teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:3220/3524 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

禹は蛇トーテムと鹿トーテム

 投稿者:棘の紀氏  投稿日:2011年 5月 8日(日)11時49分13秒
  通報 返信・引用
  中国人はなぜ「龍の子孫」と呼ばれるのか
言い伝えでは、黄帝が中原を統一する前のトーテムはクマであった。中原が統一された後 、黄帝は新しく帰属させた部落を安定化させるため、前にトーテムであったクマを新しく 「龍」に変えた。龍はそれ以前のクマトーテムの頭の部分と蛇トーテムの胴体の部分 ...
http://japanese.cri.cn/chinaabc/chapter14/chapter140504.htm
龍はそれ以前のクマトーテムの頭の部分と蛇トーテムの胴体の部分とを組み合わせたものである。(虫喬)は蛇であり、昔「橋」と呼ばれた。黄帝が橋山に埋葬されたことは黄帝が母親側の家族のトーテムへの崇拝を証明できる。実際には、龍トーテムは、黄帝の父親側と母親側の家族のトーテムの統一である。龍という珍しい形の統一は、中華民族が発展する歴史と各民族が融合しあうプロセスを表した。

扶余族は「鹿 トーテム」部族だが、扶余系部族でも狛族(高句麗)のトーテムは「鳥」で、始祖神話に「 南方系の卵生型」と「北方系の日光感精型」が混合していることから、北方の扶余系 ...
http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/oni-megami/oni-megami-2-4.htm
扶余系部族連合
  秦の始皇帝の大帝国が出現した紀元前3世紀、中国遼寧省から朝鮮半島の北部に扶余(フヨ)・高句麗・獩貊(ワイハク)・沃沮(ヨクソ)が登場するが、それらは扶余族を宗族とする同族系国家連合、いわば扶余系部族連合である。
扶余系部族連合は、粛慎国に帰属する穢(ワイ)族系部族の連合体で、獩族(ワイ)・貊族(ハク)・狛族(コマ)などが包含されていたものと想像するが、その連合体の王を出す主要部族が扶余族であり、扶余とはツングース語の鹿を意味する「プヨ」を漢字にあてたものと思われる。
  古代中国大陸では、トーテムによって各自の帰属する部族を明示したが、扶余族は「鹿トーテム」部族だが、扶余系部族でも狛族(高句麗)のトーテムは「鳥」で、始祖神話に「南方系の卵生型」と「北方系の日光感精型」が混合していることから、北方の扶余系部族と南方の部族とが混血融合した部族だと思われる。

物部氏が扶余系であるなら、なぜ依羅連は百済系だとなっているだろう。
 中華王朝の史書には、「百済とは扶余の別種で、仇台(キュウダイ)という者がおり、帯方郡において国を始めた。その尉仇台を始祖とする」とある。
『三国史記』百済本紀は「温祚(おんそ=高句麗の始祖の庶子)が百済を建国した」とするが、それでは百済の王姓が「扶余」であることの説明がつかない。
  百済では、支配階級は扶余語を使い、庶民は馬韓語を使うというように、言語や風習が二重構造の社会だと記録されており、王族の姓は、後に漢風に一字姓の余に改姓するが、代々が扶余を名乗っていることからも、扶余族が馬韓を統一したことものと思われる。扶余王の依羅は、倭国では百済王族だと名乗ったのだろう。

