teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


フェニキヤの神 ナマズ?

 投稿者:吾亞風  投稿日:2018年 6月16日(土)13時12分15秒
返信・引用
  大鯰の伝承をもつ阿蘇の民
ナマズは鮎   太陽神を道案内する役割を担っている  ナマズ(ナル)・・・鳴る・・・銅鐸?https://8220.teacup.com/toraijin/bbs/3478
東魚是 ・・・  日+正で、日の影で時を計ることから、正しいという意味があるという。
金印の「倭人」と銅鐸の東魚是*(とうてい)人」http://www.furutasigaku.jp/jfuruta/tyosaku13/yamaic33.html

〔説文解字〕の本字は昰で、〔説文・巻三〕に「直なり。日、正に從ふ」と、日+正の会意とする。〔古籀篇〕は日+正で、日の影で時を計ることから、正しいという意味があるという。金文の字形は、上部が日+十のような形である。そこで日+又+止の会意という説、全体が匙の象形という説がある。音訓音読みはシ(漢音)、ゼ(呉音)、訓読みは、これ、この、ただしい。名のりに、よし、すなお、ただし、などがある。

東のなまずの人”では何とも奇妙だ 。

ナルメルは、紀元前3000年頃の古代エジプトに上下エジプトの統一者として登場した。彼を古代エジプト第0王朝最後の王だという学者もいれば、彼は第一王朝の最初の王だと主張するものもいる。いずれにしも、ナルメルはエジプト王朝始まったとみられる時期に、いたるところに登場し、時にはナルメルこそメネスであったと言われたりもしている。
ナルメルはさまざまな重要な遺跡や遺物に登場しているいわば有名人であるものの、素性などについてはほとんど知られておらず、これまた邪馬台国伝説同様に数多くの仮説を生み、長年議論の対象になってきた。
怒れるナマズ ナルメルhttps://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/24830403.html
一般的な解釈ではNarをナマズとし、Merをノミ(工具)とし、ナルメルを「怒ったナマズ」だとか「荒れ狂ったナマズ」を意味するものと考えられている。
パレットの上部は裏表とも同じように装飾されていて、中央の部分にナルメルの名前があり、その両側に牛の顔が描かれている。
牛の顔?
3つ目の説はバート神(Bat)。地方の女神で原始エジプト時代には牛そのものとして描かれていた。上エジプトにおいては呪物崇拝の象徴でもあったが、子どもに恵まれない女性に対して、懐妊するよういろいろと助ける女神でもあった(いろいろとね・・・)。第11王朝以降はハトホルと同様に見られるようになった。

バアルは旧約聖書の著者達からたびたび批判されており[4]、「列王記」上18章のほか、「民数記」25章、「士師記」6章、「ホセア書」2章などにバアルへの言及がある[5]。
「列王記」上18章では、預言者エリヤがバアルの預言者と雨乞いの儀式をもって争い、勝利したことが書かれている[4]。もともと「バアル・ゼブル」(崇高なるバアル)と呼ばれていたのを「バアル・ゼブブ」(蝿のバアル)と呼んで嘲笑した[注釈 3]。 「士師記」にも記述が見られ、バアルの祭壇を破壊した士師ギデオンはエルバアル(バアルは自ら争う)と呼ばれた[15]。新約聖書、マタイによる福音書の12章24節ではイエス・キリストが悪霊のかしらベエルゼブルの力を借りて悪霊を追い払っているとの嫌疑をかけられている。
また、人身供犠を求める偶像神として否定的に描かれ、アブラハムの宗教に対する「異教の男神」一般を広く指す普通名詞としてバアルの名が使われる場合もある[要出典]。
聖書におけるバアルhttps://ja.wikipedia.org/wiki/バアル

ユダヤ教は、バール神信仰と結びついていた時期もあるが、バール(および金の子牛崇拝)をエホバ(ヤーヴェ)に、そむくものとして激しく攻撃する モーセは、ヘブライ人が拝んでいた金の子牛像を破壊する。
古社と社紋、ミトラ・バール信仰の考察https://ameblo.jp/hex-6/entry-10734584745.html
シュメール神話の太陽神アンは、16弁菊花紋を象徴とし、天皇家と同じである
アンの子、エン・リルは、牛の角を持つ世界を統べる神であり、太陽神にして大気神であった
大気神とは風の神であり、力の象徴にして、軍神である
エンリルが元となってミトラ多神教のミトラ神(牛の角を持つ)が生まれ、オリエント中に広まり、やがて世界中に伝播する

