teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


迎撃ミサイル

 投稿者:山田  投稿日:2018年 1月16日(火)02時26分59秒
返信・引用 編集済
  >・・米国務省は9日、日米が2006年度から共同開発してきた弾道ミサイル防衛(BMD)用迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」の日本向け輸出を承認し、米議会に通知した。
・・北朝鮮の核・ミサイル開発加速を背景に、トランプ米政権は日本に米国製武器の購入を求めており、これが第1弾となる。ミサイル4発や、発射機Mk29などが対象で、販売総額は1億3330万ドル(約150億円)を見込む。

・・今度日本上空を通過する北のミサイルが飛んで来たらこの迎撃ミサイルで撃ち落とすのかな?

>「此の鳥は其の鳴く音、甚(いと)惡(あ)し。 故、射殺すべし」と、云い進むるに、即ち天若日子、天つ神の賜える天の波士弓(はじゆみ)、天の加久矢(かくや)を持ちて、其の雉(きぎし)を射殺しき。 爾くして其の矢、雉の胸より通りて、逆しまに射上(いあが)りて、天の安河(やすかわ)の河原に坐(いま)す天照大御神・高木の神の御所(みもと)に逮(いた)りき。 是の高木の神は、高御産巣日(たかみむすひ)の神の別名(ことな)ぞ。 故、高木の神、其の矢を取りて見れば、血、其の矢の羽に箸(つ)けり。 是に高木の神、「此の矢は天若日子に賜える矢ぞ」と告げて、即ち諸(もろもろ)の神等に示して詔りて、「或(も)し天若日子、命(みことのり)を誤(あやまた)ず、惡しき神を射んと爲(す)る矢の至れらば、天若日子に中(あた)らずあれ。 或し邪しき心有らば、天若日子、此の矢に麻(ま)賀(が)禮(れ)【此三字は音を以ちてす】」と、云いて、其の矢を取りて其の矢の穴より衝(つ)き返し下ししかば、天若日子が朝床(あさどこ)に寢(い)ねたる高胸坂(たかむなさか)に中(あた)りて、以ちて死にき

・・うまく撃ち落としてほしいものだが。
 
 

kougekiwo

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2018年 1月 2日(火)14時23分1秒
返信・引用
  Re: 在日朝鮮人(白丁)と組んで女子供を虐待するならず者、エタ(部落民)と左翼マスコミ!
  投稿者:荊の紀氏  投稿日:2017年12月26日(火)20時05分5秒 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    上 ↑  荊の紀氏の利尿剤下剤カフェイン中毒さんへのお返事ではありません。



                    
 

Re: 在日朝鮮人(白丁)と組んで女子供を虐待するならず者、エタ(部落民)と左翼マスコミ!

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2017年12月26日(火)20時05分5秒
返信・引用
  > No.4604[元記事へ]

利尿剤下剤カフェイン中毒さんへのお返事です。


関東大震災で朝鮮人が蜂起して放火や略奪をしたことは当時の『朝日新聞』などが報じている。http://8906.teacup.com/toraijin/bbs

関東大震災朝鮮人虐殺事件 (かんとうだいしんさいちょうせんじんぎゃくさつじけん) とは、 1923年の関東大地震によりもたらされた関東大震災の混乱の中で、民間の自警団など によって少なくとも233人(司法庁調査)(朝鮮総督府官憲調査では813人)の朝鮮人が 殺害された事件である。その他に朝鮮人に間違えられて内地人58人、中国人3人が 少なくとも殺害されている。また、軍によって殺害された人数は少なくとも朝鮮人39人、 中国人200人、内地人27人である。
日本人(内地人)による朝鮮人殺害・及び誤認による殺害https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%A2%E6%9D%B1%E5%A4%A7%E9%9C%87%E7%81%BD%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E4%BA%BA%E8%99%90%E6%AE%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6
日本の治安当局の対応[編集]
治安当局は「朝鮮人暴動」の可能性を危惧していたため、混乱の収拾と秩序回復の理由として自警団の殺人行為を袖手傍観し、一部は加担したり助長したりした。 自警団から朝鮮人・中国人数百名を守った大川常吉神奈川警察署鶴見分署長のように暴徒への取り締まりならびに死傷者を伴う暴徒との衝突や、横浜の朝鮮人226名を9月23日不入斗練兵場陸軍砲廠で保護収容し臨時治療所を開設する等の動きもあった [10] 。 その後、自警団の行為が公権力を脅威するほどになって治安当局は介入し始めたが、もう多くの朝鮮人や内地人、外国人が殺された後だった。自警団は朝鮮人を殺害し、密葬した。日本政府は最終的に噂を公式的に確認したが、加害者の数を縮小したり、一部の自警団員に証拠不十分で無罪を宣告した。この噂による殺害事件で司法的な責任、または道義的な責任などを負った人や機構は全くなかった。
犠牲者数と弔慰金[編集]
朝鮮人被殺害者数のついて内務省は248名、朝鮮総督府東京出張員は813名を挙げ、死亡原因が災害か虐殺か区別せず1人200円の弔慰金が832名へ支払われた(日本内地人死者・行方不明者への御下賜金は1人16円) [11]。

当時の日本政府は地震発生以前の朝鮮での三・一運動や、台湾での大規模デモを流血鎮圧した経験から、民衆の抵抗について警戒感を抱いていた[21]。また国内では大正デモクラシーによって労働運動、民権運動、女性運動など、支配権力に対する民衆の抵抗と権利運動の活性化と、それに対抗する右翼勢力の急伸、首相暗殺や恐慌による政治経済へ不安から体制が揺らいでいた[21]。また国外的にもイギリス・アメリカとの対立、シベリア出兵の大失敗などから国際的な孤立化を深めつつあり、内憂外患の状態で見舞われた大災害であった[21]。
当時の山本内閣は9月7日に治安維持令を公布し、戒厳令が解除された11月15日までの東京・神奈川・埼玉・千葉の1府3県民の市民的・政治的自由が停止した状態の中で、大震災発生直後の9月1日午後3時以降、東京や横浜などで「社会主義者及び鮮人の放火多し」・「不逞鮮人暴動」といったデマが発生していったが、デマの中には警察や軍が流したものもあった[22]。そしてデマに不安を煽られた各地の民衆や有志によって自警団などが結成されたが、警察の主導や指導で組織された自警団も多く、これら自警団によって朝鮮人や中国人が虐殺されていった[22]。さらに陸軍と警察は、この混乱を好機とし、社会主義者や先進的労働者の抹殺を画策し、10名の労働者が軍隊に虐殺された亀戸事件や無政府主義者が憲兵大尉らに殺害された甘粕事件が決行されたが、これらの白色テロに対する責任追及や批判は低調で、治安維持と被災者救援活動で軍や政府や警察が威信を取り戻したとして、歓迎される状況になっていた[22]。
黒澤明の自伝『蝦蟇の油―自伝のようなもの』の中では、当時中学二年生であった黒澤の関東大震災時の体験が語られている。その中に黒澤の父親が長い髭を生やしているという理由で朝鮮人に間違われ暴徒に囲まれた話や、黒澤が井戸に書いたラクガキを町の人々が「朝鮮人が井戸に毒を入れたという目印」だと誤解し騒ぎになるというエピソードがある[23]。
作家の芥川龍之介はこの自警団に参加し活動をしていた事が分かっているが、「或自警団員の言葉」(『文藝春秋』1923年10月号「侏儒の言葉」より)において、自警団の異常な殺戮行為に対して「自然は唯冷然と我我の苦痛を眺めている。我我は互に憐れまなければならぬ。況や殺戮を喜ぶなどは――尤も相手を絞め殺すことは議論に勝つよりも手軽である」と批判をしている。また、芥川の「大震雑記」(『中央公論』1923年10月号)の五の章では、朝鮮人への虚偽の噂を信じる民衆を「善良なる市民」と揶揄する等、震災後の一連の殺害事件に対して批判的視点を持っていた事がわかっている[24]。

1923年(大正12年)9月の関東大震災時 、混乱のなかで流れたデマによって人々が自警団を結成し、軍や警察も関与する形で、 朝鮮人を無差別に虐殺するという事件が関東各地で起こりました。この出来事は、歴史 の常識として中学の教科書にも載っていますが、最近、「朝鮮人虐殺などなかった」と 否定する人々がいます。しかしこうした主張は荒唐無稽であり、史実・論理・常識に照らし て、全く成り立つ余地がありません。
忙しい人のためにかいつまんで説明 http://01sep1923.tokyo/lies-in-20min/%E3%81%AF%E3%81%98%E3%82%81%E3%81%AB%E5%BF%99%E3%81%97%E3%81%84%E4%BA%BA%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AB5%E5%88%86%E3%81%A7%E8%AA%AC%E6%98%8E/
「デマによる朝鮮人虐殺」は歴史学の常識
まず、歴史学においては、「朝鮮人暴動というデマによって多くの朝鮮人が虐殺された」ということは、学問的には動かしようがない定説であり、明らかな史実と認識されていることを押える必要があります。日本女子大の成田龍一教授のようなリベラル派から東京大学の北岡伸一名誉教授のような保守派に至るまで、まともな歴史学者でこれを否定する人は一人もいません。保守系の育鵬社も含め、ほとんどの中学の教科書にも書かれています。

誰も朝鮮人暴徒を見なかった
1~2ヶ月して落ち着いてみれば、名古屋が全滅していないことや、富士山が爆発していないこと、首相が殺されていないことは誰の目にも明らかでしたので、これらの記事は当然、「デマだった」ということになりました。

震災直後の記事は朝鮮人暴動の証拠になりえない
以上の事実経過を踏まえれば、ネット上に震災直後の新聞記事を貼り付けては「ここに書いてあるから実際に暴動はあったんだ」と主張する人々がいかに馬鹿げているか、分かってもらえるかと思います。

関東大震災の時に、朝鮮人が地震に乗じて暴動を起こしたのだ―というトンデモ歴史観を持つ人は、今後、大きな災害が起こった場合にも、真っ先に「外国人が暴動を起こすに違いない」と考えることでしょう。そうした流言を拡散するかもしれないし、とんでもなく誤った判断を選択するかもしれません。こうした人が増えてしまったら、社会におよぼす危険性はさらに高まります。
虐殺否定論の言説が広がることで、ごく普通の人々は「歴史学には『虐殺はあった』派と『虐殺はなかった』派の対立がある、真実はきっとその中間にあるのだろう」などと思うようになるかもしれません。それだけでも、結局は先に書いたような危険性に行き着くでしょう。外国人が暴動を起こすといった流言をわずかでも信じてしまう可能性があるからです。実際には、歴史学に「虐殺はなかった」などという言説の居場所はありません。虐殺否定論は、ホロコースト否定論(ナチスドイツがガス室でユダヤ人を虐殺したなんてウソだというトンデモ歴史観)と同レベルに荒唐無稽であり、同レベルに危険なのです。

以下、CIAの工作員とされる個人、団体を列挙する。http://www.amadeo.jp/cia.html
 吉田茂、緒方竹虎、岸信介、児玉善士夫、笹川良一、渡辺恒雄、船橋洋一、東久邇稔彦、五島慶太、中曽根康弘、池田勇人、佐藤栄作、小泉純一郎、竹中平蔵、飯島勲、麻生太郎、佐野忠亮、加藤紘一の娘亜由子、中曽根康弘の孫康隆、小泉進次郎、創価学会、池田大作、統一教会、文鮮明、電通、NTT,時事通信社、共同通信社、松下政経塾
○ CSISについて(別資料による)
 CENTER  FOR  STRATEGIC  AND INTERNATIONAL  STUDIES, 戦略・国際問題研究センターの略。
 1962年に設立された保守系シンクタンクである。ワシントンDCに位置する。
 日本人では小泉進次郎や浜田和幸、渡辺恒雄などが一時籍を置いた。現在では日本から多くの将来有望な若手官僚や政治家(候補者も含む)がCSISに出向して学んでくる慣習が確立している。CSISの日本部には防衛省、公安調査庁、内閣官房、内閣情報調査室の職員の他、ジェトロや損保会社、NTTの職員も客員研究員として名を連ねている。
 又、日本の現役の政治家とも縁が深く、麻生太郎や安倍晋三なども度々CSISを訪れ、講演でスピーチを行っている。CSISは東京財団(日本財団の下部組織)と協力関係にある。
 稲盛財団理事長の稲盛和夫はCSISの国際評議員を務めている。
 “日本から多くの将来有望な若手官僚や政治家(候補者も含む)がCSISに出向して学んでくる慣習が確立している”と書かれているが一体誰にとって有望なのかは言及されていない。単に本人に取ってということであって、日本人全体にとってということではないのだろう。
 まだはっきりした考え方が決まっていない若い人が、百戦錬磨のだましの名人たちにいいように洗脳されて日本に帰って来る、そしてこういう人たちが日本の政治を担っていく事になる、ということは考えてみれば、恐ろしいことだ。
 マスコミは今盛んに中国や韓国の政治を愚弄している。しかし、軽薄なアメリカのお先棒担ぎが日本の政治を担っていくのだとすれば、日本の将来は真っ暗闇だ。
 先づ、何よりも自分たちの将来のことを考えなければならない。よその国のことなんかに拘わっている暇はないのだ。

浮上した創価学会CIA機関 池田大作名誉会長を守る「創友会」が俄(にわか)に蠢動す : 後継者問題が混迷をきわめるなか学会専従OGらがドンの目となり耳となって. この論文 をさがす. NDL-OPAC ? CiNii Books

昭和の妖怪と評された 岸信介 はこれまで児玉誉士夫や正力松太郎、池田大作などと 同じくCIAのエージェントとして日本を支配した政治家として見られてきましたが、ここに は全く真逆のことが書かれています。 岸信介というと、日米安保改訂 = 60年安保です が、この安保条約を締結したのが吉田茂。 日米安保条約には日米行政協定が付随して おり、日米安保5条に対し、行政協定29条と具体的なことはこちらで指定されています。 この行政協定が安保改訂時に、日米地位協定と名前を改めています。http://nueq.exblog.jp/19075597/

池田大作はノリエガ将軍に、麻薬取引の資金を提供していた 鶴見芳浩(つるみ よしひろ )ニューヨーク市立大学教授(熊本県出身)は、ニューヨークの太平洋経済研究所理事長 も務め、国際経営学の分野で世界的に著名。http://www.e-net.or.jp/user/mblu/ndb/skbk1/sg1/media/mayaku.htm

池田大作は、若かりし頃、戦後(太平洋戦争後)、『協友会』という 読書サークルに参加しており、東大出身のリーダーを中心に政治・経済等の意見を発表 しあい知識の吸収に励んだ、 と「人間革命」の第二巻を中心に載っている。 しかし、これ は偽りであり、実際は「郷友会」という右翼の集団に参加していたと言うことが真実である 。リーダーは「須山秀吉」という愛宕山事件の生き残りであり、 笹川良一氏・ ...http://rakusen.exblog.jp/22807754/

ブラジルに1兆円の池田大作個人名義の預金はCIAにより以前から狙われていた。 英文で池田大作を検索すると「池田大作 麻薬」次から次に出て来る。 英語が得意な人 は訳して真実を日本人に知らせて欲しい。 公明党が政権与党に入りたがる本当の理由 を。 CIAから身を守るためであった。 何故、誰もこのことに言及しない。訳さない。 創価 学会の激しい言論統制が行われているからであろうが、これほど酷いとは思わなかった 。 http://www.beach.jp/circleboard/ad47764/topic/1100101549250

創価学会は北朝鮮宗教である http://richardkoshimizu.hateblo.jp/entry/20150804/1438665225

安倍晋三と創価学会 ~池田大作名誉会長との繋がり. 華麗な系譜といわれているが、 実態は空虚だったのではないか祖父岸信介の最後の修羅場が安保改正・強行採決で した。 その当時5歳だった晋三氏はそのことを覚えているとは思えず、 ひょとして家を 取り囲まれたデモ隊の風景の断片をひとつふたつぐらいは記憶しているかもしれません 。 しかしそのことがわかるのはずっとあとになってからです。 なぜ国民が大反対したか という、 「真の意味」をわからないまま死んでいった爺さんと同じだと推定され ...http://c3plamo.slyip.com/blog/archives/2006/11/post_312.html

安倍晋三氏の家系は古くから創価学会と繋がりがあった、、、。 https://plaza.rakuten.co.jp/syoumei/diary/201212060010/

、「創価学会」というと、 みなさんのほとんどは「聞いたことはあるけどよく知らない」という印象ではないだろうか。 これは 朝鮮の利益を守るため にそのようになっている。 この創価学会の代表は『池田 大作』、 本名『成太作(ソン・テチャク)』 という朝鮮籍の在日朝鮮人二世で、 創価学会の 『言論部』という組織が日本国民の情報元であるテレビと新聞に対して、母国朝鮮のため の激しい干渉をしている。http://yapoolx.blog136.fc2.com/blog-entry-38.html

安倍晋三と創価学会 ~池田大作名誉会長との繋がり. 華麗な系譜といわれているが、 実態は空虚だったのではないか祖父岸信介の最後の修羅場が安保改正・強行採決で した。 その当時5歳だった晋三氏はそのことを覚えているとは思えず、 ひょとして家を 取り囲まれたデモ隊の風景の断片をひとつふたつぐらいは記憶しているかもしれません 。 しかしそのことがわかるのはずっとあとになってからです。 なぜ国民が大反対したか という、 「真の意味」をわからないまま死んでいった爺さんと同じだと推定され ...http://c3plamo.slyip.com/blog/archives/2006/11/post_312.html