製鉄部族 白鳥族 - セレンディピティ - 楽天ブログ(Blog)
2011年1月15日 ... これはメソポタミアのウル語の【鳥】=【フ】huに起源します。 彼らはニギハヤヒ と共に渡来し秦氏になりました。 ... アマルガムを像の表面に塗りつけてから火で あぶって水銀を蒸発させて金を定着させました。 ... サカ族も【鹿】をトーテムとして 【犬】を忌んだ。ジンギス汗は、蒼狼と白鹿の末裔だが ...
http://plaza.rakuten.co.jp/Phoenix3/diary/201101150002/
サカ族も【鹿】をトーテムとして【犬】を忌んだ。ジンギス汗は、蒼狼と白鹿の末裔だが
【狼】はチュルク、【白鹿】はこれに従う【サカ族】を表わす。古代中国で犬戎と呼ばれ、
北狄と称され、昆夷、匈奴と怖れられた遊牧異民族は古代アーリア種の白人、
即ち印欧系人種だった。【狄】は【犬偏】と【火】の文字、犬偏は犬族を示し、
火は拝火教徒、製鉄部族の狗加を意味する。狗加は製鉄を職種とした部族でした。

考古学専門誌
神の始まりは古代中国の禹である、越王勾践の後胤が、邪馬台に関連している。 古代 中国の禹は雲南省の夏王朝の稲作と関連している。 児島高徳も古代中国の禹の後胤で ある。 .... 扶余族というのは南満州や鴨緑江の山谷を駆けまわって狩猟していた弓と鹿 がトーテムで、やりかたを受け継ぎ 踏襲している。 ... 「火雷ぜいごう」占噛み 合わせる意の卦。頤・口に物ある象。四こうの一陽を障害物とみてそれを噛み砕く事。
http://lekikenkai.progoo.com/bbs/lekikenkai_thread_6.html
三神を連れてきて、東西北の守り神にして、朱雀のみ火の巫女カジンの火の力をセオに与え、自分の子を産ませ、大地の母とし、南方の守り神・朱雀朱雀とは、大地の豊穣・命の誕生と破壊・死を司る神とされてます
扶余族はユダヤトルコ、ツングース系に発祥している。原語や習慣が相対している。

、「玄武(北- 水-黒)・青龍(東?木-青)・朱雀(南?火-赤)・白虎(西-金-白)」となります。 ...
http://hunterslog.otoshiana.com/contents/memorandum/m003a.html
中国 - HUNTER's LOG on PORTABLE
この苗族は龍・ないし大蛇をトーテム(祖霊)とする一族で、その発端譚に伏羲と女媧が いました(名前は違いますが)。 ... 四方を示す聖獣に四神とありまして、「玄武(北- 水-黒)・青龍(東?木-青)・朱雀(南?火-赤)・白虎(西-金-白)」となります。 ...

黄帝は先代の神農(炎帝)に対して、黄帝のとなえる仁道を神農が行わなかったので、黄帝と炎帝の大戦となるのですが(この二人は異父兄弟にあたる)、この辺りは漢代の儒教の影響も大きいでしょうか(『中国の神話伝説』)。ともかく秦-漢代には黄龍がいかに「頂点の龍」であるかは、ほぼ決定されていたでしょう。下って『述異記』などに書かれる有名な龍の序列(出世順?)なんかもこれに準じます。
まず蛇が五百年生きると蛟(みずち)になりまして、これがさらに千年生きると龍になる。この龍がさらに五百年経つと角が生えまして(この辺が四方を担当する龍)、さらに千年で四方の龍を統括するボスの「応龍」になる。この応龍が年老いると黄色くなりまして黄龍となるのだといった感じ。
いずれにしても、先史以来部族長・王が龍であるという漠然とした了解は広くにあったらしい中国ですが、クリティカルには始皇帝、あるいは漢代にかけて「皇帝とは地上の黄帝・黄龍である」という認識が決定的になった、された、ということになるでしょうか

禹の治水事業に際して上帝(尭)は応龍を遣わし、これを助けたとされます。応龍は部下の龍たちをともなって、禹を助けるのですが、応龍が主流・部下の龍が支流を掘ったという。


應, 会意兼形声。應(応の旧字)の上部は「广(おおい)+人+隹(とり)」から成り、人が 胸に鳥をしっかり受け止めたさま。應はそれを音符とし、心を加えた字で、心で ...
http://homepage3.nifty.com/giboshi/kaijitbl003.htm

