)に尽くす。禹は吾れ間然すること無し。」(泰伯第八)

倭人伝で俾弥呼が「鬼道に事える」ことを中心の信条としていたのと、はなはだ「近い」テーマであることが注目せられよう。けれども、孔子は直接にはそのことの意義を「否定」はしていないけれど、「わがことに非ず」という立場をとっている。俾弥呼の主導する道と、孔子の「儒教」とは、おのずから異なった方向へと向かっていたようである。
 しかし(三)によれば、孔子は決して「鬼事」を否定しているわけではない。

俾弥呼の場合、「鬼神に事え」ではなく、「鬼道に事え」となっている。俾弥呼が、単に「個人的な好み」として、それを行ったのではなく、一個の公的ルールとして倭国の中に樹立していた。その状況を指す言葉、それが「鬼道」の二文字なのである。
 禹は会稽山で没した、という。その会稽山の「東治」領域の東、そこに俾弥呼の女王国があった。それを陳寿は、「当に会稽東治の東にあるべし。」と表記した。禹の「鬼神に孝を致す」の遺風を、俾弥呼の「鬼道に事える」ための公的ルールの成立している姿の中に「見よう」としたのである。この注目すべき一節をもって、単に「地理的位置」の指定とのみ理解するならば、歴史家たる陳寿の「面目」の根本を見失ったものなのではあるまいか。

日本の天狗というのは道教・陰陽道つまり修験道から出る神である。一方、鬼は神道・ 民間信仰から出てきた。 鬼とは本来の姿は巨人=ダイダラ坊であると綛野和子が書い ている。
アジア神仙思想が生んだ鳥と蛇の合体神クリップ追加
天狗は蛇と鳥の着想であろうhttp://blogs.yahoo.co.jp/kawakatu_1205/53359099.html
蛇と鳥
禹 ウ 禸部ぐうのあし 解字 二匹の虫をタテとヨコに組み合わせた形。オスとメスなので頭 のかたちが異なる[字統]。金文第二字でタテの虫が頭の大きい蛇のような形になり、 ヨコの虫が手のような形に変化し、篆文で現代字に通じる形ができた。
「禹ウ」<古代の聖王>・「焉エン」<端正で美しい鳥>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/e2d8b9eb566008d1c5c468195dc48c24
「禹域ウイキ」(中国の別名。禹王が治めた国土の意から)「大禹ダイウ」(禹の敬称)
焉 エン <端正で美しい鳥>
5)揚子江と淮河に産する黄色い鳥[説文解字]

渡り鳥ー測量士http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/4054
渡り鳥ー測量士・池の魚 =「魚」(古代キリスト教のシンボル)郷里の田園 .... 甲骨文字の「祝」の「兄」の「口」は禹 の父(霊)「ル」は測量の「鬼」となり弱った禹の「足」を表わしています。http://hi.baidu.com/aermdskqrbghsyr/item/ddbd2c195819e19188a95698
http://hi.baidu.com/aermdskqrbghsyr/item/ddbd2c195819e19188a95698
禹州市(うしゅう-し)は禹・蚩尤(シュウ)牛?http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/3676

呉の子孫を意味する東海姫氏国
佐々貴山公の子孫が紀氏を名乗るのは、中国の呉の子孫を意味する東海姫氏国に関係があるのか、殷の皇族で礼儀や農事・養蚕・機織の技術を東方に伝えたという朝鮮侯箕子の子孫箕氏に関係があるのか、いろいろと考えているのです。箕作山から考えると、箕氏の可能性も否定できません。
たしかに岸は、新羅の役職名から使用された姓で外交と関係した「吉士」と関係があるかもしれませんね。
 

結節点・・・朝倉山の鬼・・・青い笠の怪人・・・役小角(634年~701年)

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2017年 5月27日(土)18時46分55秒
返信・引用
  朝倉市の紹介 筑前町の紹介 東峰村の紹介 東峰村の概要 本村は福岡県中央部の 東端にあって、大分県県境に接し、英彦山~求菩堤山地に(東)と古処山~宝満山(西)と の結節点にあたる中山間地域にあります。http://amagiasakura.net/touhoumura_syoukai

