teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


(無題)

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2018年 2月17日(土)05時38分17秒
返信・引用
  中国の伝説上の先聖王である神農・黄帝・堯・舜をちなんで「華族」と称した
殷人のルーツはツングース系だった; 古代出雲の民はツングース系民族 https://ameblo.jp/shimonose9m/entry-12272405162.html
中国の歴史の最初の国家の夏の民族は何処から来たかよく分からなく、実在もはっきりしない伝説上の国で、それに相当すると期待される遺跡は出ているが、漢民族との繋がりは考古学的には証明されていない。

私たち現代人はこのうちの「新人」に属し、そのルーツは20万年前の北アフリカだとされています。そこから人類は中東を経て中央アジア(メソポタミア=シュメール)辺りに移動、さらに二手に分かれ、西は欧州、東は東方アジアへと分布したというのが有力説です。
日本人のルーツと超古代文明 https://ameblo.jp/japmasa778/entry-12206540946.html
古墳人」は、1)崇神天皇の時代にやってきた突蕨系の「土師(はじ)氏」、「西文氏」、2)応神天皇の時代にやってきたツングース系の「越氏」、古代ユダヤ10支族でスキタイ+アーリア系の「秦氏」からなります。
 
 

ケルト人 にとって、クマは、イノシシに対立するか、あるいは結びつく。

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2018年 2月17日(土)05時01分42秒
返信・引用
  ケルト人 にとって、クマは、イノシシに対立するか、あるいは結びつく。イノシシの〈陽〉 ... 〔中国〕 反対に、中国では、クマは、男性のシンボルであり、男の子の誕生を予告し、〈陽〉の表現である。
クマは、〈戦士階級〉のエンブレム、またはシンボルhttp://web.kyoto-inet.or.jp/people/tiakio/antiGM/bear.html
〔日本・アイヌ民族〕 世界のもう1つの果てである、日本のアイヌ民族では、クマが祖先である。アイヌ民族(日本の北部、北海道に住む古くからの人種グループ)は、クマが〈山の神〉であり、あらゆるものの中で、至上だと考える。12月にクマ祭りを行う(この祭りをアイヌは、「カムイ・イオマンテ」と呼ぶ)。そのとき、神は、地上にやって来て、人間に迎えられる。彼らにさまざまな贈り物をして、神は、自分の世界へ帰る。
〔中国・碑文〕 古代中国で、L・C・ホプキンスは、商代の碑文と周代初期の他の碑文に、「クマの仮面と皮を身につけたシャーマンの踊り手」を見つけたと信じている(ELIC、397により引用)。
〔ヨーロッパ・暗さ〕 ヨーロッパでは、クマの不思議な息吹は、ほら穴から出てくる。それは暗さと闇の表現である。錬金術では、物質の原初の状態である果さに対応する。禁忌と関連がある暗さと不可視が、「秘儀伝授者」としてのクマの役割を強める。
〔ギリシア・神話〕 ギリシア神話では、クマは、残酷な祭儀の月の女神アルテミスと一緒である。クマは、女神がしばしば現れるときの姿である。月の動物は、月の神話と結びついた論理体系の2つの面の1つを具現する。クマは、怪物か生贄、供犠者が犠牲者になりうる。この意味で、クマは、野ウサギと対立する。野ウサギは、この神話の中の怪物のように、残酷な供犠者の典型的な相を表す。

アルテミスhttp://web.kyoto-inet.or.jp/people/tiakio/antiGM/artemis.html
アルテミス神話は、さかのぼると、新石器時代の供犠のならわしにいたる。タウロス人の国(クリミア半島の地)においては、アルテミスに仕える巫女たちは、女大祭司イーピゲネイアIphigeneiaの下にあって、その海岸に上陸する男性をすべて生贄とし、その頭に釘を打ちつけて十字架にかけた[3]。ヒエラポリスでは、アルテミスに捧げられた生贄はアルテミス神殿に人工的にしつらえられた木に吊された。アッティカでは、アルテミスの怒りを静めるために、男性の首を刀で傷つけて血を取り、それを捧げる祭式が行われた。これは昔、首を切り落として捧げた名残りであった。人間を生贄に捧げることは、のちに、雄ウシを捧げることに代わり、そのためアルテミスの添え名はタウロポロスTauropolos(雄ウシ屠殺者)となった[4]。

大地を,万物を生み養う偉大な母神としてあがめる信仰は,世界中の農耕文化に共通して見いだされる。ギリシア神話では,ほかにも,名前そのものが文字どおり〈地母〉を意味した可能性が強いデメテルをはじめとして,ヘラ,アフロディテ,アルテミス など,有力な女神の多くに〈地母神〉の性格が認められる。
ギリシア神話で,大地の実り,とりわけ麦の豊穣をつかさどる女神。その名のうち,mētērは〈母〉の意。dēについては〈大地〉または〈麦〉とする説があるものの,確かではない。ローマ人からはケレスと同一視された。https://kotobank.jp/word/%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%86%E3%83%AB-576895

おとめ座は,正義の女神アストライア,穀物神デメテルの娘ペルセフォネ,あるいはデメテル
スピカは女神の手にした麦の穂の位置に輝いている。https://kotobank.jp/word/%E3%82%B9%E3%83%94%E3%82%AB-84639

中国では,スピカは「角宿. (かくしゅく ,アルクトウルスは. )」 「大角(だいかく 」 という星座にな. ) っていて,それぞれ青龍のツノに輝. く星なんだそうです。 http://www.palette.furukawa.miyagi.jp/space/planetarium/plane_dayori/2008/planedayori0805.pdf#search=%27%E9%BA%A6%E3%81%AE%E7%A9%82++%E6%98%9F%E5%BA%A7+%E3%82%B9%E3%83%94%E3%82%AB+%EF%BC%92%EF%BC%98%E5%AE%BF%27

角宿は、北斗七星が指し示すおとめ座のα星スピカから始まるとされる。

おおぐま座がよく見えるのは春の日没後で、北の空高くを見上げると、明るい7つの星である「北斗七星」がよく目立っています。 北斗七星はおおぐま座の熊のしっぽにあたります。北極星はこぐま座のしっぽの先です。 http://www.neptune.carina.gr.jp/kouza/seiza/ursa/ursa.htm

ケルトに限らず、エーゲ海地方ではキリスト教時代になっても「熊の聖母」の祭祀が行われ、ベルン市など、今でも「熊祭り」を祝う都市として有名である。
ケルト人とアイヌ人の共通性は「熊祭り」の儀式の中にも見てとることができる。https://ameblo.jp/ohdoh/entry-10165889271.html
数ある動物の中でも同じ「熊」を対象とした祭りは偶然とはいえず、1万~3万年前までさかのぼるとなると、日本のアイヌ人とケルト人はかっては一体ではなかったのかと感じざるを得ない。それが「原日本人と原ユダヤ人が一体で人類が始まった」という具体的な意味である。
同時にこのことは、日本人は縄文人(後期以降はアイヌ)と弥生人の、ユダヤ人はケルトを体験した魂とそうでない者との二重構造になっていることを示している。
⑤ケルト人は文字を残していないため、その民族的歴史はずいぶん浅いものとして扱われてきた。一方、アイヌ人も文字を持たないため、その民族的歴史はずいぶん浅いものとして扱われてきた。この点も相似的である。
そもそもケルト人のいたイギリスとアイヌ人のいた日本は、いずれも陸地を近づけてみれば、イギリスは環大西洋の中心、日本は環太平洋の中心に近い。これは先行する環大西洋時代にあってはイギリス、新たに始まりつつある環太平洋時代にあっては日本が、それぞれ中心的な役割を果たすことを指し示している。

最近のDNA分析の研究により、約5900年前の縄文人の人骨と現代アイヌ人がほぼ同じ遺伝子であることが確認された。つまり、アイヌ人が日本の先住民であるというだけでなく、1万3000年ほど前から続く日本の縄文人であったことが科学的に証明されたのである。本書において、アイヌ人は魂としてはさらに3万年前までさかのぼる民族であることが明らかとなったから、アイヌ人は、いわば旧石器時代から現代に生き残る、地球上最古の民族である。
このことはケルト人についても言えると考えてよいだろう。なぜならケルト人はアイヌ人と相似性・対極性を持つ。それゆえアイヌ人について言えることは、ケルト人についても同様と考えられ、彼らが旧石器時代から生き残る地上最古の民族と推定されるのである。(『聖書は日本神話の続編だった!』より)

子孫じゃなかったことが証明 ?
民族としてのケルト人の子孫の文化を「ケルト」と呼んでいいのでは →子孫じゃなかったことが証明されてしまった
ケルトの代名詞的な用語である「ドルイド」だが、本来の「大陸のケルト」でのドルイドは、ギリシャ哲学の系譜を汲む、医学や天文学などにも通じたインテリ集団のことだという。イメージ的には、東地中海世界でいうところのグノーシス派の神学者に近い。
その”本物”のドルイドが消滅してから何百年も経ってから、島の異教徒たちの中で異教の神官や巫女に対しても「ドルイド」という名称が使われるが、実際は似ても似つかない存在であり、しかも彼ら彼女ら自身がドルイドと自称した証拠すら見つからないと指摘されるに至り、今では「同じ名称を充てただけで実は別モノ」と考えられるようになってきている。つまり、大陸のドルイドが零落して知識を失った姿が島のドルイド、という説明が間違っていたのだ。
大陸のケルト=中国文化 島のケルト=日本文化http://55096962.at.webry.info/201705/article_23.html
日本の場合は文化が断絶することがなかったため、平安以前の文化が中国文化と似ているのは日本から使者を出して文化を輸入していたからだと"記憶"し続けることが出来た。また中国で唐が滅びたあとも、唐の文化様式をベースに、そこから独自の文化を生み出すことが出来たことを認識できた。しかし、もしどこかで記憶が途切れてしまっていたら、失われた記憶は取り戻されることなく、「島のケルト」と同じような勘違いが発生していたかもしれない。
現在のところ、歴史上ケルトと呼ばれた「大陸のケルト」のほうだけがケルトの名を冠するべきものであり、「島のケルト」は一部ケルト文化も受け継いでいるものの実際は土着文化をベースにして発展した、別の文化という扱いになりつつある。(なりつつある、というのは、証拠が積みあがるにつれて学者さんの意見が変わるからである。10年くらい前までは、「大陸と島の間に血縁関係は薄い」くらいまででお茶を濁す人が多かった。)

最近の論調として、もはや島のケルトと呼ばれていたものを歴史的なケルトと同一視すること、つなげて語ることは不適切という意見が優勢になっている。この部分については、最早覆せないレベルで根拠があると判断した。そのためサイト内の記載も修正することにした。
 

