teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


日本人から分かれた「黄人」「白人」「黒人」「赤人(ユダヤ人)」「青人(スカンジナビア人)」

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2018年 8月17日(金)00時38分35秒
返信・引用
  満洲国は建国にあたって自らを満州民族と漢民族、蒙古民族からなる「満洲人、満人」による民族自決の原則に基づく国民国家であるとし、建国理念として日本人・漢人・朝鮮人・満洲人・蒙古人による「五族協和」を掲げた。
満州は 、歴史上おおむね女真族(後に満洲族と改称)の支配区域であった。満洲国建国以前に女真族の建てた王朝として、金や後金(後の清)がある。清朝滅亡(1912年)後は中華民国の領土となったが、政情は安定せず、事実上軍閥の支配下に置かれた。1931年、柳条湖事件に端を発した満州事変が勃発、関東軍(大日本帝国陸軍)により満洲全土が占領された。関東軍の主導のもと同地域は中華民国からの独立を宣言し、1932年3月、満洲国の建国に至った。元首(満洲国執政、後に満洲国皇帝)には清朝最後の皇帝・愛新覚羅溥儀がついた。

「五族協和」とは - 中華民国が成立した際に唱道された、中国国内の主な種族である漢族、満州族、蒙古族、回族およびチベット族の5種族が協同して新共和国の建設に当たるという理念。http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%DE?%B6%A8%CF%C2

「五族協和 」の「五族」とは、東亜細亜の古代の歴史や各民族のルーツに鑑み、一般には日本人・漢人・朝鮮人・満洲人・蒙古人を指すと言われきました
石原は「新国家建設論」を発表。「八紘一宇」の精神を背景にした「王道楽土」「五族協和」をスローガンとして、満蒙領有論から満蒙独立論を主張。日本人も国籍を離脱して満州人になるべきだといい、日本及び中国を父母とした「満州合衆国(東洋のアメリカ)」の建国を目指します。
ちなみに、1912年に成立した中華民国の理念でもあった「五族協和」の「五族」とは、東亜細亜の古代の歴史や各民族のルーツに鑑み、一般には日本人・漢人・朝鮮人・満洲人・蒙古人を指すと言われきました。が、世界最古の歴史書「竹内文書」などに登場する「五色人」を表しているという説があります。
それによると、「五色人」とは「黄金人」である日本人から分かれた「黄人」「白人」「黒人」「赤人(ユダヤ人)」「青人(スカンジナビア人)」を意味し、「黄金人」である日本の古代天皇が世界を統治していた(万国天皇)としています。これを縮図化し再現するのが理想の国"満州国"だったのです。
 
 

戒(いましめ)戎(えびす)

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2018年 8月16日(木)12時26分1秒
返信・引用
  「戒」の場合、伝統的に「戈」部に入れられていますが、“戈を持つ”=“武器を持つ”→“警戒する”→“いましめる”という流れから見て、純然たる名詞ではなく、行為を表す動詞ですから、「廾」部のほうが適切だったと思います。
戒(いましめ)戎(えびす)この二つの文字について https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1135304166
「戎」は現代日本では「戎(えびす)さま」とか「東夷西戎(とういせいじゅう)」などにしか使われませんが、戦前は「戎衣(じゅうい)」(≒「軍服」の漢文的表現)として使われていました。

【?】羽6+戈4=総画数10 U+26402 [ヨク、イキ/つばさ] 【翼???】[羽羽戈?]
鳥の体から左右に伸び出ている空中を飛ぶための腕状の部分、本体から左右に伸び出ているものやその形状
(鳥の翼のように左右にあって)手や力を貸して支え助ける
二十八宿南方朱雀の一つ{二十八宿}http://ksbookshelf.com/DW/Kanjirin/KanjirinHB42.html

星数:8
距星:ふたご座(Gem)μ
南方朱雀 南方朱雀 南方の宿は四神獣のうち鳥を形どった「朱雀」の形が当てられ 「東井・鬼・柳・星・張・翼・軫」の7つの宿からなります。
名称:東井(単に「井」とも)

からす座とほぼ同じ形をしています。

からす座から、地平線の真南に向かってまっすぐ視線をおろすと「南十字」が見つかります。
南天のシンボル  台形・・・丌・・・からす座?
畀ヒは、台の上にもの(田)が乗っている形(意味は台上の物を「与える」)。これに自(はな)が付いた鼻は、顔の上にとび出たものが乗る鼻の意。新字体は、畀の下部⇒ 廾に変化する。この字の音符は畀ヒ。

畀・・・田  南十字星?          丌・・・からす座?
>このからす座から、地平線の真南に向かってまっすぐ視線をおろすと「南十字」が見つかります。

烏座の用語解説 - 南天の小星座。主な4個の星が小さい四角形を 作る。

地平線の上にぽつんと立った南十字星を見つけましたよ(^_^)
北斗七星からうしかい座、おとめ座と辿った曲線を春の大曲線と呼んでいますが、これを使ってもう一つ星座を探してみましょう。
大曲線を、さらに延ばすつもりで先へ辿っていくと、台形の星の並びが見つかります。
これが、からす座。一度見つけると意外と目に付く星の並びです。

これは春の夜に見られる星空です。
春の大曲線をズズイと先へ延ばしていくと、小さな台形が見つかります。http://www.zero-co.com/seiza/guide/crv.html

台形・・・丌・・・からす座?

からす座」は、おとめ座の下にあり、4つの星がゆがんだ台形のように並んで います。 このからすは、白い羽を持ち言葉を話せたのですが、罰によって、黒色にされた うえに、言葉も話すことができなくなってしまいました。
からす座http://tenkura.n-kishou.co.jp/tk/star/star_spring.html

1.北斗七星から「春の大曲線」を見つける
2.大曲線の先の「からす座」を見つける
3.「からす座」から南下して「南十字星」を見つける
柴田流北半球で南十字星を探す方法http://ameblo.jp/kamewarisibata/entry-11195745540.html
天の北極に近い北斗七星から始まって天の南極に近い南十字まで誘導するのでかなり広範囲の空を使う探し方なんです

古代ギリシャの天文学者ヒッパルコスはスピカの位置を観測 することで初めて分点の歳差運動を発見した。
スピカhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%94%E3%82%AB
スピカは秋分点の近くにある1等星であるため、しばしば歳差運動の観測に利用されてきた。古代ギリシャの天文学者ヒッパルコスはスピカの位置を観測することで初めて分点の歳差運動を発見した。テーベの神殿は紀元前3200年前に建てられた時、スピカの方向を向いていた。時代を経るにつれてその歳差運動により、神殿の建設された頃の方位からスピカの方向が異なっていたのである。のちの時代の天文学者コペルニクスも、歳差運動の研究のために、手製の望遠鏡でスピカを何度も観測している。

学名はα Virginis(略称はα Vir)。おとめ座の女神が持つ麦の穂の先の位置にあることから、ラテン語の穂先に由来して名付けられた[5]。原義は「(穂先のように)尖ったもの」の意で、英語のスパイク(Spike)と同根。中国では「角」と呼ばれている。
中国では「角」

角のある玉器 珪 ケイ・たま 王部 解字 「王(玉)+圭(角のある玉器)」の会意形声。圭は もともと玉圭の意。王(玉)をつけて ... 日本特産。 角だつ 畦 ガイ・あぜ 田部 解字 「田( 耕地)+圭(かどだつ)」の会意形声。耕地を区切る角立ったあぜ。
「圭ケイ」 <すっきりとかたちがよい>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/1a660000c8239e82ee68e0313906d764/?cid=c668bc0c706e6ef3f457c7aa47c5b3da&st=0
角だつ
畦 ガイ・あぜ  田部
解字 「田(耕地)+圭(かどだつ)」の会意形声。耕地を区切る角立ったあぜ。
意味 (1)あぜ(畦)。耕地のくぎり。「畦道あぜみち」 (2)うね(畦)。作物を植えたり種をまくため、土を平行に盛り上げたところ。

歳差による春分点の移動を最初に発見したのは、紀元前150年頃のギリシャの天文学者ヒッパルコスである。彼は黄経180度・黄緯0度にほぼ近い位置にあるおとめ座のスピカを使い、皆既月食の時に月とスピカの角距離を測った。日食や月食は黄道と白道の交点でしか起こらないので、日食・月食時の月や太陽は必ず黄道上にいる。従ってこの時のスピカとの角距離は、そのままスピカと月または太陽との黄経の差になる。ヒッパルコスはこの黄経の差を、彼の時代より約150年前のティモカリスが作った星表と比較して黄経の値が変わっていることを発見した。彼はスピカ以外の恒星についても同様にずれていることを見つけ、このずれは恒星の運動によるものではなく黄経の基準である春分点自体が移動しているためであると結論した。
天文学上の現象[編集]https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%B3%E5%B7%AE
地球の歳差運動により、天文学上の現象として、春分点・秋分点は黄道に沿って少しずつ西向きに移動することになり、これを歳差と呼ぶ。この歳差の周期は約25,800年である。このため、太陽年(回帰年)は恒星年より約20分24秒短い。
地球の自転運動の歳差に起因する春分点の移動は、天文学では日月歳差という。これによって天の北極や赤道が動く。
また地球の公転運動に対して、惑星の引力が影響を及ぼし、地球の公転軌道面つまり黄道斜角度が変化する。これを惑星歳差という。ただし惑星歳差による春分点の移動への寄与はきわめて小さい。
また、天の北極は天球上で黄道北極を中心とする円を描く。21世紀現在の北極星はこぐま座α星(ポラリス)であり、2100年頃 天の北極に一番近くなると予測される。西暦13,000年頃には、天の北極はベガ(こと座α星)の5度以内に位置する。古代エジプトの記録によると、今から約4800年前(紀元前2800年頃)には、天の北極はりゅう座α星のあたりに位置していた。[1]

おとめ座の女神が持つ稲穂の先の位置にあり、スピカの名称もラテン語の穂先に由来する。
稲穂・・・禾
「禾」または「のぎ編」が入っている漢字には稲穂の特徴から ・勢いよく上へ伸びるもの ・ 手をかけ育てるもの ・人々の感謝の気持ちの表れ などという意味を含む場合が多いの が特徴です。
「禾」は、もともとは「稲穂」の形です。http://ameblo.jp/nabi-art/
漢字が生まれた3000年程前、中国ではすでに地域によって「稲作」が行われていたようです。
(地域や土地の天候により、黍や粟だったところもありますが…)

その土地には、その土地の神様がいると信じられていた古代では、「稲穂が実る」=天の神様の恩恵を受けられた、生きてよいと認められたというように解釈されていました。
「禾」または「のぎ編」が入っている漢字には稲穂の特徴から
・勢いよく上へ伸びるもの・・・「申」 字義:のびる、・・・ネ(示:祭壇) 神?  示  余は針 器。これを呪器として除道し、安行をうることを徐という。・・・徐 福?
・手をかけ育てるもの
・人々の感謝の気持ちの表れ
などという意味を含む場合が多いのが特徴です。

北斗七星とアークトゥルスを結んだ線をさらに伸ばしていくと、白っぽく輝く一等星の 「スピカ」を見つけることができます。そこにアルファベットの“y”の形に似た星の並びを 探しましょう。そこに、「おとめ座」があります。 この北斗七星から ...
おとめ座が作られたのは紀元前3200年ごろで、最初は麦の穂の星座でした。それが後にギリシャに入り、その地の神話・伝説と結びついて女神が麦の穂をもつ姿に変わりました。全天88星座の中では2番めに大きな星座です。青白く輝く1等星スピカがおとめ座の目印で、この星は牛飼い座のアークトゥルスと一対で「夫婦星」とも呼ばれます。星より銀河の方が多く、約2500個のメンバーからなる「乙女座銀河団」が横たわっています。
見つけ方のポイント
 春の1等星の中で最も南に位置するスピカがおとめ座を見つけるときの目印になります。北斗七星の曲がった柄に沿って線をのばしていくと、春の星でいちばん明るいオレンジ色の星アークトゥルスがあります。そこを通ってさらに進んでいくと、青白く輝く星にぶつかります。この星がスピカです。ここから星がゆがんだY字形に並んでいて乙女座をかたちづくっています。しかし、星の数が少なく並びが散漫なので、その姿は少々たどりにくいかもしれません。
神話の内容について
 農業の女神デーメーテールには、大神ゼウスを父とする一人娘ペルセフォネーがいました。この娘にゼウスの弟ハデスが恋をし、自分が王となっている冥界へ連れ去りました。デーメーテールは娘を失った悲しみで心を閉ざし、そのため地上の草木は枯れ果ててしまいました。地上の生命が死に絶えることを恐れたゼウスは、母親にペルセフォネーを返すように弟を説得し、承知させました。しかし、ハデスは一計を案じ、ペルセフォネーに4粒のざくろの実を食べさせました(冥界の食物を食べた者は冥界から出られない掟がある)。しかたなくゼウスは1年のうち4カ月間だけ娘を冥界で暮らさせることにしました。その4カ月間は、デーメーテールが悲しみに沈むため、地上は冬を迎えるようになりました。このデーメーテールの姿がおとめ座と言われています。また、正義の女神アストレイアがおとめ座となったとする説もあります。

