teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:2856/3524 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

狩人 「舵星」・箕宿(きしゅく)みぼし

 投稿者:棘の紀氏  投稿日:2011年10月31日(月)17時08分10秒
  通報 返信・引用
  アクタイオンという狩人は女神アルテミス により雄鹿に変えられ,自分の猟犬に食い尽くされたと言われています。

アクタイオーン - Wikipedia
長母音を省略してアクタイオンとも表記される。父は太陽神アポローンの子アリスタ イオス、母はテーバイの王カドモスの子アウトノエーとされている。 ケンタウロスの ケイローンに育てられて狩猟の術を授けられた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%B3
ケイローン(Χείρων, Cheiron)は、ギリシア神話に登場する、半人半馬の怪物であるケンタウロス族の賢者である。ラテン語ではキロン(Chiron)という。日本語では長母音を省略してケイロンとも表記される。

ギリシア神話では、上半身が人間で下半身が馬のケンタウロス族の1人ケイロンとされ ています。(ギリシア神話参照) 日本では、中国名の『箕宿』を訓読みして「みぼし」や、 南斗六星全体を北斗七星と同様に「舵星」と呼ばれ、 ヨーロッパでは『ミルク・ディパー( the ...
http://yumis.net/space/star/greece/sgr-g2.htm
中国では、いて座の東半分に6つの星が北斗七星によく似た形をして並んでいる星列を『南斗六星』と呼び、 太陽の通り道である黄道にあたるため北斗七星と同様に大切にされました。中国の二十八宿では『斗宿』と呼ばれます。 また、北斗は死をつかさどり、南斗は寿命をつかさどる。人が生まれる前には、南斗の精が北斗の精と何歳まで生きさせるか、 その寿命を定めて帳面に記しているといわれ、多くの伝説が残されています。

 魏の国に官輅(かんろ)という、天文や人相を見る人がいました。5月のある日、偶然通りかかった畑で働いている子供をみて、 「不憫なことながら20歳までは生きることはできないだろう」と呟きました。子供はひどく驚いて父親に知らせ、 親子で官輅の後を追いかけ、どうか寿命をのばす方法を教えて下さいと懇願しました。 官輅は初め、それは人間の力の及ばぬことと断わりましたが、あまりの懇願に「では卯の日に行くから上等の酒と、鹿のほし肉を用意しておきなさい」といい、 その約束の日にやってきて、「お前はこの酒と肉を持って麦畑の南にある桑の大木の所へ行きなさい。そこに2人の仙人がいて碁を打っているので、 黙って酒と肉をすすめなさい。2人が気がついて何をいおうと決して口をきいてはいけない。ただ拝んでばかりいるように」と教えました。
 子供は2人の仙人が碁を打っている場所へ行き、いわれた通り、無言のまま酒を注ぎ肉をすすめました。 やがて一局すんだとき、北側にいた仙人が子供に気がついて「なぜこんなところに来ているのか」と叱りましたが、 子供はペコペコと頭を下げては拝んでいました。すると、南側の仙人は「仕方がない。ただで飲み食いしたのだから何とかしてやらなくてはなるまい」といいました。 北側の仙人は「この子の寿命は生まれるまえから定まっている。その掟を破るわけには行くまい」と怒りましたが、 「まあまあ、寿命帳を調べてみよう」といって見てみると、子供の寿命は十九歳とありました。仙人は筆をとって十九をくるりとひっくり返すと、 「これでお前は九十まで生きられるぞ」といいました。子供は喜んでとんで帰り、官輅にその話をすると頷いて 「南斗は精をつかさどり、北斗は死をつかさどる。人が母親に宿るのはすべて、南斗が北斗と相談してのことだ」と説明したといいます。

 また中国の二十八宿では、いて座の西半分のさそり座に近い方を『箕宿(きしゅく)』いいます。これは「γ,δ,ε,η星」が、 右に広がった台形の形をしているのを、農業に使う箕(竹などで編んだもの)の形に見たもので、 ここを風の神のいる「風伯(ふうはく)」と考え、これに対し、おうし座のヒアデス星団(二十八宿の「畢宿(ひっしゅく)」)を雨の神のいる所「雨師」としました。 それで、軍師たちは箕宿に月がかかるのを風の前兆とみたり、この星宿に風を祈って敵軍を悩ませたりしたといいます。

