teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:4241/4698 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

「8」 多胡 凧 蛸 田子・・・・囲い?ヒッタイト人

 投稿者:棘の紀氏  投稿日:2011年 7月 8日(金)10時53分45秒
  通報 返信・引用
  バール信仰の名残で牛の民族でもあった
原音では、「ハッティ」と発音し、日本語の「八=ハチ」の語源とも言われる。
ヒッタイト人は「ハッティの国の千の神々」と呼ばれるほど様々な神を崇拝していた

 (Ch / Cheth / Heth (ケス / ヘト / ヘース))
「囲い」を意味し「8」の数価をもつヘブライ語アルファベット。完全スペルは「」で「418」の数価をもつ。左の縦棒が横棒と離れていない点で「」と区別し、左の足先が曲がっていない点で「」と区別する。
「囲
「圍」 解字:形声。意符の口(まわりをかこむ)と、音符の韋(かこむ、めぐる意)と から成る。周りをかこむ意。ひいて「かこむ」意に広く用いる。 「衛」 解字:会意形声 。意符の行(みち)と、意符と音符を兼ねる韋(周囲を巡りあるく意)とから成る。 ...
http://shoukei.blog65.fc2.com/blog-entry-79.html
「韋」=「韋-ヰ」+「ヰ」:=健全な男+前を隠した男=>前を隠した健全な男=>健全な男=>しっかりしたもの(「ヰ」cf.53)

経緯

『経』は「糸」(糸を束ねた形)と「圣」(まっすぐな細いすじ)との合わせ字。 ( 今朝は日曜日なので少し詳しく提供しましょう) 「圣」は、機織り機に縦糸が真っ直ぐ に張ってある形です。「まっすぐ」という意味を表します。 ...
http://shimo.exblog.jp/6776081/
「経緯」の「緯」は「韋」(行き違い)と「糸」で「横糸」のこと。経度と緯度、経線と緯線、南北に通じる道路と東西に通じる道路。

元々紀元前3000年頃小アシアには、へティ(原ヒッタイト:Hittite)と呼ばれる原 住民が住んでいた。 .... パトロンってのは、囲われてるって意味もあるのだろうか?
http://plaza.rakuten.co.jp/elmachai/diary/?ctgy=1
(ヒッタイト Hittite とは、彼らの自称名である Hatti(ハッチ)がヘブライ語経由で英語化された言葉である。旧約聖書では「ヘテびと」(ヘット)と呼ばれ、アッシリア人はハッティと呼んだ。)

長い間、不明の「海の民」に滅ぼされたと信じられてきたが、近年遺跡の象形文字を根気強く調べた結果、王位継承争いによる内乱が原因だったということが判明したそうだ

ヘテ人の女は バール信仰だったために家庭にバール信仰をもちこみイサクやリベカの ...
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1045279065
ヒッタイト人は黒海を渡って来た北方系民族といわれてきた。しかし近年、逆にこの地域アナトリアを故郷として広がって行ったという説も提唱されている。紀元前1680年頃にクズルウルマック("赤い河"の意)周辺に王国を建国し、後にメソポタミアなどを征服した。
近年、ヒッタイト以前の紀元前18世紀頃(アッシリア商人の植民都市がアナトリア半島一帯に展開した時代)に鉄があったことが明らかにされた。トルコのカマン・カレホユック遺跡にて鉄滓が発見されている。その他にも、他国に青銅を輸出或いは輸入していたと見られる大量の積荷が、海底から発見された。
通説では紀元前1190年に、民族分類が不明の「海の民」によって滅ぼされたとされている。

ヒッタイト帝国(1) - 混沌の時代のなかで、真実の光を求めて ...
2010年4月6日 ... しかし、この争いは 決着がつかず、最終的には 平和条約を結び、 エジプトと共に、 古代オリエントの 2大強国となり ... ハッティ族: アナトリア高原の原住民族 ( 旧約聖書のヘテ人orアッカド語のハッティ ) ... ハットゥシリⅠ は、実子か、甥の中 から次王を指名するつもりでいたが、義子ムルシリ を王位継承者に指名。
http://blogs.yahoo.co.jp/kyomutekisonzairon/63278843.html
紀元前第2千年紀頃の古代オリエントのこと、
現在のトルコ共和国 アナトリア地方に、たいそう繁栄した強大な国がありました

