teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:1381/3436 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

扶余族は「鹿トーテム」

 投稿者:茨の紀氏  投稿日:2013年 9月 3日(火)07時39分29秒
  通報 返信・引用
  麒麟の辞典
だから、漢字にも、鹿が入っている) ... 時代の流れで双角になったり、鱗文になったりと 姿を変えますが、吉祥の意味は変わらず、現代にまで伝えられています。 麒麟と ...古代中国ではこのように、動物のオスとメスを別の漢字であらわすことが多かったそう です。http://kirinn.net/webmaster/jiten/
麒麟は鹿を母体とした一角獣として誕生しました。(だから、漢字にも、鹿が入っている)
龍の頭、鹿の胴、牛の尾を持っているとも言われています。
オスが麒、メスが麟です。


冎とは (カとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
然る後に其の具を埋む」とあり、骨を葬る風習のことがある。http://dic.nicovideo.jp/a/%E5%86%8E

その【其の】とは。意味や解説。[連体]《代名詞「そ」+格助詞「の」から》1 空間的、心理 的に聞き手に近い人や物をさす。「―男は何者だ」「―服はどこで買いましたか」2 聞き手 が当面している事柄や場面をさす。今の。「―仕事が終わったら、...
その鹿もとなりの鹿もきりんです : 「読めるけど書けない難しい漢字」の ...
①右に、其の1・其の2などの漢字「其の」を書いてから左に「鹿」で「その鹿…」 ②続いて 隣という漢字の右側だけを書いてから左に鹿で「隣の鹿も…きりんです」

箕とは (ミとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
2012年11月19日 - 〔説文解字・巻五〕に「簸なり」とある。 字形: 形声で声符は其。箕の初文は其。其は箕の 象形で、代名詞の意味などで使うようになったので、其に竹を加えて箕が作られた。 〔 説文〕には其の字は載っておらず、箕を「竹、?に從ふ。象形。丌、其の ...http://dic.nicovideo.jp/a/%E7%AE%95
箕宿 - 二十八宿の一つ。また箕宿の星官の一つ
箕 - 箕宿の星官の一つ

意味み、みぼし、両足を投げ出して座る、という意味がある。〔説文解字・巻五〕に「簸なり」とある。字形形声で声符は其。箕の初文は其。其は箕の象形で、代名詞の意味などで使うようになったので、其に竹を加えて箕が作られた。〔説文〕には其の字は載っておらず、箕を「竹、?に從ふ。象形。丌、其の下なり」と象形としている。
丌、其の下なり
丌とは、物置き台である。http://dic.nicovideo.jp/a/%E4%B8%8C
意味〔説文解字・巻五〕に「下基なり。物を薦むるの丌なり」とあり、物を置く台のこと。字形台の象形。金文では指示代名詞の其と同じように使われる。金文では?と書くものもある。音訓音読みは、キ、訓読みは、ものおきだい、その。
丌は〔説文〕や〔玉篇〕で部首である。〔説文〕は、ほかに?、典、?、畀、巽、奠を収める。

、『典』の上部は「冊」(文字を書いた竹簡)、下部が「物 置き台(丌)」、だから、「冊」 ... 『説文解字』の説明では、『典』は五帝(中国 ...http://8628.teacup.com/toraijin/bbs/2603
丌(共は変わった形。 机またはものを載せる台)と、音符の「巳+巳」(
http://shoukei.blog65.fc2.com/blog-date-200712.html
「兀」 解字:会意。意符の儿(人体)と、音符の一(頭の意)とから成る。人のまるい頭の意。借りて、山などが高い意に用いる。
「堯」 解字:会意形声。意符の兀(高く突き出る意)と、意符と音符を兼ねる「堯-兀」(土を高く盛ったさま)とから成る。非常に「たかい」意。