応竜 - Wikipedia
『述異記』には、「泥水で育った蝮(まむし)は五百年にして蛟(雨竜)となり、蛟は 千年にして竜(成竜)となり、竜は五百年にして角竜(かくりゅう)となり、角竜は千年 にして応竜になり、年老いた応竜は黄竜と呼ばれる」とある。 ...
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%9C%E7%AB%9C

星形のn個の角の和を求めよう(PDF)
「図形の調べ方」の数学展望台「星形の5つの角の和」の学習をさらに深め,一般化する ことができる。 ■本時(教材)のねらいと ... 応. ◆先端の角の数が6,7の場合 について,求. めることが困難な生徒に対して. まず,角の数が偶数の場合について考え
http://www.shinko-keirin.co.jp/j-math/jirei/pdf/2-004.pdf#search='角 応 星'
先 端 の 角 の 数  5    6    7    … n
角 の 和       180° 360° 540°  …


建甕槌命 『鬱』. 会意。説文解字では「木、叢生する者なり。林に從い、?の省声」
陜西省白水県にある戦国時代の古墳の発掘現場で8日、密封された青銅壺の中に約2キロ リットルの不思議な液体が発見された。蓋を開けてみるとほのかなお酒の香りがし、専門 家により戦国時代の美酒とひとまず断定され、現在北京で鑑定が進め ...
http://japanese.china.org.cn/culture/2007-11/16/content_9240205.htm

私的に 【甘】カン 棺桶 口私的に【甘】カンは、禹の父【鯀】 コンの甕棺(酒甕に逆さに生贄・・・甘い香りがした 。 ...

『鬱』. 会意。説文解字では「木、叢生する者なり。林に從い、?の省声」とある。?は 説文には芳草とある。白川静は鬯は酒を醸す意の漢字、彡は酒気であるとし、酒に芳草を 入れて密閉し熟成を待つという会意であるとする。 ...
http://ameblo.jp/fromkanagawa/entry-10850081238.html

鬱の原字は「臼(両手)+缶(かめ)+鬯(香草でにおいをつけた酒)」の会意 文字で、かめにとじこめて酒ににおいをつける草。 鬱はその略体を音符とし、林をそえた字 で、木々が一定の場所にとじこめられて、こんもりと茂ることをあらわす。 ...
http://1st.geocities.jp/ica7ea/kanji/q/q_020.html

神域を意味する「禁」は、 「林+示」で、「林」の木々のなかに置かれた神卓「示 」をあらわす字です。 ... のちに一般の土と区別するために「示」を加えて「社」の字 が作られたのです。 『説文解字』1上には「土」 ... 祼鬯〔かんちょう〕とは 神を 降ろすために 鬱鬯に入れたを酒を土地に灌〔そそ〕ぐ祭りのこと。
http://akahiro.at.webry.info/200911/article_28.html
◇「杜」については『説文解字』6上には
「甘棠〔かんとう〕なり」として木の名前としています。

「甘棠」とは、小リンゴとかズミと言う木のこと。食用ではないらしい。 昔、中国で 立派な為政者がこの木下で民の声を聴き、正しく取りはからったので、民衆はその為政者 だけでなく、その木まで慕ったという故事による。民が為政者を慕うこと。 ...
http://koyomi.vis.ne.jp/doc/mlko/200705100.htm

3) 甘棠(かんとう)の人
本書を選んだきっかけになったのがこの作品です。
これまで読んできた宮城谷氏の作品を振り返ると、最初に読んだのが、「夏」から「殷」への変遷を描いた「天空の舟」。次が、「殷」から「周」への変遷を扱った作品として、「殷」側から描いた「王家の風日」、そして、「周」側から描いた「太公望」です。 周の宰相として活躍した太公望ですが、殷を打倒するに至ったのは、「周」と「召」との同盟が不可欠でした。本作品は、この「召」、特に召王を補佐していた召公奭(しょうこうせき)の視点から捉えた作品と言えます。彼は、甘棠の木の下でいつも公平な裁判をしたため住民は皆喜んだそうです。そこから、公平な人のことを「甘棠の人」と呼ぶようになりました。
http://plaza.rakuten.co.jp/kkttt1976/diary/20110421/