スピカのスパンカーhttp://www3.coara.or.jp/~tic/4zaso/2404/nagasaki6.html
「春の大曲線」を構成するスピカの先にあるからす座をわたしら船乗りはこう呼んでます。
と、会場での説明がありました。
和名でも「帆かけ星」と呼んだ星の並びは台形のスパンカーそっくり。
知識として覚えたことを目の前で実感できただけでもよかった。
からす座は3等星以下の構成ですが見つけやすい星座です。
またスピカは天測に使う星のひとつで、大曲線の起点、北斗七星は言わずもがな。
北斗
斗(ます)
カ:禾・科 ソ:蘇 ワ:和・龢 イネ科の穀物 科 カ・しな 禾部 解字 「カ:禾・科 ソ:蘇 ワ:和・龢 イネ科の穀物 科 カ・しな 禾部 解字 「斗(ます)+禾 (イネ科の穀物)」 の会意形声。収穫した穀物を枡ではかること。はかって収納する際に 仕分ける意。転じて等級をつける意となる。 意味 (1)はかる(量る)。+禾 (イネ科の穀物)」 の会意形声。収穫した穀物を枡ではかること。はかって収納する際に 仕分ける意。転じて等級をつける意となる。 意味 (1)はかる(量る)。
「禾カ」 <イネ科の穀物> と 「年ネン」<穀物のみのり>http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/8c6dbe8c26d5519c23a81ac33bf6e6b9
禾 カ・いね・のぎ  禾部

解字 イネ科の植物の穂が垂れた形を描いた象形。禾は部首となり、イネ科の穀物、および、穂をたれる意で会意文字をつくる。
意味 (1)いね。穀物の総称。「禾穀カコク」(穀物の総称。また、イネ) (2)のぎ。穀物の穂先の毛。「禾穎カエイ」(イネの穂)

イメージ 「イネ科の穀物」(禾・科・蘇・龢)
      「同音代替(カ)」(和)
音の変化  カ:禾・科  ソ:蘇   ワ:和・龢
龢(和)
イネ科の穀物
科 カ・しな  禾部
解字 「斗(ます)+禾(イネ科の穀物)」 の会意形声。収穫した穀物を枡ではかること。はかって収納する際に仕分ける意。転じて等級をつける意となる。
意味 (1)はかる(量る)。(2)しな(科)。等級。区分。分類や部門。「文科ブンカ」「理科リカ」 (3)官吏登用試験の科目「科挙カキョ」(4)法律の条文。転じて、のり、おきて。「罪科ザイカ」「金科玉条キンカギョクヨウ」(科条(法律の条文)を金や玉のように大切にすること。この上なく大切にして従うきまり)「科料カリヨウ」(罪の代金)(5)[国]とが。あやまち。欠点。
蘇 ソ・ス・よみがえる  艸部
解字 ?ソは、「魚+禾(いね)」 の会意。とった魚を水でぬらした稲わらで包んで運び、のち、水をいれた桶に入れて生き返らせる(私見)ことから「よみがえる」意。蘇は 「艸(くさ)+?(よみがえる)」 の会意形声で、仮死した人をよみがえらせた伝説のある薬草の紫蘇をいう。
意味 (1)よみがえる(蘇る)。(=?)「蘇生ソセイ」 (2)しそ(紫蘇)。シソ科の一年草で、葉と果実は香りがよく香味料・色素・薬用となる。「青紫蘇あおじそ」 (3)地名。「蘇州ソシュウ」(中国江蘇省南部の都市。大運河が通る水郷地帯で水の都といわれる)(4)植物の名。「蘇芳スオウ」(①マメ科の小喬木。②蘇芳のサヤなどを煎じてつくる赤色染料、また、その色)
龢 カ・ワ  龠部
解字 「龠ヤク(ふえ)+禾(稔った穀物)」 の会意形声。龠ヤクは吹き口が三つ並んだ縦笛。稔った穀物の収穫に際し、ふえを中心とする楽器を演奏して神に感謝すること。農耕儀礼にともなう演奏を示す字と考えられるが、①楽器の音がととのう・調和する、②音楽を聞いて心がやわらぐ意となる。和の古字とされ、現在、ととのう・なごむ意は和の字を使う。
意味 (1)楽音がととのう。ととのう。(2)やわらぐ。なごむ。

同音代替(カ)
和 ワ・オ・カ・やわらぐ・やわらげる・なごむ ・なごやか 口部
解字 「禾(カ)+口(話す)」 の形声。カは加カ(くわえる)に通じ、口(話し)を加えること。争いに話しを加えることから、争いが治まる・おだやかの意となる。また、加える意から、たす・あわせる・まぜる意、龢ワ・カ(楽音がととのう)に通じ、楽音がととのう意ともなる。発音は漢音がカ、呉音がワ、唐音がオ。日本ではほとんどワの発音になっている。
意味 (1)争いを治める。「和解ワカイ」「和平ワヘイ」 (2)やわらぐ(和らぐ)。おだやか。なごむ(和む)。なごやか(和やか)「和気ワキ」「温和オンワ」 (3)あわせる。ととのう。「和音ワオン」「調和チョウワ」 (4)まぜる。たす。「混和コンワ」「総和ソウワ」 (5)日本・日本語。「和文ワブン」

          年 ネン <穀物のみのり>
年 ネン・とし  干部

解字 「禾(穂が実ってたれたイネ等)+人」の会意。人が実った穀物を頭上にのせている形で、穀物を収穫して運んでいるさま。穀物がみのる意を表わす。また、穀物の収穫は甲骨文字の使用された殷では年に一度であるので一年の意となる。篆文で人の下部に一(一度の意か)をつけた形から現在の字が出来あがった。
意味 (1)みのる。穀物のみのり。「祈年祭キネンサイ」(五穀豊穣などを祈る祭り) (2)とし(年)。一年。「年俸ネンポウ」「新年シンネン」 (3)よわい。年齢。「老年ロウネン」「少年ショウネン」

干部
人部武力篇戈族干http://honyaku.yahoo.co.jp/url_header?both=T&ieid=zh&oeid=ja&url=http%3A%2F%2Fwww.vividict.com%2FWordInfo.aspx%3Fid%3D3675
干,既是声旁也是形旁,表示捕?工具。幹

口(穴)三つ+侖(そろえてあわせる)」。
侖 リン・ロン 人部 解字 「?シュウ(あつまる)+冊サツ(木簡・竹簡)」 の会意。紐で結ん だ木簡や竹簡(冊)をまるく巻き合わせた形。ひとつのまとまった内容のある巻物を表し、 順序次第のある一連のものをいう。
「侖リン」 <きちんと整った>
字 「?シュウ(あつまる)+冊サツ(木簡・竹簡)」 の会意。紐で結んだ木簡や竹簡(冊)をまるく巻き合わせた形。ひとつのまとまった内容のある巻物を表し、順序次第のある一連のものをいう。順序だてて一連をなし、きちんとそろったさまを表す。
意味 (1)順序だてる。すじ道をたてる。 (2)まとまる。 (3)おもう。http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/927346fed9283ee04423ae408eb5bf7b
崙 ロン  山部
解字 「山+侖(整う)」 の会意形声。整った山容をした山。
意味 「崑崙コンロン」(中国西方の山系)に使われる字。崑は山が群がってつづく意、崙は整った山容をした山。崑崙は、山々がつらなり山容が整っている山。中国の西にある聖地の山で、天上と地上をつなぐ中継地と考えられた。「崑崙山脈」(チベットとウイグル自治区の境を東西に走る山脈)
天上と地上をつなぐ中継地

崑崙山。伝説に、周の穆王が西に巡狩した時、西王母は瑶池で宴を開きこれを もてなした、とあるが、地元では、その瑶池 ... その後、チベット、西ウイグル国、モンゴル 、東チャガタイ=ハン国、カシュガル=ハン国、ジュンガル部が支配するところとなった。
新彊ウイグル自治区http://www.tabichina.com/taizen/shinkyo/shinkyo.htm
ウラノール古城の東北二キロ、ウラノール・ダムの南斜面で古墳が発見された。1983年に発掘調査が行われているが、発掘されたのは46基。石棺墓と土坑墓がある。金製の耳飾り、銅鏡、陶器、小鉄器などが出土している。時代は、紀元前二、三世紀。サルマタイ系車師人のものと考えられている。
東北・・・鬼門
ダムの南斜面で古墳が発見

ホータンの東北(鬼門)にある北の ハランを通る北緯37度12分の緯度線は、能登半島から福島県を通り抜けます。http://www.historyjp.com/article.asp?kiji=214

ニヤ遺跡 北緯37゜58'、東経82゜43' 一帯http://www.tabichina.com/taizen/shinkyo/shinkyo.htm

緯度・経度は 37.465698,139.530034.
糠塚(ぬかずか)の古墳http://www.aizu-concierge.com/oku/map/spot/10902
太郎布高原にある西暦600年頃の豪族の墓であると言われる古墳。直径30m、高さ5m の円墳で横穴式のものであったと考えられています。

北の ハランを通る北緯37度12分の緯度線は、能登半島から福島県を通り抜けます。http://www.historyjp.com/article.asp?kiji=214

奥会津の村々(集落)には、古い神社や薬師堂、稲荷様などは集落に一つではなく沢山あります。そういった神社の前には大小の差はあれ、鳥居という建造物があります。
 が、奥会津の鳥居には、十字型の形象の鳥居があるのです。これは小堀さん(記事の著者)も気づいてはいないことです。
 普通の鳥居は、たいてい「干干」、このような形象をしています。
 キリシタンの奇跡で、鳥居の島木(シマギ)が朽ちて笠木(カサギ)は崩れ、額束(ガクヅカ)から真っ二つに寸寸(ずたずた)と寸断されると、ほらね、柱(ハシラ)と貫(ヌキ)が残れば、はい、十字架の出来上がり。
 干干 → 寸寸 → 十 十
 間に「寸寸」を持ち込んで、ゲシュタルト的に崩壊遷移させたこの説明は秀逸でしょう!
 冗談ではないのです、この「十」が「土」になってしまう前に、日本の基層文化としての奥会津を守らなければいけません。
 奥会津は、日本列島の北西部分の分水嶺の地にもあたります。そして、奥会津は日本の原風景の心の記憶と基層文化の分化の分水嶺でもあるのです。

「寧ネイ」 <心がやすらか>https://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/fef33a80e294400cb1ef03bb092d4ac2
獰 ドウ  犭部
解字 「犭(いぬ)+寧の旧字(ドウ)」の形声。ドウは恫ドウ(おどす)に通じ、人をおどす犬。また、人に例えて言う。
意味  わるい。にくにくしい。「獰猛ドウモウ」(たけだけしい。残忍で凶暴)「獰悪ドウアク」(荒々しく凶悪)

戎(えびす)
寧戎
ベゼクリク千仏洞 ベゼクリク千仏洞はトルファンの東で少し北にある火焔山峡谷の木頭溝にあり、トルファン市から約48キロメートルで、唐代に「寧戎窟ねいじゅうくつ」と名づけられた。http://www.comesilkroad.com/spots-bezekuriku
古代ウイグル人

中国の回族のうち、かなりの部分が古代ユダヤ 人の末裔が改宗したものではないかという説もある

中国の少数民族中、チワン族、満州族についで人口が多い。寧夏回族自治区や甘粛省、青海省などに特に多い。唐宋時代に中東から渡来した貿易商人が起源。その後も多数のムスリムが渡来し、漢族と交わり土着化したとされる。外見は漢族とあまり変わらない。主に中国語(漢語)を話す。
回族の用語解説 - 中国の少数民族の一。イスラム教を信仰し、主に寧夏(ねいか)回族自治区に居住する。13世紀に西アジアから移住したイスラム教徒が先祖で、漢族などと混血して少数民族的集団を形成。https://kotobank.jp/word/回族-457862

遊牧民族とオアシス国家の盛衰(スキタイ、匈奴、突厥、ウイグル、カラ=ハン朝など)http://manapedia.jp/text/2576
ウイグル
突厥や唐の支配下にあったトルコ系騎馬民族だったが、744年に東突厥を滅ぼした後王国を建設した。 安史の乱をおこした唐の節度使安禄山や史思明はウイグル族出身であり、その後唐を援助した。840年にキルギスにより滅ぼされた。文化的にはマニ教信仰やアラム文字を元にしたウイグル文字を作った。ウイグル文字は後のモンゴル文字や満洲文字に影響を与えた。

実は全く違うイスラム系であるウイグル族と回族https://matome.naver.jp/odai/2148733132815340201

ユダヤ米国の傀儡であるウイグル族過激派が、イスラム国に合流するというのは、至極当たり前。「イスラム国」=ユダヤ傀儡偽過激派ですから。 https://blogs.yahoo.co.jp/mvbzx0147/33726094.html
新疆ウイグル自治区のイスラム過激派といえば、過去に隠れユダヤ人偽イスラムテロリストのビン・ラディンが支援に回っていたところ。
中国に揺さぶりをかけるために、ユダヤ米国が対中テロに起用しています。
 

36° と 52° ・・・「米」88°

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2018年 8月16日(木)11時36分39秒
返信・引用
  ※円を分割するのに6等分をベースにした分割方法は使いやすかったのだと思われます。・・・
8分は1日(24時間×60分=1440分)の1/180である。
72×20=1440 聖書の数学―その驚異 完全数6からなる6、66、666は、そのいずれもが三角数である(ただし6666は違う)。6はこのように、最も基本的な数学的完全数と言ってもいい。 …

米寿:88歳のお祝い。漢字の八十八を縦に組み合わせると「米」に見えることから。
全天の星座の数は88個である。
グランドピアノの鍵盤の数は88個である。1オクターブが12音であることから、7オクターブをカバーできることがわかる。
黒鍵と白鍵の数がそれぞれ 36 と 52 である。
四国八十八箇所:四国にある88箇所の霊場。https://ja.wikipedia.org/wiki/88