マスに当たる ζ,τ,σ,φ; の4つの星を箕星(みぼし)
南斗六星
南斗六星のあるいて座
南斗六星(なんとろくせい)は、いて座の上半身と弓の一部からなる6つの明るい星の集まりである。位置とその形から北斗七星に対してこの名前が付いた。なお、ここでいう南北は天球上の南北であって地平から見える方位ではない。二十八宿の斗宿の別名。
日本の一部には、6星のうちマスに当たる ζ,τ,σ,φ; の4つの星を箕星(みぼし)と呼ぶ地方がある。
英語圏でも、北斗七星が柄杓星と言われるに対してこの6星もひしゃくに見られており、その形からミルク・ディッパー Milk Dipper(ミルクさじ)と呼ばれている。また、隣り合う γ,δ,ε,η の4星からなる箕宿とあわせてティーポット Teapot ともいうが、こちらは日本ではほとんど使われない。
道教[編集]
道教思想では、北斗七星と南斗六星は対を成す存在として神格化されている。北斗(北斗星君)は死をつかさどるとされ、白い服を着た醜い老人の姿で描かれる。南斗(南斗星君)は生をつかさどるとされ、赤い服を着た、北斗と同様の醜い老人の姿や逆に若い美しい男の姿で描かれる。


「粦:=稲穂の実=>たくさんの寄り集まり」の筋が見えてきます。
集まり
鹿鹿鹿・・・ロク ロク ロク・・・666?

背く(そむく)
舛とは (センとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
僢、踳は声義の通じる字。踳は、〔説文解字〕には異体字として載っていて、「楊雄の?、 舛、足春に從ふ」とある。 日本では升の ... 夊と?の相ひ背くに從ふなり」と、人が相背 いて臥せるとしているが、足が相背く字

善無畏三蔵抄
法華経に背く故なるべし。日蓮が念仏申す者は無間 .... 同666㌻) と仰せのごとく、一人 が二人、二人が三人、そして十人になり、さらに 百人というように、だんだんと増えていく のです。 我々一人ひとりの .... たる法華経に背そむく故なるべし」。 「日蓮が念仏申す者  ...http://w01.tp1.jp/~a151497261/syakubukuyoumann-dai3ki-7-zennmuisannzousyou.htm

666 ? ヨハネの黙示録の解釈 ? ページ 3
ホーム ? 「666」タグがついた投稿 (ページ 3) ... ヨハネの黙示録 獣の名の数字が666で ある理由のこと(まとめ) ..... サタンとは人間に悪さをさせる汚れた霊ではなくて、人間の 神に背くような行いということになりますから、やはり、ここからも、堕天使とか、サタン ...http://jawhitepebble.wordpress.com/tag/666/page/3/
抽象的な表現ではあるのですが、「北の果てなる集会の山」はアッスリヤを表していると考えると、「アッスリヤの地にいる蜂」は計りごとを行うことや同盟を結ぶことで高慢になるという状況であることを少し具体的に説明していることが分かると思います。
また、「王座を高く神の星の上に置き」とあるのは、星の数のように増えたイスラエルの子孫の王になろうとするという解釈になります。
Wikisource
:12 黎明の子、明けの明星よ、あなたは天から落ちてしまった。
もろもろの国を倒した者よ、あなたは切られて地に倒れてしまった。
:13 あなたはさきに心のうちに言った、
『わたしは天にのぼり、わたしの王座を高く神の星の上におき、北の果なる集会の山に座し、
:14 雲のいただきにのぼり、いと高き者のようになろう』。
:22 万軍の主は言われる、
「わたしは立って彼らを攻め、バビロンからその名と、残れる者、その子と孫とを断ち滅ぼす、と主は言う。
(イザヤ14)
:25 わたしはひとりを起して北からこさせ、わが名を呼ぶ者を東からこさせる。
彼はもろもろのつかさを踏みつけてしっくいのようにし、陶器師が粘土を踏むようにする。

、「もう一つのしるしが天に現れた」ことは「一匹の獣が海から上がって来る」ことを表しているので、これらのことは、背ける子等が計りごとを行うことや同盟を結ぶことを根拠に解釈をすることができます。
慣れていないと、分かり辛いかも知れないですが、実際に当て嵌めて考えると「我が霊によってではない」ということが「ことごとく滅ぼし」とある理由なので、人間が獣のようになる原因の赤い竜ということになります。
この書の大いなるバビロンは背ける子等ということになるので、計りごとを行うことや同盟を結ぶことが一匹の獣が海から上がって来る後に他の獣が地から上がって来ることの原因であることを表していることになるのです。
そして、ほふらせられたと定められたことが、「その右の手あるいは額に刻印を押させた」とあることが起こるときの出来事という解釈になります。