召伯虎の父親が「 公」と呼ばれており、場合によってはおそらくは召公奭の嫡流の子孫 ...
http://blog.goo.ne.jp/xizhou257/e/d843248d4db6ee1fee7568531b6dc6a3


召公奭(?~?) 姓は姫、名は奭。周の王族 。はじめ召に封じられた。武王によって北燕に封じられた。燕国の祖。成王の時代に なると洛邑を造営し、陝を二分してその西の地方の政治を管轄した。 ...
http://ww1.enjoy.ne.jp/~nagaichi/chu005.html

姓姫氏。 堯其の績を美とし、乃ち姓{女+以}氏を賜り、 封じて夏 伯と為す。 ... この平山は祖が、神系 .... 禹(う、 紀元前2070年頃)は中国古代の伝説 的な帝で、夏朝の創始者。 名は、文命(ぶんめい)、大禹、夏禹、戎禹ともいい、姓 ...
http://8628.teacup.com/toraijin/bbs/1756
鯀は、黄色の三本足の亀に変化した。
http://f1.aaa.livedoor.jp/~qiaoben/go6.html
http://0bbs.jp/no5/
祝 社
「ウサ」は「ウシャ」のことで、ヒッタイトの神殿(社)の意味であり、ウズムァサの「サ」も「シャ」であり、「社」のことであるから

伯禹
大禹、伯禹とも呼ばれる。 人となりは敏捷で勤勉、徳が備わっていて道に違わず、その 人徳の心は親しみやすく、その言葉は信頼できたという。 『淮南子』脩務訓 によれば耳 の穴が三つあり、「大通」と呼ばれた、とされている。 ...
http://homepage3.nifty.com/kyousen/china/3k5t/3k5t_13.html

伯禹(禹のこと)を司空と為されたら、伯禹 は帝(あまつかみ)の功を美(よく)するでしょう。」と。 舜はいわれた「ああ、然り ! 禹よ、汝は水土を平らぎ、司空となり勉(つとめる、はげます) ...
http://time-god-z.jugem.jp/?eid=74

召て位を繼(つが)す。所以は堯王、禹と云 ふ大臣を召て位を繼すべき者や有る、と問ひ給ふに、答て云く重華と云ふ者あり。
http://homepage3.nifty.com/juhoukai/tyoukannji/ibun/3-04/3-04.html

夏の啓王が、有扈氏を征伐するため、甘(場所名)に「六卿」を集めての演説です。
http://blogs.yahoo.co.jp/raccoon21jp/37987724.html
甘(場所名)

甘(かん/地名・陜西省)
【甘】カン 棺桶 口私的に【甘】カンは、禹の父【鯀】 コンの甕棺(酒甕に逆さに生贄・・・甘い香りがした 。 ...
http://8628.teacup.com/toraijin/bbs/2523

龍門:今の山西省と陜西省の間にある場所のことで、古代、治水に功績をあげて夏王朝を 開 いた禹(う)が切り開いたところ。
http://www.nextftp.com/kinkouen/web/mame-touryumon.htm