> 在日朝鮮人(白丁)と組んで女子供を虐待するならず者、エタ(部落民)と左翼マスコミ!
>
>  ヤクザとはエタ非人のならず者をまとめあげるために発生したものでありエタ独自の文化である。
> 近代の部落差別の最大の理由は屠殺ではなく、ヤクザ=エタ エタ≒ヤクザの事実にあるのだが、
> 「神道の穢れが原因だ!」「天皇制が原因だ!」「こんな陰険な差別は日本にしか存在しない!」
> 等とマスコミや知識人は先を競って嘘をつき、エタヤクザの日本人への敵意や憎しみを煽り立てた。
>  在日朝鮮人は李氏朝鮮時代は白丁という奴隷以下の最下層の身分で屠殺業に従事していた。
> 朝鮮には天皇も神道も無いが白丁差別という部落差別そっくりなものが存在するのである。
> 陰険、気性が激しい、暴力的、屠殺業、賤民、反日、共産主義が好き等の共通点があることから
> エタと白丁は親しい関係となり、ついにはエタのヤクザ、偽右翼にも白丁が合流するようになった。
>  その後1973年頃から創価学会の韓国系の池田大作がヤクザを使った快楽殺人を始めだした。
> 集団ストーカーと言われているが、実際にはヤクザに脅迫された第三者を使った虐待に過ぎない。
> もし、このような女子供を長期間虐待する異常な犯罪が明るみになったら在日とエタはお終いである。
> しかし池田は日本国籍を取って日本人になったと思い込んでおり、何を言っても止めようとしない。
>  そこで犯罪がバレた時の対策として創価白丁エタが利用したのが従軍慰安婦強制連行説だった。
> この嘘を事実にできれば「女子供に先に手を出したのは日本だ!」と犯罪をある程度正当化できる。
> そうなれば在日利権も部落利権も日本国憲法も安泰である。創価白丁エタ左翼の少数支配も続く。
>  エタは宮沢喜一首相が河野官房長官に河野談話を出させることで捏造に大きく貢献した。
> 左翼マスコミも全面協力。白い服で泣き喚く元慰安婦の映像と一方的な意見を垂れ流しただけでなく、
> 大臣の発言、靖国参拝、歴史教科書等にも言いがかりをつけて狂ったように大騒ぎした。
> そしてことあるごとに「日本は韓国に謝罪も賠償もしていない!」「在日は不当な差別を受けた!」
> 「在日は強制連行の被害者!」「関東大震災でデマが流れて朝鮮人虐殺!」等の嘘を連呼して広めて
> 「反日感情は日本の責任」「日本人は犯罪者であり何をされても文句は言えない」という認識を広めた。
> 現在のエタ・外国人・共産主義者・宗教・犯罪加害者天国憲法、日本国憲法を守るためである。
>  左翼マスコミや知識人は口を開けば批判精神、チェック機能、反権威反権力、戦前は暗黒時代、
> 同じ過ちを繰り返さない、人権尊重等、散々偉そうな事を言っておきながら、創価とヤクザによる
> 日本人虐殺を告発するどころか、部落差別!在日差別!慰安婦!慰安婦!と狂ったように大騒ぎして
> エタヤクザや白丁ヤクザの日本人への憎しみを煽り立て、その暴力を助長させたのだった。
>  私たちは創価白丁エタ左翼の犯罪者を全員刑務所へ入れなければならない。
> それこそがエタヤクザや白丁ヤクザに殺されたり人生や尊厳を奪われた被害者への唯一の慰めとなる。
> ※関東大震災で朝鮮人が蜂起して放火や略奪をしたことは当時の『朝日新聞』などが報じている。
> ※在日白丁は終戦後に朝鮮進駐軍と自称して強姦略奪占拠を行った。今も奪った土地に居住。
> ※朝鮮人徴用工(3万人)の問題は1965年の日韓請求権協定で完全かつ最終的に解決済み。
>
> 主なエタ
> 宮沢喜一 河野官房長官に河野談話を出させた。韓国の大恩人。でも何故かほとんど批判されない。
> 野中広務 戦時徴用工や慰安婦を持ち出して北朝鮮の拉致を正当化。北朝鮮への食料援助を強行。
>        北朝鮮の大恩人。拉致被害者に対する暴言多数あり。自公連立の立役者。
> 橋下徹  父親がヤクザ。やしきたかじん(在日)を師匠と仰ぐ。
> 前原誠司 在日の婆さんと家族ぐるみの付き合い。北朝鮮で歓待されて美女と立ちバック写真。
> 松本龍  宮城県知事を叱責した際、マスコミを「絶対書いたらその社は終わりだから」と脅迫。
>
> 主な左翼マスコミと左翼団体
> 朝日新聞、毎日新聞、東京新聞、北海道新聞、沖縄タイムス、琉球新報、
> テレビ朝日、TBS、NHK、講談社、ニューズウィーク日本版、
> 部落解放同盟、朝鮮総連、韓国民団、日本共産党、日本社会党、日弁連、日教組
 

在日朝鮮人(白丁)と組んで女子供を虐待するならず者、エタ(部落民)と左翼マスコミ!

 投稿者:利尿剤下剤カフェイン中毒  投稿日:2017年12月25日(月)22時56分0秒
返信・引用
  在日朝鮮人(白丁)と組んで女子供を虐待するならず者、エタ(部落民)と左翼マスコミ!

 ヤクザとはエタ非人のならず者をまとめあげるために発生したものでありエタ独自の文化である。
近代の部落差別の最大の理由は屠殺ではなく、ヤクザ=エタ エタ≒ヤクザの事実にあるのだが、
「神道の穢れが原因だ!」「天皇制が原因だ!」「こんな陰険な差別は日本にしか存在しない!」
等とマスコミや知識人は先を競って嘘をつき、エタヤクザの日本人への敵意や憎しみを煽り立てた。
 在日朝鮮人は李氏朝鮮時代は白丁という奴隷以下の最下層の身分で屠殺業に従事していた。
朝鮮には天皇も神道も無いが白丁差別という部落差別そっくりなものが存在するのである。
陰険、気性が激しい、暴力的、屠殺業、賤民、反日、共産主義が好き等の共通点があることから
エタと白丁は親しい関係となり、ついにはエタのヤクザ、偽右翼にも白丁が合流するようになった。
 その後1973年頃から創価学会の韓国系の池田大作がヤクザを使った快楽殺人を始めだした。
集団ストーカーと言われているが、実際にはヤクザに脅迫された第三者を使った虐待に過ぎない。
もし、このような女子供を長期間虐待する異常な犯罪が明るみになったら在日とエタはお終いである。
しかし池田は日本国籍を取って日本人になったと思い込んでおり、何を言っても止めようとしない。
 そこで犯罪がバレた時の対策として創価白丁エタが利用したのが従軍慰安婦強制連行説だった。
この嘘を事実にできれば「女子供に先に手を出したのは日本だ!」と犯罪をある程度正当化できる。
そうなれば在日利権も部落利権も日本国憲法も安泰である。創価白丁エタ左翼の少数支配も続く。
 エタは宮沢喜一首相が河野官房長官に河野談話を出させることで捏造に大きく貢献した。
左翼マスコミも全面協力。白い服で泣き喚く元慰安婦の映像と一方的な意見を垂れ流しただけでなく、
大臣の発言、靖国参拝、歴史教科書等にも言いがかりをつけて狂ったように大騒ぎした。
そしてことあるごとに「日本は韓国に謝罪も賠償もしていない!」「在日は不当な差別を受けた!」
「在日は強制連行の被害者!」「関東大震災でデマが流れて朝鮮人虐殺!」等の嘘を連呼して広めて
「反日感情は日本の責任」「日本人は犯罪者であり何をされても文句は言えない」という認識を広めた。
現在のエタ・外国人・共産主義者・宗教・犯罪加害者天国憲法、日本国憲法を守るためである。
 左翼マスコミや知識人は口を開けば批判精神、チェック機能、反権威反権力、戦前は暗黒時代、
同じ過ちを繰り返さない、人権尊重等、散々偉そうな事を言っておきながら、創価とヤクザによる
日本人虐殺を告発するどころか、部落差別!在日差別!慰安婦!慰安婦!と狂ったように大騒ぎして
エタヤクザや白丁ヤクザの日本人への憎しみを煽り立て、その暴力を助長させたのだった。
 私たちは創価白丁エタ左翼の犯罪者を全員刑務所へ入れなければならない。
それこそがエタヤクザや白丁ヤクザに殺されたり人生や尊厳を奪われた被害者への唯一の慰めとなる。
※関東大震災で朝鮮人が蜂起して放火や略奪をしたことは当時の『朝日新聞』などが報じている。
※在日白丁は終戦後に朝鮮進駐軍と自称して強姦略奪占拠を行った。今も奪った土地に居住。
※朝鮮人徴用工(3万人)の問題は1965年の日韓請求権協定で完全かつ最終的に解決済み。

主なエタ
宮沢喜一 河野官房長官に河野談話を出させた。韓国の大恩人。でも何故かほとんど批判されない。
野中広務 戦時徴用工や慰安婦を持ち出して北朝鮮の拉致を正当化。北朝鮮への食料援助を強行。
       北朝鮮の大恩人。拉致被害者に対する暴言多数あり。自公連立の立役者。
橋下徹  父親がヤクザ。やしきたかじん(在日)を師匠と仰ぐ。
前原誠司 在日の婆さんと家族ぐるみの付き合い。北朝鮮で歓待されて美女と立ちバック写真。
松本龍  宮城県知事を叱責した際、マスコミを「絶対書いたらその社は終わりだから」と脅迫。

主な左翼マスコミと左翼団体
朝日新聞、毎日新聞、東京新聞、北海道新聞、沖縄タイムス、琉球新報、
テレビ朝日、TBS、NHK、講談社、ニューズウィーク日本版、
部落解放同盟、朝鮮総連、韓国民団、日本共産党、日本社会党、日弁連、日教組
 

エバンゲリオン 古代海路とイスラエルのルーツ

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2017年12月24日(日)11時02分13秒
返信・引用
  鹿島神宮~富士山レイライン https://www.google.com/maps/d/viewer?mid=1QDczu0_bAX4zFs84-1f_Xv97Uwk&hl=en_US

鬼門封じ として、かの平将門(たいらのまさかど)を祀った「神田明神(神田神社)」も江戸の総 鎮守(江戸の町の守護神)として、知られている。
《風水都市 江戸》鬼門・裏鬼門http://tabikoborebanashi.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_a4f8.html
「増上寺」も裏鬼門の位置にあるが、実際のそれは、赤坂のTBS近くの日枝神社(ひえじんじゃ山王権現)ともいわれている。
鬼門封じとして、かの平将門(たいらのまさかど)を祀った「神田明神(神田神社)」も江戸の総鎮守(江戸の町の守護神)として、知られている。

平将門を祀った神社 、首塚を線で結ぶ(レイライン)と、北斗七星の形を取り結ぶという仮説だ。
平将門魔方陣と明治政府魔方陣が交錯する都市・東京http://www.ippongi.com/2009/04/03/%E5%B9%B3%E5%B0%86%E9%96%80%E9%AD%94%E6%96%B9%E9%99%A3%E3%81%A8%E6%98%8E%E6%B2%BB%E6%94%BF%E5%BA%9C%E9%AD%94%E6%96%B9%E9%99%A3%E3%81%8C%E4%BA%A4%E9%8C%AF%E3%81%99%E3%82%8B%E9%83%BD%E5%B8%82%E3%83%BB/
明治政府のレイラインを将門の北斗七星を重ねてみると、七星のレイラインがズタズタに切られているのがわかる。

富士山と白山を結ぶレイライン https://blogs.yahoo.co.jp/ryo_smileforme/16730083.html?__ysp=5bKQ6Zic55yMIOWvjOWjq%2BWxseODrOOCpOODqeOCpOODsw%3D%3D

陰陽道に通じた桓武天皇が、自らが恐れる早良親王の怨霊を封じ込めるために、徹底的な陰陽=風水的仕掛けを施したことを紹介した。桓武天皇の時代には、御来光の道と五芒星を形作る人造の聖地は、すべて揃っていた。
、五芒星の中心では、富士山‐伊弉諾 神社、出雲大社‐伊勢内宮を結んだそれぞれ約350kmのライン、そして熊野本宮‐ 明日香京‐平城京‐平安京ラインが交差する。http://www.ley-line.net/motoise/motoise_08.html

剣山から見ると、真名井神社は、それを 奥宮とする籠神社と共に北東の鬼門にあたります。http://www.historyjp.com/article.asp?kiji=201

「比叡山延暦寺は、平安京の表鬼門に当たり、 鬼門を護る鬼門封じの王朝鎮護の道場」と言う事がよく云われる。 しかし、平安京は、延 暦十二年(793年)1月、和気清麻呂の建議が有り、桓武天皇は長岡京から遷都を宣言 して造営が始まって、延暦十三年十月(794年11月)の桓武天皇入京した。
比叡山延暦寺の平安京鬼門封じに対する疑問 http://jikan.at.webry.info/201606/article_1.html
平安京の中心は、言うまでもなく大極殿で、今の千本丸太町通り小山町の付近(北緯35.019007,東経135.742182)であり、平安京の四角形の中心地を示す事は無い。。
 一方、延暦寺(北緯35.070494,東経135.841038)は、大極殿から方位角57.726°にあり、鬼門(艮(丑寅))と云うより寅の方角になる。
 又、鬼門には裏鬼門(坤(未申))と云うものがあり、これを封じていると云われる寺院は無い。一方だけ封じると云うのは、陰陽のバランスを重視する陰陽道に於いて欠く事となる。猶、坤の方角には、大原野神社が有るが、この神社の創建は、延暦三年は、長岡京遷都と同時であり、平安京との位置関係は無い。
 延暦寺が創建時は、長岡京時代となるが、長岡京大極殿(向日市鶏冠井町北緯34.943217,東経135.703249)からは、方位角41.65°となり、艮の方角と言って良い。
 角度を測るために直角三角形の距離を測定したのだが、長岡京大極殿のほぼ真西、延暦寺のほぼ真南には、醍醐寺開山堂(北緯34.944682,東経135.840826)が有る。つまり、醍醐寺の位置も長岡京大極殿との関係が有りそうであるが、醍醐寺の創建は貞観十六年(874年)であり、平安京遷都からずっと後になる。
 しかし、比叡山も醍醐山も当然長岡京遷都前から有り、長岡京大極殿の位置決定に影響した可能性も有る。両山とも目印のランドマークとして十分な標高に有る。
 平安京大極殿と比叡山には、もう一つの奇妙な関係に有る。夏至の太陽は、比叡山から上り、愛宕山に沈む。
太陽のエネルギーを両山が受け止め、大極殿に集める。そんな意図で、大極殿の位置を決定したのかも知れません。

滋賀県・比叡山の麓にある日吉大社は全国の日枝神社の総 本社とされ、東京の日枝神社も日吉大社をルーツとしています。

日本の政治の中心地・永田町に、山王祭りで有名な「日枝神社」があります。また、皇居 (江戸城)の裏鬼門としても知られています。

岐阜県高山市にある日枝神社の富士社(富士神社)の紹介です。http://takaoka.zening.info/Takayama/Spring-Takayama-Festival/Hie_jinja_Shrine/Fujisha_Shrine.htm
富士社には、富士神社(祭神:木花之佐久夜毘売命 = コノハナノサクヤビメ、妻の守護神、安産の神、子育ての神)、金刀比羅神社(祭神:大物主命と崇徳天皇)、恵比須神社(祭神:八重事代主神)が合祭されています。

天文三年廣瀬十郎兵衛正好守護神と称へ駿河國富士山より分身勧請し鎮守と崇敬す。http://www.gifu-jinjacho.jp/search.php?sorttype=2&jinjya=%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E7%A5%9E%E7%A4%BE

岐阜県界隈に存在した美濃国では、伊久良河宮が御巡幸地となりました。その 比定地候補としては、富士山と八雲山のレイライン上にある天神神社がありますが、 剣山と結び付くレイラインを有する御巡幸地の候補としては、宇波刀神社と名木林神社 が挙げられます。この2社はどちらも安八郡にあり、長良川沿いに1.7km少々、南北に 離れています。長良川の氾濫が過去、何度も繰り返し生じて多くの被害を受けていること から、元の鎮座地は不明とされています。http://www.historyjp.com/article.asp?kiji=241

、鬼門方向に線を延ばすと・・・あの出雲大社に行き着くのです
高千穂レイラインの旅~古代の叡智に心酔~ https://blogs.yahoo.co.jp/honwadake/53966043.html?__ysp=6auY5Y2D56mCICAg6ay86ZaAICDjg6zjgqTjg6njgqTjg7M%3D
天孫降臨の土地・・・
全国には富士山を初め・・・それらを起点とした『レイライン』等が多数存在しており・・・
九州各所にも多くのレイラインは形勢されています。
ですが・・・レイラインとは・・・偶然の配置なのでしょうか???

九州のレイライン(玄界灘) 図を見てわかるように、いずれのラインも対馬を経由して 朝鮮半島の任那に到達しています。日向ラインは任那の中心部に、英彦山―宗像ライン は朝鮮半島南部の主要都市である加羅(伽耶)に到達します。これが何を意味するかと 言えば、高千穂基軸ラインと英彦山―宗像ラインは単なる防衛ラインではなく、朝鮮半島 への侵攻ラインにもなり得るということです。
九州の主要なレイラインから古代史を探る(1) https://ameblo.jp/kazue-fgeewara/entry-12162660272.html
日向の伊勢神宮と呼ばれる大御神社は、日向の北部に位置します。下図を見ていただければわかるかと思いますが、日本の海岸線において、春分や秋分に海岸からの日の出を観察できる場所というのは限られていて、その代表的な海岸線は、宮崎県と三重県ということになります。

対馬の神々が証する古代海路とイスラエルのルーツを解明 http://www.historyjp.com/article.asp?kiji=148

対馬と壱岐に秘められた古代文化の爪痕http://www.historyjp.com/article.asp?kiji=149
卜部
上古より鹿島神宮に仕え、太占に携わった家系とされ、鹿島神宮の周辺には 卜部氏が居住していたという。天平18年(746年)常陸国鹿嶋郡の卜部5戸が中臣鹿島 連姓を賜姓された。

天児屋根命の後裔である五十手命を祖として伊豆卜部氏を中臣氏族とする系図がある
卜部とは亀卜(亀甲を焼くことで現れる亀裂の形(卜兆)により吉凶を占うこと)を職業とした品部。系統が異なる氏族が日本各地に存在するが、このうち伊豆・壱岐・対馬の卜部氏は神祇官の官人に任ぜられ、神祇官の次官(大副・少副)には伊豆卜部氏が、下級職員である卜部には伊豆5人・壱岐5人・対馬10人の、それぞれ卜術に優秀な者が任じられた[注釈 1]。この三カ国以外の卜部氏は日本古来の卜占である太占に関係した氏族の後裔であるという[1]。
古代の祭祀貴族の一つで、卜占(ぼくせん)による吉凶判断を業としていた氏族である。占部・浦部・浦邊とも表記する。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%9C%E9%83%A8%E6%B0%8F
壱岐卜部氏
伊吉島造家の伊岐氏(伊岐直)の一族。神功皇后の四太夫の一人で、天児屋根命12世の孫にあたる雷大臣の子である真根子を伊岐直の祖とする系図や[注釈 5]、壱岐卜部氏の氏人である是雄の賜姓記事[注釈 6](伊伎宿祢姓)において先祖を雷大臣とするとの記載により、中臣氏族とする。一方で、中臣氏族とする系図は仮冒で、高皇産霊神の後裔月神命の子孫である壱岐県主の一族とする説もある[注釈 7]。姓は宿禰。
氏人には貞観5年(863年)に卜部宿禰から伊伎宿禰に改姓した、是雄・業孝がいる[注釈 8]。
対馬卜部氏
対馬県造家の対馬県氏(対馬県直)の一族。対馬県直については、祖である建弥己己命を天穂日命の曾孫とし、出雲氏族とする。
神社に仕えた卜部氏