また、もう一つのしるしが天に現れた。
見よ、大きな、赤い龍がいた。
それに七つの頭と十の角とがあり、その頭に七つの冠をかぶっていた。
:4 その尾は天の星の三分の一を掃き寄せ、それらを地に投げ落した。
龍は子を産もうとしている女の前に立ち、生れたなら、その子を食い尽そうとかまえていた。
(黙示録12)
:1 わたしはまた、一匹の獣が海から上って来るのを見た。
それには角が十本、頭が七つあり、それらの角には十の冠があって、頭には神を汚す名がついていた。
:11 わたしはまた、ほかの獣が地から上って来るのを見た。
それには小羊のような角が二つあって、龍のように物を言った。
:16 また、小さき者にも、大いなる者にも、富める者にも、貧しき者にも、自由人にも、奴隷にも、すべての人々に、その右の手あるいは額に刻印を押させ、
:17 この刻印のない者はみな、物を買うことも売ることもできないようにした。
(黙示録13)

イザヤに告げられた計りごとを行うために同盟を結ぶことやほふらせられたことを教えるために、他の旧約聖書からもう少し分かりやすい事例を選んで、わざわざ例え直しているからということです。

ほふる【屠る】とは。意味や解説。[動ラ五(四)]1 からだを切りさく。また、きり殺す。「 獲物を―・る」2 敵を破る。打ち負かす。「対戦相手を軽く―・る」[可能]ほふれる -http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/205178/m0u/
1 からだを切りさく。また、きり殺す。「

>其
冎とは (カとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
然る後に其の具を埋む」とあり、骨を葬る風習のことがある。http://dic.nicovideo.jp/a/%E5%86%8E

屠る 葬る

「葬る」について | 国語のQ&A【OKWave】
平安時代の色葉字類抄に出てきます。 (3)「ほうむる」現代の普通の言い方です。 現代 文では、「葬る」は、すべて「ほうむる」と読んでOKです。 なお、「ほふる」とあれば、「屠る」が普通です。Goo辞書↓ ほふ・る 2 【▽屠る】 (動ラ五[四]) (1)鳥や獣の体を切りさく。http://okwave.jp/qa/q4292543.html

物部氏は扶余人 - home.ne.jp
古代中国大陸では、トーテムによって各自の帰属する部族を明示したが、扶余族は「鹿トーテム」部族だが、扶余系部族でも狛族(高句麗)のトーテムは「鳥」で、始祖神話に「 南方系の卵生型」と「北方系の日光感精型」が混合していることから、北方の扶余系 部族と ...http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/oni-megami/oni-megami-2-4.htm
物部氏が奉祀した鹿島神宮が、鹿を「神鹿」として扱うことから、物部氏は鹿をトーテムとする氏族だと思われる。
だとすれば、ニギハヤヒは扶余族の王族である可能性が高い。
  ちなみにトーテムとは、社会の構成単位となっている親族集団が神話的な過去において神秘的・象徴的な関係で結び付けられている自然界の事物で、集団の祖先と同定されることが多いと『広辞苑』は記しているが、端的には特定の部族内で共通の象徴として崇拝する、始祖神話に関与した動植物や岩などである。
  扶余国は、燕国(前燕)の慕容(ボヨウ)氏から二度の壊滅的被害を受けている。
285年には武宣帝・慕容廆(カイ)、346年には文明帝・慕容皝(コウ)によって、国を破られ、その後は高句麗の従属国として命運をつないだが、410年に高句麗に併呑され、歴史から姿を消している。
従って、285年前後か遅くとも346年までに、その遺民が倭国に渡来したものと思われるので、その足跡を探してみよう。