世界共通の星座は全天で88あります。偶然にも、お遍路で知られる四国の霊場の数と同じです。http://www.kaze-travel.co.jp/oz-k-strerk.html

88星座と春の大三角・夏の大三角・秋の大四角形・冬の大三角を絵だけでなく星座の見方や、星座のまつわるギリシャ神話も解説しています。https://itunes.apple.com/jp/app/%EF%BC%98%EF%BC%98星座-四季の図鑑-星座の特徴や神話を絵で観て学べる/id1059209093

「88」の数字を数秘術的観点から見ると・・https://pluspiritual.com/archives/716

8=3+5
153のゲマトリア・数の3D:立方体化https://www.lenormand-japan.com/コンビネーション-グランタブロー/カードの数字の秘密-%EF%BC%91%EF%BC%95%EF%BC%93ゲマトリア/
キリスト復活後、弟子たちが主のお言葉通りに 網をおろしてみると、「153匹」もの魚で網がいっぱいになった。
153は、復活後のイエスが弟子たちに網をおろさせて漁をさせたとき、網にかかった魚の数であった。かつてイエスは、弟子たちに言われた。
 「あなたがたを、人間をとる漁師にしてあげよう」(マタ4・19)
 網にかかった「153匹の魚」は、福音を信じて最終的に救われる人々を象徴していたのである。ゼカリヤ書にこう預言されている。
 「全地はこうなる。──主の御告げ。──その3分の2は断たれ、死に絶え、3分の1がそこに残る。
 わたしは、その3分の1を火の中に入れ、銀を練るように彼らを練り、金をためすように彼らをためす。彼らはわたしの名を呼び、わたしは彼らに答える。わたしは『これはわたしの民。』と言い、彼らは『主は私の神。』と言う」(13・8~9)。
 最終的に、神の救いに入る人々の数は、全人類の3分の1なのである。あとの3分の2は、神への信仰を拒むために、自分の罪の中で滅びるであろう。
「わたしについて来なさい。人間を取る漁師にしてあげよう」。
ガリラヤ湖畔(カペナウム)

60進法 、 円周360度 から、 時間の単位は作られた と言われています。 農作物を分ける等、 ... 原始的な十進法 より 3分割4分割できる 十二進法 のほうが 理にかなっている とされるためです。
数学の粘土板
粘土板の中央線上に
4つの楔形数字(1 24 51 10)があります。
シュメールは60進法なので、
10進法に換算すると、
1 + 24/60 + 51/602 + 10/603 = 1.41421296・・・
となります。
これはルート2の近似値?
√2 = 1.41421356・・・
紀元前2000年の大昔にすでに近似値がこれほど正確に知られていたことは驚異です。
考古学的な証拠によれば、この文明は、円周率(π)の値を知っていたとの説があります。

円を分割するのに6等分をベースにした分割方法は使いやすかったのだと思われます。
6等分は1辺が半径の長さになる正三角形となるので、半径の長さで円周上を切っていくと簡単に6等分することができます。

それぞれを5等分したものが60分割になります。
60分割にすると5等分や10等分も可能になり、より使い勝手がよかったのでしょう。

30という数字は、土星の周期の数字と同じであり、太陽は1か月で進む距離を30に分割することで太陽は毎日1°ずつ進むことになります。

五芒星の内包五角形に外接する円を描く と、中央ストーンサークルの外周と一致します
五芒星=60進法?・六芒星=10進法?ともに西洋?の魔術 https://8906.teacup.com/toraijin/bbs/245

亀(六角形)と鶴(五角形)の合体なので鶴と亀ともとれます 5と6…10進法の2つの要 http://metatron.la.coocan.jp/zone-62/numb011.htm 2つの「数の正3角形」の中心の数は、「テトラクティス」が5、「プラトンのラムダ」が6 ...
亀(六角形)と鶴(五角形)の合体 童謡かごめかごめの意味https://8906.teacup.com/toraijin/bbs/4394
8分は1日(24時間×60分=1440分)の1/180である。太陽が地平線に頭出してから完全に離れるまでの時間はほぼぴったり2分だ。つまりこの誤差は地球の1年と、地上から見て太陽円盤が天空を4個分移動するだけの時間に相当するということになる。なお5π≒6φ2という式は5≒6φ2/π、6≒5π/φ2、π≒6/5φ2、φ2≒5/6π、1≒6φ2/5πなどと様々に変形ができる
5と6のセットは様々なジャンルの様々なスケールで機能する。正5角形もしくは5芒星はどこまでも展開していき、正6角形もしくは6芒星は結晶化して満たす。5はホロニックかつフラクタルに増殖する力を持ち、6は世界を充填して維持安定させる力を持つ。バッキーボールやフラードームも3角形6枚の正6角形構造だけでは成立せず、必ず3角形5枚の正5角形が正12面体の頂点の位置に入る。
8分は1日(24時間×60分=1440分)の1/180である。太陽が地平線に頭出してから完全に離れるまでの時間はほぼぴったり2分だ。つまりこの誤差は地球の1年と、地上から見て太陽円盤が天空を4個分移動するだけの時間に相当するということになる。なお5π≒6φ2という式は5≒6φ2/π、6≒5π/φ2、π≒6/5φ2、φ2≒5/6π、1≒6φ2/5πなどと様々に変形ができる
5と6のセットは様々なジャンルの様々なスケールで機能する。正5角形もしくは5芒星はどこまでも展開していき、正6角形もしくは6芒星は結晶化して満たす。5はホロニックかつフラクタルに増殖する力を持ち、6は世界を充填して維持安定させる力を持つ。バッキーボールやフラードームも3角形6枚の正6角形構造だけでは成立せず、必ず3角形5枚の正5角形が正12面体の頂点の位置に入る。
 

うてな(萼)(アテナ)の遣い

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2018年 8月15日(水)18時58分12秒
返信・引用
  1番目の土偶の左右の頭部には、湾曲する三角形が、2番目の図版の土器を真上から見たカタチにふくらんだ三角形が隠れていました。http://joumon-uzumaki.com/268.html

「土偶」は丸いお腹の中に命が宿っている母性の象徴であり、子孫繁栄や豊饒の願いが込められています。https://www.town.fukui-wakasa.lg.jp/jomon/

みみずく土偶と呼ばれる土偶である。顔は刻み目を施した隆帯で輪郭が縁取られ、円板を貼り付けて目と口が表現される。このユーモラスな顔が鳥のみみずくに似ていることから、その名が付けられた。http://www.emuseum.jp/detail/100621/001/001
みみずく
フクロウ
現実にフクロウの星座は存在していた。 それがふくろう座である。この星座は現在の88星座には含まれておらず、除外されている。 海蛇座の尾のあたりに存在していた星座である。
梟はミネルヴァ(アテナ)の遣いであると伝承されている。

アテナとは。意味や解説、類語。ギリシャ神話で、技術・学芸や戦いなどをつかさどる女神。ゼウスの頭から武装した姿で生まれたとされる。パラス(Pallas)とも呼ばれる処女神で、英雄たちの守護者。梟 (ふくろう) を聖鳥とする。

臺:読み方(だい,たい,むろ,つぼ,たき,うてな)、漢字もわかる。https://myoji-yurai.net/searchResult.htm?myojiKanji=%E8%87%BA
つぼ
瓢箪はまた神仙境を顕しているとも謂(い)われる。 神仙境のシンボルことが瓢箪であった。神仙境は「死後に遊ぶ」という願望から起こったとされる。http://daitouryu.net/1459494587816/
謂(い)
胃宿(いしゅく・えきえぼし/えきへぼし/こえきぼし)は二十八宿の一つで、西方白虎七宿の第3宿。距星はおひつじ座35番星。http://www.geocities.jp/mishimagoyomi/28syuku/28syuku.htm
西方白虎七宿(せいほうびゃっこしちしゅく)
奎 斗掻き星(とかきぼし) アンドロメダ座ゼータ星
婁 たたらぼし   おひつじ座ベータ星
胃 えきえぼし   おひつじ座35番星
昴 すばるぼし    おうし座17番星
畢 あめふりぼし   おうし座イプシロン星
觜 とろきぼし   オリオン座ラムダ星
参 唐鋤星(からすきぼし)   オリオン座ゼータ星

宿曜占星術の二十七宿一番目の昴宿について ... 昴宿(ぼうしゅく)は前世(業)に翼宿、来世(胎)に斗宿という関係になります
プレアデス星団(昴)http://nakshatra.tokyo/pc/1.html

昴 ボウ・すばる  日部https://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/0fdab5e338a878021ae2e5c21049252c
解字 「日(ほし)+卯(ボウ)」 の形声。ボウは旄ボウ(ヤクの毛を竿頭につけた旗)に通じる。旄ボウはヤクの毛をまとめて丸くした飾りを旗竿の上から5つほど連続して吊りさげた旗。皇帝の使節に任命の印として与えられた。この連続した丸い飾りを星になぞらえ、連続して数個がまとまる星であるスバルに当て、中国で旄頭星ボウトウセイともよばれた。
日本語の「すばる」は、統る(すばる:集まって一つになる)からきており、肉眼で人によって5~7つの星が集まって一つにかたまって見える星の意。日本では通常6個の星が見えるので、六連星(むつらぼし)ともいった。
意味 すばる(昴)。星の名前。おうし座にあるプレアデス星団を昴すばるという。28宿のひとつ。通常5~7つの星がまとまって見える。「昴宿ボウシュク」(すばるの漢名)

果実と胚と胚珠と種子の違いって何ですか? 種子 (しゅし) とは被子植物と裸子植物が子孫を残すために、受精によって作った物で、散布しやすいように作られている。、単に種(たね)と呼ばれることが多い
胚珠(はいしゅ)は種子になる前の物を言う。受精前は胚珠であり、受精してから種子になるといえる。
被子植物では胚珠はメシベの根元の子房という膨らんだ部分の中にある。子房には中に空間があり、そこに胚珠が入っている。
裸子植物の場合は、胚珠は剥き出しになって雌しべに当たる部分の上に並んでいる。
受精の後、受精卵は発生を始め、幼い植物体(胚)になる。胚珠は種子になり、珠皮は種皮になる。

「竹かごを母胎にした漆器」
籃胎漆器(らんたいしっき)とは - コトバンクhttps://kotobank.jp/word/籃胎漆器-148136
竹を編んで素地とした漆器。丈夫で軽く変形が少ない。中国で早くから発達し,朝鮮の楽浪彩筐塚出土の〈人物漆絵竹筐〉は有名。
正倉院の漆胡瓶(ぬりのこへい)は巻き上げか輪積みの胎地という説がある。
胎地・・・
行動をはじめる・きざす
胎 タイ・はらむ  月部にくhttps://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/40334e1d50763cb0661e877626a8b32b
解字 「月(からだ)+台(行動をはじめる・きざす)」 の会意形声。身体の中で赤子が動き始めること。
意味 (1)みごもる。はらむ(胎む)。「受胎ジュタイ」「胎児タイジ」 (2)子の宿るところ。「胎盤タイバン」「母胎ボタイ」
始 シ・はじめる・はじまる  女部
解字 「女+台(行動をはじめる・きざす)」 の会意。女の腹の中でみずから動き始めた生命の意。意味は胎と同じだが、胎は胎児の意に、始は始めの意に用いる。
意味 (1)はじめる(始める)。はじまる(始まる)。「開始カイシ」「始動シドウ」「年始ネンシ」 (2)物事のおこり。「始祖シソ」

胚胎
不 フ <まるくふくらむ>・・・瓢箪型?