越は、禹うが建てた夏かの子孫で、夏帝 少康しょうこうの庶子 無余むよが会稽に封じられ、紀元とす

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2018年 2月16日(金)10時10分47秒
返信・引用
  越は、禹うが建てた夏かの子孫で、夏帝 少康しょうこうの庶子 無余むよが会稽に封じられ、建国したのがはじまりという。

春秋戦国時代といえば、前七七〇年の周朝東遷にはじまり、秦の始皇帝によって中原が統一される前二二一年までの五百五十年間をいう。

大方の識者は、越王勾践をもって春秋最期の覇者とみる。

「覇者は、中原列国同盟や諸侯会盟の盟主である」ケルト開始

①ヨーロッパケルト開始




②オガム石碑

③雲気紋軒丸瓦☆西安出土

http://9009.teacup.com/cojimagu/bbs

 

はりねずみ(蝟)平仮名「い」は「以」の草体 イ(彝) 族

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2018年 2月11日(日)15時54分27秒
返信・引用
  羲和、羲仲、羲叔、和仲に命じ、天文を観察して暦を作らせた。一年を366日とし、3年に1度閏月をおいた。
堯(尭、ぎょう)は中国神話に登場する君主。姓は伊祁(いき)、名は放勲(ほうくん)。陶、 次いで唐に封建されたので陶唐氏ともいう。儒家により神聖視され、聖人と崇められた。
堯は大洪水を憂え、臣下の四嶽に誰に治めさせるかを問うた。みなが鯀を推薦した。堯は「鯀は(帝の)命に背き、一族を損なっている」と反対したが、四嶽は試しに使い、だめなら止めればよいと言った。そこで鯀を用いたが、9年たっても成果がなかった。[
書物での堯の伝説として、羿(羿の字は羽の下に廾)を挙げる。その頃の太陽は全部で十個あり、交代で地上を照らしていたのだが、ある時に十個が一度に地上を照らすようになったために地上は灼熱地獄となった。堯は弓の名人である羿に何とかして来いと命令すると、羿は九個の太陽を打ち落として帰ってきて、救われた民衆は堯を褒め称え帝に迎えたという。
この時太陽の中には三本足の烏がいて(八咫烏)、黒点を謂わんとするものであるという
謂わんとする・・・言(いう)+胃?

告げる。
中にものがある
謂 イ・いう・いわれ  言部
「中にものがある」( 胃・謂)「同音代替」(蝟)、「イの音」(渭)音の変化イ:胃・謂・蝟・渭中にものがある謂イ・ いう・いわれ言部解字「言(いう)+胃(中にものがある)」の形声。
「胃イ」 <中にためる>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/52c87856c03254983cec626f4c7118d9
渭 イ  氵部
解字 「氵(水)+胃(イ)」の形声。イという名の川。
意味 中国の川の名。「渭水イスイ」(黄河の支流の一つ。渭河イガともいう。流域の盆地は渭河平原(関中)と呼ばれ、春秋戦国時代の秦(都は咸陽)の領地であり、その後、前漢・唐もここに都(長安:現在の西安)を定めた)
「同音代替」(蝟)、「イの音」・・・

蝟とは?動物名。 ① 五十音図ア行第二段の仮名。五十音図ヤ行第二段の仮名としても 重出。前舌の狭母音。 ② 平仮名「い」は「以」の草体。片仮名「イ」は「伊」の偏。 ③ 「 いろは歌」の第一文字。仮名がしら。
② 平仮名「い」は「以」の草体。片仮名「イ」は「伊」の偏。 ③ 「 いろは歌」の第一文字。仮名がしら。
「以」・・・

姓は姒(じ)
夏后氏禹は姒 姓. なり。 ... 名は、文命(ぶんめい)、大禹 、夏禹、戎禹ともいい、姓は姒(じ)、夏王朝 創始後、氏を夏后とした。 女登任姒ともいう。有蟜氏の娘。少典の妃となった。華陽で 遊んでいたところ、神龍に感応し て、神農(のちの炎帝)を産んだという。
ジ(姒). 勾践(こうせん、姒勾踐(じ・こうせん)、? - 紀元前465年)春秋時代後期の越の 王。
姒勾践(じ・こうせん)・・・越国・監国太子の後、越王 ... 家門を過ぐれども入らずかこう うじせいぶんめいこんせんぎょく夏后氏禹は姒姓. なり。 ... 名は、文命(ぶんめい)、大禹 、夏禹、戎禹ともいい、姓は姒(じ)、夏王朝創始後、氏を夏后とした。
女登任姒ともいう。有蟜氏の娘。少典の妃となった。華陽で遊んでいたところ、神龍に感応し て、神農(のちの炎帝)を産んだという。
児島祖は姒古代中国祖も姒氏http://d.hatena.ne.jp/muoon/20110920
有蟜氏の娘。また地祇の子ともいう。少典にとついだ。北斗枢星をめぐる巨大な虹の光(オーロラ?)を見て、妊娠すること二十五カ月、軒轅(黄帝)を寿丘で産んだ。任姒と同一人物ともいう。
姒姓(姒)是中國上古八大姓之一。祖先是夏朝
因此禹治水成功后
姒姓(姒是苡的同音字)于禹。 夏朝亡后,有些夏朝后裔改夏姓。姒姓的
禹の母親がオオバコの実(ヨク苡)を飲んで禹が生まれたので、禹はヨク苡<イ>の苡 の字から姒姓とした。母(女)+以(オオバコの実)で姒。春秋時代では杞が姒姓の国。( 三皇・五帝). 子叔<ししゅく
オオバコの実(ヨク苡)

日本の呪術的な身体技法である反閇(へんばい). 夏后氏禹は姒姓なり。 元・もと>は「 姒」と<同・おな>じ。 「女」と「以、台」を<合・あ>わせた<形・かたち>。
http://d.hatena.ne.jp/muoon/20110723姒勾践(じ・こうせん)・・・越国・監国太子の後、越王
姫(jī)姓と姒(sì)姓とは同姓をなし、姒は嬴の一声の転である。
黄帝の母系の姓が姫姓=嬴姓=黽姓=蛙黽 姓は姫姓とも姒氏とも言われ、また帝鴻氏とも呼ばれる。
母は任姒といい、有蟜氏の娘で、少典(諸侯)の妃に登り、華陽で遊覧しているとき、神龍の首と出会い、感精して炎帝を生む。

蟜. キョウ. 構成:虫 + 喬https://www.benricho.org/kanji/kanji_mushi.html

軒轅の母は有蟜氏の附宝といいます。
有蟜氏は代々少典氏と婚姻関係を結んできました。また、炎帝(神農氏)の母の実家も有蟜氏でした。黄帝と神農氏は親戚関係にあたります。
神農氏時代の末期、少典氏が附宝を娶りました。附宝は大きな雷光が北斗枢星(北斗七星の一つ)を巡り郊野を照らすのを見て、それに感応して軒轅を妊娠しました。二十五カ月(または二十四カ月)後に寿邱(寿丘)で出産したといわれています。
『帝王世紀』では、「黄帝は姫水のほとりで成長したため、姫姓を名乗った」としていますが、『史記・五帝本紀』は「黄帝の姓は公孫」としています。『史記・索隠』は、「本来、公孫姓だったが、姫水のほとりで成長したため、姫姓に改姓した」と解説しています。

イ族(イぞく、彝族, ピン音: Yizu )は中国の少数民族の一つですが。・・・

イ(彝) 族
雲南省の楚雄イ族自治州や紅河ハニ族イ族自治州、四川省の涼山イ族自治州を中心に、貴州省や湖南省、広西チワン族自治区の山岳丘陵地などに広く分布し、一部はミャンマー、ベトナム北部、タイ北部などのインドシナ半島北部に至っている。http://www.gesanmedo.or.jp/uli224.html
中華人民共和国成立後に、はじめて1つの民族集団として統一された。すなわち、かつては羅羅、夷人、夷家と呼ばれ、蔑称の夷が通称であったのを彝に改めて民族名称と定めた。わが国においても「夷」を「エビス」とあずまえびす呼び、たとえば東夷といえば、東国に居住する武士のことで、京に住んでいた人々が、その無骨さをあざけって名づけた名称となっている。言語は多様で、六方言に大別されるが、互いにほとんど通じない。約1000年前に創作されたという音節文さん字曇文が、ヒモ(宗教職能者)によって伝えられている。ヒモは太鼓を叩いて精霊を呼び、その精霊と人間との仲介役を果たした。なおイ文は象形文字を母体とするが、大部分は同音仮借によってイ語の音節を示す音節文字である。叙事詩『阿詩瑪』や格言および祭祀などが、この文字によって記された。イ族の祖先は、黄河上流地域をその発祥の地とし、その後しだいに南下し、長江上流域の金沙江・岷江の両河川流域に到達、定着したとされる。漢王朝時代には西南夷、三国時代には南蛮と総称された集団の主力部分を形成していたが、漢王朝時代から唐王朝時代にかけて奴隷制社会に入り、その勢力は強大となった。すなわち、唐王朝時代になると、雲南省東部には烏蕃と呼ばれる集団が、雲南省西部には白蕃と称される集団が形成されていった。烏蕃は、四川省西部から雲南省の山岳地帯に南進した騎馬牧畜民族で、現在の黒イやナシ族の祖先に該当すると考えられているチベット系の集団の総称である。一方、白蕃は、祖先がタイ系の水稲耕作民であったと推定され、早くから雲南省のいくつかの盆地に定住した。このいくつかの集団は、唐王朝時代には大理盆地に最も多く定着したとされ、現在の白イがその末裔とされる。
 その後、烏蕃の一部が征服王朝として、雲南の地に建なんしょう国したのが南詔王国である。南詔王国が滅亡したあと、分立状態がしばらくつづいたが、そのなかでも黒イの奴隷主階層は、自らの社会を維持するため、周辺の農耕諸民族などに対して、奴隷略奪の抗争や戦争を積極的に行った。そのため、奴隷階層のなかには、白イのほかに、たとえば、タイ系の民族やミャオ族、漢族なども含まれることになった。
 また黒イの男性は、自らのアイデンティティを保持するため、伝統的には、わが国のチョンマゲのような髭(天菩薩と呼ぶ)を結い、その上に黒いターバンを巻くことを常とした。そのため、髭を包んだ部分がふくれて、まるでアンテナのように角状に突き出ている。さらに、男性は黒いチャルワと称しているマントをはおり、正装時には長剣を腰につるした。この集団が黒イと称されているのはこの色によるとされる。また既婚女性も同様に、黒色のターバンを頭に巻いている。なお、黒イ集団は白イなどのイ族の他の集団と通婚しなかった。


蛀・・・主・・・
中国語の蛀とは。意味や日本語訳。[動]虫が食う??蛀坏了本が虫に食われてしまった .牙?蛀了虫歯になった.?木・服・本・穀物などを食う小虫.蛀?
規食虫の用語解説 - 1 甲虫目キクイムシ科および近縁の科に属する 昆虫の総称。体長0.8~11ミリ。体は楕円形または円筒形で、木に穴を掘って生活する。 https://kotobank.jp/word/%E6%9C%A8%E9%A3%9F%E8%99%AB%E3%83%BB%E6%9C%A8%E8%A0%A7%E8%99%AB-239891

キクイムシ・・・甲虫・・・鎧蟲・・・甲羅+蛇・・・玄武?