扶余系部族連合
  秦の始皇帝の大帝国が出現した紀元前3世紀、中国遼寧省から朝鮮半島の北部に扶余(フヨ)・高句麗・獩貊(ワイハク)・沃沮(ヨクソ)が登場するが、それらは扶余族を宗族とする同族系国家連合、いわば扶余系部族連合である。
扶余系部族連合は、粛慎国に帰属する穢(ワイ)族系部族の連合体で、獩族(ワイ)・貊族(ハク)・狛族(コマ)などが包含されていたものと想像するが、その連合体の王を出す主要部族が扶余族であり、扶余とはツングース語の鹿を意味する「プヨ」を漢字にあてたものと思われる。
  古代中国大陸では、トーテムによって各自の帰属する部族を明示したが、扶余族は「鹿トーテム」部族だが、扶余系部族でも狛族(高句麗)のトーテムは「鳥」で、始祖神話に「南方系の卵生型」と「北方系の日光感精型」が混合していることから、北方の扶余系部族と南方の部族とが混血融合した部族だと思われる。
 高句麗の始祖神話には、扶余王「金蛙」が登場するが、日本でも「淡嶋神社」では少彦名命の使い神、伊勢「二見興玉神社」では猿田彦命の使い神として、参道に蛙が鎮座しており、松本市には「蛙明神社」がある。
中国の神話では「弓の名手が女神の西王母(セイオウボ)から得た不老不死の仙薬を、密かに盗んで月に逃げた妻がヒキガエルにされ、月に住み続けることになった」とされ、この話から中国では「兎は雄がいなくても、月を見るだけで子ができる」と言われ、兎は子孫をつくり永遠に生き続けることができ、ヒキガエルは前述の不老不死の仙薬を飲んだので永遠の命を持つとの伝承がある。
  熊野速玉大社は熊野三山のひとつとして「熊野新宮」とも称されるが、山上にはゴトビキ岩と呼ばれる巨岩が鎮座している。このゴトビキ岩が神々の御神体とされるが、ゴトビキとは「ヒキガエル」のことである。
また、『摂津國風土記逸文』には垂仁天皇の御代の末頃、榎津は不細工で強欲、かつ悪逆非道な「イボガエル」に支配されていたと記されている。
古代の神話では、ヘビやカエルなど様々な動物が登場するが、坑道で鉱石の採掘を担っていた人々が朝廷から「土蜘蛛」と呼ばれたように、そこになにかの象徴が秘められていることもある。
悪逆非道なイボガエルは高句麗で、蛙の天敵はヘビだが、三輪山の御神体は蛇。大和の大王家が摂津に侵攻してきた高句麗系の部族を撃退したという物語なのかもしれない。あるいは少彦名や猿田彦が高句麗系渡来人だったとも考えられる。

扶余王の依羅が倭国に渡来したのが285年前後とすれば、『魏志倭人伝』の記事からして、邪馬台国の二代目女王『壹與』が50歳前後の頃で、おそらく神武東征の前後の時期かもしれない。アマテラス(天照大神)を女王「壹與」だと仮定すれば、彼女から十種の神宝を授かったニギハヤヒとは『扶余王の依羅』の可能性がある。
 なお、依羅との関係は不明だが、依羅連(ヨサミノムラジ)という氏族がいる。

日本海に現れた粛慎「みしはせ」と呼ばれた異国の鬼は、物部氏が扶余の出身であれば、物部氏とは同祖関係にあたり、秘められた同盟関係を感じさせる『物部・安倍・出雲」には友好関係を結ぶのに苦労はなかったと思われる。
だとすれば、阿倍比羅夫は粛慎を退治したのではなく、彼らと交易をしたものと推定できる。そして、蝦夷・粛慎・物部・安倍・出雲・東北の土蜘蛛が東北地方で密かな団結をしていたと想像する。

中国人はなぜ「龍の子孫」と呼ばれるのか言い伝えでは、黄帝が中原を統一する前の トーテムはクマであった。中原が統一された後 、黄帝は新しく帰属させた部落を安定化 させるため、前にトーテムであったクマを新しく 「龍」に変えた。龍はそれ ...http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/315
龍はそれ以前のクマトーテムの頭の部分と蛇トーテムの胴体の部分とを組み合わせたものである。(虫喬)は蛇であり、昔「橋」と呼ばれた。黄帝が橋山に埋葬されたことは黄帝が母親側の家族のトーテムへの崇拝を証明できる。実際には、龍トーテムは、黄帝の父親側と母親側の家族のトーテムの統一である。龍という珍しい形の統一は、中華民族が発展する歴史と各民族が融合しあうプロセスを表した。