トルコは聖書に深い関係があり、トルコを舞台にした数々の聖書物語は多くある。旧約 聖書に おいてはエデンの園、ノアの箱舟、アブラハムのハランからの旅立ち、ヘテ人の 都など。新約においてはパウロの3回にわたる伝道旅行の地名ペルガ、ピシデアの ...
http://oslojcf.org/newsletter0110.html

「日ユ同祖論」と「日本人シュメール起源説」|HEXのブログ
2010年12月7日 ... さて、世界最古を自称し、世界で最も信奉される聖書と結びつけることでその地位を確立 した観があるユダヤ人(ヘブライ人)の歴史は、意外に古くない .... オックスフォード 大学の考古学の権威セイヌ博士の発表では、ヒッタイト(ヘテ)人はシュメールの一部で 、ユダヤの旧約聖書の系図にも登場するが、北 ... トルコに起こった最初の製鉄民族 ヒッタイトは、最強の武器「鉄」で後にオリエントを制した ...
http://ameblo.jp/hex-6/entry-10730045504.html
YAP遺伝子は、チベット人にも見られる。その為縄文人とチベット人の関わりが注目されている
しかし、中東地域の遺伝子と日本人の共通性は今のところ発見されておらず、近しい亜種の関係とされるが、明らかに別である

フセイン時代のイラク文部科学省は16弁菊花紋をシンボルとした
日本の天皇家の紋と同一であることを不思議に思った欧米のメディアが、フセインの会見で質問した。
フセインは「中東では古くから英知と豊穣のシンボルとして、16弁菊花紋は常識だ」と答えた
バール神は仏教に取り込まれ、牛頭天王をなり、朝鮮半島にも数多くの痕跡を残す
日本では神仏混交の時代、スサノオミコトと同一とされ、祇園社や牛頭天王社に祀られた
スサノオミコトを祀る神社は多くが16弁菊花紋を神紋としており、エンリル(ミトラ神・バール神)信仰との関連が強く伺われる

製鉄神スサノオミコト と 最初の製鉄民族ヒッタイト
トルコに起こった最初の製鉄民族ヒッタイトは、最強の武器「鉄」で後にオリエントを制した
シュメールの一派とも言われるが謎の民族。ユダヤの十氏族が消えたとき、ヒッタイトも消えた

トルコに定住したが移動を繰り返しており、混血を繰り返し、スパルタ、フェニキア、スキタイ、タタール......高句麗、秦氏と変化説もある
バール信仰の名残で牛の民族でもあった

ヒッタイト人(ヘト人) .
http://tanakanews.com/e1123israel.htm

ヒッタイト人やイスラエル10支族の中国大陸進出である。 だが、それだけではない。 秦代以前の紀元前597年、南ユダ王国がバビロニアに滅ぼされ 、バビロンに捕虜として連れ去られたが、後にペルシアによって ...
http://shinsengumi3.seesaa.net/article/144967103.html
秦代以前の紀元前597年、南ユダ王国がバビロニアに滅ぼされ、バビロンに捕虜として連れ去られたが、後にペルシアによって解放された。
ペルシアには数多くのヒッタイト人(スキタイ人)がいた。
2支族もヒッタイトとの結び付きが深く、ダビデの時代から血統的に同化していた。
イエスの自我はゾロアスターだという説があるが、先述の通り、もしゾロアスターがスサの王だったとしたら、ゾロアスターもまた「スサノオ」の御魂を持つ預言者で、ダビデ王やソロモン王、イエスも「スサノオ」だったと言えるだろう。