ミトラとその兄弟インドラ、ヴァルナなどはアフラ(アスラ)と呼ばれる神族。
ミトラ≒アフラマズダはインドの悪神アスラ(アシュラ・阿修羅)になり、インドラが転化して帝釈天に、(インドラの性格を元にシヴァ神を創造)、ヴァルナ神は天空神にして司法神となる。
インドにおいて、仏陀〔釈迦)はヴァルナの生まれ変わりとされ、寺院には多数その意味の絵画・壁画がある
仏教は、ヒンズー教の内数とされ、いわば一宗派、ヒンズー系新興宗教の扱いである
その為、戦後の独立時、国の宗教をヒンズーと定めた時、仏教徒は、追われる事がなかった。
因みに仏教において○○天とされる神格は、多くが仏教以外から取り入れられた神である。
その為、仏陀の化身・分身、修行段階の神格としない
仏教において、最強武神毘沙門天を従える帝釈天軍は阿修羅軍を打ち負かし続けるが、阿修羅は、負けても負けても、あくなき闘争心で向かってくる。
嫌気がさした帝釈天は、阿修羅を天界から地に落とすが、仏陀(釈迦)によって教化され阿修羅は悟る
また、ミトラは、マイトレーヤに転化し、弥勒菩薩になった。

また16弁菊花紋は、六角の亀甲紋をそのバリエーションとし、六芒星(六角星・ヘキサグラム)が生まれ、ユダヤで信奉されたバール神の神紋は、16弁菊花紋と六芒星である。
その為、ダビデの星として六芒星は知られ、ユダヤのシンボルマークである

「五七の桐」もユダヤ関連で色々言われるのだが.......

ユダヤ教は、バール神信仰と結びついていた時期もあるが、バール(および金の子牛崇拝)をエホバ(ヤーヴェ)に、そむくものとして激しく攻撃する
モーセは、ヘブライ人が拝んでいた金の子牛像を破壊する。
しかし欧米の絵画では、モーセが天啓を受けたとき、バール神に因む角が生えた姿を描写することが多い
ヘブライ人のバール信仰は、根深く、ダビデ王は信奉しバールの神文である、16弁菊花紋と六芒星を盛んに使った。ソロモン王の玉座には子牛像があった。
しかし、偶像崇拝(子牛像・バール神)が元で、北イスラエル王国の民は、神(ヤーベ)の教えに背き、怒りに触れて散らされたとする。これが失われた十氏族である

バール神の画像https://www.bing.com/images/search?q=%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%ab%e7%a5%9e++&qpvt=%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%ab%e7%a5%9e++&FORM=IGRE

「モロク」がヤハウェの称号を表していると解するとしっくりくる。
モレクに限らず聖書では、異教徒の神は皆悪魔にされています。 バール神も悪魔ベルセブブとされました。 こういうのを、デモナイズ(悪魔化)と言います。
「自分の主張自体の正当性の論証が難しいために、ひたすら自分と反対側の意見をことさら悪く歪めて、けなす。」
自己正当化のための原始的な手法です。
キリスト教は、2000年の歴史において常に異教の神をデモナイズ(悪魔化)して、抹殺してきました。
ユダヤ人に対しては悪魔の子(ヨハネの福音)と罵り、迫害を加え人種抹殺を試みてきました。
十字軍でもイスラム教徒をデモナイズ(悪魔化)して、皆殺しです。
「魔女狩り」も、こうした見方に立てば、デモナイズ(悪魔化)の一種です。
インデアンもインデオもこのようにして抹殺されました。

ヤハウェが「悪魔」だったのか、それとも子供を人身御供に捧げたイスラエルの民の中に「悪魔」がいたのか。
 
 

土盛りがつらなる・・・古墳?

 投稿者:吾亞風  投稿日:2018年 6月 7日(木)18時00分27秒
返信・引用
  北緯33度線の「意味」・・・仮想的な線・・・互いに平行
北緯 33度は、現代の社会の中で非常に大きな役割を演じている。
たとえば、そこにある場所としては、ケネディ大統領暗殺の地ダラス(米国)だったり、「アラブの春」と呼ばれる状況が始まったトリポリ(リビア)だったり、また、バクダッド(イラク)、そして、ダマスカス(シリア)、カシミール(インド)、チベット、長崎(日本)が含まれる。これらはすべて北緯 33度上にある。
これらは偶然の一致なのだろうか。
33の数字の意味は、フリーメーソンの階級の中で最も高い階層を示す。
33は 11と 22を足したものであり、そして、宇宙とスピリチュアルの王が満たされている「ダンテの神曲」の数でもある。
これらのすべては歴史の中の新しい世界秩序( New World Order )のキーナンバーなのだ。https://indeep.jp/perfect-circular-rainbow-appeared-in-33rd-parallel/
イエスにまつわる伝説の縁の地であるイスラエルのガリラヤ湖も 33度線上といっていいのですが、2013年10月に、そのガリラヤ湖で「5回の連続した地震が発生した」(きわめて珍しいことです)」という出来事を記事にしたこともありました。
[記事]イスラエル・ガリラヤ湖が震源となる連続した地震の発生で気づいた「地球上の大陸の分断」の始まる地点 (2013/10/23)