豆知識 鯉の由来2
鯉変じて竜となる. 鯉のことを、「六六魚(りくりくぎょ)」と呼ぶことがありますが、 これは側線を形成する鱗の数が、 ... 先に記した「景行天皇の鯉説話」もその一つです が、それ以外にも諸説があって正確なところはわかりませんが、その中のいくつかを ...
http://www.nextftp.com/kinkouen/web/mame-yurai2.htm
鱗の数が、
6の平方である36枚前後あることに由来しています。ところで、「六」は陰の数であるといわれ、平方した36という数字は、易占(六十四卦)によれば、「坤の卦」を持ち、万物を成長させるという意味を有しています。
 一方、竜は、陽の極数である「九」という数字を平方した81枚の鱗を持つといわれ、易占によれば「乾の卦」があり、最高の徳を象徴する聖獣であると考えられています。
 易学の原理に従えば、「坤」の卦から陽の卦が次第に増加して、最後に「乾」の卦になるということをあらわす事になります。
 「鯉変じて竜となる」という言葉がありますが、これは、易学に則った意味を持っているといえるようです。
乞(コヒ)
「鯉は、なり。魚に从ひ里の聲。」「は、鯉なり。魚に从ひ亶の聲。」
(「鯉とは、のことである。魚という字に里の音をあてている。」
「とは、鯉のことである。魚という字に亶の音をあてている」)
 とありますので、鯉ととは同じ意味です。ちなみに「亶」とは、ぐるぐる回ることを意味していますので、池の中でぐるぐると泳ぎ回っている鯉が連想されるのではないでしょうか。
ぐるぐると泳ぎ回・・・経巡
へ‐めぐ・る【経巡・経回】-日本国語大辞典. 〔自ラ四〕あちらこちらめぐり歩く。 あちこちまわって歩く。遍歴する。さまよう。
http://dic.search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&p=%E7%B5%8C%E5%B7%A1&fr=dic&stype=prefix

禹歩は、もともと全国を経巡った禹を行神(旅の行程を守護する神 )とみなして、その歩き方をまねることにより道中の保護を願ったのが始まりらしい。 ...
http://homepage3.nifty.com/kyousen/china/3k5t/3k5t_13.html

李氏で、鯉の「リ」と同じ発音であることを理由に、捕獲・調理 が禁止となり鯉は外されて「四大家魚」となった。 ...
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E5%A4%A7%E5%AE%B6%E9%AD%9A

姫姓。(春秋) ②斉の恵公の子、公子欒の子孫が名(字)をもって氏とした。主な人物 は、公子欒・公孫竃・欒施など。姜姓。(春秋). 李<り>【偃姓・氏】 皐陶の子孫が 官名の大理の理をとって理氏を名乗っていたが、理と李が同音であったことから、後に李 氏になったという。中国屈指の大姓。 ... 伯夷の子孫が禹の治水を助けた功により呂侯 に封じられた。以後子孫は呂氏を名乗った。斉の公室の氏。(三皇・五帝) ...
http://shibakyumei.web.fc2.com/jiten/sej/R.shtml
呂<りょ/ろ>【姜姓・氏】
 伯夷の子孫が禹の治水を助けた功により呂侯に封じられた。以後子孫は呂氏を名乗った。斉の公室の氏。(三皇・五帝)

烈<れつ>【姜姓・氏】
 神農氏が烈山氏と号したので、子孫が山の字をとって氏とした。(三皇・五帝)

魯<ろ>【姫姓・氏】
 魯国の子孫が国名をもって氏とした。(戦国)

楼<ろう>【姒姓・氏】
 杞の東楼公の子孫が名乗った。(西周)


柳<りゅう>【姫姓・氏】
 魯の展禽が柳に封じられ、封地名をもって氏とした。(春秋)

朗<ろう>【姫姓・氏】
 魯の懿公の孫、費伯が朗に定住していたため、地名をもって氏とした。(春秋)

*「白水郎」は中国の呉方面・・ ・揚子江以南・・いわゆる会稽東冶から来た海人族です。それ以外は「あま」です。 ...
http://www.asahi-net.or.jp/~rg1h-smed/keijiban9.htm