蘇我馬子の死後も蘇我氏が隆盛を極め、中国は数年前に隋から唐に代わり、 使者に応え「遣唐使」が送られようとする頃、役小角はこの世に生を受けます。http://l-s.co.jp/indoorview/blog/leisure/id_8541/
役小角が20代の頃、中臣鎌足の病気を治癒させたという伝説があります。談山神社のシンボル「十三重の塔」は、鎌足の息子である藤原定慧と不比等によって建立。鎌足が臨終する前日、天智天皇は日本国政に尽くした鎌足に大織冠という冠位と共に「藤原姓」を授けます。

かつて弘法大師も修行していた江ノ島の岩屋洞窟。役小角もこの地へ来たとき洞窟からパワーを感じ、ここで修験道の霊場を開きました。

日置 日蓮 大國魂神社 江ノ島 日光
レイラインの上に ,江ノ島と大國魂神社http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/896

飛鳥時代の道教文化
推古9年(601)、百済の僧観勒が暦本・天文地理書・遁甲方術書を貢上したと記録されています。これが本格的な道教文化伝来だったようです。
日本に宗教としての道教は定着しませんでしたが、道教の背景にある天文学や歴法、占いなどの当時の最新の学問や手法、そして仙人を理想とする神仙思想(老荘思想)などは日本に受け入れられ定着していきました。
特に飛鳥時代は道教文化を受け入れた凌明期であり、最盛期でもあったように見えます。

飛鳥時代の怪異http://www.ab.auone-net.jp/~koinyawa/taoism.html
日本書紀には飛鳥時代の道教的な神仙的な怪異譚がいくつか載っています。この当時には仏教が導入されていますが、抽象的で分かりにくい仏教よりも具体的で分かり易い道教の思想が受け入れられたのだと思います。
片岡の飢者:尸解仙の話が聖徳太子の聖人譚として記載されています。
蘇我蝦夷の霊:青い笠の怪人が龍に乗って葛城嶺から生駒山へと移動。
朝倉山の鬼:斉明天皇の葬儀を見ていた朝倉山の鬼。
役小角:修験道の祖。文武3年(699)に伊豆に配流されています。
(参考)古代怨霊の真相

八角形の天皇稜
飛鳥時代の天皇稜には八角形をしたものが多くあります。これは、道教の影響ではないでしょうか。おそらく、この時代だけの流行です。
 舒明天皇稜(段ノ塚古墳)  舒明天皇:641年没
 斉明天皇稜(牽牛子塚古墳) 斉明天皇:661年没
 天智天皇稜(御廟野古墳)  天智天皇:671年没
 天武天皇稜(野口王墓古墳) 天武天皇:686年没
 持統天皇稜(野口王墓古墳) 持統天皇:702年没
 文武天皇稜(中尾山古墳)  文武天皇:707年没

朝倉郡東峰村の小石原地区を通る国道500号線そばにある「行者堂」は、室町時代、 修験道の開祖・役行者(えんのぎょうじゃ)が開いたとされる霊場。
「修験道の開祖ゆかりの地」 朝倉郡東峰村 http://www.fukuokayokatoko.com/?MN_disp_report=1;g=11;a=4;i=121
 

真実の道 タオ

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2017年 5月24日(水)15時07分26秒
返信・引用
  トーラー(ヘブライ語: ??????? 、英語: Torah)は、ユダヤ教の聖書(タナハ)における最初 の「モーセ五書」のこと。また、それに関する注釈を加えてユダヤ教の教え全体を指す 場合もある。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC
ヴェーダ時代には、「天則」・「理法」の意味をもつ「リタ」(Rita)、「法度」を意味する「ヴラタ」(vrata) と併用されている。この「リタ」や「ヴラタ」は天地運行の支配者であり、四季の循環などをも支配するもので、主に神意を表現する。これに対し「法」は人倫道徳を支配するもので、人間生活を秩序づけると考えられた。そこで「法」が、社会の秩序や家庭の秩序をさし、さらに人間の日課も「法」と言われた。