「胚胎ハイタイ」(みごもること。きざすこと)
まるくふくらむ
杯 ハイ・さかずき  木部
解字 「木(き)+不(まるくふくらむ)」 の会意形声。まるくふくらんだ木の器。
意味 (1)さかずき(杯)。酒をうける器。「乾杯カンパイ」「玉杯ギョクハイ」(玉でつくった杯。さかずきの美称) (2)賞として与える金属製のさかずき。カップ。「金杯キンパイ」「苦杯クハイ」(苦い液をいれた杯。つらい経験のたとえ)「賞杯ショウハイ」(賞として与える杯) (3)器に入ったもの、また船を数える言葉。
盃 ハイ・さかずき  皿部
解字 「皿(台のついた容器)+不(まるくふくらむ)」 の会意形声。まるくふくらんだ皿。さかずき。
意味 さかずき(盃)。杯の俗字。
坏 ハイ・つき  土部
解字 「土(つち)+不(まるくふくらむ)」 の会意形声。まるくふくらんだ丘や、積み上げた土のやま。日本では「杯」に対し土製の器(つき)の意で使われる。
意味 (1)おか(丘)。積み上げた土の山。 (2)しらじ(白土)。陶磁器を作る素地の土。「坏土ハイド」 (3)[国]つき(坏)。食物を盛る器。「高坏たかつき」(食物を盛る脚付きの台)
丕 ヒ・おおきい  一部
解字 「一(最初)+不(まるくふくらむ)」 の会意形声。ふくらみはじめた最初の段階で、はじめ・もとの意。はじめ・もとの意から転じて天子の意となったため、おおきい・さかんの意味ともなる。
意味 (1)はじめ。もと。(2)天子。「丕子ヒシ」(天の元子の意から天子。また天子の長男)「丕命ヒメイ」(天子の命令)(3)おおきい(丕きい)。さかん。「丕基ヒキ」(大きな基礎)「丕業ヒギョウ」(大きな事業)
胚 ハイ・はらむ  月部にく
解字 「月(からだ)+丕 ヒ」 の会意形声。丕 ヒは、「一(最初)+不(ふくらむ)」 で、ふくらみはじめた最初の段階、胚は、人がみごもる意。
意味 (1)はらむ(胚む)。みごもる。きざす。「胚胎ハイタイ」(みごもること。きざすこと) (2)はい。発生初期の個体。「胚芽ハイガ」(種子の中で芽となって生長する部分)「胚子ハイシ」(受精後、発生しはじめた卵細胞)

胎齢4週間目の胎芽(たいが)の姿なんでありますで、このようなものを古代人が知るわけがない。
分かるわけがないけども彼らは例えば動物、あるいは魚を観察することによって発生の前段階に勾玉状の胚が発生しこれから魚類になったり熊になったり鹿になったり人間になるという
そのシンボルで勾玉のマァ所謂「胎芽」http://blog.livedoor.jp/ken2bjijikai-idoling/archives/15981299.html
胎齢4週間目の生命の起源みたいなものを探り当てたのではないだろうかっていうね
 玉というのはとても不思議なもんですよね?
古事記や日本書紀の中にも玉の話がいっぱい出てきますけども豊玉姫(トヨタマヒメ)という海人のお姫様がいる。で、竜宮城みたいな所にいるんですよね
で、その豊玉姫を口説き落とした旦那さんがいるんですが火遠理命(ホオリノミコト)かな? とにかく海幸彦ですわあ、山幸彦さんだ。
山幸彦さんが竜宮まで行って恋した女性が豊玉姫で日本各地に残っている縄文土器とか縄文遺構というのは、ある意味ではものすごく巨大な神話的な文脈を持っているのではなかろうかというふうに言われておりまして。
 勾玉のその形には驚きました
胎芽っていうんですかね? 表してるっていうのはね。

火焔型土器(かえんがたどき)は土器の縁の部分に四方または八方に炎が燃えさかっているような装飾が施されいる土器で、儀式などに用いられていました。https://lifehack-analyzer.com/jomon-pottery/
四方または八方に炎が燃えさかっているような装飾

四方八方
萼を十字に開くと、中央のおしべとめしべが多数、四方八方に長く華やかに伸び、花弁のない小花を咲かせます。

咢(口を大きくあける)
顎 ガク・あご 頁部https://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/ab515cf71d0cad5c2e04f65612089c9d
解字 「頁(かお)+咢(口を大きくあける)」 の会意形声。顔の中の口を大きくあける部分である「あご」。
萼 ガク・うてな  艸部
解字 「艸(くさ)+咢(口を大きくあける)」 の会意形声。口を大きくあけて花を包むように外側にある花のガク。
意味 うてな(萼)。花のがく。花の外側にあって花を保護し支えているもの。花びらを包んで支える器官。「花萼カガク」

裏NASAがひた隠す真の太陽系について https://8906.teacup.com/toraijin/bbs?

巸(キ)は暉キ・輝キ(ひかり・かがやく)「炉で精錬された」・・・
ヨハネは七つの燭台の真中に立つ方の頭から足に目を落とします。そしてそこに光り輝くしんちゅう(真鍮)のような足を彼は見たのです。

頤 イ・おとがい・あご 頁部
解字 金文は乳房イだけを描いた形。イの発音は、巸イ(赤子が乳をのむ)に通じ、子を養育する意でも使う。篆文で「乳房ひとつ+頁(かお)」になったが、乳房ひとつを、顔のあごが突き出た形と間違え頁(かお)を付けて、あご・おとがいの意とした。したがって、この字は、おとがいと、子を養育する意の二つがある。
意味 (1)おとがい(頤)。あご(頤)。「頤使イシ」(人をあごで使うこと)「朶頤ダイ」(朶は、たれる意、頤はあご。①あごを垂れる意で、あごを動かして物をたべる・食欲の盛んなこと。②転じて、強国が弱国を飲み込もうとすること) (2)養う。育てる。「頤身イシン」(身体を養生する)「頤志イシ」(志を養う) (3)「頤和園イワエン」とは、北京市西郊にある大庭園。
同音代替
熙[煕] キ・ひろい・あきらか  灬部
解字 「灬(火⇒火の光)+巸(キ)」の形声。キは暉キ・輝キ(ひかり・かがやく)に通じ、灬(火⇒火の光)と合わせた煕は、ひかりかがやく意。また、光が遠くまでひろまる・ひろい意となる。現在は、新字体に準じた熙が使われる。また、巸キ(赤子が乳をのみ、よろこぶ・たのしむ)の意ともなる。
意味 (1)ひかる(煕る)。かがやく。光をはなつ。あきらか。 (2)ひろい(煕い)。ひろまる。 (3)よろこぶ。たのしむ。やわらぐ。「熙熙キキ」(楽しげなさま)「熙笑キショウ」(たのしげに笑う)「熙春キシュン」(やわらいだ春) (4)おこる。さかんにする。「熙隆キリュウ」(盛んにする)

顎 ガク・あご 頁部https://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/ab515cf71d0cad5c2e04f65612089c9d
解字 「頁(かお)+咢(口を大きくあける)」 の会意形声。顔の中の口を大きくあける部分である「あご」。
萼 ガク・うてな  艸部
解字 「艸(くさ)+咢(口を大きくあける)」 の会意形声。口を大きくあけて花を包むように外側にある花のガク。
意味 うてな(萼)。花のがく。花の外側にあって花を保護し支えているもの。花びらを包んで支える器官。「花萼カガク」
 

裏NASAがひた隠す真の太陽系について

 投稿者:吾亞風  投稿日:2018年 8月15日(水)16時45分17秒
返信・引用
  「今から約4000年前、突如、木星の表面が大爆発を引き起こし、そこから灼熱の巨大彗星が飛び出した。
巨大彗星は太陽系の惑星と衝突を繰り返しながら、ついには地球に2度も接近。約3000年前、奇跡の天変地異を引き起こした。
さらに、約2800年前、巨大彗星は火星に大接近し、その軌道が大きく変化。
地球の内側を公転する金星となった。
が、このとき弾けた火星が地球に接近し、またもや地軸に異変をもたらす天変地異をもたらした。」
(飛鳥昭雄・三神たける著の「太陽の謎とフォトンベルト」から引用)

BC1046年が受命から13年後とすると,文王に天命が下ったのはBC1059年であり,それは天に描かれた。その年の天象として,5月末に起こった五惑星聚合こそこの天命にふさわしいではないか! そればかりかさらに,12月にはハレー彗星が現れた[13]はずという。
「昔武王殷を伐つ。歳は鶉火に在り。月は天駟に在り。日は析木之津に在り。」https://www.kcg.ac.jp/kcg/sakka/oldchina/page44.htm
歳とは木星のことで, 鶉火,天駟,析木とはいずれも天球上の位置を表す。12年弱で天球を1めぐりする木星が「鶉火 」に在るのはBC1071年,BC1059年,BC1047年,BC1035年,BC1023年の夏から翌年の夏まで,冬至点がやぎ座にあった当時,太陽が「析木之津」にいるのは11月頃で,月が「天駟 」に在るのは新月2日前となる。したがってその日は特定でき,最も条件に適する日はBC1047年11月27日となる。漢書にも史記にも牧野の戦いで勝利をおさめたのは「甲子の日 」と記載されており,1976年に陝西臨潼で出土した青銅器,利簋にも「武王征商,唯甲子朝」という銘文があるという。

スキタイ神話ではかまど神(クレータ)が重要https://8906.teacup.com/toraijin/bbs

これら多くの怪物のうち、オルトロス、ヒュドラー、ネメアの獅子、カルキノス、エトンはいずれも英雄ヘラクレスに殺されている。しかしエキドナはヘラクレスとの間にも、スキタイ民族の祖となる3人の子を産んだという。
エキドナ(Echidna, 希:?χιδνα)は容姿は上半身は美女で下半身は蛇の怪物である。『蝮の女』がその名の意味。ケルベロスやヒュドラなど多くの有名な怪物達の母として知られる。
エキドナの生んだ子
魔人テュポーンとの間の子
ケルベロス:3つの首をもつ冥界の番犬。
オルトロス:三頭三体の巨人ゲリュオンに仕える双頭犬。
ヒュドラ(ヒドラ):9つの首をもつ毒蛇。首を一つ切ると二つ生えてくる。後のうみへび座である。
キマイラ:ライオンの頭と山羊の胴体、蛇の尻尾を持つ怪物(異説あり)。
デルピュネー:蛇女。テュポーンの命令で、主神ゼウスから切り取った腱の番をしていた。
パイア:メスの猪。育ての親は同名の老婆。猪ではなく女盗賊との異説も。
エトン:禿鷲。人間に火の知識を与えた巨神プロメテウスの内臓をついばむ。異説では後のわし座とされる。

オルトロスとの間の子
テュポーンが神々によってエトナ火山の下に封印された後、エキドナは息子オルトロスとの間に近親相姦で子を設けている。
スフィンクス:ギリシャ産のスフィンクスはメスである。
ネメアの獅子:分厚い皮の下に甲羅があるライオン。後の獅子座である。
ラードーン:百の首をもつ竜。神々の果樹園で黄金のリンゴを守る。後の竜座である。
カルキノス:巨大な蟹。後の蟹座である。

ヘルクレス座(Hercules)は、トレミーの48星座の1つ。ヘルクレス座は、全天で5番目に大きい星座である。あまり明るい星はない。
プトレマイオスの48星座のひとつで、夏の宵頃に、南の頭上高く見える星座です。
隣接する星座
りゅう座 ・うしかい座 ・かんむり座・ へび座・ へびつかい座・ わし座 ・や座 ・こぎつね座 ・こと座

ヘルクレス座には明るい星がありませんが、特徴のある胴体部分の星の並びと、肩から頭を描いている三角形をとらえると、案外簡単にヘルクレスの姿をとらえることができます。
また、こと座のベガは、はくちょう座のデネブ、わし座のアルタイルと共に「夏の大三角形」をつくっているので、ヘルクレス座は、春の大曲線と夏の大三角形の間あたりを探せば見つかると思います。

ひざまずく者・・・台形・・・灬(火⇒火の光)と合わせた煕は、ひかりかがやく意。?
「ヘラクレス座」は紀元前4000年頃には「鎖で繋がれた神様」としてその姿は見られていました。https://marchof-gabriel.com/424.html

ヘラクレスは、大神ゼウスとアルゴスの王女アルクメネーの間に生まれます。
オリュンポス神族の系図http://www.vdgatta.com/myth/tree/myths_olym.html

ユースティティア (Jūstitia あるいは Iūstitia) とは、ローマ神話に登場する女神。https://wpedia.goo.ne.jp/wiki/ユースティティア
名前はラテン語で「正義」を意味し、英語ではジャスティス (Lady Justice) と知られる。正義の女神であることから、裁判所などでは、天秤と剣を手にし目隠しをしたユースティティア(あるいはテミス)の像 (Statue of Lady Justice または Statue of Jusctice) を飾る習慣がある。ただし最高裁判所など目隠しされていないものもある。
詳細は「正義の女神」を参照
ギリシア神話のホーラ(ホーライ)の一人ディケーや、その母で掟の女神であるテミスと同一視される。 また、アストライアーとも同一視され、おとめ座の女神とされる。

アストライアーとも同一視され、おとめ座の女神・・・角宿

うてな【▽台】の意味https://dictionary.goo.ne.jp/jn/19938/meaning/m0u/
1 四方を眺めるために建てられた高い建物。高殿?(たかどの)?。
2 極楽に往生した者の座る蓮?(はす)?の花の形をした台。蓮台?(れんだい)?。
3 (「萼」とも書く)花の萼?(がく)?。
4 眺望をよくするために、土を積んで高くした所。〈和名抄〉

角宿の概要 角宿は東方を守る霊獣青竜の角に当たり、司法、戦争を司る宿といわれています。十二宮の中では、「女宮」に二足、「秤宮」に二足属しています。
人体の中では頤に当たります。
星図ではおとめ座或アルファー星に位置し、神話では収穫の女神を表します。
インドの星の名は、「鮮やかな装飾」という意味を持ち、別名「彩画宿」とも呼ばれていました。音楽、歌や舞と深い関わりを持つ宿です。
「財運」・「ビジネス運」上々の宿です。

おとがい:進化のシンボルhttps://wired.jp/2015/08/02/the-ontogeny-of-the-chin/

頤 イ・おとがい・あご 頁部
解字 金文は乳房イだけを描いた形。イの発音は、巸イ(赤子が乳をのむ)に通じ、子を養育する意でも使う。篆文で「乳房ひとつ+頁(かお)」になったが、乳房ひとつを、顔のあごが突き出た形と間違え頁(かお)を付けて、あご・おとがいの意とした。したがって、この字は、おとがいと、子を養育する意の二つがある。
意味 (1)おとがい(頤)。あご(頤)。「頤使イシ」(人をあごで使うこと)「朶頤ダイ」(朶は、たれる意、頤はあご。①あごを垂れる意で、あごを動かして物をたべる・食欲の盛んなこと。②転じて、強国が弱国を飲み込もうとすること) (2)養う。育てる。「頤身イシン」(身体を養生する)「頤志イシ」(志を養う) (3)「頤和園イワエン」とは、北京市西郊にある大庭園。
同音代替
熙[煕] キ・ひろい・あきらか  灬部
解字 「灬(火⇒火の光)+巸(キ)」の形声。キは暉キ・輝キ(ひかり・かがやく)に通じ、灬(火⇒火の光)と合わせた煕は、ひかりかがやく意。また、光が遠くまでひろまる・ひろい意となる。現在は、新字体に準じた熙が使われる。また、巸キ(赤子が乳をのみ、よろこぶ・たのしむ)の意ともなる。
意味 (1)ひかる(煕る)。かがやく。光をはなつ。あきらか。 (2)ひろい(煕い)。ひろまる。 (3)よろこぶ。たのしむ。やわらぐ。「熙熙キキ」(楽しげなさま)「熙笑キショウ」(たのしげに笑う)「熙春キシュン」(やわらいだ春) (4)おこる。さかんにする。「熙隆キリュウ」(盛んにする)