2支族がスペインに移住したことは定説だが、実は10支族同様、南アジアや東アジアにも多くのユダヤ人が移住していたことが明らかになっている。
イスラエル2支族が中国の原住民国「シン」を支配したのだろうか。
「鹿島史観」を打ち出した故・鹿島昇氏は、中国の古典「秦本紀」はペルシア史を漢訳した偽史であり、始皇帝以前の記録は、アレクサンドロスが戦ったアケメネス朝ペルシアの歴史だと主張した。
尚、ユダヤ人が遺した「マカベア書」に、アレクサンドロスの出自が「ヒッティム(ヒッタイト)の地」と記されており、ヒッタイトの粘土板には「アラクサンドゥス(アレクサンドロス)」の名が登場する。

秦(ハタ)はハッティ(ヒッタイト)ではないかという説もあり、その関連性も否定できない。
さて、中国ではローマ帝国を「大秦」と呼ぶが、仏典に記されている「大秦」はバクトリア王国を指しており、ギリシア人によって建国されたバクトリアも「大秦」と呼び、中国の「秦」はその植民地だったと考えられている。
そして、秦始皇帝はバクトリア王「ディオドトス」で、兵馬俑はペルシャ軍だというが、実際、秦始皇帝は金髪碧眼だったという伝説があり、始皇帝陵の陪葬墓で出土した人骨からも、ペルシャ系のDNAが検出されている。

鹿島説では、バビロンに捕虜となっていたユダヤ人(2支族)は、ペルシアによって解放された後、ペルシアに仕えて植民地・中国の建設に参加した者もいた。
その後、紀元前334年、アレクサンドロスがペルシア軍を壊滅させ、この時にアレクサンドロスの軍に大勢のユダヤ人が参加し、秦の支配者となったらしい。
そして、紀元前209年、河南人が反乱を起こしたが、秦の討伐軍に破れ、旧楚の名族である項梁が反秦軍を受け継いだ。

漢の創始者・劉邦はその部下として動き、秦を滅ぼして前漢(紀元前206年~西暦8年)の時代となったが、これも年代的に秦氏(原始キリスト教徒)と関係があるとは思えない。
ちなみに、万里の長城や、土を押し固めて造られた中国の巨大ピラミッド群は、前漢時代に造られたものだと考えられている。
その後、前漢は一旦滅んだが、皇族の劉秀によって再興され、これを後漢と呼ぶ。

後漢は西暦25~220年に興った王朝で、「三国志」として知られているが、西暦30年以降に原始キリスト教徒が漢王朝に融け込んだ可能性が高い。
念の為に説明しておくが、本来はユダ族をユダヤ人と呼び、広義の意味では、ユダ族とベニヤミン族を合わせた南ユダ王国の2支族、そして祭司職という特別な立場から12支族に数えない「レビ族」を「ユダヤ人」という。

ヒッタイト神話と世界の龍退治伝説
バビロニア神話で「嵐の神マルドゥクが龍神ティアマトを殺した」という話があったが、ヒッタイトにも同様の神話がある。
http://shinsengumi3.seesaa.net/article/144780164.html
ストーリーを一言で話すと、次のような内容である。

嵐神「プルリヤシュ」と龍神「イルルヤンカシュ」が戦い、龍神が勝利した。
プルリヤシュは計画を立て、様々な種類の酒を瓶に入れて小屋の陰に隠すと、イルルヤンカシュが酒の匂いに惹かれて寄ってきた。
そして、酒を飲み干して酔い潰れたイルルヤンカシュを、プルリヤシュが斬り殺した……。