鱗(うろこ、ギリシア語: λεπις (lepis)、ラテン語: squama)は、動物の体表を覆う硬質の 小片状の組織である。 主な役目として、動物の体を外部環境の変化から守り、攻撃から 防御する。防御のため一枚板の装甲板で体表を覆った場合、その動物の体の可動性は 著しく損なわれるが、これを小片に分割し、小装甲板の間に可動性を持たせれば、 かなりの防御性を維持したまま身体の可動性を得ることができる。 さまざまな分類群の 動物が鱗を発達させたが、その起源、構造、組成などは異なる。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B1%97
絶滅した古生代の両生類の一部には、魚類と同じ皮骨性の鱗があった。エリオプスの鱗は退化した小さな骨片状で、皮膚を完全には覆っていなかったが、トリメロラキスの鱗は互いに重なり合い、魚と同じような構造だった。
現生の両生類では、アシナシイモリの体の皺の間に痕跡的な鱗がある
鱗紋(うろこもん)は、正三角形または二等辺三角形の、単数または複数の構成による家紋である。日本では古墳の壁画などの文様として見られるが、形状から、魚や蛇、龍の鱗が連想されて「鱗紋」といわれている。緒方氏、北条氏の鱗紋は、蛇に関する伝承から用いられたものとされる[1]。
正三角形一つを描いた「一つ鱗」が基本形である。それを3つ山形に積み上げたものを「三つ鱗」といい、それに丸をつけたものが多用される。三つ鱗は桓武平氏の定紋・揚羽蝶に準じる替紋で緒方氏、北条氏などが用い、後北条氏が用いた高さを低く変形させた三つ鱗は「北条鱗」と呼ばれる。ほかに、「対い鱗」「六つ鱗」「五つ鱗車」などがある。

鱗蟲
五行思想には、蒼龍、朱雀、白虎、玄武の四聖獣だけでなく、その他の生物も、四聖獣をその一族の筆頭としてその特徴ごとに分類されていました。
 蒼龍を筆頭とする鱗蟲とよばれる動物は、鱗を持つ動物で各種魚、蛇などがこれに属します。朱雀を筆頭とする羽蟲は、羽を持つ動物で、各種鳥類・蝙蝠などがこれにふくまれます。玄武を筆頭とする甲蟲は、甲羅を持つ動物で、エビなどの甲殻類、カタツムリなどが属します。そして、白虎を筆頭とする毛蟲は、毛をもつ動物で犬や猫など哺乳類の多くと、毛虫が含まれます。

 ところが、毛蟲にはヒトは含まれないのです。それは、ヒトが、玄武・朱雀・白虎・蒼龍に囲まれた「都」という中心に住む裸蟲の長であるからです。
 裸蟲とはその名のごとく、裸の動物であり、毛も羽も鱗も甲羅もない動物のことです。その長が体毛の退化した人間なのです。そして、それにふくまれるのは、、、、ナメクジ、ヒトデ、ミミズ、、、、、。

はたす(果たす)。とげる。「結果ケッカ」
果 カ・はたす・はてる・はて  木部 http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/16015b5570ef6a8a3a9ac4e1d17e4986
解字 甲骨文字は木の上にまるい果実がなったさま、金文はまるい果実をひとつにし、篆文は果実が田の字になった。果物の意味を表わす。また、花が咲き終わって実が成長し、その結果として果実が収穫されるので、はたす・なしとげる意になる。
意味 (1)くだもの(果物)。木の実。「果実カジツ」 (2)できばえ。しあがり。「成果セイカ」「効果コウカ」 (3)はたす(果たす)。とげる。「結果ケッカ」 (4)思い切りがよい。「果断カダン」「果敢カカン」(思い切りよく大胆に行う) (5)はたして。 (6)[国]はてる(果てる)。終わる。
篆文は果実が田の字になった。

「田デン」 <区画された耕地>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/08d0b0a4e21ba705e8faea33658d6fb5

『丰(ホウ)』fēngは、草 の穂が△型に茂る様子を表す象形文字です。漢字の部首は『亅・たてぼう』、漢字の 意味は『穂の先の三角に稔る』、『豊かに茂る』、『三角』、『三角にとがる』です。http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/post-5044.html
△△△

ジグザグ VVVVVVV
蛇行する・・・

「丰刀ケイ」 <きざむ・割符> と 「契ケイ」http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/4bb60e65842f964f26fd60ac665be0f3
きざむ
齧 ゲツ・かじる・かむ  歯部
解字 「歯(は)+丰刀(きざむ)」の会意形声。歯でものをきざむこと。
意味 かむ(齧む)。かじる(齧る)。「齧歯類ゲッシルイ」(犬歯を持たず前歯の発達した哺乳動物。ネズミ・ウサギ・リスなど)
▽▼▽▽
△△▲△
虫歯
《禹》[ウ]は虫の一種を 意味するため、虫歯のイメージに合ってる会意形声文字となっています。 https://matome.naver.jp/odai/2131214811632309101/2132904952268324103

「日蝕ニッショク」(=日食)「月蝕ゲッショク」(=月食)
蝕 ショク・むしばむ  食部http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/8b7220399fdb9baf8d46fd43bac6ca2d
解字 「虫(むし)+食(たべる)」の会意形声。虫が食べて物をだめにする。虫が食うように体や心がおかされること。蝕の左辺は旧字の食へん。
意味 (1)むしばむ(蝕む)。そこなう。おかす。「侵蝕シンショク」(=侵食) (2)太陽や月が欠ける。「日蝕ニッショク」(=日食)「月蝕ゲッショク」(=月食) ※熟語では「食」に置き換えるものが多い。

胃イ
つぼの中に描かれているのは胃イである。胃は「田(胃袋のなかの食べた物)+月(からだ)」からなる字で、胃袋を表す字[音符「胃イ」を参照]。したがって金文の盧は、食べ物をいれたつぼと考えられる。では虎は何を表しているのだろうか。盧が姓のマークであることから、虎は盧姓(盧の一族)を守護する動物、すなわちトーテム(崇拝対象)であると思われる。
 金文の字形は上から、「虎の略+胃の田の部分+月(胃の月の部分)+皿(つぼ)」となり、シンボルマークと同じ内容を表している。篆文は、胃袋の部分がザルのような形になり、現代字で田に変化し、「虍+田+皿」の盧となった。意味は、姓に用いられる他、食べ物をいれるつぼから「めしびつ」となる。盧を音符に含む字は、「つぼ型のうつわ」「まるい」イメージを持つ。
意味 (1)姓のひとつ。「盧生ロセイの夢」(盧生という青年が立身出世して富貴を極めたが夢だったという故事。はかないことのたとえ)(2)つぼ。めしびつ。「壺盧コロ」(まるいつぼ)(3)すびつ(=炉)。火入れ。(4)くろい。くろいもの。(5)梵語の音訳。「盧遮那仏ルシャナブツ」(大日如来のこと)
盧(ろ)姓のシンボルマークhttp://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/39b6c30aca962377b6747f660aff5b34

盧(=轤。回転運動をする器械)」 http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/39b6c30aca962377b6747f660aff5b34
虜 リョ・とりこ  虍部
解字 「力(ちから)+盧の略体(リョ)」 の形声。リョは呂リョ(つらなる)に通じ、力ずくで捕らえて数珠つなぎにした捕虜(とりこ)をいう。部首は解字から言うと「力」であるが、字を虍と男に分け「虍」を部首としている。
意味 (1)とりこ(虜)。いけどる。「捕虜ホリョ」「俘虜フリョ」「虜囚リョシュウ」 (2)しもべ。めしつかい。どれい。③えびす。蛮族。「胡虜コリョ」(北方のえびす。転じて、異民族)
覚え方 とら(虍)につかまったおとこ(男)は、虜(とりこ)

盧氏
ソグド地方の盧氏 (1)大月氏のいた場所は史記や漢書では、「大月氏国の都は?水( アム川)の北に在り、その川の南にある大夏を役属させていた」という。また、その周辺国 として北に康居、東に大宛、南に大夏、西に安息(パルティア)があったと記す。 (2)また 、大月氏の都は、『漢書』『後漢書』では藍氏城。『魏書』では盧監氏城から薄羅城となっ ている。 監と言う字原義は、人が水の入ったタライを覗き込むさまから、「鏡に映して見る 」の意を表す。そこから、見る、監督の監の義が派生します。
倭女王卑弥呼 発見なる!http://blog.livedoor.jp/nanamihantaro/archives/4901794.html
監と言う字
原義は、人が水の入ったタライを覗き込むさまから、「鏡に映して見る」の意を表す。そこから、見る、監督の監の義が派生します。
すると、(2)の意味するところは、次の事でしょう。
A漢書、後漢書では、盧を省略している。
B魏書では、盧監氏という氏名、その城名「薄い羅の城」を記す。
これらは、同じ場所を表記代えしているだけではないか。
やはり、盧氏が居た証拠は、確実です。
タライが出て来たので、犬戎国と関係します。
槃は、木部、ハン、バン。船の形のたらい。鉢。船に関係する。
盤は、皿部、ハン、バン。手・顔を洗うたらい。鉢。犬の飯皿?
では、鏡に映すとは、何でしょうか。

末盧国の場所は何処に? 対馬から壱岐、そして福岡県宗像市から佐賀県唐津市の東 松浦半島周辺まで広がる玄界灘と呼ばれる海域には、古代より大陸と日本列島を結ぶ 重要な航路が複数存在しました。その玄界灘に浮かぶ島々の中でも、九州への航路 沿いにある最後の大きな島、壱岐の存在は極めて重要でした。そこでは古くから亀卜が 執り行われ、「鬼の岩屋」と呼ばれる巨石で構築された石室を伴う多くの古墳や遺跡が 存在することから、大陸文化と密接な繋がりがあっただけでなく、古墳時代には大和 朝廷から ...
日本とユダヤのハーモニーhttp://www.historyjp.com/article.asp?kiji=150