顎 ガク・あご 頁部https://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/ab515cf71d0cad5c2e04f65612089c9d
解字 「頁(かお)+咢(口を大きくあける)」 の会意形声。顔の中の口を大きくあける部分である「あご」。
萼 ガク・うてな  艸部
解字 「艸(くさ)+咢(口を大きくあける)」 の会意形声。口を大きくあけて花を包むように外側にある花のガク。
意味 うてな(萼)。花のがく。花の外側にあって花を保護し支えているもの。花びらを包んで支える器官。「花萼カガク」
 

スキタイ神話ではかまど神(クレータ)が重要

 投稿者:吾亞風  投稿日:2018年 8月15日(水)12時22分20秒
返信・引用
  クレータの用語解説 - 一般に噴火口や爆弾穴を意味するが,月面や火星にある大小無数の丸い凹孔をクレータと呼ぶ。環状山ともいう。https://kotobank.jp/word/クレータ-57549

ヘスティアとは、ギリシャ神話の炉(竈/かまど)の女神である。 https://dic.pixiv.net/a/ヘスティア

エキドナ(Echidna)https://srw.wiki.cre.jp/wiki/ギリシア神話
上半身は美女で下半身は蛇で背中に翼が生えた怪物。

その子供はスキタイの祖先になったという伝承もある
エキドナとは、ギリシア神話に登場する半人半蛇の怪物である。 下半身が蛇で、上半身の人間の部分は美しい女性の姿をしていると言われる。多くの怪物たちの母として知られる。http://dic.nicovideo.jp/a/エキドナ

ゼウス→パパイオス ガイア→アビ(アピ)
蛇女アビ/Abihttp://himaring.com/abi/
ギリシャ神話→スキタイ神話
龍国日本/女神アビ=龍蛇神イナンナ?
ギリシャ神名→スキタイ神名
・ヘスティアー(かまど神)→タビティ
・ゼウス→パパイオス ガイア→アビ(アピ)
・アポロン→ゴイトシュロス
・アフロディーテー→アルギンパサ
・ポセイドン→タギマサダス
*スキタイ神話ではかまど神が重要らしい。
ヘスティアー(かまど神)→タビティ・・・

タビサ(Tabitha)(女)…ギリシア語の「(動物の)ガゼル」。
 同系は、タバサ(Tabatha)など。愛称は、タビー(Tabbie,Tabbi,Tabby)など。http://bluechest.cocolog-nifty.com/blog/rst/index.html

「ガゼル(野生の雌牛)http://flamboyant.jp/bible/bib028/bib028.html
牝牛
イーオー(古希: ?ώ, ラテン文字転写: Īō 、ラテン語: Io )は、ギリシア神話に登場する女性。長母音を省略してイオとも表記される。ゼウスの恋人であり、牝牛に姿を変えられてギリシアからエジプトまで各地をさまよった。
イーオーはアルゴスでヘーラーに仕える女神官を務めたとされる。
イーオーは雨をもたらす月の女神の化身だったとする。また、イーオーの物語は本来関係のない二つの物語が原型にあり、これにいくつかの要素が加わってできたのではないかと考察している。二つの物語とは、ひとつは月の神獣である牝牛が星々に守られて大空をめぐる話で、アイルランド伝説にも同種の話がある。もうひとつは、ギリシアに侵入したヘレーネスの指導者(ゼウス)が月の巫女を陵辱した話で、イーオーとは「牝牛の眼を持った」ヘーラーの異名にほかならない。加えられた要素としては、虻に追われて牛が狂い回る仕草は、雨乞いの儀式であり、アルゴス人の植民地がエウボイア島からボスポロス、黒海、シリア、エジプトへと広がっていったことに伴い、この祭式も東漸したことを示す。また、ギリシアにおけるイーオー信仰が、エジプトのイーシス、シリアのアスタルテー、インドのカリのそれぞれの信仰と類似していることの説明であるとしている[13]。
イオ (衛星) 木星の衛星で、「ガリレオ衛星」の一つ。

なぜ木星の名前はジュピター(ゼウス)なんですか?https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12100290057

木星の別名。 「太白(=金星)、-を犯す/続紀 養老六」
さいせい【歳星 suì xīng】https://kotobank.jp/word/歳星-507864
木星の古代中国名。五星の一つ。五行説では木に配するので木星とも称するようになった。黄道上を約12年周期で移動するため,古代中国では木星の黄道上の位置,またはその像としての太歳の位置による紀年法が行われたので歳星と称する。術数家は人君の象徴であり,諸神を率い,方位を正し,四季を循環させて1年を秩序づける星として重視し,特にその方位を犯すことを忌んだ。【麦谷 邦夫】
歳星(木星)が鶉火(じゆんか)(南)に位置していたことから,鶉火を周の分野としたとある。

BC1046年が受命から13年後とすると,文王に天命が下ったのはBC1059年であり,それは天に描かれた。その年の天象として,5月末に起こった五惑星聚合こそこの天命にふさわしいではないか! そればかりかさらに,12月にはハレー彗星が現れた[13]はずという。
「昔武王殷を伐つ。歳は鶉火に在り。月は天駟に在り。日は析木之津に在り。」https://www.kcg.ac.jp/kcg/sakka/oldchina/page44.htm
歳とは木星のことで, 鶉火,天駟,析木とはいずれも天球上の位置を表す。12年弱で天球を1めぐりする木星が「鶉火 」に在るのはBC1071年,BC1059年,BC1047年,BC1035年,BC1023年の夏から翌年の夏まで,冬至点がやぎ座にあった当時,太陽が「析木之津」にいるのは11月頃で,月が「天駟 」に在るのは新月2日前となる。したがってその日は特定でき,最も条件に適する日はBC1047年11月27日となる。漢書にも史記にも牧野の戦いで勝利をおさめたのは「甲子の日 」と記載されており,1976年に陝西臨潼で出土した青銅器,利簋にも「武王征商,唯甲子朝」という銘文があるという。

木星は雲の 中にまだ生まれぬ金星を隠し、それを切り裂いた(アリストテレス の記述) ○ ポリネシア諸島では、木星と金星が混同され、2つともファウマ orパウピティの名で呼ば れている。http://blog.livedoor.jp/kame3328/archives/51714087.html
曰く「約4000年前、木星に起こった大爆発により、弾き飛ば された巨大な溶岩の塊が母体となって、木星から彗星が放出された。それが金星である」と。
鴟 氐族 クフ王  少名彦 キリスト 教 https://8906.teacup.com/toraijin/bbs/1654
○ギリシャ神話では、空に突然現れた女神はパラス・アテネ(金星)  だった。
金星はゼウス(木星)の頭から飛び出した。木星は雲の中にまだ生まれぬ金星を隠し、それを切り裂いた(アリストテレスの記述)
○ポリネシア諸島では、木星と金星が混同され、2つともファウマorパウピティの名で呼ばれている。
○古代エジプトでイシスもホルスも、もともと木星の名であった。
 新しい惑星が現れて空に君臨するようになってから、金星にイシスorホルス、アモンの名を与えた
○アッシリア+バビロニアのイシュタールも、昔は木星の名であった。
 その後金星の名となり、木星はマルクドゥと呼ばれた。
 バールは木星の別名だが、かつては土星に用いられていた。その後金星の名となった。
○BC3103年の古代インド惑星表には金星だけが欠けている。
 精密な天文学を誇る古代インドのバラモンは、5惑星体系を知らなかった。
 ヴェーダでは金星を「煙を吐く火のようだった」と記している。
 

口から火と煙を吐く・・・隕石を降らせる・・・流(龍?)星群 魯 日(白)+魚

 投稿者:吾亞風  投稿日:2018年 8月15日(水)11時38分39秒
返信・引用
  てんびん座,おとめ座の領域を巨大な竜の姿に当てはめて,星宿名がつけられています。

中国では、龍は天子を意味するものであり、天子に関する事柄に用いられ、さらには英雄や豪傑をたとえるものでもあり、特に優れていることを指している。ところがヨーロッパにおいては、伝説上の怪獣・ドラゴンは中国の龍に近い形態を持つ動物であるにもかかわらず龍とは異なる立場に位置し、強い力・暗黒・暴力を象徴するものとされている。ヨーロッパで描かれる典型的なドラゴンは、頭に角を持ち、胴は緑や黒っぽい色の鱗におおわれた蛇、あるいはトカゲのような爬虫類のもので、西洋における龍の名「ドラゴン」はギリシア語の「ドラコーン」を由来とし、「ドラコーン」とはすなわち蛇を意味している。獅子の前脚と鷲の後ろ足、サソリの尾などを持つものとして描かれており、また特徴として、コウモリのような翼を有している。この翼を用いて天空を飛翔し、口から火と煙を吐くとされている。また太古の昔、人類登場以前に存在していた恐竜に似た姿をしてもいる。このようにドラゴンはいくつかの動物が組み合わされた形態を持っていた。
中国古代の聖獣伝説─龍思想に関する研究─ http://chubun.hum.ibaraki.ac.jp/kano/student/99nagai.html
 聖なる獣・龍ではあるが、中国においても龍退治の物語が存在している。『淮南子』には、空に穴が開き、天地のバランスが崩れてしまったときに、女  が五色の石を練り上げて作ったものを用いて空を修繕した。それとともに大雨を降らせていた黒龍を殺し、大洪水を止め、冀州を救ったと記されている。民話には黒い龍が村の谷川の水をすべて飲み干し、涸らしてしまったためにその龍は殺され、岩に姿を変えたという。また中国には四海や河、湖などを守護するとともに暴れ者として河を氾濫させるといわれる龍王が存在し、その龍を退治する英雄が登場するのである。とはいえ、その多くの龍は神の配下や吉兆を示す神聖なものであり、さらには長寿、円満など人々の願いを象徴した、信仰の対象としてみなされているのである。

中国各地で龍に関する行事が行われ、一年を通してみることができる。旧暦一月龍灯、旧暦二月龍抬頭、旧暦五月分龍節、雲南省では旧暦五月に龍王を祭って供物を捧げ、旧暦七月には龍母の昇天を、旧暦の八月には龍公の昇天を見送る。ラオス、タイ同様に、中国の大河でも夏の始まる頃に龍頭祭が催される。青海省の省都西寧は、かつてのシルクロード南ルートであり、チベット族やモンゴル族、回族の人々が多く生活している。この地には黄河という大河が流れ、青海湖がある。ここにおいても旧暦の七月に龍に関する祭祀、「海祭り」が行われている。ラマ僧によって楽が催され、海に捧げる供物が用意され、「赤、青、白、黄色の「龍達」とよばれる紙片もこの炎に向かってなげいれるや、炎のいきおいで空高く舞い上がる。うまく舞い上がると五穀豊穣や家畜の繁栄などが約束される兆しとして喜ばれる」23。その後「法舞」という舞が行われる。虎や龍、牛などの動物をかたどった面をつけたラマ僧によって舞が舞われ、護法神としての役割を持つ。チベット族でも「龍舞祭」が行われる。ここでも火が燃え、そこに龍達(ロンダー)や供物の五穀が人々の手によって投げ入れられる。「火炎の気流にのって空高く舞い上がる龍達は、龍が天に昇るようにさえ見える」24という。さらに龍舞、「大きな円形を描き龍がとぐろを巻いているように龍の舞」25が舞われ、龍女を意味する女体像が登場する。また、湖南省や貴州省に暮らすミャオ族では龍王が信仰されている。秋の稲収穫後または春の耕し前に、龍を呼び出す儀式を行う。そこには伝統的な色と方位との関係がみられる東の青龍、南の赤龍、西の白龍、北の黒龍、中央の黄龍が登場するのである。黄色は中国にとって特別な意を持つ色であり、神話に語られる禹の姿は龍であったと先に触れたが、その龍は黄龍であった。
 龍は長寿または不死と結びつき、天高く飛翔することから天地を行き来することができ、天上への乗り物と考えられた。龍は春分には地上から天に昇っていき、秋分には下りてきて淵に入るという。このことは空に瞬く星と関係しているのだろう。序章で記述した戦国時代前期の曾候乙墓から出土した漆箱の蓋には、北斗七星にあたる星名とともに二十八宿26がみられ、東方と西方に青龍七宿と白虎七宿が対として表わされ、その後南方と北方に朱雀七宿と玄武七宿がそれぞれ加えられたが、四方にわけた天に四神をあてはめる思想の原型がすでにあったことを示している。文献に関しては漢代に司馬遷によって書かれた『史記』律書には、四方に配された二十八宿についての記載がある。この東方の青龍にあたる七宿は西洋においてはサソリが連想された。その中でも一番明るい光を放ち、サソリの心臓とされるアンタレスは中国では心(なかご)とも大火あるいは火とも称されているが、特に春分のころに空に輝き、秋分のころには姿を見せなくなった故に、淵に入るとされたのではないだろうか。すなわちこの季節は農業にとって作物を生育させるために必要不可欠な恵みの雨がもたらされるために、龍と雨乞いとが関連づけられたのだろう。
 「十二支は殷代にさかのぼれる」27という。その中でも唯一十二支に登場する、想像上の動物である、辰。「辰」は北極星や北斗七星を指し、また東方青龍七宿のひとつである房(そい)星のことでもあり、青龍の本体のことを指している。このことからも四神思想と星宿が密接に関わりを持っていることが推測できる。「四神」という思想は曾候乙墓の漆箱からもみてとれるように、その原型はおよそ戦国時代に成立していた。様々な造形に表現され、現存の動物を土台にしてイメージした「四神」を象徴する神獣として青龍、白虎、朱雀、玄武が配されるのは、漢代の中期、武帝以降のことである。武帝は神秘主義的性格の強い儒教を国教とし、陰陽五行説に基づく四神図像が成立した。それ以前の漢代には四神ではなく、三神の例が多くある。「戦国末から前漢初の図像資料のなかには、亀と蛇の交尾形である玄武が描かれていないものも多く、玄武が最後に四神の仲間入りしたことだけは明らかである」28という。四神は天体で、もともと天の四方に配された星宿の名であり、それが徐々に下へとさがり、地の四方の守り神となった。中国人は中央を加えた五方を基本として考えており、四神思想は五行思想29に基づいている。また方格規矩四神鏡からは、四角い大地と円い天がその上にあるとする「天四地方」が見てとられ、大地の四方に柱=四極が天を支えているという思想が反映されている。