法道(ほうどう)は、インドの仙人。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%95%E9%81%93
6-7世紀頃、中国・朝鮮半島を経由して、日本へと渡ってきたとされる。播磨国一帯の山岳などに開山・開基として名を遺す、数多くの勅願寺を含む所縁の寺がみられる。
また、日本に渡るときに牛頭天王と共に渡ったとされその牛頭天王は姫路市にある広峰神社に祭られ、その後現在は八坂神社中の座に祭られたとされている。 法道仙人が六甲山雲ヶ岩(紫雲賀岩)で修業中、紫雲に乗って出現した毘沙門天を感得する。雲ヶ岩、六甲比命大善神、心経岩を奥ノ院とする吉祥院多聞寺(神戸市北区唐櫃)を創建する。 関東でも鉢山町や神泉町など地名が法道由来とされる。

木簡では「針間国」・「幡麻国」と表記
明治維新の直前の領域は現在以下のようになっている。現在の神戸市域においては、須磨区を境に東部(長田区・兵庫区・中央区・灘区・東灘区の全域および須磨区・北区のそれぞれ大部分)が摂津国、西部(垂水区・西区のそれぞれ全域と北区・須磨区のそれぞれ一部)が播磨国であった。
播磨https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%92%AD%E7%A3%A8%E5%9B%BD
兵庫県神戸市垂水区・西区・姫路市・明石市・相生市・加古川市・三木市・高砂市・小野市・加西市・宍粟市・たつの市・西脇市・加東市・多可郡・加古郡・神崎郡・揖保郡・赤穂郡

7世紀の終わり頃、播磨国の長官を「吉備大宰(きびおおみこともち)」とか「播磨国宰(みこともち)」と『播磨国風土記』に記されている。この期の地方長官は、複数国以上を統括する大宰(総領)が任命された[2]。
713年(和銅6年)に編まれた風土記の内、現在にまで文献が残る五か国の一つでもある(『播磨国風土記』を参照)。
江戸時代には、山崎藩・安志藩・三日月藩・林田藩・三草藩・龍野藩・小野藩・姫路藩・赤穂藩・明石藩・福本藩・新宮藩・姫路新田藩・平福藩が置かれた。

阿波の一の宮、大麻比古神社も渡来系の忌部氏の神社で、「四国遍路第1番札所の霊山寺」も忌部氏の氏寺であったという。また、開基とされる行基は百済から渡来した王仁氏系の氏族だという。
?豊前 豊後から伊予を経て讃岐、阿波そして播磨、瀬戸内に沿いつつ秦氏は畿内に到達する。
5世紀の葛野地方は、大豪族・葛城氏の支配下に多くの渡来系氏族が住んでいた。しかし葛城氏が滅びると渡来人達を畿内とその周辺各地に移住させる政策がすすみ、秦氏も山背の深草に移住する。そして6世紀半ばから後半以降に葛野地方(今の太秦)を開拓し多いに栄える様になる。それに伴い秦氏の族長権も、秦大津父という深草の秦氏にあったが、後に葛野の秦河勝に移行する。

族長の秦河勝がたどり着いた播磨国
聖徳太子の側近として活躍し、その財力により平安京の造成、伊勢神宮の創建などに関わったという説もある秦 河勝(はた の かわかつ)、聖徳太子が世を去ったあと、京都太秦を本拠地としていた河勝は蘇我氏の迫害をさけ、兵庫県の瀬戸内海に面した坂越(さこし)という地にたどり着き、80余年の一生を終えたと言われている。
なぜ?播磨を目指したのであろうか?https://ameblo.jp/taishi6764/entry-11854163492.html
古代以来、日本文化史の中で秦氏は極めて重要な位置を占めている。
それは、日本の象徴とされている神社にも大きく関わってくる。

古代以来、日本文化史の中で秦氏は極めて重要な位置を占めている。
それは、日本の象徴とされている神社にも大きく関わってくる。http://www.shinto.org/wordjp/?page_id=2
神道とは日本の土着の宗教です。日本の古代から現代に続く民族宗教であり、日本人の生活文化の全般に浸透し、しかも外来文化を受け入れて、日本的に変容させるというエネルギーをもっています。その原点は古来の民間信仰と儀礼の複合体で、動物や植物その他生命のないもの、例えば岩や滝にまでも神や神聖なものの存在を認めるいわゆるアニミズム(精霊信仰)的な宗教です。その起源は遠い昔に遡ります。西暦紀元前200年頃までといわれる縄文時代の遺跡から発見された遺物の多くには何らかの呪術的な意味を持っていたとおもわれるものがあります。