ヒッタイト=スキタイ=匈奴(フン族)=タタール=オロチョン=ヤマタノオロチかな? そして、中央アジアから日本と反対方向のヨーロッパに行った軍事集団「ヒッタイト」が 北欧の「ゲルマン人」やドイツやブリテン島の「サクソン人」に ...
http://urarala7.exblog.jp/13048574/
ヒッタイトやシェバ族などの王族とシュメール(ケルト系やユダヤ系やセム系)の王族とは、過去の歴史において、融和的な結婚、または、征服により頻繁に混血していますから、ヒッタイトでも全部が全部好戦的なわけではないでしょうし、シュメールでも全部が全部平和的というわけでもないでしょう。しかし、その主流になる血流によって子供の育児や教育は両者では大きく異なり、ヒッタイトやシェバは、教育や秘密結社などにより、子供の時からスパルタ式で、戦士とかスパイの教育をするようです。 また、血によっての団結を重視するため、人間の生け贄の儀式などの残虐な行為を行ったりするわけです。さらには、シュメール人(ケルト、ユダヤ系)の王族の子供までもさらってきたりして、拷問したりして脅迫し、そういった儀式に強制的に参加させて仲間に引きずり込ませ、逃れられないようにしたりするらしいです。ほんとうに恐いですね!!ブルブル~  ><;

また、ヒッタイトは特に純血種の王族・貴族にこだわるということですが、にもかかわらず、英王室などもそうですが、他国の王室同士での政略結婚は活発に行われていて、サクソン人の王も、ほかの種族の王女と結婚しています。しかし、これらの王たちは、何人もの側室がいるので、そのなかで、同じサクソン同士の純血種の子孫も残すことが可能になっているというわけでしょう。

スサノオの「八重垣の歌」は、もし、似ていて同じようなことを言っているのだとしたら、それは「日本神道」と「ユダヤ教」が非常に良く似たものであるということになるのでは?しかし、エドム人が出雲族ということはありえないと思います。多分、出雲族というのは、ソナカ族か秦氏では?とにかく、おそらく同じシュメール人としての同一のユダヤ教のような宗教を信仰していたということになるのでしょうかね?

また、イスラエルの祖と呼ばれるヤコブの兄エドム(=エサウ)は、前の記事にも書きましたが、ヘテ人(=ヒッタイト)の妻をめとったため、その父のイサク(=ユダヤの父祖アブラハムの息子)と母リベカは非常に嘆き、ヤコブには絶対ヘテ人の女と結婚させないようにと、わざわざアブラハムの故郷のバビロニア地方に嫁探しの旅にださせています。

エドム人
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%89%E3%83
%A0%E4%BA%BA

また、ヤコブの子孫=12氏族の内のうちの「失われたイスラエル10氏族」が日本に渡来したという話は、先の出雲族の話からもありえそうです。エドム人が日本に来たのかはよく分かりません。でも、さきほども否定しましたが、エドム人=出雲族というのはなさそうです。出雲族はソナカ族らしいですが、秦氏かも?

海のシルクロードとエドム人の渡来・他の伝説(エドム人以外のところが参考になります)
http://www.k2.dion.ne.jp/~yohane/000000sekaiidennsi3.htm

ケルト=ヒッタイト人は違うはずです。

 ヒッタイト=スキタイ=匈奴(フン族)=タタール=オロチョン=ヤマタノオロチかな?

日本列島の原住民とされているのは蝦夷(エミシ)族で、多分、中央アジアのコーカサス地方からロシアを移動し、北海道あたりに船で渡来し、日本列島を南下しながら広く定住していた縄文人だと思われます。他にもポリネシア系や中国、朝鮮系の原住民も渡来し定住していたと思われますが。ヒッタイトやシュメール人は支配者として渡来したものと思われます。

古代史の注意点(宇摩説の古代基礎): 建国と今(元から考える)
2009年3月5日 ... 古代史の注意点(宇摩説の古代基礎). 古代史の本. 最近は古代史の本が多い。大抵は、 「騎馬民族征服王朝説」に準じたもので、弥生時代に大挙して日本に来た中国人によって 始まったとされている。 特に、弥生時代のあらゆる事象を中国人 ...
http://kabu9uma9.cocolog-nifty.com/bloghimk_kabuk/2009/03/post-43e8.html
現在出ている多くの古代の本の縄文時代をよく読み、弥生時代の渡来の部分を省けば、宇摩説の言う縄文時代から継承している日本文化が良く分かります。

http://help.yahoo.co.jp/group/toraijinkenkyuu/

 
 
》記事一覧表示

新着順:4241/4698 《前のページ | 次のページ》
/4698