多氏 大中臣氏 卜部氏 忌部氏 凡氏https://ameblo.jp/oyasumipon/entry-12283202299.html
多氏=卜部氏=中臣氏で、天村雲(大和の神武モデル)の孫の神八耳の後裔。
宝賀氏は「多氏系中臣に、大中臣(朝臣)と名乗り、常陸那珂などの那珂氏」としている。しかし大仲臣朝臣を調べると、7000選系図上では、鎌足の親族の二門・清麿の後裔が大仲臣(鹿島宮司/卜部氏)である。神社庁や卜部氏を仕切っている大仲臣朝臣氏とは、実質的にはわけのわからない津速結びの中臣氏ではなく、多氏、という事になる。(中臣氏の系図でも鎌足の親族の二門が、もっと以前に分岐した親族と系統がダブっている)
一方の伊勢神宮は一門の後裔となっているので、鹿島と伊勢神宮は親戚でよいだろう。>

亀卜とは、大陸(百済?)での占い 方法で、邪馬台国古来の骨卜とは違います。 net上の資料に目を通すと、「弥生時代~ 古墳時代初頭の卜骨」(國分氏)、. 「太占」の語が本来は鹿骨を指し、亀卜に先行する。
対馬 卜部氏  https://ameblo.jp/oyasumipon/entry-12126607646.html
→ウマシマチは石上物部の祖ともいえ、熊野権現(熊野神)とも縁深い。(那智大社)ここにウマシマチが船に乗ってやってきた、という事でしょうか。
別の、長崎県対馬市上対馬町芦見字スダリ274 の能理刀神社 では、
 『大小神社帳』では、隣村足見村の熊野権現(現在能理 刀神社)を胡簶御子神社に当てられてゐる。これは卜部の 関係した古社といはれるが、神功皇后の行宮の跡と伝へ、 海神の伝説がある。また収蔵された祭祀用具のなかに、板 で作つた胡籙(シコ)と見られる儀器があつたことは注目したい。

…武具の一種で箭(や)を盛る調度。携帯用容器の種類としては,上代に用いられた靫(ゆぎ),胡籙(ころく)(胡禄),中世の胡籙(やなぐい),箙,空穂(うつぼ)などがある。箙は,〈やなぐい〉と同じように,飛鳥・奈良時代にもっぱら用いられた隋・唐伝来の〈ころく〉の形式を受け,武士が戦いに用いたものである。形が蚕簿(さんはく∥えびら)ににているので,この名があるといわれる。古くは〈ころく〉とも,〈やなぐい〉ともよまれ,区別はされなかったようである(《三代実録》貞観16年(874)9月14日の条)。…
ころく【胡禄∥胡籙】https://kotobank.jp/word/%E8%83%A1%E7%A6%84%E2%88%A5%E8%83%A1%E7%B1%99-1167562
靫(ゆぎ),胡籙(ころく)(胡禄),中世の胡籙(やなぐい),箙,空穂(うつぼ)

箙 フク・えびら  竹部
「?」 フク <屈服する>  と 「服フク」 「印イン」http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/ec98da061e72bba9d63d9f0733d5d600
解字 甲骨文字から篆文まで「人のひざまずいている姿+又(手)」の会意。手で人を押さえつけて屈服させている形。現代字は、人のひざまづく姿が卩セツになり、その下に又(て)がついた?になった。?フクを音符に含む字は、「屈服させる」イメージをもつ。
イメージ  手で人を押さえつける形から 「屈服させる・する」 (服・箙・報)

胡籙(ころく)(胡禄)・・・
きざむ・けずる
録 ロク・しるす  金部
解字 旧字は?で、「金(金属)+彔(きざむ)」 の会意形声。青銅などの金属の表面に文字などを刻みつけることを録という。記録技術の発達により録音・録画などの概念が生まれた。新字体は録に変化。
意味 (1)しるす(録す)。文字を刻みつける。写し取る。おさめておく。「記録キロク」「録音ロクオン」「録画ロクガ」 (2)書きしるしたもの。「目録モクロク」「図録ズロク」「実録ジツロク」
「彔ロク」 <きざむ・けずる> と 「緑リョク」http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/a5b571f22a958462d2dc3ca005e5b9c8
解字 錐キリ状の道具で木を刻み、木屑が飛び散る形の象形。甲骨文・金文の形は、まさにその道具が使われているさまを示している[字統]。篆文は他の字と混同して形が変わり、その流れが現代字に続いている。彔を音符に含む字は、「きざむ・けずる」、けずったものが「こぼれおちる」イメージを持つ。新字体では、彔⇒録の右辺に変化する。
意味 きざむ。木をきざむ。きり。
イメージ  「きざむ・けずる」 (録・菉・緑・剥)
       けずったものが 「こぼれおちる」 (禄・碌)

靫 壁画の画像https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&gdr=1&p=%E9%9D%AB++%E5%A3%81%E7%94%BB
 

(無題)

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2017年12月24日(日)11時01分2秒
返信・引用
  靫 壁画の画像https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&gdr=1&p=%E9%9D%AB++%E5%A3%81%E7%94%BB

     『式』は「弋」(ふたまたになった枝)と「」(道具・ものさし) 先が「さすまた」 ...
「さすまた」 ...
叉(=扠。さす)
靫(ゆぎ)http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/6fa6a21aa87ae0e1de4ec248286026c3
靫 サイ・サ・うつぼ・ゆぎ 革部 解字 「革(かわ)+叉(=扠。さす)」の会意形声。矢を さしいれる革製の袋。矢をいれて携帯する道具をいう。 意味 うつぼ(靫)。ゆぎ(靫)。矢 を入れ背や腰につける袋状の道具。「箭靫センサイ」(矢いれ)「靫負ゆげい」(矢を入れる 靫を背負って宮中を守った武士の集団。靫負(ゆげお)ひ、の転)「靫蔓うつぼかずら」( 葉の先端にうつぼの形をした袋をつけ、中に落ちた虫を養分とする蔓つる性植物) 釵 サイ・サ・かんざし 金部 釵子 解字 「金(金属)+叉(ふたまた)」の会意形声。
「叉サ」<指のあいだがひらく>
解字 甲骨文は手の指の間に二つの点を描き、指の間が開いていることを示す。金文・篆文は一つの点になり、指の間の一つが開いて「ふたまた」になっていることを表す。現在のピースサインのようなもの。意味は「ふたまた」ないし、フォークのように先が枝分かれしたものを表す。
意味 (1)また(叉)。ふたまた。「音叉オンサ」(先がU字型になった鋼に柄をつけた道具。軽く打って音を出し楽器などの音合わせに使う)「三叉路サンサロ」(3本の道路が集まる交差点)「叉手網さであみ」(二本の竹を交叉させて結び、網をはった漁具)「指叉さすまた」(木製の長柄の先に三日月形の金具をつけた武器。罪人を捕えるのに用いた。やす。)(2)先が枝分かれした道具。魚などを刺しとる漁具。「魚叉ギョサ」(魚を突くヤス)(3)ふたまたの間にものをはさむ。「叉手サシュ」(①[仏]両手の指を組み合わせる。②両腕を組み合わせて手出しをしない。③切妻屋根で材を合掌形に組んだもの。=扠首サス)(4)梵語の音訳。「夜叉ヤシャ」(インド神話で森林にすむとされる神霊)
イメージ 「ふたまた」(叉・扠・靫・釵)
うつぼ
しかしうつぼ船に乗ってくる神の正体は太陽神の子だという話もあるそうで、
うつぼ 壷石 禹余粮(うよりょう)http://8628.teacup.com/toraijin/bbs/3166
おつぼ山神籠石は武雄市橘町小野原に位置しています。歌垣の山で知られる杵島山の 西麓に派生した半独立丘の勒山の中腹を列石の延長1870メートルの列石が廻ってい ます。http://www.siromegu.com/castle/saga/otuboyama/otuboyama.htm
「七世紀の大野城以前に、六世紀に古代山城が造られていた。そこに、事代主、武?槌を祭っていた」と「王城神社由緒」で述べている。同じく四王寺山から降ろされた天児屋根(春日神社の由緒)も入れて、少なくとも三神が祭られていた。大野城以前に四王寺山城を作り、神を祭ったのは何の為か、再度確認しておく。
 飯盛神社の神は東を向いていたから、当然、宝満山の神は西を向いていた。夫婦山として相対する東西の山(双方の神)は、東と西から福岡平野を見守っていた。
鹿毛馬神籠石の東には、五所ヶ谷神籠石がある。二つの神籠石はほぼ同じ緯度に並んでいる。連携しているかも知れない。御所ヶ谷の近くには、周防灘に流れ込む今川や祓川がある。南には、英彦山の北岳、中岳、南岳がある。御所ガ谷神籠石は英彦山を背負って、周防灘から入りこむ敵を見張っているのだろう。
 御所ガ谷と鹿毛馬の両神籠石の間には、香春岳の一ノ岳がある。ニノ岳、三ノ岳の力も借りているのだろう。一ノ岳には、香春神社がまつられている。
御所ガ谷神籠石(北緯33度40分29秒 東経130度55分53秒)
香春岳一ノ岳 (北緯33度40分33秒 東経130度50分23秒)
鹿毛馬神籠石 (北緯33度40分37秒 東経130度44分4秒)
屏山     ( 東経130度44分25秒)
英彦山・中岳 ( 東経130度55分35秒)

高良山神籠石だが、耳納山地の最高峰の鷹取山を真東に背負い、西を見張っているのは容易に理解できる。ここは、筑紫平野が一望できる場所であり、筑後川の河口を見張る事が出来る。北に広がる筑紫平野、その奥に宮地岳、宝満山、砥石山、鉾立山と中心の山が連なる聖なるラインがここから北上する。http://tizudesiru.exblog.jp/i19/

古代の光通信 横地 勲 図書出版のぶ工房, 山口県 下関市から奈良県玉置山までの東西線上に、驚くべき正確さで並ぶ山、史跡、神籠石。
太陽の道1(長門市日置)http://www.geocities.jp/astpa693/taiyou1.html
古代日置氏族が極めて高度な測量技術と天文学をもって、この街の都市計画に携わっていたことなど、 “太陽の道”を基本にした街づくりであったことが紹介されているのを知った。
太陽神を祭祀しこれを基にした測量技術をもった古代氏族(日置氏族)の存在を提起した、小川光三氏(『大和の原像』1973年)によって名づけられたものである。しかし、真弓常忠氏は『古代の鉄と神々』のなかで、紀伊半島中央部の高見山山系を分水嶺として東西に横断する櫛田川-紀ノ川流域は中央構造線にあたり、鉄・銅資源と深い関係があるキースラーガー(層状含銅硫化鉄鉱床)が存在することから、このラインが採鉱・鉄冶業を生業とする集団によって日神祭祀の祭場とされたことは、けっして偶然ではなかったと云っている。
なお現在の日置町の街並みも、“日読み”つまり太陽観測が基本になっている。街の中央から東に開いている二本の道がそれで、ほぼ+30度と-30度の角度を示していることから、夏至と冬至の「山アテ」とするよう造られたものと考える。そして冬至の軸線上には、初代の長門国守護となった佐々木高綱の上城跡があり、鎌倉初期に上城の位置を基本にして、城下町として再構築されたとも考えられる。

日本では珍しい方墳であることから、高良山の神籠(こうご)石をはじめとする「朝鮮式山城」説と結びつけらて語られ、甕棺やさまざまな副葬品、表面を赤く着色された石が覆っていたことなど、話題になりました。

古墳の頂上から見渡せるのは筑後平野と筑後川。http://lunabura.exblog.jp/16154390/
正面にうっすらと見えるのは佐賀県の背振山地ですから、その麓には吉野ヶ里があります。被葬者は同時代を生きています。
ここから100m離れた祇園山古墳群の中の祇園山3号墳では男女が逆さまに埋葬されているのが確認出来ました。

妊娠30週ごろには、ほとんどの赤ちゃんは、頭が下になる頭位の姿勢に落ち着きます。 ですから、さ ... 頭位に落ち着いた赤ちゃんには、子宮はかなり窮屈になります。http://www.sodatsu.com/data/ency/ninshin/baby/baby09.html

前方後円墳のジェンダー・壷・蓬莱山・女体・マトリックス - 民族学伝承 ...http://blogs.yahoo.co.jp/kawakatu_1205/52233621.html
2006年3月20日 - それが大地母(だいちぼ)である西王母(せいおうぼ)の胎内=子宮という着想だ。 これ は民俗学に関わるジェンダー(性)からの見方である。 信仰と思想と性は、古代において 最も近しい間柄にあった。 蓬莱思想や陰陽五行思想の原初的発生の ...
日本本土よりも中国の思想に深く触れてきた沖縄の墓(亀甲墓)を見てもわかるが、その形状は風水の、周囲を子宮の形に象った壁におおわれ、墓は前を子宮の入り口(大陰唇)に見立てている。

石を抱く形は人が休んでいる時の姿勢、母の胎内にいた時の胎児の姿勢、或いは 死者を恐れ死者の霊を恐れた古代の人々が、死者を拘束するためにとった形だとも言 われている。古代の人々がいかに死者を恐れていたかという事は、遺体を強く縛り付け ...http://www7b.biglobe.ne.jp/~boso/ohakanorekishi_01.html

墓!ということも非常にショッキングな 事実). 出典 神農本草経 処方用名 禹余粮、禹余石、余粮石 基原 粘土を内蔵する 褐鉄鉱 limonite Fe2O3・粘土の主成分はAl2O3・2SiO2・2H2O・2H2O。http://blogs.yahoo.co.jp/kawakatu_1205/52953866.html
禹余粮は夏王朝の禹王が余らせた漢方薬という意味である。
日本での発見で最古のものは、弥生時代中期、奈良県の唐古・鍵遺跡出土の褐鉄鉱容器の中にあったもの。
弥生時代中期の1世紀前後にすでに奈良県でこれが出たということは、禹余粮の陰陽五行思想を背景にした成立から見た場合、大変な歴史事実である。
つまり少なくとも1世紀までに、ヤマトには陰陽五行思想が届いていたということになるからである。
これまで九州3世紀後半の甕棺墓の辰砂使用例が最古とされてきた。(3世紀後期になっても九州北西部ではまだ甕棺墓!ということも非常にショッキングな事実)

唐古鍵の禹余粮と纏向遺跡の祭祀 建造物しか出ない遺構は、むしろ邪馬台国を裏付けている気がしてくる。http://blogs.yahoo.co.jp/kawakatu_1205/archive/2011/11/8
クスノキなどを刳り貫いて丸木舟型に作った棺に埋葬された人々が実に多いということは、その死生観に中国長江の太陽信仰を伴う照葉樹林型観念と風習があったことは想像に難くない。この国はこうして縄文後期から弥生早期にかけて多くの倭人が海を越えてやってきたのだ。これが、これまでの権威主義考古学、豪族しか扱わなかった京大考古学の視点に対する、本物の民衆日本史・古代史、民俗考古学の視点からわかることなのである。
鬼道
簡単に言うなら西王母=大地母信仰である。

夏の禹と 益とは西王母に会ったとされ、『荀子』の大略篇では尭は君疇に学び舜は務成昭に学び ...http://www.pandaemonium.net/menu/devil/seioubo.html
西王母と一対とされる東王父は、天の西王母に対するに地の王者の力のシンボルとしての意味をもっていた。そうだとすれば牽牛は、実は禹や武帝でもあったのである。

禹余粮【うよりょう】http://www.karako-kagi-arch-museum.jp/serch/dictionary.pdf#search='壷石 禹余粮'
       ⇒太一(乙)余粮【たいいつよりょう】
展示:「褐鉄鉱容器に納められた勾玉」

奈良県田原本町にある弥生時代の大型環濠(かんごう)集落から、国内最大級のヒスイ製勾玉(まがたま)2個が納められた褐鉄鉱の容器が出土した。勾玉が容器に入った状態で出土したのは全国で初めて。勾玉は長さ4.7センチと3.5センチの2種類。祭祀(さいし)に使われた可能性もあり、弥生人の精神世界を解明する貴重な資料になりそうだ。http://sankei.jp.msn.com/life/news/110922/art11092203540001-n1.htm

『褐鉄鉱容器に納められた ヒスイ勾玉』という記事で内容は褐鉄鉱容器に納められていた2点のヒスイ勾玉が 見つかったがこの意味について仙思想の仙薬である太乙禹余粮との関係 ...http://yoshida123.blog.fc2.com/?mode=m&no=293
縄文神祭祀の歴史を持つ蘇我氏は勾玉だけでなくこの菅から作られる鈴や鉄器も造っていた可能性が高い。

鳴石は、中国で禹余粮(うよりょう)(糧)とか太一(たいつ) 余粮とよばれた仙薬であり、不老長寿(不死)を理想とする神 仙思想の薬として珍重 ...
http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/36
太乙禹餘粮 (タイイツウヨリョウ)
その昔、大禹戦で戦いに勝って、余った食糧を捨てたのが石になった。これが太乙禹餘粮 (タイイツウヨリョウ)である。】 10
http://www.rokkaku-reishi.jp/database/senyaku-09101112.htm

禹余糧(太乙禹余糧ともいい、石中に含まれる粘土状の粉末、古に禹が洪水を治め たとき、食い残しを棄てたのがこれになったと伝えられる、水で練って薬用とする) ...http://www.geocities.jp/yasunobuogawa/Taoism_1.htm
63.赤 斧?:?巴戎(甘粛省西寧府)の人で、碧鶏祠の書記官になり、水銀丹砂を精製し、硝石と併せて服用し、 のち崋山に上り禹余糧を取り、これを団子にし蒼悟(江西省)や湘江(湖南省)の辺りで売る
禹余糧(太乙禹余糧ともいい、石中に含まれる粘土状の粉末、古に禹が洪水を治めたとき、食い残しを棄てたのがこれになったと伝えられる、水で練って薬用とする)

世界の各国には罪の子もしくは異形の子 を産んだためにうつぼ船に入れられて流される姫の伝承がある。
受難貴人 高貴生まれの姫君が、継母にいじめられて生死の境をさまよったり(蚕の眠を 暗示)、うつぼ船(繭を暗示している)にのせられて流されたりするパターン。 金色姫(こん じきひめ) 茨城県 北天竺の王様には金色姫という美しい娘がいた。
遠い国の姫君がウツボ船で流される話。結果として姫は死に、その墓に見知らぬ虫がわく。こちらは養蚕の技術が外国から伝えられたことを意味しているのかもしれない。

河勝はうつぼ船に乗って坂越にやってきた という。。。 うつぼ船にのってきたというのはしらなかったなぁ。 これじゃあ漂着物じゃ ないか(^^ゞ しかしうつぼ船に乗ってくる神の正体は太陽神の子だという話もあるそうで、 ...http://www.cam.hi-ho.ne.jp/sakura-komichi/kodaishi/ryokoukioosakejin.shtml

倭国王タラシヒコからの書簡は遊牧民族の形式で書かれており、おそらくその時代の 外交を反映しているのだろう。http://tweetbuzz.jp/word/%E3%82%BF%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%92%E3%82%B3

ヒミコの正体」は『日本書紀・景行紀』に実名で書かれている。それはナラ大王・大 タラシヒコ(景行)の九州遠征時に投降した北九州「一国の魁師」カムナツシヒメ(神 夏礒媛)である。http://yumiki.cocolog-nifty.com/nautica/2009/04/post-8a86.html
●「ヒミコの正体」は『日本書紀・景行紀』に実名で書かれている。それはナラ大王・大タラシヒコ(景行)の九州遠征時に投降した北九州「一国の魁師」カムナツシヒメ(神夏礒媛)である。
●また「弟王の正体」も同条に書かれている。それは終戦年(開戦から6年目)に降伏したミヌ(水沼)の長・サルオオミ(猿大海)である。
●北九州の両王がけっきょくナラ軍に屈したことは、「畿内人口の優勢」という考古学的な事実と整合する。
●「九州の征服者」景行と「九州遠征で変死した王」仲哀は同一人物である。すなわち大タラシヒコは九州征服後に暗殺で斃れ、その死後に、
【出雲】で独立した長子ワカタラシヒコ
【畿内】より挙兵した次子カゴサカ王&三子オシクマ王
【北九州】より東征したトヨ(神功)&武内宿禰
 -の3勢力が抗争したのだ。けっきょく【北九州勢】が勝ち抜いて、畿内入りして「応神朝」を樹立した。以上のことは全て『記・紀・風土記』に書かれている。
 …と思うからです。これで全部解けているでしょ?