製鉄部族 白鳥族 - セレンディピティ - 楽天ブログ(Blog)
2011年1月15日 ... これはメソポタミアのウル語の【鳥】=【フ】huに起源します。 彼らはニギハヤヒ と共に渡来し秦氏になりました。 ... アマルガムを像の表面に塗りつけてから火で あぶって水銀を蒸発させて金を定着させました。 ... サカ族も【鹿】をトーテムとして 【犬】を忌んだ。ジンギス汗は、蒼狼と白鹿の末裔だが ...
http://plaza.rakuten.co.jp/Phoenix3/diary/201101150002/
サカ族も【鹿】をトーテムとして【犬】を忌んだ。ジンギス汗は、蒼狼と白鹿の末裔だが
【狼】はチュルク、【白鹿】はこれに従う【サカ族】を表わす。古代中国で犬戎と呼ばれ、
北狄と称され、昆夷、匈奴と怖れられた遊牧異民族は古代アーリア種の白人、
即ち印欧系人種だった。【狄】は【犬偏】と【火】の文字、犬偏は犬族を示し、
火は拝火教徒、製鉄部族の狗加を意味する。狗加は製鉄を職種とした部族でした。

考古学専門誌
神の始まりは古代中国の禹である、越王勾践の後胤が、邪馬台に関連している。 古代 中国の禹は雲南省の夏王朝の稲作と関連している。 児島高徳も古代中国の禹の後胤で ある。 .... 扶余族というのは南満州や鴨緑江の山谷を駆けまわって狩猟していた弓と鹿 がトーテムで、やりかたを受け継ぎ 踏襲している。 ... 「火雷ぜいごう」占噛み 合わせる意の卦。頤・口に物ある象。四こうの一陽を障害物とみてそれを噛み砕く事。
http://lekikenkai.progoo.com/bbs/lekikenkai_thread_6.html
三神を連れてきて、東西北の守り神にして、朱雀のみ火の巫女カジンの火の力をセオに与え、自分の子を産ませ、大地の母とし、南方の守り神・朱雀朱雀とは、大地の豊穣・命の誕生と破壊・死を司る神とされてます
扶余族はユダヤトルコ、ツングース系に発祥している。原語や習慣が相対している。

豆知識 鯉の由来2
鯉変じて竜となる. 鯉のことを、「六六魚(りくりくぎょ)」と呼ぶことがありますが、 これは側線を形成する鱗の数が、 ... 先に記した「景行天皇の鯉説話」もその一つです が、それ以外にも諸説があって正確なところはわかりませんが、その中のいくつかを ...
http://www.nextftp.com/kinkouen/web/mame-yurai2.htm
鱗の数が、
6の平方である36枚前後あることに由来しています。ところで、「六」は陰の数であるといわれ、平方した36という数字は、易占(六十四卦)によれば、「坤の卦」を持ち、万物を成長させるという意味を有しています。
 一方、竜は、陽の極数である「九」という数字を平方した81枚の鱗を持つといわれ、易占によれば「乾の卦」があり、最高の徳を象徴する聖獣であると考えられています。
 易学の原理に従えば、「坤」の卦から陽の卦が次第に増加して、最後に「乾」の卦になるということをあらわす事になります。
 「鯉変じて竜となる」という言葉がありますが、これは、易学に則った意味を持っているといえるようです。
乞(コヒ)
「鯉は、なり。魚に从ひ里の聲。」「は、鯉なり。魚に从ひ亶の聲。」
(「鯉とは、のことである。魚という字に里の音をあてている。」
「とは、鯉のことである。魚という字に亶の音をあてている」)
 とありますので、鯉ととは同じ意味です。ちなみに「亶」とは、ぐるぐる回ることを意味していますので、池の中でぐるぐると泳ぎ回っている鯉が連想されるのではないでしょうか。
ぐるぐると泳ぎ回・・・経巡
へ‐めぐ・る【経巡・経回】-日本国語大辞典. 〔自ラ四〕あちらこちらめぐり歩く。 あちこちまわって歩く。遍歴する。さまよう。
http://dic.search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&p=%E7%B5%8C%E5%B7%A1&fr=dic&stype=prefix