盧氏Lu shi. ロシ. 県. 盧氏県の熊耳山には漆の木が多い。この山から水が出て川に なっているが、その川の中からは美しい玉が多く出る。また人魚(?)も多い。http://www.project-imagine.org/mujins/sanguo/geodic-1.html

上半身は女性で 下半身が
ノートルダムのアダムとイヴ 上半身は女性で 下半身が蛇・・・ 「伏羲と女媧」を想起させますが、人魚の方が表現的には近いかもしれ ません。 人魚といえば・・・原型といわれるギリシャ神話に登場する二つの尾を持つ人魚「 セイレーン」ですね。 http://toshi154.blog.fc2.com/blog-entry-49.html?sp
半身半魚の「セイレーン」も中世以前は半身半鳥だったそうです・・・
キリスト教でこの蛇は人心を惑わせるサタン(魔女)と言われるそうですが、グノーシス主義では智慧を与える精霊と言われています。


下が古字の「れい」ですが、とても意味深に感じませんか?
「雨」は「天」と取れそうですし、その下の「口」が三つは「絶対三神」や「造化三神」、
そして一番下が巫女の「巫」(かんなぎ)です。巫は女性を媒体として霊を宿り、人間が生まれる様を現していて巫女は「巫(精霊)」が関ったアダムとイヴの「イヴ」を具現したもの巫女やシャーマン信仰はもしかすると、後のアダムやイヴに関った女系精霊(巫=大地母神)の恩に報いて始まった信仰なのかもしれませんね。

晋代、廬山は道教の聖地であり、仏教の道どう場であった。しかし、司馬遷の時代に、すでに廬山の名が存在したことも留意すべきであろう。
考えても、廬山の名は、特別である。司馬遷の時代に、すでに廬山には、仙人や道士が参集していたとしか考えられない。それが廬山の名の由来なのではないか。
廬山の歴史
周(紀元前1046年頃~紀元前256年)代に、既に廬山には修道者が存在し、廬(いおり)を結んでいた。そのことから、廬山の名が付いたと言う。
至今、廬山漢陽上不漢有禹王治水時登臨的「禹王崖」還有「漢王台」。

歴史的大発見か?謎の巨石に“中華民族の3大至宝”禹王碑の公算大!―湖南省衡山県
中国メディアは、湖南省衡山県福田鋪郷雲峰村の農民宅で発見された重さ10tの巨石が「禹王碑」である可能性が高いとの考古学者の鑑定結果を伝えた。 http://d.hatena.ne.jp/nagaichi/20070724/p1
禹王碑は、衡山岣嶁峰で最も早く発見されたため、また岣嶁碑とも称し、岳麓山頂の禹碑峰の東に位置し、石の崖壁に刻まれ、幅は140センチメートル、高さ184センチメートル、碑文は9行で、行ごとに9字、およそ77字、寸足らずの楷書で「右帝禹制」と。字体は古くさくて弁別し難く、蝌蚪文であるといい、鳥篆であるという。宋の嘉定年間に模写されてここに刻まれた。1935年に石亭を建ててこれを保護し、亭のそばには清の欧陽正煥の書「大観」が石に刻まれ、湖南省重点文物保護単位となっている。
碑文は9行で、行ごとに9字、およそ77字、寸足らずの楷書で「右帝禹制」と。

九州 を開き、九道を通じ、九沢を陂(堤防)し、九山を度(はか)る」功績を挙げたとあります。
禹は帝位に就いて十年、東方へ巡狩している最中に会稽の地で崩御します。
 禹は天下を益に譲ろうとしますが、三年の服喪後、益は禹の子である啓に帝位を譲り、箕山の北に移り住みます。https://ameblo.jp/ktka1972/entry-12255658688.html
崩御の地である会稽、すなわち浙江省紹興市の東南に位置する会稽山には大禹陵があり、さらに禹祠と禹廟も備えています。同じく紹興市にある禹陵村は守陵村とも呼ばれ、禹の子孫とされる姒姓の人たちが代々住んでおり、「天下第一村」と称しています。
 禹廟は、現在ではほとんど見かけなくなるほど少ないのですが、これは文化大革命や日中戦争などで破壊の限りを尽くされてしまったためで、かつては各地で敬われ、祀られていました。不思議なことに、海を隔てた日本において、禹廟こそ京都にひとつあるだけですが、禹を称える碑は全国の河川沿いに多く見受けられます。
 禹が尊崇されたのは、中国が黎明期から現代に至るまで治水に悩まされてきたからでしょう。
 『尚書』の『夏書』「禹貢」は、禹が定めた九州のついての地理や産物などを記したものです。中国の別名のひとつである「禹域」は、禹が九州の境目を正した地域という意味です。
禹という漢字は、へびと九、九はすなわち糾であり、曲がりくねった蛇、それは水を制する龍を表すともされています。

「 アッラーの使徒(彼にアッラーからの平安と祝福あれ)は牙を持つ全ての動物と、鉤爪を 持つ全ての鳥類(の食用)を禁じました。」(ムスリムの伝承[6]). イスラーム法概論(Microsoft Word) - htmlで見る

?? 日?翻? (=蛀?)虫歯.齲歯[うし].俗に“虫牙”“虫吃牙”という. http://m.cidianwang.com/hanri/z/zhuchi71174.htm
?むしば

禹(伝説上の帝王)が蜀で治水を行う時、ここで祭祀台を設置し、天を祭ったことがあるため、「天台山」と名づけられたそうだ。 http://8628.teacup.com/toraijin/bbs/1980
ヤウェだけを拝むように見せかけて、「青銅の蛇」を拝まざるを得ない仕組みを構築。・・・

盧氏県の概要 中華人民共和国 河南省 盧氏県双竜湾風景区を流れる洛河

蛇・・・陀?「它タ」 <頭の大きいヘビ>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/4d81ab6365a15c8fa3da51426bdc74c2

「主は御自分の言葉が『響き渡』る(訳. 注 ――「響き渡る」という語は英文では "hiss forth"である)と言. われましたが,それはどの ような意味でしょうか。」https://www.ldschurch.jp/acp/bc/cp/Japan/gospel-library/manuals/seminary/morumon.pdf#search=%27hiss++%E3%83%98%E3%83%96%E3%83%AB%E8%AA%9E%27

hissの意味や使い方 【動詞】 【自動詞】1〈蒸気・ヘビ・ガチョウなどが〉シューッという音を 立てる.2(不満・非難を表わして) 〔…に〕シッと言う https://ejje.weblio.jp/content/hiss
シューッ

主神(しゅしん)とは. 社(祠)に祭られた複数の神のうち主なる神。主祭神。この意味の 主神については「祭神」を参照。 上記1.から転じて多神教もしくは一部の一神教(単 一神教、拝一神教)における神々の中でも最高の神。最高神。 本項では2.の意味 について述べる。 主神の権威の由来[編集]. 主神の権威の由来には次のようなものが ある。 自身が世界万物の創造主である。 過去存在した主神あるいは敵対者との争い による主神の地位の獲得。
主神の権威の由来には次のようなものがある。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%BB%E7%A5%9E
自身が世界万物の創造主である。
過去存在した主神あるいは敵対者との争いによる主神の地位の獲得。
上記のように戦いや争いによらなくても他の神々(あるいはその宗教の信者)が権威を認めたとき。


牛冠をかぶった「夷の民族」の頭領、素戔男尊は日本を統一した末に歴史の舞台から抹殺され、皇祖の地位を奪われた。
1、1)熊野は「こもる」の意、木々が生い茂っている様。 熊の古語は「神」を意味し、神聖な土地を「くまくまし」と古代の人は呼んでいたという。奥深く、神秘な処。神の里という意味になるのでしょうか。
2)平城京や平安京に住んだ昔の人々には、紀伊山脈によって都との関係が絶たれた辺境の地に思えた。そこで、この地域を「クマノ」と呼んだ。熊野のクマの語源は、辺境を意味する「隅(くま)」であるとされている。
3)「クマ」は「カミ」と同じ語で、クマノは「神の野」に通じる地名であるとする説もある。
4)熊野の語源についてアイヌ語の Kamuy Nup 神の野 とする説もあるそうですね
2、「熊野」は朝鮮半島由来の言葉であるという説もありますが、意味としては「奥まった聖地」ということで同じです。

アイヌ人は、自らを「アイノ」と呼ぶ事を思い出します。
そう考えると、夷族の神は「熊野大神」は、クマノではなく、イノ大神・イヤ大神と呼ぶべきでは無いのだろうかと言うことです。
仏教の接頭語として「阿」を冠すれば「アイノ」であり「アイヤ」に成るのではないでしょうか。
伊勢・出雲・伊豆・夷隅・磐井・祝い・祷り・稲荷・怒り・稲妻・泉・伊村
「イ」から紡ぎ出される多くの地名・人命・用語、すべてはイスラエルいやイシュタルの民から流れ出たものではないのかと思うばかりです。

熊は「ゆ」とも発音します。
熊野=ゆや=湯屋って。
湯は温泉・風呂だけではなく、溶けた鉄も湯といいます。
ゆや=鋳物屋・鍛冶屋っていう説もあります。
熊野神社は、ゆや神社?
製鉄の神さま?・・・


八重事代主(やえことしろぬし)神
鉄も伸(の)
「申」の解字を見れば「両方の手で引っぱって真っ直ぐに伸す 形をいうそうである「伸す」といえば、熱く熱した鉄も伸(の)さなければ製品にはならない 。http://www.weekly-ueda.co.jp/tethu/back/main25.html
諏訪湖のほとりで気を休めようとしていたら、そこに昔からいる地神の洩矢(もりや)神が、鉄輪を見せびらかして攻めてきた。あわてた建御名方神は生えていた藤づるを縄にして果敢に戦い、とうとう建御名方神が勝った。が建御名方神は心が優しかったのかしらん。
負けた洩矢神と仕事を分けあいながら仲良く暮し諏訪を盛り上げていったそうな。
建御名方神は「力くらべ」をして負けはしたが「武神」であるとか「軍神」であるとかの印象が強いが、本来は製鉄神である。
製鉄神

鍛冶屋
ネストリアンたちは宣教とともに金銀器、 ガラス、薬品を持ち込み、大工、鍛冶屋、機械工、織物工などの手工業者として、文化面 でも唐朝に大いに寄与した。逆に中国の絹、紙、茶を西域に運んだとされる。http://www.academia.edu/14836398/%E5%94%90%E4%BB%A3%E9%95%B7%E5%AE%89%E3%81%AB%E3%81%BF%E3%82%8B%E6%99%AF%E6%95%99%E3%81%AE%E8%88%88%E4%BA%A1-1_130329