箕宿(きしゅく・みぼし)は二十八宿の一つで東方青龍七宿の第七宿。距星はいて座γ星 。星官 星官(星座)としての箕は、いて座のγ、δ、ε、ηの4つの星から構成される。天区 内の星官 箕宿には3つの星官が . ...
http://wkp.fresheye.com/wikipedia/%E7%AE%95%E5%AE%BF
風伯(風の神)

紀の国の神話と神々 来訪神と素盞嗚尊 sinwa-susa
殷の崩壊、箕氏と神農信仰の半島入りチャイナの殷王朝は紀元前1024年に周に滅ぼさ れる。 ... 神農は古朝鮮語では「すさのを」と呼ばれ、後に箕氏そのものが神農と同一視 され、更に桓雄信仰が重なっていき、後に日本で素盞嗚尊と呼ばれる神となった。 ...
http://kamnavi.jp/kinokuni/sinwa-susa.htm
紀の国の須佐之男信仰
  海人にとっては海のかなたは根の国であり、神々や祖霊が住むところであった。また「まれびと」はさすらう人であり、漂流する人でもあった。各地の出来事や新しい文明をもたらし、更には外部の「血」を集落に注入する貴重な人々であった。この「まれびと」や「来訪神信仰」は我々日本人の祖先の心の中に基層として流れていた。紀の国への来訪神は須佐の地を本拠とする海人に祀られて須佐之男尊、名草の海人にはナグサタケ、熊野では熊野坐神として豊饒神や樹木神・舟の神としても崇敬されていた。
 特に南紀では「素狭野」「狭野」「素狭男」の伝承がある。紀の国の樹木神五十猛命の親神に位置づけられている。五十猛命が須佐之男の若宮、新魂、荒魂とされたのである。このように、須佐之男尊と五十猛命は、五十猛命を祭神とする伊太祁曽神社の近くに須佐神戸があったように、また須佐神社の中にも伊太祁曽神の遥拝所があるように、深いつながりがあった。
 大和王権の支配は先ず伊太祁曽神社の鎮座する紀北に及び、次に中紀有田の須佐神社の鎮座する地域に及んだ。紀の国の場合、最後に支配地に入ったのが南紀である。伊弉冉尊の鎮まる熊野である。地理的距離が時間的距離に置き換わり、遠いほど祖神に近い神と見なされていったとの説もある。
 後に紀の海人の半島との行き来の中で神農と習合していき、渡来人にも崇敬された素盞嗚尊となっていった。

風神
タケミナカタは出雲系(大国主の子でスサノオの孫)で武勇に優れているが、祭神として は風神。ただし、シルフのような風そのもの、ではなく、天候を意味する「風」の神(なので 東方緋想天の異常気象に繋がるし、異常気象に際して諏訪参りの神話伝承がある)。 ...
http://www014.upp.so-net.ne.jp/wim/th10.htm
また「タケ」の名を持つとおり、武神としての性格も持つ。そして諏訪湖の(河川湖沼の)竜神の性格も持ち、山岳狩猟神としての側面も持つ。

雷神
別雷神の父、すなわち玉依姫の夫である火雷神は、同じく京都の松尾大社に祀 られている。それゆえ、松尾大社では、賀茂神社の祭礼である葵祭を行っていた。創健 したのは、ご存知、秦氏。秦都理である。
http://www.kitombo.com/mikami/0211.html

東方風神録 ? 豊聡耳神子 ... 神の末裔. 刀自古郎女は父親が蘇我氏だが 、母親はウマシマジノミコトという神を祖に持つ物部氏である。 蘇我氏の祖・武内宿爾は 、第8代天皇の孫もしくはひ孫とされる。 能力 †. 雷を起こす程度の能力 (神霊廟). 蘇我 馬子が建立した元興寺には雷神が関わる伝承がある。 ...
http://www.toho-motoneta.net/index.php?%C1%C9%B2%E6%C5%CB%BC%AB%B8%C5