神夏磯媛。 景行の熊襲討伐で皇軍に味方するといって現れた一族の頭。 姫はシヅ山( 磯津山)の榊を抜き取り、上の枝には八握剣を、中枝に八尺の鏡を、下枝に環珠を飾り たてて、白幡を船の艫(とも)と舳先(へさき)に揚げてやってきた。http://gejirin.com/src/Ka/kankasihime.html
神夏磯媛とはこれまでの考察から卑弥呼であると解っており、稲葉の素兎であり、アメノヒホコと別れたアカル姫であることも解っています。http://www.geocities.jp/oden1947/149.html

卑弥呼(=兎神=アカル姫)が韓から日本に帰ってくるときに、小船に乗って非常に難儀 した。 それを大国主が助けた。 卑弥呼は、大国主に、八上姫を得るという御神託を下し、 その通りになった。 そして「兎神」と別名をもらった。http://www.geocities.jp/oden1947/150.html

契丹族の祖王のことを葛 禹図可汗(遼史では葛烏兎可汗)と記していて、 .... 比売大神は本来は玉依姫と豊玉姫とされるが、比売許曽神社のアカル姫とも言われていて、天日矛やツヌガアラシト伝説に ...http://www1.ocn.ne.jp/~r.okabe/kouzuiden.html
秦族は『旧約聖書』の手本となったウトナピシュテム伝説を知っていたのだ。秦氏は八幡神の象徴として鳩を、賀茂大社の象徴として八咫烏(大烏)を伝説としたのは、ノア伝説の鳩と烏を示すためであったが、三つ鳥居は元糺の池に立っていて、三つ鳥居の中央の真下にニシル山を模した石積みの山があって、大洪水で辺り一面水没した所に、ニシル山だけが姿を表していることを示唆していて、木嶋坐(コノシマニマス)=此の嶋におわすのことで、元糺の池の石積みの山を示し「嶋」の漢字で三角形の鳥居を示している。
さらに、ウトナピシュテム伝説の鳩・燕・大烏の三羽の鳥は、それぞれシュメールに関係した民族を象徴する暗号であったからたまらない。烏は中国の夏王朝の禹王の一族のことで、ウトナピシュテム=禹王のことである。禹王も洪水を治めて荒廃した土地に人間が住めるようにした人物である。
ウトナピシュテムの名のウトはシュメールの太陽神のウトゥのことで、世界的にも烏は太陽に住む三本足の烏とされて、太陽神の象徴であり、禹王の一族とは烏桓族・烏孫族・契丹族・扶余族などがいた。

禹の妻となった九尾白狐から の連想で、唐突に石化した宿命も頷けるようになる。 ... 狐を妻とする ... 秦氏(呉系楚人、 須佐乃男、月読、神産巣日、スクナビコナ、天之日矛、ツヌガアラシト、大山咋=?、弁辰 ...http://8628.teacup.com/toraijin/bbs/2125
兎=禹
啓は 父母、兎と塗山氏の娘との. 合作
塗山氏の娘
啓は 父母、兎と塗山氏の娘との. 合作傑物なのであります。 当然 家に帰らない夫、兎のために塗山氏は一家を守り育てなければならなかつた。 ... 塗山氏とも。 禹は治水を行う時に熊に変身したが、 彼女はその姿を見て逃げ出し、
http://blogs.yahoo.co.jp/asayama55/57609888.html
禹の妻であった九尾白狐は石化した後に、一度は石として一体化した禹の息子・啓を切り離した。啓は後に世襲王朝を開く。


 「弋」くい「弋」くい 杭??

音符の亢は行に通じる。 行くの意味。 木造の舟で行く。 わたる。 ... 亢はあくまで音符なのだから。 ...
こう【亢】の意味は?国語辞典。 二十八宿の一。東方の星宿。亢宿。あみぼし。 ... こう【亢】の意味 国語辞典 - goo辞書. gooトップ ... 「こう かう 【亢】」の後の言葉. こう かう 【江】 こう かう 【交】 こう かう 【行】 ...
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn/62170/m0u/

星宿の分割法の一つで、月の見かけの通り道である白道を27のエリアに等分割した「亢宿」についての解説。 ... 亢宿(コウシュク) 七宿分類. 軽躁宿. 梵名(ヒンズー称) スヴァーティ. 梵名(アラブ称) ...
http://www.7key.jp/data/koyomi/nizyuunana/kousyuku.html

亢宿 サムライ星 星官
天地の主だった神々、北帝大王・五道冥官・泰山府君・司命司録・南斗星官・北斗星官などに引き合わせ、 ... を云う、狭義には、その際に用いられる独特の歩行法のことを反閇と云い、「禹歩」とも呼ぶ. 禹歩の足さばきは、「抱朴子」に出てくる、
http://www.geocities.jp/yasunobuogawa/Taoism_3.htm
この神のいる方位に向けて袍衣(えな)を埋めたり、鞍置始めを行うなどすれば、求めることの一切が成就する
袍衣(えな):胎児を包んでいた膜と胎盤で、これを松竹梅などを描いた袍衣桶に入れ、 ...

胎盤は胎児を育てる万能というべき臓器で、生存していくのに必要な機能を十分に備えていない胎児のために、臓器を代行する機能を果たしています。 ... 古代から伝わる不老長寿の妙薬で、エジプトのクレオパトラ、またマリー・アントワネットも胎盤を摂取していました。 ...
http://www.yumikohifuka.jp/treat.html

胞衣(えな)信仰
その地で、はじめ秦河勝の霊体は「胞衣荒神」となって猛威をふるった。 金春禅竹はそれこそが、秦河勝が宿神であり、荒神であり、胞衣であることの、 ... 「和のスピリット」の源流に・・・・石棒信仰や丸石信仰、あるいは胞衣(しんこう)がある。
http://www.kuniomi.gr.jp/geki/wa/enasinko.html

縄文と古代文明を探求しよう! | 縄文人、再生への祈り
自宅で出産していた頃までは胞衣壷の使用は一般的だったようです。 ... 縄文の母たちが使った胞衣壷より ... Ⅶエジプト・インダス文明(10) Ⅷギリシャ・ローマ文明(22) Ⅸマヤ・アステカ・インカ文明(48) ⅩⅠ ...
胞衣壺
http://www.viswiki.com/ja/%E8%83%9E%E8%A1%A3%E5%A3%BA
日本では縄文時代中期の埋甕に遡り、古代には埋納方法が確立し秋田城跡(秋田県秋田市)や長岡京跡(京都府向日市・長岡京市)などで出土している。

商人の巻物「秤の本地」、商人の起源:熊野の説話
そうであるので、須弥に第一あるについて、大唐の如月、秤の目は星の宮(星や星座)を表わすのである。 ... 月の通り道である白道に沿って選ばれた28の星座)、地の三十六禽 ... 「ほろ」は「母衣」と書き、やはり胞衣を表わしています。
http://www.mikumano.net/setsuwa/hakari.html
油単についてはこの「秤の本地」では詳しく記されていませんが、会津に伝来する「連釈之大事」では、「ゆたん」を「母袋」と書いて、「母の胎内にあるときの胞衣(えな)」を現わし、そのため、ゆたんの中に入れたものは無税であると主張しています。
 母親の胎内にあるとき、胎児は胞衣に包みこまれ、守られています。
 普通の人間は胞衣を脱ぎ捨て、この世に生まれてきます。
 しかし、時折、胞衣をかぶったまま子供が生まれてくることがあります。
 子供は「無」から「有」の世界に生まれでてくる。この「無」と「有」の境界膜として胞衣はイメージされました。
 神仏の世界と現実世界との境界膜としてイメージされた胞衣。
 したがって、胞衣である「ゆたん」に包まれた物は神仏の所有物であり、そこには世俗の権力が力を及ぼすことはできないと考えられたのでしょう。
 話は少し逸れますが、中世の武士が鎧に掛けた「ほろ」。「ほろ」は「母衣」と書き、やはり胞衣を表わしています。武士たちは胞衣である「ほろ」をかけることにより、神仏の所有物、神仏の直属民であることを表わして、戦場における神仏の加護を求めたのでしょう。

「ゆたん」に包まれた物は神仏の所有物
豊(ゆた)
饒(ゆた(かさをもたらす日の神の訓え ... 首長霊を遷した後の亡き王の身はもはや現実界の王の権威を放棄した文字通りの「亡骸」であり、その魂は共同体霊(祖霊)となって新王と共同体を護り、その力の増幅を助ける神となったのである。 ...
http://joushou.sakura.ne.jp/kazahaya/02_kazahaya_art_c02_07.html

口語訳聖書 - ペテロの第一の手紙
... (へいあん)とが、あなたがたに豊(ゆた)かに加(くわ) ... 神(かみ)は、その豊(ゆた)かなあわれみにより、イエス・キリストを死人(しにん)の中(なか)からよみがえらせ、それにより、わたしたちを新(あら)たに生(うま)れさせて生(い)ける望(のぞ) ..
http://bible.50webs.org/kougo/1peter.xml
「見(み)よ、わたしはシオンに、選(えら)ばれた尊(たっと)い石(いし)、隅(すみ)のかしら石(いし)を置(お)く。それにより頼(たの)む者(もの)は、決(けっ)して、失望(しつぼう)に終(おわ)ることがない」。
しかし、あなたがたは、選(えら)ばれた種族(しゅぞく)、祭司(さいし)の国(くに)、聖(せい)なる国民(こくみん)、神(かみ)につける民(たみ)である。それによって、暗(くら)やみから驚(おどろ)くべきみ光(ひかり)に招(まね)き入(い)れて下(くだ)さったかたのみわざを、あなたがたが語(かた)り伝(つた)えるためである。2:10あなたがたは、以前(いぜん)は神(かみ)の民(たみ)でなかったが、いまは神(かみ)の民(たみ)であり、以前(いぜん)は、あわれみを受(う)けたことのない者(もの)であったが、いまは、あわれみを受(う)けた者(もの)となっている。

万葉集巻十に. 朝霧の八重山越えてほととぎす卯の花辺 ... ウツギ(空木=ユキノシタ科の落葉低木) 一の宮町で=2001. 万葉集巻十に. 朝霧の八重山越えてほととぎす卯の花辺から鳴きて越え来ぬ ...
http://www.asahi-net.or.jp/~iu2m-ktt/koyomi/0105/0510.htm
卯の花辺 ... ウツギ
空木(うつぎ)、卯月(旧暦4月)に咲くので卯の花といわれています。 ... 梅 ウメ う(宀) め(女)=【安】・・禹 華(夏)国 ... 禹の生誕伝承にも通じ、熊にたいする信仰は、アジア ... 多羅 ...
http://8628.teacup.com/toraijin/bbs/1558

五島列島を通過し、妻島を越えると、後は八重山諸島の他に陸地の目標はない・・・この時代、八重山 ... 突然に襲われる深い眠りの中で沖縄の神事に巫女として参加する自分を発見します。 ...
http://ameblo.jp/shimatabi-overview/

ゆた、宮古列島や八重山(やえやま)列島ではムヌス(物知り)などとよぶ。 ... ゆたは、小さいときから異常な宗教的な精神現象を体験した人が、しだいに自覚して宗教体験を積み、占い者になることが多い。
http://100.yahoo.co.jp/detail/%E3%82%86%E3%81%9F/

饒 ... 題名の「降る」は布留で饒速日尊(ニギハヤヒ)の幼名である。 「星」は解字すると「日と生きる」で ... 「洗」を解字すると水(三)に先に政権を取られたこと。 饒速日尊の文字は歴史から洗われた。 ...
http://homepage1.nifty.com/fumio-y/honoo0081.htm

亢(あみぼし)・角(すぼし)と称される星の組みが合わさり、乙女座を成すことを知っていた。 ... 亢宿は自分の髪の上に何か乗せられていることに気づいた。 ... 渡された小枝で先程亢宿が解字した文字を作り出す。
http://www.us.oct-net.jp/~seikaco/96hana.html

「設文解字」には「武」の字があるのに「弋」はなく、更に「ノ」が付いた「戈」(ほこづくり)でいきなり四画にでてきます。 ... 解字:象形。 人を戈(ほこ、武器)で刺撃した形にかたどる。 人を武器で切り殺す意。 ...
http://shoukei.blog65.fc2.com/category1-2.html
「弋」 部首解説:これを部首として、くいを用いた道具の意を表わす文字ができている。
    字義:くい、ぼう。
    解字:象形。断ち切った木の小枝の、先のとがったものの形にかたどる。
「戈」 部首解説:これを部首として、武器の種類、武器をもってする行為などの意を表わす文字ができている。
    字義:ほこ、たたかい
    解字:象形。石突きの付いた柄のある、鎌形の枝刃のあるほこの形にかたどる。一説に会意で弋と、意符の一から成るという。

「戈」=「弋」+「ノ」:くい+特別な=>特別なくい=>武器にするくい=>武器=>ほこ=>たたかう
ただし、裁縫の「裁」の字がある所から
「戈」=「弋」+「ノ」:くい+特別な=>特別なくい=>尖らせた道具=>道具
と二つの流れが読み取れます。

武の本義は「戈を止める」 「武」という字は「戈 (ほこ)」と「止」からなっているので、 本来の意味は「戦闘を止める」つまり平和を意味する、という俗説がある。 ... 紀元100年頃許慎が著した「説文解字」に既にあるそうだ。
http://www001.upp.so-net.ne.jp/yasuaki/misc/lang/langb4.htm
「戈」は武器であることは確かである。しかし、「止」は「止める」ではなく「あしあと」の意味で、ここでは「歩く、進む」の意味で使われている。字通にも、「武」は「戈を執って進む」だと説明がある。

... 「戰(戦)」は「單+戈(か)」で、左に盾をもち、右に戈(ほこ)を執って戦う。 「狩」の初文である「獸(獣)」は「單+犬」を要素としている。 ...
http://www.geocities.jp/growth_dic/honbun/zoukan-7969.html
「単」の字の本義は「たて」で、戦争にも狩猟にも用いた。

狩猟
... 狩猟民族は移動 は 商人(証人?) 「世界史は、狩猟民族による、農耕民族への侵略の歴史であった」 ...
http://www.asahi-net.or.jp/~rg1h-smed/j-keijiban3.htm

【下村昇の窓/blog版】...【今日の漢字】と【今日の天声人語】:私の ...
のち「斤」をつけ「斧で切ること・切りたての生々しさ」の意になり、「新しい」意になったとする。 ... 『解字漢和辞典』(塩谷温)では... 『式』は「弋」(ふたまたになった枝)と「」(道具・ものさし) 先が「さすまた」 ...
http://shimo.exblog.jp/i12/
のち「斤」をつけ「斧で切ること・切りたての生々しさ」の意になり、「新しい」意になったとする。
[2989]斤氏と旗氏http://8220.teacup.com/toraijin/bbs/mobile/index/detail/comm_id/2989/?fontsize=1&reverse=1&TEACUPRBBS=02b5381024cd398b2fe29893ab7b715a
 

数は、もともとの漢字は、米+女ではなく、婁が元です。

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2017年12月20日(水)16時14分53秒
返信・引用
  口十中とは米のことで、申すには水氣が強すぎる=米は小目で迷い・・・ 数は、もともとの漢字は、米+女ではなく、婁が元です。
婁宿(ろうしゅく・たたらぼし)
羊宮四 足  牡羊座
(羊宮四足)牡羊座に属し、西方を守護す、星象は馬頭。http://blog.kuruten.jp/eatme/22029

「羊頭狗肉」http://blog.goo.ne.jp/sasakule003/e/977af1fe997181e36f4a3e4ec181ecdf
店頭には羊頭(羊の頭)を掲げて、実際には狗肉(犬の肉)を売っていたことが由来

狗星
斗宿周辺の[天鶏2星]、[狗2星]及び[狗国4星]の星座を検証する。http://www.kotenmon.com/str/china/china_012.html

さだめの星は、“地狗星”。あだ名もまた、“金毛犬”。 “いぬ”とは、身をかがめた卑しい獣。 取るに足らない、小さな存在。彼の国では忌み嫌われ、石を投げられる。 しかし、天馬は 、かれの前に現れた。 (偉大なものの存在を信じ、その行方をどこまでも追いかけるの ... 嘲風子”は、腰につけていた小羊の皮の浮袋を外すと、阮小七に押しつけた。 ....
 さだめの星は、“地狗星”。あだ名もまた、“金毛犬”。
(   群星を率いる御方よ──)
(あの星は、どこから昇るんだろう)
(ここは、まだ“果て”じゃない)
 海の先、水平線の彼方にも、まだ、星の輝く世界があるのだ。
(俺は、まだ辿りついていない)
地暴星“喪門神”鮑旭。あだ名は、“死神”。
天究星は、穆弘の頭上の輝く星だ。究める星──行き止まりの穴の奥の奥まで、腕を突っ込み、貫く星だ。
「行くでや!」
貫く星 天究星

「九キュウ」 <行きどまって曲がる>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/371e26a97efc40b6ababc8693a56d713
解字 人が腕をまげた形。甲骨・金文では先が手を表し曲がった部分が肘にあたる。手が穴の奥に届いて曲がったようすを描いた形で、一から九の数のうちで、行きどまりの数である「九」に仮借カシャ(当て字)される。九を音符に含む字は、「行きどまる」「まがる」イメージをもつ。
意味 (1)ここのつ(九つ)。数の名。九番目。「九州キュウシュウ」 (2)数が多いこと。「九重ココノエ」
イメージ  「ここのつ」 (九・馗)
       「行きどまる」 (究・尻・仇)
       腕が 「まがる」 (軌・旭)
       「クの音」 (鳩)、 「その他」 (染)
馗 キ  首部
解字 「首(=道の略体)+九(ここのつ)」の会意形声。九方に達する道。
意味 (1)九方に通じる道。 (2)人名用字。鍾馗ショウキに使われる字。鍾馗とは、中国の民間伝承の道教系の神の名。もとは中国の唐代に実在した人物だとする説話からできた。日本では、鍾馗は魔よけになるとされ、人形や鍾馗を描いた旗・掛け軸などが飾られる。
行きどまる
究 キュウ・きわめる  穴部
解字 「穴(横穴)+九(行きどまる)」の会意形声。穴の奥の行きどまりの所まで探ること。
意味 きわめる(究める)。つきつめる。「究極キュウキョク」「研究ケンキュウ」「究理キュウリ」(物事の道理・法則を究めること)
仇 キュウ・あだ・かたき  イ部
解字 「イ(人)+九(=究。つきつめる)」 の会意形声。探し求めている究極のひと。当初、つれあい・仲間の意だったが、のち、かたきの意味に用いる。
尻 コウ・しり  尸部
解字 「尸(からだ)+九(行きどまり)」 の会意形声。尸シは人が座ったかたち。そのからだ(胴体)の行きどまった所にあるしり。
意味 しり(尻)。後ろのほう。おわり。「尻尾しっぽ」「尻馬しりうま」(人の乗った馬の後ろに乗る)
尻馬
先の馬
馬頭・・・綱の先の馬?