ネストリアン・モニュメントとは、景教徒たちがシルクロードを辿って東へと逃れる途中の各所に残した数々の痕跡、最終的に到達した唐の国に建てられたキリスト教寺院である「大秦寺」や「大秦景教流行中国碑」などを意味しているそうです。http://d.hatena.ne.jp/beer_barrel/20081229/p1
チンギス・ハーン率いるモンゴル帝国によって勢力下に組み込まれた遊牧国家のいくつかはネストリウス派のキリスト教国家だったそうですし、中国からヨーロッパまでユーラシア大陸に一大勢力を築いたモンゴル帝国の指導者層の中にもネストリウス派キリスト教徒が存在したそうです。

ネストリウスの説を支持するキリスト教の一派。シリア、ペルシアからアジア各地に布教。インドに伝えられて聖トマス派となり、630年代に中国に伝えられて景教とよばれた。
ネストリウスはhttps://kotobank.jp/word/%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%82%B9%E6%B4%BE-111268

>「イ」から紡ぎ出される多くの地名・人命・用語、すべてはイスラエルいやイシュタルの民から流れ出たものではないのかと思うばかりです。

ヤー(神)・ヤエーいい( 山)
キリストの神=龍神http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/209

八重山諸島。豊かな自然の中には 、グスクや火番盛などその文化歴史を感じさせてくれる史跡が豊富に残っています。
八重(やえ)
キリスト教で云う原罪の神である須佐之男 命の暴挙を実際に行う者が神エホバ(ヤーエ)である。それは「出雲八重(やえ)垣」の神 であり、八重(やえ)言代主神である。http://www.futomani.jp/kototama_ver.1/no3civl/3rd_j/14_j.htm

寛弘7年(1010年)1月、井伊谷八幡の神主が社頭に参ったとき、井戸から生まれ たばかりの赤子を発見した。その容貌は美麗でしっかりとした眼差しであったので、神主 は赤子を抱いて寺にもどり、養育することにした。 この赤子が井伊氏の祖といわれる " 井伊共保"である。
井伊氏のルーツと家系図 -直虎前史-http://sengoku-his.com/other/detail/636
井伊谷周辺における古墳の存在
ところで井伊谷周辺には多くの遺跡群がある。西遠江最古の古墳といわれる北岡大塚古墳、馬場平一号墳、同三号墳、谷津古墳などがそうだ。
遺跡群の状況からは古代から農耕地が開けて集落が発達していたことがわかり、古墳時代前~中期に井伊谷周辺を支配したであろう首長墓がいくつも見つかっているという。
・・・なにが言いたいのかというと、実は井伊氏はこのような古代豪族らの後裔ではないかとの推測がされており、また、こうした古代の井伊氏の力は井伊谷、都田川流域、浜名湖周辺にまでおよんでいたとみられているようである。
藤原共資は京から移住してきた遠江国の国司であり、村櫛に居館があった。藤原鎌足の十二代後の子孫と伝わる人物である

神撰所に走り入り、ターラゴ 餅を描き、これをネ''1鱗とする。
http://reposit.lib.kumamoto-u.ac.jp/bitstream/2298/14732/1/SB0008_243-253.pdf#search=%27%E7%A5%9E%E6%92%B0%E6%B0%91++%E9%8E%8C%E8%B6%B3%27


胞衣( えな)塚> 「牛若丸誕生井」の右隣の松の木(?)の根元に石碑があり、そこに「胞衣塚」 と書かれているようである。 マーク8 なんで天照大神の「臍の緒」を切るのに「田」に使う「 鎌」? 天照大神は「持統天皇」で、「鎌」は「鎌足」のことだよ。
、「藤原」の祖は、「中臣鎌足」だから。http://blog.livedoor.jp/nakinishimoarazu2012/tag/%E4%B8%AD%E8%87%A3%E9%8E%8C%E8%B6%B3
豊鍬入媛(とよすきいりひめ)
別名、
豊鉏入日売命(とよすきいりひめのみこと)
豊鋤入姫命
豊鉏入日売命
地鎮祭の時に「鍬入れの儀(くわいれのぎ)」ってあるけど、
「豊鍬入」から連想できるかな?
ところが、「鍬」は【くわ】で、「鋤」が【すき】。
だけど、このどちらも使って、【とよすき】になってる。
ようするに、「鍬」と「鋤」は、「矛」と「戈」みたいに、
どちらでもいいんじゃないの。彼等にとっては。
・元伊勢籠神社の主祭神は、彦火明命 (ひこほあかりのみこと)。
別名、天火明命、天照御魂神、天照国照彦火明命、饒速日命。
どうもこの神さんが、本物の男神の天照大神さんだと思うよ。
・祭神は、伊弉諾尊(いざなぎ)も入ってるようだけど、
「いざなぎ・いざなみ」の「いざ」は、「いざ行かん」の「いざ」だとか、
旧約聖書の「イザヤ」の事だとか...
籠神社→籠目(カゴメ)紋の六芒星。
真名井神社→マナ。
与佐宮→イサク。
息津鏡・辺津鏡→十種神宝→件のイサク・モリヤの神宝。
籠神社神紋三つ巴紋→父と子と精霊。
五十鈴川→イエス(Jesus)。
お伊勢・元伊勢→モーセ(Moise)・(Moyses)。

天照大神の「臍の緒」を切るのに「田」に使う「鎌」?

「田」測量に使う「鎌」刈る?

かり(獵)=畋。 説文解字 ↑. 中なり、人に従ひ、田を聲とす、 春秋傳に曰く、中佃(ちゅうでん)に乘る、と。 一に轅車(えんしゃ)なり。
紫野雲
刈りり・・・畋 狩 刈 刈・・・甸 ... 豆(たかつき) 始める 台鼎 →堯→完(器鼎?の破るる なり)?http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/4316 り・・・畋 狩 刈刈・・・甸 刈刈・狩狩り (刈り)・・・ 測量 計り・秤 禾(目印)+平( 等しい) 禾( 目印) 「棱」 =「木」+「 ...
平安京造営の際に此処が東西の起点となった・・・http://8906.teacup.com/toraijin/bbs?page=8&&TEACUPRBBS=ba789f0c7255b6840bf2fed62df7038b

高千穂と元伊勢は同緯度
罒(め)网(あみ)捕えること・・・狩・・・刈・・・甸・・・畋・・・測量? 羅 ラ・あみ 罒部 解字 甲骨文は「网(あみ)+隹(とり)」の形で、細い糸でできた目の 細かいカスミ網で、隹(とり )を捕えること。篆文は、これに糸をつけて鳥あみが細い糸で できていることを表した。 現代字は、网(あみ)⇒ 罒に変化した羅ラとなっ ... 「羅ラ」<鳥あみ>
666 百済人2千余人を 東国に移す「出世明神」 伊甸园 エデンhttp://8906.teacup.com/toraijin/bbs/4143
袖ヶ浦→ひたち(常陸) 袖・・・直道(ひたみち) 巡狩(測量)http://8220.teacup.com/toraijin/bbs/2445
巡狩
狩猟
狩猟、分至啓閉は春分・秋分・夏至・冬至と立春立夏・ 立秋立冬、時令は年間行事、中氣は二十四節気、民事は農耕・徭役などの生活行事。http://home.t02.itscom.net/izn/ea/kd3/03b.html
景初元年(237)春正月壬辰、(青州の)山?県が黄龍の出見を上言した。このとき有司が上奏し、魏は(三才のうち)地統を得ているから、建丑月(従来の12月)を正月にするようにと。三月、暦を定め年号を改め、(この月を)孟夏四月とした[21]。服の色は黄を尚(たっと)び、犧牲には白獣を用い、軍事には黒首の白馬に乗り、大きく赤い旂を建て、朝会には大きく白い旗を建てた[22]。太和暦を改めて景初暦と曰い、その春夏秋冬や孟仲季の月は正歳(夏正)と同じでなかったとはいえ、郊祀・迎気・礿祠蒸嘗・巡狩・蒐田・分至と啓閉・時令の班宣・中気の早晩・民事を授ける事[※]は皆な正歳(夏正)の建てた暦数の序列とした。


「戸隠神社」の神紋は、「鎌まんじ」。
  「まんじ」は「十字」。 多分、「田」の字の「十字」だな。
  オイラ言ったよ。 「岩戸開き」に関わった神は皆「田」の漢字が入る神ばかりだって。、
  祭神の「田力男命」とか「思兼命」なんて、「鎌足」のことだよ。
  お守りの「カエル」なんて、「鎌足」の祖の「金蛙王」だろ。

金蛙王(きんあおう、???、クムワワン)は高句麗建国神話に現れる伝説上の人物で あり、扶余王解夫婁(かいふる、ヘプル)の子、東明聖王(朱蒙)の父。朱蒙の誕生 については東明聖王を参照のこと。https://search.yahoo.co.jp/search?fr=slv1-snvaio&p=%E9%87%91%E8%9B%99%E7%8E%8B&ei=UTF-8

中国では蛙のは月に住むもので、蛙が月を食べるから月は満ち欠けするのだと考えられ ていました。また中国の遺跡からは金で出来た蛙の遺物が出て来るので、「金」「蛙」は かなり縁起のいい物という感覚があったようです。高句麗は中国と接していますし、強い 文化の影響を受けたのは当然でしょう。 儒教の影響 さて金蛙王は扶余の王が拾った子 とされます。 次に金蛙王は奇妙な経緯で朱蒙を拾います。 つまり三代の王は全て、血族 ではないということです。 これは儒教の影響です。
金蛙の出生(三国史記・高句麗本紀)http://nihonsinwa.com/page/885.html

ふよ 【夫余・扶余】. 古代のツングース系民族の一。https://www.weblio.jp/content/%E5%A4%AB%E4%BD%99
夫余(ふよ、拼音: Fúyú、旧字体:夫餘)は、現在の中国東北部(満州)にかつて存在した民族およびその国家。扶余(扶餘)[1]とも表記される。
 

ゆぎ、うつぼ 、箙(えびら)