ミカを「甕(土器)」と見る説もある。また『古事記伝』ではフツヌシと同一視している が、別の神格である説が有力である。 ... そこで、アメノトリフネにタケミカヅチと フツヌシを乗せ派遣することにした。出雲の稲佐の浜に降り立った彼は、十拳剣を波間 ...
http://www.pandaemonium.net/menu/devil/Takemkzt.html
古事記 建御雷之男神・建御雷神
建甕槌命
日本書紀 武甕槌命・武甕雷男神
武甕雷神
先代旧事本紀 武甕槌命・武甕雷男神
武甕雷神・武甕槌之男命
武雷神
古語拾遺 武甕槌命
祝詞 建雷命・建御賀豆智命

「イカズチ」と言う言葉がある。
「ズチ」は「槌」のことかなと思ったが、それなら「イカ」はイカか・・稲光が足? な訳は無かった。
「厳(いか)つ霊(ち)」が語源で、「ち」は「みずち(水霊)・おろち(大蛇)」を現す霊的な言葉だった。
ぜひ今「いかずち」を落して欲しい所だ。
http://ameblo.jp/toriki2010/day-20110403.html

鬱 槌
うったえる【訴える】の意味 - 国語辞書 - goo辞書
「うったえる〔うつたへる〕【訴える】」の後の言葉. うったらそう【鬱多羅僧】 ? ウッチ【Łódź】 ? う‐づち【卯槌】. 「訴える」の使用例を検索する ?
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/19771/m0u/

う‐づち【×卯×槌】 平安時代、正月初の卯の日に中務(なかつかさ)省の糸所(いとどころ)から邪気払いとして朝廷に奉った槌。桃の木を長さ3寸(約9センチ)、幅1寸四方の直方体に切ったもので、縦に穴をあけ、5色の飾り糸を5尺(約1.5メートル)ばかり垂らし、室内にかけた。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/19774/m0u/
邪気払い

小さな神の御使いたち3-亀戸天満宮 卯槌
古来、霊力があると信じられている桃の木のパワーをもって邪気を払おうとしたのだろう 。他に梅、椿、柳などが用いられたというが、寒中に花 ... 卯の花の正式名称は「 うつぎ」。宇津木や空木とも書くが、民俗学の視点から折口信夫は「打つ木」と考えた。 ...
http://www4.ocn.ne.jp/~riria/mitukai/mitukai3-/uzuchi.htm
卯の花の正式名称は「 うつぎ」

「禹歩」の動きをまねることで邪気を払う儀式を するようになったそうなのだ。 ... で、今度はその全国を歩き回って邪気を払い、 地固めをする、ということが注目されるようになるのだ。 ...
http://shirotan-research.blogspot.com/2011/04/blog-post_09.html
反閇は俗に「禹歩(うほ)」とも呼ばれるんだけど、これは古代中国の三皇五帝の最後の一人、「禹」に由来しているんだ。
伝説上の聖王で、中国最後の王朝「夏」の創始者として知られる禹は黄河の治水に成功したことで王権を手にしたのだ。
その際、中国全土を奔走したことで半身不随になり、独特の片足で跳ぶように歩いていたと伝えられているのだ。
これが元祖「禹歩」で、道教ではこの「禹歩」の動きをまねることで邪気を払う儀式をするようになったそうなのだ。
それが日本に伝わってきたというわけ。

禹王の場合は全国を歩き回った結果として足が悪くなったんだけど、逆にその悪くなった足での歩き方が邪気を払うというように転換されてきたのだ。
原因と結果が逆転しているんだよね。
で、今度はその全国を歩き回って邪気を払い、地固めをする、ということが注目されるようになるのだ。

卯木 空木 打木 - そのまた奥の細道 ・・・禹津木
2010年6月12日 ... 木工で使う木釘を作るためです。 卯木は空木とも表しますが、打木とも言うのですよ。 木釘を作って打つからです。 木の目が詰んでいて、粘りがあるから木釘に適しているの です。 木釘はほとんど桐に使います。 ...
http://blogs.yahoo.co.jp/muenn8888/627127.html