墨子の思想が中国古代の神道の 基軸となっています。http://www.myoukakuji.com/html/telling/benkyonoto/index184.htm
神道・神呪として呪術化した太平経の思想として展開し、三張道教、北魏の道教、陶弘景の茅山の道教など、中国古代の神道が神を肯定する思想の流れとして展開し、唐代の道教黄金時代へ影響をあたえています。(福永光司著『道教と古代の天皇制』四九頁)。神仙説は『封禅書』によりますと、紀元前四世紀の前半ころから始まったといい、各地の山岳信仰と密接な関係が見られます。

揚子江流域に栄えた戦国時代の楚(紀元前四〇〇年)の王の墓が発掘されたとき、その壁面に全景が描かれた古代神話の絵がありました。この絵を資料としたのが中国目録学の始祖といわれる前漢の劉向(りゅうきょう)の『楚辞』天問篇です。ここに、「圜則九重」(圜則(えんそく)は九重なると)・「八柱何當」(八柱は何くにか當る)・「九天之際」(九天の際(境界)は、どこまで続いているのだろうか)・「十二焉分」(十二焉くにか分かてる)・「日月安屬」(日月安くにか屬き)・「列星安陳」(列星安くにか陳(つら)なる)という語句があります。意味は「天は丸く九層の形でできており、地には八本の柱がこれを水平に支えている。天は木星の所在によって十二の分野に区分され、そこに日月が巡り列星も連なる。九層の城には四方に門がある。天はどこで重なっているのだろうか。十二の星次はどこで分かれているのだろうか。日月はどこに繋がれているのか、星星はいかなる配置になっているのか」という疑問文で書かれています。この語句には無より有を生じ陰陽の組み合わせが生まれます。そして、四象(東西南北・春夏秋冬)、八卦・九星・十二支が示されていることです。つまり、道教の主要な陰陽説・占星学的な見解が既出しているのです。

道教は漢時代以前の巫祝(ふしゅく)信仰や、陰陽五行説・讖諱説、道家・方士の神仙方術的信仰が基盤となっていたことがわかります。(下出積與著『道教と日本人』一五頁)。ここでいう巫(ふ、かんなぎ、みこ)は鬼神を祀り舞楽(踊り)をして神降ろし(降神)を行う女性をいいます。男子は覡(げき)といい両者をあわせて巫覡(ふげき)といい、降神により神意を世俗の人々に伝えるを役割をしました。殷・周のころは王が祭政双方を行い権力支配をしていました。時代が下ると政治と祭祀が分かれ、巫が祭祀を行うようになります。巫覡の役目は降神・解夢(夢判断)・予言(神託)・祈雨・医術(巫医、毉)・占星・呪い(除災招福)などです。祈雨は主として女巫が行い必ず舞を踊ります。巫という甲骨文字は巫女が両手で玉を供えて、神の意志を伺う姿といいます。

老荘思想は老子の説く人為のない自然そのものの社会を理想境とするものと、荘子の真人(神人)を最高とする思想の二つを中心としています。荘子は「藐姑射山の神人」を説き仙人伝説の元祖といわれます。陶淵明、李白、杜甫、白居易、柳宗元などに影響をあたえ、超俗の境地を得るため隠者生活に入りました。また、仏教にも大きな影響を与え、とくに、禅宗は中国全土に広がります。初期民間道教に神仙思想を含む道教に発展し、AD一世紀の後漢に他力信仰から自力信仰に変わります。人里から山に入り神仙を目指すことから、遷人から仙人の字に変わります。この後漢には仏教の伝来があります。