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2018年 2月10日(土)23時45分13秒
返信・引用
  弓矢を入れて背負う、ランドセルやリュックサックみたいな道具、それが靫。ゆぎ、うつぼ 、箙(えびら)、矢筒(やぐない)ともいうとか。 壁画の中では3つの靫があって、東へと 進むにしたがって靫の大きさも弓矢の数も点々の数も増しているようです。これは東へ 進むごとに、エジプトから出発した勢力が増していったことを意味するでしょう。 エジプト から出発した民というと、やっぱりモーセの出エジプトをした、古代イスラエルの民って ことなんじゃないかと。だから珍敷塚古墳の一族の先祖はやっぱりアッチ系な ...
福岡県の珍敷塚古墳はエジプトからの民族移動を示す大陸地図だった件
昔の倭人が、倭の筑紫(福岡)あたりの思い出の光景を描いた、そういう認識が一般的。
エジプト考古学の吉村教授が、珍敷塚古墳の壁画は、エジプトのセン・ネジェム古墳の壁画と全く同じテーマで描かれていると述べています。
船の人、船の烏、船の方向、蛇、兵、蛙、猪、船着き場の烏・・・すべてが右向きなんですよね。
左側の太陽と船の位置を出発地として、船着場のある場所が到着地であると考えていけば、壁画全体で何を表しているかは朧気に見えてきました。
全ての人や動物が、右方向を向いているということは、左のエジプトが「西」であり、右の船着き場の到着地が「東」で、船着き場は倭の筑紫(福岡)の珍敷塚古墳のあたりなことを、意味していると読み取れますね。
蕨は縄文時代からある植物で、倭人やアイヌの絵柄にもよく使われています。蕨文、蕨手文と言われます。これは倭固有ではなくて、エジプトや中央アジアでも古くから用いられたデザインで、蕨文の模様は古代から世界共通だったのですよ。

? の画像https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E8%97%84
紫色のものが「?」
蕨は祭る所以なり。蓋し大夫の妻の祭、其の将に嫁がんとするに於いては則ち蘋 藻を以てす。其の既に嫁ぐに於いては則ち蕨薇を以てす。神は徳と信とを饗くるは、求め ず ...http://chubun.hum.ibaraki.ac.jp/kano/peper/piya/44ketsu.html


弧をなす2本の線を交差させて魚を横から見た形に描いたシンボルである。初期の キリスト教徒が隠れシンボルとして用いた。https://search.yahoo.co.jp/search?fr=slv1-snvaio&p=%E9%AD%9A%E3%80%80%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88&ei=UTF-8

キリスト教はユダヤ教の流れを汲む宗教であるため、当初は偶像崇拝を禁止していた。そのため、3 - 5世紀頃の初期キリスト教美術では、イエスやその信徒を表す場合には魚やヒツジなどの動物に置き換えて描かれたhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%88%E3%82%A5%E3%82%B9[2]。

内宮…ユダヤ教の信じるものは、日本、イスラエルといったそれぞれの国の繁栄と幸せである。
外宮ーキリスト教…北極星(中国の旗に老子の北極星があるが、それも)世界の繁栄と幸せの神である。
北極星の神を祀る。ユダヤでは、 ...https://ameblo.jp/doitsu3/entry-11402925155.html
それに、対する北極星は…それぞれの国の夜に見える方向は、変わらない。それぞれの国で、夜、真北に見える。(それは、天照大御神ー内宮に対する外宮ー北極星の神を祀る。ユダヤでは、キリスト以後だ)

玄武を筆頭とする 甲蟲 ...
蒼龍を筆頭とする鱗蟲とよばれる動物は、鱗を持つ動物で各種魚、蛇などがこれに属します。朱雀を筆頭とする羽蟲は、羽を持つ動物で、各種鳥類・蝙蝠などがこれにふくまれます。玄武を筆頭とする甲蟲は、甲羅を持つ動物で、エビなどの甲殻類、カタツムリなどが属します。http://www.geocities.jp/uchimashomo1tsu/hitonamekuji.html
エビなどの甲殻類

スッポンは「亀」ではなく「鼈(ベツ)」なのだそうだ。 2000年前の〔説文解字〕 という書物に「甲蟲なり」と書かれてるんだそうだ。 http://blog.livedoor.jp/vip_2ch_news/archives/51258264.html

意味: スッポンである。 〔説文解字・巻十三〕には「甲蟲なり」とある。〔周礼・天官〕には鱉 人の職の記述があり、魚、鱉、亀、蜃などを漁り、春に鱉を献じたとある。
鱉は、〔玉篇〕に「俗鼈字」、〔集韻〕に「或は魚に从ふ」とある異体字http://dic.nicovideo.jp/a/%E9%BC%88
『埤雅』は「周秦は蕨と曰ひ、斉魯は{艸+鱉}と曰ふ」と地方により呼び方が違うとしている。

「龜三足,賁」と。 (因みに「?(すっぽん)三足,能」とも)。 「三本足の亀」といえば、中国の山海経に記述されていて、それを食べると大病にならず 腫れものも癒やすとあります。http://www.wkey.jp/infomation/news035.html
(‘蘇’という字の中に、‘魚’が入っています)

《蘇民将来と「えびす」》. https://blogs.yahoo.co.jp/matmkanehara/57253758.html?__ysp=6JiHIOOCqOODk%2BOCuQ%3D%3D







この字は中国で使われていて、「夷」はタタール人を指す漢字であった事から、タタール人の「金」という意味で「銕」と書かれたようです。

夷 蛭子 ・・・
 

夷 蛭子 ・・・

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2018年 2月10日(土)23時40分59秒
返信・引用
  【えびす】が 読みに含まれる漢字. 夷. い,たいら … 戎. じゅう,つ … 狄. てき,えび … 羌. きょう,え … 峝. とう,ず, … 羗. きょう,え … 胡. こ,ご,な … 蛮. ばん,えび … 貊. はく,ばく … 蠻. ばん, えび …http://dict.v01.jp/letter/reading/%E3%81%88%E3%81%B3%E3%81%99/
羗・・・鬼? ム?

薑キョウ・・・えびす(羌)・・・
田(土地)の境界
「畺キョウ」<さかい> と「彊キョウ」http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/25c59cce0a4b47ed395585da67b7043a
解字 田と田の上下と中間に線をいれて、田(土地)の境界を示した形。疆キョウ(さかい)の原字。
意味 さかい。
イメージ  「さかい」 (彊・疆・橿・薑)
       「同音代替」 (僵)
彊(国境を弓で守る)」・・・


弓の北の部分?
ひざ・・・ム?矢の先端・・・先端の意から「はじめ」の意 !!!
和名 : みぼし(箕星), なんと(南斗). “箕”は,モミの篩い分けに用いる農具。呪力を持つ めでたい道具として,誕生祝いやお産のまじないに使われることもあった。南斗六星の柄 を除いた四辺形をはじめ,北斗の四辺形やからす座,みずがめ座,へびつかい座, ケフェウス座など多くの四辺形の並びがミボシと呼ばれた。 ミボシの異名として,ミィボシ ,タロミボシ(たろみ=竹で編んだ目の粗い箕),タロウミボシや,見える方角にある土地 の名を冠したサヌキノミボシ,トウキョウミ,ナガサキミなどという呼び方も ...http://mirahouse.jp/name/a/sgr.html
北斗七星を舵に見立てて“カジボシ”,対して南斗六星を“ミナミノカジボシ”,そして合わせて“「人間の魂が行き来するための通路」”と呼んだのだ。趣深い和名である。
ひざ アラビア語?
射手が番える矢尻を示すγ星アル・ナスル(Alnasl)は,“矢の先端”を意味するアラビア語 Al Nas.l
λ星カウス・ボレアリス(Kaus Borealis)は,“弓の北の部分”という意味で,δ星やε星と同じくアラビア語とラテン語の合成語。
σ星ヌンキ(海の始まるしるし)は,30個の星を刻んだバビロンの銅板に記されていた名前で,やぎ座・みずがめ座・うお座・くじら座・みなみのうお座と,水に関する星座が続いて現れる予告の星であることを示していると言われる。水の星座がここに集まっているのは,太陽が黄道上のこの辺りを通過する頃,古代中近東に雨期が訪れていたため。

斗宿(としゅく・ひつきぼし/ひきつぼし)は二十八宿の一つで、北方玄武七宿の第一宿。距星はいて座φ星。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%97%E5%AE%BF
形は斗のごとし。天廟を指す。玄武の蛇身

「下基なり。物を薦むるの丌なり」とあり、物を置く台のこと。 字形: 台の象形。http://dic.nicovideo.jp/a/%E4%B8%8C
丌は〔説文〕や〔玉篇〕で部首である。〔説文〕は、ほかに?、典、?、畀、巽、奠を収める。

物を置く台・・・ム △ + 口 =台・・・5角形?
 

物を置く台・・・ム △ + 口 =台・・・5角形?

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2018年 2月10日(土)23時35分13秒
返信・引用
  五角形と台形の重心の求め方を教えて欲しいのですけども、どなたか解る方いません でしょうか?ぜひ教えてください。よろしくお願いします。五角形に一本対角線を引き、 三角形と四角形に分け、それぞれの重心を結びます。https://oshiete.goo.ne.jp/qa/616888.html
多角形の重心は対角線の交点ではないですよ。
三角形や四角形に分けてそれぞれの断面1次モーメントを求めます。
そして、断面1次モーメントの総和を全断面積で除します。
それをX軸、Y軸で求めてその交点が重心です。
多角形の重心は2種類ある(三角形では両者が一致する).
物理的重心と幾何学的重心です。
重心

中心
天球(てんきゅう・地球を中心として惑星や恒星の位置を表した球体の こと)
二十八宿とは、天球(てんきゅう・地球を中心として惑星や恒星の位置を表した球体の こと)を西から東に、月が地球を一周する間に通過する28個の星座のことです。 中国の 周(しゅう・紀元前1046年ごろ~紀元前256年)の時代が起源といわれ、天文学のため に用いられていました。 その後中国からインドへ伝わり、インドで吉凶を知るために用い られ、唐(とう・618年~907年)の時代に中国へ逆輸入され、日本にも「宿曜経(すくよう きょう)」として伝わってきました。 鬼宿日は鬼が宿にいて、外を出歩かない ...http://jpnculture.net/kishukubi/

鬼宿は南方を守る霊獣朱雀の目に当たります。「鬼宿」の鬼とは精霊を 意味します。 十二宮の中では、「蟹宮」に四足とも属しています。母性的で目的意識が 強く、活動的な「蟹宮」の影響を最も強く受ける宿です。 「七曜」では「月」の影響を受け ています。「月」は敏感な感受性、繊細、変化する心を示します。 人体の中では「鼻」・「骨 」に当たります。 鬼宿は蟹座のテータ星に位置していて、紀元前のペルシャではこの星 を、「人間の魂が行き来するための通路」と云われていました。http://jpnculture.net/kishukubi/

「人間の魂が行き来するための通路」・・・

>「人間の魂が行き来するための通路」・・・弓? かぶら矢・矢じり?