歴史的な意味では、「この世で最初に貨幣制度が作られた」古代メソポタミアの位置は、北緯 33度線上にあったり・・・
スラエルにある伝説には、
・「虹というのは地獄の釜」と関係があるという伝説が、少なくともイスラエルなどにある。それによれば、「虹が見えればその下は地獄のお釜」だということ。
・虹は龍(蛇)を例えている。

北緯33度と南緯33度が共に持つ意味https://indeep.jp/a-lot-of-mysteries-of-north-andsouth-parallel-33/
学者たちは、しばしば、緯度線を緯線(天体表面上の同一緯度の地点を結んだ仮想的な線)として参照するが、これは互いに平行であるためだ。つまり、任意の二つの緯度線はどこであっても、離れている距離は同じ距離ということだ。

三角測量についてです。辺b、cの対角をB、CとしてB =70、C=60 (度数)三角形の内角の和から、A=50a/sin(A) (共通)の比率*sinのパラメータはラジアンラジアン→度数にπ/180掛けるこれだけで二本の平行線の間の長さは求まります .https://oshiete.goo.ne.jp/qa/10346259.html

定規とコンパスを使った平行線の描き方http://www.natubunko.net/zukei/zukei002a.html

鱗模様http://nantenblog.com/gimp-seigaiha

麟とは、麒麟のことである。麒麟の牝を麒という説、または角のあるものを麟という説がある。

現代字は、さらに篆文の炎 ⇒ 米になった。
粦 リン  米部https://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/ccce4fdea2222e0e1846cac5bada7f6d
解字 金文は「大(ひと)+小点四つ+舛(両足)」の会意。大は手をひろげた人の正面形で人を表す。舛センは、両足を外に向かって開いた形。小点は火を示す。粦は、大の字になって倒れた屍(しかばね)から、鬼火(闇夜に死体の骨から発する光り)が立ちのぼるさま。篆文は「火+火+舛」に変化 し、現代字は、さらに篆文の炎 ⇒ 米になった。
意味 おにび。ほたるび。
イメージ  「鬼火」 (燐・憐)
       鬼火が点々と 「つらなる」 (隣・鱗・麟)
音の変化  リン:燐・隣・鱗・麟  レン:憐
つらなる
隣 リン・となり・となる  阝部
解字 「阝(土もり)+粦(つらなる)」 の会意形声。土盛りがつらなること。土盛りや土塀・土壁で互いに接している国・土地・家・部屋などをいう。となりあうこと。
意味 となり(隣り)。となる(隣る)。となりあう。「隣人リンジン」「隣家リンカ」「隣室リンシツ」「隣国リンコク」
鱗 リン・うろこ  魚部
解字 「魚(さかな)+粦(つらなる)」 の会意形声。魚の表面につらなるウロコ。
意味 (1)うろこ(鱗)。魚などのうろこ。「金鱗キンリン」(金色のうろこ。転じて美しい魚)「逆鱗ゲキリン」(竜のあごの下の逆さうろこ。そこに触れると怒って触れた人を殺すという) (2)うろこ状のもの。「鱗茎リンケイ」(うろこ状になった地下茎)「鱗粉リンプン」(チョウやガの羽についている微細な粉状のうろこ)「鱗雲うろこぐも」
麟 リン  鹿部
解字 「鹿(しか)+粦(=鱗。うろこがある)」 の会意形声。うろこ状のものがある鹿。

「麟」=「鹿」+「粦」:=しか+たくさん寄せ集まるもの=>斑点を持つ鹿=>大きな雄の鹿 「鱗」 解字:形声。意符の魚(さかな)と、音符の粦(つらなっている意=連)とから成る。魚の表皮につらなり並んでいるもの ...
工と口の交差(キアスム)とは、神と人の交差・・・左 点対称 右https://8906.teacup.com/toraijin/bbs/353
圭は「土+土」で、土を盛ることを示す。 土地を授けるとき、その土地の土を三角の形に盛り、その上にたって神に領有を告げた。 その形をかたちどったのが圭という玉器で、土地領有のしるし ...
http://baby.yahoo.co.jp/chiebukuro/detail/1449859224/
圭ケイは、土を△型に形よく積んだことを示す会意文字で、△型にきれいにかどだつの意を含む。だらしないことの反対の意。

「ル」=境目となる値 + ある点を境に増大

坴(つらなる意) 土+ル+土
 

慈悲(釈迦)、愛情(墨子)、慎みそれに正義 ?