禹津木????ウツギ=境の木 (畑などの) 「払」 (払-手)=ム=禹・・・・・・(漢字は禹がモデル!) (ル しんにょうには禹に関係する漢字が沢山有ります 「卯」ウには吾・我・われの意味も禹 ...
http://www.asahi-net.or.jp/~rg1h-smed/keijiban8.htm

禹津牡? 雪野山古墳 前方後円墳、TL70,R40,RH4.5,FW30,FH2.5 位置:35°04′24″N 136° 08′56″E _1:後円部正面、墳頂に竪穴石室がある(埋戻し) 雪野山山頂にある4C中頃 の古式前方後円墳 竜王町、近江八幡市、八日市市にまたがる ...
http://www.asahi-net.or.jp/~rg1h-smed/keijiban13.htm

雪野山古墳(ゆきのやまこふん)は、滋賀県東近江市に所在する古墳時代前期前半の前方後円墳である。3面の三角縁神獣鏡が出土していることからヤマト政権との関係が考えられる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%AA%E9%87%8E%E5%B1%B1%E5%8F%A4%E5%A2%B3
副葬品と棺の蓋を設置した葬送儀礼の一端が想定できる。
、矢を入れた状態の靱や紡錘車形石製品、鎌・やりがんな・鑿・刀子などの農工具が、 南区画では、鉄刀、鉄剣、鉄鏃などの武具の他、漁具、壺形土器が出土している。
棺外の副葬品としては、小札革綴冑(こざねかわとじかぶと)、木製短甲からなる防具、銅鏃、鉄鏃、鉄刀、鉄剣、竪櫛(たてぐし)、靫(ゆぎ)、木製合子(ごうす)などがある。
これらの副葬品は、前期前半の品々を網羅している。棺内と棺外の種類では差違が認められる。これらの副葬品の日本製青銅鏡・碧玉製品・銅鏃の形式・小札革綴冑などから4世紀初頭の築造と推定されている。
雪野山(龍王山)

龍王寺(雪野寺)の山門. 龍王寺は 、710年 行基が建立した雪野寺のこと。
http://blog.livedoor.jp/koukishin/archives/51693334.html
竜王町・近江八幡市・東近江市にまたがった山で竜王町では、東の竜王山と言われております。
この雪野山周辺には古墳をはじめとする遺跡がたくさん分布しているのでございますよ。

龍王
禹王のあとは水を司る龍王のものになり, 伸縮自在という特性を生かして,測量などにも使われていたらしい。
http://www.4gamer.net/weekly/sandm/010/sandm_010.shtml

雪 野山古墳公開時の ... というよりも、鏡をおしなべて卑弥呼、それも神獣鏡を卑弥呼の 鏡に仕立て上げたかった当時の畿内の研究者の「偽装」行為だったと言 ...
http://blogs.yahoo.co.jp/kawakatu_1205/41796249.html
雪野山古墳から出た鏡の中には三角縁神獣鏡も多数あったのは事実だが、それは被葬者の足下に置かれていて、もっとも重要だと考えられる、頭部近くには三枚の鏡が置かれていたが、そのうちの一枚は同じ三角縁鏡でも、三角縁竜虎鏡であった。
それがパンフレットでは文字は三角縁竜虎鏡と表記していながら、ルビは「さんかくぶちしんじゅうきょう」となっていた。しろうとには「三角縁」とくればもう「神獣鏡」となってしまうのだから、これはあまりにもいい加減な・・・というよりも、鏡をおしなべて卑弥呼、それも神獣鏡を卑弥呼の鏡に仕立て上げたかった当時の畿内の研究者の「偽装」行為だったと言われてもしかたがないのである。

http://help.yahoo.co.jp/group/toraijinkenkyuu/

 
 
》記事一覧表示

新着順:3220/3524 《前のページ | 次のページ》
/3524