先端の意から「はじめ」の意
新字体は、畀の丌⇒廾に変化した鼻。日本語の「はな」は、端(はな。先端)から来ている。漢字でも同じく先端の意から「はじめ」の意がある。
「畀ヒ」 <かぶら矢・矢じり>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/a2d149072eef260ea1ed4abf172c0396
解字 金文は先に大きな矢じりのついた矢の形で、かぶら矢、また矢じりを表す。現代字は上部が田に、下部が丌からなる畀となった。あたえる・たまう意となるのは、儀式などの場で、矢じりをあたえることからと思われる。
意味 あたえる。たまう。「畀予ヒヨ」(あたえる。畀も予も、あたえる意)
イメージ  「あたえる」 (畀)
       「かぶら矢・矢じり」 (痹)
       「ヒの音」 (鼻・嚊・嬶)

>「紫苑」シオン
>右手には「力」とか、「権威」を 示すものとして旧約聖書に引用されています。特に詩篇に多く、ほとんどの場合、王的・ 神的な力、支配を意味しています。 「ヘブル語デイリー・ブレッド」でも取り上げた詩篇91 篇1節の「いと高き方の隠れ場に住む者は、全能者の陰に宿る」の全能 ...http://www.asahi-net.or.jp/~wa4k-ngtn/ivrit/names.html
>全能者の陰に宿る・・・宿

中国では 赤緯、赤経による座標系が中心 ( 赤経 - Wikipedia を参照) (二十八宿, 赤道上の星座)
中国の天文学は (天球の) 赤道によるもので、 極の周りの星を密接に観測することが 中心となり、 伝統的な西洋の天文学に存在したものとは別の原則に基づくものであった 。 西洋の天文学では、 .... 古代中国の天文学者である石申 (BC 4 世紀頃活躍) は日食 の時の月との関連に気が付いている。 http://asait.world.coocan.jp/kuiper_belt/eclipse/chinese_astronomy.htm
渾天儀 (その変種として球面アストロラーベやアーミラのようなものもある) とは、 天球モデルであり、地球を中心にして、このまわりに球状の輪の構造があって、 天球の経度と緯度を表示している。また黄道のような天文学的に重要なものも組み込んでいる。 そのため、天球儀とは異なっている。これはなめらかな球面で主な目的は星座を図示することである。

まるい・まるく
まるく包囲する形
軍グン・クン・いくさ車部解字金文・篆文は、「車(兵車)+勹(まるく取り囲む)」の会意。 軍隊の兵車が敵をまるく包囲する形で、いくさの意味を表わす。
渾 コン・すべて  氵部
解字 「氵(水)+軍(=運。運動。うごく)」の会意形声。水が勢いよく動くこと。また、混コン(まじる)に通じ、入りまじって一体となる(渾然)の意となり、一体となることから、すべて(渾身・渾天)の意となる。
意味 (1)水がわき出て流れるさま。勢いがよい。さかん。「渾渾コンコン」「雄渾ユウコン」(雄大で勢いがよい) (2)(まじる意から)「渾沌コントン」(物事の区別がはっきりしないさま) (3)(入りまじって)ひとつになる。「渾然コンゼン」(異なったものが一体となる)「渾一コンイツ」 (4)(ひとつになることから)すべて(渾て)。まったく。「渾身コンシン」(からだ全体)「渾天コンテン」(すべての宇宙)「渾天儀コンテンギ」(地球儀の宇宙版。天球儀)

二十八宿と星マンダラ【にじゅうはっしゅくとほしまんだら】http://www.jlogos.com/d012/5040042.html
キトラ古墳に描かれた星宿図
奈良県明日香村のキトラ古墳の内壁や天井に、中国の方位神である四神(玄武・青竜・白虎、朱雀は未確認)とともに、天の赤道や黄道、天の川までを含む星宿図(天体図)が描かれていることが確認された

まんなか の四角内部には、ほかに水星・金星・土星・太陽・月などを表わす惑星たちがいます
七つの円それぞれのなかには、神のように冠(かんむり)をいただいた姿があります。これが、星曼荼羅ではもっとも重要な北斗七星(ほくとしちせい)の姿なのです。http://www.kyohaku.go.jp/jp/dictio/kaiga/mandara.html
この星曼荼羅では、まんなかの四角形の中段右端に木星の神がいます(エビみたいな形のサソリ座の左どなり)。すわった男性の姿です。

車・賁・羽  軍
車騎・虎賁・羽林軍
星神はいつ頃あらわれたのか http://www.meitian.info/resume/getten.htm
中国では常に動かない北極星を天の皇帝とし、周りを巡る星々を家来としました。そこで北極星の近くの星は三公(大臣)とし、後宮の星を定めたり、車騎・虎賁・羽林軍といった将軍の星を配置したわけです。
将軍の星を配置・・・

宿  ・・・大熊座  道しるべ
 

宿  ・・・大熊座  道しるべ

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2018年 2月10日(土)23時33分14秒
返信・引用
  北斗 三角
「北斗七星」はおおぐま座の腰と 尻尾に当たる一部です。
北の空の高いところに昇りつつある「北斗七星」を探してみましょう。「北斗七星」はおおぐま座の腰と尻尾に当たる一部です。その尻尾のカーブをそのまま伸ばしていくとオレンジ色をした、うしかい座のアルクトゥールスがあり、またそのカーブを伸ばしていくと白色をした、おとめ座のスピカがあります。またさらに伸ばすと、4つの星が台形に並んだ、からす座があり、北斗七星からからす座までのカーブを「春の大曲線」といいます。(上の画像では、北斗七星からスピカまでを表示しています。)

からす座・・・四角形

軫宿(しんしゅく)日本名:みつかけぼし・からすぼし・みつうけぼし距星:からす座γ
参宿(しんしゅく)日本名:からすきぼし距星:オリオン座ζ

軫宿 参宿

「軫」とは車や三味線の先端の横木・・・先端の丌?「はじめ」の意・・・開・・・天文台?
味線・・・絃?

琴の下に絃
軫宿http://kosei-do.com/27syuku/gaiyou.php?yado=11
軫宿は南方を守る霊獣朱雀に当たり、「軫」とは車や三味線の軫宿は南方を守る霊獣朱雀に当たり、「軫」とは車や三味線の先端の横木 を意味します。 十二宮では「女宮」に四足とも属しています。思慮深くて堅実、やや粘着 質な「女宮」の影響を最も強く受ける宿です。 七曜では「水」・水星の影響を受けています 。「水」はコミュニケーションを象微し、知識と言葉を示します。 古来中国では、馬車、 荷物の運搬を司る宿といわれていて、車や旅行に深い関わりをもつ宿です。 星図で見る とカラス座に位置していて、古来より霊的な宿として敬われていました。  を意味します。 十二宮では「女宮」に四足とも属しています。思慮深くて堅実、やや粘着 質な「女宮」の影響を最も強く受ける宿です。

先端の丌
>「?」 丌は台のこと。?先端の意から「はじめ」の意・・・開

軫念(しんねん)=天皇が深く心を痛める こと。http://blog.goo.ne.jp/khosogoo_2005/e/c83934b4d6cb715636c67acfb13f5c68

琴の下に絃を転じる(?)物を「軫」というみたいな事が書いてある。
漢典で「軫」の字を調べると、琴柱に関すると思われる記述があった。 「《註》軫與巽同位 ,車動行疾有似于風,故主風。又琴下轉絃者謂之軫。《李白詩》拂霜弄瑤琴。又國名。」 又琴下轉絃者謂之軫。琴の下に絃を転じる(?)物を「軫」というみたいなhttp://www10.plala.or.jp/hareruya/seiza_roku/koto_za.html
、「舩」と「船」みたいに「厶」と「口」は入れ替わることがたびたびあるんだけど・・・「參」の「厽」を「品」で書いた例は初めて見たなー、って思って(四行目の「驂」)。

こと座のα星ベガです。ベガの南側にある4つの星が作る小さな平行四辺 形がたて琴の弦を張った部分だとすると、ベガは竪琴を華やかに飾る宝石と言った感じ です。
平行四辺 形・・・

「厶」と「口」 台・・・ 合う 会う  私わ和?四角  南斗
 

「厶」と「口」 台・・・ 合う 会う  私わ和?四角  南斗 

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2018年 2月10日(土)23時30分40秒
返信・引用
  [ム厶口台] ① うてな、(四周を方形に)土を盛り上げ上を平らにした所、周りからは一段と高く上が平ら な場所、またその上に建てた建物、同”臺” ②(「自分より高いところの人」の意を込めて) 「貴台」などのようにhttp://ksbookshelf.com/DW/Kanjirin/Kanjirin31.html

高台。
「貴台」 に似た言葉? 類語の一覧を見るhttps://www.weblio.jp/content/%E8%B2%B4%E5%8F%B0

貴キ・たっとい・とうとい・たっとぶ貝部解字篆文の上部は、逆Y字形のものを両手で持つ かたち。遣ケンの字では、下の?(?タイの変化形=祭肉)を持つ形であり、貴では、下の 貝(財貨)を両手で持つ形。貴重なものを持つことから、転じて、とうとい意となる。http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/79111367fef2cc1bef79caba2e7aef41
櫃 キ・ひつ
解字 「木+匚(はこ)+貴(貴重なもの)」 の会意形声。貴重なものを入れる木のはこ。

櫃 廟・・・聖櫃  天子の 廟?