 投稿者:吾亞風  投稿日:2018年 6月 7日(木)17時24分0秒
返信・引用
  呉王夫差が会稽で勝利し、越王勾践は降伏する(会稽の恥)。https://ja.wikipedia.org/wiki/紀元前5世紀
紀元前473年 - 越王勾践が呉王夫差を自殺させ呉を滅ぼす。徐州の会盟により越王勾践が覇者となる。
紀元前453年 - 晋陽の戦いで晋が趙、韓、魏に分裂。
紀元前403年 - 趙・韓・魏が周王より諸侯として認定される。
  これより中国は戦国時代に入る。また司馬光Zの『資治通鑑』はこの年より記述が始まる。
西門豹(生没年不詳) - 春秋戦国時代の魏の政治家・子夏の弟子・文侯に仕え迷信を排し治水土木を行った故事で有名
李克(李悝)(? - 前395年) - 春秋戦国時代の魏の政治家・子夏の弟子・文侯に仕え成文法を定め富国強兵を進める
墨子(前450年 - 前390年頃?) - 戦国時代の思想家(墨家)・『墨子』の著者・「兼愛」「交利」「尚賢」「非攻」の思想で有名

ゴータマ・シッダッタ(シャカ)(前463年 - 前383年、生没年は諸説あり) - 仏教の開祖・釈迦(釈尊)や仏陀とも呼ばれる

平和の基地は慈悲(釈迦)、愛情(墨子)、慎みそれに正義からなっています。http://www.capsea.info/

新約聖書とキリスト教は、墨子の思想のパクリだと断定していたhttps://blogs.yahoo.co.jp/onagikent/5742161.html
、墨家は孔子などの儒家とは異なり、単なる学術思想の集団ではない。思想を実践する集団であり、組織力が極めて強い武装した軍事集団であった。このように書くと、イスラム原理主義を実践するテロリストの集団を彷彿させられる。
しかし、墨家はテロリストではなく、博愛主義(※兼愛交利)を貫き、自ら攻め入ることなく専守防衛(非攻)の武装集団として各地の守城戦で活躍したという。
侵略されている国が墨家に助けを求めれば、墨家はそこに応援を派遣して、軍師の役割を担い共に戦ったというのだ。

古い時代から「博愛主義」を訴えてきたフリーメイソン
メイソン用語の「ブラザーフッド」を和訳する為の特別な造語であり、意味としては兄弟愛と成りますが何故かそうした訳し方は避けられているようです、あまりにも組織的な性質が印象付けられる事を避けるためかと思われますhttps://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1240648352

世界中の学者が言っています。
宗教の統一・言語の統一そして愛国心がなくならない限り不可能だと。
ブラザーフッド・オブ・マン (「人類はみな兄弟」という意味)https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q119518366
ミトコンドリアのDNAで人類の祖先(ホモサピエンス)を調べると、現在の人類は20万年前アフリカ北部の一人の女の人の子供から別れたといわれています。
現実に人類はみな兄弟です。
 

越王台(やまたい)?

 投稿者:吾亞風  投稿日:2018年 6月 7日(木)16時52分41秒
返信・引用
  越国は夏国の禹の子孫で、 呉国は周王室の属国だった。https://6245.teacup.com/kojimakousi/bbs/133
中国に子供を生む者を厚遇することはも. っと古く、紀元前五世紀、春秋時代の越王句踐に始まる。
ミャオ族や「我ら越王の子孫」というトン族

矮とは「羌人与大禹」 穢(ワイ)族・・・穢多?https://8906.teacup.com/toraijin/bbs/2449
矮とは (ワイとは)
俺、私、僕、我、ワイ
穢(ワイ)族系部族の連合体で、獩族(ワイ)・貊族(ハク )・狛族(コマ)などが包含されていたものと想像するが、その連合 ..... ル しんにょうには禹に関係する漢字が沢山有ります 「卯」ウには吾・我・われの意味も禹 .http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/315

穢(ワイ)族
穢族 と韓(貊)族の連合体であると考えている。日本では、「穢」は「八」「夜」とも表記されたよう である。 禹の後『魏志』には、周代の呉国の始祖「太伯」の長子が、 ...http://8906.teacup.com/toraijin/bbs/51
「倭」というのは後漢王朝を攻めない種族という意味らしいが、「倭」の音は「 穢」に通じ、汚穢、腐臭の意がある ....
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Namiki/1627/gin/3g.htm
穢・・・穢多?
東部イ族、西部苗族、ハニ族など違う系統も混在している。 ... 穢人は四隅突出型墳丘墓圏を形成、徐福は畿内を中心に入ります。 .... 花腰イ族の 伝説には、「大勢の男女がイ族の経典を携えて日本に渡った」とあるようですね!
日本人どこから来たんだ?23 http://r-2ch.com/t/archeology/1298991310/

… イ族の原郷はチベット東方の山岳にあり,広義の羌(きよう)族の分派と考えられる。古くは漢代に現れた西南夷にその歴史的系譜をたどりうるが,3世紀以降その末裔は四川雲南地方に南下し,各地に分岐した。北方から徐々に南下したこれらイ語系種族集団(烏蛮(うばん))は,それまでその地に先住し勢力を有していた白蛮(広義のタイ系諸族)と対立抗争を繰り返した。…
【雲南[省]】より
…ただ,この時期や荘蹻の身分については検討の余地がある。秦・漢では雲南をはじめ貴州・四川西南地域の夜郎や昆明などの部族を〈西南夷〉とよんだ。《史記》西南夷伝には,彼らはみな氐(てい)の類だとあるが,氐のほか百越,百僕の族群が考えられる。…
秦・漢になると彼らは〈西南夷〉とよばれ《史記》西南夷伝には先秦時代の西南夷の部族はみな氐(てい)の類なりとあり,多くは氐羌(ていきよう)族系の少数民族が居住するところであった。秦には黔中郡がおかれ,漢代には益州,?州にかわり,武陵郡や牂牁(しようか)郡が設けられた。…
氐羌
旧県城( ..... ン族が、5000年前に中国北部および西北部に いた狩猟民族氐羌部族の末裔. で最古の民族汶川地震後のチャン族研究aichiu.repo.nii.ac.jp/index.php?...