『魏志』東夷伝にある邪馬台国について、もとは男子が王として継承していたが、内乱の後に女子の卑弥呼を王としたとあり、卑弥呼は鬼道に事へて衆を惑わしたとあります。陳寿が鬼道とのべたのは、当時の中国において風靡していた鬼道のことで、五斗米道の張魯の創始したものといいます。つまり、災難や病気などの原因は死霊としての鬼道の祟りとし、符や呪水により免難するものです。この道教系の鬼道信仰の影響が、卑弥呼に及んでいたといいます。東夷伝に見られる宗教儀式や、そのほかの用語についても道教の影響が見え、また、老子よりも鬼神信仰を強調した墨子に関連しているともいいます。墨子は葛洪の『神仙伝』に道術の体得者として挙げられています。(重松明久著『古代国家と道教』七〇頁)。太平道と五斗米道のどちらも、治病を呪術でおこなう現世利益の信仰ですが、不老長生の神仙説は表面に出ていません。この時期に教団が整のったとされることから成立道教・教会道教といい、民間信仰を主とした民衆道教と分かれます。

秦野北斗さんへのお返事です。
道道タオ 禹歩(道・タオ:田尾=甩シュツ・・・電いなずま:ジグザグ・・・出 エジプト) 陰陽 道http://8220.teacup.com/toraijin/bbs/2081

道(タオ)という言葉の音は、 この「トラ」という言葉に相当します。タオをトラと訳すのは、ここです。
老子が教えたものは、「道(タオ)」と呼ばれています。その最初の文章は、「それは具象でもなく抽象でもなく、つまり体でもなく、そして心でもなく、何と呼んで良いか分からないので、とりあえず道と呼ばせていただきます」とあります。
  道教(タオ)http://space.geocities.jp/tammashart/rousi/tao.html
それが真実で、タンマという言葉と、まったく同じ意味に使われています。アジア一帯と 言うこともできます。道(タオ)という言葉の音は、この「トラ」という言葉に相当します。 タオをトラと訳すのは、ここです。

ブッダと同時代の中国には、つまり老子の時代に、老子は、「具象でもなく抽象でもないもの、つまり物体でもなく心でもない物が、世界より前からある」と言っています。道と呼ばれるものは、世界より前から存在し、形でも名でもなく、物質でも心でもないものを「タオ(道)」と呼びますが、この言葉は、その後ただの「タンマ」と訳されるようになりました。
 旧約聖書では、万物より前に、神様あるいは God と呼ばれるものが、神様と共に、神様として存在したと認めています。これが神様であり、これが万物を造りました。これがなければ、造られたすべての物は存在しません。これは、彼らにも、すべての物より、すべての物ができる前から存在していたものに関する知識があったということです。
しかし確信はありません。明らかに知らないので、姿形のあるものとして、いろんな面、いろんな観点で語っていますが、、すべての物より前からあるもの、そしてどこにでもあり、永遠にあるという意味は同じです。だから神様と呼びます。
 この神様も同じです。私も元の言語、ユダヤ語、あるいはギリシャ語ではどんな意味があるのか、良くは知りませんが、英語になると、はっきりと The Word、 つまり言葉と訳されています。普通の人の言葉ではなく、自然の言葉です。だから、自然の法則の在り方、自然のどんな法則も、それがThe Wordです。あるいは The Word は神様にあります。The Word は神様で、The Word がすべてを造りました。要するに、彼らはそれを神様と呼びます。
 バラモン教、あるいはヒンドゥー教といい、遠く離れた西洋のユダヤ教といい、東の端の、老子の道教といい、同じものについて言っているということが分かります。万物より前からあり、至る所にあり、永遠に存在するものであり、すべて意味が一致します。
 これです。それが何であろうと、ここでは取りあえずカイワンタムと呼びます。つまり至る所にあるもので、時間的な普遍でも、空間的な普遍でも、時と場所を限定しない、一つのものです。

老子は孔子・墨子のあとに出たものに違い ない. と考える。 ....
老子 中国思想の智慧への門http://dl.ndl.go.jp/view/prepareDownload?contentNo=1&itemId=info%3Andljp%2Fpid%2F3194993
銭穆は、「孔子・墨子は何れも浅近だが、老子は深遠であり、孔子・墨子は何れも質実だが、老子は玄妙である。
思想の深化の過程から言えば、老子は孔子・墨子のあとに出たものに違いない。」と考える
 

額田王   額に田?・・・境目  鏡王 ?