聖櫃の前 に立つ現地ガイド、バルーチ・アードスタイン氏 奇跡話が多く残るアブハヴ・シナゴーグ の天井ドームに ...
2世紀の神秘家シメオンの廟http://www.saiyu.co.jp/feature/kaneko_takakazu/vol_11.html
ラビ・ルリア廟では、参拝の集団が去ったあとも、超正統派のラビが ひとり静かに祈りを捧げていた。


天子の 廟
南斗 四角
みなみのうお座α星フォーマルハウトにあたる。 南斗, 南斗六星のこと。天子の 廟を表すと考えられた。 http://kanso.cside.com/star.htm
大角
天王の宮廷を指すと考えられた。
現在のおうし座α星にあたる。アルクトゥルスである。
日本だと、夏にさそり座の横に見える。

車の形をしている。風を支配していると考えられた。
現在でも、いびつな四角形をしており、からす座と呼ばれる。
帝星
当時の北極星。現在は、こぐま座β星と呼ばれる。
ちなみに、現在の北極星はこぐま座α星である。
不動に見える恒星もちょっとずつ動いてる。

【彡尋ジン】は神氣のあるところをたずねる意である。・・・

軫 ・・・車  ひげ?
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BD%A1%E9%83%A8
彡(たくさん)
「須」(ひげ)
彡部(さんぶ)は、漢字を部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では59 番目に置かれる(3画の30番目)。 彡の字は毛髪の飾りの紋様を意味する。偏旁の意符 としては模様や形象、装飾に関わり、また「須」(ひげ)のような長い毛に関わることを示す 。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BD%A1%E9%83%A8

形(?の形の強調)
〔説文解字〕には「毛飾の畫文 なり」とある。 音訓: 音読みはサン、セン、訓読みは、あや。 部首: 彡は部首、彡部を作る 。旁などに置かれる。 声符: 彡を声符として持つ漢字に杉、衫、?、彭、?などがある。 http://dic.nicovideo.jp/a/%E5%BD%A1//%CF%89%EF%BD%80%E3%83%9F
彡を持つ漢字は多くあり、彡は、色、光、模様、匂い、毛などを強調する。
模様彰、彦(額に書き入れた模様)、彩(采は複数の意味を持つ字で、彡を加えて色彩の意味に限定)、彪(トラの模様)光彤(丹の光)、影、參(かんざしの光)美しいこと、形を強調する彬(林の美しいさま)、形(?の形の強調)、彫(盾の彫文の美しいさま)、彣(刺青の美しいさま)毛髟(镸の毛の豊かなさま)、須、?(髪の毛)、?(鳥の羽)音彭(?の音)

吊」 解字: 仮借。もと、弔の俗字。弔がおもに「とむらう」意に用いられたため、「つるす」を表すのに この字が作られた。 「君」 解字:形声。意符の口(くし)と、意符と音符を兼ねる尹(衆を 治める意)とから成る。口から号令を出して衆を統率する人、「きみ」の意。 ***** 終了 関連する辞書の解字 ***** 2. 「口」の解読により新たな展望が開けてきます。 「言」=「 二」+「二」+「口」:=複数+複数+ひと=>たくさんのグループのひと ...http://shoukei.blog65.fc2.com/blog-entry-41.html

「吊」の字まで「とむらう」に取られると ...
弔・吊】とむらい。(『日本国語大辞典』)
(1)人の死をいたみ、その喪にある人を慰めること。(2)死者の霊を慰め冥福を祈ること。
【吊】(『漢字源』)https://plaza.rakuten.co.jp/yohgo/diary/200703250000/
{動}つる。つるす。ぶらぶらとぶらさげる。
《解字》会意。「口+巾(ぬの)」で、布切れで何かをぶらさげるさまを示す。

弔 ( とむらい ) と云う字は、大昔に人が弓を携えて葬儀に列 したので、それを象形したのであると聞いている。 本

「 ゆみ」 (弓・引・矧・弔)、 「弓なりにまがる」 (躬・窮・穹)
禾 ・・・二十八宿の起点
 

禾 ・・・二十八宿の起点 木の枝に紐で人の首を逆さまにぶら下げている形

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2018年 2月10日(土)23時27分38秒
返信・引用
  禾 ・・・十八宿の起点
http://8220.teacup.com/toraijin/bbs/2919
乙卯、帝 、丹徒に行く。己巳,京陵に謁す。http://blog.goo.ne.jp/shizuo_asogawa/m/201209
『あの聖人の舜ですら歴山に居た時は、畑を耕したと言います。禹は水利事業では自から土を運搬したと言います。陛下も、このような農具を見なければ、父帝の苦労や偉業をとうてい分からないでしょう!』
ユダヤ人がモーゼに率いられてエジプトを脱出したのは紀元前13世紀のことだと言われている。
父帝
『史記』によると、父は 五帝のひとりである顓頊(せんぎょく)であり、子に夏(か)の帝となる禹(う)がいる。父が 帝であったものの自らは帝位に就くことはできず、臣下の身であった。『漢書』によれば、 顓頊の来孫(孫のひ孫)であるという。 帝堯の治世において黄河の氾濫が止まなかっ たため、堯は誰かに治水をさせようと考えていた。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AF%80
鯀は羽山(うざん)で死んでいた。・・・羽人?

口という漢字は、人の口の象形ということになっていますが、甲骨文字や金文では、その 使用例が見当たらず、サイという神への祝詞(ノリト)を入れる器の形の象形であると解 することで、字形の意味が理解できるとのことです。 サイという神への祝詞(ノリト)を 入れる器の形 禹の父【鯀】コンの甕棺(酒甕に逆さに生贄 ・・
銅鐸 「睪エキ」 <次々とつらなる>睪(並べて選ぶ) 幸の神、「尺」「睪http://8220.teacup.com/toraijin/bbs/3924
人が逆さまになる形
逆さまにぶら下げている形
県の旧字は縣で、実は、木の枝に紐で人の首を逆さまにぶら下げている形なのです。http://chaichan.lolipop.jp/src/kanjikigen.htm
口という漢字は、人の口の象形ということになっていますが、甲骨文字や金文では、その使用例が見当たらず、サイという神への祝詞(ノリト)を入れる器の形の象形であると解することで、字形の意味が理解できるとのことです。
サイという神への祝詞(ノリト)を入れる器の形
禹の父【鯀】コンの甕棺(酒甕に逆さに生贄 ・・http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/1072
俾弥呼は「 甕」を「依代(よりしろ)」として神に仕える巫女であった。http://adat.blog3.fc2.com/?mode=m&no=1722
甕 [国]みか(甕)。
「 亠(やね)+?(向いあう)+隹( ... 意味 (1)かめ(甕)。もたい(甕)。液体をいれる容器。 「甕天オウテン」(かめの中の天地。狭い世間)②[国]みか(甕)。http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/d2607071ed95c973f1021c068cc31a13
「雍州ヨウシュウ」とは、山城の国(京都)の別称。「雍州府志ヨウシュウフシ」(山城国の地誌)
イメージ  「とりを大事にまもる」(雍・擁)、「だきかかえる(擁)」(甕)
音の変化  ヨウ:雍・擁  オウ:甕

行政区画の名、(懸と通じて )懸ける、ぶら下げる、掲げ示す、かけ離れる、という意味がある。 http://dic.nicovideo.jp/a/%E7%9C%8C
系+?の会意。?は首を逆さにした字で、首をぶら下げて懸ける意。〔説文〕に「系の?を持するに從ふ」とある。行政区画の意味は、西周のころから用例が見え古くからある。どうしてその意味を持つようになったかはよく分かっていない。王に懸かる土地の意味とする説などがある。
ぶら下げ
つり下げる・引き掛ける・ひき掛ける・引っかける・ 吊るす・吊す・引掛ける・ぶら下げる. 境界内で自由に動くまたは作動する, 戯れる・ ...
掛けるの類語、関連語、連想される言葉http://renso-ruigo.com/word/%E6%8E%9B%E3%81%91%E3%82%8B
境界内で自由に動くまたは作動する
戯れる・演ずる・架ける・努める・遊ぶ・勤める・弾く・演じる・曳く・引く・為る・務める・牽く

【彡尋ジン】は神氣のあるところをたずねる意である。
また尋繹の繹は糸をたぐって尋ね求めるをいう意味
【彡尋ジン】は、「 繹〔たづ〕ぬるなり。理〔おさ〕むるなり」と訓む字です。 ...
http://blogs.yahoo.co.jp/akasakahiro/59635241.html
もともとの右左の字は、最初は「口」「工」をつけずに、又〔手の形〕だけの字だったそうです。
「工」については「巧飾なり。人の規矩〔きく〕あるに象る。巫と同意なり」と『説文解字』5上にあります。
規矩〔きく〕とは、コンパスと定規のことです。

境界内で自由に動くまたは作動する,

>不動に見える恒星もちょっとずつ動いてる。・・・亘

石神 いしがみhttps://kotobank.jp/word/%E7%9F%B3%E7%A5%9E-30477
奇石・霊石などを神体または神の依代(よりしろ)として祭った民間信仰の神。しゃくじん。しゃくじ。
神霊が降臨する石(磐座・磐境(いわくら・いわさか))や,超自然力をもつという石の信仰は古く

古(「巾+口」の変形)」

啇[啻] テキ・チャク  口部  http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/3c6cca36bee5afb8fdc6a1cebc6b9840
解字 金文・篆文は啻テイ・タイ・シで、「帝テイ+口サイ(祝詞を入れた器)」の会意。帝は、神をまつるときに供物を載せる台を描 いた象形で、三本の脚をH印でしばった形の上に台をつけた祭卓をいい、その祭祀の対象となるものを帝とよんだ。そこに口サイのついた啻は、祝詞を入れた器(口サイ)を供えて帝をまつる意となり、「帝を祭ることのできる者」のイメージがある。啇テキは、啻が変形した異体字で、「帝の上部+古(「巾+口」の変形)」からなり、発音もテキ・チャクに変化した。
啇テキ(啻)のもう一つのイメージは、もとになった字の帝が三本の脚をH印でむすぶ形であることから、「ひと所にまとめる」
イメージ  「帝を祭ることのできる者」 (適・敵・嫡)
       「ひと所にまとめる」 (摘・滴・鏑)
帝を祭ることのできる者
適 テキ・かなう  之部
解字 「之(ゆく)+啇(帝を祭ることのできる者)」 の会意形声。帝を祭ることのできる者が行くことは、帝の子孫でありふさわしい意となる。
鏑 テキ・かぶらや  金部
解字 「金(金属)+啇(=滴。しずくの形)」 の会意形声。矢の先の金属製のやじりがまるい形になっている、かぶら矢。


「帝車」
北極星はこぐま座
大洪水伝説での預言者ウトナピシュテムが「 禹王」だ という説もある。http://aioi.blog6.fc2.com/?mode=m&no=2436 ... 小さなひしゃく 日本 付近の緯度ではこぐま座は一年中地平線に沈むことがありません。α星の北極星を目印 にすれば、こぐま座の7個の星が作る小さなひしゃくを見つけ出すことができます。
天皇大帝は 「口」 の中にhttp://8906.teacup.com/toraijin/bbs/4481
現在のおおぐま座の形になったのは、古代ギリシア時代のことです。 ホメロスやヘシオドスの吟遊詩にも、大熊の名前で記載されています。 しかし一方では、この星座を大きな車と見る向きもありました。 中国でも「帝車」と呼ばれ、どちらかというと古代では車と例える方が多かったようです。
「帝車」・・・

台・・・始 ・・・ ?(ことを始める)」
 

レンタル掲示板
/356