なぜドラゴンは邪悪と悪魔視され、龍は神獣として、全く異なった信仰が行われるに至ったのだろう。それは西洋世界を中心とする人々と古代中国人との自然に対する考えの違いが原因である。退治されるドラゴンはすなわち、人間が自然をも支配しようとした考えの表われであり、河を象徴するドラゴンは敵対者とみなされた。中国においても河の氾濫をひきおこす龍は恐れられてはいたが、その恐怖は畏敬の対象となり神として崇められたのである。古代中国人は、人間をはるかに超越した力を有する自然を征服しようとはせず、自然の法則に従い、自然とともに共存し生を営んできた。『老子』においては「自然の存在を総体的にとらえて、いわば自然の意味とか精神と言ってもよいような一種の自然界の理法を尊重している」49、「中国では、天は自然であると共に主宰者でもあって、そういうものとしてまた人と密接に関係しているという形で、長い歴史をつらぬいてきた」50、このような思想を生み出してきた中国では自然を象徴する龍が敵対者とみなされることはなかったのである。
 またドラゴンと龍の捉えられ方が異なるに至った理由には、古代においては生活そのものであった、それぞれの土地で行われてきた農業の状況が大きく関わっている。「東洋の灌漑水に依存する稲作・漁撈51地帯では、ドラゴンは神であり、そこでは人々は自然を畏敬し、異なるものと共生融合し、あらゆるものは再生と循環をくりかえすと考えた」52が、「これに対し、天水に依存するドラゴンを殺す麦作・牧畜地帯の西洋文明は、自然を支配し分析する近代科学を発展させ、人類に幸せをもたらした」53。しかし、人類が発展したことにより地球の自然は壊れ始め、今日では様々な環境問題を抱えている。自然を敬い、共生してきた中国古代の思想に、今こそ立ち返り、見つめ直すときがきている。

紋章学におけるドラゴンとの区別
「二足の竜」の図像は、イギリスを除くヨーロッパではドラゴンの一般的な形態の一つとして扱われており、これをワイバーンとしてドラゴンから区別するのはイギリスおよびイギリスの旧植民地に特有のことである。 また、そのイギリスにおいても当初からワイバーンとドラゴンは区別されていたわけではない[4]。 二足の竜をドラゴンと読んだ例も、四足の竜をワイバーンと呼んだ例もあるため、過去の文献にあたる際にはワイバーンと記されていてもそれが即ち二足の竜を表しているとは限らないことに留意が必要である。
Barron (1905)は1530年の文献に対し、この時期の殆どの紋章記述においてドラゴンという術語は二足の竜を指しているとした[5]。少なくともこの時期においてドラゴンとワイバーンは同一視されていたと言える。
Fox-Davies (1902)が「ワイバーンとドラゴンの区別は比較的最近のことであるのを忘れてはならない」とするように、四足のドラゴンがイギリスの紋章学に登場したテューダー期以降もワイバーンとドラゴンの区別は厳密に行われてきたわけではない。典型的な例が大英博物館の写本部の印章の目録(Birch 1887)であり、ここではそのテューダーの四足のドラゴンを指してワイバーンと呼び表している。

ディープステートの正体は、古代バビロン黒い貴族=国際銀行家=グローバリスト=悪魔崇拝者たちです。
この世の支配者=古代バビロン黒い貴族
世界を支配しているのは、古代バビロン黒い貴族=国際銀行家=ディープステート(国家内国家)です。
日本も例外ではありません。日本の場合は、悪魔カルト宗教である統一教会と創価学会を利用して、支配しています。
つまり、統一教会と創価学会は、ディープステートの手足として動いている悪魔崇拝組織の子分の悪魔崇拝組織です。

ウロボロスの語源は、「尾を飲み込む(蛇)」自分で自分の尾をくわえて円になっている蛇の姿を指します。https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1431118059
蛇の脱皮という行為、本当はただ古い皮を脱ぎ捨ているだけなのですが、昔の人はこれを古い肉体を捨て、新しい肉体を手に入れたと解釈していました。
つまり、老いた肉体を捨て若返るという事は、不慮の事故や何者かに殺されない限り不死身であるという事そして円形は、始めと終わりが一致すること、いいかえれば始めもなく終わりもないことから、完全、永遠、不滅の象徴とみなされました。
メビウスの輪は、帯を半回転(180°)ねじって輪にした形であり、その上で線を書いていくと、裏面が無くまた元の位置に戻ってしまう形のことです。
「終わりなき・・」の意味に使用されます。
オルトロスの犬
ギリシア神話に登場する双頭の犬。
多くの魔物を産んだ女神エキドナを母に持つ。頭が2つある犬で、蛇の頭、胴体からなる尾を持つ。またはこの尾は蛇の頭が7つであるともいう。
ヘラクレスがゲーリュオネースの牛を手に入れる時、ヘラクレスに殴り殺された。
エキドナ女神との間にスフィンクスを産んだともいう。

エキドナ(Echidna)https://srw.wiki.cre.jp/wiki/ギリシア神話
上半身は美女で下半身は蛇で背中に翼が生えた怪物。

その子供はスキタイの祖先になったという伝承もある
エキドナとは、ギリシア神話に登場する半人半蛇の怪物である。 下半身が蛇で、上半身の人間の部分は美しい女性の姿をしていると言われる。多くの怪物たちの母として知られる。http://dic.nicovideo.jp/a/エキドナ

ゼウス→パパイオス ガイア→アビ(アピ)
蛇女アビ/Abihttp://himaring.com/abi/
ギリシャ神話→スキタイ神話
龍国日本/女神アビ=龍蛇神イナンナ?
ギリシャ神名→スキタイ神名
・ヘスティアー(かまど神)→タビティ
・ゼウス→パパイオス ガイア→アビ(アピ)
・アポロン→ゴイトシュロス
・アフロディーテー→アルギンパサ
・ポセイドン→タギマサダス
*スキタイ神話ではかまど神が重要らしい。

匈奴の出自、神話「龍トーテム」http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&m=242501
超越的秩序としての龍の原形を約八千年前の内モンゴルで誕生させたと見做しています。この龍のプロトタイプが六千年前の遼寧省で現在に近いものとなり、さらに同地から内モンゴルにかけての六千年前の紅山文化時代に玉及び女神信仰と合体して一つの宗教体系を形成したとしています。龍が誕生した旧満州・内モンゴルは正に北狄の勢力範囲であり、狄を意味する様々な獣が合体して作られたのです。

七つ頭の蛇、七つ頭の龍とは、言わずと知れた黙示録の"七つ頭の赤い龍"、サタンと言われた年経た蛇である。それは、うみへび座であり、上に乗っかる大淫婦は乙女座ですよ、ということだ。https://www.equinox358.com/2013/03/17/星の智慧派/
牛飼座の下には乙女座が横たわっている。本来ならば、乙女座は天秤座とセットであり、天秤を持った女神の元型である。彼女にはスピカがあり、スピカは稲穂を表している。稲穂と、天秤を持った女神が乙女座なのである。彼女は、農作物を測っている、同時に人の魂も測るのである。乙女座の正体はアスタロテであり、デメテルでもある。ちなみに、牛飼座と北斗七星は鋤をもって耕す人と言われていた。北斗七星が鋤である。つまり、星座の神は、農耕の神なわけだ。それをユダヤがパクって遊牧の神にしてしまったのだ。そして、オリジナルのカナン農耕神信仰を徹底的に弾圧した。
  乙女座の下にはうみへび座があり、うみへびとはヒュドラ・・七つ頭の蛇である。この蛇は不死身で、頭を切っても違うところから再生する。これはカナン神話では不死身の龍神ヤムであり、バアル神の不倶戴天の敵であった。同時に、七つ頭の蛇、七つ頭の龍とは、言わずと知れた黙示録の"七つ頭の赤い龍"、サタンと言われた年経た蛇である。それは、うみへび座であり、上に乗っかる大淫婦は乙女座ですよ、ということだ。そして、龍が権威を授ける"大いなる獣"は、獅子座のことである。ちょうど、うみへび座の上に乙女座と獅子座がいる。
 すべて、古代の神話は星座、星の智慧から来ており、ユダヤ人及び、キリスト教会はあたかもそれを自分たちのもののように、占有し、他者を排撃してきた。しかし、2000年も経ち、いいかげんユダヤと、キリスト教会のウリジナルに皆、気づき始めている。

うみへび座の大きなカーブを巨大な鳥(鳳凰)と見て,星宿の名前をつけています。青竜とともに,その姿を想像しやすい七宿です。
二十八宿の起点は秋分点に近い「角宿(かくしゅく)おとめ座中央部」にあります。https://blog.goo.ne.jp/goo3820/e/cb8c90ee56384031c0c18bb238609b1e
星宿名 角宿
和訳名 スボシ
現代星座での概略位置 おとめ座中央部
距星 おとめ座α(スピカ)


「すみぼし(角(すみ)の星)」https://kotobank.jp/word/角星-543364

禺は大頭神異のもの、隅は神異の住む四晦(しかい)の地、そのような神怪の居る山隅が嵎、その祀るところは寓、神怪のものに遭遇することを遇、そのような形の人かたを偶という。http://jigen.net/kanji/38533

胃(えきえぼし・い) おひつじ座の東部分の3星を指す。二十八宿(にじゅうはっしゅく、古代中国で月が地球を一周する間に通過する28の星座)の一つで西方白虎七宿の第三宿。https://naming-dic.com/wa/word/62847650

胃(い) おひつじ座の35番(えきえぼし)
魏志倭人伝に記された倭の位置http://www.max.hi-ho.ne.jp/sundaymorning10/16afindex.html
「胃」は趙の邯鄲と魯の曲阜の間の、黄河が氾濫して人が住めない地域だった ...


口の象形
魯 日(白)+魚
魚は、祭祀に供える物。曰(エツ)は、祝詞を収める器。
魚を薦め神に祈る祭りのこと。
形声 日(白)+魚 音符の魚は、鹵に通じ、役立たずで愚か者の意味。白は、口の象形 言い方が鈍い、おろか、の意味を表すhttps://blog.goo.ne.jp/kanji-circle/e/f124693139ba0599505421d92103b304
禺は、猿に似たなまけものの類の象形で、不活発で鈍い、の意味を表す 心の働きが鈍い、おろか、の意味を表す。

禺(頭の大きなサル)
「禺グ」 <蛇形のものが相交わる>https://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/306202167ea215dbe8a0e210b72e9a7f
耦 グウ・たぐい  耒部
解字 「耒(スキ)+禺(=偶。ともがら・つれあう)」 の会意形声。土地を耕すとき、二人ならんでスキを使って耕すこと。
意味 (1)ならびたがやす。二人で並んでスキをたがやす。「耦耕グウコウ」(並んで耕す)(2)たぐい(耦)。ともがら。あいて。「耦立グウリツ」(二人が並んで立つ)「耦居グウキョ」(二人暮らし)

北極星はひとつぼし、オリオン座はみつぼしとして農漁業の目安とされてきました。
スピカは二十八宿の起点角宿の「すぼし」だった北極星はひとつぼし、オリオン座はみつぼしとして農漁業の目安とされてきました。
黄道12星座の出発点は春分点(現在のうお座)ですが二十八宿の起点は秋分点に近い「角宿(かくしゅく)おとめ座中央部」にあります。
 

水戸藩家老、中山氏の祖先

 投稿者:吾亞風  投稿日:2018年 8月14日(火)21時15分8秒
返信・引用
  ※高麗=呉=イスラエル人 相模(高座) 上総(坂戸)

28代永純の1259年に火災で系図の他 高句麗以来の宝物を焼失したが 高麗氏一族と旧家臣が集まり各家の古記録などから「高麗氏系図」を再編した と記されています。 この再編に関わったという高麗井・新井・本所・新・神田・中山・福泉・吉川・丘登・大野・加藤・芝木の各氏とは この時 若光を守って共に高句麗から日本にやって来た一族や家臣なのでしょう。
古代の渡来人10 「家系図の碑」に思うこと https://blogs.yahoo.co.jp/sweetbasil2007/37277197.html