  轡 ヒ <たづな・くつわ>
解字 甲骨文は「叀セン(糸つむぎの道具)+三本の糸(つな)」の会意。叀センは糸をつむぐ紡錘車の形を表した字。これを手で回して縒りをかけて糸をつむぐのが専センで、転じて、もっぱら・ひとり占めの意がある。叀センも、この意味を持っており、「叀セン+三本の糸(つな)」は、三本のつな(綱)を、一人占めして操ること。綱の先の馬が省かれており、三頭立ての馬車を手綱であやつる意となる。金文は叀センの上部が少し変化した形。篆文は「糸+車+口+糸」の形になった。「車+口」は、叀センの変化形で、もっぱら(一人で操る)意、轡は二頭立ての馬車の手綱を持って馬を御する意で、たずな(手綱)の意味になる。また、手綱と馬の口にくわえさせる金具である、くつわを含めて言う。日本では、くつわだけに用いる。現代字は糸車糸の下に口がついた轡になった。
覚え方 車をひく馬の口にかませ、その両側からのびる二本の糸が、轡(くつわ)

三本の糸(つな)・・・「糸+車+口+糸」の形?・・・占め
三つ編み
「婁(娄)ロウ」 <髪の毛を高く巻きあげた女>
解字 金文は女の頭髪を(他人の)両手が結っているかたち。篆文第一字は金文から両手を省いた古いかたち。篆文第二字は髪の毛を高く巻きあげたかたちで、髪の横につきでているのはカンザシか。この字をもとに現在の婁が成立した。髪の毛を巻き上げるには、まず長い髪を三つ編みにし、これを巻いて丸くしてから上に重ねたと思われる。したがって、髪の毛が「かさなる」、三つ編みにした長い髪の毛が「つらなる」イメージがある。
しかし「婁」単独では星座のひとつに仮借カシャ(当て字)される。新字体になる時、婁⇒娄に変化する。
意味 (1)星座の名。たたら星。「婁宿ロウシュク」(たたら星。二十八宿のひとつ)(2)ひく。ひきよせる。(3)むなしい。から。中空。
イメージ  巻き上げた髪が 「かさなる」 (楼・数)
       三つ編みにした髪が長く 「つらなる」 (縷・髏・屢)
       「同音代替」 (藪)

婁(かさなる)」
屢[屡] ル・しばしば  尸部
解字 「尸(亡き死者に代わって座る人)+婁(つらなる)」 の会意形声。尸シは、人が椅子に腰かけた姿勢の象形。祖先の祭祀の時に亡き死者に代わって近親者が椅子に座った姿をいう。それに婁(つらなる⇒連続する)がついた屢は、祭祀で死者の位置につくことが続く、そうした祭祀がしばしばある意。新字体に準じた屡も使われる。
意味 しばしば(屢)。たびたび。「屢次ルジ」(たび重なること。しばしばである)「屢述ルジュツ」(何度も述べること。繰り返し述べる)「屢雨しばあめ」(時おりさっと降る雨。にわか雨)

婁宿(ろうしゅく・たたらぼし)は二十八宿の一つで、西方白虎七宿の第2宿。距星はお ひつじ座β星。 星官[編集]. 主体となる星官(星座)としての婁は、おひつじ座β、γ、αの3 つの星によって構成される。 天区内の星官[編集]. 婁宿には6つの星官がある。

数は、もともとの漢字は、米+女ではなく、婁が元です。
婁を簡略化させた形が米+女なのです。
数の元の漢字「數」の解字は、 婁ル・ロウは、女と女とをじゅずつなぎにしたさまを示す会意文字。https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1121328596?__ysp=5amBIOaVsCAg6Kej5a2X
數は「婁(じゅずつなぎ)+攴(動詞の記号)」で、一連の順序につないでかぞえること。

さんかく座 は,アンドロメダ座 の南,おひつじ座 の北にある小さな星座です。 最も明るい βが3等星ですから決して明るい星座ではありませんが,あまりにも目立つ三角形だっ たため,紀元前の昔から知られている星座です。ギリシア文字の第4字Δに似ていること から,古代ギリシアでは“デルトトン”(デルタ座)と呼ばれていましたし,日本にも三角星と 呼ぶ地方がありました。 さんかく座 をさがすときは,まずペガススの四辺形(ペガスス座 )を見つけ,そこからアンドロメダ座の2つの2等星βとγをたどり,γ星の南を探しましょう。
http://mirahouse.jp/begin/constellation/Triangulum.html
さんかく座はアンドロメダ座の足下とおひつじ座の中間あたりにあります。

婁→数にしても薮と藪で文字が残してあることは、カウントは攻めよという神示であるからです。
口十中とは米のことで、申すには水氣が強すぎる=米は小目で迷い
婁は屍の意味で、髑髏は、虫の罒に釣り針をつけて申心中の女をコツ骨と釣る、で女=米=小目女を攻めあげてこそ、脳死から逃れられる=荊冠頭(考えに棘がある=腹黒=土黒=穢場=エバ=腹の虫の蝮)→お洒落頭=十字架刑(髑髏の丘)の物主(ユダヤ=憂蛇野)の反省の教え

數は「婁(じゅずつなぎ)+攴(動詞の記号)」

?(けい )+攴(ぼく)。卜文の?の字形は、羊頭の人の前に祝祷の器である (さい)をおく形。羌 人を犠牲として祈る意であろう。敬はそれに攴を加えて、これを責め儆(いまし)める意を 示す。敬はもと神を驚かせ戒める呪儀をいう。のち神につかえ、神意をおそれることを いう。(字通): #5? 引き締める+攴 動詞の記号。はっとかしこまってからだを 引き締めること。
敬の意味と読み方http://jigen.net/kanji/25964
肅(つつし)むなり、攴と?に従ふ。

「粛 シュク」 <規則正しい文様を描く>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/47184c35aa53e5b30ecc93995549b6f1
解字 甲骨文は「聿イツ(手に筆をもつ形)+ぶんまわし(コンパス)」の会意で、筆を用いて器物にコンパスで模様を描くこと。コンパスで描く模様は規則正しく、器物を神聖なものとするので、その器物は「おごそか」なものとなり、その前では身を「つつしむ」意となる[字統]。篆文は、聿の下にコンパスに代わって上下左右対称の模様が描かれる。旧字は聿(ふで)の下部が一画減った肅となり、新字体は、肅⇒粛に略された。部首は筆を示す聿。
意味 (1)つつしむ(粛む)。おごそか。「自粛ジシュク」「静粛セイシュク」「厳粛ゲンシュク」「粛粛シュクシュク」(2)ただす。いましめる。「粛清シュクセイ」(反対者を逮捕し排除する)「粛正シュクセイ」(きびしくただす)「綱紀粛正コウキシュクセイ」
イメージ  「規則正しい文様をえがく」 (粛・繍・蕭)
       「規則正しい」 (簫)

規則正しい
簫 ショウ  竹部
解字 「竹(たけ)+肅(規則正しい)」の会意形声。竹管を規則正しく組み合わせて作った笛。
意味 ふえ。しょうの笛。長短の竹管10~24本を長さ順あるいは左右対称となるよう平らに並べて、木帯でおさえた笛。「簫鼓ショウコ」(笛と太鼓)
※笙ショウは、竹管をまるく並べた管楽器で吹き口は一つ。簫は吹き口は管の数だけある。

籥(1) 中国の古楽器。竹製の縦笛で、 尺八に似る。(=龠)「籥舞」 (2) 鍵(かぎ)。錠前。(かぎをかけて)閉じる。(=鑰)「籥口」 ◇龠(1) 中国古代の竹笛。(=籥) (2) 古代中国の度量衡で、容積の単位。 一升の1/20 。一合の1/2。 または一升の1/100。一合の1/10。一勺に同じ。 ※「龠(やく)」は独立した 漢字の部首の中で、一番画数が多い(17画)。
http://archives.mag2.com/0000102660/20080204060000000.html

肅⇒粛に略された。

「淵エン」<ふち>「盥カン」<たらい>「轡ヒ」<くつわ>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/741c8db2dc134f3aa21b36a1e0546947
解字 甲骨文第一字は四角い囲いの中に水の流れを配しており、岸に囲まれた深い沼や湖をさす。第二字は水流の一つが囲いから出ており、川の流れがよどんで深いところを指す。金文は、流れの深いところをH印で表し、さらに水流を横につけた字。篆文はその変化した形。川や沼・湖の水がよどんで深いところをいう。渕は異体字で、新字体に準じて使われる。
意味 (1)ふち(淵)。川・沼・湖などの水の深くたまったところ。「深淵シンエン」(①ふかいふち。②奥深いところ)(2)深いさま。「淵玄エンゲン」(物事が奥深いこと)「淵識エンシキ」(奥深い知識)(3)浮かび上がることのできない境遇。「絶望の淵ふちに沈む」

  轡 ヒ <たづな・くつわ>
解字 甲骨文は「叀セン(糸つむぎの道具)+三本の糸(つな)」の会意。叀センは糸をつむぐ紡錘車の形を表した字。これを手で回して縒りをかけて糸をつむぐのが専センで、転じて、もっぱら・ひとり占めの意がある。叀センも、この意味を持っており、「叀セン+三本の糸(つな)」は、三本のつな(綱)を、一人占めして操ること。綱の先の馬が省かれており、三頭立ての馬車を手綱であやつる意となる。金文は叀センの上部が少し変化した形。篆文は「糸+車+口+糸」の形になった。「車+口」は、叀センの変化形で、もっぱら(一人で操る)意、轡は二頭立ての馬車の手綱を持って馬を御する意で、たずな(手綱)の意味になる。また、手綱と馬の口にくわえさせる金具である、くつわを含めて言う。日本では、くつわだけに用いる。現代字は糸車糸の下に口がついた轡になった。
覚え方 車をひく馬の口にかませ、その両側からのびる二本の糸が、轡(くつわ)
 

天と地との境に神の意向を察する

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2017年12月19日(火)13時19分41秒
返信・引用
  ・・・3柱の神とは言うまでもなくアヌ・エンリル・エアのことである。それぞれの神名をなぞって3つの地域に星々を住み分け、最上層を「アヌの道」として23個、中層を「エンリルの道」として33個、最下層を「エアの道」として15個、全部で71個の星が3柱の神の名の下に命名された。・・・

「祭サイ」  <肉を祭壇にそなえて神をまつる>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/db04a0f940b3bd5645fea59b972e6ccd
解字 金文・篆文は、「月(肉)+ヨの出た形(て=又)+示(祭壇)」の会意。供物として神にささげる肉を手にもって、祭壇にのせる形を表わす。現代字は、手の形が又の変形字となっている。
意味 まつる(祭る)。供物を供えて神をまつる。まつり(祭)。「祭日サイジツ」「祭典サイテン」「祭器サイキ」(祭りに使用する器具)「祭司サイシ」(祭りを司る者)
イメージ  供物の肉を供えて神を 「まつる」 (祭・際・察)
       「同音代替」 (擦)
       「サイの音」 (蔡)
察 サツ・みる  宀部
解字 「宀(神をまつる建物)+祭(まつる)」 の会意形声。神をまつる建物で肉を供えてまつり、神の意向を察すること。

みる・・・目

目上の相手を殺して順序を変えること。音符は「式シキ」
弑 シ・シイ  弋部
解字 「?(=殺。ころす)+式(順序)」の会意形声。式には、順序・だんどりの意があり、
殺 サツ・サイ・セツ・ころす  殳部 http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/cc9f7fbad061eb4177775f2a03b32cf7
解字 甲骨文は、野生のイノシシを矢で射とめた形の彘テイ(狩りの獲物の猪)の変形した字で、イノシシなどの獣を殺す意。参考のため下段に掲載した彘テイの甲骨文第一字は、イノシシを矢が貫いた形、第二字は矢が直線に変化し、第三字で矢の線がまがった形になり、この形が殺の甲骨文および金文第一字に変化したと思われる。金文第二字は、「猪などの獣の形+殳(つえぼこ)」の会意。つえぼこで獣を打ちころすこと。篆文は、すっかり形が変わり、「乂(刈る)+?(もちあわ)+殳(動作)」に変化し、もちあわの穂を刈る動作で、殺す意を表した。この突然の変化は、「乂+?」の?(この字は点がとれた略体)の発音がサツ・セツであり、以前の字と同じ音の字で置き換えたと思われる。さらに新字体は?の点がとれた殺になった。
意味 (Ⅰ)サツ・セツの発音:①ころす(殺す)。あやめる。「殺生セッショウ」(生きものを殺すこと)「射殺シャサツ」②なくす。ほろぼす。「抹殺マッサツ」(完全に消し去る)③程度がはなはだしい。「殺到サットウ」「忙殺ボウサツ」
(Ⅱ)サイの発音:そぐ(殺ぐ)。へらす。「相殺ソウサイ」(互いに差し引く)「減殺ゲンサイ」(減らしてそぐ。少なくする)

?(亥)
カルマ占星術では 牡羊座は水星、牡牛座はバルカン 双子座は金星・・・・といったように気になったのが、牡牛座のバルカン!
「亥ガイ」 <ぶたの骨格>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/c2d99a6c25b45b8144d9ec4212b61061
解字 いのしし、またはぶたの骨格をたてに描いた象形。骨組みの意。仮借カシャ(当て字)して十二支の12番目に当てられた[学研漢和]。
意味 (1)い(亥)。十二支の第12番目に当てる。動物はいのしし。 (2)昔の時刻で午後10時前後。「亥の刻イのコク」 (3)昔の方角の名。北北西。
※亥ガイ(干支の亥い・いのしし)と豕シ(いのこ・いのしし)は意味が似ているが、字の由来は豕シは動物の豚(ぶた)を、亥ガイは豚などの骨格を示す。「亥豕ガイシの誤り」(文字の書き誤りのこと)。

当時の遺跡から出土した粘土板に「荷車(おおぐま座)」や「天の狩人(オリオン座)」 といった星座名に加え、黄道 12星座も、かに座、てんびん座、いて座を除く9星座の名称 が記録されていたのだ。 さらに、メソポタミア各地から出土し、約3000年前の ものとされ る粘土板「ムルアピン文書」には、黄道12星座を含め、66の星座のリストが見られた。 これらの星座は「エンリルの道」「アヌの道」「エアの 道」に大別されている。エンリル、 アヌ、エアはいずれも古代メソポタミアの重要神だ。
星座に神が宿るまで 黄道十二星座の起源http://gakkenmu.jp/divination/5963/
星座は約5000年前、メソポタミア(現在のイラク、クウェート)南部のバビロニア地方に住んでいたシュメール人たちによって作られたといわれる。農業を生業としたシュメール人たちにとって、季節の移り変わりを如実に知ることが できる太陽や月、そして星々の動きはとても重要だったのだ。おそらくシュメール人たちは夜空を見上げ、季節ごとに姿を現す星々を仮の線でつなぎ、そうしてできた星座に名前をつけて、農作業の目印としたのだろう。

歴史上初めて星座の名前が記録された文書が登場したのは、約3800年前に成立したバビロン第1王朝時代のことである。当時の遺跡から出土した粘土板に「荷車(おおぐま座)」や「天の狩人(オリオン座)」といった星座名に加え、黄道 12星座も、かに座、てんびん座、いて座を除く9星座の名称が記録されていたのだ。
さらに、メソポタミア各地から出土し、約3000年前の ものとされる粘土板「ムルアピン文書」には、黄道12星座を含め、66の星座のリストが見られた。これらの星座は「エンリルの道」「アヌの道」「エアの 道」に大別されている。エンリル、アヌ、エアはいずれも古代メソポタミアの重要神だ

カシオペヤ座 βと北極星を結んだ 線上の一番明るい星がケフェウス座 γですから,この星から五角形をたどると ...
ケフェウス座http://mirahouse.jp/begin/constellation/Cepheus.html

中国では、5人の皇帝の秘密の玉座とよばれていました。
ケフェウス王の星座http://turupura.com/season/autumn/cep.htm
 秋の星座は古代エチオピアの王家にまつわる一つの物語でできていますが、ケフェウス座はケフェウス王に見立てた星座です。紀元前1500年頃にできた古い星座ですが、いびつな五角形からケフェウス王を思い浮かべるのは、どう見ても少し無理があるような気がします。なおアラビア語では、ケフェウスをもとにキーファウスとよんでいます。
「ざくろ石」と名づけたほど、異常に赤い色をしています。

ケフェウス型変光星は変光の 周期と光度差と距離の相関関係が決まっているため、遠い宇宙でも物差しのように使 われています。
秋の星座の目印、秋の四辺形を探してみよう!http://www.kenko-tokina.co.jp/special/celestial/201510_sorawomiyou.html
各季節には星座を探す手がかりとなる「大三角」があります。「大三角」を形作っている星のほとんどが1等星からなっていますが「秋の四辺形」は2等星と3等星の星で形作られています。暗くて見つけにくいのではないかと思われるかもしれませんが、秋の夜空には明るい星が少ないので、すぐに見つけられるでしょう。夜更けになると天頂近くに4つの星が四角く並びます。それが「秋の四辺形」です。
物差し

