teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:1775/4058 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

サクラに見える扁桃( アーモンド)の花 神霊の宿る木、さ神(穀物)+座(降臨)座ウラ(桜?)

 投稿者:荊の紀氏  投稿日:2014年 1月 2日(木)10時52分38秒
  通報 返信・引用
  ネシリ(雌岳)から、クンネチュプ はピンネシリ(雄岳)からクンネニシ(黒雲)に乗って天に昇られ. たのである ...

後方羊蹄山 ... この山は、もともとはアイヌ語でマテネシリ(女山
マテネシリ
ヘブル語“マテ”は部族を意味するものでもあります。ですから12の杖は12 部族を象徴します。あかしの箱の前に12本の杖を置くことは、イスラエルの12部族が神 の前に立っていることを意味します。http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php?edit_all=2008-09-10
マテ カ
マオリ族の「ハカ」は、元々戦闘前に踊るものだったそうなのですが、意味は意外なもの です。 カ・マテ カ・マテ カ・オラ カ・オラ (私は死んでいた、私は死んでいた、私は生きて いる、 ...http://joyofzion.web.fc2.com/Israel2008/day08.htm
ハカの意味を見てみると、まるで「イエス・キリスト」そのものではありませんか。それを見出したマオリ族のクリスチャンは、積極的にこの「ハカ」を使って主を賛美するのだそうです。
第7回世界諸民族クリスチャン集会 イスラエル開催

サクラに見える扁桃( アーモンド)の花を、その実よりも重要視する。ヘブライ語で花は「???」と綴り、アロンの 杖に芽吹いた扁桃(アーモンド)のつぼみもまた同じ綴りで記されている。http://8220.teacup.com/toraijin/bbs/1532
さくら、ユダヤ教においては、生物の分類のみならず目で見てもサクラに見える扁桃(アーモンド)の花を、その実よりも重要視する。ヘブライ語で花は「???」と綴り、アロンの杖に芽吹いた扁桃(アーモンド)のつぼみもまた同じ綴りで記されている。そしてヘブライ語聖書「????」(出エジプト記25章33、34節、37章19、20節)には、扁桃(アーモンド)のつぼみ「???」の形をした萼と節と花弁を付けた燭台を作るよう定められている。その燭台をメノラーという。7つの扁桃(アーモンド)のつぼみ(???)の形を付けたメノラーは、エルサレム神殿崩壊以降、エルサレムの受難の象徴とされ、イスラエルの国章となった。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%AF%E3%83%A9
もも、中国において桃は仙木・仙果(神仙に力を与える樹木・果実の意)と呼ばれ、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%A2

古代イスラエルの民は桜を見たか? - 探求三昧 by N.Momose 何でも ...http://d.hatena.ne.jp/nmomose/20130108/sakura
2013年1月8日 - 和名はヘントウ(扁桃)、ハタンキョウ(巴旦杏)あるいはあめんどう(ポルトガル語からの 借用か)。 原産はアジア西南部、 ... 古代イスラエルの聖都だったエルサレムも平安京も 、同じ「平安の都」を意味していた。 桓武天皇が陸奥(みちのく)の ...
ヘブル語(ヘブライ語)で「見張る」、「目覚める」という動詞を「サクダ」(saqda?)や「シャカッ」と言い、アーモンドはそれと同根で、聖書時代のヘブル語ではシャケド(shaqedh)といった。
現代ヘブル語では「シェケディーム」だ。
桜の語源がヘブル語の「サクダ」にあるとしたら面白いのだが。
モーセの兄アロンの杖はあめんどうの木で作られていて、その杖が芽を出し実を結んだことからイスラエルの祭司族の祖となるレビが選ばれた。
桜の語源説はいろいろある。
木花之開揶姫(コノハナサクヤヒメ)」の神名から来ているとか、「咲く」+接尾語「ら」(彼等など)から来ているとか。
桜の語源についてのうんちく
http://www.rcc.ricoh-japan.co.jp/rcc/breaktime/untiku/090310.html
桜の語源説はどれもイマイチ説得力に欠ける。
だからといって、ヘブル語である可能性も、それだけを見るならば低いだろうが。
「さくらさくら」は神かくし
http://www.historyjp.com/article.asp?kiji=168
花見は奈良時代の貴族の行事が起源だといわれる。
『日本後紀』には、嵯峨天皇が812年に神泉苑で「花宴の節(せち)」を催したとある。
これが記録に残る花見の初出と考えられている。

第52代蘇我天皇は、第50代桓武天皇の第二皇子だ。
その桓武天皇は、平安京を建設した天皇として知られる。
この天皇は、古代イスラエルの風習に似た道教の燔祭の儀式を行ったりしていた。
今上天皇がワールドカップの際に指摘されたように、桓武天皇の母上は百済からの渡来人だった。
また、平安京の建設には、秦氏が土地や多大な資材を投じて都の建設を助けた。
古代イスラエルの聖都だったエルサレムも平安京も、同じ「平安の都」を意味していた。