武蔵国の地名と旧約聖書(7) http://momo-momomat-momo.blogspot.com/2014/04/blog-post_24.html
阿須(飯能市)安須とも書く(田園簿)。
高麗郡 武蔵国の郡名。
  初見は「続日本紀」。
  武蔵国のほぼ中央に位置し、~。
  郡名の由来は、高麗人を移して新たに郡を設置したことによる。
  [古代]武蔵国分寺献進瓦に「高」の字がみえるが、
  文献上の初見は「続日本紀」霊亀2年(716年)5月条に
  「以駿河、甲斐、相模、上総、下総、常陸、
   下野七国高麗人千七百九十九人、遷于武蔵国、始置高麗郡焉」とある記事。
   ※高麗=呉=イスラエル人 相模(高座) 上総(坂戸)

郡衙の所在地は高麗郷(現在の入間郡日高町高麗本郷)で、高麗王若光の子孫が郡司であったと考えられる。
  [中世]高麗王若光の子孫は高麗氏と名乗り、若光を祀る高麗神社の宮司を代々継承するとともに、この地方の武士として勢力を持っていた。<高麗氏>

宮司さんは高句麗の王族・高麗王若光の60世孫だということを前回購入した「高麗神社と高麗郷」で知って、それなら朱蒙や広開土王の子孫でもあるはずと考えていたので、ご本人にお目にかかり、サインの「高麗王若光六十代之孫」を見て「ああ、歴史は連綿と続いているのだな~」と感慨にふけってしまいました(^o^)。
http://blogs.yahoo.co.jp/sweetbasil2007/37277197.html

加治氏は越前国の武士で朝倉氏の一門とも家臣とも言われる。 高麗五郎経家が武蔵国高麗郡加治郷に定着したことから当初は加治氏を名乗った。http://yourei.jp/加治氏

諏訪八幡神社(お諏訪さま) : 飯能歴史散歩http://blog.livedoor.jp/kiseki612-hanno/archives/20668245.html

古代稲荷神は渡来人秦氏の氏神であった。やがて記紀神話の食物神宇迦之御魂神と習合、神仏習合においては荼枳尼天(だきにてん)と習合する。その後、明治期の神仏分離で荼吉尼天は習合から排除され、現在は概ね稲荷神=宇迦之御魂神という形で落ち着いてる。ちなみに宇迦之御魂神は記紀神話において特にエピソードもないモブキャラである。
仏教の荼枳尼天はヒンドゥー教のダーキニーに由来する。森を彷徨い、敵を殺してはその血肉を貪る鬼女である。神様というよりモンスターの類のような気がするが仏教に取り込まれた際には随分と更生したらしい。
荼枳尼天が稲荷と習合した経緯は省略するが、神仏分離政策により荼吉尼天が排除された際、あくまでも荼吉尼天にこだわる鬼女萌えのダキニスト達は神道と決別し、茶吉尼天を信仰する稲荷系寺院となったことは付け加えておかなければならない。豊川稲荷(曹洞宗妙厳寺)が有名である。
さて、稲荷という名が示す通り稲荷神はもともと農業関係の神様である。しかし、時代が下るにつれ商業や工業の属性が追加されて行き、今やオールマイティーな経済産業性能を誇る。江戸時代には通販まがいの勧請システムが確立し爆発的に普及したという。さらに、キツネというお馴染みのマスコットキャラクターもあり死角が見当たらない。
一応言っておくと、キツネは稲荷神そのものではなく、眷属といって稲荷神の使い、部下であるのでお間違えの無いように。
京都府伏見稲荷大社が稲荷信仰の総本社とされる。

八幡神は元々、九州の豪族宇佐氏の氏神だったらしい。御神徳パネェということから朝廷公認となり、中央に進出、その後源氏の守護神として多くの武士にリスペクトされたため全国制覇を成し遂げる。また八幡神は神仏習合の先駆けとなった神様としても有名で、8世紀には東大寺大仏建立に協力した功績により「八幡大菩薩」という神号を受けている。
総本社は大分県宇佐神宮。
また、上述の大分県宇佐神宮、京都府石清水八幡宮、福岡県筥崎宮、神奈川県鶴岡八幡宮の4つをもって俗に三大八幡という。

≪五社稲荷神社≫ いわれ 建久年間(1190~1198)源頼朝が常陸国の佐竹氏を滅ぼしたとき 捕らえられた何人かの家来のうち「佐竹氏は源氏の一族なのに、なぜ 滅ぼすのか。https://itp.ne.jp/info/148331461200000899/
神社を創建した岩瀬与一郎は佐竹氏の家来であり、頼朝の敵であったが、佐竹氏滅亡後は武勇を認められ御家人となり当地を治めた。社名は御祭神が5柱であることからきている。初宮詣、厄除け、交通安全、七五三、進学祈願、家内安全等の神前祈祷。地鎮祭、竣工式、清祓、神葬祭、安全祈願祭等、随時承ります。

「中山氏は 鎌倉時代の武人加治助季(すけすえ)が中山の地に住し、氏名を名乗ったのが初め とされるとある。http://www.0o0d.com/main-old/index.php?%C3%E6%BB%B3%B2%C8%A1%CA%BE%BE%B2%AC%C8%CD%A1%CB
移封加減増履歴 ・慶長14年→常陸の内1万5000石・元和7年→2万石・?→常陸松岡2万石・宝永4年→常陸太田2万石・宝永5年→2万5000石・明治元年→常陸松岡
 

虎,獅子

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2018年 8月13日(月)06時15分51秒
返信・引用
  虎,獅子
>「雷文」とは、中国の青銅器や陶磁器、渦巻き文様は「流水紋」、・・・・
青銅器
中国で、青銅器がいつのころから使用され始めたのかは明確な回答は出ていないが、現在までのところ紀元前2000年ごろ、二里頭文化時代には既に制作されていたことが発掘調査などで判明している。https://ja.wikipedia.org/wiki/青銅器
デンマークのクリスチャン・トムセンによって提唱された先史時代の道具による年代区分が、石器時代・青銅器時代・鉄器時代の三時代区分法である。この時代区分は、先史ヨーロッパを中心に案出されたが、オリエント、インド、中国においてもあてはまる。
うち、メソポタミア・エジプトでは紀元前3500年ごろから青銅器の開始がはじまる。なおオリエントにおいては、ヒッタイトの登場とともに本格的な鉄器の使用がはじまる紀元前1500年前後までが青銅器時代である。
ヨーロッパでは紀元前3千年紀ごろのビーカー文化や紀元前1800年~紀元前1600年ごろから始まったウネティチェ文化の時代が青銅器の使用された時期である。

中国で、青銅器がいつのころから使用され始めたのかは明確な回答は出ていないが、現在までのところ紀元前2000年ごろ、二里頭文化時代には既に制作されていたことが発掘調査などで判明している。青銅器が使用され始めた時期から、鉄器が使用され始めるまでの期間を青銅器時代と呼ぶが、いわゆる四大文明(北アフリカ(エジプト)、西アジア(メソポタミア)、南アジア(インダス)の各文明)の中で、他の三地域がおよそ紀元前3500年ごろに青銅器時代を迎えたのに比較して、中国の青銅器時代の到来は若干ながら遅れている。紀元前3000年ほどの中国には石器・銅器(青銅器ではないことに留意する必要がある)併用時代があることから、青銅器も中国大陸で独自に発達したとの見解もあり、詳細はなお研究が待たれる。
ここでは中国の青銅器を五期に分類するが、三期分類・四期分類なども存在する。

縄文時代[編集]
三崎山遺跡(山形県飽海郡遊佐町)では大陸との交易によって入手したとみられる約3000年前の青銅刀子が出土している[1]。日本国内での出土例としては最も古い部類に入る。製造技術などの移入は見られず、縄文後・晩期に現れる石刀は大陸からもたらされた青銅製刀子の模倣であるとされる[2]。
弥生時代[編集]
弥生時代の銅矛(九州出土、1?2世紀)
本格的に青銅器が日本(倭)にもたらされたのはおよそ紀元前2世紀であり、生産もその後すぐおこなわれた可能性が高い[3]。主な青銅器は、鏡・矛・剣・戈(か)の武器類と銅鐸、鉇(やりがんな)等である。武器類は、初めごろは実戦に使えるものであったが[注釈 1]、日本ではほぼ同時期に鉄器や製鉄技術も伝来しており、武器や実用道具は性能に優れた鉄器にとって代えられた。
青銅器は実用品としてはあまり使わないようになり、武器の形をした祭器、または威信材に変わっていった。朝鮮半島に出土例がないタイプが多数発見されており、日本海ルートで伝わった可能性がある[4]。銅鐸も段々と大形になっていった。このような武器型祭器や銅鐸が何に使われたか、どういう性格のものかは明らかでないが、稲作の豊穣を祈る祭りに用いられるものだという見方が有力である。弥生時代後期になると北部九州では銅矛、瀬戸内海沿岸では銅剣、近畿では銅鐸が祭祀の時の重要な祭器として使われた。
古墳時代[編集]
もっぱら威信財として使用されるようになった古墳時代の日本では、銅鏡とくに青銅鏡が多数つくられるようになった。なかでも三角縁神獣鏡は古墳時代前期の墳墓の副葬品として重要な遺物である。
約3000年前の青銅刀子・・・

紀元前3千年紀ごろ

紀元前3千年紀 、シュメール人が文字を使用し始めてからやや遅れて、イラン高原でも絵文字のような記号が使われるようになった。
前12世紀、イラン高原に起こり西アジアを一時支配した民族。系統は不明。エラム王国は都のスサを建設した。https://www.y-history.net/appendix/wh0101-026_2.html
エラム王国は都のスサ
エラム王国
 エラム人は紀元前24世紀のアッカドのサルゴン王の碑文などに現れ、たびたび侵攻されている。エラム人もメソポタミアにたびたび侵攻したとが碑文に遺されており、紀元前22世紀にはスサ地方に進出して、王朝国家を建国した。前2004年頃にはメソポタミア南部に侵入し、ウル第3王朝を滅ぼし、前18世紀にはバビロン第一王朝のハンムラビ王と抗争した。。
ハンムラビ法典を持ち去る 前12世紀にはスサを都とした新王朝が成立、メソポタミア中央部に入り、カッシート王国(バビロン第3王朝)を滅ぼし、オリエント最大の軍事勢力となった。バビロニアの諸都市を征服したエラム王国の王は、バビロンを都としたハンムラビ王の遺品をスサに持ち去った。ハンムラビ法典の記された石碑もこのとき持ち去れレたのであり、それがバビロンの遺跡ではなくイランのスサで発見されたのはそのような事情があったからである。<山本由美子『オリエント世界の発展』1997 中央公論新社 世界の歴史4 p.81-92>
チョガ=ザンピルのジッグラト  前13世紀ごろのエラムの王が建設したとされるのが現在のイランの南西部のチョガ・ザンヒルのジッグラトで、1935年に油田探索の調査飛行中に土で出来た不思議な塔が発見され、調査の結果ジッグラトであることが判明して復元され、現在は世界遺産に登録されている。一辺105mで四隅が東西南北を指し、五層でからなる高さ約28mの最大のジッグラト。ジッグラトはメソポタミア起源でイランのものではないが、ウル第3王朝を滅ぼしたエラムが継承したものと考えられる。<小林登志子『シュメル-人類最古の文明』2005 中公新書 p.270-271>
エラム王国の衰退 前12世紀の終わりごろから弱体化が始まり、記録上からも姿を消す。前640年にアッシリア帝国のアッシュール=バニパル王によって破壊され、エラム王国は滅亡した。紀元前7世紀末までに、スサを中心としたエラム人の地域は北方のメディア王国の支配下に入り、その後は独立することはなかった。しかし、エラムのすぐれた行政制度や官僚機構は、メディアに続くペルシア帝国にも採り入れられ、エラム語は公用語の一つとされてアケメネス朝の中ごろまで使われた。またエラムの都だったスサは、アケメネス朝でも諸官庁が置かれる政治上の都として続いた。

前640年にアッシリア帝国のアッシュール=バニパル王によって破壊され、エラム王国は滅亡した・・・

3500年前、スサノオと呼ばれた出雲王の第2夫人となった阿蘇の幣立神社の末娘。http://mrtoma.hateblo.jp/entry/2016/03/18/アマテラスが3500年前の幣立神宮の末娘ですって%EF%BC%81%EF%BC%9F
現実的な考察をすれば、3500年前はちょっと古すぎるような気はします。
神武天皇の即位が紀元前660年と言われるのも本当は誇張で、実は3世紀前後の応神天皇あたりから今の天皇家の歴史が始まっているのではないかと言われているこのご時世です。

出雲は銅剣と銅鐸が日本で最も多く出土している場所"です。なぜこのように大量に出土しているのでしょう? 古代出雲の代表神、大国主神(オオクニヌシノミコト)が国土を平定するのに使われたのでしょうか? https://trip-s.world/myth-roman
古代出雲は神話の国。その代表神といえば素戔嗚尊(スサノオノミコト)と大国主命(オオクニヌシノミコト)です。素戔嗚尊が高天原を追放され、出雲に来て八岐大蛇(ヤマタノオロチ)を退治したのは有名なお話しですね。この素戔嗚尊の娘婿で、出雲大社に祀られているのが大国主大神です。