「羌族概覧」は、「悠久歴史」と「今日羌族」にわかれる。「悠久歴史」は、さらに「遠古羌人」、「逐鹿中原」、「古羌人何処去」、「古羌聖賢」の4つからなり、古代羌の歴史を述べる。ここで描かれた古代羌は、羌族文化数字博物館のなかで編集側の意図が最も明確に表されている。
すなわち「遠古羌人」では、1970年代以来、岷江上流のチャン族地区で発見された文物をとりあげて黄河文明の仰紹文化などとの関連性をのべ、現在のチャン族の祖先がそれらの文化をもつ集団であるとする。
現在のチャン族居住地には双耳罐などの新石器時代の文物や、秦漢以前と推定される石棺葬群、5000年前と推定される??山遺跡(2000年発掘開始)が発見されており、それらを担った集団がチャン族の先民、すなわち古代羌であるとする。
しかし現チャン族には、岷江に移住した時に先民の戈基人と戦って勝利したとする史詩「羌戈大戦」が語られており、これらの文物についてはすでに農業を開始していた「戈基人」との関連をまず十分に論じたうえで、現チャン族との関連が問われるべきであろう。
 また「逐鹿中原」、「古羌人何処去」では、古羌は伝説の黄帝に対抗した炎帝神農の姜姓の羌人で、中原に入って華夏族と融合したとする。
さらに「古羌聖賢」では、前述をふまえ、『左伝』『周語』などの記述を引いて共工、禹が姜姓集団であること、『史記』などの「大禹生西羌」の記述に加えて、チャン族地区には多くの禹の遺跡があって、現在のチャン族は大禹を崇拝している(李紹明「羌人与大禹」)ことから、大禹は羌人であり、羌は華で禹羌文化の壊滅の危機であることを記し、その復興を訴える。
夏族の一支であるとする。また参考文献の論文「汶川大地震:禹羌文化之殤」でも、北川羌族自治県における甚大な被害をとりあげ、大禹紀念館や禹穴など大禹に関する伝承や遺跡、北川羌族民俗博物館の物質文化が多大な被害をうけたこと
日本建国のルーツは伽耶、古代九州はその分国~「日本列島を切り開い ...
2013年5月11日 - 新羅、その先祖は元の辰韓(秦の逃亡者-ヘブライ古代ユダヤ人?)の苗裔である。 そこの人々は華夏(中国最初の王朝夏人-現代の漢族とは違う)、高句麗、百済に属す 人々が雑居している』 穢族の集団(扶余・高句麗・沃沮・穢貊)/百済 ...http://ameblo.jp/kiyosiro-e/entry-11528443354.html
夫余、魏、高句麗、隋、唐、宋、元、明、清 ‥と従属。
(ゆうろう)挹婁-外満州(現在のロシア連邦沿海地方)の松花江流域に居住した。

夏越(なごし)とはhttps://kotobank.jp/word/夏越-1382758
大祓い
「大祓い」と古代イスラエルの贖い ...http://nihonjintoseisho.com/blog001/2017/10/16/japanese-and-jews-66/
大祓いの思想は、旧約聖書にある思想に類似している。それはレビ記に書かれてあるアザゼルのヤギの風習によく似ている。アザゼルのヤギというのは、イスラエルの大祭司が神殿において行った儀式である。ヤギの頭に手を置いて祈り、そのヤギにイスラエルの人々の罪を託して、荒野に連れていき、地平線のかなたにそのヤギが消えていくのを見届けた。
祝詞(のりと)に述べられる「罪」
さらにある神道家は、大祓いのときに唱えられる祝詞(のりと)(祈禱文)に述べられている「罪」の種類が、聖書のレビ記に述べられている「罪」の種類に酷似していると、指摘している。大祓いの祝詞において、地上的な罪として、「生きている人を傷つけること(生膚断)(いきはだたち)、死人を傷つけること(死膚断)(しにはだたち)、ハンセン病(白人)(しらひと)、こぶのある者(こくみ)、母と姦通する罪、自分の子を犯す罪、母と子を犯す罪、・・・・・・獣姦、また呪術」などが挙げられている。
聖書の「罪」との酷似
古代イスラエルにおいては、人の体でも自分の体でも、傷つけることは禁じられた(レビ記19章28節)。死体を冒瀆することも禁じられた。ハンセン病や(13章10~11節)、こぶのある者(21章20節)、そのほか体に障害のある者は、神殿で仕えることはできなかった(21章17~23節)。母との姦通、娘との姦通、獣姦なども、もちろん厳しく禁じられていた(18章6~23節)。そして呪術、魔法の類も禁じられていた(申命記18章11節)。このように日本の大祓いの祝詞で言及されている「罪」は、聖書で言われているものと、驚くほどよく似ているのである。(本からの引用は以上です。)
 