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2017年 5月18日(木)11時43分28秒
返信・引用
  額田王   額に田?・・・境目  鏡王 ?
額田王 生没不詳(715和銅8年粟原寺の鑪盤).
天武天皇関連系図http://www7a.biglobe.ne.jp/~kamiya1/mypage11.htm
鏡王

格子状の印がドーマン
古代の隠れた歴史が残したサインhttp://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/63f102a78cb7830586206766f01145f5

モーゼ没後500年ほどしてから、同じく古代ユダヤの預言者であるイザヤが、啓示を受けて日本国に弟子を派遣したと感じます。そして、イザヤの意思を受け継ぐ弟子が、現在の伊雑宮にかなり長く滞在した感じです。この時にユダヤ教の神事をしています。
つまり預言者イザヤの名前が、「イザワの宮」の呼称に関与したのです。
田んぼが世界を救うhttp://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%87%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E3%82%A4%E3%82%B6%E3%83%A4&type=and&sort_flg=0&encode=utf-8

格子状の印は「九字紋」と同じ形状です。九字紋の九字(くじ)とは、中国に伝わる呪力を持つとされた9つの漢字のことで、「天・元・行・躰・神・変・神・通・力(てん・げん・ぎょう・たい・しん・ぺん・じん・つう・りき)などが代表例ですが、ほかにもいろいろな文字があてられています。
セーマンドーマンまたはドーマンセーマンとは、三重県志摩地方(現 鳥羽市と志摩市)の海女が身につける魔除けである。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3
九字紋は横5本縦4本の線からなる格子形(九字護身法によってできる図形)をしている。ただしドーマンの線数は必ずしも9本とは限らない。
横5本縦4本

3:4:5. これも3辺の比が整数となる直角三角形です。
三角形の辺の長さの比http://www.max.hi-ho.ne.jp/lylle/sankaku.html

五芒星が得 られる(図1)。図1では、36°の箇所に「・」を、72°の箇所に「・・」を描きいれてある。
正五角形に付随する角度と黄金比の関係https://differentialengine.wordpress.com/2014/12/01/regular-pentagon-and-its-relation-to-golden-ratio/
正五角形の内部に対角線を引くと、呪術的な図形としても知られる五芒星が得られる(図1)。図1では、36°の箇所に「・」を、72°の箇所に「・・」を描きいれてある。36°である箇所について納得がいけば、三角形についての基本的な性質(外角定理)から、72°である箇所にも納得が行く。残る問題は、どうやったら図1の「・」の箇所がすべて36°であることを確認できるか、である。

フィボナッチ数列に関連してこの黄金比が登場する
<フィボナッチ数列と黄金比>http://org.kk-online.jp/math007.html

九州の形がなんか良いなと思っていたら…なんと黄金比が隠されていた ...http://fundo.jp/94158

黄金比とフィボナッチ数列http://www.geocities.jp/traumeswirren1212/sophia/philox.html
A4とかB5の紙の縦横の比率は1:√2で、こっちは白銀比って言うそうです。これは半分に折るとA5、B6と相似の形になるから便利なんですね。1:√2=√2/2:1という関係を利用しているわけです。これを黄金比と間違えてる人もいるみたいですが、それを使っているのは新書版とか名刺だそうです。

正五角形がなぜフィボナッチ数列と関係あるかということを、わかりやすく 説明したいと思います。 ..http://ameblo.jp/ubqubq/entry-11550921123.html
写真のように、正五角形の対角線を結ぶと、さらにその中に、小さな正五角形ができますから、それを取り出して並べてみましょう。
もちろん無限に並ぶのですが、その一部だけを取り上げたのがこの図です。
よく見てください。
右側の二つの一辺の長さを合わせたものが、ある正五角形の辺の長さになっていますね。

正5角形の5本の対角線(星型)を全部引くといろんな角度が出てくるが,それらは36度, 2倍の72度,3倍の108度のどれかである. ... 太陽光や 火の光反射をつかって、表面に 反射させて、測量の目的としたい地面、つまり古墳や 測量したい土地のマウンドに反射 させると、 ... 正五角形ならそれぞれの内角は108度で内角の 和は540度になります。http://8220.teacup.com/toraijin/bbs/mobile/index/detail/comm_id/3395/?fontsize=5&reverse=0&TEACUPRBBS=5b53cb06983710d96ce8158af3a2e0f3