銅鐸のルーツは中国や朝鮮半島で家畜につけられていた小さな鈴であったようです。弥生時代前期に日本に伝わり、神様を招くための音を出す祭器として共同体内で共有されて、集落内外の神聖な場所に埋葬されたともいわれます。
遺跡のある場所は山の中です。何故この場所に埋めたのか不思議ですが、この遺跡の住所を調べると納得できます。住所は遺跡の名前にもある「岩倉」です。神様のおられる場所である「磐座」に通ずる名前で、ここが神聖な場所であった事がうかがえます。

記事中の両遺跡からは「?」印が書かれた銅鐸や銅剣なども出土しています。この?印の意味などもまだ不明ですが、「僻邪」ともいわれます。一方、出雲からは”眼”が書かれた銅鐸なども見つかっており、同じく僻邪の意味があったのでは……などと言われているのです。

辟邪の用語解説 - 古代中国の想像上の動物。鹿に似て二角をもち、邪悪をさけるといわれる。天禄とともに旗などに描かれた。https://kotobank.jp/word/辟邪-378771
【石人石獣】より
…神道碑,華表ともいう)を立てたようである。石獣は虎,獅子,麒麟,羊,象などの形をとり,それらは一般に邪悪を避ける想像上の動物として辟邪とよばれている。つまり,悪霊が墓に入るのを防止する役割を担っているのである。…

雷の音・・・隕石・・・世界のはじめ?
意味 (1)ひらく(闢く)。「天地開闢テンチカイビャク」(世界のはじめ) (2)しりぞける。「闢邪ヘキジャ」(邪悪をしりぞける)
霹 ヘキ  雨部https://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/0ea8a8de2c313f37e0815548a10a7e70
解字 「雨(あめ)+辟(切り裂く)」 の会意形声。雨を切り裂いて鳴る雷の音。
意味 雨を切り裂いて鳴りひびく雷。「霹靂ヘキレキ・かみとき」(ひき裂くような激しい雷。落雷。靂レキは雨の中を鳴り響く意)「晴天の霹靂」(晴天に突然起こる落雷。突然起こる変動)
辟 ヘキ・ヒ  辛部
解字 甲骨文は、「坐った人である卩セツ+辛の一種(刃物)」 の会意で、人の身体を刃物で切断する形。肉刑を受けた者を表す[甲骨文字辞典]。(なお、甲骨文字辞典は足首を切断する肉刑とするが、私は字統を参考に金文で尻の肉を切り取る形としている)。金文は卩セツの横に口(肉片)をつけ、人の後ろから刀物で尻の肉を切り取る刑罰を表す。現代字は卩セツ⇒尸に変化した辟になった。意味は刑罰の意から、刑罰権をもつ君主などの意を表し、語義は変遷、多様化した[字統を参考]。
意味 (1)つみ。刑罰。「大辟タイヘキ」(重い刑罰。死刑) (2)君主。「辟公ヘキコウ」(諸侯) (3)さける。(=避)「辟易ヘキエキ」(①相手をさけてしりぞく。しりごみする。②こまる。閉口する)
イメージ  尻の肉を「切り裂く」 (辟・劈・霹・檗・襞)
       切り裂く部分が尻なので真中から「かたよる」 (避・癖・僻・臂・壁)
       「その他」 (璧・闢・譬)


乎・邪・耶・歟・與は共に句尾に置く字なり、疑の辭に、咏歎の義を兼ぬ「禮後乎」「其眞無 馬耶」「爲 仁之本歟」の如し *2 邪は耶と同じく、歟は與と同じ、乎の字、于の字の如く句閒に用ふることあり
http://jigen.net/kanji/37034
「耶」=耳+阝(邑・おおざと・ユウ)=か・や・ヤ
     疑問を示す助字
     有耶無耶 (うやむや)
     父
    「耶嬢・耶蘇 (やそ)・耶馬台国」
     や=乎・邪・耶・歟・與
       句尾に置く字
       疑の辭に、咏歎の義を兼ね
       「禮後乎」
       「其眞無?馬耶」
       「爲?仁之本歟」
       の如し
       邪=耶
       歟=與=与
       「乎・于」の字の如く
        句間()に用うることある
        形容辭の下について
       「郁郁乎・洋洋乎」などと用うる
        咏嘆の意を含める
       「邪・耶・歟・與」は、
        咏嘆の意、乎よりは輕く、疑の意が強い
       以上はブログの「漢字字源-jigen-net」
 

渡来人に付いて議論・・・百越の民俗習慣を残している。 ・・・プイ族とチワン族

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2018年 8月13日(月)05時26分24秒
返信・引用
  百済の渡来人たちが祖国を懐かしんで石塔を建てたと言われています。
渡来人の足跡https://blogs.yahoo.co.jp/kazarituke10/21206820.html
大小さまざまな石塔や石仏の表情に昔からの信者の願いが偲ばれます。

1 あしあと。歩いたあと。「諸国に足跡を残す」
2 仕事のうえでの成果。業績。「物理学の発展に大きな足跡を残す」
そく‐せき【足跡】https://dictionary.goo.ne.jp/jn/130120/meaning/m0u/

鳥や獣であるかを区別
鳥や獣の足跡を見て、それを残したのがどんな鳥や獣であるかを区別できることに気づいたことから、漢字を発明するに至ったとされています。
漢字はだれが作ったのですか?http://kanjibunka.com/kanji-faq/old-faq/q0002/
彼が漢字を発明したとき、天から穀物が降ってきたり、夜中に幽霊が泣く声がするなどの天変地異がおこったと伝えられています。
天から穀物・・・「地殻チカク」(地球の最も外の層)?
?カク・から殳部上段が?カク、下段が南ナン苗族銅鼓解字?カクの甲骨文は、苗ミャオ族が用いる釣鐘式の楽器である銅鼓をバチで打っている形。金文はなく、篆文および現代字は形が変化して?となった
銅鼓の形が、中空で外側が堅い銅で覆われているからである。一方、下段の銅鼓の形は、現代字で南となった。意味の南(みなみ)は、銅鼓を使う苗族が甲骨文字を使っていた殷インの南方に居住するからである。
意味 から(殻)。物の表面をおおっている殻。穀物などの表面をおおっている殻。「貝殻かいがら」「卵殻ランカク」(卵のから)「外殻ガイカク」(外側にあるから)「地殻チカク」(地球の最も外の層)
覚え方 さむらい(士)は(ワ)つくえ(几)るまた(殳)で殻カク
穀[?] コク  禾部
解字 「禾(こくもつ)+?カク(から)」 の会意形声。から(殻)をもっている禾(こくもつ)の形で、脱穀(穀粒から殻を取り去る)する前の穀物を表す。新字体は旧字の左辺の一がとれる。
意味 こくもつ(穀物)。米・麦・黍・粟など、殻に覆われている穀物。「五穀ゴコク」(人が常食とする五種類の穀物。米・麦・粟あわ・黍きび・稗ひえ・豆など、諸説があり一定していない)「穀倉コクソウ」(穀物を入れる倉。また、穀物の主要産地)「穀雨コクウ」(二十四節気の一つ、太陽暦の4月21日頃。穀物を潤し育てる雨の意)
覚え方 さむらい(士)は(ワ)のぎ(禾)るまた(殳)で穀物
中空
轂 コク・こしき  車部
解字 「車(くるま)+?カク(中空)」 の会意形声。車輪の軸を受ける部分である「こしき」をいう。軸を通すため内側が中空になっている。
意味 こしき(轂)。車輪の中央の太い部分で、放射状に差し込まれた輻(や)を集めて受けている所。その中心を車軸が通っている。ハブ。「車轂シャコク」(車のこしき)
觳 カク・コク・さかずき  角部
解字 「角(つの)+?カク(中空)」 の会意形声。角の中空部分を利用したさかずき。また、角カクに通じ、角突き(きそう)意がある。
意味 (1)さかずき(觳)。角で作った杯。 (2)ます。容量をはかる道具。=斛コク。 (3)きそう。「觳抵カクテイ」(力をきそうこと。=角抵。)
放射状に差し込まれた輻(や)を集めて受けている所。その中心を車軸が通っている。
輻(や)を集めて受けている所。・・・的?
一つを取り出す
的 テキ・まと  白部https://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/69399c1d9555e66fc88ee0f090f5bb38
解字 「白(しろ)+勺(一つを取り出す)」 の会意形声。一つ取り出して置いた白いもの。白くて目立つ弓の「まと」をいう。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1363039043

中国の数学で、直角三角形の型の横線のこと。▽その縦線を股コといい、斜めの線を弦という。〈同義語〉句。
股コ
役 ヤク・エキ  彳部https://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/8a927f7dea686a2fd9cc4dfa7aa33cfd
解字 「彳(ゆく)+殳(杖ぼこ)」 の会意。杖ぼこを持って辺地を守りに行く意で「いくさ・兵役」の意味となる。のち、しごと・つとめ・つかう意味にもちいる。
意味 (1)使う。使われる。「使役シエキ」「雑役ザツエキ」 (2)人民に課する労働。「服役フクエキ」「賦役フエキ」 (3)つとめ。仕事上の位置。「役職ヤクショク」「役員ヤクイン」 (4)いくさ。戦争。「戦役センエキ」「軍役グンエキ」
殳(コ)」 の形声。コは胯コ(また)に通じ、身体の脚のつけねを表わす。跨コ(∧型にまたぐ)と同系のことば。
身体の脚のつけね・・・
中国古代の思想に五行思想があり、いろいろな事象を5つに分類しています。臓を「肝」、「心」、「脾」、「肺」、「腎」に分類し、それぞれの臓に影響を与える「こころ」の動きをそれぞれ「怒(いらいら)」、「喜」、「思(考えすぎる)」、「悲(沈む)」、「恐」と当てはめています。「肝」、「心」、「脾」、「肺」、「腎」の経絡を整えることで、それぞれの「こころ」の動きを中庸に戻し、体の不調も整えます。
中庸に戻し・・・(垣で囲む)・・・中

庸 ヨウ・もちいる  广部 https://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/e8ea6c18a4219c696f2b35bd345c47ab
解字 篆文は 「両手でキネをつく形+用(版築の足場と型枠)」 の会意。版築工事の型枠の中でキネを両手で持ち、運ばれてきた土を搗き固めて城壁や土壁をつくること。城壁や土壁をつくるのは人を使う仕事なので、人をもちいる、やとう意などとなる。篆文の次に現われた隷書レイショで、キネの上部と左の手の一部が合体して广(まだれ)に変化し庸のかたちになった。
意味 (1)もちいる(庸いる)。やとう。「登庸トウヨウ」 (2)(土を均等に搗くことから)かたよらない。「中庸チュウヨウ」(かたよらず常に変わらない) (3)(土固めは誰でもできる仕事の意から)世間なみ。普通。「凡庸ボンヨウ」(平凡。平凡な人) (4)律令制の税金のひとつ。労役をいう。「租庸調ソヨウチョウ」(租は田からの収穫物、庸は労役、調は絹や布などの産物)
墉 ヨウ  土部
解字 「土(つち)+庸(城壁や土壁をつくる)」の会意形声。庸は、もともと城壁や土壁をつくる形であるが、やとう・かたよらない等の意となったため、土をつけて本来の意味を表した。
意味 (1)かき。城の垣かき。「城墉ジョウヨウ」(城壁)「墉囲ヨウイ」(垣で囲む) (2)城。 (3)かべ。

狆 チュウ・ちん  犭部
解字 「犭(いぬ)+中(なか・内側)」 の会意形声。日本では室内で飼う犬の意。なお、中国では少数民族の名に用いていた。
意味 (1)[国]ちん(狆)。日本で改良された愛玩用の小型犬。日本名のちんは珍チン(めずらしい・だいじな)から来たのではないかと思われる。 (2)中国、貴州省南部などに住むプイ(布依)族の旧称。
「中チュウ」 <真ん中・内側>https://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/dc03587d0e51c28b07ceca2c3333b6e7
解字 甲骨文字・金文は、布陣した軍の陣地(四角や楕円形)の中央に旗を立てた形を表す。旗を表すため陣地を上下につらぬいて吹き流しを描いている。金文第二字から吹き流しがとれた形が表れ、現在に続いている。陣地の「真ん中」「うち」「なか」の意を表す。のちに、「かたよらない」、的の中に入ることから「あたる」意味も加わった。部首は、l部たてぼう。
意味 (1)なか(中)。まんなか。中心。「中央チュウオウ」 (2)あいだ。「中間チュウカン」 (3)うち。なか。「夜中ヨナカ」「懐中カイチュウ」 (4)かたよらない。「中正チュウセイ」 (5)あたる。あてる。「的中テキチュウ」「命中メイチュウ」「中毒チュウドク」(毒にあたる)「中傷チュウショウ」(傷にあたる=傷つけられる)
イメージ  「なか・あいだ」 (中・仲・衷・狆)
       「まんなか」 (沖・忠)
音の変化  チュウ:中・仲・衷・狆・沖・忠

プイ族の居住地区は渓谷と平原地帯が多い。プイ族居住地区で出土した文物から見ると、プイ族は水稲の栽培に従事していた長い歴史をもつ農耕民族である。
布依族https://www.recordchina.co.jp/b398-s0-c30-d0000.html
南西部の二つのプイ族、ミャオ族自治州に居住している
言語は漢・チベット語系、チワン・トン語派、チワン・タイ語分支に属し、3つの方言がある。 プイ族には以前文字がなく、漢字を使用していた。

プイ族とチワン族は同一の祖先を持っており、古代の江蘇、浙江、福建、広東一帯に分布していた百越の一部である。今でもプイ族の人びとは欄干式の家屋に住み、銅製の太鼓を打つなど古代、百越の民俗習慣を残している。
 

レンタル掲示板
/368