禹歩は、もともと全国を経巡った禹を行神(旅の行程を守護する神 )とみなして、その歩き方をまねることにより道中の保護を願ったのが始まりらしい。 ...
http://homepage3.nifty.com/kyousen/china/3k5t/3k5t_13.html

メルクリウスの校章・学章 ~~へびって? 第五章~~ 「蛇の目って何ぞ ...
釧路商業高等学校の校章は、ギリシャ神話の商業の神、穀物取引の神、マーキュリー( Marcury)ギリシャ読みメリクリウスを表わした羽のはえた杖に、使者である蛇をから .....そこで、ヘルメスは旅の支度をし、つばの広い帽子をかぶり、翼のある靴をはいている。http://www.janonet123.com/index/05_hebitte/05_Mercurius_koushou.html
。「北に一星あり。小なれどその輝光強し。」

狩人 「舵星」・箕宿(きしゅく)みぼし | 世界史掲示板(荊の紀氏) - Teacup
水星は神々のメッセンジャー、マーキュリーであるマーキュリーは知性の神でもあり、また メッセージに関する事、そしてそれにともなう言語や科学の力を表したマーキュリーは ギリシャ神話ではヘルメスだが、ヘルメスとは商業と泥棒の守護神でもhttp://8906.teacup.com/toraijin/bbs/685

中国の二十八宿では、いて座の西半分のさそり座に近い方を『箕宿(きしゅく)』いいます。これは「γ,δ,ε,η星」が、 右に広がった台形の形をしているのを、農業に使う箕(竹などで編んだもの)の形に見たもので、 ここを風の神のいる「風伯(ふうはく)」と考え、これに対し、おうし座のヒアデス星団(二十八宿の「畢宿(ひっしゅく)」)を雨の神のいる所「雨師」としました。 それで、軍師たちは箕宿に月がかかるのを風の前兆とみたり、この星宿に風を祈って敵軍を悩ませたりしたといいます。

箕宿(きしゅく・みぼし)は二十八宿の一つで東方青龍七宿の第七宿。距星はいて座γ星 。星官 星官(星座)としての箕は、いて座のγ、δ、ε、ηの4つの星から構成される。天区 内の星官 箕宿には3つの星官が . ...
http://wkp.fresheye.com/wikipedia/%E7%AE%95%E5%AE%BF
風伯(風の神)

紀の国の神話と神々 来訪神と素盞嗚尊 sinwa-susa
殷の崩壊、箕氏と神農信仰の半島入りチャイナの殷王朝は紀元前1024年に周に滅ぼさ れる。 ... 神農は古朝鮮語では「すさのを」と呼ばれ、後に箕氏そのものが神農と同一視 され、更に桓雄信仰が重なっていき、後に日本で素盞嗚尊と呼ばれる神となった。 ...
http://kamnavi.jp/kinokuni/sinwa-susa.htm
紀の国の須佐之男信仰
  海人にとっては海のかなたは根の国であり、神々や祖霊が住むところであった。また「まれびと」はさすらう人であり、漂流する人でもあった。各地の出来事や新しい文明をもたらし、更には外部の「血」を集落に注入する貴重な人々であった。この「まれびと」や「来訪神信仰」は我々日本人の祖先の心の中に基層として流れていた。紀の国への来訪神は須佐の地を本拠とする海人に祀られて須佐之男尊、名草の海人にはナグサタケ、熊野では熊野坐神として豊饒神や樹木神・舟の神としても崇敬されていた。
 特に南紀では「素狭野」「狭野」「素狭男」の伝承がある。紀の国の樹木神五十猛命の親神に位置づけられている。五十猛命が須佐之男の若宮、新魂、荒魂とされたのである。このように、須佐之男尊と五十猛命は、五十猛命を祭神とする伊太祁曽神社の近くに須佐神戸があったように、また須佐神社の中にも伊太祁曽神の遥拝所があるように、深いつながりがあった。
 大和王権の支配は先ず伊太祁曽神社の鎮座する紀北に及び、次に中紀有田の須佐神社の鎮座する地域に及んだ。紀の国の場合、最後に支配地に入ったのが南紀である。伊弉冉尊の鎮まる熊野である。地理的距離が時間的距離に置き換わり、遠いほど祖神に近い神と見なされていったとの説もある。
 後に紀の海人の半島との行き来の中で神農と習合していき、渡来人にも崇敬された素盞嗚尊となっていった。