もし等辺等角な五角形において二つの線分が隣り合う二つの角を張るならば、それらは相互に外中比に分けあい,それらの大きい部分は五角形の辺に等しい。
双曲的非ユークリッドの世界http://web1.kcn.jp/hp28ah77/jp3_poinc.htm
もし同一の円に内接する六角形の辺と十角形の辺とが加えられるならば,全体の線分は外中比に分けられ,その大きい部分は六角形の辺である。

非ユークリッド幾何学をわかりやすく解説! 平行線が交わるとは ...
平面ではなく曲面で考える!http://hideo002.com/archives/1192
みなさんも世界地図は何度も見たことはあると思いますが、縦に何本も経線が走っているのはよくご存じだと思います。しかしこの経線は全て南極点と北極点で1点に交わります。
普段見る地図は平面でしか表現できないので、平行線で交わりそうに見えませんが、実際は球体なので1点に交わるのです。

三角形の内角の和は180度というのも、中学校で習う知識なのでよくご存じだと思いますが、実は非ユークリッド幾何学、球面上で三角形を作成した時は内角の和は180度とはならないのです。直感的に考えれば三角形自体が膨らむので多少イメージできると思います。
またそれ以外にも通常の平面では実現できない二角形なんかもこの非ユークリッド幾何学の場合なら実現可能になります!

黄金比はユークリッド原論に「外中比」(日本語訳)として出てきます。
ユークリッド原論にある黄金比 https://sites.google.com/site/cinderellajapan/huang-jin/2ci
2つの三角形(頂角が36°の二等辺三角形)は,正五角形の中にも出てきますし,高校数学の三角比の例題としても出てくるもので,黄金三角形と呼ばれています。他の節でも登場します。

正5角形は36度だらけ」である.http://8220.teacup.com/toraijin/bbs/mobile/index/detail/comm_id/2087/?reverse=0&TEACUPRBBS=5b53cb06983710d96ce8158af3a2e0f3
18°,36°,54°,72°の三角比(sin cos). 以前36度の ... この円周角が2つ集まる角が72 度で,3つ集まる5角形の内角は108度となる. 5角形 .... 三角比レベルの0~180度でも 36度のほかに108度,180度が \sin2\theta=\sin3\theta を満たす.http://kurobe3463.blogspot.jp/2006/11/triangular-ratio-of-18-36-54-and-72-sin.html
「正5角形の対角線と辺の比」が有名な黄金比で,正5角形の対角線はすべて互いに「黄金比で切断」している.

図5 加茂岩倉遺跡の同笵銅鐸・・・ 18度 36度 72度 108度?http://8628.teacup.com/toraijin/bbs/mobile/index/detail/comm_id/3188&&fontsize=3&&fontsize=3&&fontsize=5/?&reverse=1&TEACUPRBBS=764e453eecafb517922f5d25fb744a75
縄文中期の環状列石、後期末から晩期にかけて石川県を中心に起こる巨木のウッド・ サークル、これらも縄文時代の特徴でしょう。 ...... このコンセプトは太陽の道(レイライン)と呼ばれるもので、特定の季節の太陽の日の出・日の入の方位に沿って古代の重要 地点が並ぶというものです。 ...... をデラヴィ氏は人工物であろうと主張していますが、3 千600年は春夏秋の巡りで、36+36+36=108で、72で台殻を作り秋の36で実魂 を完成 ...
http://www.asahi-net.or.jp/~rg1h-smed/j-keijiban18.htm

和歌山 彫波 刺青 tattoo:セーマン・ドーマンhttp://horinami.ikora.tv/e785160.html

額に入れ墨をする
ひたいに大の字などを書いてもらう習俗
「彦ゲン」  <額に文様を描く成人儀礼>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/edfe3d5c417f0dad4261dd3a1a490041
産 サン・うむ・うまれる・うぶ  生部
解字 「生(うまれる)+彦の略体(額に入れ墨をする)」 の会意。生まれた子に加入儀礼として額に入れ墨のような印 しをつけること。加入儀礼を済ませてから正式に一族に認められ、子がうまれる意となる。日本でも生まれてまもない赤子を産土神(うぶすながみ)に抱いて行き、ひたいに大の字などを書いてもらう習俗がある。
意味 (1)うむ(産む)。うまれる(産まれる)。子がうまれる。「出産シュッサン」「産婆サンバ」 (2)生じる。「生産セイサン」 (3)その土地でとれる物。「土産みやげ」 (4)生活のもとになる資材。「財産ザイサン」「恒産コウサン」 (5)[国]うぶ(産)。うまれたままの。「産着うぶぎ」「産湯うぶゆ」