アレキサンダーと牛頭天王のルーツと雷神スサノオの本名: 神仙組外典 ...
2010年5月21日 ... アレキサンダーと牛頭天王のルーツと雷神スサノオの本名,新世紀創造の為に…■日本 人のルーツを徹底検証 ■封印された日本の古代史を暴く ■神の戦車「メルカバー」 によって偽りの歴史を轢死させる ■天皇家と秦氏の欺瞞を世界初暴露 ...
http://shinsengumi3.seesaa.net/article/150285036.html
建御雷神(タケミカヅチ)が神武天皇に与えた剣と、その霊威を「布都御魂大神」と称える。
神武天皇を「スサノオ」とすると、建御雷神は「スサノオの父」と考える事が出来る。

『古事紀』では、スサノオを「建速須佐之男命(タケハヤスサノオノミコト)」と表記するが、両者が頭に「建」を冠することから、同族であることは間違いないだろう。
『日本書紀』では、タケミカヅチと共に経津主神(フツヌシノカミ)が降臨したが、『先代旧事本紀』では、経津主神の御魂の剣が「布都御魂」であるとしている。
『古事記』でも、タケミカヅチの別名を「建布都神(タケフツノカミ)」「豊布都神(トヨフツノカミ)」として、タケミカヅチとフツヌシを同一神として扱っている。
やはり、石上神宮の主祭神「布都御魂大神」の正体は、スサノオの父「フツ」なのだ。

『タケミカヅチ=タケフツノカミ=フツヌシノカミ=フツ=スサノオの父』
本来の「スサノオ」の意味は、「スサの王」の継承者という肩書きであり、アレクサンドロスをはじめ、アショカ王や朱蒙、フル、フツ、ニギハヤヒも「スサノオ」だと言えるが、決して同一人物ではない。

事実、朝鮮半島から渡来した「スサノオ」は、アリオンのいう「スサノオ」の先祖であった。
島根県出雲市には「須佐」という地名がある。
ペルシアのスサの王の継承者はインドの「アショカ王」であり、アショカ仏教の「ソナカ王家」が朝鮮半島から出雲に上陸して、「須佐の王」と名乗ったのだろう。

龍は蛇と牛の合成神ゆえに2本角があり、バビロニア神話のイシュタルをルーツとするエルの妻神「アシュタルト」は、牡牛の角を持つ女神で、蛇の姿で表現される事もある。
龍神のルーツもシュメールに行き着くが、蛇は「水神」で、牛は「火神」に結び付き、両者のフュージョンによって「火水=神」となる。
『漢書』によると、辰王の「辰」には、「ふるう」という意味があるが、これが「フル」の語源である可能性もある。
後に、想像上の動物である「龍」が当て嵌められたらしいが、牛頭天王であるスサノオは、同時にルシファー(龍)でもある。

同様に、八岐大蛇で喩えられる卑弥呼は、アレクサンドロス(ツルカルナイン)の名を継承する鬼姫であった。
既に発表した通り、牡牛神にも龍蛇の要素があり、龍蛇神にも牡牛の要素がある。
が、出雲族が「牡牛」で日向族が「龍蛇」をトーテムとしていたとすると、両者の統合によって「火水」の力が発揮されると言えよう。

カバラでは火星はゲブラー、すなわち"正義"に関連 すると言う事を忘れてはならないだろう単なる ... 水星は神々のメッセンジャー、 マーキュリーであるマーキュリーは知性の神でもあり、またメッセージに関する事、そして それに ...
http://www.ncn-t.net/ridwarn/salomon.html
火星
原点---”火星の日と時刻には、戦争に関する魔術を行うべし。戦いにおいて名誉を得ること。勇気を得ること。敵をうち負かすこと。破壊、殺戮、残酷、不和を引き起こす。傷と死をもたらす”

赤く、血の色に輝く火星は古くから戦乱を引き起こす災いの星として知られてきた
ギリシャ神話では、軍神マルスである。戦い、競争、決断などに関する事を望むなら迷わず火星のパワーを借りるとよい
また、ソロモン王の鍵の中には、その破壊的な力を利用して的に破壊をもたらす護符も紹介されている。それを使うことも確かにできる
だが、カバラでは火星はゲブラー、すなわち"正義"に関連すると言う事を忘れてはならないだろう
単なる逆恨みだけで火星の霊を用いようとする者には、その正義の剣は逆に術者へと向けられるだろう