この規則正しい変光星は、「ケフェウス座 デルタ型変光星」の代表で、後にさまざまな天体の距離を知る手がかりとなった重要な 星です。http://kodomo123.jp/tsu_wkk/seiza/cep/k_cst_cep.htm
γ星:エライ (Errai) は、アラビア語で「羊飼い」を意味する言葉に由来する。3等星。
羊飼い
羊飼い という職業は最も古い職業の一つで、約5,000年前のアナトリア半島が発祥である。 羊 は乳・肉、そして羊毛を得るため飼育された。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%8A%E9%A3%BC%E3%81%84
シェパーズ・クルーク
羊飼いの像
羊は、家畜や農業には適していない山岳地帯などに生える丈夫な牧草を食べることができる。そのため、季節ごとに山岳ルートに沿って、ドロヴァーズロード(英語: drovers' roads、家畜追いの道)と言われる道が形成される。こういった山岳の道でバランスを取り、捕食動物から羊を守る武器として、危険な下草を調べるため、多目的にシェパーズ・クルーク(英語:Shepherd's Crook、羊飼いの杖)は使われる。
フックは落下した羊の首や足に引っ掛け、群れへの復帰を補助するために導入された。このような理由から、困難な状況にある信徒を助けるシンボルとして、ミトラ教父やキリスト教の司教が持つ司教杖に取り入れられている[3]。
宗教
イエス・キリストを「善き羊飼い」、信徒を「ストレイシープ」、シェパーズ・クルークをモチーフとした司教杖など宗教との関わりは多い。また、動植物についての知識が豊富であるため、ルーマニアの羊飼いなどは、治癒者、魔術師として尊敬を集めている。
エジプト神話に登場するオシリス神は、片手にヘカと呼ばれるシェパーズ・クルークを持つ。
治癒者、魔術師・・・

農業の神であると共に医業の神でもあった。
杖 神農の画像https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&gdr=1&p=%E6%9D%96++%E7%A5%9E%E8%BE%B2
赤い杖
右手には赤い杖 を持つ。神竜に稲を授かる。天空より五穀の種が舞い降りてきて(一羽の真紅の島が 稲穂をくわえて飛来)それを炎帝神農が播くとやがて黄金色に輝く実が実った。そうして 稲作が始まり、炎帝神農は人々に農耕を教え、定着農業の始まりとなる。
炎帝神農http://sugimoto-sadamitu.jp/section/special/
中国太古(約七千年前新石器時代)の伝統的な帝王。三皇の一人で炎帝と呼ばれ伏義、黄帝の間に入る帝王として歴史化された。母の女登は神竜に感じて彼を生み人身にして牛首で身の丈八尺七寸、ヒゲを長く伸ばし木の葉で作った衣をつけ、右手には赤い杖を持つ。神竜に稲を授かる。天空より五穀の種が舞い降りてきて(一羽の真紅の島が稲穂をくわえて飛来)それを炎帝神農が播くとやがて黄金色に輝く実が実った。そうして稲作が始まり、炎帝神農は人々に農耕を教え、定着農業の始まりとなる。同時に炎帝神農は農業の神であると共に医業の神でもあった。炎帝神農が有していた神鞭(赤い杖)で種々の植物を打つとたちどころに毒の有無、薬効の性質をあらわしたという。また炎帝神農は自ら各種各様の植物を口に入れてしらべ、一日に七十回も毒に当たりながら多くの薬草を発見した。ある時毒にあたり木の下にいたところ、一片の葉がひらひらと落ちて来てそれを飲んだら毒が消えた。それが茶葉であった。これが有名な神農鞭薬と神農嘗薬伝説である。山西省大原の神釜岡には炎帝神農が嘗薬の際に使用したといわれる三脚の鼎鉄窯が残っており、また成陽山には炎帝神農が神鞭を振った所を探しだすことが出来る。そして今ではこの山を神農ヶ原、薬草山と呼んでいる。また病人があると聞くと千里の道を遠しとせず、どこまでも出向いて治療した。炎帝神農の頭の小さな角はその一生を通じて耕牛のように一所懸命人々の病苦を救うために尽くしたということからといわれている。死の恐怖から救われた人々は炎帝神農の死後、その功績をたたえて薬王菩薩とあがめ各地に祠を建て記念した。炎帝神農は農業と医業の祖神として日本では東京湯島聖堂、大阪道修町にある少彦名神社に祀られ、毎年十一月二十三日に神農祭を催し、無病息災を祈願している。

三皇
伏羲と 神農に関しては早く『周易』繋辞下伝に卦を使って文明をもたらした聖人として黄帝・堯・ 舜に先行する存在として描かれているのであるが、これを三皇に入れ、三皇を歴史的な 帝王として五帝の前に置くことが固定化するようになったのは魏晋以後のことと考え られる。
エンリルの道
古代メソポタミア地域の天文学史料として貴重な粘土版「ムル・アピン(英語版)[* 15]」によれば、星の動きに関連する現象の記録などが刻まれており、最初の部分に天界の最高神3柱に由来する「71個の星のリスト」が確認された。
この3柱の神とは言うまでもなくアヌ・エンリル・エアのことである。それぞれの神名をなぞって3つの地域に星々を住み分け、最上層を「アヌの道」として23個、中層を「エンリルの道」として33個、最下層を「エアの道」として15個、全部で71個の星が3柱の神の名の下に命名された。この内「エンリルの道」には星座だけでなく、木星のように惑星も分類されている[35]。
・・・南の方角を示す炎帝と神農=エア(エンキ)http://cutthecorner.net/yakuza/

東洋における2つの思想の対立、西洋では
カトリック対ミトラ教(マニ教)の対立、かつての権威崇拝ローマ教会が儒家にあたり、古代フリーメイソン・イルミナティが墨家、といった感じ
ちなみにミトラ教も聖書も起源はシュメール神話、GODの名前と物語の扱い方が違うだけ、元は同じ。

ミトラ教にとって神とは12星座なの です.
秘教占星術~ミトラ教~ https://ameblo.jp/aroma-naturalherb/entry-11012063468.html
シュタイナー思想ベースに ミトラ教がある
秘教占星術では カルマ占星術というもがあり本来の12星座の支配星が違うのです
例えば 牡羊座は火星、牡牛座は金星、双子座は水星・・・といった支配星がカルマ占星術では 牡羊座は水星、牡牛座はバルカン 双子座は金星・・・・といったように気になったのが、牡牛座のバルカン!
牡牛座は本来美しいものを好むということで 金星が支配星になっています

ペルセウスの名はそれ自体が太陽の暗喩だ。 太陽は夜に沈んでまた昇る、蛇と並ぶ不死の象徴でもある。 そしてペルセウスが《鋼》の 英雄であるように、ミトラスもまたその相を持つ。 ウルスラグナは太陽神ミスラから 切り離された、いわば軍神としての彼の化身なのだ。
女神を腕に抱く魔王https://syosetu.org/novel/34069/42.html
「東から来た男ペルセウスはその名の通り、東方より昇る太陽の化身だ。一時期に新たな宗教の主神として担ぎ上げられた英雄、太陽神たるミトラスがペルセウスに与えた影響は大きかった。アンタが今も駆っているペガサスもそのなごりの一つだ! 馬は古来より太陽神と密接な関係にある。馬車に乗り東から西へ移動する太陽神という構図は、洋の東西に関わらず普遍的に存在している。これはギリシアの太陽神たるアポロンも持つ伝承であり、彼はヘリオスやミスラとも習合している神だ。天を駆ける雄馬は当然のように、翼を持つ天馬としてペルセウスの伝説にも組み込まれたんだ!」

アンドロメダは、ギリシア神話の中で登場している星座の一つで、ペルセウス、 カシオペア、ケフェウス、 くじらといった星座と共に、壮大な物語を展開しています。 アンドロメダ座を構成する星々は、2等星と3等星以下の暗い星々がほとんどで、 星空を 見上げても印象は薄い星座かもしれません。 しかし、アンドロメダ大銀河という有名な 天体がこの星座で輝いているので、 名前は広く知られている星座です。
アンドロメダ座http://ryutao.main.jp/mythology_01.html
アンドロメダ座は、ペガサスの四辺形を目安にすると簡単に見つかります。 α星のアルフェラッツから、アンドロメダ姫の脚元で輝くアルマクまでの緩やかなカーブを見つければ、 たやすく星座の形を把握できるでしょう。 アンドロメダ座は、プトレマイオスの48星座にも登場しています。

三角座とは?宇宙百科事典。 12月中旬の宵に、ほぼ日本の天頂を通過する小星座。 アンドロメダ座の南東に、細長い二等辺三角形を形づくって見える。https://www.weblio.jp/content/%E4%B8%89%E8%A7%92%E5%BA%A7
古くからある星座で、秋の夜、天頂付近に細長い2等辺3角形を見つけることができます。形が整っているので、小さい割に見つけやすいのが特徴です。また3角形の頂点からややアンドロメダ座寄りに、渦巻き星雲M33を見ることができます。大きく明るい星雲ですので、小望遠鏡でもきれいな渦巻きを見ることができるでしょう。
1.見つけ方のポイント
秋の頃、天頂付近からやや東寄りの空、アンドロメダ座のちょうど腰の脇あたりに、3個の星が小さく細長い3角形を作っているのが見つかります。それがさんかく座です。小さく、さほど明るくもない星座ですが、形がまとまっているのでよく目立ちます。
2.神話の内容について
神話とは関係なく、そのものずばり三角定規を表した星座です。しかし、歴史は古く紀元前1200年頃の古代ギリシャ、ヒッパルコスの時代には知られていました。ギリシャ文字のΔ(デルタ)に似ているため、「デルトトン」と呼ばれたこともあります。
3.同じ時期に見える星座について
秋の空の天頂付近に見える星座です。すぐ東にはアンドロメダ座とペガスス座、北にはペルセウス座やカシオペア座、南にはおひつじ座やうお座などを見ることができます。

【三角座】. 三個の星で作られるさんかく座は、古代ギリシャ時代から「デルトトン」と呼ば れていました。これは「デルタ座」という意味です(星の名前に使われるギリシャ文字でδ という文字ありますが、デルタと読み、この大文字は、Δという三角形の記号になります)。 プトレマイオスの48星座の一つです。また、他にもヒッパルコス(B.C.190くらい~B.C. 125くらい)の時代ではトリゴノンと呼ばれていたそうです。http://tigaku.com/astronomy/astro_mythology/autumn/Triangulum.html
ローマ・カトリック教会の初代教皇(ローマ法王)とされる使徒ペテロの司教冠(教会の司教がかぶる三角形の頭巾状のもの)として見られました。
三角形の頭巾
三角帽子
フリギア(トルコ)の名三角帽子で知られる▽トロイアの王子パリス▽東方由来のミトラス 神も▽ローマ時代には解放奴隷のかぶりもの▽自由を求める革命家の象徴→仏の自由 の女神マリアンヌもかぶっている. https://mobile.twitter.com/kitsuchitsuchi/status/853598339807326210

フリジア帽は赤い三角帽である。この帽子は元来フリギア(フリジア)に起源するとされて いるが、古代ローマにおいては、自由身分の解放された奴隷が被るものとして考案され た。
神に反逆するフランス『革命のピラミッド』https://matome.naver.jp/odai/2143612963673150601/2144356627596176903

「三角」の象徴としての「戸」 https://ameblo.jp/ywrqa/entry-12173132186.html
、「三角座」は、「Δ」の形状から、「デルトートン」と呼ばれていた。
【ΘRYGNWN】(三角、461)=【XMΣA】(五、461)の等式が示す様に。(※【婁】=【D】=「五」に注意)
この「三角座」(barbaru、狼)が、「Sira」(天狼)に通じるというわけである。
「Sira」(天狼)
シリウス
玄武(亀と蛇の合体した想像上の動物)に乗り、唐服を着、笏や剣を持つ。
妙見信仰 瀬織津姫 封印 シリウス文明 ホルス神 https://ameblo.jp/aoisoradaisuki123/entry-12224855599.html
この神が鎮宅霊符神と習合したのは、両者ともに宇宙を創生した最高神とされることが大きな要因であろうが、この神について、記紀神話に何らの記載もないことから、後世の神格形成に際して自由度が高かったことからともいえ、それはキリスト教におけるマリア信仰と同じである。

地母神は万物を生み出す力、生と死、豊穣や凶作、天界と冥界などを司る力を握っていました
マリア信仰https://www.wien-kanko.com/2014/11/29/%E8%81%96%E6%AF%8D%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6-1-%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%A2%E4%BF%A1%E4%BB%B0/

聖母信仰と御子信仰は、ネストリウス派キリスト教の影響があるというのである。
八幡神とネストリウス派キリスト教http://d.hatena.ne.jp/elkoravolo/20160401/1459512750
比売大神(ひめのおおかみ)とは、 なんなのだろうか。 これは、「売」の字が入っていることからわかるように、売女であった マグダラのマリアを指すそうである。

一般の「大神」に関しては、何とも言えないが、少なくとも、「觜月」(弓宮)の誕生石に刻まれた「白治大神」の場合は、(※「Sira」(シリウス)を含意)当該の「大神」(おほかみ)が、「狼」(おほかみ)を含意する。https://ameblo.jp/ywrqa/entry-12173349900.html
#同じ脈絡で、「大物主大神」の場合も、「大神」は、#「狼」を含意する。これに鑑みると、「大三輪氏」も、#「Sira」(Sirius)とか「三角座」(barbaru、狼)を含意。

最初の夏至のホロスコープで、三角に道を通して いるのは、金星と月。ともに女性性のサイン。 この女性性のエネルギーがピラミッドの 頂点を通過し、これを回転させることによって 田=X(カイ=カミ)が回転してエネルギーを 発動している図、の様子となる事を直観しました。つまり、女性が変革を興していく象徴。 それには、まず女性たちが覚醒していることが大事になります。つまり見極める目を持つ こと。
特別の夏至を通過してhttp://btl369.blogdehp.ne.jp/article/15375606.html
カザフスタンでサラリーマンが偶然見つけた、世界最古の地上絵。およそ16000年前のものと推定・・。マヤのものとはまた違う、幾何学的なイメージ。

6000年前の中央アジア(現在のカザフスタン)にまで遡るが、原始ミトラ教の形をとるの は、3700年前ころらしい。 ミトラ神とは、インド・アーリア人、イラン・アーリア人が 分かれる以前の時代にまで遡る古い神格で、その名は本来「契約」を意味する。 また、 契約によって結ばれた「盟友」をも意味し、友情・友愛の守護神とされるようになった。
アーリア人の守護神信仰~契約・盟友・友情の守護神ミトラhttp://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=330608
ヒッタイト・ミタンニ・カッシート時代の資料に、「ミトラはヤザタたちの長である」という記述(伝承)がある。ヤザタは、イラン系諸語で「神」を意味する。この伝承は「ミトラがヤザタたち、つまり神々の長」であったことを意味している。つまり、ミトラが西方に移住したイラン系民族の至高神であった。
3700年前、イラン系民族(ヒッタイト、ミタンニ、カッシート)が、中央アジアから移動をはじめ、バビロニア~小アジア半島の根元の地域に移住。この時代のミトラ教を原始ミトラ教という。ミタンニ条約の碑文碑文には、「ミトラ、ヴァルナ、アリヤマン、インドラ、二柱のナーサティア神」に誓って条約を結ぶと記されている。
この碑文は、ミトラが筆頭に来ることを示している。

契約によって結ばれた「盟友」をも意味し、友情・友愛の守護神・・・
友愛
メイソンの教義「友愛」を掲げた内閣総理大臣 1954年から56年にかけて内閣 総理大臣を務めた鳩山一郎は、戦後日本における代表的なフリーメイソンである。
日本人は知ってはいけない。http://cosmo-world.seesaa.net/article/144800790.html
林の孫・忠雄が、三菱財閥の4代目総帥・岩崎小弥太の養嗣子(旧民法で家督相続人となる養子)となった。ここにもまた、メイソンと岩崎家(三菱)とのつながりが見られるのは興味深いことである。
メイソンの教義「友愛」を掲げた内閣総理大臣
  1954年から56年にかけて内閣総理大臣を務めた鳩山一郎は、戦後日本における代表的なフリーメイソンである。
  1912年、東京市会議員に当選したことから政治への道を歩むようになり、その3年後には早くも衆議院議員に就任。当時の政治スタンスはどちらかというとリベラルなものだったとされているが、政治紛争や賄賂問題、第二次世界大戦後のGHQによる公職追放などで政治の表舞台から姿を消すこともあった。しかしその後、吉田茂内閣のあとを継ぐ形で、1954年から鳩山内閣をスタートさせ、1955年には自民党を結党したのである。
首相就任と合わせてメイソン加入
  フリーメイソンに加入したのは1955年3月で、第2次鳩山内閣の発足とほぼ同時期であった。当時の日本のメイソンの多くは、同じくメイソンだったマッカーサーの手引きによるものだったから、鳩山もまた彼の紹介を受けたものと考えられる。加入の儀式は東京テンプルと呼ばれる建物で行なわれ、日本メイソンのすべてのメンバーが同席したという。
戦後は日本の指導者層にも浸透・・・

安倍晋三もフリーメーソンの上位の人物であるという情報がネットに流れ ています。http://rapt-neo.com/?p=27249
フリーメーソンは明らかに悪魔崇拝の組織であり、その悪魔崇拝が有史以前から行われてきたことは明らかなことなのですから。
日本が世界最古の悪魔崇拝の聖地であるという幾つもの証拠。
こちらの記事もどうぞ
?古代エジプトの太陽信仰=悪魔崇拝が、現在の日本の天皇家へと流れ着き、天皇家を最大級の財閥にするまで。
?関西に描かれた巨大な「六芒星」と「逆五芒星」の意味。または「かごめかごめ」の意味。
?ヒトラーとオカルトの関係について。またはヒトラーの背後で見え隠れする「天皇派」の影。
?「原子力村」の正体とは、実は「天皇家」とその親戚一同でした。
?RAPT×さゆふらっとまうんど対談〈Vol.2〉 ~ 悪魔崇拝者たちの勢力争いとNWOの行方。またはロスチャイルドの正体。
?RAPT×読者対談〈第三弾〉悪魔との様々な戦い。不正選挙、ねつ造報道、呪術、etc……。
?RAPT×読者対談〈第九弾〉3.11人工地震の犯人は本当にアメリカ・ロックフェラーなのか。
 

魚の骨 ・・・鯀の子 禹のモデルとなった人物は、ヤコブかもしれない。

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2017年12月16日(土)12時30分41秒
返信・引用
  イエスの父親のヨセフは大工だとされたのは、ある文字 が大工関係の語彙だったからだとされます。 しかし、古代ではその語彙は大工を意味し ておらず、測量の単位として使われていたそうです。 測量といえば石工職人。
ザメクが柱という意味があります。
キリストの架けられた十字架についてhttps://oshiete.goo.ne.jp/qa/4527989.html
『またサメフ(samekh)という文字は魚を意味している。同じくフェニキア文字の中に魚の骨を見て取ることができる。』

