teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


細い道を。

 投稿者:与志  投稿日:2012年 9月17日(月)10時47分22秒
  わざわざお尋ね下さりありがとう御座います。

小生も躰を動かすことが好きで、マスターズの陸上競技をしています。
専門は投擲種目で、エントリーしています。
昨日も大阪服部緑地の競技場で、記録会に参加しました。
ハンマー投・円盤投・重量投に出場です。
重量投は、60歳代の小生は20ポンドの鉄球を抛ります。
このご縁も、鉄球神のほほ笑みかと感じています。

小生の係わっている詩の世界は心を見詰めるものです。
躰を鍛錬する事に熱心でなく、身体的興味は薄いです。
日ごろから、心と躰は車の両輪だと思っています。
力石と云う言葉に興味を持たれる先生が居たことは嬉しいです。

先生の研究対象である、信仰と力石の関係からすると少し逸れるかもしれません。
小生の聞いた範囲、大阪の河内平野です。
今は様変わりしていますが、純農村であった百年以前の。
農家に飼われていた牛に力石を引かせ、春耕を前に村中を歩いたと。
冬の間に弱った脚と荒ぶる気性をなだめる効用があったそうです。
家畜のトレーニングだったかもしれません。
 
 

御教示乞う

 投稿者:髙島  投稿日:2012年 9月16日(日)09時48分56秒
  四日市大学にて体育史学の立場から力石を研究する者です。某ブログにてリヴィエールに「風の運ぶ力石」という表題があり興味を引かれました。私の扱っている力石を取り上げておられるようなら同作品を入手したいのですが、takashim@za.ztv.ne.jpに連絡いただければ幸いです。

http://www.za.ztv.ne.jp/takashim

 

★現代詩を構成したお芝居と水にまつわるお芝居のご案内です。

 投稿者:燐光群(りんこうぐん)  投稿日:2012年 7月31日(火)15時45分16秒
  釣部与志様
突然のお便りにて失礼いたします。
私どもは、燐光群(りんこうぐん)という劇団です。
梅ヶ丘BOX20周年記念フェスティバル・アトリエの会として、『宇宙みそ汁』『無秩序な小さな水のコメディー』を二本立て上演いたします。
現代詩を元に構成する作品と「水」にまつわる作品の二本立てです。

詳細はこちら
http://rinkogun.com/

つきましては、そちらの皆様、ご関係の方々に、本公演をご紹介頂けないでしょうか。
本メールの転送歓迎です。また、チラシとご案内文もございますので、ご配布頂ける機会がありましたら、ご連絡を頂けますと幸いです。
すぐにご郵送いたします。

ご連絡・ご来場を心よりお待ちしております。

燐光群
rinkogun@alles.or.jp TEL:03-3426-6294
____________________________________

『宇宙みそ汁』 作○清中愛子 構成・演出○坂手洋二

現代詩の新たなる野心が、台所の野戦基地から劇空間に舞い降りる!

地球に向かってただ一人  パラシュートで降り立っていく
エプロン巻きつけ 私が降り立ったのは

現代詩の新星・清中愛子が、台所に立ち、洗濯や育児をしながら、自らの生活の場から幻想した世界を綴った『宇宙みそ汁』。複数の賞を受賞した表題作及び他の清中作品を元に構成する作品です。ダンス・美術の活動もしてきた清中愛子の、ムーブメント・パフォーマンスの想像力を潜在させた詩の魅力。忍苦の日常から、フェミニズム的視点という枠さえも乗り越え、輝かしい瞬間を飛翔させます。かねてから多彩なジャンルとの交流・合作を果たしてきた坂手が、アトリエ空間が可能にするミクロ的アプローチを活かし、「孤の生活」と「世界」の交錯した時空を創出します。
____________________________________

『無秩序な小さな水のコメディー』 作・演出○坂手洋二

水にまつわる短編作品アンソロジー・全作品日本初演!

フランス・パリ郊外マルヌ県<水のフェスティバル「無秩序な小さな水のコメディー」>で本年5月ワールドプレミア上演・出版された短編『利き水』『入り海のクジラ』、2001年<ランドマイン・プロジェクト>シンガポール会議で書き下ろされた詩劇『じらいくじら』等、「水」にまつわる連作集の日本初演。いずれも、坂手洋二作・演出です。
・・・
日本は海に囲まれ、豊かな水資源に恵まれ、水に対して独特の感覚を持っていました。
この国には、水を大切にし、水を基準に物事を考えていく実感があったはずです。しかし放射能による「目に見えない汚染」に晒された海の現実を前にして、私たちは変わらざるを得なくなりました。世界に対する責任からも逃れられないと思います。世界からもっとも遠ざけられた存在となったこの島に生きつづけ、変化を求め、未来への道筋を確かめようとする者たちの息吹を、登場人物の会話の中に見出していただければと思います。
坂手洋二(2012.5 パリ「水のフェスティバル」パンフレットより)
____________________________________