水星
原点---”水星の日と時間は、雄弁と知性に関する作業を行うのによい。仕事での速い成果に。科学と占術、不思議なこと、幻影、未来に関する事を知る。また、汝はこの惑星の時間の元で、窃盗、執筆、詐欺、商業に関する術を行うこともできる”

水星は神々のメッセンジャー、マーキュリーである
マーキュリーは知性の神でもあり、またメッセージに関する事、そしてそれにともなう言語や科学の力を表した
マーキュリーはギリシャ神話ではヘルメスだが、ヘルメスとは商業と泥棒の守護神でもあった
また、ヘルメスはエジプトの神トト神(トキの頭を持つ神々の書記)と同一視されたが
トトはまたオカルト・サイエンスの守護神でもあった。カバラでは、ホド(栄光)である

水星:メルクリウス(mercurius)商業・旅人の神
辰星(しんせい):水星 太白(たいはく):

火星:マルス(mars)戦いの神
螢惑(けいこく):火星 (「螢」は本当は少し違う字です)

日本最古の漢和辞典『倭名類聚抄(わみょうるいじゅしょう)』(10世紀前半)では、長庚(ちょうこう;中国での宵の明星)の和名が「由不豆々」(ゆふづつ;「つつ」は星のこと)、明星(明けの明星)の和名が「阿加保之」(あかほし)となっています。この書物をネタ本に使ったと言われる『枕草子』にも「星は、すばる。彦星。みやう星。夕づつ、、、」とあります(「みやう星。」がないテキストもあります)。古代ギリシアの場合を考えると、日本でも夕づつと明星が同じ惑星だという認識があったのかは分かりません。また、『倭名類聚抄』には他の惑星名は書かれておらず、和名は分かりません(もともと付いていなかった、という可能性もありますが)。
 『枕草子』の「名おそろしきもの」には「ほこ星」が挙げてありますが、これは彗星のことです(北斗七星の第七星を指すという説もあります)。漢語の彗星と日本語の「ほうきぼし」は同じ発想で、日本では他に「ほたれぼし(穂垂れ星)」という呼び方などがありました。流星の和名については、「凶兆としての流星」1.日本をご覧下さい。
http://homepage3.nifty.com/silver-moon/plane2.htm
飛鳥時代に天文の知識を中国から輸入したとき、太白、歳星といった惑星の呼び名も入ってきました。この頃から、歴史書に日月食や、惑星の接近現象の記録が多く残されるようになります。
 『宿曜経』が成立して40年ほどたった平安時代のはじめ、中国へ留学した空海はこの書物を日本に持ち帰ります(806年)。宿曜道(すくようどう)とともに、日本にも金星、金曜といった呼び方や、一週間の曜日・ホロスコープ占星術(3.平安時代のホロスコープ参照)ももたらされました。藤原道長の「御堂関白記」の具注暦(日付けだけではなく、その日の吉兆が記され余白に日記やメモが書き込めるようになっている)に記されている「蜜」は、イラン系のことばの日曜を意味する「ミール」の音訳で、現在の日曜日と連続(整合)しています。しかし、『宿曜経』はそれほど詳しいものではなく、日本で宿曜道が盛んになるのは、日延によって「符天暦(ふてんれき)」がもたらされ、それによって惑星の位置計算がされるようになった10世紀後半以降です。又、宿曜道の人々は、日月食の予報をめぐって暦道や算道と争ったりもしました。