初期、キリスト教徒は魚をシンボルとしていた。
ギリシア語stauros(スタウロス)という語は時代によって意味が違っているのです。本来の意味が「杭」であったことは誰も疑っていません。紀元前8世紀(最古の用例)頃から紀元前4世紀前半までこの語は単純に「杭」という意味でした。しかし、問題は新約聖書が書かれて時代のコイネーと呼ばれる俗化したギリシア語の意味です、コイネーではさまざまな十字架(T字型、X字型、普通の十字架)をも指すことがあったのです(ディオドーロス、ルキアーノス、プルタルコスの用例による)。また、ギリシア語stauros(スタルロス)に対応するラテン語(ローマ帝国の公用語でした)のcruxもまた同じような刑具を意味していました。

2千年ほど前くらいから、牡羊座の時代から魚座に時代になったわけですが、どういう意味か 何を基準に変わったとしているのかご存知でしょうか?
地球の地軸です。
12星座を地球の地軸がゆっくりと首振り運動をする。
一周するのに25、800年かかるらしいです。
これをプラトン年という。
で、今地球の地軸は、魚座からみずがめ座の方角に移動しています。
イエスの魚座の時代が終わりかけているわけです。

杭・・・・
柱のことじゃないでしょうか。
イエスの父親のヨセフは大工だとされたのは、ある文字が大工関係の語彙だったからだとされます。
しかし、古代ではその語彙は大工を意味しておらず、測量の単位として使われていたそうです。
測量といえば石工職人。
ピラミッド建築。
建物を支える柱・・・・
なんか関係ありそうですね。
とんでも話かもしれませんが、モーセはエジプト人で、ピラミッド建築の棟梁だったとか。
彼が石工職人を連れて、エジプトからパレスチナに移住してしまったため、ピラミッド建築は衰退したという説があります。

イスラエルとなったヤコブ?は、天使に足を折られたという話になっている。
これは去勢の比喩。
足を折られた・・・禹病偏枯、足不相過

伯禹 夏后氏、{女+以}姓也、(中略)乃労身渉勤、不重径尺之璧、而愛日之寸陰、手足胼胝、 故世伝禹病偏枯、足不相過、至今巫称禹歩是也. 伯禹夏后氏、{女+以}姓なり。(中略) 乃ち身を労して渉勤す。径尺の璧を重しとせずして、 日の寸陰を愛み、手足胼胝す。 故に世よ禹、偏枯を病み、足相い過らずと伝う。今に至りて巫の禹歩を称るは是れなり。
禹歩の技法と思想http://square.umin.ac.jp/mayanagi/students/98ohira.htm
聖天子「禹」の人物像は『帝王世紀』や『史記』によると、西羌に育って会稽に没し、また中国各地を治水のために駆け回った大旅行家であり、我が身を顧みずにひたすら治水の事業に打ち込んだ勤勉な人物であったと言うことができるだろう。そしてまたこれが、現在も一般的に広く知られている「禹」の姿であることは間違いのないところである。

去勢の比喩・・・宦官?

「宦官カンガン」とは、宮中の奧御殿につかえた去勢された男性。
「臣シン」 <下をむく目>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/7334d38111dfff732b9a44edfc2dc703
臥 ガ・ふす  臣部
解字 「人(ひと)+臣(下をむく)」の会意。人が下をむいてふせること。
意味 ふす(臥す)。うつぶせになる。横たわる。「臥竜ガリュウ」(まだ天に昇らず臥せている竜。民間にひそむ英雄)「臥床ガショウ」(①ねどこ。②病気で寝込む)「臥薪嘗胆ガシンショウタン」(薪の上に横たわり、にがい胆(きも)を嘗(な)める。目的達成のため苦心・苦労を重ねる)

天に昇らず臥せている竜・・・臥竜

臥龍のパンダ保護区
がりょう【臥竜】https://dictionary.goo.ne.jp/jn/46378/meaning/m0u/

玉女,臥竜,紫霄(ししよう),翠微, 蓮花の諸峰が連なる。https://kotobank.jp/word/%E6%A1%90%E6%9F%8F%E5%B1%B1%E8%84%88-1189188
「禹貢(うこう)」に「淮を桐柏より導く」とあり、古くから知られている。

「禹」という文字は本来蜥蜴や鰐、竜の姿を描いた象形文字であり、禹の 起源は黄河に棲む水神だったといわれている。 そしてこの「偏枯」という特徴を真似たと される歩行方法が禹歩であり、半身不随でよろめくように、または片脚で跳ぶように歩く 身体技法 ...

竜の象形文字は「禹」という文字 https://ameblo.jp/123hiraku/
白川静は『山海経』にみえる魚に「偏枯」という表現が使われていることから、禹は当初は魚の姿をした
神格だったという仮説を立てた。実際「禹」という文字は本来蜥蜴や鰐、竜の姿を描いた象形文字であり、
禹の起源は黄河に棲む水神だったといわれている。

>姫 キ・ひめ  女部
解字 金文は「女(おんな)+ふたつの乳房」 で、乳房の成熟した女を表す。篆文・旧字は乳房が一つになった「女+?イ」の形。成人の女の意から転じて君主の側妾や貴婦人の意。新字体は乳房が?⇒臣に変化した姫になった。
覚え方 「女+臣(下をむく)」で、君主のそばで下をむいて仕える女。

曹姓も中国最古級の姓で姫氏 の分派http://8220.teacup.com/toraijin/bbs/2862
似姓、禹の後裔は分封された国名を姓とし、夏后かこう、有扈ゆうこ、有男ゆうだん、斟 尋しんじん、丹#城たんじょう、襃ほう、費ひ、木#き、繪そう、辛しん、冥めい、斟しん、戈 かの各氏があった。 ↑ 丹#(+さんずくり])、木#(+巳]) .... 曹姓も中国最古級の姓で姫氏 の分派ですが、彼の家はその曹姓ではなかったことは すでに同時代に陳宮によって 指摘され、現代の研究家の見解もほぼそれで一致してい ます。

曹姓
元は曹姓。周の武王によって邾国に封じられ、邾国が楚の宣王に滅ぼされると、その 遺族が国名から邑(オオザト)をとりはらった「朱」を姓として名乗るようになったとされる。 しかし元は曹姓って… 秦 Qin2 1、元は姫姓。魯公の公子のうち秦邑に封じられた一族 が後に秦を姓とした。 2、元は嬴姓。周孝王によって秦亭に封じられた一族が秦姓を 名乗った。始皇帝の一族。 3、西暦226年に海路で呉に到達したローマ人が帰化して秦 を名乗った説。 許 Xu3 元は「姜」姓。これも例によって許国に封じられた姜氏の末裔が 戦国 ...
三国志『百家姓』http://shuishanglouge.fc2web.com/baijiaxing.html
呉に到達したローマ人が帰化して秦 を名乗った説。

大秦(だいしん)は、中国の史書に記載されている国名で、ローマ帝国、のち東 ローマ帝国のことを指すとされる。 「ローマ帝国」を現代中国語で書くと「羅馬帝国」となる 。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E7%A7%A6

大秦景教流行中国碑(だいしんけいきょうりゅうこうちゅうごくひ)は、明末に長安の崇聖 寺の境内で発掘された古碑。ネストリウス派(景教)の教義や中国への伝来などを刻す。 唐代781年(建中2年)に伊斯が建立した。碑文は景浄。古代キリスト教関連の古碑 ということで世界的に有名。現在西安碑林博物館に保管されている。
大秦景教流行中国碑https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E7%A7%A6%E6%99%AF%E6%95%99%E6%B5%81%E8%A1%8C%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E7%A2%91
431年にエフェソス公会議で異端として禁止されたネストリウス派は、西アジア・中央アジアに伝播。そのころ唐は西方に国威を伸長しており、635年(貞観9年)阿羅本という者が、初めて景教を中国に伝えた。それから約150年間、不遇の時代もあったものの王朝の保護もあり隆盛。781年(建中2年)に中央アジアバルフ出身で唐に登用された伊斯という人物がこの記念碑を長安の大秦寺に建立、景教の教義や中国伝来の歴史を残した。しかし、9世紀半ばに即位した武宗は道教に傾斜し、仏教をはじめ他の宗教を弾圧(会昌の廃仏)。景教も例に漏れず弾圧を受け、多くの大秦寺が破壊される。その際に碑は土中に埋没したと考えられている。

円照が編纂した仏典目録の『貞元新定釈教目録』巻第17に、インド僧般若三蔵が胡本(ソグド語版)の『大乗理趣六波羅蜜多経』を翻訳する際、「波斯僧景淨」の協力を仰いだとある。すなわち碑文を撰した景浄はペルシャ人であり、また般若三蔵と交流があった。[3]804年末に長安に入った空海がサンスクリット語を学んだのがこの般若三蔵であり、また空海の長安での住居西明寺や般若三蔵の醴泉寺は大秦寺に近いことから、空海が景教に触れた可能性は高い。なお、この『貞元録』は800年に徳宗へ上進されたほぼ同時代の証言なので信用できる。なお、空海の師・恵果を大秦景教流行中国碑に登場する「佶和」と同一人物とする説もあるが、この説は疑問視されている。[4]

奉 ホウ <ささげ持つ>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/31efe471e137807daf556dda4cbdd614
解字 金文は、「若木の枝+廾(両手で持つ)」で、神に捧げる神聖な若木の枝を両手で持ってささげる形。篆文は、若木の枝⇒丰ホウに変化し、また下部の両手の間にさらに手が入った形で、多くの手で神聖な若木の枝を捧げること。現代字は「丰+廾(両手)」が、「三+人」の合わさった形になり、下部の手⇒キに変化した奉ホウになった。神聖な若枝を神(目上の人)に「たてまつる・ささげる」意の他、目上の人から「おしいただく」意ともなる。この字の音符は丰ホウである。
覚え方 さんにん(三人)で、木(キ)を奉(たてまつ)り奉納す [漢字川柳]
意味 (1)たてまつる(奉る)。両手でささげ持つ。「奉納ホウノウ」「奉献ホウケン」(物を奉り献ずること)(2)うける。目上の人から謹んで受ける。「奉命ホウメイ」(命令を承る)(3)仕える。サービス。「奉仕ホウシ」「奉行ホウコウ」(主君の命を受けて事を行なう)「奉行ブギョウ」(武家の職名。行政の各面における最高責任者)「供奉グブ」(奉を供する。奉仕する)
イメージ 多くの手で神聖な枝を「たてまつる」、逆の意である目上の人から「おしいただく」、多くの手で持つことから「手に持つ」イメージがある。
  「たてまつる」(奉・捧)
  「おしいただく」(俸)
  「手に持つ」(棒)

丰・・・(棒)
ヤコブスタッフ (ヤコブの棒、Jacob's staff) http://asait.world.coocan.jp/kuiper_belt/navigation/jacob_staff.htm

岐 丰 (杉紋 )・・・古代測量の形。 天使の階段、ヤコブの梯子、レンブラント 光線などとも 呼ばれる。 ..... 航海術においては、装置は十字棒
[3865] 弥生人もホクレア星を見た?
ヤコブ・スタッフ (ヤコブの棒) はクロス・スタッフ (十字棒, cross staff), ballastella とか フォア・スタッフ (前方棒, fore staff) あるいは balestilha とも呼ばれ、色々な物の名前 として使用される。
ヤコブの棒http://mail2.nara-edu.ac.jp/~asait/kuiper_belt/navigation/jacob_staff.htm
測量装置を支えるための棒も「ヤコブスタッフ」と呼ばれますが、 これは伊能忠敬の測量装置に登場しており、そこでは「杖」と呼ばれています。 円周儀の訳注を参照。 スタッフの本来の意味は「棒」で、これが時には「杖」の意味になります (ウェブスターの英々辞書)。 オランダ語でも同じだと思われ、伊能忠敬の「杖」(あるいは測量装置の全て) がオランダから流入したことを強く示唆しています。 つまりオランダ語の staff に相当する言葉を翻訳する際に「杖」と訳した。
「杖」・・・足を折られた?

>イスラエルとなったヤコブ?は、天使に足を折られたという話になっている。

【神話・伝説の武器・道具】その7・斧、棍棒、杖https://matome.naver.jp/odai/2147063902392548501
元は夏王朝の禹王が海をならすために使っていた、重さ13500斤(8.1t)の「神珍鉄(しん ちんてつ)」という測量や治水の道具。 東海龍王・敖広の宝物庫にあった物をもらい受け た。 爪楊枝ほどの小ささから、最大で天国の最上階から地獄の最下層まで届くほど 伸びる。 中国では銀色、日本では赤や黒に描かれる事が多い。 お気に入り詳細を見る. ネス(Ness). 出典:アイルランド神話『コルマクの語彙集』 アイルランド伝承の鍛冶師・ ゴヴニュの鍛治道具の棒。
シャルウル ・・・Ψ?
出典:シュメール神話
豊穣と戦闘の神・ニヌルタの持つ棍棒。
その名は「全ての物を破壊するもの」という意味を持ち、「ラガシュ市の右腕」「戦闘の洪水」と詠われる。
Ψ?
耕・・・丰・・・(棒)
禹 鋤 三つ叉
禹の足跡は 天下に亙った http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/4513
井は水準器  ふたご座のカストルとポルックス
 ふたごとこいぬで北極星 北向きとは言っても、単純にプロキオンとカストルを結んで伸ばしていくだけです。
プロキオンとカストルの間は25度、手の分度器で、手のひらよりも少し大きめ。その間隔で2つとちょっと北に伸ばしていくと、北極星が見つかります。カストルから伸ばす距離は60度くらいなので、ペガスス座を使った北極星の探し方と同じくらいです

666 守護霊=プサイ(Ψ)、悪霊= ゼータ(Ζ)、 「死んでもおかしくない人」http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/238
ツングース族 西周 時代
陜西省から夏回族自治区にいた遊牧民族。白犬(または白狼)を崇拝し、それをトーテム としていたことから、古代羌族の部族(西羌族)だとされる。犬をトーテムとする種族は 古代羌族と犬戎と古代匈奴を起源とし、後に、高車、鮮卑、突厥、契丹なども犬の ...
http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/tungus-tsusi/tungus-tsusi-5-syuu.htm

神話に残る神々も、洪水神話の共工はポェ・パ(チベット)系らしい西方の羌、禹は北方の 夏系、伏義はミャオ(苗)系など様々である。 また古くから世界各地に移住していた漢 民族(華僑)については地域を問わない文化圏が存在するといえる。 ...
http://www.jiten.info/dic/tyuugoku.html

国神話です。共工は神農の眷属(一族?)だという伝承を聞いたのです ...
『春秋左氏伝』の郯の問答に、太古の君主として、黄帝氏、炎帝氏、大?氏、少昊氏、共 工氏と出てきており、これは共工が中原に於いて王朝なり王国を有する国家の主だった事 を意味し、羌人が中原にいて時代と共に西遷させられた経緯を示す ...
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1331827833

[3455] 約600m 単位で移動 誤差消滅? ζ&ψ(ゼータとプサイ)己 手? http://8220.teacup.com/toraijin/bbs/3455
マサダは、紀元前にヘロデ一族が立て籠もったことで、難攻不落と言われた岩山の頂上にある要塞の遺跡です。マサダは、アラム語の『要塞』を意味する『ハ・メサド』に由来すると言われています。マサダは、イスラエル国のエン・ゲディの南側約25km、死海の西側の絶壁のような岩山の上にあり、その岩山は死海(東)側の高さは400m、麓(西)側の高さは100m、頂上は東西300m、南北600mという菱形をしています。マサダは、古代イスラエルの歴史家であるフラウィウス・ヨセフスの『ユダヤ戦記』によると紀元後70年にエルサレムがローマ軍の手により陥落した後、967人のユダヤ人がマサダに立て籠もりましたが、ローマ軍は15000人もの兵士でマサダを包囲し、紀元後73年に陥落したといわれています。マサダの周辺には、ローマ軍陣営の遺跡が残されています。陥落後、マサダに籠城していた女性2人と子ども5人以外のすべてユダヤ人がローマ軍の奴隷になるよりは、と集団自決をしたという話は、抑圧と自由の狭間での人間の闘いの歴史を物語る悲しいエピソードです。
マサ
ウズマサ・・・ヘブライ語で「光のたまもの」という意味。ウズ・・・光、マサ・・・たまもの。http://coolway.air-nifty.com/unicorn/2006/12/post_8f24.html
景教とは中国語で光の信仰という意味。「ウズマサ」も「光の信仰」という意味なのかもしれない。
中国での景教の寺院の名は「大秦寺」。字的には「太秦」と同じ意味でしょう。

「ダ」は何と解釈すべきだろうか。
不可思議なヘブライ語http://www.geocities.jp/atelier_efraym/kain1.htm
ユダの「ダ」は「手」という解釈が成り立つのである。
「手」  1尺 手?ζ&ψ
ヨ エ口 寸・・・ 長さを表わす単位 10寸(ひじ)=1尺 手?ζ&ψ(ゼータと ...
手?ζ&ψ(ゼータとプサイ)己 手?http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/4201
「尋」は「右」と「左」を合わせた字http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/3729
「尋」は「又+工+口+寸」で構成されています。
「又+口」は「右」の字、「工+寸」は「左」の字を意味します。
だから、尋は右と左を合わせた字です。

10寸(ひじ)=1尺  手?ζ&ψ(ゼータとプサイ)己 手?
ギリシャ文字「プサイ」(大文字がΨ、小文字がψ)、特に大文字の「Ψ」の方だが、怖がりの私には幽霊が肘を上に半分折り曲げて手の指をだらりと下げた立ち姿に見えてしょうがない。http://blogs.yahoo.co.jp/yhm1420/29178524.html
2つの文字「Ψ」(プサイ)と「Y」はよく似ている。
波動関数を二乗したものに幅?xを掛けたものが、何と粒子が“そこらへん”にある確率になる。粒子は幽霊のように居場所が定まらない」

codo(肘・ひじ)
四分儀、象限儀. ・ compás(m) marino: ... [海]羅針方位[ 羅針盤上の32方位の一つ]; 4分の1、四半分の一; [天]象限(しょうげん)、四分円(→ cuadrante). rasshu-sen[海] .... [codo(肘・ひじ)の縮小形][船の]竜骨の端.
方位盤/rosa náutica. http://www.oceandictionary.jp/jjss/js-abc/jsr.html
肘(ちゅう)[2つの船材を補強するための湾曲材]; 曲線; [川・道などの]カーブ、湾曲部.