中国の二十八宿では、いて座の西半分のさそり座に近い方を『箕宿(きしゅく)』いいます。これは「γ,δ,ε,η星」が、 右に広がった台形の形をしているのを、農業に使う箕(竹などで編んだもの)の形に見たもので、 ここを風の神のいる「風伯(ふうはく)」と考え、これに対し、おうし座のヒアデス星団(二十八宿の「畢宿(ひっしゅく)」)を雨の神のいる所「雨師」としました。 それで、軍師たちは箕宿に月がかかるのを風の前兆とみたり、この星宿に風を祈って敵軍を悩ませたりしたといいます。

箕宿(きしゅく・みぼし)は二十八宿の一つで東方青龍七宿の第七宿。距星はいて座γ星 。星官 星官(星座)としての箕は、いて座のγ、δ、ε、ηの4つの星から構成される。天区 内の星官 箕宿には3つの星官が . ...
http://wkp.fresheye.com/wikipedia/%E7%AE%95%E5%AE%BF
風伯(風の神)

紀の国の神話と神々 来訪神と素盞嗚尊 sinwa-susa
殷の崩壊、箕氏と神農信仰の半島入りチャイナの殷王朝は紀元前1024年に周に滅ぼさ れる。 ... 神農は古朝鮮語では「すさのを」と呼ばれ、後に箕氏そのものが神農と同一視 され、更に桓雄信仰が重なっていき、後に日本で素盞嗚尊と呼ばれる神となった。 ...
http://kamnavi.jp/kinokuni/sinwa-susa.htm
紀の国の須佐之男信仰
  海人にとっては海のかなたは根の国であり、神々や祖霊が住むところであった。また「まれびと」はさすらう人であり、漂流する人でもあった。各地の出来事や新しい文明をもたらし、更には外部の「血」を集落に注入する貴重な人々であった。この「まれびと」や「来訪神信仰」は我々日本人の祖先の心の中に基層として流れていた。紀の国への来訪神は須佐の地を本拠とする海人に祀られて須佐之男尊、名草の海人にはナグサタケ、熊野では熊野坐神として豊饒神や樹木神・舟の神としても崇敬されていた。
 特に南紀では「素狭野」「狭野」「素狭男」の伝承がある。紀の国の樹木神五十猛命の親神に位置づけられている。五十猛命が須佐之男の若宮、新魂、荒魂とされたのである。このように、須佐之男尊と五十猛命は、五十猛命を祭神とする伊太祁曽神社の近くに須佐神戸があったように、また須佐神社の中にも伊太祁曽神の遥拝所があるように、深いつながりがあった。
 大和王権の支配は先ず伊太祁曽神社の鎮座する紀北に及び、次に中紀有田の須佐神社の鎮座する地域に及んだ。紀の国の場合、最後に支配地に入ったのが南紀である。伊弉冉尊の鎮まる熊野である。地理的距離が時間的距離に置き換わり、遠いほど祖神に近い神と見なされていったとの説もある。
 後に紀の海人の半島との行き来の中で神農と習合していき、渡来人にも崇敬された素盞嗚尊となっていった。

秦氏の渡来
彼等のもたらした文化は他に工芸として陶磁器(青磁、 景徳鎮)、家具、七宝、象嵌など がある。 結論からいうと徐福王族は秦氏である考えられる。秦国の秦とは大秦帝国( 古代ローマ)の 秦からとったものである。
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Stock/7920/NO-5.html
 徐福王朝の渡来
        紀元前二世紀に大陸から入ってきた徐福王朝のルーツは中国の秦の部族であった。
 
 
》記事一覧表示

新着順:1381/3436 《前のページ | 次のページ》
/3436