物部氏は扶余人
古代中国大陸では、トーテムによって各自の帰属する部族を明示したが、扶余族は「鹿トーテム」部族だが、扶余系部族でも狛族(高句麗)のトーテムは「鳥」で、始祖神話に「 南方系の卵生型」と「北方系の日光感精型」が混合していることから、北方の扶余系 部族と ...
http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/oni-megami/oni-megami-2-4.htm
古代中国大陸では、トーテムによって各自の帰属する部族を明示したが、扶余族は「鹿トーテム」部族だが、扶余系部族でも狛族(高句麗)のトーテムは「鳥」で、始祖神話に「南方系の卵生型」と「北方系の日光感精型」が混合していることから、北方の扶余系部族と南方の部族とが混血融合した部族だと思われる。
 高句麗の始祖神話には、扶余王「金蛙」が登場するが、日本でも「淡嶋神社」では少彦名命の使い神、伊勢「二見興玉神社」では猿田彦命の使い神として、参道に蛙が鎮座しており、松本市には「蛙明神社」がある。
中国の神話では「弓の名手が女神の西王母(セイオウボ)から得た不老不死の仙薬を、密かに盗んで月に逃げた妻がヒキガエルにされ、月に住み続けることになった」とされ、この話から中国では「兎は雄がいなくても、月を見るだけで子ができる」と言われ、兎は子孫をつくり永遠に生き続けることができ、ヒキガエルは前述の不老不死の仙薬を飲んだので永遠の命を持つとの伝承がある。
  熊野速玉大社は熊野三山のひとつとして「熊野新宮」とも称されるが、山上にはゴトビキ岩と呼ばれる巨岩が鎮座している。このゴトビキ岩が神々の御神体とされるが、ゴトビキとは「ヒキガエル」のことである。
また、『摂津國風土記逸文』には垂仁天皇の御代の末頃、榎津は不細工で強欲、かつ悪逆非道な「イボガエル」に支配されていたと記されている。
古代の神話では、ヘビやカエルなど様々な動物が登場するが、坑道で鉱石の採掘を担っていた人々が朝廷から「土蜘蛛」と呼ばれたように、そこになにかの象徴が秘められていることもある。
悪逆非道なイボガエルは高句麗で、蛙の天敵はヘビだが、三輪山の御神体は蛇。大和の大王家が摂津に侵攻してきた高句麗系の部族を撃退したという物語なのかもしれない。あるいは少彦名や猿田彦が高句麗系渡来人だったとも考えられる。

物部氏のトーテムは鹿、秦氏のトーテムは狼、蛇は集団の意味が強い(漢民族系が近い )
http://twitter.com/#!/naomiihori/status/75177492385759232

トロイア戦争で敗走したトロイア人の末裔(アエネイアースの息子アスカニオスら)が、イタリア半島に住みついた。この都市をアルバ・ロンガという。時代が下り、王の息子アムリウスは兄ヌミトルから王位を簒奪する。ヌミトルの男子は殺され、娘レア・シルウィアは処女が義務付けられたウェスタの巫女とされる。ある日シルウィアが眠ったすきに、ローマ神マールスが降りてきて彼女と交わった。シルウィアは双子を産み落とすが、怒った叔父の王は双子を川に流した。双子は狼に、その後羊飼いに育てられ、ロームルスとレムスと名づけられた。成長し出生の秘密を知った兄弟は協力して大叔父を討ち、追放されていた祖父ヌミトル王の復位に協力する。兄弟は自らが育った丘に戻り、新たな都市を築こうとする。しかし兄弟の間でいさかいが起こり、レムスは殺される。この丘、パラティヌスに築かれた都市がローマであった。こののちローマは領域を拡大させ、七つの丘を都市の領域とした。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%8B%E6%94%BF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9E

鳥トーテムが現在でも中国少数民族で西王母信仰の残っているイ族にみられます。 ...
http://www.asahi-net.or.jp/~nr8c-ab/tanabata.htm

ローマやフランク王国、ブリテンにはトロイア人による建国

トロイの末裔アイネーアス
... は滅亡してしまいました。その後、とらえられた「トロイアの女」は悲劇ですが、 生き延びた男たちの運命も波乱万丈! ... この若い娘を嫁にもらったアイネーアスが 幸せな夫婦生活が送れたかどうかはしらんけど、彼らの末裔が、狼に育てられた少年 なのです。
http://www.sutv.zaq.ne.jp/randokku/E2.htm

秦氏の渡来
彼等のもたらした文化は他に工芸として陶磁器(青磁、 景徳鎮)、家具、七宝、象嵌など がある。 結論からいうと徐福王族は秦氏である考えられる。秦国の秦とは大秦帝国( 古代ローマ)の 秦からとったものである。
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Stock/7920/NO-5.html
 徐福王朝の渡来
        紀元前二世紀に大陸から入ってきた徐福王朝のルーツは中国の秦の部族であった。

http://help.yahoo.co.jp/group/toraijinkenkyuu/

 
 
》記事一覧表示

新着順:2856/3524 《前のページ | 次のページ》
/3524