ひたいに大の字などを書いてもらう習俗
竟キョウ <長い祭祀がおわる>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/m/201702/1
竟 キョウ・ケイ・ついに・おわる  立部
解字 甲骨文第1字は、「冠の形+兄キョウ(神に祈る人)」 の会意形声で、冠をつけた貴人が祭祀(祖先や神をまつる)をおこなっているさま。(兄は音符「兄キョウ」を参照)。甲骨文第2字は、冠の略体(▽)をつけた形。意味は、①祭祀名。②人名だという(甲骨文字辞典)。金文も甲骨第1字を踏襲しているが、篆文から、冠⇒辛、口⇒曰、人⇒儿に変化し、現代字は、「音+儿」の竟になった。意味は、祭祀が長きに「わたる・つづく」、祭祀が「ついに、おわる」こと。また、おわった所が「さかいめ」の意がある。
意味 (1)わたる。つづく。「竟日キョウジツ」(一日中)「竟夕キョウセキ」(夜どおし) (2)ついに(竟に)。「畢竟ヒッキョウ」(つまるところ) (3)おえる。おわる(竟わる)。「竟宴キョウエン」(祭事のおわった後に開く宴会) (4)さかいめ。「竟内ケイダイ」(区域のうち。=境内)
覚え方 おと(音)が人あし(儿)をつけ、竟日キョウジツ(一日中)あるき続けるが、つい(竟)に、お(竟)わり、竟宴キョウエンを開く。
さかいめ
境 キョウ・ケイ・さかい  土部
解字 「土(とち)+竟(さかいめ)」の会意形声。土地のさかいめ。
意味 (1)さかい(境)。「境界キョウカイ」「国境コッキョウ」「境内ケイダイ」(境界の内。社寺の境域の内) (2)中央から離れた土地。場所。「辺境ヘンキョウ」「秘境ヒキョウ」 (3)人が置かれている状況。「苦境クキョウ」「境遇キョウグウ」
鏡 キョウ・かがみ  金部
解字「金(金属)+竟(さかいめ)」の会意形声。金属をみがいて境目を反射させるようにした鏡。

刺青は中国と日本の古代海洋系民族、狩猟民族に共通の文化です。https://mountainhightattooworks.wordpress.com/2014/05/24/%E5%88%BA%E9%9D%92%E3%81%AF%E5%8F%A4%E4%BB%A3%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%81%A8%E5%8F%A4%E4%BB%A3%E6%B5%B7%E6%B4%8B%E7%B3%BB%E6%B0%91%E6%97%8F%E3%80%81%E7%8B%A9%E7%8C%9F%E6%B0%91%E6%97%8F%E3%81%AB%E5%85%B1/
現存する最古の文献では、中国の呉越時代の呉王が長江以南の海岸部に居住していた白水郎(海女)の文化風習を模倣し自ら鯨面文身をおこない、出身地の北朝には戻らないことを決意したとされる故事が存在しています。また、さらに後の長江河口部にできた新しい呉の呉王孫権も鯨面をしていたとあります。
つまり中国では鯨面文身は中国南部の海洋系民族の風習であると認識されてきた歴史が有ります。
また魏志倭人伝にも、古代中国王朝の「夏后少康の子が、会稽に封じられ、断髪文身、以って蛟竜の害を避く」と記されており、これは「水中の海獣などから身を護る魔よけのまじない」「いくさのときの弾除けや威嚇、自分自身を鼓舞するため」「巫女などの霊媒師の現実世界の人間と自分を区別させるための権威的・憑依風習」と考える事が出来ます。
 

レンタル掲示板
/344