8月7日(火)~10日(金)ウイングフィールド
____________________________________

全席自由(日時指定)
一般前売3,300円 ペア前売6,000円 当日3,600円
大学・専門学校生2,500円 高校生以下1,500円
シニア割引(65歳以上)2,500円

※学生券・シニア割引は前売・当日共通料金 受付で学生証・年齢のわかるものをご提示下さい。
_______________________________

このご案内が届いている方に限り、
小学生500円、中学生1000円のチケットをご用意させて頂きます。
  燐光群/(有)グッドフェローズ
  TEL:03-3426-6294 FAX:03-3426-6594
  ticket-rinkogun@ee.alles.or.jp
      までご予約ください。
     ※未就学児童はご入場いただけません。
_______________________________

★ご予約・お問合せ /ウイングフィールド
Tel:06-6211-8427
Fax:06-6211-6312
info@wing-f.co.jp
http://www.wing-f.co.jp/

◎以下の都市でも上演いたします。詳細はホームページをご覧下さい。
・7月24日(火)・25日(水)いわてアートサポートセンター 風のスタジオ[盛岡]
・7月27日(金)・28日(土)せんだい演劇工房10-BOX[仙台]
・8月3日(金)~5日(日)七ツ寺共同スタジオ[名古屋]


燐光群/(有)グッドフェローズ
http://rinkogun.com/ TEL:03-3426-6294
〒154-0022 世田谷区梅丘1-24-14 フリート梅丘202
http://rinkogun.com
 

よろしくお願いします。

 投稿者:与志  投稿日:2012年 2月 5日(日)18時27分56秒
  読んでもらえて嬉しいです。

はなびーるさんは、才知にあふれた作品を書かれるので、
詩集んが出来上がるのを楽しみにしています。
おたがい ひと区切りをつけて
次のステップを目指して励みましょう。

また連詩「山の街」で
作品にお目にかかれるのを楽しみにしています。
 

「けもの道 風の辻」拝読しました。

 投稿者:はなびーるメール  投稿日:2012年 2月 2日(木)20時46分57秒
  こちらには初めましてです。
「けもの道 風の辻」頂、恐縮です。ありがとうございます。
少しずつ読んでいます。
4行詩を中心に、独自のリズムが心地よいです。
「雄鶏のはばたき」「早春のひもじさ」「秋の油断」好きです。
まだまだ、じっくりと味わい読み、発見できそうです。

私の初めての詩集も、3月の終わりに出来る予定です。
そのときにはお贈りしますので、
今しばらくお待ち下さいね。

 

感想ありがとう御座います。

 投稿者:与志  投稿日:2011年11月 1日(火)16時05分39秒
  丁寧に読んでいただき嬉しかったです。
「空への軌跡」に紹介して頂き有難う御座いました。

九月に北海道800kmを走破してきました。
北の大地の壮大さを堪能しました。
また行きたい土地です。
会えるのを楽しみにしています。
 

失礼しました

 投稿者:村田譲  投稿日:2011年10月31日(月)22時03分29秒
  詩集『けもの道 風の辻』ですね、ごめんなさい!

http://www16.plala.or.jp/gliding-flight

 

詩集ありがとうございます

 投稿者:村田譲  投稿日:2011年10月30日(日)17時54分1秒
  釣部さん、こんばんは。
詩集『けもの道 辻の風』上梓おめでとうございます。

ひとつひとつの言葉が印象的です。
私のHP『空への軌跡』にて詩集の表紙と勝手な感想など、掲載させて
いただいておりますので、よろしくお願いいたします。

http://www16.plala.or.jp/gliding-flight

 

さっそくに。

 投稿者:与志  投稿日:2011年10月13日(木)21時45分55秒
  感想をいただき有り難う御座います。
うれしく読んでいます。

体調は如何がですか、元に戻られました。
商売人は自分の時間が取れそうで持てません。
しかし、頑張れる間は頑張ってください。
おっさんみたいに腰折れすると、気持ちの空洞が埋められません。
 

ご送付お礼

 投稿者:伊三  投稿日:2011年10月10日(月)21時06分20秒
  「けもの道」届き有り難う御座います。取り敢えず速読いたしただけなので詳しい感想は後日にさせていただくこととして、ご健筆のご様子私に取りましても励みになりました。
長年書きためていらっしゃった小動物への観察がこうして一冊の本になると、観察ということを越えた与志さんという人間がくっきりと浮かび上がってきます。
観察眼の暖かさや与志さんのこれまでの人生上で起こってきた体験や出来事が重なって垣間見え与志さんという人間 を少しは知っている者にはその集大成の本だという感があります。
願わくば一つ一つの作品にそこに至るまでの葛藤や足掻き悶えが赤裸々に描かれていれば読み手はそのリアリテイに圧倒され写実がより真実みを帯びて来るという感想を持ちました。
個々の作品の詩評につきましては機会があれば 申し上げることとして取り敢えずご送付のお礼を申し上げます。
 

レンタル掲示板
/18