邪馬台国を中津・宇佐に比定する根拠

 投稿者:吾亞風  投稿日:2018年 5月24日(木)15時14分45秒
返信・引用
  鷲崎が邪馬台国を中津・宇佐に比定する根拠は『倭人伝』だけではない。
(1)   宇佐神宮の祭神は比売大神(天照大神)だが、これは卑弥呼であり、宇佐神宮がある亀山その
     ものが卑弥呼の墓。宇佐神宮の近くにある百体神社とは、『倭人伝』にある「殉葬するもの奴婢
     百余人」の記述に対応する。
(2)   宇佐周辺にある遺跡は330箇所を超え、その内古墳と認められるものが150箇所以上ある。

鷲崎は大和朝廷の起源が北九州であることの根拠として次のように述べる。
(1)弥生時代には北九州から瀬戸内海におよぶ銅剣・銅鉾文化圏と、近畿・中部地方を中心とする銅
     鐸二大文化圏があった。しかし、後者は3世紀の初めに突然消滅する。これは外部勢力による征
     服を意味し、その勢力とは神武東征に象徴される九州勢力である。
(2)弥生時代の墓では中国から輸入された銅鏡が九州で発見されているが、畿内では弥生時代の墓か
     ら銅鏡が出土していない。しかし、古墳時代になると、畿内でも古墳から銅鏡が発見される。銅
     鏡を墓に埋めるという習慣は九州から畿内に移動したのであって、これも九州勢力の東征を物語
     る。
 

宇佐邪馬台国

 投稿者:吾亞風  投稿日:2018年 5月24日(木)14時59分59秒
返信・引用
  大和朝廷による日本統一がおこなわれる以前は、この二豊の地には何人かの豪族が均衡した勢力を保って統治していたと思われますが、それらの権勢の名残りや、民衆の生活を偲ばす遺跡として丹生、早水台、岩戸、へぎなどや、七ツ森、赤塚、穴観音、鬼の岩屋、七双子など数々の古墳群が各地に点在しています。宇佐邪馬台国もその一つです。
 

端 始め?・・・卑弥呼の墓?緯度?33.33・・・

 投稿者:吾亞風  投稿日:2018年 5月24日(木)14時57分14秒
返信・引用
  太古、九州は、南と北の二つの島にわかれていたそうです。その中央に爆発して出現した阿蘇山によって、二つの島は結びつけられ、その時の溶岩流が広大な台地を作り上げました。耶馬渓の浸蝕谷、万年山の台形の山、広大な高原はその時のものだそうです。
写真は数十万年前に大規模な火山活動により作られたダブルメーサと呼ばれる溶岩台地の万年山(玖珠町)
 

ヤマタイコク 山午台 ノーモン?

 投稿者:吾亞風  投稿日:2018年 5月24日(木)14時09分11秒
返信・引用
  【江陵端午祭り】 ・・・端 始め?・・・卑弥呼の墓?緯度?33.33・・・

韓国の3大名節のひとつで、ユネスコ世界無形文化遺産に指定されているほど歴史も古く韓国最大の祭りといわれる。

「端」は物のはし、つまり「始り」という意味で、元々「端午」は月の始めの午の日のこと。
朝鮮半島の太白山脈の東に位置する江陵の町とその周辺地域で行われます。これは、山の神と男女の守護神をシャーマニズム的祭礼によって讃える、大関嶺のお祭り・・・
 

(無題)