桓武天皇が陸奥(みちのく)の蝦夷(えみし)征伐のために征夷大将軍に任命したのが、坂上田村麻呂だった。
この人物は赤ら顔で碧眼で大男だったと言われているから、コーカソイド的だ。
娘は桓武の妃になっている。
坂上氏はスキタイ系のサカ族だという人がいて、この辺からどんどん話がアヤシクなってくる。
坂上氏は東漢氏(やまとのあやうじ)の末裔で、多氏や秦氏といった渡来系のつながりも考えないといけない。

日本の桜とイスラエルのアーモンドを無理やりこじつけるつもりはない。
ちょっと想像の翼を広げてみただけ。
でも、古代イスラエルの民が古代の日本を訪れていたとしたら、やはり桜を見て何も思わぬわけはないだろう。
失われた故国の花を想っただろう。
さて真実の程はどうなのだろうか。

「佐久夜 サクヤ」です。江戸時代に佐倉宗五郎の出た千葉県の国立民族博物館の ある佐倉(さくら)という所があり、佐倉は「サクラ 狭倉」とも書きますが、「サ」は接頭語の 美称、「クラ」はたとえば乗鞍(のりくら)岳の「クラ」で、縄文時代の祭りの場が「サクラ」 ...http://www.furutasigaku.jp/jfuruta/jkiki/jkiki5.html
縄文時代の祭りの場が「サクラ」 ...
文から石神を祭る社(やしろ)が「サクヤ」です。

サクヤ姫、サキハヤ(咲光映)、サクル(裂 )など様々な文献で見られる、似たような言葉が転化したとも言われています。http://www.historyjp.com/article.asp?kiji=39
神隠し・・・

アメンドウをヘブライ語では、シャケド とう。「目覚める者」「見張る者」という意味である。 http://www.makuya.or.jp/hikari/hana/amendo.htm
主の言葉がまた私に臨んで言う、「エレミヤよ、あなたは何を見るか」。私は答えた、「あめんどうの枝を見ます」 (エレミヤ書1篇11節)

モーセの兄アロンの杖はあ めんどうの木(アーモンドの木) でつくられていて その杖から出した芽の花 ...http://ameblo.jp/cact12/entry-11588603379.html
アーモンドの花言葉は希望
桜と同じ、バラ科サクラ属
和名はヘントウ,ハタンキヨン、あめんどう
原産はアジア西南部、シルクロードから遊牧民族、騎馬民族により
日本にもちこまれたともいわれている。

アーモンドを聖書時代のヘブライ語で シャケド
現代ヘブライ語で シェケディーム
見張る、目覚めるという動詞を サクダ、シャカッ、という。
春に一番に咲く、目覚めの木とよばれている。

春の目覚め、復活、再生を知らせる木のように
民を見張る(神の目)を表しているのだそうです。

モーセの兄アロンの杖は
あめんどうの木(アーモンドの木)
でつくられていて その杖から出した芽の花が実を結んだことから
イスラエルの祭司族の祖となるレビが選ばれた。
また、古代イスラエルの時代より礼拝所である幕屋の聖所に
あるメノラーとよばれる燭台にはアーモンドの花を装飾に使う。

アーモンドの七枝で作られる燭台の七はイスラエルの民にとって
完全数を表し、灯される光は完全な光、即ち神そのもの
であるという意味だそうです。

伝道者の書12章5節
彼らは高い所を恐れ道でおびえている
アーモンドの花は咲き、いなごはのろのろ歩き
ふうちようぼくは花を開く、だが人は永遠の
家へと歩いて行き咲く者たちが通り歩き回る。

さて桜の花の名については
富士山の神の咲夜がさくらに転換?とか
木花開耶姫(木花)の神名からきている?とか
咲く+接尾語(彼等)
神霊の宿る木、さ神(穀物)+座(降臨)からでは
などといわれているそうです。
平安時代は桜は霊木として信仰の対象だったといいます。
平安時代の平家の人たちはペルシャ系という話もあり
背丈もあり顔たちもはっきりとし雅だったといわれます。

ヘブライ語で隠すの意味をシェケラといいさくらと似ています。
神が隠れてしまった。

サクラの歌(作者不明)をヘブライ語の似た発音で訳すと

さくら        隠れた
やよい       唯一の神
いの        迫害される
そらは       耐えて
みわた(す)    死ぬ
かぎり       犠牲として
かすみ(か)   くじ引きにされ
くも(か)      取り上げられて
におひ(ぞ)    素晴らしい
いずる       計画
いざや       神の救い
みに        捧げ物
いか(ん)     決める


いざやはイザヤの預言者のことではないかと言う人もいるそうです。
参考
さくらさくらは神かくし
historyjp.com/article.asp?kiji=168

アーモンドとは?
badalmonds.com/almond/story.html
座(くら)
鷲座(わしくら)。http://homepage3.nifty.com/giboshi/kaijitbl005.htm
 
 
》記事一覧表示

新着順:1775/4058 《前のページ | 次のページ》
/4058