象限儀(しょうげんぎ、quadrant)とは、測量機器のひとつ。円の4分の1の扇形をして いることから四分儀(しぶんぎ)とも称される。

4 つの横木の付いたヤコブスタッフhttp://asait.world.coocan.jp/kuiper_belt/navigation/jacob_staff.htm

ヤコブの杖(ヤコブのつえ、英:Jacob's staff)またはクロス・スタッフ(cross-staff、直訳 すると「十字型の杖」)とは、天体の高度角を測る道具で、西洋では14世紀ころから使用 され始めた。航海術、測量術、または天文観測において、北極星または太陽の高度角を 測ることによって緯度を知るために用いられた。名前の由来は当時の星座から(今で 言うオリオン座のうち、「帯」の三つ星とリゲル、ベテルギウスはヤコブの杖と呼ばれてい た)とも言われる。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%82%B3%E3%83%96%E3%81%AE%E6%9D%96

日本とユダヤ 六芒星の謎http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/1668

ガリラヤ」(ヘブル語の「ガーリール」???????)は、戸のちょうつがいの旋回軸を意味します。 それは地図を見ると分かるように、ナフタリとゼブルンの地域がガリラヤ湖を西から 取り巻いているように見えるからです。ユダヤの中心地であるエルサレムに比べると ガリラヤはまさに軽蔑の地であったのです。 (2) カペナウムでの宣教の開始が意味する こと. イェシュアはナザレからガリラヤ湖畔の最大の町であるカペナウムに移り住み、 そこを拠点にして宣教を開始されました。
ナザレからカペナウムヘhttp://meigata-bokushin.secret.jp/index.php?%E3%83%8A%E3%82%B6%E3%83%AC%E3%81%8B%E3%82%89%E3%82%AB%E3%83%9A%E3%83%8A%E3%82%A6%E3%83%A0%E3%83%98
宣教の開始場所がナザレであったとしても、カペナウムであったとしても、ガリラヤから宣教を開始するという神の計画と意図においては何ら変わることがないからだと言えます。

Ψ・・・山?(辿る)。さがしながら行く。?

辿 テン・たどる  しんにゅう部http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/e3082a83d561ecd66a786260230bbe63
解字 「しんにゅう(行く)+山(やま)」 の会意。山道をゆっくり歩く意。日本では、いろんな所を尋ねあるく意味に用いられる。
意味 (1)ゆっくり歩く。 (2)[国]たどる(辿る)。さがしながら行く。すじ道を追い求めて考える。

山がふたつ並んだ形で「おか」の象形。おかや土を盛った墓を表わす[大修館漢語新辞典]。篆文で人が背をむけて立つような形に変化し、それが現在の字形につながった。
意味 (1)おか(丘)。小高いところ。「丘陵キュウリョウ」(起伏のなだらかな小山)「段丘ダンキュウ」(階段状の丘)「砂丘サキュウ」(2)大きく土を盛った墓。「墳丘フンキュウ」「丘墓キュウボ」

オリーブ山は、主 が「昇天された山」また「再臨される山」でもあります(使徒1:9)。「イエスが天に上ったの と同じ有様でまたおいでになる。」と預言されています(使徒1:11)。 ... 聖墳墓教会. ゴルゴダの丘. 聖墳墓教会
「平和の都」エルサレムhttp://htcjrm.com/site/jerusalem/
紀元70年にローマ軍によって神殿を破壊されました。現在この神殿の丘には、岩のドーム、エルアクサ寺院、イスラム博物館などのイスラム教の建物が建ち並んでいます。

ミスラ(Miθra)とはイラン神話に登場し、英雄神として西アジアからギリシア・ローマに 至る広い範囲で崇められた神。インド神話の神ミトラ(????? [mitra])と起源を同じく する、インド・イラン共通時代にまで遡る古い神格である。その名は本来「契約」を意味 する。

最高神が「父」と呼ばれ、ミスラ神はその子で、この世の終末に到来するなど、 キリスト 教と重複する内容となっています。 ミスラ神崇拝が影響が与えたと考えられているもの は弥勒菩薩信仰であり、 弥勒の梵名マイトレーヤはミスラと語源が同じで「契約」を意味 します。

聖徳太子と斑鳩京の謎―ミトラ教とシリウス信仰の都https://www.amazon.co.jp/%E8%81%96%E5%BE%B3%E5%A4%AA%E5%AD%90%E3%81%A8%E6%96%91%E9%B3%A9%E4%BA%AC%E3%81%AE%E8%AC%8E%E2%80%95%E3%83%9F%E3%83%88%E3%83%A9%E6%95%99%E3%81%A8%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%82%B9%E4%BF%A1%E4%BB%B0%E3%81%AE%E9%83%BD-%E4%B9%85%E6%85%88-%E5%8A%9B/product-reviews/4768469574

契約の箱 - 契約の箱はダビデへの神の約束を明らかにしているもので、この約束を通して今日私たちの罪に対して神の継続的な恩恵を受けています。このため、フリーメイソンにとって契約の箱はとても重要です。フリーメイソンはソロモン寺院が建設された理由は契約の箱にあると信じています http://www.ancient-symbols.com/japanese/masonic_symbols.html

足跡を辿る
ナザレ ナザレはガリラヤ湖と地中海との中間にある谷あいの町です。イエス様の時代は ユダヤ人の村でした。ローマ帝国の支配下になって沢山のキリスト教徒が住むように なりました。http://little-puku.travel.coocan.jp/1kaigai/9isurael/2.1bethlehem.nazareth.html

古代ローマでは姓の習慣があったものの、キリスト教の普及で個人名が重視されるよう になって1度5世紀末に全くなくなったとか。
人名の世界史 https://ameblo.jp/nana-to-tomo/entry-11715946489.html
日本には姓、氏、名字、苗字など、家名に相当する単語がいくつかあり
ますが、もともとはそれぞれ別物でした。
・姓=臣や連など、朝廷から授けられた家格を表す称号
・氏=血縁的同属集団が地名などにちなんで名乗ったもの
・名字=貴族や武家が所領を誇示するために名乗った通称
・苗字=名字と所領がかみ合わなくなってやむなく世襲の印としたものだそうで、その意味で現代のいわゆる家名に近いのは苗字でしょうか。

姓を名乗る習慣は中国では紀元前5世紀ごろからずっとあるそうですがヨーロッパでは11世紀に入ってかららしい。
ダ・ビンチ    囲い地の村から
ゴーギャン  測量士
シラク       車大工
ライト       大工

イエス様は大工の家庭に育ちました。
「石」は英語で「stone」、ギリシャ語で「ソリス」、ヘブル語で【?????】「エヴェン」と言います。
【??】アーヴと【????】ベーンでできた 【?????】エヴェン。

現代朝鮮人( エベンギ人)
海外「日本人はユダヤ人だったのか」 日本語とヘブライ文字の類似性に驚きの声
日本人はアジアのユダヤ人だってことはみんな知ってるだろ。
  戦後まで日本人が他の民族と結婚することは稀だったし、自分たちを特別な存在だと思ってるのも同じ。 +1 イスラエル

日本人はユダヤ人の子孫かって?この類似性を見れば一目瞭然だ。 +6 アメリカ

古代日本の原住民はガド族だという説もある。 アメリカ

日ユ同祖論は真実だったんだ。
  失われた支族は日本人だという仮説は17世紀に誕生し、その後にネストリウス派の末裔だという説も生まれた。
  とある研究家は、日本人とユダヤ人はDNA的にも、はっきりとした繋がりがあるとしている。 +6 フランス

失われた10支族が向かった先は日本だって考えてる人も多いね。それを証明する根拠がもっと欲しいところ。 +1 イスラエル

日本のキリスト教徒の人たちは、日本人はユダヤ人の子孫だと信じてるようだけどね。 +2 アメリカ

現代 南北朝鮮人は、シベリアから南下してきたエベンキ・ワイ族をルーツとする人たちであり、 百済などとは関係ないよ。
古代イスラエルの失われた10支族の地が世界の紛争地になっている
偽ユダヤ人が、失われた10氏族(本物)を滅ぼす計画!http://blog2.tumuzikaze.net/index.php?QBlog-20131108-1
秦氏の末裔は全国に散らばっている。それが隠されたユダヤ人であるとの信憑性は高い。

日本人はチベット族とウィグル族の味方になって彼らを救わなくてはいけないということである。なぜか? それは、我々も彼らも共に古代イスラエル10支族の子孫の共通のハプロタイプの遺伝子を持っている稀な民族だからである。

現代イスラエルのユダヤ人(この人達の大半は古代ハザール系のアシュケーナージ・ユダヤ人=偽ユダヤ人=Fault jewsである )の「アミシャブ」
ユダヤ人の研究者集団「アミシャブ」という組織が頻繁に日本に訪れるようになってきた。そして、日本の大和民族が「古代イスラエル失われた10支族」の一部であったことは疑いようもなくなってきたのである。

最初の時期に海ルートで行ったものは、エチオピアのダン族になったようである。
その北ルートをたどったものは、キルギスタンあたりでさらに南方ルートと北ルートに別れた。その場所が現在のキルギスタンやアフガニスタンのあたりの地方である。
そこから、南方に行った民族が、カシミール族になった。これが現在のチベット、ネパール、ブータンあたりの民族

バビロニア人が、古代イスラエルの南イスラエル=ユダに居残った2支族のベニヤミン族とシメオン族を滅ぼし、「バビロン捕囚」となったのである。そし て、エジプトに連れて行かれ、そこで「出エジプト」。ここからいわゆる「モーゼの10戒」の時代に突き進み、その後のいわゆる「ユダヤ人物語」が誕生する のである。それが西洋人の知る、ユダヤ・キリスト教の世界観である。
しかしながら、この時の帝国主義者となったのがアッシリアやバビロニ アだったわけだから、この時この地を支配した、エリート支配層が後々のギリシャ・ローマ帝国に引き継がれる。そして、ローマ帝国からハザール帝国へといっ て、そこから東ローマ帝国とか、ビザンチン帝国とか、そういう東欧の歴史が生まれたわけである。
つまり、私個人の印象としては、「帝国主義」=「白人文化思想」というわけである。アングロサクソン系の文化だろうと推測できるわけである。
というわけで、我々古代イスラエルの失われた10支族の末裔は、世界中で虐殺されてきているというわけである。
 

紀元前37年

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2017年12月16日(土)10時14分39秒
返信・引用
  エス・キリストが生まれた年からみて「去年」にあたる年は、「紀元より前」ということで「 紀元前1年」になります。 これも同様に、その前の年は「紀元前2年」さらにその前の年 は「紀元前3年」になりますhttps://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1286549072?__ysp=57SA5YWD5YmNM%2BW5tCAg44Kt44Oq44K544OI

紀元前37年 エドム人ヘロデがローマ帝国の庇護のも とに、“ユダヤの王”として33年間エルサレムを統治(ヘロデ王朝)。彼はユダヤ人に皇帝 礼拝を強要し、ソロモン第二神殿を大改築。
ユダヤ人の迫害史http://inri.client.jp/hexagon/floorA1F/a1f1102.html

共和政 ローマ末期からローマ帝国初期にユダヤ地区を統治したユダヤ人の王(在位:紀元前37 年 - 紀元前4年)である。
ヘロデ(ヘブライ語: ???????、英語: Herod、紀元前73年頃 - 紀元前4年)https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%AD%E3%83%87%E5%A4%A7%E7%8E%8B

紀元前37年に高句麗を建てた。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E5%8F%A5%E9%BA%97
高句麗(こうくり、紀元前37年 - 668年)または高麗は、現在の中国東北部の南部から朝鮮半島北中部の、ツングース系民族による国家[1]。最盛期は満洲南部から朝鮮半島の大部分を領土とした。三国時代に新羅や百済と共に朝鮮半島を割拠し、隋や唐等の中国王朝や倭国と勢力を争った。
『三国史記』や『三国遺事』によれば朱蒙(東明聖王)が紀元前37年に高句麗を建てた。考古学者は高句麗は紀元前2世紀の古朝鮮の滅亡時期の周辺に既に存在したとする。668年に新羅と唐の連合軍に滅ぼされるまで、高句麗は東アジアにおいて強い影響力を持つ国であった。

「トゥングース(Tungus)」という名称はエヴェンキ人,エヴェン人の旧称であり、もともとはヤクート人がエヴェンキ人を「トングース(Toŋus)」と呼んでいたことに由来する。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%84%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BC%E3%82%B9%E7%B3%BB%E6%B0%91%E6%97%8F

西ローマ帝国崩壊の遠因
フン族(フンぞく、Hun)は北アジアの遊牧騎馬民族。中央アジアのステップ地帯が出拠 と考えられるが、民族自体の出自についてはかなり以前より「フン」=「匈奴」説などが あるものの、いまだ定説となっていない。言語学的にはテュルク語族に属すると考えられ ている。 4世紀中頃から西に移動を始め、これが当時の東ゴート族、西ゴート族を圧迫し て、ゲルマン民族大移動を誘発、さらには西ローマ帝国崩壊の遠因ともなった。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%B3%E6%97%8F
フン族は複合弓と優れた馬術による伝統的な騎乗弓射戦術を用いて対抗勢力に対する覇権を確立した。フン族はローマ諸都市からの略奪と貢納金によって富を蓄えて、ゲピド族、スキール族(英語版)、ルギイ族(英語版)、サルマタイ族、東ゴート族といった従属部族の忠誠を維持していた。

>紀元前4年頃
 イエスがマリアとヨセフの長男として、ベツレヘムの馬小屋で生まれる。
 “ユダヤの王”として君臨していたヘロデ王は「ユダヤの救世主誕生」の噂を耳にすると、それを阻止するために実子殺しを強行。それを恐れたイエスの両親は、イエスを連れてエジプトに逃れる。
 ヘロデ王の死と同時に、イエスと両親はナザレ村に帰ってきて、イエスはナザレ村で少年時代を過ごす。

4~5世紀中頃、フン族がヴォルガ川とドン川を渡って ヨーロッパに向かったという記述である。5世紀中頃アッチラ大王の死後、この地域には いろんな部族や民族が顔を出し始める。アバール人やウイグル人といった遊牧民が 通り過ぎて行く。6世紀頃、アバール人が東欧とギリシャを襲っている。 この頃、本章の 主人公となる後のハザール(カザールとも云う。ここではハザールと記述する)人は、 カスピ海とアラル海の間に住んでいたようである。
アシュケナージユダヤ人考http://www.marino.ne.jp/~rendaico/seito_palesutina_yudayaginmondai_asukenajico.htm
1966.8月、、自然科学の教科書の翻訳者であり、出版会社から頼まれて本の校正もしていた学者にしてアシュケナジー系ユダヤ人であるN・M・ポロックが、イスラエル政府に次のように抗議した。  概要「当時のイスラエル国内の60%以上、西側諸国に住むユダヤ人の90%以上は、何世紀か前にロシアのステップ草原を徘徊していたハザール人の子孫であり、血統的には本当のユダヤ人ではない」。
 これを仮に「N・M・ポロック説」とする。イスラエル政府の高官は、ハザールに関する彼の主張が正しいことを認めたが、後にその重要証言をもみ消そうと画策した。ポロックは自分の主張を人々に伝えるため、その生涯の全てを費やしたという。
 このように「アシュケナジー系ユダヤ人」は、「旧約聖書に登場するユダヤ人(セム系民族)とは血縁的に全く関係のない民族(ヤペテ系民族)」であり、国をあげてユダヤ教に大改宗して以来、現在に至るまで“ユダヤ人”になりきってしまっている、という見方が現われたことになる。
 この説に拠ると、「アシュケナジー系ユダヤ人」が非セム系民族となり、現在、世界中に散らばっている“ユダヤ人”と呼ばれている人間の90%以上が、本来のヘブライ人とは全く関係のない異民族ということになってしまう。こうして、「N・M・ポロック説」は、恐るべき発言となった。と同時に、「キリスト殺し」の汚名を背負つてきたユダヤ人論から免責される可能性も生まれた。こうして、両刃の剣的発言となった。

概要「アシュケナジー・ユダヤ人と呼ばれる白人系ユダヤ人は、聖書に出てくるユダヤ人ではなく、もともと中央アジアにいたカザール(又はハザール)民族をルーツにしている。なぜカザール民族がユダヤ人と呼ばれるようになったのか。それは、紀元8世紀頃にカザールは上は王から下は奴隷に至るまで、国を挙げてユダヤ教という宗教に改宗したことに起源を発しているからである。
 当時カザール帝国はイスラムとビザンチン・キリスト教からの圧迫を受けていた。カザール帝国の支配者達は、どちらにも加担することなく、両者の根源であるユダヤ教に改宗して帝国の保身を図ろうとした。彼らはユダヤ教徒カザール人となり、のち蒙古の元が襲来して来たときに、その難を逃れるために帝国を捨て北へ移動し、今日の旧ソ連、ロシア共和国北部に定着するようになった。そして自らをユダヤ人と名乗るようになった。
 年月が流れていく中で、ユダヤ教カザール人達は東ヨーロッパ、更に西ヨーロッパへ移動し、一部は更にアメリカに渡っていった。アメリカでユダヤ人としてみるのはすべてが白人系のユダヤ人である」。

フンの王国が崩壊すると、カザール人はコーカサス北部を中心にしだいに勢力を拡大していった。首長はカガンと呼ばれた。ついで広大な草原にトルコ民族の突厥(チュルク)が出現すると、カザールの民はいったん突厥の支配下に入り、アバール・ハーン王国を名のった。そのうちビザンチン帝国の版図の拡大にともなって、ビザンチンとカザールとのあいだに軍事同盟ができ、コンスタンティヌス5世がカザールの王女を娶り、その息子レオン4世が“カザールのレオン”としてビザンチン帝国の皇帝の座についた。
 その直後の740年ころ、カザールはユダヤ教に集団改宗した。理由ははっきりしない。ともかくカザールの民はいっせいにユダヤ化してみせたのだ。ノアの3番目の息子のヤペテを始祖とする“血の伝承”に関する見方もこのころにつくられた。しかし、その血統は実際にはセム系ではなく、白色トルコ系であり、その気質はあきらかに遊牧民族系だった。
 こうして、カール大帝が西ローマ帝国を治めたときは、ロシア・トルコ地域には、キエフ王国とユダヤっぽいカザール王国(首都イティル)の二つの勢力がが相並んでいたということになる。

カザール王国の盛衰に終止符が打たれたのは、1236年にモンゴル軍が侵攻し(いわゆる「タタールのくびき」)、1243年にキプチャク・ハーン国が成立したときである。カザール人はバトゥ・ハーンの支配となって、ここに王国は滅亡した。
 しかしケストラーは、このあとにカザール人がロシアから東欧に移動して、のちにアシュケナージとよばれる親ユダヤ的な中核をつくったと推理して、そこにブルガール人、ブルタ人、マジャール(ハンガリー)人、ゴート人、それにスラブ人が交じっていったと判断した。ケストラー自身がハンガリー生まれだったのである。
 黒海とカスピ海に囲まれた地域を中心に広がった半径のなかにいたカザール人が、しだいにマジャールやブルガールと交じっていったことは、その後のユダヤの歴史をひどくややこしくさせている。
 

レンタル掲示板
/354