 投稿者:吾亞風  投稿日:2018年 5月19日(土)08時04分20秒
返信・引用
  J・アイヴィミ著『太陽と巨石の考古学』(酒井傳六訳・法政大学出版局)によれば、次のようなことがいえます。
満月が地球の影に入る月蝕は、地上のどの観測点においても同時進行しているので、
目印の星をきめて、月蝕が生ずるときのその星の高さを記録しておけば、
二つの地点の経度の違いが求まる。
だから、地球の周囲の長さは、古い時代にすでに正確に計測されていたらしい。
メートル法では、北極から赤道に至る4分円弧の1千万分の1を1mと定めたので、地球の極点
周囲は4万kmになる。これは216000(=360x600)オリンピック・スタディオンに等しい。
すなわち、600オリンピック・スタディオンが緯度1度に一致するのは、
地球の周囲の長さがに正確に計測されていた証拠である、というわけです。
また、同書では、イギリスの巨大遺跡ストーンヘンジを、エジプト・ピラミッド時代(紀元前3000年頃)の
祭司・科学者たちが、彼らの神学・技術・秘儀・科学を用いて築いたものと見ています。
太田氏は、「序章 人類の歴史は太古のマスタープランに沿ってつくられてきた」において、まず、
大阪府枚方市の牧野車塚古墳(東経135.67度)とイギリスのストーンヘンジ(西経1.84度)との
経度の差「135.67-(-1.84)=137.51」度が円周を黄金分割する角度に一致するといいます。
しかし、牧野車塚古墳は、正確に東西方向に向いている全長107mの前方後円墳というだけで、
特別な古墳ではないので、この段階では、太田氏が都合のよい地点として選んだのではないか感じます。
ところが、牧野車塚古墳がある緯度は北緯34.83度なので、
ストーンヘンジとの経度の差137.51度に対する緯線の長さは、12564.93km となり、
これを4で割ると、12564.93km/4=3.1412x10000km と円周率が出てきます。
これらの事実は、文献からは想像もつかないことですが、牧野車塚古墳の位置と向きをきめる際、
古墳の設計者がストーンヘンジとの位置関係を考慮していた可能性を示唆します。
 

卑弥呼の墓は「径百余歩」で、120m~150m位?

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2018年 5月12日(土)01時57分10秒
返信・引用
  卑弥呼の墓は「径百余歩」で、120m~150m位?
魏志倭人伝にある墓の直径?
mの径100余歩とは半径でしょうか?直径でしょうか?https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12142358227?__ysp=5b6E55m%2B5L2Z5q2p
<後漢>一歩(六尺)1.382m
<魏>一歩(六尺)1.447m
*一歩の意味は左足と右足で踏み出したときの長さの事で、ほぼ六尺。片足の幅を半歩として跬(キ)といい三尺になります。
卑弥呼の墓は直径百餘歩とありますので、そのまま受け取れば150m位になりますね。

魏志東夷伝倭人条によると「径百余歩」で、1歩が何メートルになるかは諸説あるようですが140~150mと言われています。
卑弥呼の墓の大きさは現在の寸法で何m何でしょうか?https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10142355105?__ysp=5Y2R5byl5ZG844Gu5Y%2Bk5aKzIOWkp%2BOBjeOBlQ%3D%3D

1歩・・・約 1.35 m? 1歩は周尺で6尺にあたり、従って1.2mになる。
古代中国の周代に制定された。右足を踏み出し、次に左足を踏み出した時の、起点から踏み出した左足までの長さ(現代日本語でいう「2歩」)を「1歩」とする身体尺で、約 1.35 m(面積は 1.822 m2)だった。
朝鮮の距離測定では通常より短い「周尺」という約20cmの尺を基準にしていた[5]。1歩は周尺で6尺にあたり、従って1.2mになる。1909年に日本の尺貫法に基づいた度量衡法が行われるようになった。

星官としての紫微垣は、天における中央の宮殿を囲う藩垣(城壁)の形に象っており、その中枢には天の北極が位置する。
北極
紫微垣(しびえん)とは、古代中国天文学において天球上を3区画に分けた三垣の中垣。 天の北極を中心とした広い天区。あるいはその主体となった星官( ... 北極5星(太子・帝・ 庶子・后・天枢) - こぐま座γ・β・4番・5番星、きりん座の HD 112028(なお太子・帝・庶子以外の名称は時代や史料により異なる)。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%AB%E5%BE%AE%E5%9E%A3
こぐま座

星官としての紫微垣は、天における中央の宮殿を囲う藩垣(城壁)の形に象っており、その中枢には天の北極が位置する。
墳丘長は116.5メートル
北緯33度24分44.11秒 東経131度42分0.71秒
小熊山古墳(こぐまやまこふん)は、大分県杵築市狩宿(かりしゅく)にある古墳。形状は前方後円墳。国の史跡に指定されている(史跡「小熊山古墳・御塔山古墳」のうち)。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E7%86%8A%E5%B1%B1%E5%8F%A4%E5%A2%B3
大分県では亀塚古墳(大分市里)と並び最大級の規模の古墳で、3世紀後半-4世紀初頭(古墳時代前期)の築造と推定される。
大分県北部、国東半島南東部において別府湾を望む丘陵上に築造された大型前方後円墳である[2]。1989年(平成元年)に発見され、これまでに数次の調査が実施されている[1]。
墳形は前方後円形で、前方部を南方に向ける[2]。墳丘は後円部で3段築成、前方部で2段築成[2][1]。墳丘長は116.5メートルを測るが[3]、これは大分県では亀塚古墳(大分市里)と並び最大級の規模になる。主体部の埋葬施設は明らかでないが、電気探査では2基が推定される[1]。出土遺物としては壺形埴輪・円筒埴輪があり、特に円筒埴輪は巴形透し孔を持つもので九州最古級の初期円筒埴輪として注目される[2][3]。
この小熊山古墳は、墳形・出土遺物から古墳時代前期前半の3世紀後半-4世紀初頭頃の築造と推定される[3]。一帯では、南方の御塔山古墳(古墳時代中期の造出付円墳)に先行する国東半島の盟主墳とされる。また豊前・豊後地域において、石塚山古墳(福岡県京都郡苅田町)に続く大首長墓と推測する説もある[1]。
古墳域は、2017年(平成29年)に御塔山古墳の古墳域と合わせて「小熊山古墳・御塔山古墳」として国の史跡に指定されている[4][5][3]。

大分市本神崎にある築山古墳と、杵築市狩宿にある小熊山古墳を愛し、卑弥呼の墓だと応援する人のためのサイトですhttps://blog.goo.ne.jp/hirokitsuki
2.大分県内の古墳は、赤塚→小熊山→亀塚→築山という時系列的な流れがあります。この流れをさらに遡ると豊前の石塚山古墳に辿り着きますが、この辺り(豊前東北部)は外交の拠点と樫田氏が位置付けている地域で、ここから前方後円墳などの畿内文化が流入したと考えられます。
つまり、豊前→宇佐→杵築→大分平野…という流れで前方後円墳文化が流れ込んでいることになるので、この流れを考える限り、古墳の新旧はあまり重要ではなくなります。

杵築  昔は木付(きつき)http://www.daiwahouse.co.jp/shinrin/blog/blog_detail.asp?bukken_id=kitsuki&Category_cd=9&blog_id=65
古墳時代
 大分県内で発見されている古墳の1/5が、杵築市内に集中しています。
 4世紀中ごろ建造~小熊山(こぐやま)古墳
 5世紀前葉に建造~御塔山(おとうやま)古墳
 7世紀初頭まで連続して10基も建造~七双子(ならぞうし)古墳群
   ※七双子の池には大蛇伝説が有りますので、渡来系豪族の可能性が高いですね~
     ※太古から人々が住み着き、豪族による村~郷~小国があったと思われます

鬼(キ)と仏の国東半島めぐり:妙見http://nabaanooyado.blog.fc2.com/blog-category-25.html
妙見神渡来の地http://nabaanooyado.blog.fc2.com/blog-entry-177.html
本耶馬溪には妙見を祀るところが各所にあるようです。この妙見信仰は、英彦山から求菩提を経て八面山の裏側を抜けて宇佐方面に向けて歩いたであろう法蓮上人の足跡のように感じています。http://nabaanooyado.blog.fc2.com/blog-entry-77.html

耶馬溪(やばけい)の「耶馬(やば)」は、そのまま邪馬台国(やまたいこく)の「耶馬(やま)」の文字。 邪馬台国(やばたいこく)とも読むそうです。https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13188860263?__ysp=6IC26aasICDoqp7mupA%3D

https://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/bf347ab638a4250cdbcc54472f67e945
解字 もと邪ジャ・シャ・ヤから変化した字。篆文を簡略化した隷書レイショ(漢代の役人などが主に使用した書体)で、左辺の牙が変化し、楷書(魏晋南北朝に盛んに用いられ初唐に完成した書体)で、牙⇒耳に変った耶ができた。邪の異体字であるが、ヤの発音で、音訳の字に用いられ、また、疑問などの終助詞に用いる[字統]。
意味 (1)や。か。疑問。反語。感嘆の助字。(2)外国語の音訳。「耶蘇会ヤソカイ」(キリスト教の教団)「摩耶マヤ」(釈迦の母)「耶律ヤリツ」(契丹キッタン族の姓の一つ)(3)地名。「耶馬溪ヤバケイ」(大分県・山国川上流の景勝地)「摩耶山マヤサン」(神戸市にある六甲山地の一峰)
イメージ 「ヤの音」(耶・椰・爺)
      「同音代替」(揶)

牙⇒耳
ミミ
神社名につくミの名称はミコの他にミミ、トミ、ツミ、ナミ、あるいはヒミなどがある。
『魏志倭人伝』は3世紀の投馬国の首長に「彌彌(ミミ)」および「彌彌那利(ミミナリ)」がいたことを記している。https://www.weblio.jp/wkpja/content/%E3%83%9F%E3%83%9F%E3%81%8A%E3%82%88%E3%81%B3%E3%83%9F_%E3%83%9F%E3%83%9F%E3%81%8A%E3%82%88%E3%81%B3%E3%83%9F%E3%81%AE%E6%A6%82%E8%A6%81
ミミやミは男子にも女子に付けられており、男女の区別無く呪術的カリスマのある人物に付けられた名称である。

神憑りして託宣を降します。
中国側の文献では卑弥呼(日巫王 ピミヲ)と呼ばれた、古代の日本を代表するような有名人が含まれています。
巴紋と託宣の儀式から紐解く古代日本史。(卑弥呼と天照大神の実像)http://d.hatena.ne.jp/mayumi_charron/touch/searchdiary?word=*%5B%BF%C0%C6%BB%20%D6%E0%BD%F7%5D
 

レンタル掲示板
/364